新学期や新社会人など、新しくさまざまな人と出会う場面では、自己紹介が必須ですよね。

自己紹介が上手くできるかどうかで相手からの第一印象が決まるので、ビジネスにおいて自己紹介はかなり重要なポイントだとされています。

そこで、どうやったら上手く自己紹介ができるのかを、項目や注意点ごとにまとめました!ぜひ参考にして、上手な自己紹介を目指しましょう!

自己紹介の項目10個をシーン別に紹介

初めての場所に出向く時、また初めての人に出会う時などに、自己紹介をする機会があります。

学校や会社、プライベートなどさまざまな場面で自己紹介を行いますが、自己紹介はその場に最も相応しい内容を選んで話すのが効果的とされています。

例えば学校なら友達作りを目的とすることが多いため、自分の趣味や好きなことなどを分かりやすく伝えると、共通の趣味を持つ友達を見つけやすくなります。

一方で、会社で自己紹介をする時には、自分が会社でどんなことをしたいのかを伝えることで、自分が何を思って仕事に打ち込んでいるのかを同僚から理解されやすくなります。

このように、自己紹介の内容は場面に合わせて設定することが大切です。

どんなシーンでどんな自己紹介をすべきかを詳しくご紹介していきます。

仕事上での自己紹介


仕事上での自己紹介をする際には、できるだけ仕事に関係のある内容を選んで話しましょう。

仕事上での自己紹介なのに、いきなり自分のプライベートな話をされても、相手は困ってしまいます。

それよりも、自分が会社でどんな仕事をしているのか、またどんなことを目標にしているのかを分かりやすく伝えると、相手も仕事相手として興味を抱きやすくなりますし、自己紹介からさらに詳しい仕事の話に入っていくこともできます。

個人的な話題で盛り上がるのは、まずはビジネスパートナーとして親しくなってからにしましょう。

過去の職歴や実績について

まだ会社で実績がなかったり、勤務年数がなかったりする人は、過去の職歴や実績について話をすると良いでしょう。

新社会人の人ならアルバイト経験について話せば、アルバイトの仕事内容から相手が「この人は接客が得意なのかな」などと推測しやすくなります。

人によっては『イベント関係の仕事』や『神社の巫女さん』など、面白いアルバイト経験をしていることもありますので、過去の職歴で初対面から相手と盛り上がれる場合もあります。

また、転職経験がある人は過去に就いていた職業について話ができますし、勤続年数が長い人は自分の実績について簡単に自己紹介することで、相手に自分の仕事内容を伝えることができます。

仕事上での自己紹介の場合、相手はこちらの自己紹介の内容から、ビジネスパートナーとして相応しいかどうかを見極めていることも多いです。

そのため、できるだけ相手に興味を持ってもらえるよう、上手く仕事内容を織り交ぜた自己紹介をするように心がけましょう。

仕事に関する目標や夢について

仕事上での自己紹介では、過去の職歴や現在の仕事内容について伝えることも重要ですが、何よりも自分の仕事に関する目標や夢について伝えることが大切です。

ただ淡々と現在の仕事内容を話すだけでは、自分が仕事に対してどう感じているのかまでは相手に伝えることはできません。

それよりも、「今の仕事を頑張って、将来は会社を興したい」や「この仕事でトップに立ちたい」など、具体的な目標や夢を伝えると、相手には「この人は仕事に対して前向きだな」「目標を持って頑張っているんだな」と好印象を与えることができます。

