「女という生き物は」という言い方をするときに想定される「女」の話。

女全般がそうであるとは言いませんが、男女を比べたときには女の方が説明をしない傾向にあると思います。

「察してよそれくらい」が口癖の女性も多いのではないでしょうか。

説明責任を放棄しがちな、説明しない「女」というのは、どういう思考回路をしているのかを掘り下げてみましょう。

説明しないは嫌われる

昔は「口うるさい女は嫌われる」と言われていたようです。

奥ゆかしく、男に付き従っていなければ、むしろ周囲から叱られるような時代。

その一方で、母としての肝っ玉の強さは求められ、体調におかまいなく家事と育児はしなければいけませんでした。

精神的には強いのに、それを表に出してはいけないという世界です。

しかし、男女ともに働くようになった今、お互いが同じ役割をこなすことが求められ“理想的な社会人像”に関しては男も女も大して差がないように思えます。

社会人という枠の中で見れば、自らの感情や考え方を明確に説明することが好まれるようになってきました。

これは良いことでもありつつ、時代によってはプラスの要素だった“説明しない女”が嫌われるように変化したともいえます。

説明しない女を周囲はどう見ている?

現代において説明しない女は比較的嫌われやすいですが、好意的にとる人もいます。

これは、周囲の人の立場によっても変化するものです。

説明しないことがイコール悪いこと、というわけではないので、良い面と悪い面の両方から確認しましょう。

ミステリアスで魅力的と感じる人もいる

男女の出会いの場においては、何でも開けっぴろげに話す女より、口数少なくほんのり笑みを浮かべる女性の方がモテるでしょう。

何を考えているのかを説明されないと、表情でしか判断することができず、それすらも微笑みで隠されてしまえば何もわかりません。

そのミステリアスな雰囲気は「開拓のし甲斐がある」と映ります。

そして相手のことを知りたいと感じたとき、恋心を覚えやすいです。

何を考えているのかさっぱり分からない


「開拓のし甲斐」もある程度の時期を過ぎれば「面倒臭い」に変化していきます。

相手のことを察してそれが当たっていたときの、言ってみればクイズに正解したような快感も、延々と続けば疲れてくるからです。

「どうして毎回こちらが察しなければいけないのか。姫気取りかよ」と思われ始めます。

また、正解しても大したものが得られないことも疲れてしまう理由の一つ。

たとえばデートにでかけて「何か食べたいものはある?」と聞いたとき女性から「ううん、なんでもいいよ」と言われたとしましょう。

よくある話ですが、本当はオシャレなイタリアンに行きたい女性は、男性が言葉を真に受けてラーメン屋に連れていくと不機嫌になったりします。

「だったら説明しろよ」と言いたくなるはずです。

何を考えているのか、さっぱり分からないことが続けば大抵の人は離れていきます。

会話がスムーズに続かないから疲れる

説明されないと会話なんてスムーズに続かないですよね。

学生の内はまだそれで良いかもしれません。

何せ大した話をしないから。

女同士ともなれば、さらに場当たり的なやりとりだけで済むことが多いです。

込み入った話があるとしても、誰が誰を狙っているから身を引けとか、仲良しならいつも話を合わせるべき、といった、わりとくだらない人間関係のことばかりで、テキトーに受け流していても成立します。

しかし、大人になると各々が考えることに幅が出てきて、何でもかんでも察することは不可能になります。

にもかかわらず学生時分のコミュニケーションの術しか知らない女は「察してもらって当然」と考えがちです。

社会人の考え方とは合わず疲れる存在になっていきます。

何か怒ってる??

