「たかをくくる」行為は、相手の人柄や物事に真摯に向き合わずに、軽視する心理状態が起因になっています。

たかをくくる心境は、慢心から生まれてきます。

たかをくくるは、漢字で、「高を括る」と書きます。

「高」の意味は、「この程度」、「括る」の意味は、「まとめる」とか、物事に区切りをつけることを表わします。

たかをくくるとは、「この程度だろう」と安易な予測をしたために、悔いることを意味します。

「高」は生産高の数量やお金の金額を表わします。

「たかをくくる」は、物事の数量や程度を安易に軽々しく扱ってしまったことで、後悔する事態に直面する様子を表わしています。

昔の戦国時代から使われるようになったと言われています。

近世の江戸時代には、「高」は、敵の領地の石高を意味します。

石高は、土地の米の生産量を「石」という単位で表わしていて、農民への年貢の徴収量を石高で表していました。

江戸時代の幕藩体制の中では、「石高」が大名の権力や武士の給与額を示す単位として使われていました。

当時は大名が所有する「石高」が多いほど、大きな権力と兵力を持つとされていました。

ちなみに、江戸幕府直轄の江戸城は、約420万石と言われています。

「石高」の高さが大名の格式を表わしているとされていました。

たかをくくるは、相手の石高を安易に予測したために、戦に負けることを例えています。

物事を安易に観てはいけないという教訓を表わしています。

たかをくくるってよく聞くけど…

「たかをくくる」という言葉は、相手や周りの物事について、軽々しく扱った結果、状況判断の誤りに気付き、後悔する事態を招いたときに使われます。

まさに、「後悔先に立たず」という諺どおりです。

たかをくくる、という言葉を聞く場面には色々あります。

例えば、スポーツの世界では、実力が上位の立場の者が、相手の実力を安易に軽々しく観ていたために、勝負の結果で予想に反して負けることがあります。

相手の実力は日々進化していることまで考えが及ばずに、安易な態度で臨んだ結果、相手の実力が自分を上回っていたことに気付かされて後悔する様子が、「たかをくくる」姿と言えます。

また、初めて経験する物事について、事前の下調べもせずに軽々しく観ていたことを、実際に直面してみると、予想以上に難しくて、良い結果を出せないことがあります。

このように、たかをくくるとは、軽率な行為を表わす代名詞と言えます。

「たかをくくる」言葉には、世間知らずの意味も込められています。

人生経験の浅い人の中には、物事の表面だけを「見て」、本質を「観ない」傾向があります。

このため、物事の重要さを認識できずに安易に捉える姿を指して、たかをくくると言います。

たかをくくるとは?