間違っても自己紹介では、仕事に対する不平不満や愚痴は零さないようにしましょう。

嘘でも明るく前向きな自己紹介する人の方に、仕事相手の関心も集まっていくものです。

異性との出会いの場での自己紹介

異性との出会いの場では、いかに自分を魅力的な存在として相手に見せるかが重要になってきます。

とくに合コンなどの出会いの場においては、恋人や結婚相手を探しに来ている人も少なくはありません。

そこで自分の性別を活かした魅力的な自己紹介ができなければ、パートナーをゲットする確率も下がってしまうでしょう。

恋愛目的でなければ、男や女の部分を極力匂わせない自己紹介に努めれば良いですが、そうでないのなら、男や女の魅力をしっかりと伝える内容の自己紹介を行うべきでしょう。

どんな自己紹介が自分を魅力的に見せるのか、以下に挙げていきます。

真面目な面とお茶目な面の両方を見せる

真面目な人は男性でも女性でも好感を持たれやすいです。

しかし、ガチガチに真面目過ぎると反対に異性を遠ざけてしまうこともよくあります。

自己紹介の内容があまり真面目過ぎると、第一印象が「堅そう」「重そう」と思われてしまうこともありますので、真面目な面とお茶目な面の両方を見せるようにしましょう。

そうすることで、ただ「真面目そう」ではなく、「真面目だけど面白い一面もある」と好印象で見てもらえるようになります。

真面目な自覚はあっても、自分にお茶目な部分があるのかどうか分からないという人は、友達に聞くなりして、自分への理解を深めるようにしましょう。

好みの異性のタイプについて

いくら出会いを求めているとは言っても、相手が誰でもいいなんて人は早々いませんよね。

誰だってある程度の理想像はありますし、「こんなタイプが好き」という好みもあるでしょう。

出会いの場で自己紹介をする際には、できるだけ自分の好みの異性のタイプについても触れておくようにしましょう。

とはいえ、「年収はいくら以上で、背が高くてイケメンで・・・」など、好条件ばかりを並べ立てるのはNGです。

その時点で周りの異性からは引かれてしまいます。

好みの条件が5つあるとしたら、その内の2つ程度を自己紹介の中に含めておきます。

すると予め自己紹介で伝えてあるので、その条件に当てはまる異性と出会いやすくなったり、友達が協力してくれたりすることもあります。

趣味や休日の過ごし方について

出会いの場では、お互いに「どんな人なのか」を探り合います。

そのため、自分がどんな人間なのかを分かりやすく伝えるために、趣味や休日の過ごし方についても簡単に話しておくといいでしょう。

趣味の話題は共通の趣味を持つ異性との出会いのきっかけになりやすいですし、休日の過ごし方についても、アクティブに過ごすのかインドアに過ごすのかで、似たタイプの人と出会いやすくなります。

そのため、自分が「こんな人と出会いたい」と思うタイプの人を引き寄せやすい自己紹介の内容を考えることが重要です。

仕事などの面接試験での自己紹介


進学や就職活動における自己紹介は、短時間で面接官にいかに「自分を採用するとこんなにメリットがありますよ」と思わせるかが鍵となります。

そのため、「図々しい」だの「自信過剰」だのと余計なことは考えずに、とにかく自分の長所を面接官にどんどん伝えていきましょう。

短所は最低限に抑え、自分の長所をたくさん面接官に伝えることができれば、面接官も「採用した方がいいかな」と思いやすくなります。

もちろん嘘をつくのはNGです。

事実としての自分の良い部分を、できるだけ魅力的に伝えられるように自己紹介の内容を考えましょう。

そのためにも、まずは自分自身を把握することから始めます。

自分がどんな人間で、どんな長所があるのかをじっくりと見極めた上で、それを魅力的に伝えられるような言葉選びをしていきましょう。

過去の実績を具体的な数字を交えて紹介

物事の多くは数値によって表わすことができます。

また、数字としてデータ化されたものには信憑性が高まるため、相手を納得させたり、理解させたりしやすくなります。

面接での自己紹介の際にも、「学力テストで上位になりました」と伝えるよりも、「学力テストで学年10位以内に入りました」と数字を交えて伝える方が信頼性も高まり、面接官を納得させやすくなります。

