面食いって、世の中ではあまり良しとされない、異性の顔の趣味とされていますよね。

面食いな人は、性格が悪いなんて言われたりもして、批難の対象になってしまったりも。

でも筆者は、人は誰しも面食いな部分って持っていると思うんですよね。

異性の顔の趣味が、世間一般で美人や美男と見なされているかどうかの問題で…みんな自分の好む顔ってあると思うんです。

女性である筆者も昔、「男はやっぱり顔で選んじゃう」発言をして、ドン引きされたことがありましたけど、それって正直な気持ち。

「見た目ゼロで、中身100%で選ぶ」なんていう人の方が、少ないんじゃないかな?って思うんです。

ただ筆者の場合、好きになる人が世の中で言われるイケメンとはちょっとズレているようで(笑)

さほど面食いとは言われないんですけどね。

自分では相当な面食いだと思っています。

面食いって何?


自分では面食いだと思っている筆者が、面食いだと言われない…。

それは一体なぜなのか?それは、面食いの意味の捉え方の違いなのかもしれません。

面食いとは、“顔の美しい人ばかりを好む人”のことを言います。

この“顔の美しい人”って、感じ方が人それぞれ違いますよね?

筆者の場合、自分ではそう思って好きになったり付き合ったりするんですけど、周囲から見たら、別に“顔の美しい人”じゃないみたいなんです。

でも、面食いって“面を食う”って書きますよね。

よく考えたらすごい言葉ですが…面を食うって意味で言うと筆者は面食いなんですよね。

皆さんは面食いをどう感じているのでしょうか?

そもそも、面食いだと批難する人たちこそ、人を見た目で判断してるんじゃないかとすら、筆者は思ってしまいます。

世の中にイケメンやブサメンなんて言葉が生まれて、イケメンばかり好きになる人を「あの人面食いだよね」なんて言うんですよね?

それってつまり、その人をイケメンだって思っているからです。

ブサメンばかりを好きになる人に「面食いだよね」なんて言わないのですから…。

人を見た目で判断している人こそ、面食いの人を批判するんじゃないでしょうか?

1. 人は見た目が9割?

『人は見た目が9割』この大胆なタイトルの本が出版されたことで、世の中衝撃を受けましたよね。

「ひどい」って思った人もいれば、「やっぱりそうなの?」って、うすうす気づいていた事実を突きつけられたように感じた人。

「いやでも、あながち嘘じゃないよね」と、納得感を持って受け止めた人…。

それぞれにいろんなことを感じさせられたタイトルなのではないでしょうか?

この“9割”ってところが、「上手いな~」って筆者は感じましたね。

「100%じゃないんだ」って、見た目を気にしている人にとっては、希望の残る割合になっているんじゃないでしょうか?

しかも、残りの1割って、見た目の9割に匹敵するくらい大事だったりしますからね!

見た目が9割っていう表現は、人はそれだけ、人を判断するにあたって、視覚から得た情報が重視されているってことを表わしているなと思うんです。

ここでいう“見た目”は、単に美男美女であることを言っているわけではないんですよね。

清潔感だとか、表情や仕種など、トータル的な見た目のことを言っているんです。

この意味から言っても、筆者は自分が面食いだって言えるんです。

いくら自分で言っても、だれも面食いと認めてはくれませんけどね(笑)

2. 見た目も中身も両方素晴らしい人っている?

世の中、「見た目よりも中身を重視すべき」なんて言いますよね。

見た目も中身も両方素晴らしい人なんていないから、中身を重視すべきなんだって。

はたして本当にそうなんでしょうか?

イケメンや美人は、中身がダメなんでしょうか?逆に、ブスなら性格がいいのでしょうか?

こんな方程式は成立しないと筆者は思いますけどね。

一見、面食いのように見える人でも、その人にとっては中身を重視した結果なのかもしれません。

筆者のように、面食いに見えなくても、見た目を重視している人もいます。

筆者としては、見た目も中身も素晴らしい人はいるって思いますし、中身の良さは見た目ににじみ出ていると思っています。

だから、人は見た目が9割とも言えるんだと思うんですよね。

3. なぜ面食いになるの?

