「山ガール」「釣りガール」「キャンプガール」などという言葉がありますが、最近は「御朱印ガール」というのが流行っているのをご存知でしょうか?

御朱印巡り、御朱印帳などという言葉を聞いたことがあるかと思いますが、今回はこの御朱印にはまっている御朱印ガールの6個の特徴についてをご紹介していきたいと思います!

さらに、「御朱印集めの何が楽しいの?」といまいち御朱印の魅力が分からないという人のために、御朱印の魅力についても詳しく解説していきます。

御朱印ブームがジワジワ来ている!

御朱印集めといえば、昔はどちらかといえば年配の方が好むイメージだったと思いますが、現代では「御朱印ガール」という言葉があるように、若い世代の人からも人気があります。

そして、女性が好む傾向があるようですが、その理由が気になりますよね!
御朱印を集めて若い女の子たちは一体なにが楽しいのか?その魅力について追求していきたいと思います。

御朱印とは?


御朱印とはそもそもどんなものなのか?ご存知ない方もいるかと思います。

御朱印とは、日本にある寺院や神社で押印される印象のことをいいます。

寺院や神社に行く人の目的といえば、「参拝」をすることが主な目的の人が多いと思いますが、寺院や神社で参拝してくれた人向けに押印される印章のことを御朱印といいます。

御朱印はそれぞれの寺院や神社によって違うため、それらを楽しむための目的で御朱印集めをする人もいると思います。

本来は写経を奉納した証し

現在は、デザインが魅力的というものだったり、寺院や神社に行くという風流な習慣を好み御朱印集めをしている人がいたりしますが、本来は写経を奉納した証しとして御朱印を押印してもらっていたという謂れがあります。

そのため、最近は御朱印ブームもあり、写経もせずにただ参拝しただけで御朱印をもらう人が多いことに「マナー違反」であると言っている人もいるそうです。

現在でも、納経(写経の奉納や読経)をしないと朱印がもらえない寺院も実際にあるそうですので、その寺院の考え方によってなのでしょうね。

しかし、歴史的にみると遅くとも江戸時代中期のころには、多くの寺社で参拝をしただけで御朱印をもらえるようになったそうです。

寺院や神社に人が集まり、神様に手を合わせることに良い意味があるので頑なな謂れよりも、人の情緒や心を大切にしたいといい快く御朱印を下さる神主さんのほうが現代でも多いようです。

何時代から始まった?

御朱印の歴史はとても古く、室町時代の末期から江戸時代初期頃には存在していたそうです!

その頃は、まさしく寺社に写経を納めた人のために受付印として御朱印を渡していたそうです。

昔の人はおそらく写経を当たり前のようにやっていたのでしょうね。

その証に、現在では朱印の右上に「奉拝」と書くことが多いそうですが、その当時は「奉納大乗経典」という文字が書かれていたそうです。

もちろん現代でも、きちんと写経をしてから御朱印をいただく人もいると思うので、古くからの習わしと神様への心得を大切にしている人は本当に尊敬してしまいますよね。

どこでもらえるの?

御朱印をいざもらうときに、どこでどんな流れでもらえば良いのか分からないという人もいるかと思います。

詳しい流れについてご紹介していきます。

まず、当然ですが御朱印を押してもらうための御朱印帳を用意していきましょう!

実はこの御朱印帳には様々なデザインのものがあり、御朱印ガールが御朱印集めに夢中になったきっかけでもあります。

自分で用意していかなくても、御朱印帳を寺社で購入することもできます。

そして神社仏閣へ行き、最初に参拝をします。

スタンプラリー感覚で訪れるマナー違反の人もいるようですが、最低限参拝だけはしっかりとしましょう。

そして、参拝後に社務所、授与所、寺務所、納経所へ行って、御朱印をもらいましょう。

寺院・神社によっては、朱印所が別にあるところもありますので、その際には朱印所へ行ってくださいね。

稀に無人の寺院もありますが、その場合は参拝者が自分で押せるように場所を設置しているところが多いのでその場合は自分で押しましょう。

何が書いてあるの?