過去に実績を持つ人は、数字を交えて自己紹介することで、自分の長所を相手により上手く伝えることができるでしょう。

もし具体的な数字がない場合でも、年月日や人数など、可能な範囲で数字を用いることで信憑性が生まれやすくなります。

性格についての長所と短所

受験や就活での面接では、ほとんどの場合自分の長所と短所について質問されます。

人は自他に関わらず、悪い部分には目がいきやすいため、自分の長所よりも短所の方が早く思い浮かぶという人も多いでしょう。

また、例え事実であっても、自分の長所を堂々と人に伝えられないという性格の人もいます。

しかし、面接のような場面では、短所は最低限に、そして長所はたくさん伝える必要がありますので、面接時には堂々と自分の長所を伝えなければなりません。

その際には、長所はいくら伝えても良いですが、短所は簡潔で少なく、また言い換えれば長所にもなるような部分を伝えるようにしましょう。

例えば短所が「地味で集団の中にいても目立たない」ことでも、長所に言い換えれば「集団の中に上手く溶け込み、周りに協調することができる」となります。

このように、一見短所として伝えても、面接官に『長所にも言い換えられる』と思わせるような内容を選ぶのがポイントです。

ポジティブな面だけ紹介する

あなたが面接官なら、ポジティブな人とネガティブな人とでは、どちらを採用しようと思いますか?恐らくほとんどの人がポジティブな方を選ぶでしょう。

ポジティブであるからこそ、仕事でも成果を上げやすいですし、また周りを引っ張って行くカリスマ性を光らせることができます。

会社の場合にはとくに、「雇用することで会社の利益になりそうな人物」を選んで面接していますので、自分がその中に入れるように、自己紹介ではできるだけポジティブな面だけを紹介しましょう。

もし失敗談があったとしても、その失敗からどう立ち上がって成果へと繋げていったのかを短いストーリーとして仕立てることができれば、最終的にはポジティブな印象を面接官に与えることができます。

ただしポジティブだからといって、嘘や話を誇張しても良いというわけではありません。

事実は事実として、不必要に誇張することなく、自分の気持ちや考え方などの部分でポジティブな面を紹介するようにしましょう。

家族や友人との関係性についても紹介

仕事などの面接の場では、自己紹介の内容はもっぱら自分1人だけの話題になります。

スポーツの大会で成績を残したとか、学校行事で自分が実行委員としてどれだけ頑張ったとか、そうした自分の武勇伝を語ることが多いでしょう。

しかし、自分1人の話題だけでなく、家族や友人との関係性についても少し触れておくようにしましょう。

家族や友人とどんな風に過ごしているのかを話題にすることで、面接官に「この人は育った家庭環境が良いんだな」「友人が多いということは、人とのコミュニケーションは上手いんだな」といった人間関係や社会生活を送る上での好印象を与えることができます。

会社では個人としての仕事だけでなく、会社という1つの組織の中で人間関係を上手く構築しなければなりません。

いくら実力があっても協調性のない人は会社では上手くやっていけませんので、周囲との人間関係が構築できるかどうかも面接での判断基準になることがあります。

そこを上手くアピールできれば、面接官への自己紹介も良い結果に繋がりやすくなります。

失敗を成功の糧にした体験談を紹介する

会社に入れば誰でも一度は仕事で失敗をすることがあります。

そこで重要視されるのは、失敗からどのように立ち直り、新しく結果を出していくかということです。

失敗して落ち込んだままでは、その失敗も無駄になってしまいますし、失敗したことが原因で、会社でやっていけなくなってしまう人もいます。

会社としては、失敗して落ち込んだままの人よりも、そこから立ち直って新しく結果を出す人を雇いたいと思うものですよね。

そんな会社側の気持ちを考えて、面接などの自己紹介時にはあえて自分の失敗談を話題に取り入れるのもいいかもしれません。

失敗談を失敗のまま終わらせるのではなく、そこから成功の糧にした経験のある人は、それをショートストーリーに仕立てて自己アピールをしましょう。

例え失敗をしても、自分がそこで終わる人間ではないことを面接官に伝えることができれば、好印象を持ってもらえるかもしれません。

出会いを一期一会にしないために重要な自己紹介!

