CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

やっつけ仕事をする人の12個の特徴と対処法


やっつけ仕事という言葉を聞いて皆さんはどう思われますか?

大抵の方は良い印象を受けないのではないでしょうか。

そして実際に職場の人のやっつけ仕事に、イライラとしているということもあるのかもしれません。

ただこのやっつけ仕事をする人にも、様々なケースがあり、もしかしたらちょっとしたことで改善できる可能性もあります。

ではやっつけ仕事についての様々なことについて見ていきましょう。

この記事の目次

️やっつけ仕事する人っていますよね

皆さんの身の回りにも、やっつけ仕事をする方はいるのではないのでしょうか。

職場の方であれば特に、利益に直結することから困ったことになってしまう可能性もありますね。

利益が関係する職場では、そのような人もいなくはない一方で、まだ割合的には少ないです。

しかし、PTA や学校のサークルなど非営利団体だとしたら、時にそのようなやっつけ仕事をされることで困ってしまうことがあります。

ではこの、やっつけ仕事をする人に対して、どのような対処をしたら良いのかということなどを見ていきましょう。

やっつけ仕事とは

やっつけ仕事とは、いわゆる適当に仕上げるような仕事のことを指します。

「どうにか早く、さっさとさばいて終わらせたい」という心理が働いているような仕事の状態のことを指します。

だからこそ必然的に、仕事の仕上がりが雑になるところがあります。

一見効率よく片付けているかのように見えるところがありますが、効率の良い人は質を保ちながらも、早く終わらせることができる一方で、やっつけ仕事の人は質も低い状態で早く終わらせるという状態になっています。

だからこそ、やっつけ仕事をする人がいると、身の周りの人は大変困るところがあるのです。

ただこのやっつけ仕事をする人は、どんな団体にいるのかなどによって少々接し方も変わってくるところもあるでしょう。

️周りも迷惑!やっつけ仕事をする人


このようなやっつけ仕事をすることにより、仕事のクオリティが低くなることから、身の回りの人においても満足度の低い仕事となっているケースが多いです。

社会人となると、その人の担当する箇所というのは決まっているため、その箇所だけがクオリティーが低い状態になり困ってしまうことがあります。

ともすれば、もう一人の人が手直しをする状態も発生するかもしれません。

仮にやっつけ仕事をする人に、直しをさせても仕上がりが良くない状態で何度も帰ってくるようになると、だんだんと他の人の負担がかかってくる一面があります。

そうなると手直しをする側の負担が非常に大きくなり、それが大きな不満をためる原因になっていきます。

実際にそのようなことが原因で職場を退職される方もいます。

なんで中途半端な仕事をするんだろう

きっちりと仕事をする方にとっては「何でこのようなやっつけ仕事をするのか」と理解できない人も多い事でしょう。

ただこちらは先天的な性格も関係するのかもしれませんし、能力面の可能性もなきにしもあらずです。

ですので理解しようと思っても、なかなかうまく理解できない可能性もあります。

もし理由を聞いて本人が明確に答えられるのならまだしも、大抵の場合は「なぜこのようなやっつけ仕事をするのか」と質問しても、明確な答えは返ってこない可能性が高いです。

ですので「何で?」と考えても、もしかしたらなかなかうまく言葉にできなかったり、考えもつかないことでやっつけ仕事になっている可能性もあります。

意図的なタイプと無意識なタイプがいる

このやっつけ仕事をする人と一口に言っても、意図的にやる人と、無意識の人がいます。

意図的にやる人は、明らかにその仕事についてやる気がないとか、面倒くさいと思っている人が多いです。

例えばよくありがちなのが、著者の子供は中学生と小学生がいるので、PTA などの関わりも多少はあるのですが、PTA に関してはこのやっつけ仕事をするという人の割合がかなり顕著です。