では、そこまでみんなが集めたくなってしまう御朱印には一体どんなことが書いてあるのか?気になりますよね。

それはその寺院・神社によっても異なりますが、たとえば現在は僧侶や宮司さんが寺社名や参拝日を墨書きし、朱印を押したものが一般的となっています。

中には寺社名・神仏名・参拝日以外にも「奉拝」などの文字を書いてくださるところも多いそうです。

もっと細かい記載になってくると、寺務所・社務所や住職・宮司の印、そのほか霊場の札番号や祭事など追加の印をしてくださるところもあります。

しかし、書く内容については本当に様々で、多くの人が御朱印目的で訪れる寺院・神社などでは、たとえば単なる印だけの場合や、印に「奉拝」などの文字と日付だけを墨書するだけの場合もあるようです。

墨書きは通常のペンよりも書く手間がかかりますし、人数がいたら本当に大変ですよね。

もっと簡素化したものですと、あらかじめ寺社名・神仏名が入ってある墨書風の印章を押す場合もあります。

あらかじめ書き置きされているものを複写コピーしたものを用意されている場合もありますし、御朱印に時間をかけられない寺院などではそのような方法も取り組んでいるようです。

手書きのほうが風情があって良いという人も多いようですが、実際に営業されている寺院のことを思えば、複写でも判子でもどちらでもいただけるだけありがたいことなのかもしれませんよね。

無料なの?

御朱印にお金はどれくらいかかるのか?についてですが、御朱印をいただくときのマナーとして、少額の金銭(御布施・初穂料)を納める場合が多いようです。

通常、参拝のときにもいくらか小銭を神様におくると思いますがそれと同じです。

この場合は、小銭で用意をしてお釣りが出ないようにしましょう。

何分くらいで手書きされるの?

手書きの御朱印の場合、墨書きされるので多少の時間はかかります。

しかしどれも1人につき3分はかかりません。

稀に、書いている神主さんに対して「字が汚い」などと文句を言うマナー違反の人もいるそうですが、そういう苦情は大変失礼に当たるので絶対にやめましょう。

墨書きはただでさえ難しいので、1日に何十枚も書くのはとても大変なことなのです。

丁寧さよりも、書いてくださることに意味があると思い有難い気持ちで受け取るようにしましょう。

書いてくれるのは誰?

御朱印を実際に書いてくれるのは、その寺社の職員や僧侶・神職・氏子などです。

それぞれの手によって押印してくれます。

その中の誰が書いてくれるかは、そのときの寺社によって異なりますが、いずれにしてもありがたく受け取りましょう。

御朱印ガールの6個の特徴


御朱印について詳しくご紹介させていただきましたので、あまり御朱印のことをご存知ない方でも御朱印の魅力についてご理解いただけたかと思います。

日常生活とはかけ離れた風情のある寺院・神社でいただく御朱印は、一度もらえばそれをコレクションしたくなるという人が近年増えているそうです。

特に「御朱印ガール」として様々な地方の寺院・神社を歩き回り、いろんな御朱印を集めることを趣味としている女子がたくさんいます。

では一体どんな女子が御朱印集めにはまってしまうのか?
御朱印ガールの特徴について、次に詳しくご紹介していきたいと思います!

もしかするとこれを読んでいるあなたも、御朱印ガールの特徴に当てはまるかも!?

