皆さんは圧力をかけられたことはありますか?

日常生活で暮らしていると、そんなに馴染みがないかと思われるところがありますが、会社勤めをしていたりしてもありますし、中には家庭においても圧力をかけられるということもあるでしょう。

もしかしたら学校生活のいじめなどにおいて、圧力をかけられることもあるかもしれません。

今回はその圧力をかけられるということについて考えていきましょう。

圧力をかけられて困っているあなたへ

ただ普通に日常生活を送っているだけと思っていても、思いがけず圧力をかけられている状態になってしまったということもあるでしょう。

そんな時に多くの人は困ってしまうことが多いのではないのでしょうか?

対等な立場の人であれば、それを振り切ることも可能ではありますが、問題は上司や社長など、ある程度の権力のある人の圧力である場合です。

そんな時どのようにしたら精神的に楽になるのかということも、圧力をかけられて困っているあなたに参考になればと思います。

圧力とは?

圧力とは、その相手の方の思い通りに動くようにという精神的圧力を指すケースが多いです。

例えば、この事をばらしたらどうなるか分かっているんだろうなというのも、圧力の一つです。

めったにないと信じたいところですが、あるきっかけで不祥事について目撃してしまったということであれば、このような圧力をかけられることもあるでしょう。

そのようなことは珍しく、あまりないとはいえ、その他にも圧力をかける側の人が優位に働くように動いて欲しいというような圧力をかけられるということは日常生活でもあり得るところがあります。

圧力をかけられる場面とは?

では圧力をかけられる場面とはどのようなものがあるのでしょうか?

意外と身近にも、そのような場面はあるなと思われる一面もあります。

では圧力をかけられる場面について、いろいろと見ていきましょう。

相手を思い通りに動かすため

相手を思い通りに動かすために、圧力をかけるというのは日常的によくあることです。

親子間でもそのようなことはよくあります。

親御さんがお子さんを思い通りにしたいということで、強い口調で色々と言ったりすることもあります。

もちろんそれはしつけでしているケースも多いので、決して悪いことばかりというわけでもありません。

しかし勉強をさせて、より良い学校に進んで欲しいと、一見子供を持っているかのように見えるところがありますが、その一方で自分が苦労することなく高学歴の子供を持つ母ということを自慢したいという、自分の思い通りにしたいというところで、そのように子供に圧をかけているという話もよく聞かれることです。

このように相手を思い通りに動かすために圧力をかけるというのは、よくある話と言えるでしょう。

それは親子間ばかりではなく上司と部下の間や、中には夫婦間でそのようなことが行われるようなこともあります。

状況が変化しない時

状況が変化しないときに圧力をかけるということはありますが、この状況が変化しないというのは、やはり悪い状況が変化しない時でしょう。

それはクレームなどを入れた時に、そのクレーム内容が改善されていないということになると、そのようにお客様側から圧をかけるような発言をすることはあります。

ただこちらは状況次第によるので一概には言えませんが、状況を変化することができなかった企業側に原因があるというケースが多いです。

ただ中にはただのクレーマーというケースもありますので、何とも言えません。

自分が優位に立ちたい時

圧をかける側の人は、基本的に自分が優位に立ちたいという時に、そのような立場に出ることがあります。

上司と部下という関係性で圧力をかけるということもありますが、中には同級生同士がいじめのターゲットに、そのように圧をかけるという話も聞かれます。

それは同級生で対等だけど、自分が優位に立ちたいという時に、そのように圧力をかけて自分が優位であるということを相手に知らしめるということを目的に圧力をかけているという話もよくあることです。

いじめは、そのようにして起こると言っても良いのではないのでしょうか。

圧力をかけられたときの6個の対処法

圧力をかけられて困っているときは、どのように対処をしたらよいのでしょうか。

圧力をかけられて困っているという場合の6個の対処法について見ていきましょう。

ひとりで抱え込まない

できれば一人で抱え込まない方が良いのは言うまでもありません。

しかし圧をかける側の人は、中には自分とその圧をかけた人にしか知り得ないことに関して圧力をかけているということであれば、どのようにしたらよいかと悩んでしまうこともあるでしょう。