出会いは一期一会だとよく言われますが、一期一会のままで終わらせてしまうと、そこで折角の出会いも縁も切れてしまいます。

一期一会を大切にして、さらにそこから出会いの縁を繋げていくことで、いつまでも長く良い人間関係を築いていくこともできるでしょう。

「この場だけだから」という気持ちで自己紹介をすると、相手に自分を印象付けようという気持ちが生まれにくくなってしまいます。

また、相手にも適当な態度が伝わってしまうため、こちらの自己紹介を聞き流されてしまうこともあります。

「この出会いから関係を長く続けていきたい」という気持ちを持つことで、自己紹介にもより感情がこもりますし、相手の関心を引くこともできるようになるでしょう。

自己紹介をするときには、そうした一期一会だけで済ませようとしない気持ちを持つことが大切なのです。

自己紹介は自分の魅力を伝えるために重要

自分の魅力を一番上手く伝えられる人は誰ですか?それは他でもないあなた自身です。

あなた自身が、一番自分の良い部分を知っているはずですので、それを自己紹介の中で伝えることで、相手に自分の魅力を伝えることができます。

言い換えれば、自己紹介とは自分の魅力を手っ取り早く伝えるために重要な方法であり、また貴重な機会でもあります。

「恥ずかしいから」「自信あり気に話すことに抵抗があるから」とまごついていると、折角自分の魅力を伝えるまたとない機会を逃してしまいます。

むしろ、自己紹介ほど堂々と自分の魅力を伝えられる場というのはそうありません。

当たり前のように皆が自分に注目をして、話を聞いてくれる場ですので、その機会の重要さをしっかりと理解して、できるだけ自分の魅力が伝わるような自己紹介をしましょう。

魅力が伝わらなければその後の関係は築けない

例えば新学期に、新しいクラスメイトたちが1人ひとり自己紹介をしていく中で、自分の印象に残る人というのは何人程度いましたか?思い浮かべてみても、きっと数えるほどしかいないことでしょう。

