女性は、表面的には仲良くしていても、実際には相手の事を嫌っているなんて事は良くあります。

もっと言えば、実際とは違った事実を多くの人に話して相手を陥れようとする事だってあるかもしれません。

勿論、全ての女性がそうだと言うわけではありません。

中にはサバサバとしていて明るい女性だっているはずです。

ですが、男性と比べればその数は圧倒的に少ないのも事実です。

男女で比べると、やはり男性の方が女性よりも健全な友人関係を築いていると言えるかもしれません。

また、人間関係のもめ事の多くが思春期に集中している男性に対して、女性の場合にはそのもめ事はそう簡単になくなるものではありません。

『女』である限り、ある程度のもめ事は避けては通る事が出来ないものなのかもしれません。

自分自身が対象なのであれば、それも受け入れて生活していくしかないでしょう。

ですが、そこに子供が関わってくると話は大きく変わってくるのではないでしょうか。

自分一人ならば我慢する事が出来た事も、子供が関わる事によって我慢できなくなる事もあるはずです。

そこで今回は『ボスママ』と呼ばれる人との上手な関わり方についてご紹介したいと思います。

本来、ママはあくまでも対等な関係であるはずです。

子供同士がメインとなる関わりなのですから、そこにママが大きく関わる事自体がおかしな話なのでしょう。

ですが、そんな理屈が通らないから『ボスママ』という存在が出てしまうのでしょう。

そんな人に正論をぶつけても意味がありません。

ならば出来るだけ上手に関わる方法を身に付ける事が重要なのでしょう。

自分だけならどうにもできる事も、子供が関わる事によって嫌でも気を付けて関わらなければならない事もあります。

一度その対応を間違えてしまうと、後から後悔する可能性もあります。

そうならないようにする為にも、出来る工夫は早めにしておく事が重要なのかもしれません。

ボスママと上手く関わろう!

