CoCoSiA(ココシア)

手広くやることの10個のメリット・...(続き6)

迷うことがありません。

要は、やらない後悔よりもやる後悔を選んでいるのです。

よく失敗を恐れて先へ進めないでいる方は多いのですが、このような方は決断力が乏しいと言っても過言ではありません。

手広くやるには迷いから断ち切っているからです。

失敗を恐れない

とにかく失敗を恐れていません。

失敗すれば一環の終わりと思っている人は多いのですが、これは完璧を求める日本人の考え方によくあることです。

本来なら失敗は成功のもとと言うようにたくさん失敗して覚えていくことが大切なのです。

ぜひ、失敗を恐れないようにしましょう。

手広くやる人になるにはどうしたらいい?

手広くやる人の特徴はいかがでしたでしょうか?

もしかしたら意外と近くにいらっしゃるのではないでしょうか?

ぜひ、いらっしゃいましたら交流する時間を増やして習慣化されている行動などを刷り込ませるようにしましょう。

しかし、なかなかそのような人がいらっしゃらないと言う場合もあるかもしれません。

そこでここからは手広くやる人になるための方法をご紹介します。

毎日を楽しむ

とにかく毎日楽しく生きることが大切です。

なぜなら、楽しいと思えるのであれば何をやっても大丈夫なのです。

最近は、仕事を苦しんだ顔でされている方もいらっしゃいますが、これはよろしくありません。

とにかく楽しいのであれば何も問題はありませんよ。

やりたいことはやってみる

やりたいと思ったことは人の意見や目などを気にせずにやってみるのが大切です。

なぜなら、やってみないとわからないことが多いのです。

やってみて気づくことが多いのです。

人間は経験でしか物事を考えることができないのです。

経験もしていないでやったような感覚になっている人が多すぎます。

直感を大切にする

思い立ったが吉日という言葉があるように直感を大切に生きていると手広くやることにも抵抗をなくしますよ。

要は、そう思ったということは、あなたがなりたいと思ったことに対して脳がそう導いているのです。

よく方法を考えようとしますが、経験したこともないのに方法を考えても意味がありません。

まずは直感を信じてみましょう。

日常に変化を取り入れる

手広く物事をやれないのは変化がないからです。

故に変化を取り入れることが手広くやるコツでもあります。

故に、手広くやるために、まずは日常に変化を入れてみましょう。

そうすることで、いろいろと物事が見えてきますよ。

手広くやるのは悪いことじゃない!

いかがでしたでしょうか?

手広くやることにはメリット、デメリットはありますが、決して悪いことではありませんので、ぜひ、実践しましょう。