ただ、面食いを筆者のような捉え方をすると今回の話が進まないので…

面食いを“世の中が認めるイケメンや美人だけを、中身を見ずに選ぶ人”という捉え方に戻します。

こういった人たちが、なぜ面食いになるのか?

この理由は、この後にまとめた“面食いな女性の特徴”を見ると、面食いな人の心理も分かってくるのですが…

筆者の見解では、やっぱり“飾り物感覚”だからじゃないかなって思います。

本当に、キレイな物をキレイと言う理由だけで好きになるのなら、その相手をお飾り感覚で見ていることになると思います。

見て良し、飾って良し…つまり、お部屋のインテリアか、ファッションアクセサリーのような感覚で見ているってことです。

なので、単にキレイなものや美しいものが好きだったり、ファッションにとてもこだわる人が、面食いになるんだと思います。

4. 面食いの女性の割合は?

さて、面食いな人っていうのは、男性にも女性にもいるのですが、今回は女性の面食いに絞って特集していきます。

因みに面食いの女性の割合は…ある調査では、面食いが約4割・面食いじゃないが6割という結果になっていました。

これは、“自分が面食いかどうか”を訪ねた質問なので、自分で思うのと、周囲が思うのとではまた違う結果が出るのかもしれません。

同じ調査で男性は約半々。

男性の方が、“顔重視”な人が多いという結果になっています。

この回答の理由を見てみると、自分は面食いだという男性ほど“キレイ・美人がいい”と、単純に見た目を重要視している傾向。

一方女性の面食いは、“生理的に無理なモノは無理だから”と、世で言うイケメンかどうかというよりも、

どうしても受け付けない場合があるという意味で、自分は面食いであると答えている人が多い印象です。

筆者と似たような感覚の人も結構いるのかなって感じましたね。

面食いな女性の16個の特徴

面食いな人と言っても、その捉え方は様々ですが…

ここからはさっそく、世で言われる“面食いな女性の特徴”を見ていくこととしましょう。

この特徴を見てみると、筆者が面食いと言われない理由も見えてきます(笑)

面食いな女性がどうして面食いになったのか。

どうして面食いと言われてしまうのか。

数々の特徴から、面食いな女性の心理も見えてきます。

さらに、面食いな人が何故嫌われるのか。

その理由も、面食いな人の特徴には表れています。

自分では面食いという感覚が無かった人も、もしかしたら陰では「あの子面食いだよね」なんて言われてしまっているかもしれませんよ?

世の中の価値観では、面食いは良く思われないのだから…面食いと言われたくない人にとっては、ちょっと自分の価値観を見直さなければならないかもしれませんね。

筆者は面食いな人を素直な人だとも思いますが…面食いを治すべきかどうなのか。

それは、周りからどう見られたいかという自分の気持ち次第なんだと思います。

まずは面食いな人の特徴をみて、周りから面食いな女性がどう見られているのかを、知ることが先決ですね!