いつの時代にも、仕切りたい人というものは存在するものです。

特に女性の間ではそれが如実に現れる事も珍しくはありません。

そのため、本当は対等な立場であるはずの『ママ』の間でもそこに差が出来てしまう場合があるのです。

その結果『ボスママ』というものが出来てしまうのでしょう。

普段女性同士のつながりが面倒だと感じている人は、ママになったからといって性格が急に変わるわけではありません。

だからこそ、そのおさるのヤマの大将のような存在を鬱陶しく感じる事もあるでしょう。

ですがそこで露骨に態度に表してはいけません。

勿論、全面対決をするだけの元気があるのであればいいのかもしれません。

ですが、それをしてしまうと必然的に子供も巻き込まれてしまう事になります。

子供同士の関係に親が関与していく事がいい事ではありません。

大きなトラブルを解消する為ならまだしも、大人同士の争いに子供を巻き込むような事はしてはいけないのです。

そうならないようにする為には上手に付き合っていく事が一番です。

ボスママと呼ばれるような人は、小さな世界で必死に自分を大きく見せているのでしょう。

その世界を必死に守り、その世界で一番でいたいと思っているのです。

だからこそ、その場を脅かそうとしてくる人に対しては敵意を向けるようになるのでしょう。

また、自分にはむかってくる人に対しても同様に厳しい態度を取る傾向にあります。

だからこそ、そうならないようにする為に上手に関わる事が大事なのです。

ボスママの場合、自分がしている事が正しいと思っている傾向にあるため、その人に正論で立ち向かってもこちらが疲れるだけです。

上手く機嫌を取りながら、つかず離れずの関係の維持を目指していく事が重要です。

ボスママは女性集団の中に必ず存在する


ボスママのような存在は、ママの世界だから存在するわけではありません。

女の世界であればどこにでも存在するものなのです。

どんなチームでも必ず「リーダー」となるような人が存在するのが、女性の世界の特徴なのです。

きっと多くの人がそんな関係を面倒に感じている事でしょう。

同じ立場のはずなのに、上下関係が出来てしまう事はおかしいと思う人も多いと思います。

ですが、それを指摘する人はいないはずです。

それは、女性の世界はいつでもそうだからです。

リーダー的な人がいる空間がおかしいのであれば指摘する人も居るでしょう。

それを改善しようと行動する人だっているかもしれません。

ですが、女性の世界はそれが当たり前なのです。

だからこそ、女性たちの多くもあえてそこを指摘する必要がないのでしょう。

男性から見れば理解する事が出来ないような関係も、女性たちからすれば『良くある事』とある意味諦める事が出来るのです。

それがいい事かどうかはわかりませんが、女性がそういう生き物なのですから仕方ありません。

ボスママが居ない世界で生活したいと思うのはごくごく自然な思いです。

しかし一方でそうした世界が無い事もどこかで分かっているのかもしれません。

だからこそ、現状を変えようとするのではなく、その中で上手く生活していく事を意識して行動していく事が大事なのでしょう。

誰もが平和に暮らしたいと願っているのにも関わらず、一部のワガママな人たちのせいでいちいち気を使って生活をしなければならないのは何とも理不尽な話です。

ですが、それも含めて女性という生き物なのでしょう。

ならば私たちはそれとうまく付き合っていく以外に方法はないのかもしれません。

社会の縮図

『ボスママ』というと、ママたちだけの世界がおかしいように感じます。

そのせいで妊娠した人の中には『ママ友が怖い』『ママ友が出来るか不安』だと口にする人も少なくはありません。

ですが、それはママだけの世界にある事ではないと思います。

ママ友の問題が多く取り上げられたのは、おそらくドラマなどの影響が大きいのでしょう。