たかをくくるは、「高」を「括る」と書きます。

漢字で表わすと意味が分かり易くなります。

「高」とは「石高」を意味します。

石高は江戸時代では、所有する土地の広さを表わしますので、土地の米の生産量を表わすことになります。

言い換えますと、土地の広さが権力(チカラ)の強さを示しています。

つまり、戦国時代には、「高」=チカラや戦力、権力を意味する使い方をしていました。

「括る」は文字通り、ひとまとめにすることです。

重要な物事であれば、一つ一つを大切に扱いますので、ひとまとめにして扱いません。

しかし、軽微な物事は、ひとまとめに括ります。

ですから、「括る」とは、重要視しない物事を軽率に扱うときの考えになります。

たかをくくるとは、相手のチカラを軽々しく観てしまい、自分の軽率さを後悔する心境を表わしています。

漢字では「高を括る」

たかをくくるとは、漢字では「高を括る」と表します。

「高」である「石高」を重要視せずに、他と一緒にまとめて扱う様を意味します。

つまり、「高を括る」とは、状況判断の甘さにより、自分自身の軽率さを思い知って、後悔の心理状態に陥る姿を表わしています。

日々の生活の中で直面する軽微な物事は、高を括ることをしても、影響を及ぼさないこともあります。

しかし、大切な物事であるにも関わらず、高を括ることで重要な点を見過ごしてしまい、深い後悔の念に包まれることがあります。

たかをくくるの意味

「たか」は、生産高、数量を意味します。

「くくる」は、ひとまとめにして扱うことを意味します。

つまり、物事の一つ一つに特徴があっても個々を大切に扱わずに、まとめて扱うことで、そのものが持つ本来の姿を無視する結果になり、たかをくくる事になるのです。

たかをくくることは、物事の本質を観ずに表面だけを見て安易に判断してしまい、後悔する結果を招くことを意味します。

日々の生活で直面する出来事を真摯に受け止めて対応することを心掛けている人は、高を括ることはしません。

程度を安易に予測する

「たかをくくる」というコトバには、物事の程度を安易に予測するという意味があります。

また、相手の知識や技術力を軽々しく評価していたが、実は自分を上回る知識や技術力を持っていることが判明して、後悔の念に駆られる様を表わします。

高を括ることで味わう後悔の念は、相手の能力を軽々しく見誤ることで起きるのです。

相手が持つ本来のチカラを的確に把握せずに、安易な思い込みで評価してはいけないのです。

人生経験の豊富な人は、人生の奥深さについて、身をもって体験しています。

ですから、相手のチカラの程度を安易に予測するという、たかをくくる考え方はしません。

一方、人生を歩んでいく過程で、直面する物事に向き合わずに逃げることを繰り返していると、物事の本質を観る観察眼が身に付きません。

このため、物事の上辺だけを見て決め付ける安易な癖が付いてしまいます。

上辺だけで問題の程度を安易に予測した結果、予想外の重要さに気付いて、「後の祭り」になることがあります。

「後の祭り」になってしまうことで、問題の本質に気付くことが出来ないため、期待通りの結果を出せずに後悔する事態を招くことになります。

たかをくくるの由来

たかをくくることは、漢字表現の「高を括る」が示す通り、「高」である土地の穀物や野菜などの生産量を表わす意味をもっています。

生産物の中でも、戦国時代では、最も大切である農民の米の生産量を表わす「石高」を意味する使われ方がされていました。

当時は、敵である相手の戦力を推し量るために、「石高」を拠り所としていました。

つまり、「石高」は兵力を示すものとなり、敵に対峙する戦略を練る際の重要な判断基準となりました。

