CoCoSiA(ココシア)

雑草魂とは?意味や使い方、雑草魂を持った人の特徴17個


雑草魂とは、雑草のようにいかなる辛い環境であっても負けずに這い上がるパワーを持つ強い人のことを言います。

他にも様々な意味があり、雑草魂を持っていると生まれながらに良い環境で育った人にも勝る可能性すら持っています。

雑草魂に憧れを持つ人向けに、意味や使い方、雑草魂を持った人の特徴を17個紹介します。

この記事の目次

雑草魂は大きな魅力!

雑草魂は人生の様々な試練を乗り越えていくにおいて大きな魅力となります。

人の人生は常に恵まれていて良い環境に置かれるとは限りません。

どんな困難が待ち受けているかは未知数ですし、ひとつ乗り越えたとしても将来にまた色々な山場が待っています。

一つ一つの困難を耐え、くぐりぬけることで人は大きくなることができます。

その山場を乗り越えるにおいて、雑草魂は大きなエネルギーとなります。

仕事で失敗が続いたとしても、雑草魂があれば負けん気で乗り越えることができます。

学業がうまくいかないことが続いたとしても、雑草魂があれば努力の人で巻き返すことができます。

もちろん人生には運もありますが、雑草魂を持つことで様々なことを乗り越えることができます。

そして、人としてさらに成長することができます。

雑草魂とは?

雑草魂とは、雑草のように引っこ抜かれたり、刈られたり、コンクリートがのったりしても負けずに這い上がって育ってくるパワーのことを言います。

雑草魂を持っていることで、人生で色々と味わう挫折を乗り越え、さらに人として大きくなることができます。

人には生まれ育った環境や、持っている才能、体型や性格などがあります。

まったくの平等ではありません。

しかし、雑草魂を持っていることでどんなに不利な状況下でも乗り越えることができます。

雑草魂を育てるためには、まず自分で何事も解決しようとするパワーが必要です。

人に頼らずに、何事も自分で挑戦してみてください。

意味は?

雑草魂の意味はいかなる状況下でも強く生きようとする雑草のように、諦めず何度でも挑戦する根気強い気持ちを持つことです。

雑草は何度引っこ抜かれても、踏まれても、また同じ場所で新しく生き抜こうと頑張ります。

その環境は温室のような温かい場所ではなく、暑かったり寒かったり、コンクリートのような固い環境下かもしれないです。

温室で大切に育てられて華やかな花々のような美しさはないものの、その粘り強いパワーは見惚れるものがあります。

雑草魂の意味を今一度見直し、自分に厳しく生きることも大切です。

高貴な身分ではないからこそ身に付いた力強さ


雑草魂は高貴な身分ではないからこそ身に付いた力強さです。

高貴な身分であれば恵まれた環境下にいるため、幼いころからたくさんの習い事やお受験で恵まれた教育を受け、将来の進路選択も自由にできます。

お金に苦労することもほとんどないので、穏やかに生活ができます。

高貴な身分であるともともと恵まれているため、自分で変えようとするパワーや自分で動こうとするパワーを育てることは難しいです。

高貴な身分でない人は経済的にも苦労することが多く、進学時には奨学金を頼ることもあり、進路選択のときも家庭のことを考慮することもあります。

その後も結婚、出産といった人生のポイントで色々な苦労をします。

ただ、高貴な身分でない人はもともと持っているものが少ないため、自分で色々な可能性を広げようとするスキルが高くなります。

若いうちの苦労は買ってでもしたほうがいいという言葉には、雑草魂を育てて欲しいという思いが込められているのかもしれないです。

踏まれても踏まれても負けない強い精神

雑草魂は踏まれても踏まれても負けない強い精神があります。

雑草は時にコンクリートや固い土の下からも顔を出します。

人にとってはそれは何物でもない雑草なので、軽い気持ちで踏むこともあります。

たとえどれだけ踏まれても、何度でも新しい命を咲かせようとします。

雑草は根から引っこ抜かれたとしても、少しでも根っこが残っていれば同じ場所に新しい命を咲かせることができます。

人が人生の色々なシーンで訪れるトラブルを自分の力で解決していくためには、踏まれても踏まれても負けない雑草魂が必要です。

絶対に諦めない気持ち

雑草魂は絶対に諦めない気持ちを持っています。

雑草はどんなに大変な環境下であっても、少しでも可能性があれば自分の新しい命を咲かせようと努力します。

同じように雑草魂を持っている人は、たとえどのような大きな挫折を味わったとしても、また華を咲かせようとたくさんの努力をします。

雑草魂を持っていることで、たとえどんな大きな壁だって乗り越えようとしますし、その先には大きな成功や成長が自分を待ってくれています。

人の前で見栄を張って嘘をつくようなことはせず、事実をありのままに堂々と話すことができます。