1. アイドル好きでミーハー

面食いな女性には“アイドル好きでミーハー”という特徴があるようです。

特に、ジャニーズ系などの美形アイドルを好む傾向があるみたいですね。

面食いの意味としても解説されている、いわゆる“顔の美しい人”が好きということです。

アイドルっていうのは、まさに見て楽しむ存在ですよね。

そんなアイドルの熱狂的ファンになってしまうのは、やはり“美しい顔が好き”という面食いさを、よく表わした特徴だと言えるのでしょう。

筆者は、なぜだか昔から、アイドルには全く興味を示しません。

だから面食いって言われないんだな~って思います。

でもアイドルは、そういった面食いの女性たちの心をくすぐる存在として生まれているわけだから…面食いな女性がアイドルを好きになるのは、当然の成り行きですよね。

そうじゃないと、アイドル稼業だって成立しませんし。

需要と供給が成り立っているのだから、これは別に悪いことではないような気がします。

ただ、その顔の趣味を現実世界にまで持ち込んでしまうと…恋愛ではなかなか上手く行かないこともあるかもしれませんね。

見ているだけでは成立しないのが恋愛ですから。

2.プライドが高い

“プライドが高い”というのも、面食いな女性の特徴となっているようです。

筆者の見解としてもお話した通り、男性をお飾りとして見る感覚が、少しあるのかもしれませんね。

プライドが高いことが、イケメンばかりを選ぶ理由になっているのだとしたら、「自分に釣り合うのはイケメンだけ」って思っているということになりますよね。

誰もが認めるイケメンじゃなければ、自分の価値が下がってしまうと考えているのでしょう。

また、イケメンに自分が選ばれることで、自分のプライドを保てるという感覚もあるのかもしれません。

「あの人ブサメンとしか付き合えない」と思われたくないし、「彼ってブサメンだよね」って思われるのが恥ずかしい。

とにかく、恋人の存在は自分の価値を高めるものであって、プライドを傷つけられるのは許せない!って思ってしまうのでしょう。

とても周囲からの評価を気にする人が、イケメン好きの面食いになりやすいということです。

3. 恋愛相手に対する理想が高すぎる

面食いな女性は、“恋愛相手に対する理想が高すぎる”という特徴もあります。

これもきっと、先ほど挙げた特徴の“プライド”が大きく関わっているからなのでしょうね。

面食いな女性の恋愛相手の理想と言うのは、もちろん“顔”。

顔面偏差値に対するクリア基準が高いってことです。

理想を高く持つことは個人の自由だし、面食いな人本人にとっては、それが相手を選ぶ重要な要素なんですから「ほっといて」って…思っているかもしれませんね。

筆者としても、別にいいんじゃないかな?って思うんです。

でも、周囲の人がそれをどう思っているかというと、「あの子理想が高すぎるから…(恋愛が上手く行かないんだよね)」なんてこと。

ちょっと呆れ気味に、「どうしようもない子だよね」なんて思っているんです。

理想が高すぎると、その理想にぴったりはまる人って限られてくるんですよね。

もしくは、その理想に当てはまる人がいない可能性もあります。

そうなると、恋愛にはなかなか発展せず、夢ばかりを見ている間に歳だけとっちゃいます。

それももちろん、個人の考え方次第なので、どっちがいいかですよね。

4. 客観性がない

面食いな女性は、“客観性がない”という特徴も言われています。

これとは反対に、自分を客観視しているからこそ面食いだという意見もあるのですが…、まずは客観性がないと言われる理由を見ていきましょう。

これはたぶん、周りの人から見てって話なんです。

周りから見て、「あの子自分を客観視出来てないんじゃない?」って思われているということ。

つまり…イケメンに釣り合うほどの容姿を持っていないのに、イケメンにこだわっていると思われているということです。

「面食いの人って、自分のこと可愛いと思ってるよね(勘違いなのに)」って…周りの人は思っていたりするんです!!結構周囲の人って残酷なこと言いますよね。

こういうところが、面食いを批難する人ほど、人を見た目で判断してるって思わされる部分なんですけどね。

面食いの人はプライドが高いって場合もあるけど、単純にキレイな物が好きって場合もあると思うんです。