戦略を練る過程で、相手の石高を如何に的確に推し量ることができるかで、勝敗を分けると言われていました。

一方、「括る」は、ひとまとめにするという意味があります。

つまり、括るは、一つ一つの個々を重要視せずに、まとめて一括りで扱うという軽率さや安易さを意味する面があります。

括ることで、重要な物事やキーポイントを見過ごしてしまうことがあります。

たかをくくることは、相手のチカラを甘く見た結果、敗北に至る様を表わします。

武士の時代からくる由来

武士が活躍していた時代は、まさに戦国時代です。

戦国時代には、敵の石高の大小が戦力を如実に物語っていました。

戦国時代の戦で勝利を挙げるためには、敵の戦力を事前に把握して戦略を練ることで勝利に結びついていました。

勝利に結びつく戦略を練るためには、相手の戦力を示す石高を見誤ることなく把握することで、勝利を導く戦法を練ることができたのです。

たかをくくるに似た言葉


たかをくくるというコトバは、色々な場面で使われますので、似た言葉が幾つもあって、それぞれの状況に応じて使い分けされています。

似た言葉には、次のような言い方があります。

「軽んじる」とは、相手の実力の程度が自分よりも低いと観るときに使われます。

「認識に欠けている」とは、物事に対する重要さを軽視しているために、実態を見過ごしている様子を意味しています。

「甘く見る」とは、相手や物事の存在が重要であるにも関わらず、軽視したことで、本質を見逃して後悔することを意味しています。

たかがしれている

「たかがしれている」は、漢字で「高が知れている」と書きます。

「高」は、生産量、数量を意味します。

武士の時代であれば、農民が収める年貢の量が「石高」になります。

「高が知れている」とは、驚くほどの石高ではなく、ありふれた量であることを表わしています。

「たかがしれている」は、特別視する必要がなく、「大した事ではない」と軽微に扱うことを意味します。

つまり、物事の程度を真剣に把握せずに、軽視し見過ごしても影響が及ぶことが無いと判断する様子を表わしています。

たかをくくるの例文

「たかをくくる」というコトバは、物事を真剣に受け止めずに、軽々しく扱う場面で使われます。

特に、自分が興味を抱かない物事には、安易に軽々しく扱うことが多々あります。

また、勝負の世界で、対戦相手とで実力の差が歴然としているとき、優勢の立場にある者が劣勢にある相手の実力を低く評価する際に、「たかをくくる」と言います。

また、たかをくくるの例文には、次のようなパターンがあります。

試合相手の実力が、自分よりも低いと「侮って」いたために油断した結果、敗退に終わり、後悔の念に駆られてしまう様子を表わします。

自分のチカラを過信するあまり、相手の実力を軽んじる軽率な振る舞いをした結果、相手の実力が自分のチカラを上回っていて敗退を喫してしまい、悔いる姿は、たかをくくる姿と言えます。

また、目の前に直面した物事が、今までに何度も乗り越えてきたケースと同じであるために、「軽んじて」取り組んだところ、実は難しくて思い通りの結果を出せずに後悔する様を表わします。

自分自身の経験知を過信したために陥るケースです。

簡単な問題だと思ってたかをくくっていた

目の前に直面する問題の内容を詳しく把握しないまま、自分勝手な思い込みだけで、安易に決めつけることがあります。

つまり、物事の本質や重大さに気付くことが出来ずに、軽率に扱ってしまうことがあります。

仕事を進めていく過程で、直面する課題を簡単に解決できると思い込み、たかをくくっていたところ、予想に反して、困難な内容だったために、期待通りの結果を出せずに、お客様に迷惑をかけてしまい、後悔の念に駆られることがあります。