しかし、反対に考えればあなたの印象に残っている人というのは、きっとそれだけ人の印象に残るような強烈な自己紹介をしているはずです。

例えば遅刻してきたその足で自己紹介をしたり、一際大声で元気よく自己紹介をしたり、もしくは周りと一風異なった自己紹介の内容だったりするかもしれません。

自己紹介によって印象の良し悪しは変わりますが、少なくとも自分の魅力が上手く聞く人に伝われば、その人の中では自分の自己紹介というのは印象に残るはずです。

そしてそれをきっかけにして、その後の友人関係を築いていくこともできます。

とくに自分の魅力を好印象で相手に伝えることができれば、知り合った当初から親しい関係を築いていくこともできるでしょう。

内容も大事だが、全身から言外のこともたくさん伝わる

人の第一印象というのは、まず外見で決まることが多いです。

清潔感があるかどうか、感じが良さそうかどうかを見た目で判断する人はとても多いでしょう。

自己紹介のように、話す言葉の内容によって相手への印象が決まるのは、外見の次です。

つまりは、自己紹介で自分の魅力を伝えようと思っても、外見で相手への印象が悪ければ、自己紹介させてもらう機会すら得られないこともあります。

これはとくに、出会いの場においては顕著でしょう。

また、自己紹介の内容がどんなに素晴らしいものであっても、話す際の表情や言葉の使い方、視線の動きなどで相手に対して不信感や嫌悪感を与えてしまうこともあります。

自己紹介は、「ただ響きの良い言葉で相手の関心を引けばいい」というものではありません。

内容も大事ですが、全身から言外のこともたくさん伝わるのだと理解しておきましょう。

動作や表情からも人となりが表れる

人の品格というのは、隠していてもちょっとした動作から表れるものです。

例えば一見乱暴な言葉遣いをしている人でも、立ったり座ったりした時の姿勢が真っ直ぐで美しいと、「実は育ちが良いのかもしれない」と育った環境の良さを窺わせます。

また、どんなに外見が美しく磨かれている人でも、気に入らないことがあると舌打ちをしたり、唾を吐いたりすれば、実際には下品な人柄だと周囲には露見してしまうでしょう。

このように、動作や表情からも人となりは表れます。

もしも自分という人間を演技で偽ろうとすれば、四六時中気を張って生活を送らなければならないでしょう。

自己紹介は短時間がほとんどですが、自己紹介をしている最中だけでなく、その前後の自分の動作や表情も人から見られていると意識しましょう。

また、自己紹介の内容をあまり飾り立て過ぎても、動作や表情と話す内容がミスマッチな時には、それが飾り立てられた内容だとすぐに気づかれてしまうので注意が必要です。

自己紹介が上手であることのメリット

自己紹介は進学や入社など、新たな出会いの機会に行うことが多いです。

そのため、日頃はあまり変化のない生活を送っている人からすると、それほど自己紹介をする機会はないのかもしれません。

しかし、日頃から自己紹介をする機会が少ない人ほど、いざ本番では言いたいことが上手く言えなかったり、自分の魅力を短時間で分かりやすく伝えられなかったりします。

自己紹介し慣れている人は、何度も回数を重ねる中で、短時間で自分の魅力を分かりやすく、上手に伝えられるようになっていることが多いです。

そのため、自己紹介が上手い人と下手な人とでは、聞いていて一目瞭然であることも多いでしょう。

自己紹介が上手くなることでさまざまなメリットを得ることができます。

どのようなメリットがあるのかを具体的に挙げていきましょう。

存在感を増すことができる

自己紹介が上手だと、たくさんの人たちの中でも一際存在感を増すことができます。

皆が同じような淡々とした自己紹介をする中で、1人だけ目立った自己紹介ができれば、周囲の人たちへの自分の印象付けが上手くいきます。

また同時に、周りが好感を持ってくれれば、周りの人たちから話しかけてきて親しくなることもできますし、短期間でたくさんの人と直接言葉を交わして縁を繋いでいくこともできるようになります。

期待して大事にしてもらえる

自己紹介が上手い人は、周りから「この人はできる人かもしれない」という期待感を持たれることが多いです。

そのため、会社では上司や先輩から期待されることで、大事にしてもらえることもあるでしょう。

もちろん期待されたらその分努力しなければなりませんが、最初に目をかけてもらえると、仕事も丁寧に教えてもらえる可能性がありますので、仕事で頑張りたい人や早く出世したい人ほど、自己紹介を磨いておくと得られるメリットが多いでしょう。

人脈が広がる

自己紹介が上手い人は、誰とでもスムーズに自己紹介からその後の会話への流れを作れます。

そのため、短時間でたくさんの人と出会うことができ、また人脈を広げることも可能でしょう。

人脈が広がればそれだけチャンスを得られる機会も増えますし、自分の目標や夢を叶えやすくなりますので、自己紹介が上手くできることはその後の自分の人生にも良い影響を及ぼすと言えるでしょう。

自己紹介する時の注意点

自己紹介をする時には、いくつか注意しなければならない点もあります。

自己満足の自己紹介をしたところで、それが相手にも魅力的に伝わるとは限りませんし、相手や場面によっては悪い印象を持たれてしまうこともあります。

自己紹介を上手く行えるようになるためには、どんな自己紹介をすると悪い印象になってしまうのか、また自己紹介をする時の注意点などもしっかりと把握しておきましょう。

相手の目をしっかり見ること

自己紹介では、相手の目をしっかりと見ながら話すことが重要です。

大人数の前で話す時には、誰に視線を合わせればいいのか分かりませんので、まんべんなく全体を見回しながら話すと良いでしょう。

一対一で自己紹介をし合う際には、相手の自己紹介を聞くときも、自分が話すときにも、しっかりと相手の目を見るようにしましょう。

もし相手が気まずそうに視線を逸らす場合には、目を見て会話をすることに慣れていないか、苦手な可能性がありますので、その場合にはあまり見つめすぎずに、適度に視線を目から外しながら話してあげると良いでしょう。