それはなぜかと言うと、PTA を廃止したいぐらいである気持ちがある人が多い一方で、そこまでの伝統を覆す力はないという人も多いです。

ともすれば、非営利団体だからこそ PTA は手を抜くとまで公言している人もいるぐらいです。

ですので、質はどうであれ、どうにかして早く仕事を終わらせてしまいたいという気持ちが働いている一面があります。

このような非営利団体だと、このようなやっつけ仕事をする人でも、仕事をしてくれるだけマシだという心境であるケースが多いです。

PTA の役員に指名されたにも関わらず、全く参加しない人もいることから確かにやっつけ仕事をする人には困っているけれど、出てもらってるからまあ納得するしかないと思っているところもあります。

ただそのような人は、仕事をしていたりするなど能力的には、そこまで問題がないケースも多いので非常にもったいなく感じられるというところが特徴です。

そしてもう一方は、無意識にそのようなやっつけ仕事になっている可能性がある人のことを指します。

このような人は決して雑にやっているつもりではないのだけれど、必然的にクオリティーが低い状態となっています。

あまり細かいことを気にしないとか、大雑把な人であれば細やかな気づきがないことから、傍から見るとやっつけ仕事のように見えてしまうという可能性もあります。

このような人の場合、やっつけ仕事であることだけを指摘すると解決しません。

なぜなら、自分がやっつけ仕事をしていると気づいていないからです。

そこで、具体的な解決策を示す可能性があります。

例えば具体例を挙げると、文字を記入する時は欄からはみ出ないようにしてほしいとか、そのような細やかな指摘が必要になります。

素直な人であれば、それを聞き入れてくれる可能性もあり、結果的にやっつけ仕事な状態から改善することもあり得ます。

このように意図的にやっつけ仕事なのか、それとも気がつかずにやっつけ仕事なのかということによって、改善点がいろいろと違ってくるところがあります。

仕事へのやる気や性格が影響している

そのやっつけ仕事をする人についてですが、大抵は仕事のやる気が影響しています。

やる気のある仕事であれば、大抵の場合はそのようなやっつけ仕事にはならず、必然的にそこそこのクオリティを保つようなものになっていることでしょう。

ですがこのようなやっつけ仕事をしてしまうということは、やる気がなく、どうにかして早く終わらせてしまいたいという気持ちの表れでもあります。

こちらは意図的にやっつけ仕事であるということであれば、職場に不満があって仕事辞めたいのかもしれません。

ただ意図的ではなさそうということで、なおかつ急にできなくなったということであれば、精神疾患などで、やる気が削がれている可能性もなきにしもあらずです。

そして常にやっつけ仕事ということであれば、元々の気質である可能性もあります。

このようにやっつけ仕事をする人の性格はそれぞれですが、やはりやる気や性格などが関係している面は否定できません。

️やっつけ仕事をする人の12個の特徴


ではやっつけ仕事をしてしまう人の特徴とは、どのような特徴があるのでしょうか。

やっつけ仕事をする人の特徴は12個の特徴がありますので、ひとつひとつ特徴を見ていきましょう。

このような特徴が12個もあるというのは、かなり特徴があるとも言えますが、やっつけ仕事をする人の特徴をだいたい網羅できているであろう特徴数です。

ただ場合によっては改善できるような働きかけもある可能性がありますので、この特徴に目を通して、やっつけ仕事をする人は、どのようなアピールをしていけば改善できるのかは考えていきましょう。

計画性がない

計画性がないということは、悪意が無くやっつけ仕事になっているという人もいます。

例えば締め切りのある仕事だとして、この辺にきちんと完成させるためには何日かける必要があるとか、どのように進めていく必要があるのかというような計画をするのが苦手な人もいます。

ですので締め切りギリギリになって慌てて仕事をこなすところがあるので、必然的にクオリティが低く、やっつけ仕事になってしまうというところがあります。

もし悪気なくやっつけ仕事になっているという人であれば、この計画性が弱い可能性がありますので、初めのうちは具体的に計画をして、この通りにしてほしいとお願いしてみることでやっつけ仕事具合が解決する可能性があります。