もともとあった問題に対してあえて大きくフューチャーした事によって、それがとてつもなく大きな問題かのように知れ渡ってしまったのです。

けれど、何人かの女性が集まる中でその中の一人がリーダーになる事は珍しい事ではありません。

女性の社会では良くある事なのです。

会社や学校といった多人数の人が集まる場所は勿論、パートや子供の習い事の場所などありとあらゆる場所で女の社会ではリーダーが生まれる傾向にあります。

それはもう避けては通る事が出来ない社会の縮図なのでしょう。

だからこそ、ママだけがおかしいというわけでは無く女社会であればだれでも経験する事かもしれません。

誰もがそれがいい事だと思っているわけでは無いものの、結果的にそうなってしまっているのでしょう。

だからこそ、何も言えない人が結果的に被害を被る事になってしまっているのかもしれません。

ボスママが嫌だと思って逃げていても、いつまで経っても成長する事は出来ないでしょう。

だからこそ、ここで正しい対応の仕方を学ぶことによって自分自身を変えるきっかけにする事が出来るようになるかもしれません。

ボスママが集団の中で果たす役割は大きい

ボスママという存在が嫌だと感じる人の中には、それを無視してしまえば良いと思う人も居るでしょう。

確かに『ボスママ』と言ってもそれは相手が勝手にそう振る舞っているだけなのかもしれません。

自分自身がそれを認めないと行動すれば、それだけで済む事もあるでしょう。

ですが、『ボスママ』はあくまでもママなのです。

つまり、それに関係した子供がいる事になるのです。

その場合、もしかしたら子供が親の影響によって自分の子供に害を及ぼす事がある事もあるのです。

たかが親のやりとりと侮ってはいけません。

そのせいで子供の社会に影響を及ぼしてしまう事もあるのです。

だからこそ、軽視できないのがママ同士の怖い所なのです。

自分だけならいくらでも対応する事が出来たとしても、そこに子供が関わる事によって、我慢しなければならない事も出てきます。

たかがボスママ。されどボスママ。

彼女たちが及ぼす影響はとても大きなものがあります。

そのせいで可愛い子供のに影響が出てしまう事は、誰もが避けたい事だと思います。

だからこそ、あえて事を大きくするのではなく、出来る限り穏便な対応を心がけて行動する事が大事なのではないでしょうか。

ボスママの6個の特徴


それではここからはボスママと呼ばれる人の特徴についてご紹介させていただきたいと思います。

まずはボスママがどんな人なのかをきちんと知り、それに対する対応策を知る事が大切になってきます。

仕切りたがり

ボスママになるくらいの人ですから、大人しい人ではないと思います。

自分の意見をしっかり言う事が出来る人という事なのでしょう。

ですが、これは悪い事というわけではありません。

自分の意見をしっかりと相手に伝える事が出来る人というのは、それだけ自分の中にしっかりとした意見を持っているという事なのです。

日本人はどうしても自分の意見を相手に伝える事が出来ない人が多いと言われています。

つい我慢をしてしまうのです。

その奥ゆかしさが美徳と考える人も居るものの、どうしてもそれが引っ込み思案な国民性に繋がってしまっているという見解もあるのです。

だからこそ、自分の意見をはっきりと言う事が出来る事は長所として考える事も出来るのです。

問題なのは、その意見を周りに強要してしまう事です。

自分では普通に提案しているつもりでも、その意思の強さによって何も言う事が出来なくなってしまう人が居るという事を忘れてはいけません。

その関係が継続していく事によって、結果的にボスママという存在になってしまう事もあるのです。

ボスママは自ら望んでなる人も居れば、知らず知らずの行動によって結果的にそうなってしまっている人も居ます。

だからこそ、自分の気持ちを表現する事も大事な部分ではあるものの、それによって周りの人がどう思っているのかをどこか客観的に考える事も大事なポイントなのではないでしょうか。