むしろその圧をかける人は、仮に誰かに話したとしたら、自分とその相手しか知らないはずのことを何で知っているのかということになってしまうこともあります。

このような時は匿名の掲示板でも良いですので、とにかく一人で抱え込まないようにしましょう。

その上で有益な情報を得た上で、身近な人に相談をするなどいろいろな手立てがありますので、とにかく一人で抱え込まないということから始めてみてください。

必ず身近な人に相談しよう


内容によっては難しいかもしれませんが、できれば身近な人に相談するのが一番です。

先ほど触れたように、どうしても圧をかけた人と、その自分しか知らない事に関して圧力をかけられたということになると、なかなか相談しにくいこともあります。

しかし匿名の掲示板の人だけでは、できることには限りがあります。

だからこそ必ず皆さんのことをよく知る身近な人に相談するということをお勧めします。

もちろん、圧力をかけられ周りの人に「ばらしたら、どうなるかわかってるよね?」ということを言われて困っているということであれば、ひとまずは身近な人ではなく、第三者の人に相談してみるのもありです。

そこから結果的に必ず身近な人に相談するようにしましょう。

そうすることによって解決の糸口が見えてくる可能性が高くなります。

圧力をかけたほうも公になると気まずいはず

なぜ圧力をかけるのかと言うと、やはり公になると気まずいというところがあるからです。

これをバラしたらどうなるかわかっているなということは、つまりはバラされたくないという気持ちの表れです。

よくいじめっ子でも「先公にチクりやがったな!」と言ったりしますよね。

それはなぜかと言うと、先生に言われると都合が悪いのです。

なぜ都合が悪いのかと言うと、すなわち自分の方が悪いとわかっているからと言えるでしょう。

だからこそあえて公になっていた方が、結果的に気まずいことになり圧をかけても無駄なのだということを確信するようになります。

圧力ではなくアドバイスと解釈してみる

圧力をかけられたと思うと、怒りや恐怖などが出てくるところもあるでしょう。

ただ内容によっては、ただのアドバイスなのではないかと捉えることによって、ずいぶん気楽になるところがあります。

例えばよくある例としては、よくお母さんが娘さんに「看護師になりなさい」と言ってくることがよくあると言われています。

それは看護師の方が就職で安定しているからというのもあるでしょう。

しかし看護師はかなり向き不向きが問われる仕事と言われています。

だからこそ、そのように言われていても、そうなりたくないと思っている娘さんもいると言われています。

この「看護師になりなさい」というのを圧力と捉えるのか、ただのアドバイスと解釈するのとでは大分違います。

ただのアドバイスということであれば、別にその通りにならなくてもいいのです。

怒りや恐怖が薄れる

先ほども触れたように、ただのアドバイスと捉えることによって怒りや恐怖が薄れるところがあります。

先ほど具体例に挙げた「看護師になりなさい」というアドバイスについても、出来ればそうした方がいいのは分かっているけれど、やはり自分はやりたくないということでやらないという選択肢が生まれてきます。

圧力だということを聞かないと、どうなるかわかっているのということにもなり得ますが、ただのアドバイスであれば別にならないという選択肢を選んだからといって、特に何か罰則があるというわけではありません。