計画性がないだけで本当はやる気のあるタイプであれば、このような計画に沿ってやっていくということを教えていくことで改善していく可能性があります。

責任感がない

やっつけ仕事をする人の特徴として、責任感がないというものがあります。

責任感がないからこそ、もし何かがあっても特に知らないというふうに思っている人もいます。

責任感が伴っていたら、とてもではないけれど、やっつけ仕事をすることはできません。

もし何かあった時に責任を取らなければと思うと、丁寧に確認したりすることでしょう。

それをしないということは、責任感があまりないという可能性があります。

こちらは元々の性格的にそうである可能性もありますが、本来ならやっつけ仕事をしないタイプの人であっても「これは私の業務外の仕事だ」という風に、あまり気が進まない仕事である可能性もあります。

確認を取らない

やはりきちんと仕上げるというためには、そこそこに確認を取る必要があります。

ですがこの確認をとらないというのも、やっつけ仕事をする人の特徴のひとつです。

もしも悪意なく気がつかずに確認を取らないタイプの人であれば、都度確認を取って欲しいと言うようにしてみると良いでしょう。

ただその一方で場合によっては、こちら側も態度を改めるべきである可能性もあります。

例えば確認を取ろうとしたら「そんなこともわからないの!?」と怒鳴りつけてしまったりしていたら、だんだんと確認を取ることが難しくなっていき、分からなくても適当に進めたら良いとやっつけ仕事になってしまう可能性もあります。

もし急に確認を取らないような人になったとしたら、自分自身の態度も今一度確認しておきましょう。

詰めが甘い

そしてこのような確認をとらない一面など、詰めが甘いところがあります。

この仕上げの段階で甘いところがあると、せっかくいろいろとやっていても、詰めが甘いことによって、やっつけ仕事以外になってしまうところがあります。

そして、そもそもやっつけ仕事をするからこそ詰めが甘いというような一面もあります。

ですので仕上げの段階でなるべく、確認を取るというようなことも意識するようにしましょう。

スピード重視

やっつけ仕事をする人の多くは、スピード重視であるということも挙げられます。

スピードを上げるためには、質を下げるしかないというような感じに思っている人も多いのでしょう。

ただこのスピード重視をする人がなぜそうなのかということについては、熟考する必要があります。

もしかしたら、そもそもその人のキャパオーバーした仕事内容ではないのかということや、仕事をする際に「早く!早く!」と言い過ぎると、このようなスピード重視によるやっつけ仕事になってしまう可能性もあります。

ですのでもし改善できる点があるのであれば改善をしてみるというのも手ですしかしその一方で早く帰りたいとか早く仕事を終わらせたいというような感じでやっつけ仕事をする人自身の問題である可能性もあるのでそこの見極めは必要です

準備をしない

詰めが甘いのかもしれませんし、事前の準備を面倒くさがるタイプなのかもしれませんが、やっつけ仕事をする人は準備な点においても、あまりしないところがあります。

ですので思いついたように、色々と準備をすることによって間に合わないことが多く、結果的にやっつけ仕事になってしまうことがあります。

ただ「ちゃんと準備に取り掛かってから仕事をしてください」といっても改善できない場合は「このような準備をすると良いよ」とアドバイスをしてみるのも手です。

そうすることによって素直に聞いてくれる人であれば、やっつけ仕事が改善する可能性があります。

しかし面倒くさがりというような感じで、もともとがやっつけ仕事をするような性格のタイプであれば、アドバイスをしても難しいところがあるでしょう。

自分の中の基準が低い

そして無意識のうちにやっつけ仕事をしてしまうタイプの人としては、自分の中の基準が低いことで「これで OK」と思う基準が低く、周りの人から見たらやっつけ仕事に見えるというものです。