旅行好き

旅行が大好きだという女子はおそらくたくさんいますよね。

御朱印をいただくことのできる場所は、日本全国の各地にあります。

そのため、日本のいろんなところを見て回るような旅行好きの人に御朱印集めはぴったりのようです。

実際に、旅行のついでにその都道府県にある寺院・神社を訪れて御朱印をもらったり、御朱印旅行と題して、その県にあるだけの寺院・神社を訪れ御朱印をもらう女子も多いようです。

寺院や神社は日本全国にあるため、すべての御朱印を集めようとするだけでたくさんの街を旅行することができます。

風情のある神社や寺を見て回り参拝したあとは、近場の美味しいスイーツやランチを食べるというのも御朱印ガールの醍醐味でもあります。

そこで集めた御朱印を御朱印手帳で友達同士で見せ合ったりして、御朱印トークに華を咲かせ、夜はゆっくりと温泉に入る…そんな素晴らしい旅行なら、何度だって行きたくなってしまいますよね。

歴史好き

歴史といえば、小学校から学ぶ義務教育の一貫でもありますが、日本の歴史には必ず古い寺や神社が登場します。

昔から日本の歴史に興味があったという女子は、実際に教科書に登場してきた歴史ある寺や神社を実物で見るだけで大興奮してしまうそうです。

歴史好き女子の場合、もちろん昔の有名な人物にも関心があるため「ここの寺があの人が実際に住んでいたところか…」と歴史と照らし合わせて楽しむことができます。

歴史好き女子の場合、訪れて集めた御朱印を集めるたびにその寺社の歴史的背景が思い浮かぶので、御朱印はとても良い記念になりそうですよね。

「歴史オタク」の女子に多いのが、のちの「御朱印オタク」なのです。

しかし、歴史を詳しく知っているほうがよりその神社や寺を楽しめそうなので、訪れる前に少しでもその寺社を勉強してから行くと、より御朱印集めが楽しくなるかもしれません。

癒されたい

御朱印ガールはとにかく「癒されたい」と思っている女子がハマりやすい傾向があります。

毎日の仕事に追われ、人付き合いに気を遣っている日々はとても大変なので、つい精神的にどこか安らぐ場所を求めてしまうものですよね。

寺院や神社は、日本全国にたくさんありますが、それぞれに違った道なりや寺社の庭園があったりと、訪れるだけでもいろんな楽しみがあります。

また、季節によっては庭木が綺麗に咲いていたりと風情を感じる楽しみもありますよね。

ガヤガヤした街に買い物に出かけたりするよりも、静かで落ち着いた雰囲気のある寺院や神社に出かけたほうが心身ともにリラックスできるのです。

「疲れたなぁ」と思ったときに御朱印をもらいに出かけ、ゆっくりと寺院や神社を見て回り、深呼吸をしましょう。

帰りにカフェに寄って帰るだけでも最高の1日になります。

御朱印ガールはきっとこうして上手にストレスを発散しているのでしょうね。

スピリチュアルなことが好き

人は辛いことがあるとつい人間以外の何かに自分の願いを祈りたくなるものですよね。

そしてそれを信じて頑張る活力に変わったりもします。

そんな、人の力ではどうにもできないことをなんとかしてくれそうなのが神様です。

神社や寺院には、その寺社にまつわる神様がいます。

そのため、神様や占いなどのスピリチュアルなことが好きな女子も、御朱印ガールになりやすい傾向があります。

辛いことがあった時、御朱印ガールは神社や寺院に足を運び参拝をするだけで、前向きな気持ちになれるといいます。

なにかを信じて頑張るためには、神様のような目には見えないものの存在というのが大切なのかもしれませんよね。

御朱印帳をお守り代わりとして持っている御朱印ガールもいるくらいですので、スピリチュアル好き女子にはおすすめかもしれません。

コレクション好き

なにかを集めてコレクションにするのが好きというのも御朱印ガールの特徴に当てはまります。

似たような作業をすることに飽きてしまう人には不向きなのですが、いくつも似たものを揃えて制覇することに達成感を感じる人もいますよね。

御朱印ガールは、たくさんの寺院や神社に出歩き、御朱印を集め1つ1つの県ごとに制覇していくという楽しみ方をしている人がたくさんいます。

そうすることで1つの県ずつ、どんどん御朱印がコンプリートされていくため、楽しみがいがあるのかもしれません。

1つの県をコンプリートしたら、自分に新たなご褒美をあげたりするのもゲーム形式で楽しくなりそうですよね。

行動力がある

御朱印ガールの多くの子たちが、行動力に溢れています。

実際に、御朱印が日本全国の各地にあることを知ったとしても、それをもらいに行くとなると、御朱印のある寺院・神社の近くの宿を予約したり、そこへ行くまでの交通手段だっていろいろと考えなくてはなりませんよね。

