学生時代の仲間と卒業後に再び再会する「同窓会」というものに参加したことがある人も多いと思います。

同窓会は学生時代に仲良くしていた昔の仲間や、中には当時好きだった人と再び再会したりすることもできるとても大切な機会ですよね!

この同窓会というのは、その名のとおり同窓生たちが集まるわけですが、この同窓生とは具体的にどこまでの範囲のことをいうのか、意外と知らない人が多いと思います。

もしかしたら同窓生という言葉を、同級生や同期生と同じく考えている人もいるかもしれませんね!

今回は、一見同じように思えるこの「同窓生」と「同級生」と「同期生」の違いや使い方についてを、詳しくこちらで解説していきたいと思います!

同窓生ってどんなときに使う?

同窓生という言葉を使う場面はいくつかありますが、皆さんはどんなときにその言葉を使っていますか?
たとえば、二十歳やそれぞれの年齢の節目で行われる同窓会のときなど、その場に集まるメンバーはみんな同窓生です。

同窓会を開くとき、幹事の人はあらかじめ同窓生達に連絡をして出欠をとったりしますよね。

その場合、幹事の人だって卒業してから数年が経っているなら当時の仲間全員の連絡先を把握しているわけではありません。

すると、幹事の人から「当時の同窓生で連絡先がわからない人がいるので連絡をとってくれないか」と頼まれたりすることがある人もいるはずです。

いざ「同窓生」と言われると、クラスメイトだけなのか、同じ学年のことをいうのか、または同じ学校の人のことをいうのか等、どの範囲までの人のことを同窓生と呼ぶのか分からないという人もいると思います。

幹事さんの頼みをしっかりと聞けるためにも、同窓生という言葉はどんなときに使えば正解なのか、その意味などをしっかりと知っていきましょう。

違いがわかりづらい3つの言葉

違いがわかりづらく似ている言葉といえば、「同窓生」と「同期生」と「同級生」だと思います。

たとえば「同窓会」から連想してみますと、学校を最初に卒業してから一般的に多く行われる同窓会のイメージでいえば、当時の中学校3年生のときのクラスごとに行われるケースがあると思います。

それを考えると、同窓生という言葉は「クラスメイト」だと解釈してよいのか?と思っている人もいると思います。

しかし、もしかするともっと広い範囲のことを指している言葉かもしれませんし、明確には答えられない人が多いと思います。

同期生でいえば、「同期」というのは大学や会社などで使われることの多い言葉ですが、その範囲は一体どこまでなのでしょう。

同級生というのは、同じ学年の人のことをいうのか?これもまたハッキリとは答えられない人も多いと思います。

似ている言葉なだけに、それぞれの違いを明確に答えるのはとても難しいですよね。

この3つの言葉の違いについて、分かりやすくこちらで解説していきたいと思います。

同窓生って誰のことを指す?