ですので自分の中では、きちんと仕事をしていると捉えていることがあります。

もしそうであれば、仮にアドバイスをするということであれば、具体的にどこが良くないのかということを言う必要があります。

ただ単に「仕事の質が低い」と言っただけでは、どのようなところを改善したら良いのかわからず、ずっとその状態になる可能性があります。

そう言ってみたところで「この人は意地悪でこんな事を言うのだ」で終わりになってしまうところがあります。

楽天家

楽天家であるところは素晴らしい気質ではあるものの、時にこのようなやっつけ仕事をしてしまう一面があります。

「まぁ、いいか」と楽観的に考えることによって、結果的に仕事の質が低くなりやすく、やっつけ仕事になってしまう一面があるのです。

こちらは素直に聞いてくれるタイプの方であれば「こうしてほしい」とお願いすれば素直に従ってくれる可能性があります。

しかしこのようなことを耳から入れても、右から左というタイプの方だと、改善しない可能性も視野に入れなくてはなりません。

プライドが低い

このような人は、プライドが低く、これぐらいできないと自分はダメだという風な自分自身の基準がありません。

ですので仮に仕事の質のことで何か言われても、全く気にしない所があるのも、こういう人の特徴です。

確かに楽観的で良い一面はあるのですが、その一方で綿密な仕事などにおいては困ってしまう一面があります。

大雑把

そしてこのようにやっつけ仕事をしてしまう人は、悪気なくやってしまう人として大雑把であることも挙げられます。

大雑把ですので、自分だったらこれで良いと思うというような基準が低いことで、やっつけ仕事になってしまうところがあります。

しかし、本人はやっつけ仕事だと思っておらず、自分自身ではきちんとやっていると思っている可能性も高いです。

このような人であれば、やはり改善点をより具体的に言うことによって、素直な人であれば改善をしてくれる可能性があります。

怠け癖がある

怠け癖があって、とにかく早く終わらせて楽をしたいと思っている人も、やっつけ仕事になってしまう可能性があります。

こちらは悪気なくやっていても、なかなか改善できないタイプかもしれません。

色々なタイプの人がいるので一概には言えませんが、このような人はパソコンが得意であればパソコンを使った効率化などをお願いすることによって、驚くべき新システムを作り出す可能性があります。

怠け癖がある人のタイプにも色々なものがありますが、自分が怠けるためにエネルギーを使えるタイプの人であれば、そのように良い方向性に行きますし、このようなシステムを作るのでさえめんどくさいと思うタイプであれば、やっつけ仕事をするままの状態になってしまう一面があります。

評価を気にしない

なぜやっつけ仕事が出来るのかと言うと、基本的に評価を気にしないから、やっつけ仕事をするところがあります。

そちらは意図的にやっつけ仕事をしている人に見られる特徴です。

もしかしたら出世を諦めている可能性もありますし、そもそも評価を気にせずマイペースで行うようなタイプの人なのかもしれません。

️やっつけ仕事をする人の対処法

やっつけ仕事をされることによって困ってしまうことであれば、このやっつけ仕事をする人に対して対処しなければなりません。

ではやっつけ仕事をする人に、どのように対処していたら良いのかを見ていきましょう。

問題点を指摘する

やはり一番重要なことは、この問題点を指摘することです。

こちらは意図的にやってる人であっても、無意識に気がつかずにやっているタイプの人にも有効です。

そして気を付けるべき点としては、改めて欲しいところだけを指摘するということが重要です。

この時に「あなたは何をやってもダメ」というような人格否定だったり、感情論を入れることによって素直に聞き入れてもらえない可能性があります。

例えばファイル作成を依頼した時に、クオリティが低くきちんと止められていないということが問題だとしたら、ファイルをきちんと止めてほしいということだけを指摘したらよいのです。

このきちんと止めるというだけでは不十分ですので、パンチに穴を開ける時は真っ直ぐとか、紙が揃うように努めてほしいというような感じで、より具体的に言うことによって改善していくところがあります。