何も言ってくれず、表情にも笑みがないとしたら、何か怒っているのではないかと思われてもおかしくはありません。

ただ、本当に怒っていることも結構多いです。

説明しないくせに「察してくれないからムカつく」というわけ。

それで「どうして怒っているの?」と聞かれると、察して欲しいことに変わりはないので「自分で気づかない?」などと疑問返しをしてきます。

説明しないといけないところは説明すべき

「察してほしい」というのが、かなり自意識過剰な要求であることに本人は気づいていないのかもしれません。

他人の気持ちや考えを察してあげるのは、その人に興味があって、なおかつ好かれたいという動機がなければやる気が起きないものです。

それを毎回要求するというのは「私は気を遣われてしかるべき存在である」という自己認識があるということを示しています。

しかし、そこまで魅力的な女性ではないことがほとんど。

社会人になったら自分から説明しなければならないことばかりなので、改善する必要があります。

説明しないのは単なる逃げ

自分から感情や考えを説明しないのは逃げです。

何かを言葉にした瞬間、その責任を負わなければならないため、それが嫌なのでしょう。

悪者にされるのも回避したいため、直接は言わずに相手が察してくれるように振舞おうとします。

よく例に出されるのは「疲れてる?」という言葉。

デート中に男性から女性に対してこれを聞くときは「歩き回ったから喫茶店でも寄ろうか」という気遣いからくるものが多いです。

一方、女性の「疲れてる?」は「全然盛り上げてくれないね。やる気ないなら帰ろうか」だったりします。

露骨に「やる気ないなら帰ろう」と言うと、自分の性格が悪い感じがするので、言葉を換え、相手が察するのを待つというわけです。

要するに嫌味。

しかし、男性がその嫌味に気づかず「ありがとう。喫茶店で休憩させて」と返答すると「ちっともわかってない」と怒り始めます。

説明しなくても相手は分かってくれる、と考えるのは大間違い

説明しなくても相手が分かってくれるというのは大間違い、なんてわざわざ言うほどのことでもない事実です。

逆に全部察してもらえるとしたら、自分が相当浅い人間だということに他なりません。

子供のことを察するのは簡単です。

まだ狭い世界しか知らないし、欲求も「食べたい」「遊びたい」「寝たい」「お話聞いて」「構って」くらいですから、どれかが当たるでしょう。

大人になってもこのままだったら、周囲の人は何でも察してくれるはずです。

これ以上のことを望むなら、ちゃんと自分から説明しなければ伝わるはずがありません。

そこまで察してくれる人がいるとすれば、よほど感性が合うかエスパーの持ち主です。

変に勘違いされて嫌われる可能性が高い

言いづらいことを直接口にせず、相手に察してもらうことができれば悪者にはならないかもしれません。

しかし、悪者にはならなくても嫌われる可能性は高いです。

察してもらうということは、自分の態度をどう読み取るかを相手に委ねるということですから、本心とは真逆に捉えられる恐れがあります。

本当は喜んでいるのに興味がないと思われたり、怒っているのに喜んでると思われたりして損をすることも多いでしょう。

それで勝手にフラストレーションが溜まって爆発するのですから、嫌われても致し方ありません。

説明しない女の7個の特徴


説明しない女も、最初からそうであったわけではありません。

説明しなくても良い環境で育ってきてしまった結果と考えられます。

長い年月をかけて構築された性格ともいえるため、こちらの努力で直してあげるのは不可能だと諦めるのが得策。

では説明しない女に見られる特徴を見ておきましょう。

これがわかれば、最初から相手にしなくて済むようになります。

面倒臭がり屋

