CoCoSiA(ココシア)

圧力をかけられたときの6個の対処法


皆さんは圧力をかけられたことはありますか?

日常生活で暮らしていると、そんなに馴染みがないかと思われるところがありますが、会社勤めをしていたりしてもありますし、中には家庭においても圧力をかけられるということもあるでしょう。

もしかしたら学校生活のいじめなどにおいて、圧力をかけられることもあるかもしれません。

今回はその圧力をかけられるということについて考えていきましょう。

圧力をかけられて困っているあなたへ

ただ普通に日常生活を送っているだけと思っていても、思いがけず圧力をかけられている状態になってしまったということもあるでしょう。

そんな時に多くの人は困ってしまうことが多いのではないのでしょうか?

対等な立場の人であれば、それを振り切ることも可能ではありますが、問題は上司や社長など、ある程度の権力のある人の圧力である場合です。

そんな時どのようにしたら精神的に楽になるのかということも、圧力をかけられて困っているあなたに参考になればと思います。

圧力とは?

圧力とは、その相手の方の思い通りに動くようにという精神的圧力を指すケースが多いです。

例えば、この事をばらしたらどうなるか分かっているんだろうなというのも、圧力の一つです。

めったにないと信じたいところですが、あるきっかけで不祥事について目撃してしまったということであれば、このような圧力をかけられることもあるでしょう。

そのようなことは珍しく、あまりないとはいえ、その他にも圧力をかける側の人が優位に働くように動いて欲しいというような圧力をかけられるということは日常生活でもあり得るところがあります。

圧力をかけられる場面とは?

では圧力をかけられる場面とはどのようなものがあるのでしょうか?

意外と身近にも、そのような場面はあるなと思われる一面もあります。

では圧力をかけられる場面について、いろいろと見ていきましょう。

相手を思い通りに動かすため

相手を思い通りに動かすために、圧力をかけるというのは日常的によくあることです。

親子間でもそのようなことはよくあります。

親御さんがお子さんを思い通りにしたいということで、強い口調で色々と言ったりすることもあります。

もちろんそれはしつけでしているケースも多いので、決して悪いことばかりというわけでもありません。

しかし勉強をさせて、より良い学校に進んで欲しいと、一見子供を持っているかのように見えるところがありますが、その一方で自分が苦労することなく高学歴の子供を持つ母ということを自慢したいという、自分の思い通りにしたいというところで、そのように子供に圧をかけているという話もよく聞かれることです。

このように相手を思い通りに動かすために圧力をかけるというのは、よくある話と言えるでしょう。

それは親子間ばかりではなく上司と部下の間や、中には夫婦間でそのようなことが行われるようなこともあります。

状況が変化しない時

状況が変化しないときに圧力をかけるということはありますが、この状況が変化しないというのは、やはり悪い状況が変化しない時でしょう。

それはクレームなどを入れた時に、そのクレーム内容が改善されていないということになると、そのようにお客様側から圧をかけるような発言をすることはあります。

ただこちらは状況次第によるので一概には言えませんが、状況を変化することができなかった企業側に原因があるというケースが多いです。

ただ中にはただのクレーマーというケースもありますので、何とも言えません。

自分が優位に立ちたい時

圧をかける側の人は、基本的に自分が優位に立ちたいという時に、そのような立場に出ることがあります。

上司と部下という関係性で圧力をかけるということもありますが、中には同級生同士がいじめのターゲットに、そのように圧をかけるという話も聞かれます。

それは同級生で対等だけど、自分が優位に立ちたいという時に、そのように圧力をかけて自分が優位であるということを相手に知らしめるということを目的に圧力をかけているという話もよくあることです。

いじめは、そのようにして起こると言っても良いのではないのでしょうか。

圧力をかけられたときの6個の対処法

圧力をかけられて困っているときは、どのように対処をしたらよいのでしょうか。

圧力をかけられて困っているという場合の6個の対処法について見ていきましょう。

ひとりで抱え込まない

できれば一人で抱え込まない方が良いのは言うまでもありません。

しかし圧をかける側の人は、中には自分とその圧をかけた人にしか知り得ないことに関して圧力をかけているということであれば、どのようにしたらよいかと悩んでしまうこともあるでしょう。

むしろその圧をかける人は、仮に誰かに話したとしたら、自分とその相手しか知らないはずのことを何で知っているのかということになってしまうこともあります。

このような時は匿名の掲示板でも良いですので、とにかく一人で抱え込まないようにしましょう。

その上で有益な情報を得た上で、身近な人に相談をするなどいろいろな手立てがありますので、とにかく一人で抱え込まないということから始めてみてください。

必ず身近な人に相談しよう


内容によっては難しいかもしれませんが、できれば身近な人に相談するのが一番です。

先ほど触れたように、どうしても圧をかけた人と、その自分しか知らない事に関して圧力をかけられたということになると、なかなか相談しにくいこともあります。

しかし匿名の掲示板の人だけでは、できることには限りがあります。