自分のチカラを過信する人ほど、自己研鑽を怠ることから、自分のチカラが低下していくことに気付けないことが少なくありません。

また、試験が間近に迫っているとき、簡単な問題だと思い込んで、たかをくくっていて、対策勉強に手を抜くことがあります。

真剣に準備せずに本番に挑んだことから、期待通りの結果を出せずに後悔することがあります。

勝てる相手だとたかをくくって試合に臨んだら大敗した

スポーツの世界では過去の実績に拘り、対戦相手の実力が自分よりも低いと甘く見ることがあります。

しかし、スポーツ選手は日々練習に励みますので、実力が次第に向上していきます。

練習方法などにより、いつの間にか、対戦相手の実力が自分を上回るという逆転現象が起こることも珍しくありません。

自分の実力を過信している人に限って、自己研鑽を怠るため、チカラの衰えを招く傾向があります。

ですから、対戦相手の実力が進歩していることに気づかずに「勝てる相手だ」と、たかをくくって試合に臨み大敗を喫することになります。

自分の過去の栄光にシガミ付いている人は慢心から、自己の実力の衰えに気付かずに安易な考えに浸ることがあります。

このため、勝てる相手だと、たかをくくって試合に臨んだところ、自分のチカラの衰えに狼狽えて、相手の実力に打ちのめされて大敗するケースがあります。

すぐに終わる作業だとたかをくくっていたら案外時間がかかった

日常携わっている作業が、周りの条件の変化などにより、今までとは異なる状態になることがあります。

作業を取り囲む外部環境の変化のため、作業の進め方が複雑になるケースもあります。

外部環境の変化を甘く見て作業に取り掛かることで、すぐに終わる作業だと、たかをくくっていたため、変化に対応できずに、案外時間がかかってしまうことがあります。

日々携わる仕事であっても、同じことの繰り返しに終始するとは限りません。

自己研鑽を怠る人は、仕事に関わる知識や技術の向上がみられません。

このため、すぐに終わる作業だと安易に、たかをくくっていると自分のチカラ不足に直面して、案外時間がかかって仕舞うことがあります。

手慣れた作業であっても、甘く観ずに、真摯な考えで取り組む姿勢が自己成長をもたらすのです。

電車に間に合うだろうとたかをくくっていたら駅まで走る羽目になった

朝の通勤電車を利用する生活では、乗る電車の時刻から逆算して、家を出る時間を決めていることがあります。

しかし、駅までの信号の待ち時間でいつもよりも足踏みすることや、知り合いとバッタリ会い、立ち話をしていたため、駅まで走る羽目になることがあります。

習慣化された生活パターンであっても、安易に考えていると、予期しない出来事に直面して、後悔する羽目になるのです。

日々の生活の中で習慣化された行為であっても、たかをくくって甘く見ることがないように心掛けましょう。

たかをくくって失敗しないように入念に作業をした

日常携わっている作業では、「毎日同じことの繰り返し」という安易な考えを持つようになり、無気力感を抱くことがあります。

作業への無気力感が生じると集中力が欠けてきて、ミスを起こしたりするものです。

日々繰り返される作業であっても、予想外の変化などの事態を招くことがありますので、集中力が散漫にならないように気持ちを引き締めることが必要です。

ですから、作業に取り掛かるときは、たかをくくって失敗しないように、入念な前準備を怠らない心掛けが大切です。

仕事のプロになるためには、熟練した作業であっても、甘く見ずに自己研鑽し続ける真摯な慎重さが欠かせません。

明日にはできるだろうとたかをくくったのが間違いだった

毎日繰り返される作業であっても、想定しない外部環境の影響を受けて、今までと同様の考えでは進めることが出来ない状況になることがあります。

このため、作業の完了時期が計画どおりに進まない事態を招くことが少なくありません。

日々の仕事は、一見すると同じことの繰り返しに思われる面がありますが、目立たない部分で日々変化しているものです。

日々変化している個所が僅かではあっても、作業の手順を変えなければ完成できないこともあります。

同じことの繰り返しと思い込んでいたために、明日には出来るだろうとたかをくくったのが間違いだったことに気付かされることがあります。

また、作業の中には、想定外の事態が起きることもあります。

日々繰り返される作業であってもたかをくくることなく、作業が計画通りに進まない状況が発生することも想定した、余裕のある計画を立てることを心掛けましょう。

難しい日本語集と解説

日本の歴史を振り返ると、日本語で多く用いられている漢字は、中国から伝わった後長い歴史の中で培われてきた、独自の漢字文化が綿々と生き続けています。

漢字文化が日常生活の中で根付く過程で、漢字の持つ意味を活かした難しい日本語が数多く用いられてきました。

また、日本語には漢字の持つ意味深さから、昔からの教訓を活かした「ことわざ」が多く見られます。

ことわざは、人生を生き抜くための知恵の結晶でもあります。

人生に迷いが生じた時には、諺を思い起こして、自己を叱咤激励するキッカケとして活用されることがあります。