面倒臭がり屋は何かに興味を持つこと自体が少ないので、率先して意見を述べる気はありません。

大体のことは“どうでもいいこと”“自分には関係のないこと”です。

誰かが決めたことに従うときは従うし、嫌だったら黙ってトンズラするだけ。

面倒臭がり屋の説明しなさ加減は、男女に関係なく高めといえます。

そしてもちろん、説明する手間も面倒臭いと考えています。

察してくれればラッキーだけど、誤解されたり嫌われたりしたところで、その相手にすら興味がないので弁解する気も起きません。

本当に何も考えていない

意外と多いのがコレ。

賢い人ほど寡黙であるとも言われますが、おバカさんすぎても喋りません。

というのも、相手の話に理解が追いつかず反応できないからです。

一見するとミステリアスで魅力的にも映るでしょう。

しかし、付き合いが長くなってくると「あ、こいつ何も考えてないぞ」というのが分かってきます。

仕事関係の飲み会に同席してみると、この特徴がよく表れます。

周囲は大笑いしたり質問したり、はたまた悩んだりしているのに、微笑みながら黙ってお酌をしているような女です。

仕事関係だと共通する話題というのが少なからずあって、それを前提として話は進みがち。

ところが、普段から何も考えていない女は、前提となる話が頭に入っていないので、最初から何の話だかがよくわかっていません。

そのため、笑うポイントもわからないし、質問も浮かばないし、なぜ皆が悩んだ顔をしているのかも察することができなくなります。

そこで愛想よく微笑んでお酌に徹しているのです。

下手に口を出すよりマシですが、会話には発展しません。

自己中で興味のないことはどうでも良い

面倒臭がりの「どうでもいい」と自己中の「どうでもいい」は少し異なります。

面倒臭がりは何事にも熱意が感じられないのですが、自己中の場合は熱意を持つときもあります。

それは利害が絡んだときです。

逆に、利害が生じないことについては心底どうでもいいという顔をします。

これは自分が好かれたいと思っている相手かどうかでも変化するので、人によって接し方が全然違うというのも多いです。

好かれたい人からの頼まれごとはキッチリやるのに、どうでもいい人からの頼まれごとは、その重要性が高くてもやらなかったりします。

人に頼りきりで人任せ

何をするにも自分でやる前に人を頼り、判断すらも人任せという女は、説明することがないので説明しません。

自分でできないのかと尋ねられても「えーわかんなーい」とだけ返答し、最終的に全部誰かにやってもらいます。

なおかつ、やってもらって当たり前くらいに思っているので感謝もしません。

甘やかされて育った

こういった行動は、親が何でもやってきてあげた子供によく見られます。

勉強の仕方、友達づきあい、進路に至るまで全て親が先回りしてレールを敷いてあげ、本人はその上をひたすらのんびり歩いてきただけというタイプです。

でも、これはちょっと可哀想な人ともいえます。

自分自身も楽だから甘んじて受け入れてきた節はあるでしょうけど、親の歪んだ愛情を受け入れなければならなかった状況も想像に難くありません。

親に逆らえばどうなるかという恐怖心もあったことでしょう。

赤ちゃんの頃から間違った教育を施された人に「いい歳して自分で判断できないのはおかしい」と言うのも酷な話です。

周りの人が何とかフォローしてくれるのを待っている

親によって全てが決定されてきた人は、自分の判断に自信を持つことができません。

自信は成功体験の積み重ねによって徐々に培われるもの。

同じくらい失敗もして、どうすれば上手くいくかを試行錯誤しながら経験していきます。

しかし、親が全てを決めてしまうと子は成功も失敗もできず、自分の判断力に何の根拠もなくなってしまうでしょう。