だからこそ、そう言われたからといって圧力と捉え萎縮するのではなく、ただのアドバイスと捉え「そういう考え方もあるね」と受け流すという方法に出ることができます。

以後、その人に近づかないようにする

もし関係性を決めることができる真柄ということであれば、その人に近づかないようにするという選択肢ができます。

親子関係であったり、職場で働く関係であったりすると近づかないということは難しいかもしれません。

しかし近所のおじさんやおばさんという関係性であったり、友達同士という関係性であれば近づかないという関係性を取ることもできます。

近所の方ということに関しても、挨拶だけをして、そそくさと出かけていくというような感じで近づかないということはある程度できる一面があります。

ですので圧力をかけられたと思ったら、その人に近づかないようにするということは一番有益なところがあります。

関わらないようにするのが一番

やはり圧力をかける人というのは、ある程度性格にそのような要素があるということです。

だからこそ、そのような性格の人には近寄らないというのが一番の防御です。

だからこそ圧力をかけられて嫌な思いをしたということであれば、なるべく接触を断つようにしましょう。

ただ親子関係であったりすると、どうしてもその距離を空けるのは難しいということもあるでしょう。

未成年の方であれば、なるべく親御さんと接触をしないという形で当たり障りなく必要なことだけを受け答えするという状態にし、進学ができるのであれば進学を機に家を出て、それが難しいということであれば就職先は自宅から通えないところにして1人暮らしをしましょう。

こうすることで親子関係であっても、物理的に距離が出来、圧力から逃れることが出来ます。

会社の人間関係であったとしても、仕事上の関わりだけをしっかりとして、それ以外は関わらないようにしましょう。

自分に悪い点は無かったか、客観的に考えてみる


この圧力をかけられたということで、その圧力をかけた人が悪いと思いがちな一面がありますが、意外にも自分にも原因があるということもあります。

例えば仕事でも、新人の時に色々と圧力をかけられたということであれば、新人の時ですので仕方のないところがありますが、やはりその仕事の不慣れさというところが圧力をかけられる弱みになるところがあります。

このような場合は早く仕事に慣れて、仕事がこなせるようになることで、圧力をかけられずに済む場合があります。

このように圧力をかけられる側に原因があるということもあります。

もちろんいじめられるほうに原因があるというわけではありませんが、残念ながらこのように圧力をかけるようなタイプの人に、付け込まれる原因があるというのはあります。

意外と自分が悪い場合も

このように客観的に考えると、結果的に自分の方が悪かったということもよくあります。

クレーム対応でお客様は怒っているというときも、自分側に原因があるということはよくあります。

特にこちら側としては、どうすることができなくても、なかなか在庫はない状態だけどその状態を改善できないということになると、お客様は非常に怒っていらっしゃることでしょう。

在庫のことは自分ひとりの力ではどうすることもできませんが、こちらの企業側に原因があるということは明白です。

このように圧をかけられたから、その圧力をかける人間の方が悪いというのは早計なのかもしれません。

全く気にせず受け流す

圧力をかける人は、基本的にその人が怯むようにしたいという一面があります。

怯んで自分に従ってくれるということを最終目的にしているところがあるのです。

だからこそ全く気にせずに受け流すということも、非常に有効な方法です。

圧力をかけて屈しなく、むしろ受け流してしまうということであれば、圧力をかけるだけ無駄ということになります。

ですので仮にこの秘密を話したらどうなるか分かっているんだろうなと脅されたとしても、気にせずに受け流し「こんなことを言われた」というような感じでカミングアウトしてしまうことにより、この人に圧をかけても無駄だという結論になっていくところがあります。

ストレスを溜めないように

圧力をかけるというのは、受ける側はとてもストレスを感じることです。

それは自分がこうしたいと思っていたりしても、それが駄目だと言われることなのでストレスが溜まりやすいです。

ですので、このような圧力をまともに受けない方が、ストレスにならなくて良いというところがあります。

だからこそ圧力をかける人の言うことを気にせず、ストレスを溜めないようにすることが重要です。

仮にストレスが溜まってきたなと思ったら、自分の好きなことをしたりしてリラックスタイムに当てましょう。

そうすることによって、ストレスを溜めず快適に過ごすことができる可能性が上がります。

日々、圧力をかけられているということであれば大変かもしれません。

できれば接触を少なくするということをしつつも、ストレス解消に力を入れてください。