多くの人が子育てについて悩みを抱いています。

全く悩んでいないように見えても、意外にも悩みを抱えているということはよくあります。

子育てはこれが正解だという方法がないがために、非常に悩むところがあります。

では、子育ての悩みやその解決方法について考えていきましょう。

みんな一緒!子育ての悩みを軽減させよう!

精神的に余裕を持って過ごせるということは大切なのではないかと思います。

少しでも子育ての悩みを軽減していきましょう。

誰もが子育ての悩みを抱えている

みんな大なり小なり悩みを抱えています。

おとなしいお子さんのお父さんやお母さんなら、将来いじめられないかというような不安を抱いている方も多いでしょう。

やられっぱなしの我が子を見て、もっとやり返して欲しいという気持ちを持ってしまうということもあるでしょう。

しかしすぐに反撃したり、手を出したりするようなタイプの子だと友達関係のトラブルについて心配になってくるところがあります。

このように性格次第によっては悩みになりやすいところもあります。

ですので皆が皆、順調にというわけにはいかないのが子育てです。

困った時、悩んでいる時に色々と掲示板などを見て落ち込んでしまうということもあるかもしれません。

個人的な悩みに対して、個人が悩みに返事をしているということもありますので、中にはしつけが悪いということを言われてがっかりとしてしまうこともあるかもしれません。

ですが子育ての成功と失敗というのは、長い年月が必要なので、成功なのか失敗なのかというのは分からないところがあります。

ですので子育てに悩んで、自分の子育てがだめなのではないかと悩んでいるということであれば、気を楽に持ち、必要であれば子育て相談などプロの方の相談を受けることによって頑張っていきましょう。

考え過ぎたり悩んだりしても先には進めない!

子育ては長い年月が必要ですので、これでいいのかどうかというのは皆、試行錯誤をしながら子育てをしています。

ついつい考え過ぎてしまったり、悩んでしまったりもするでしょう。

子供の人生が関係する事ですので、親は冷静ではいられないでしょう。

だけどやはり、先ほども触れたように子育ては長い年月が必要ですので、そんなに悩みすぎたり考えすぎたりせず、色々な意見を参考にし、自分にできそうなことをコツコツとこなしていくようにしましょう。

子育ての悩みランキングトップ10

子育てをしていれば皆が皆、それあるよねと思うような悩みは往々にしてあります。

では子育ての悩みランキングについてのトップ10を見ていきましょう。

子育て中にイライラしてしまう


子育て中のイライラというのは、大抵のお母さんは経験しています。

穏やかに見えるようなお母さんであっても、実はイライラしてしまうということもあります。

まれに子育てが楽しくて仕方がないという人もいるにはいますが、なかなかそうはいかないというところもあるでしょう。

お母さんの精神的な余裕というところもありますし、お子さんの気質の問題もあります。

このようなことで子育て中にイライラしてしまうということはよくあるのです。

どうにかして、子供を一生懸命育てようと思っているところに思い通りにいかないとなると、ついついイライラしてしまうものです。

子育て中にイライラしてしまったら、どのようにしたらいいかということなども考えていきましょう。

イライラしないためにできることは?

子供の気質というのはある程度決まっています。

反社会的であるということであれば、どうにかしてその部分を矯正しなくてはなりませんが、極力「この子はこういう子なのだ」と思いつつ、ある程度お子さんの気質を受け入れていくということで解決します。

例えば友達に言われっぱなしで泣いて帰ってくるお子さんにイライラしてしまうということもあるでしょう。

でも裏を返せば、そのお子さんはやり返さない優しさがあるのです。

ここでやり返せというようなことを言っても、このやり返せないお子さんは難しいかもしれません。

ではどうしたらよいのかと言うと、そのお友達をうまくかわすというような感じの方法を考えても良いのではないのでしょうか。

後は「困ったら先生に相談したらいいよ」というような感じで、第三者を介入させるというような方法も考えても良いと思います。

このように、ついつい一つの方法に固執してしまうこともあるかもしれませんが、その方法は色々とあります。

そのようなことで、どのようにしたらよいのかということを柔軟に考えていくと良いでしょう。

他の子に比べて成長が遅いのでは?