その上、誰かが何とかしてくれた経験だけは積み重なっているので、それが物事の進め方だと思い込んでいます。

周囲の人から見ればフォロー待ちと受け取れますが、本人としては手も足も出せないだけということは多いです。

親切な人、熱心な先輩が教育してくれない限り、自分で判断して動くなんて怖くてしかたないわけです。

向上心が無い

正直に言えば向上心の有無なんて本人の自由で良いと思うのですが、とかく向上心押しがなされる世の中の傾向から見ると、皆目向上心のない人は浮きます。

ある意味では正直者とも言えるでしょう。

興味がないから口を開かない、熱心にやらないというのは普通、気おくれしてできることではありません。

多くの人は非難されないために、さも熱心に取り組んでいるように見せかけようと努めるはずです。

しかし、向上心が全くなければ、自分の態度が相手にどう映っても気にならないので、見せかけすらもする必要がないと考えています。

説明しないのも、するほどの熱量がないから。

のれんに腕押しなので本人が興味を持ったり向上心を持ったりするまで何を言っても無駄です。

KYで人間関係を構築できない

びっくりする話ですが、説明しない女は他人にお察し能力を求めるくせにKYであることが多いです。

先述のように学生時分はおそらくKYではなかったでしょう。

それどころか空気だけで生きていたと言っても過言ではないほど。

しかし、社会人になってからもなお説明しないような人間でいられる時点で、かなりKYであると言わざるを得ません。

周囲の価値観が子供の頃から変化していることに気付くことができず、永遠に少女のような感覚のまま年齢だけが上がってしまった状況です。

「ウケる」「カワイイ」「わかる」で会話が成立する年齢ではなくなったことを自覚し、大人としての人間関係の構築に取り組まないと一人ぼっちになってしまいます。

怒りっぽくてすぐキレる

子供がぐずってワーッと泣いたり、ジタバタしながら怒り狂うのは自分の感情や考えを他者へ伝えるに十分な言葉を知らないからです。

そのもどかしさを態度で示し、知り得る限りの言葉を羅列してなんとか表現しようとしています。

これと同じことは大人にも起こり得ます。

ヤンキーが喧嘩っ早いのも、勉強が疎かになっているが故に、成長していく自分の感情を明確な言葉で伝えられないからかもしれません。

口で伝えられないから手が出てしまうわけです。

説明しない女が怒りっぽくてすぐにキレるのも同じ理由。

説明しないのではなく、できないから怒りとして表に出ているにすぎません。

語彙力を増すことで改善できる可能性があります。

怒るとしゃべらなくなる

さて、怒るとしゃべらなくなるという人もいますよね。

それが静かな怒りだった場合、説明しない女に限ったことではありません。

むしろ、そこまで怒らせた方に問題がありそうです。

人が怒るのは、ただの癇癪は別として、怒る意味がある相手に対してだけです。

言っても分からない人を相手に怒るだけエネルギーの無駄なので、無視をするか、仕事などは巻き取って終わらせてしまうことが多いでしょう。

説明しない女への対処法

ここからは説明しない女に遭遇してしまい、なおかつ今後も付き合っていかなければいけないときの対処法をご紹介します。

できれば長い付き合いにはしたくない存在なので、当座を乗り切るための術だと考えてくださいね。

そうでないと、ものすんごく疲れてしまいますから…。

こちらから誘導して少しずつ引き出す

説明しない女から引き出さなければならない情報がある場合は、こちらから言葉を促す必要があります。

英語の授業で習った5W1H、つまり、Who(誰が)When(何時)、Where(何処で)、What(何を)、Why(何故)、How(どうやって)を問いかけましょう。

