CoCoSiA(ココシア)

たかをくくるとはどういう意味?難し...(続き2)

たかをくくることは、物事の本質を観ずに表面だけを見て安易に判断してしまい、後悔する結果を招くことを意味します。

日々の生活で直面する出来事を真摯に受け止めて対応することを心掛けている人は、高を括ることはしません。

程度を安易に予測する

「たかをくくる」というコトバには、物事の程度を安易に予測するという意味があります。

また、相手の知識や技術力を軽々しく評価していたが、実は自分を上回る知識や技術力を持っていることが判明して、後悔の念に駆られる様を表わします。

高を括ることで味わう後悔の念は、相手の能力を軽々しく見誤ることで起きるのです。

相手が持つ本来のチカラを的確に把握せずに、安易な思い込みで評価してはいけないのです。

人生経験の豊富な人は、人生の奥深さについて、身をもって体験しています。

ですから、相手のチカラの程度を安易に予測するという、たかをくくる考え方はしません。

一方、人生を歩んでいく過程で、直面する物事に向き合わずに逃げることを繰り返していると、物事の本質を観る観察眼が身に付きません。

このため、物事の上辺だけを見て決め付ける安易な癖が付いてしまいます。

上辺だけで問題の程度を安易に予測した結果、予想外の重要さに気付いて、「後の祭り」になることがあります。

「後の祭り」になってしまうことで、問題の本質に気付くことが出来ないため、期待通りの結果を出せずに後悔する事態を招くことになります。

たかをくくるの由来

たかをくくることは、漢字表現の「高を括る」が示す通り、「高」である土地の穀物や野菜などの生産量を表わす意味をもっています。

生産物の中でも、戦国時代では、最も大切である農民の米の生産量を表わす「石高」を意味する使われ方がされていました。

当時は、敵である相手の戦力を推し量るために、「石高」を拠り所としていました。

つまり、「石高」は兵力を示すものとなり、敵に対峙する戦略を練る際の重要な判断基準となりました。

戦略を練る過程で、相手の石高を如何に的確に推し量ることができるかで、勝敗を分けると言われていました。

一方、「括る」は、ひとまとめにするという意味があります。

つまり、括るは、一つ一つの個々を重要視せずに、まとめて一括りで扱うという軽率さや安易さを意味する面があります。

括ることで、重要な物事やキーポイントを見過ごしてしまうことがあります。

たかをくくることは、相手のチカラを甘く見た結果、敗北に至る様を表わします。

武士の時代からくる由来

武士が活躍していた時代は、まさに戦国時代です。

戦国時代には、敵の石高の大小が戦力を如実に物語っていました。

戦国時代の戦で勝利を挙げるためには、敵の戦力を事前に把握して戦略を練ることで勝利に結びついていました。

勝利に結びつく戦略を練るためには、相手の戦力を示す石高を見誤ることなく把握することで、勝利を導く戦法を練ることができたのです。

たかをくくるに似た言葉


たかをくくるというコトバは、色々な場面で使われますので、似た言葉が幾つもあって、それぞれの状況に応じて使い分けされています。

似た言葉には、次のような言い方があります。

「軽んじる」とは、相手の実力の程度が自分よりも低いと観るときに使われます。

「認識に欠けている」とは、物事に対する重要さを軽視しているために、実態を見過ごしている様子を意味しています。

「甘く見る」とは、相手や物事の存在が重要であるにも関わらず、軽視したことで、本質を見逃して後悔することを意味しています。

たかがしれている

「たかがしれている」は、漢字で「高が知れている」と書きます。

「高」は、生産量、数量を意味します。

武士の時代であれば、農民が収める年貢の量が「石高」になります。

「高が知れている」とは、驚くほどの石高ではなく、ありふれた量であることを表わしています。

「たかがしれている」は、特別視する必要がなく、「大した事ではない」と軽微に扱うことを意味します。

つまり、物事の程度を真剣に把握せずに、軽視し見過ごしても影響が及ぶことが無いと判断する様子を表わしています。

たかをくくるの例文

「たかをくくる」というコトバは、物事を真剣に受け止めずに、軽々しく扱う場面で使われます。

特に、自分が興味を抱かない物事には、安易に軽々しく扱うことが多々あります。

また、勝負の世界で、対戦相手とで実力の差が歴然としているとき、優勢の立場にある者が劣勢にある相手の実力を低く評価する際に、「たかをくくる」と言います。

また、たかをくくるの例文には、次のようなパターンがあります。

試合相手の実力が、自分よりも低いと「侮って」いたために油断した結果、敗退に終わり、後悔の念に駆られてしまう様子を表わします。

自分のチカラを過信するあまり、相手の実力を軽んじる軽率な振る舞いをした結果、相手の実力が自分のチカラを上回っていて敗退を喫してしまい、悔いる姿は、たかをくくる姿と言えます。

また、目の前に直面した物事が、今までに何度も乗り越えてきたケースと同じであるために、「軽んじて」取り組んだところ、実は難しくて思い通りの結果を出せずに後悔する様を表わします。

自分自身の経験知を過信したために陥るケースです。