いざ、自分の同窓生と言われるとそれは誰のことを指すのか分からないという人も多いですよね。

同窓会という言葉は聞いたことがあるけど、呼ばれる人の範囲はその名目によって違っていたりするからです。

まずは、同窓生とはいったい誰のことを指すのか?を詳しくご紹介していきます。

同じ学校の出身者

同窓生とはじつは同じ学校の出身者のことをいいます。

同じ学校ということは、もちろん同じ学年だけではなく、その学校の先輩・後輩も含まれますし、卒業してから数年たっている人も同じ「同窓生」となります。

名前も知らない、見たこともない人が同窓生だなんて不思議だなと思いますが、同じ学校で学んだ人はみんな繋がっているということなのでしょうね。

同じ学級の出身者

同じ学校の出身者が同窓生ならば、もちろん同じ学級の出身者も同窓生です。

そもそも学級とは何なのか?ですが、学級とは学校のクラスのことをいいます。

今はいじめ防止などのために、どこの学校も最大35人学級にしていたりしますよね。

学校全体の全校生徒だと誰が誰なのか分からず、同じ同窓生でも知らない人がたくさんいるものですが、同じ学級だった同窓生とは多くの思い出があるものです。

この場合、その思い出が楽しいものだったら嬉しいですよね。

同じ先生に教わった者

とてもびっくりですが、じつは同じ先生から教わった人のことも同窓生と呼びます。

学校の先生というのは、1つの学校だけではなく数年ごとにいろいろな学校に異動をすることがあります。

そのため、学校が違くても同じ人が担任の先生だった場合はその人同士は同窓生ということになるのです。

名前も知らない、会ったこともない人が自分の同窓生だなんて驚きですが、同じ先生から学んだという共通点があるだけですでに他人ではないのです。

一般的にこの場合の同窓生が集まる場合があります。

それは、還暦を迎えて教員生活を辞めるときなど、その先生を囲む会などを生徒が主催し、過去に教わったことのある生徒が集まるときです。

とても人気のある先生だと生徒側がこのような機会を作ってくれることがあります。

この場合も、同じく名目は「同窓会」と呼びます。

このように広い範囲の人の同窓生というため、同じ「同窓会」でもいろいろな名目があるのかもしれませんよね。

同窓生とは違う?同級生と同期生の意味

同窓生という言葉は、同じ先生に教わった人のことだったり、同じ学校の出身者、同じ学級の出身者の人のことだと解説させていただきましたが、それではその同窓生と似たような言葉の同級生と同期生とは一体どんな意味があるのか?

次にご紹介していきたいと思います。

同窓生に比べて、「同級生」「同期生」という言葉は普段から慣れ親しんだ言葉のイメージが強い人も多いと思います。

しかし、同窓生が意外にも多くの範囲の人のことをそう呼ぶことがわかったので、もしかすると同級生と同期生にも驚くべき意味があるのかもしれませんよ!

しっかりと意味を理解できるように、一緒に確認していきましょう。

同級生の意味

まずは同級生の意味について解説していきます。

同級生という言葉は、じつは学生時代を卒業してからもずっと使う言葉です。

「あの人は昔の同級生だよ」と卒業してから再会した元クラスメイトのことを指したり、大人になってから知り合った人と同じ学年なのかどうなのかを確認したりするときなど、学校を卒業してからも普段から何度も会話に登場していたりしますよね。

そんな同級生の意味をズバリお答えしていきます。

かつてのクラスメイトのこと


同級生とは、前述でもお伝えしたとおりかつてのクラスメイトのことを指すようです。

もちろん過去ではなく、学生の人ならば今現在の同じクラスの人のことも同級生と呼んで正解です!
同じクラスで学んだ人とは、いつまでたっても同級生という関係が続いていくのです。

学年が同じ場合も使われることがある

同級生という意味には、クラスメイト以外にもただ学年が同じな場合もそう呼ぶことがあります。

本来は使わないものですが、同級生という漢字の「級」には階級や等級を表す意味があるため、この場合同じ学年であれば同じという解釈がされます。

そのため、同じ学年ということなので同じ学校の出身者じゃなくても、学年が同じならば同級生と呼んで良いことになります。

このように考えてみますと、同窓生と同じように同級生の場合もとても広い範囲の人のことを指すことがわかります。

同期生の意味

続いては同期生の意味についてです。

同期生という言葉は、よく大学や会社の人などを指す場合が日常では多いと思います。

この同期生の意味について、同窓生や同級生とは一体どのように違ってくるのか、解説していきます。

同じ年度に入学卒業をした者

同じ1年間でも、新しい年となる1月から12月という区切りと、会計年度や学校年度と呼ばれるその年の4月1日から翌年の3月31日という区切りの2つがあります。

同期生とは、この場合の学校年度による同じ4月1日に入学し、翌年の3月31日に卒業をした人のことをいいます。

簡単に言えば同級生とも同じ意味合いになるのですが、学校は年度単位で考えるため同級生でも同期生でもどちらも同じ学年の人のことを指していると考えて良いでしょう。

同じ年度に入社をした者

「あの人は俺の同期だ」とついよく耳にするのが会社です。

会社でも入社時期が同じ年度の場合、その人たちは「同期生」となります。

職場内の飲み会やコンパなどがある会社だと、同期生のみが集まる機会があったりもします。

先輩後輩とも違って、同期生は自分と対等な存在のため仲良くなりやすいという特徴もあります。

少しずつ意味の違いがある

同窓生、同級生・同期生と、すべて同じ漢字の「同」と「生」が使われていて、とにかくこの3つの言葉は似ています。

似たような意味合いを持っていたりもするので、違いがわかりにくいと感じる人も多いと思いますが、少しずつ違う意味があることがお判りいただけたでしょうか?