このような人にとって、「適当にやっといて」とか「臨機応変に」というような曖昧な指示を出すことにより、クオリティが低い仕事しかできないところがありますので、より具体的に問題点を指摘することを意識しましょう。

やり方を教える

クオリティーが低い人の場合、気がつかずにやっている人であれば、それでいいと思っている可能性があります。

ですので問題点を指摘しても、なぜいけないのか、どうやって行ったらいいのかというのが分からない人もいます。

もしそうであれば、やり方を教えてあげることによって、聞き入れてくれる人であれば聞き入れてもらえる可能性があります。

ですのでやっつけ仕事をしていると思っている人にも、やり方を教えてあげましょう。

この時もなるべく具体的な方が良いです。

できれば実践をしてやってみてましょう。

そうしてあげることによって、どのようにしたらよいかが分かり、やっつけ仕事が解消するかもしれません。

進捗状況を聞く

仕上げの段階でやっつけ仕事で、どうにも手直しがたくさん必要な状態で持ってくるということであれば、進捗状態を尋ね、途中の段階から手をかけてあげることが重要です。

そしてその都度やり方を教えてあげたりすることによって、仕上げも質が高いものになる可能性もあります。

ですのでこのような人は、任せておけば大丈夫と思うのではなく、進捗状態をよく聞きに行き、その都度様子を見てあげるようにすることが重要です。

こちらは意図的にやっつけ仕事な人にも、無意識にやっつけ仕事の人にも有効な方法の一つです。

アドバイスをする

もしやっつけ仕事になってしまうのかもというところが見つかったら、アドバイスをしてあげましょう。

気づかずにやっている状態であれば、このアドバイスが非常に有効になる可能性があります。

分からずにやっているのに、ただやっつけ仕事であるということを言われても、どう改善したら良いのか分からない人にとってはこのアドバイスこそが必要です。

自分で手直ししてもらう

改善点があったとしたら、自分で手直しをしてもらうようにしましょう。

そうすることで、どんな点がクオリティが低いと困るということがよく分かります。

ライターの世界でも、このようなフィールドバッグがあるというところもありますが、このように具体的に問題点を示すことによって、そのクライアントの方が好む文章などが分かります。

手直しをすることで色々と分かることがあるというのはライターにおいてもよくあることです。

ですので普通の仕事においても、手直しをしてもらうことによって、このような点に気をつけたら良いという気づきが得られる可能性があります。

こちらは意図的にやっている人には、このような手直しがあるのなら、めんどくさいからきちんとやろうと思いますし、仮に分からずにやっつけ仕事になっているということであれば、気を付けるべき点が見えることにより、このように仕事をしたら良いのかと理解が得られる可能性があります。

最終チェックをしてもらう

もし詰めが甘いことによって、やっつけ仕事になっているということであれば、最終確認をしてもらいましょう。

詰めが甘いことだけで、やっつけ仕事のようになってしまうということであれば、この最終チェックは非常に有効です。

ただこちらの方法は、必ずどのようなタイプにも有効というわけではありません。

ですのでまずは最終チェックをしてもらい、それでもクオリティが低いということであれば、これと合わせて色々な対策を講じていく必要があります。

給料を下げる

給料というのは日々の生活においても非常に重要なところがあるので、これを下げることによって自分の仕事の質について意識することがあるでしょう。

特に意図的にやっている人にとっては、給料を下げられることで、この給料ではまずいということで、やっつけ仕事が改善する可能性もあります。

しかし意図的にやっつけ仕事であるというわけではなく、分からずにやっつけ仕事な方にとっては、もしかしたら給料下げられた原因が、あまりよく分からないのかもしれません。

もちろん指導によって改善をするのであれば、それが一番なのかもしれません。

ですがもしどうしても、そのような改善点が見込めず能力があまりマッチしていないことでやっつけ仕事になっているということであれば、あえて給与を下げることが、その人自身の転職を促し、自分に向いている仕事につこうというきっかけになる可能性もあります。