時折視線を合わせながらも、それ以外は相手の鼻や顔全体を見るようにして話すことで、相手もいくらか気持ちを落ち着けることができます。

相手がしっかりと目を見つめてくる場合には、こちらも視線を逸らすことなく、合わせたままで自己紹介を心がけましょう。

自分を誇大に紹介しないこと

自己紹介では、いかに自分を魅力的に見せるかが重要になります。

とはいえ、あまりにも自分を魅力的に見せようとして、つい誇大に紹介してしまったり、自画自賛が過ぎてしまったりすると、反対に「うぬぼれやで面倒なタイプだ」と思われてしまいかねません。

事実としてスポーツ大会で賞を獲ったのなら、それまでの努力や自分の意思の強さを紹介するのは良いでしょう。

しかし、「賞が獲れたのは自分の才能故だ」「賞を獲れるほど自分は優れた人間だ」と自分を持ち上げ過ぎてしまうと、実際に賞を獲ったこと以上に人間性を疑問視されて、せっかくの一期一会の縁もそこで途絶えてしまいかねません。

自分が積み重ねてきたことに対しては、しっかりと自信を持って自己紹介することが大切ですが、必要以上に自分を過大評価したり、誇大に紹介したりしないように気を付けましょう。

ただでさえ日本人には、謙虚な姿勢でいることを美徳と捉える人が多いです。

堂々と自信満々な発言をするだけでも、場合によっては反感を買ってしまうことがありますので、誇大な自己紹介にならないようにしっかりと内容を考えた上で発言しましょう。

自慢や成功話は控え目に

自己紹介では、事実として自分が作った功績について紹介するのは良いですが、度が過ぎてそれが自慢話になってしまわないように気をつけましょう。

実際に功績を残したという時点で自己紹介としては好印象になりますので、それ以上余計な自慢話を付け加える必要はありません。

「〇〇をやり遂げました」と伝えるならば問題はありませんが、「私の素晴らしい采配によって〇〇をやり遂げられました」と伝えてしまうと、自画自賛が過ぎてしまい、周囲からは反感を持たれてしまう可能性もあります。

自分のやり遂げたことは、堂々と自信を持って紹介するべきですが、そこに自慢話を付け加えないように気をつけて自己紹介をしましょう。

また、成功話がたくさんある場合でも、あまり成功話ばかりしているとうぬぼれ屋だと思われてしまうかもしれません。

すると第一印象が悪くなってしまいますので、自慢や成功話は控え目にしておきましょう。

それでももし、どうしても自慢話が混じってしまう場合には、それ以上に自分がたくさんの友人に恵まれていることや、友人たちのお蔭で今の自分があることなど、感謝の気持ちを自己紹介の内容に含めれば、うぬぼれ屋の印象を和らげることができます。

滑舌よく適度なスピードで話す

自己紹介をするときには、活舌よく適度なスピードで話すことが大切です。

緊張するとつい早口になってしまう人は多く、また自分では早口で喋ってしまっていることに中々気付けませんよね。

せっかく自己紹介の内容が良いものでも、早口で話されると何を言っているのか周りは聞き取り辛かったり、せっかちな印象になってしまったりしますので、ハキハキと適度なスピードで話すように心がけましょう。

また、反対にゆっくり話過ぎても自己紹介の時間が足りなくなってしまったり、テキパキと自己紹介を済ませる場面では相手にストレスを与えてしまったりします。

人前での自己紹介は長くても2分~3分以内で収めることが多いため、予め自己紹介の時間が分かっている場合には時間を計りながら練習しておくと良いでしょう。

事前に自己紹介の項目を考えておこう

自己紹介ではシーンごとに話す内容を変え、また相手に分かりやすく、関心を引くような魅力的な内容にすることが重要です。

それをぶっつけ本番でできてしまうタイプの人もいますが、大抵はいきなり上手な自己紹介をすることは難しいですよね。

だからこそ、自己紹介では事前にどんな内容を話すのかを考えておくことが大切です。

シーンごとに、自分がどんな自己紹介をすべきか、項目を考えて、自分なりに練習をしてから本番に臨みましょう!