他の子に比べて成長が遅いかもということで悩んでいるお母さんも非常に多いですよね。

特に成長著しい乳児期から幼児期の成長の遅さというのは、非常に心配になるところがあります。

特に第一子でよくわからないことが多いのであれば、その不安もひとしおでしょう。

この成長の遅さというのは、個性によって違いがありますので何とも言えません。

なんともない可能性もありますし、もしかしたら何か病気や障害が隠れている可能性もあります。

この病気などの可能性について、心配しているということもあるでしょう。

成長が心配な時にできることは?

成長が心配だということであれば、育児相談などで相談してみると良いでしょう。

保健師さんなどが、その悩みに答えてくれることがあります。

地域によって差があるので難しいところがありますが、時折月一ぐらいで乳幼児の子育て相談を公民館で受け付けてくれるというようなサービスがあるケースもあります。

そのようなところに出向いても良いですし、場合によっては福祉センターなどに電話をかけてみても良いでしょう。

小児科にかかるというのも手です。

とにかくプロに言ってみてもらうことによって、病気や障害が隠れているということであれば、治療やフォローを受けることができます。

そうでなければ徐々にだけれど、成長していくということで安心できます。

そのような点でプロの方のアドバイスを受けたり、相談をするというのは非常に有益です。

ついつい手軽にインターネットで個人に相談をするということもあるかもしれませんが、本当に個性もありますので、必ずその通りになるとは限りません。

もし病気や障害が隠れているということであれば、早めのフォローが良いと思います。

ですのでこのような時は、インターネットばかりではなく、小児科や保健師の方などプロの方のアドバイスを受けましょう。

ママ友との関係

お子さんが誕生すると避けられないのは、ママ友の関係です。

このママ友関係というのは、お子さんが何歳なのかというところにもよりますので一概には言えません。

しかしお子さん関係で繋がっているということで、たとえママ同士がそんなに仲良くなれないタイプであっても、切っても切り離せないのがママ友の関係です。

だからこそ悩みが多いともいえるでしょう。

ママ友との関係に悩んだ時は?

もしお子さんが2歳以下で、特に子供同士が仲良く遊んでいる様子がないということであれば、そのママ友さんと無理に付き合う必要はありません。

もし、子育てサロンなどに行っているということであれば、時間をずらしたりしても良いでしょう。

LINE交換をしているなどで、「どうしたの?」ということを聞かれたとしても「都合が合わない」というような感じで、どうにかして時間をずらすということは可能です。

このように幼少期であれば、特にママ友の付き合いを無理にしなくても良いところがあります。

ただ幼稚園や保育園などのママ友関係については、困ってしまうこともあるでしょう。

どこかに遊びに行こうと言われても、都合が合わないというような感じで、誘いを断るということも可能です。

しかし3歳以上になって子供同士が仲が良いということであれば、なかなか切っても切り離せない関係でしょう。

その時は当たり障りのない関係にしていくしかありません。

ただママ友に無視をされるとか、何か嫌なことをされるということであれば、お子さんには保育園や幼稚園で遊んでもらって、後は用事があるというような感じにしてると良いでしょう。

なるべく合わない人とは接点を避けるというようなことも一つの方法です。

子供が泣き止まない


子供が泣き止まず、特に集合住宅に住んでいると近所迷惑なのではないかと悩んでしまいますよね。

この子供が泣き止まないというのが、何歳なのかにもより解決方法は変わってきます。

では、子供が泣き止まない時の対処法などについて見ていきましょう。

子供を泣き止まないときは?