それを女の子たちがすべて自分でこなしてしまうのですから、並大抵の行動力ではありません。

なかにはわざわざ新幹線や飛行機にまで乗っていく人もいるみたいなので、交通費だってそれなりにかかりますし、行くまでの時間も相当かかります。

そこまで苦労してでも御朱印を集めたいと思える熱い想いが御朱印ガールたちにはあるのでしょう!

その行動力があれば、御朱印集め以外にもいろんな場面で活躍できそうですね。

御朱印の8個の魅力とは?

御朱印ガールの特徴についてご紹介させていただきましたが、なぜ御朱印ガールたちはたくさんの楽しいことがあるなかで、御朱印集めという渋い趣味にハマったのでしょうか?

女子ならば、美容に力を入れた趣味だったり、ファッションや好きなアイドルを追いかけたり、いろいろと他に楽しみがありそうな気もしますが、そのなかでも御朱印を好きになったきっかけがあるということですよね。

御朱印ガールたちがそれらを押しのけてついハマってしまっただけの魅力とは、一体何なのか?

こちらで御朱印の魅力について詳しくご紹介していきたいと思います。

御利益が得られる

御朱印は、それぞれの神社や寺院にいる神様に参拝をすることでもらうことのできる印章のことです。

参拝については日本の新年の年始の挨拶に神社やお寺でする初参りなどでした経験があるという人が多いと思いますが、なにも新年に限定しなくても良いのです。

いつでも神様はそこの神社・寺院にいるわけですから、今回の御朱印ガールのように新年以外でも、神様の前で手を合わせるだけでもご利益があります。

御朱印集めに夢中になる理由の1つに、この神様からのご利益を期待するという人は多いことでしょう。

参拝のそもそもの目的は、自分の願いや幸せの祈願だったり、日々の感謝を伝えるためと言われています。

なにか自分で神様に伝えたいことがあるときに訪れ参拝をすれば、きっとこれからまた良いことがあるような気がするものですよね。

その神社やお寺によって御利益は異なる

神社や寺院は、それぞれの宗派やそこに祀られている神様に違いがあります。

よって、その神様のなかには「勉学のことを応援してくれる神様」だったり、「恋愛成就の神様」がいたりします。

神社やお寺で、恋愛で有名なところがあったり、不妊治療で有名な子宝神社があったり、受験のときに人気の出る神社があったりするのは、それぞれの場所でそこにいる神様が違うためご利益が異なるからなのでしょうね。

恋愛でも、勉強でも、子宝のことでもなんでも、人が神様のご利益をいただきたくなるときというのは、「自分がどんなに頑張っても叶わないとき」や「自分の希望に自信がないとき」だと思います。

御朱印を日頃から集めることで、今まで御朱印をもらった神社や寺院の神様には少なからず1度は挨拶していることになるので、それだけ多くの神様から守ってもらえるということです。

それが、御朱印ガールたちの気持ちの支えとなるのです。

ご利益がどこまで現れるかはその人により異なりますが、なにかを信じることは素晴らしいことなので、神様を思い切り味方につけてご利益をいただいちゃいましょう!