ことわざを拠り所にすることで、人生の難局を乗り越える糧になることがあります。

日本人にとって、長い歴史の中で培われた諺は、人生を切り拓くための「サプリメント」とも言えます。

また、ことわざの中にも難しい日本語が多くありますので、軽視せずに活かす工夫が大切です。

宝の持ち腐れ

「宝」と言われている、稀な優れた価値を活かすことなく、発揮させることの出来ない様を指して、宝の持ち腐れと言います。

役に立つ価値のあるものを持っていながら、使いこなすことが出来ない様を意味しています。

また、優れた才能を備えていながら、その才能を発揮せずにいる様を表しています。

「宝」と言われる、価値あるもの、または優れたものを持ちながら、そのものが持つ本来の価値を活かすことが出来ない、モッタイナイ有り様が、宝の持ち腐れです。

「宝」と言われるその物が持つ価値が、使う人の技量を上回っている場合、「宝」の良さを活かし切ることが出来ない状況になります。

才能や技術を活用せず無駄にしていること

様々な職場では、従業員が持つ才能や技術力を最大限に発揮させるために、「適材適所」の考えがあります。

適材適所が的確に行われなければ、人財という「宝」を活かすことの出来ない「宝の持ち腐れ」状態に陥り、職場が活性化されません。

「人財」と言われる、優れた人が持つ才能や技術を活用する手立てを使わずに、そのまま見過ごして無駄になっている姿が、宝の持ち腐れです。

また、自分自身のチカラを過信している人は、難しい物事に直面しても自己の才能や技術をフルに活用する真剣さを発揮せずに、無駄にしていることが多々あります。

自分の才能や技術を無駄にすることが多くなると、時の流れと共に陳腐化して、いざ活用しようとしたときには、自己の才能や技術が通用しない事態を招くことがあります。

自分が持つ才能や技術は、日々活用して磨いていくことが大切です。

一度、陳腐化した自己の才能や技術を活用できるまでにレベルアップさせることは、至難の業と言えます。

噂をすれば影が差す

「噂をすれば影が差す」とは、その人のうわさ話をしていると不意に、その本人が現れることを意味しています。

つまり、人のうわさ話をしていると、当の本人に話の内容を聞かれてしまうことがあるので、慎みなさい、という教訓を表わしています。

他の人のうわさ話を安易に行うことは、人間関係に「影を落とす」結果に至ることがあるという戒めの意味があります。

他の人の噂話をする姿は、諺にある「人の振り見て我がふり直せ」を忘れている有り様を表しています。

人の噂話を慎んで、「人の振り見て我がふり直せ」という教訓は、「噂をすれば影が差す」という言葉に表れています。

噂をしているとその人がやってくる

人の噂話をしていると不意に、当の本人が姿を見せて、話の内容を聞かれてしまうことを表しています。

噂話は、往々にして、その人の良くない面を話題にすることが少なくありません。

当の本人には聞かれては困る内容を話題にするのが、噂話の特徴と言えます。

本人に聞かれては困る話に夢中になっている時に、話題の本人が不意に現れて、噂話に夢中になっている人たちが慌てて動揺することがあります。

他の人の噂話をする人は、自身の持つ欠点に気付かないまま、他の人の欠点が気になる傾向があります。

自分のことを「棚に上げて」、他の人の噂話は慎みましょうという教訓が込められています。

馬が合う

「馬が合う」とは、自分と相手が意気投合し、性格や気が合うことを、乗馬に例えて表現しています。

乗馬では、馬と乗り手の息が合っていなければ、スムーズに速く走ることができません。

「馬が合う」とは、馬と乗り手の呼吸がピッタリと合って、快く走ることが出来る姿を表しています。

仕事においても、お互いに協力し合いながら進めていく中で、お互いの間で馬が合わなければ、歯車がウマく噛合わずにチグハグな結果になります。

しかし、お互いの間で馬が合っていると、お互いが持つ技量が最大限に発揮されて素晴らしい結果を出すことがあります。

「馬」とは、人が持つ性格や価値観、考え方を例えています。

馬が合うことで、お互いが持つチカラ同士に相乗効果が生まれて、期待以上の結果を出せるようになることを意味しています。

お互いに気心が合う

「気心」とは、持って生まれた性格や考え方、感性を意味しています。

「お互いに気心が合う」とは、お互いの考え方や価値観が合うことで、物事がトントン拍子にスムーズに進むことを表しています。

また、お互いに相手の考えていることが分かり合えて、切っても切れない関係を表しています。

ですから、気心の知れた人同士が、お互いに協力し合って物事に取り組むと、スムーズにトントン拍子に進み、大きな効果を出すことが出来ることを意味しています。

お互いに気心が合う人間関係では、難しい物事であっても順調に乗り越えることの出来る相乗効果を生み出すことを表しています。

壺にはまる

「壺にはまる」とは、物事の大切なポイントをシッカリと押さえていることで、良い結果をもたらすことを表しています。

「壺」には、物事の重要なところ、急所、要所という意味があります。