もし乳児期で泣き止まないということであれば、10分ぐらいは泣かせておくというのもありです。

うちの上の子がなかなか寝ない子でして、かなり泣く子でした。

そこで疲労困憊をし看護師さんに相談してみた結果、寝る時になかなか寝れずにギャーギャー泣く子がいるということで、そのような場合はある程度泣かせて疲れさせた方が良いというアドバイスがあり、10分近くは泣かせるということで様子を見ることにしました。

色々とお世話をしたけれど泣き止まないという時は、10分は泣かせておき、その後で抱っこをしてみるということで、なんとかしないといけないという気持ちも落ち着きましたし、疲れて寝るということが出てきたため、非常に育てやすくなりました。

そして、そのような子なので、幼児期もかなり泣く子でしたが、基本的に泣きのスイッチが入ってしまった時は、あやしたりすることで逆に刺激になり逆に泣くので、気持ちが落ち着くまで放置することにしていました。

「落ち着いたらおいでね」という言葉をかけて、そのまま流せました。

やはりある程度泣くとスッキリするのか、特にあれこれとなだめたりしなくてもだんだんと落ち着くようになってきましたね。

兄弟喧嘩ばかりする

兄弟喧嘩もイライラの原因にはなりますが、手が出るということであれば叱らないといけませんが、ある程度は止めないといけないという風に考えなくても良いと思います。

喧嘩などによって、色々と人との距離感を学んでいくところもありますので、そのような意味では兄弟喧嘩絶好のチャンスです。

兄弟喧嘩をしてしまう時は?

このようなことから、兄弟喧嘩を何とかして止めないといけないという風に気張る必要はありません。

しかしあまりにも手が出るとか、お母さんがあまりにもイライラするということであれば、環境が許すのであれば、どちらかをおばあちゃんに預かってもらって、もう一人とゆっくり過ごすというような感じを、交互に繰り返していくというのはいかがでしょうか。

距離が開けば、ある程度は喧嘩をせずに済むというところはあります。

しかしここで、どちらかばかりを預かってもらうとなると片方が不平等感を抱く可能性がありますので、そこは平等にするようにしましょう。

ただ物心がつかない小さいお子さんということであれば、小さい妹か弟の方を預かってもらう割合を増やしても問題はないでしょう。

教育費がたくさんかかる

確かにお子さんがいると、だいたい2千万円はかかると言われているように、お子さんには教育費がたくさんかかります。

そのようなことで心配になるという声もあるでしょう。

ただ教育費というのは、かけようと思ったらいくらでもかけるますし、節約しようと思えばいくらでも節約できます。

お子さんにどの程度の教育を与えたいのかということや、お子さんの気質などもいろいろと考えていく必要があります。

幼少期によくありがちなのが、とにかく習い事を詰め込むということです。

確かに可能性を広げるという意味合いで、習い事をするのは悪いことではありません。

しかし明らかにお子さんがマイペースで、やる気がないにもかかわらず習い事を詰め込んだとしても、あまり習得はできないでしょう。

このようなことから習い事も考えながらするようにしましょう。

教育費が心配な時にできることは?

教育費については、習い事に関してはお子さんがやりたいということに絞ったりすると良いでしょう。

さらには公民館などの愛好会で、できそうなことに関しては、そちらにすると非常にリーズナブルです。

確かに可能性を広げるという意味合いで習い事をするのは良いことであるものの、そこで教育費をかけすぎると、いざという時に教育費をかけられない可能性があります。

そして大学などで一番お金がかかりますので、それに備えてお金を貯めるようにしましょう。

心配であれば学資保険などにかけておくと安心です。

その上で習い事のお金は、極力吟味するようにしましょう。

そして中学生以降に塾に関していえば、最近は通うタイプの宿だけではなく、Skypeなどで授業が受けれるようなインターネット上の家庭教師などもあります。

このようなことから、教育費についてはたくさんかけなくてはというような固定観念をとっぱらって色々な方面から習い事を考えていくと良いと思います。