歴史に関する知識が増える

御朱印をもらうことのできる神社や寺院は、どこも古い建物が多いですよね。

そのため、それぞれの場所にはそれぞれの歴史があります。

御朱印集めをするときに、訪れる神社や寺院のことは調べて勉強していくという御朱印ガールも多く、着いてからそこの場所についてのうんちくを語ったりもします。

さらにそこの神社に到着してから実際に中に入って見学して、様々なところを見ることができるので、その分そこの神社や寺院に関する知識が増えていきます。

学校の勉強でやっていた社会の歴史とマッチした場所もいくつかあったりと、御朱印を集めるだけで歴史に関する知識が増えて行くので、「久々に勉強したい」という人にもおすすめです。

御朱印帳がお洒落で可愛い

御朱印は訪れた寺院や神社で1つ押してもらえるのですが、いくつもの御朱印を1冊にまとめておけば、いつでもまとまった御朱印を眺めることができ、コレクションがしやすいですよね。

御朱印ガールが御朱印集めを楽しく行なっている理由の1つに、この御朱印を押してもらうための御朱印帳がお洒落で可愛いというのもあります。

現在ではシンプルなものから渋めのもの、可愛らしいものなど、様々な種類の御朱印帳が発売されています。

手作りする人も増えている

御朱印ガールは、御朱印帳は自分の好きな絵柄のものを持ち歩きたいという強いこだわりを持っているため、自分で御朱印帳を手作りする人も増えているそうです。

御朱印ブームの効果もあり、ネット上でも「御朱印帳キット」というものが売っていたりもします。

素材も様々で、綺麗な和紙で作られたものに古風な花柄模様だったり、様々なものがあります。

せっかくの自分の趣味になるものなので、自分だけのオリジナルを作りたいものですよね。

巡る度にパワーを得られて強くなれる感じがする

御朱印を神社や寺院にもらいに行くと、御朱印をもらったところの神様にはきちんと挨拶をした証になります。

まつわる神様がそれぞれ異なっているだけに、各地の神社や寺院を巡る度にそこの神様からパワーをいただくことができます。

近年、パワースポットが人気がありますが、この御朱印集めにも同じような意味合いがあります。

御朱印がどんどん増えていくたびにそこの神様からパワーを分けてもらい、自分が強くなれる感じがするという御朱印ガールも多いそうです。

御朱印の場合、押印されるため参拝したことが形として残るので、パワースポットよりも案外、効果が得られるかもしれませんよ!

思い出になる

御朱印を集めると、1つの御朱印をもらうために行ってきた寺院や神社でのそれぞれの思い出ができますよね。

どこの地方にもまったく同じ場所というのはないので、それぞれに魅力があり楽しみがあります。

また、寺院や神社によっても置いてある庭木が違ったり、本堂の中が違ったりするので、1つ1つの御朱印を見るだけでそのときの思い出が蘇ってくるようです。

御朱印を集めるためにプチ旅行のようなものをすることも多いと思うので、誰とどこの御朱印をもらったなど、自分で集めた御朱印ごとに思い出を整理していけばより楽しめると思います。

その土地のグルメが楽しめる

御朱印集めは、ただその寺院や神社に行って御朱印を押してもらうというだけではなく、御朱印ガールが楽しみにしていることの1つにその地方のグルメを堪能するというのがあります。

寺院や神社に癒されたあとは、その土地のグルメの目玉を調べてそこでお昼ご飯を食べるというだけで、女子にとって素晴らしい旅になります。

もちろん寺院や神社の近くにスイーツ屋さんなどがある場合は、軽い軽食を食べてから近くをお散歩したりしても良いと思いますし、その土地でしか見ることのできない景色をおいしいグルメを食べたあとに気持ちよく眺めていくのも御朱印集めの魅力だと思います。

コンプリート感が味わえる

なにかを1つずつ集めて、それがコンプリートされたときって爽快な気持ちになるものです。

御朱印集めもそれと同じで、1つの地方からまずは集めていき、1つずつコンプリートできたら次の新しい地方の寺院や神社をまわるという楽しみ方もできます。

1つの地方にだいたいいくつも寺院や神社があるものなので、コンプリートの最後のほうにはその地方のことを知り尽くしているということもありそうですよね。

御朱印集めをすることで、その神社や寺院の歴史を知ることもできると同時に、その地方のことまで勉強になりそうなので、御朱印集めとは女子にとっての楽しい学びの時間でもあるのかもしれません。

そしてコンプリートしたあとは、自分にご褒美をあげたりと、楽しみ方はいろいろと工夫することができます。

境内などを結構歩くので運動になる

御朱印集めと聞くと、ただバスで寺社まで行って参拝し、御朱印をもらって終わりでしょ?と思っている初心者さんも多いかもしれません。

しかし、実はただそれだけでは御朱印集めの楽しさをすべて堪能したことにはならないので要注意です!