そういった人は、自分と釣り合うかどうかというよりは、むしろ自分に無いものを求めている傾向もあったりするそうなので…。

客観性がないとか、「ほんと、ほっといて」って話ですよね。

面食いな人からしたら。

ただ一方で、面食いな女性は、自分が周りからどう見られているかを客観視できるからこそ面食いだという意見もあるんです。

この場合は、プライドが高い人だからなんだと思います。

恋人と並んで歩く自分が、周囲からどう見られるかってことが想像出来ているから、イケメンを選びたいっていう心理ですね。

周りから見た特徴で言えば、客観性がない。

本人的には客観視出来ている。

それが、面食いな女性の特徴なんです。

5. 恋愛が長続きしない


“恋愛が長続きしない”というのも、面食いな女性の特徴です。

これもやはり、理想が高すぎることが原因になってしまうのでしょうね。

やっと面食いな女性のおめがねに叶う恋人が出来たとしても…恋愛は、相手を眺めているだけでは成立しません。

自分にも相手にも、感情ってものがあります。

それにやっぱり、付き合うとなれば性格の違いや、仕種などの癖など、見た目では分からない部分がどんどん見えてきます。

いくら見た目重視の面食いな人だって、相手の性格や感情も、見えてくれば無視するわけにもいきません。

こんなことから、面食いな女性は恋愛が長続きしない傾向があるということです。

恋愛はそう単純じゃないってことですよね。

6. 見た目が良ければ中身も良いと信じている

面食いな女性が恋愛が長続きしないのには、“見た目が良ければ中身も良いと信じている”という特徴にも現れるようです。

筆者も、中身は外見に反映されると思っていますけど…いわゆる美形のイケメン好きな面食いの人は、

中身が反映された見た目という視点では、男性を見れていないということなのでしょうね。

左右対称、パーツがくっきり。

そんな整った美しさだけを見ているのでは、確かに中身は見えてこないでしょう。

見た目が良ければ…の“見た目”が、内面からにじみ出るかっこよさだったり、性格が表わされているような優しげな笑顔だったりすれば、

“見た目が良ければ中身も良い”という方程式が成立すると思うんですけどね。

パーツが整った鑑賞美を求めていたら、中身も良いとは限らないということです。

その辺の違いが理解出来ていないと、恋愛も長続きしない面食いな女性になってしまうのだと思います。

7. 見栄っ張りでブランドものが好き

面食いな女性には、“見栄っ張りでブランドものが好き”という特徴もあるようですね。

見栄を張ったり、ブランドもので着飾る女性こそ、自分のプライド重視。

男性を、お飾りだと認識しがちな人なんだと思います。

イケメン男性が恋人なら、それ自体が自慢になる。

一緒に歩いていれば“イケメン”というブランドを身にまとっているも同然!そんな気持ちになれるのでしょう。

筆者はブランドには興味がありませんが、見栄っ張りでブランドものが好きという気持ちは、分からなくはないです。

女性には、こういう気持ちが分かるっていう人も多いのではないでしょうか?

筆者の場合、ブランドものではないけど、手作りの一点物や、自分の趣味に合った掘り出し物なんかが大好きです。

それがたぶん、他人に理解されない男性の好みにも反映されているようにも思いますが、

自分としては、自分の気に入ったものを身につけたい!自慢したい!って気持ちがあるので、ブランドもの好きな人と、心理は同じだと思っています。

それが、みんなが分かるブランド(みんなが認めるイケメン)なのか、自分だけが分かる趣味(自分ではカッコイイと思う男性)なのかの違いなだけ。

面食いな女性は、多くの人と感性が一緒なほど、「面食いだよね」なんて言われちゃうんですね。

8. 自分の容姿に自信が無い


先ほど、客観性がないという特徴でも少し触れたのですが…面食いな女性は“自分の容姿に自信が無い”ということも、特徴として挙げられています。

それが、客観性がないと見られる理由になっているともお話しましたよね。

自分の容姿に自信がないほど、自分にはないものに憧れる傾向があるってことです。

これも、案外誰にでもある傾向なんじゃないでしょうか?

好きになる人は似た性格の人。

という人もいるとは思いますが、憧れから、自分にはないものを持っている人を好きになる人も多いですよね?