残念な一面がありますが、利益を生んでいるところである以上、致し方ないところがあります。

相談に乗る

やっつけ仕事をするという時は、精神状態も関係している可能性があります。

最近はうつ状態で休業する方も増えていますが、そのような状態なのかもしれません。

特に真面目な人が、突然やっつけ仕事をするようになってきたとか、様子がおかしいと思ったら相談に乗ってあげましょう。

もしかしたら何か重大な悩み事などがあるのかもしれません。

もし大手企業などで企業カウンセラーがいるのであれば、医療カウンセラーを受けることを勧めた方が良いのかもしれません。

もちろんそこまでではなくても、何か悩みがあってつい仕事の手を抜いてしまうということであれば、悩み事を解消することにより、またやっつけ仕事ではなくなり冷静に対処できるようになる可能性もあります。

こちらは意図的にやっつけ仕事をしている方にとっては非常に有効ですが、無意識でやっつけ仕事になっている方にとってはあまりピンと来ないところがあるので、相談に乗るという形で、どちらのタイプでやっつけ仕事なのかということを見極めることもできる可能性があります。

不満を聞く

やっつけ仕事になってしまうということは、不満などのマイナスな感情を溜め込んでいる可能性があります。

ですので不満があるということであれば、不満を聞いてあげることにより解消するかもしれません。

しかし地形面においては、なかなか改善は難しいこともあるでしょう。

例えば残業が多い人とか、仕事量の割に給料が安いとか、そのような愚痴を話してくれる可能性があります。

もちろん、そのような不満を聞いたからといって、経営者ではない限りは改善することが難しい事もありますが、愚痴を聞くというスタンスで聞いてあげることによって同じような状態でも不満が解消する可能性があります。

よく女性にありがちですが、聞いてもらうだけでもよいという状態になることがありますので、不満がある事でやっつけ仕事をする人は、愚痴を引き出すだけで突破口を見出して行くということも可能です。

大事な仕事を振らない

こちらは意図的にやっている人であっても、わざとではなく能力的にそうなっている人にも同じことが言えるのですが、もしかしたら今割り振られて仕事がキャパオーバーなのかもしれません。

ですので質を保ちつつ、締め切りに間に合わせて仕上げるというのが難しい可能性もあります。

そうなると能力的な問題がありますので、対処が難しいところがあります。

もしそうであれば大事な仕事を振らず、あまり支障のない仕事を振るということで解決します。

仕事内容にもよりますので一概には言えませんが、雑用でもどうしても人手がいるという仕事はありませんか?

利益に直結しないのだけれど、誰かがやらないと困るというような仕事です。

例えばちょっとした書類整理などが、それにあたるでしょう。

もしそうであれば、このような雑用を主に担ってもらうことにより、重大な仕事はやっつけ仕事をしない人達で回していき、雑用について任せてあげるということで、どちらにとっても負担のない状態になる可能性があります。

️やっつけ仕事をする人には根気強く教えていくこと

やっつけ仕事をする人と一口に言っても、いろいろなタイプの人がいます。

もし分からないとか不慣れでやっつけ仕事ということであれば、その都度改善点を教えてあげましょう。

そのような人であればこのアドバイスを元に、色々と改善をしていくところがありますので、最終的にはできるようになる可能性があります。

特に新入社員であったり、若い社員であれば、これからの伸びしろに期待して色々と教えてあげるのもいいでしょう。

さらには意図的にやっつけ仕事をしている人たちは、本来できる人達ですので、色々な方法でアプローチをしていくことによって、解決できる可能性もあります。

不満点があるからやっつけ仕事なのか、精神的疾患でやっつけ仕事なのかというようなことも考えられます。

特に今までできていたのに、急にできなくなったということであれば、もしかしたらこの二つ目の問題点の可能性が考えられます。

一口にやっつけ仕事をする人といっても、その原因は様々です。

色々なアプローチをして、どうにかしてこのやっつけ仕事をする人を改善の方向に向けていくと良いでしょう。

ページトップ