かといって自己中というわけではない

仕切りたがりというと、とても我儘な性格をしていると思われてしまう事でしょう。

ですが、必ずしもそうでは無いのです。

自分の意見を相手に言いながらも、相手の意見を聞く事が出来る人は居るものです。

つまりは、多くの人と意見の交換をしたいと思っているのでしょう。

だからこそ、自分の気持ちでは無く相手の気持ちを汲み取ろうと行動する事が出来る人も居るのです。

皆のためにという思いも強い

ボスママになる人の中には、みんなの為をおもって行動した結果そうなってしまう場合もあります。

みんなが楽しく過ごせるように、思った事が出来るように。

そんな事を考えながら行動した結果、それが行き過ぎてしまった結果によって周りの人を従えてしまうような存在になってしまっているのです。

何事もやり過ぎてはいけません。

自分が良いと思って行動している事も、周りの人が見れば迷惑に感じる事もあるものです。

自分の意見を通す事が周りの人の為になっていると思っても、そうでは無い場合もあります。

その線引きを自分の中できちんとする事が出来ないと、結果的に周りの人から浮いた存在になってしまう事も多々あります。

元気で明るくエネルギッシュ

女性同士の問題は、いつの時代も体力を使います。

大したもめ事では無いはずの事も、対応を間違えると問題が大きくなってしまう事も多々あるのです。

だからこそ、ボスママとして多くの問題に率先して首を突っ込む事が出来るという事は、それだけパワーがあるのでしょう。

つまりは明るくエネルギッシュな人という事が言えるでしょう。

誰もが自分より元気でエネルギッシュな人に何か提案されれば、それを断る事はなかなかできないものです。

ついつい賛同してしまうという事もあるでしょう。

また、元気な人が仕切る事によって結束が生まれる場合もあるのです。

人の上に立つという事は、自分が望んだ事だとしても疲れるものです。

それを平然とやってのけるのは、それだけのパワーがないと出来る事ではありません。

ちょっとのことでは動じない

ボスママになる人は、自らの意思がそこにないとなかなかなる事が出来ません。

どこかでその状況を受け入れ、嬉しい気持ちがあるからこそ維持していく事が出来るのです。

女性の社会の中で人の上に立つ事はそう簡単な事では無いはずです。

そんな中で上に立ち、なおかつ楽しいと感じる事が出来る人は、それだけ強いメンタルを持っているのでしょう。

強いメンタルを持っている人は、ちょっとの事では動じる事がありません。

だからこそ、女性の社会特有の悪口などの対象になったとしても、さほど気にすることなく自分のやりたいように行動する事が出来るのです。

普通の人なら落ち込んでしまいそうな事も、落ち込まず前を向いて行動する事ができる所にボスママになるだけの素質が備わっているのです。

情報収集能力に長けている

女性の社会の特徴として、噂好きというものがあります。

これはどの年代にも言える事です。

人の不幸は蜜の味ということわざがあるほど、誰もが噂話は好きな傾向にあるのでしょう。

それが女性の場合に特に強いのです。

噂話をする為には、相手の情報をいち早く手に入れる事が重要です。

だからこそ、ボスママとして君臨する為には、情報取集に長けている事が重要なのかもしれません。

集団行動が好き

ボスママになるという事は、それだけ周りの人が居るという事です。

誰も周りに居なければ、そもそもボスになる事は出来ません。

だからこそ、ボスママと言われる人は集団行動が好きだという傾向もあげられるのではないでしょうか。

集団行動には好き嫌いがあり、どうしてもつるむ事が苦手な人も居るでしょう。

そうした場合には素質があったとしてもボスママになる事はありません。

狭い世界の中で多くの人と関わり、なおかつ自分をアピールする事に対して幸せを感じている人が結果的にボスにまでなる事が出来るのではないでしょうか。

外見や持ち物が派手

これは勝手なイメージではあるものの、ボスママと呼ばれる人は人に対してマウントを取りたい傾向にあるとされています。

つまりは自分の方が相手よりも上だとアピールしたいのです。

その為、結果的に見た目や持ち物が派手な人が多いと言われています。

それらを派手にする事によって、自分自身の存在を相手にアピールしているのでしょう。

人の好みは人それぞれです。

だからこそ、自分が好きだと思うものがあるのであれば、それが多少派手なものであったとしても問題はないはずです。

けれどそこに相手に対するマウントがプラスされると話は大きく変わってきます。

結果的にそれが相手を威圧する材料になってしまうのですから。

人は見た目が9割という言い方をする事もあります。

つまり内面は結局外見にも表れてくるのです。

勿論、派手な人の中にも優しい人は沢山いるでしょう。

ですが、おとなしい人で見た目が派手な人はそういるものではありません。

つまりはそうした所が結果的につながってきているのでしょう。

ボスママと上手に付き合うためには?

ボスママになるような人の性格について詳しく説明をしてきました。

ここからはそんなボスママと付き合う方法についてご紹介させていただきたいと思います。

今ボスママとの関係に悩んでいる人は勿論、いつかの参考にとその対処法を学んでおくのもいいと思います。

人間付き合いは楽しい事ばかりではありません。

だからこそ、その回避方法を知っているかどうかで自分の今後が変わってくるかもしれません。

知識は身を守るすべとなります。

嫌いにならないために、その人の良いところを見つける

人間は一度嫌いになってしまうと、その人のすべてが嫌になってしまう事もあると思います。

ですが、それでは自分自身を苦しめてしまいます。

どうせ関わらなければならないのであれば、嫌いにならないようにした方が自分が気軽です。

その為にも、相手の嫌な所ではなく、いいところに目を向けるようにしましょう。

そうする事によって、相手の事を極端に嫌いになる事もないと思います。

程度な距離感で付き合う

ボスママに関わる必要が出た場合には、出来るだけ深入りしないようにする事をお勧めします。

出来る限り適度な距離を保つ事によって、仲良くなる事はないとしても、あえて嫌われる事もないでしょう。

自分の身を守る為にも、初めから関わらない事も一つの方法です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ボスママと呼ばれる人の問題点やその人との付き合い方について学ぶ事は出来たでしょうか。

女の世界は面倒な事も多く、関わりたくないと思う気持ちも分からないではありません。

そうする事が出来ないからこそ、多くの人が悩んでいるのでしょう。

もしあなたのまわりのボスママが現れたのなら、出来るだけ穏便に行動するようにしてください。

そうして極力平穏な関係を維持するのです。

無理して仲良くなる必要は無いものの、あえて戦うこともないと思います。

出来るだけ平和に過ごす事を意識して行動する事によって、結果的に自分の生活は勿論、大事な子供たちの生活を守ってあげる事に繋がるはずです。

自分一人ならば簡単に解決する事が出来る事も、子供がいるからこそ出来ない事もあります。

だからこそ、余計に悩みが深くなってしまうのでしょう。

大事なものを守る為には、時には我慢する事も必要です。

嫌いな相手と仲良くするのもその一つです。

上手な対応を心がけていきましょう。