そのポイントが、見た目なのか中身なのかの違いなだけで…。

自分にはないものを持っている人のほうが、恋愛は上手く行くとも言われますし、

自分にコンプレックスがあるとき、それとは対照的なものに目がいくのって自然なことのようにも思えます。

自分の悩みを埋めたいという心理が、自分の容姿に自信が無い面食いな女性には、働くのでしょうね。

9. 人によってコロコロと態度を変えられる

面食いな女性には、“人によってコロコロと態度を変えられる”という特徴も。

こういうところが、面食いな女性が嫌われる要因なのかもしれませんね。

面食いな女性の場合、特にイケメンとそうじゃない人とで、態度をコロコロと変える傾向があるようです。

イケメンにはちょっとぶりっ子な一面を発揮し、ブサメン相手になるとびっくりするくらい冷たい態度に急変!そんなところがあるみたいですね。

まぁ、面食いな女性はイケメンをゲットしたいのですから、イケメンに可愛い子ぶるのは当たり前。

でも、そうじゃない気に入らない人には逆に冷たくするっていうのは、あまりにもあからさまですよね。

イケメンにそんなシーンを見られちゃうかも…なんてことは、考えないんだな~って。

その辺の詰めの甘さは、むしろ不思議に思っちゃいますよね。

10. 人の噂話が大好き

“人の噂話が大好き”という特徴も、面食いな女性にはあるみたいです。

アイドル好きでミーハーなんていう特徴も挙げましたが、噂話が好きと言うのは、このミーハーな部分が発揮されてのことでしょう。

噂話っていうのは、大抵が信憑性のないものです。

でも、特に芸能人などのなかなか明かされない秘密を知るということに対して、ワクワク感を持ちやすいのかもしれませんね。

そんな感覚に病みつきになって、芸能人じゃなくても人の噂話をすることが辞められないのかもしれません。

噂話って、その噂をされる人にとって、良い情報じゃないことの方が多いですよね。

そんな風に人の揚げ足をとるような話が好きってことは、これも疎ましく思われる要因になるのだと思います。

面食いな人がどうして噂話好きになるのかは分かりませんが、確かにあるように思います。

女性ではないんですけど以前、面食い男性が、あるイケメン芸能人について「あの人体臭が臭いらしいよ」って言ってきたんです。

全く接点も無い人の、全く信憑性もない噂話を…「バカバカしい」って思いましたね。

仮に本当だったとして、どうでもいい話です。

実際にその人の体臭を嗅ぐ機会なんてないんですから。

今って、ネットで本当にどうでもいい、信憑性のない芸能人のゴシップネタなんかが溢れていますよね。

噂話好きな人にとっては、ネタの宝庫なのかもしれません。

11. 熱しやすく冷めやすい

面食いな女性の特徴には“熱しやすく冷めやすい”なんていうところも。

面食いな女性の特徴というよりも…ミーハー女性の特徴な感じもしますけどね(笑)

面食いな女性がミーハーなのだとしたら、自動的に、熱しやすく冷めやすいという特徴も当てはまってしまうのでしょう。

熱狂しやすい人っていうのは、逆に冷めやすいという性質も持っていたりするんですよね。

アイドルに熱狂しやすい面食いの人なんかは、新たに自分のお眼鏡にかなう人が表われればそっちにシフトしやすいのかもしれませんね。

また、ミーハーさで仕入れた情報によって、今まで好きだったアイドルに急に幻滅したりすることもあるのかも。

面食いということは完璧さを求める傾向もあるので、何か不具合を見つければ、途端に冷めてしまうのでしょう。

現実世界の恋愛においては尚更、人のボロは見えやすいものです。

学校イチのイケメンに熱中していたかと思えば、「話してみたら、声が変だった」なんて理由で一気に冷めてしまったり。

面食いな女性は見た目だけで、その人を自分の中で、自分の理想像に作り上げてしまうのかもしれませんね。

なので、ちょっとイメージと違うと感じれば、「な~んだ。ガッカリ」ってなってしまうのかも。

12. 喜怒哀楽が激しい

“喜怒哀楽が激しい”という特徴も、面食いな女性にはあるみたいですね。

熱しやすく冷めやすいという性質が、喜怒哀楽の激しさも生み出しているのかもしれません。

また、プライドが高いという特徴も、喜怒哀楽に関わっているのでしょう。

プライドが高い人っていうのは、プライドがちょっとでも傷つけられると異常なほど怒ったりします。

プライドが高ければ高いほど、怒りポイントもいたるところにあるんです。

そういったところが、喜怒哀楽の激しさにも繋がるのでしょうね。

「面食い=喜怒哀楽が激しい」とはならないと思いますが、面食いな上に喜怒哀楽が激しいと…それが疎まれる原因にもなってしまいますよね。

13. 話の内容が大げさ

面食いな女性は、“話の内容が大げさ”という一面もあるようです。

見栄を張りたがる人だったり、噂話が好きだったり…そんな特徴をもつ面食い女性だと、話の内容が大げさになる傾向があるのも分かりますよね。

噂話っていうのは、嘘か本当かはわからない話です。

本人もそれは分かっているけど、噂話好きな人にとっては、本当かどうかなんて関係ないんですよね。

噂話がしたいので、嘘だとしても平気で話してしまうんです。

さらに、見栄を張りたがるっていう一面も合わさって、「私こんなレア情報知ってるんだよ」と自慢したいがために、インパクトがあるように話を大げさにしてしまうんですよね。