また「はまる」には、穴の部分にピッタリと入る、上手く入って収まることを意味しています。

「壺にはまる」という諺は、無駄な労力をせずに、物事の急所をピンポイントで押さえることで、最も効果のある結果を出せる様子を指しています。

壺にはまるためには、「壺」を的確に見極める観察眼と洗練された感性が必要になります。

物事を的確に見極める観察眼は、一朝一夕で身に付くものではありません。

豊かな人生経験の中で、的確な観察眼が培われてきます。

また、洗練された感性を身に付けるためには、様々な物事の上辺に捕らわれずに本質を見極める冷静さと繊細さを心掛けることが必要です。

こちらの思惑通りになること

「思惑通り」とは、自分と相手が競争関係にあるときに使われる言葉です。

こちらの思惑通りになることとは、相手の関心を惹き付けておくことで、自分の思い通りに物事が運ぶことを意味しています。

自分の思い通りに物事を進めたい時に、相手の考えと自分の考えが合わない場面で、相手の心を掴む作戦を立てることで、思い通りの結果を出せることを表しています。

仕事の場面では、競争相手の会社とシノギを削っている中で、自社の競争戦略が功を奏して期待通りの結果を出せたとき、「思惑通りに事が進んだ」と言います。

「思惑通り」の結果を出すためには、日々の仕事の中で、自分の職場を取り囲む競争相手などの動きに敏感になることです。

外部の経済環境などの動きを把握するためには、「アンテナを高く」して情報収集することを求められます。

日常の中で、適切な情報収集を心掛けることで、大切な場面でも、思惑通りの結果を出すことができます。

猫もまたいで通る

「猫もまたいで通る」とは、魚が大好物の猫でさえ興味を示さずに無視される魚を意味しています。

魚の大好きな猫は、本来であれば、魚を見つけるなり飛びついて食べるはずなのに、全く無視される魚の様子を表しています。

味の良くない魚であることを、強調したいときに使われる諺です。

ここで使われている「魚」とは、全く価値のない物事を指しています。

つまり、魚の大好きな猫にまで無視されるほど、存在価値のない物事であることを表しています。

日常生活の中で、全く役に立たずに存在価値のない物事を例えた表現です。

味の悪い魚のこと

「味の悪い魚」は、猫にまで無視されるものです。

本来であれば、魚を見つけた猫は、飛びついて食べ始めるはずなのに、猫にまで無視される味の悪い魚を例えています。

「魚」とは、役に立たずに存在価値のないモノを指しています。

猫にまで無視される「魚」は、救い難い価値の無さを例えとして使われています。

焼け石に水

「焼け石に水」とは、高熱の石に水をかけても熱が収まらない様子を表しています。

「焼け石」とは、重要な問題を持った物事を意味しています。

「水」とは、対策や解決策を意味しています。

「焼け石に水」は、重要な問題に直面したときに、立てた解決策が全く功を奏しない有り様を例えています。

つまり、全く役に立たない解決策であることを意味しています。

「焼け石」で例えている、問題の深刻度を全く把握しないまま、「水」で例えている「的外れの対策」を立ててしまい、解決できない様子を表しています。

問題を含んだ物事を解決するためには、問題点の本質をしっかりと捉えて、効果のある対策を打たなければ解決に至ることは無いという教訓を表した諺です。

問題の深刻さに比べて、対策がお粗末であることを例えています。

少しばかりでは効き目のないこと

問題の重要性に比べて解決の手段が軽薄なため、効果が全くない有り様であるとき、「少しばかりでは効き目がない」と言います。

重要な問題に直面したときには、安易に捉えることなく、問題点の本質を把握して、最も効果のあるポイントを突いた対策を企てることが大切であることを表しています。

ポイントを突いた対策により、問題を解決に導くことが出来る様子を教訓としています。

物事に取り組む際には、上辺だけを見て判断をすると、重要な点を見過ごしてしまい、期待した結果に至らないことを意味しています。

まとめ

「たかをくくる」とは、物事の本質を「観ず」に、上辺だけを「見て」安易に捉えてしまい、期待する結果を出せない様子を表しています。

人生経験が豊富でない人の中には、物事の重要性やポイントに気付かずに、的外れな手段を講じたことで、思い通りの結果を出せず仕舞いになることがあります。

特に、仕事の場面では、安易な判断でたかをくくることは避けなければなりません。

仕事を進める過程で、たかをくくったことで期待する結果を出せずに、大切なお客様や取引相手との信頼関係を損なう結果を招くことがあります。

仕事や物事に取り組む際に、真摯な考え方が身に付いている人は、たかをくくることは決してしません。

真摯な考えは、豊富な人生経験により身に付くものです。

将来に向けた人生を、より良くしてステージアップさせる秘訣は「たかをくくらない」ことです。

日本には昔から「たかをくくる」ことをテーマにした諺が沢山あり、安易な考えを戒めています。

「たかをくくる」ことをしない生活を心掛けることで、周りの人との信頼関係がより一層確かなものとなり、あなたの人生は大きく拓けていきます。