CoCoSiA(ココシア)

「キチママ」とはどういう意味?キチ...(続き2)

このようにキチママと色々と言っている我々も、他人事ではありません。

追い詰められてしまったら、もしかしたらそのような要素が現れてしまうかもしれません。

自分さえ良ければいい

基本的にキチママ自分さえよければ良いと思っている傾向があります。

だからこそ、あまり人の迷惑などを省みるということはできません。

このような気質なのかもしれませんし、もしかしたら育児や家庭などで余裕がなくてそのような視野の狭い思考になってしまったのかもしれません。

このように余裕がなくなってくると、だんだんと自分さえ良ければという風に思ってしまうところがあります。

これは残念ながら色々な人にも言えることです。

身近な例を言うと、著者自身は母子家庭で育ちました。

そこで母はかなり経済的に苦労してきたようです。

そこで母が考え出したことは、娘の著者の成長を待ち、手に職を付けさせるという道でした。

はっきりとは言いませんでしたが、そのように娘に経済的なことを負担させることで間接的に安定したかったのだと思います。

結果的に、そのような道につかず今は専業主婦ですが、どちらかと言うと若い頃はそのことについて色々と母とは揉めました。

看護師を強く勧めてきたので「年齢制限がないので自分でやったらどう?」と聞いたら黙ってしまったのです。

あんなに強く勧めてきて「自分もやりたかった」と言ってきたにも関わらずです。

自分が苦労することなく人に苦労させて安定を手に入れようというような思考だったのです。

大人になってからこのことに気づきましたので、少々がっかりはしましたが、やはりこのように余裕がなくなってくると、だんだんとそのように自己中心的になっていくのだなというようなことは思いますね。

他人の不幸は蜜の味

基本的に他人の不幸は蜜の味という状態ですので、人の不幸を喜んでしまう状態です。

このような状態だと、基本的に自分が幸せでないことが多いです。

先ほども触れたように、夫から何か厳しく言われているのかもしれませんし、介護が辛いのかもしれません。

子育てが大変だという事情もあるのかもしれません。

このようなことで、だんだんと心が廃れてくるというところがあるのでしょう。

そこで他人の不幸が嬉しくなってしまうということがあり、つい嫌味を言ってしまったり、不幸を喜ぶようなことを言ってしまったりということがあるのでしょう。

噂話が好き


基本的に、このようなキチママの人は噂話が好きな傾向があります。

その噂が本当か嘘かというのもあまり興味がないでしょう。

このように人を悪く言って面白おかしく言うことに喜びを見出しているところがあります。

そしてキチママの被害について色々な書き込みを見ると、大抵は噂話をされて被害を受けている人からの相談が多いです。

根も葉もないような噂話をされることによって、周りの人から避けられるということがあったりすると、お子さんを含めて問題になってしまうということから、キチママに対する被害について色々と訴える人が多いというのが現状です。

そしてこのキチママの取り囲みが、どのような人なのかというのも重要です。

大人の人であればキチママな人に話を聞いても、話を聞き流して気にしないという人もいるでしょう。

しかしそうではない人だったら、またさらに噂を拡散したりするなどして少々面倒くさくなってしまうというところがあります。

その地域の民度などにもよりますので一概には言えませんが、大抵の場合は適当に相槌を打ち気にしていないということも多いですので、あまり気にせずにいることが一番です。

嫉妬深い

このようなキチママは、基本的に嫉妬深いところがありますので気をつけるようにしましょう。

例えば学歴を重視するようなキチママでしたら、中学校受験のことなどを言わない方がいいかもしれません。

どうにかして、その中学校受験を妨害しようとするという可能性もなきにしもあらずです。

さらには自分の子供が中学受験に合格し、そのキチママのお子さんがその受験に落ちたとなると悲惨になってしまいますので、あまり刺激をしないようにしましょう。

このように嫉妬心を刺激することで少々面倒くさいことにもなり得ますので、キチママは嫉妬深い可能性が高いというところをしっかりと気をつけるようにしましょう。

復讐心が強い

さらには、このように怒りを買ってしまうと復讐心が強く被害を受ける可能性もありますので、できるだけ刺激をしないのが一番です。

子供同士のトラブルということであれば仕方がないところがありますが、お母さん同士のトラブルにならないように挨拶のみに留め、復讐心を刺激しないようにするということは気をつけるべきです。

できればすれ違ったり会ったりしても「こんにちは」という言葉の挨拶や、天候の話などの雑談に止め、早々に立ち去るようにしましょう。

ここで色々と話してしまうことによって、復讐心を刺激してしまう可能性があります。

先ほども触れたように仮に中学校受験をするとかであれば、そのような話題は極力避けた方が良いです。

仮に中学校受験をするのを知っていたとしても、聞かれても「まあ、ぼちぼちですよね」というような感じで適当に話をそらせた方が良いです。

そうしないと嫉妬心から、さらに復讐心にステップアップしてしまう可能性もありますので、なるべく刺激をしないようにしましょう。

独占欲や物欲が強い

キチママの何が一番困るのかと言うと、独占欲などの強さにあります。