そういった話し方に慣れてくると、嘘をつくことにも抵抗が無くなっていくのでしょう。

事実かどうかより、その場が盛り上がるかどうかを重視して、どんどん話の内容は大げさになっていってしまいます。

また、プライドも高いので、自分の彼のイケメン具合や学歴なんかも、話を大袈裟にして自慢してしまうことも…

そのうち、その嘘を事実にするために、さらなる完璧な男性を求めてどんどん面食い度合いに拍車がかかっていったりもするみたい。

面食いも、ここまでいくと、ちょっと異常ですよね…。

14. 自分の感性に自信がある

面食いな女性には、“自分の感性に自信がある”なんて特徴もあるようですね。

面食いなんですから、これは当然な気もしますし…自称面食いの筆者も、この感覚は分からなくはないです。

人には理解されてませんが、自分の感性に、自分では自信を持っています。

面食いな女性は、中身という見えないものに関しての判断力はないかもしれませんが、美しいものを見分ける感性に関しては、自信があるのではないでしょうか?

見た目にこだわる人なので、より美しいバランスをもった顔かどうかを判断する能力だけは、他人より長けているはずです。

そこを外したら…たぶん筆者のように、面食いとは言われないんじゃないかな?

ということは筆者は、感性が無いのに自信を持っている勘違い女…ってことになっちゃいますね(笑)

15. 人の目を非常に気にする

“人の目を非常に気にする”ところがあるのも、面食いな女性。

プライドが高く、理想が高いという面食い女性の特徴も、見栄っ張りでブランド好きという特徴も、人の目を気にする心理が働くからですよね。

また、客観性がないという特徴のところでもお話したように、面食いな女性はむしろ、自分を客観視出来ている場合もあります。

これが、人の目を非常に気にするという特徴とも繋がるんです。

人にどう見られるかが気になるし、周りに自分がどう映るかも計算している。

だから、イケメン好きの面食いになるということです。

この特徴が一番、面食い女性の心理を表わした特徴なのではないでしょうか。

16. 男性に貢ぐ

面食いな女性は“男性に貢ぐ”傾向もあるみたいですね。

アイドルに熱狂して、そのお気に入りのアイドルのグッズやライブにお金をつぎ込んでしまう感覚と、現実世界での男性へのお金の使い方の感覚が、同じなのかもしれませんね。

それに、ブランド好きという場合には、そういった自分の価値を高めるものにお金をかける傾向があるということです。

つまり、イケメン男性が恋人ともなれば、それはブランドを身につけたも同じ。

ブランドを買うように、男性に貢いでしまうのかもしれませんね。

そういったところが、周囲の人から見れば“騙されやすい人”ということにもなります。

面食いな女性が、そのお眼鏡に叶う男性を「お金で手に入れているんだ」って自覚しているならいいのかも?しれませんが…それは、普通の恋愛の仕方ではないんですよね。

お互い納得して、お金で成り立つ関係を作っていたとしても、そんな関係はいずれ破綻します。

女性側も男性を飾り物としか見ていないし、男性も女性をお金でしか見ていない。

お互いにとって、心を壊していく存在に成りかねませんよね。

面食いは直すべき?

今回は、面食い女性の特徴から、その原因や心理を考えてみました。

筆者は面食いに否定的ではありませんが、面食いも度を越すと、いろんなところで感覚が麻痺しちゃうこともあるんだな…

と考えると、「面食いで何が悪いの?」なんてことも、言えなくなるかな。

筆者が自称面食いでありながら面食いと言われないのは、イケメンと感じるポイントが人とズレていること以外にも、性格的な面もあるのかもって今回思いました。

人を見た目で選ぶのはその人の自由だけど、周りの人に嫌な思いをさせていたり、自分の心が壊れていたりするのなら、面食いもちょっと考えものですよね。

面食いを治すも治さないも自由だけど、面食いによって苦しむのは自分だってこと。

これだけは、意識しておいた方がいいかもしれませんね。