広義では同じような意味で使われる

こうして3つそれぞれを比較してみると、細かいところで微妙に意味合いが違うところもあったりしますが、広義では同じような意味で使われることが多いようです。

たとえば、同期生ならば「同じ時期の者」という意味がり、たとえそれが違う学校の出身者でも同じ年度に入学と卒業をしていれば同期生となるのです。

同じ学校だけにとどまらないということは、全国各地に自分の同期生が存在しているということになりますよね。

会話の流れでわかるなら問題ナシ?

同窓生・同級生・同期生は似ている言葉と意味合いなだけに、120パーセントはっきりと意味合いが合致しているときに使えなくても、とくに問題はないと思う人もいるかもしれません。

例で解説!同窓生・同級生・同期生の使い方

同窓生・同級生・同期生の3つそれぞれの違いについてご説明させていただきましたが、どれくらいご理解していただけたでしょうか。

この3つの言葉を使うのは、主に日常会話が多いと思うのでその場合の使い方などをパターン別にご紹介していきたいと思います。

一緒に使い方をマスターして、間違え知らずになりましょう!

同じクラスにいた友達

学校といえば、日本の場合ほとんどがクラス制度になっていますよね。

この場合、現在同じクラスの友達や、前に同じクラスだった友達はどちらも「同級生」であり「同窓生」でもあり、同期生でもあります。

同じクラスの人の場合、すべての言葉に共通で使うことができるのです。

同じクラスに一度でもなったことがあれば使うことができるので、こちらは躊躇することなく簡単に使えそうですね!

一度もクラスが被らなかった友達

では、もしも同じ学校には在籍しているけどクラス自体は一度も同じになったことがない…という人の場合はどれを使えば正しいのでしょう?

わかりにくいと思いますが、じつはこの場合でも同窓生・同級生・同期生のすべてが当てはまります。

同窓生は学校単位だったり、同じ先生に学んだことのある人が該当するわけですが、その他の同級生と同期生については、同じ年度に学校に入学・卒業しているのかがポイントになるため、クラスが一緒になったかどうかはあまり関係がないのです。

一度もクラスが被らなかった友達でも、3つの中ならどれを使っても間違いではありませんが、わかりやすい使い方としては「同級生」が1番しっくりくるかもしれませんね。

同じ先生に教わった先輩後輩

学校の先生はそれぞれの学級をもったら異動があるものです。

それは、1年単位であったり2年、3年と任期は様々ですが、もしも同じ先生に教わったことのある先輩後輩がいたら、この場合その人のことを「同窓生」と呼びます。

先輩後輩なのに同窓生だなんてなんだか近い存在になったような気もしますが、この同窓生という言葉は同じ学校だけに止まりません。

学校の先生は違う学校へ赴任することもあります。

違う学校へ赴任し、たまたま同じ先生に教わった…という他の学校の生徒同士も「同窓生」という繋がりが生まれるのです。

会う機会はなかなかないものかもしれませんが、その先生の退職祝いや還暦祝いなどがあれば、気の利く幹事さんの声かけ1つでもしかすると巡り会うことがあるかもしれませんね!その場合は、是非同窓生同士で楽しんできてください。

同じ学校を卒業した芸能人

一般人と芸能人とでは、住む世界が違うように思ってしまうものです。

普通の一般人として生活している自分と、テレビで活躍している芸能人は会って会話をすることもなければ、友達になれる機会もほとんどありません。

しかし芸能人と自分は違う世界を生きる遠い存在だとばかり思っていたのに、もしも自分たちの間に接点があったらとても驚きですよね。

じつは、もしかするとテレビで活躍する遠い存在の芸能人が、あなたの同窓生かもしれないのです!

芸能人だってみんな同じように日本の義務教育を受けて、学生だったころがあったわけです。

それぞれが行きたい学校で勉学を学び、今の芸能という職業についています。

キラキラとテレビで話している芸能人が学生だったと思うと少し驚いてしまいますが、なかには自分と出身地が同じ芸能人などもいると思います。

するともしかしたら、自分と芸能人の母校が同じだったりするかもしれませんね!

その場合、なにも共通点がないと思っていたあなたと芸能人が「同窓生」という関係になるのです!
もしも大好きな芸能人がいたら、その芸能人の出身地や出身校を調べてみると良いかもしれませんね。

同窓生という言葉は、遠い存在だった人を自分の近くへと感じさせてくれる魔法のような言葉なのかもしれません。