説明しない女、その中でも説明ができない女というのは、自分で情報を整理する力が不足しています。

頭の中で話すべきことがアッチコッチに飛んでしまい、何から話すべきかがわからないのです。

それでも簡単な言葉で答えられる質問に分けてくれれば、なんとか応えることができます。

細分化した質問によって徐々に引き出していけば、もしかしたら何か有益な情報や考え方が得られるかもしれません。

しゃべるのが嫌なら紙に書いてもらう

説明しない女はコミュニケーションエラーが頻発しやすく、今まで上手くいかなかった経験が多いために、人と会話することへ抵抗を持っているかもしれません。

それによって、なおさら頭の中で言葉がスムーズにまとまらない状況です。

そういう傾向がみられるなら、紙やメールに書かせるなど、自分が述べたいことを視覚化できる形式を用いてみましょう。

仕事なら「とりあえず先にメールでレポート上げてね」と言えばOKです。

何も不自然ではありませんし、まずはメールで報告というルールを部署やチームに提案しても良いでしょう。

彼女や友達などプライベートな関係だと難しいですが、LINEなどから読み取れることから会話を広げていくようにすると上手くいきやすいです。

意外とそのほうが素晴らしくまとめてくる場合も

多くの人は自然にこなしていて気に留めることもないかもしれませんが、考えながら喋るというのは複雑な処理を必要とする行為です。

英文に慣れていない人が「じゃあこの文の和訳を言ってみて」と急に先生に当てられて、しどろもどろになったり、日本語として不自然な和訳を述べることがありますよね。

「私は忘れた、財布を、家に。

私は持っていない、十分なお金、買い物をするには」といった感じ。

サッと読んですぐに整理できれば「私は家に財布を忘れたので、買い物するのに十分なお金を持っていません」という文章になったでしょう。

説明しない女の中では、それと同じことが起きています。

自分の中にある情報を整理して文章化する時間が欲しいのに、会話のテンポが気になって焦ってしまうのです。

それが極度であった場合、黙り込むという態度に出ます。

その点、紙やメールに書くなら、読み直して修正できるという安心感があるので取り組みやすいです。

普段は口下手でも落ち着いて考える時間があれば、理解しやすい文脈を構築できる人も少なくありません。

こういう人はSNSだけ饒舌だったりします。

説明の仕方を教えてあげる

職場の人の場合、仕事で求められる説明の仕方を教えてあげましょう。

とくに新卒で社会人になったばかりの人は説明が下手なことが多いです。

学生の内では通用した話し方も、社会人としては不適格ということがまだ分かっていません。

報告書などの書き方にも通じるところがあるので、最初に教えておくことで自分の仕事も楽になるはずです。

とはいえ、説明の仕方を説明するのって結構難しいですよね。

それが上手くないと説得力に欠けてしまいますし…。

個人的な関係なら、あえて教えてあげる必要はないでしょう。

適当に聞き流すか、縁を切れば済む話です。

そもそも説明の仕方が分かっていない場合も

よく男性が「女の愚痴はダラダラ長くて付き合いきれない」と言っているのを耳にします。

これは、その女性の愚痴が物語のように始まるからです。

たとえばこんな愚痴。

「今日ね、職場で〇〇さんて人が質問にきたんだけど、あ、この〇〇さんていうのは中途で新しく入ってきた人なんだけど、3カ月くらいは働いてるのにマニュアル覚えられないとか言ってて、それで私が教えてるんだけど、いいかげんにして欲しいっていうか、上司もそういうの分かってるんだから対処してくれればよくない?」
…一体何の話なのでしょう。

〇〇さんの話なのか、上司に対する不満なのかよくわかりません。

こういう話し方をする人は、説明の仕方が苦手なのかもしれません。

改めて上手い説明の仕方を考えてみよう

職業や社風によっても異なる部分はあるでしょうけど、基本的には結論や要点を述べた後に理由や経緯で補足すれば、説明が上手になります。

その逆で話し始めると聞き手には何の話だかがわからず、内容を掴みづらくなってしまうでしょう。

良い例と悪い例を、他社との打ち合わせ内容の報告と仮定して比べてみます。

悪い例「今日は17時にX社のAさんのところへ打ち合わせに行ってきました。

Aさんは最近仕事が忙しいそうですが、なんとか時間を作ってくれたとのことでした。

Bさんって人が入社して、結構活躍しているらしいですよ。

それでも手が足りてないらしくて、他社への発注も考えてるんですって。

だからウチにも話振ってくれたんですけど、その案件っていうのが結構タイトなスケジュールで、どうかなぁって思ったんですが、金額は結構良かったです、具体的には…」

長いので省略するとして、良い例。

「X社から新規受注できる見込みがあります。5月のゴールデンウィーク明けから7月までの案件で、金額は〇〇円、2ライン稼働できるか人員の空き状況の確認をお願いします。担当はAさんですが、新たに入社したBさんに変わる可能性もあるとのことなので、空き状況をお伝えする際に改めて確認します。」

後者では最初に受注見込みか失注かがわかりますし、案件の内容も要点がまとめられていますよね。

報告・説明は物語ではないので、いらない情報は切り捨てて話す必要があります。

下手な人というのは経緯から事細かに入っていくので「ウザったい」話し方になってしまうわけです。

これを明確に指摘してあげないと改善することができず、周囲から「お前の話は聞いていられない」と言われて黙り込むようになります。

少し大げさに勘違いしている態度をとる

説明の仕方を教えてもなお改善が見られない場合、本人が「別に言ってること一緒じゃん」と思っている恐れがあります。

言ってもわからないのなら、多少痛い目に遭わないとわかりません。

そこで、あえて勘違いしている態度をとって自分の説明力不足を実感させましょう。

説明しないと勘違いされるということをリアルに分からせる

自分は悪くないと思い込んでいる人は、それまで様々な人がフォローしてくれていることに気付いていません。

フォローがあるから理解してもらえているのに、自分の説明力には問題がなく、分からない奴が悪いくらいに思っています。

対処法の冒頭で記載した「誘導して引き出す」も、やりすぎると本人を調子づかせるだけなので気を付けましょう。

図に乗ってきたなと思ったら、ただちに手のひら返しで勘違いしてあげてください。

まだ愛のある人に勘違いされた方が、怒らせてはいけない相手に勘違いされるよりはるかにマシです。

説明しないと困った事態が起こり自分のせいになることを知らせる

周囲の人と示し合わせて勘違いしてあげるのも手です。

1人だけで勘違いしている態度をとると、他にフォローしてしまう人がいた場合には無駄骨に終わります。

説明しない女が急に黙りこくったとき、いつもなら「どうしたの?疲れた?」「何か嫌なことがあった?」と聞いてあげているのだとしたら、それをやめてみましょう。

その代わりに「体調悪そうだから今日は帰っていいよ」と言い切ってみてください。

他の人も同様に「そうだよ、無理することないよ」と言えば、体調不良でない本人は焦るはずです。

いつもなら構ってくれるのに、何がいけなかったのだろうと考えるでしょう。

より強く分からせるなら、本当に困った事態を引き起こしてみるのもアリです。

喧嘩を始めるとか、いくらでも手の打ちようのある仕事をあえて失敗させてみるとか…。

とはいえ、こちらにもリスクが伴いますから、説明しないままでいられてクリティカルな時にやらかされるよりは良いと判断できる場合においての話です。

「周りにいる女は皆、説明しない」は自分のせいかも

男性に限らず、「私は他の女とは違う」と思っている女性も「女って説明しない生き物でしょ」と決めつけることがあります。

そうとしか思えないほど、自分の周囲にいる女性たちが説明をしないのかもしれません。

しかし、それはよほど人間関係の運が悪いか、はたまた“説明してもらえない人”に自分がなってしまっているかの、どちらかです。

多くの女性にとって“説明したくない相手”と感じられる人物は、説明を聞かない人です。

そりゃ当然ですよね。

本人としては聞いているつもりでも「所詮女の説明はわかりづらい」という軽蔑した態度が出てしまっていたらアウトです。

説明できない女の方が実は少ない

説明“しない”のではなく“できない”女性は少ないです。

先述のように、社会人経験があれば説明無しで乗り切る方が困難だからです。

何度かコミュニケーションエラーが生じていれば「これはマズイ」と気づいて改善しています。

そのため、周囲の女性が皆一様に説明力不足だと感じるのであれば、それは自分の聞く力が欠如しているということです。

何らかの不快感を相手に与えているので、その内男性からも説明されなくなってしまいますよ。

まとめ

説明しない女の特徴や対処法について見てきました。

男性と女性という大きな枠で考えると、比較的女性の方が理論より共感を重視する傾向にはあるようです。

それが説明しないで察してもらいたいという態度に表れることはあります。

とはいえ、女性全般が常にそうであるというわけではありません。

1つの傾向だけを取り上げて性別の差とするのは、あまりにも軽薄。

個体差だと考えて、その人に合った対処法を用いるようにしましょう。