御朱印をいただく際の楽しみの1つに、訪れた寺院や神社をゆっくりと見てまわるというものがあります。

寺院や神社には、その境内にも見るところがたくさんあるので、境内を歩くだけでもとても良い運動になります。

歴史ある建物をゆっくりと眺めたり、庭園も寺社さんが綺麗にしているところが多いので、その場所それぞれの季節の庭木を楽しんだりすることもできます。

なかには井戸水があったり、新鮮なお水をいただくことのできる場所もあります。

境内だけでも広さがあるところが多いので、たくさん歩いたあとはそのまま徒歩で近くの飲食店巡りなどをするのもよいでしょう。

健康的な趣味になる

普段は友達と遊ぶときもほとんど移動は車だったり、ショッピング程度しか外出はしないという女子も、御朱印集めをすることによりとてもよい運動になります。

旅行がてら参加するのなら、交通手段も電車やバスだけではなく、歩けるところは歩いてその土地の街並みを散策しながら寺社に向かうのも素敵です。

途中で、寄り道ができる観光スポットや美味しい飲食店を発見できることもあるので、あらかじめ調べながら歩いてみると良いでしょう。

御朱印集めとは、歴史や文化を学べるだけではなく、とても健康的な趣味になるので、最近運動不足だと感じている人にはおすすめの趣味になるかもしれませんね。

御朱印を頂く時のマナー

では、実際に御朱印集めにチャレンジしてみたいなと思ったとき、なにも知らないまま寺社を訪れるのはあまりよくありません。

神社や寺院にはそれぞれのマナーがああり、また御朱印をいただくときにも大切なことがいくつか存在します。

こちらでは、御朱印をいただくときのマナーについてを詳しくご説明していきたいと思います。

金額が書かれていない時は300円納めましょう

御朱印は無料でもらえると思われがちですが、きちんと金額が発生します。

しかし、その金額設定はそれぞれの寺社でまちまちだったりもします。

300円、500円、高いところですと2000円もするところもありますが、金額があえて書いていないところもあります。

その場合は、「お気持ちをお納めください」などという文言があったりしますが、金額が書いていないからといって、お賽銭のような小さい金額を入れるのではなく、そこはきちんと御朱印をいただくマナーとして最低限の300円だけは納めるようにするとよいでしょう。

御朱印を頂くだけでなくお参りもしましょう

御朱印を頂く意味合いとして従来は「写経」をした人のためにその証明として御朱印という手段がありました。

しかし、現代では参拝をしただけで御朱印がもらえるというところが大半になっています。

そのため、いくら御朱印をコンプリートすることが目的となっている人でも、最低限お参りだけはしていくようにしましょう。

さらに、御朱印を実際にいただくときにも最低限の礼儀が必要です。

まず、御朱印をいただくページを開き「御朱印をお願いします」と寺社側に伝えます。

そして自分の御朱印帳を渡して、御布施・初穂料を納めます。

御朱印を押していただいたら、お礼を伝え御朱印帳を受け取って終わりになります。

まとめ

最近話題になっていた御朱印ガールの特徴と、御朱印の魅力についてご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

御朱印集めと聞くととても渋いイメージがあり、ご年配の方が好んでいる傾向のように思っていた人もいたかもしれませんが、現代では若い世代の人からも支持の高いとても素晴らしい趣味のようですね。

日頃の生活でわたしたちは「神様」という存在をたまに意識し、どうしてもそれにすがりたくなるときもありますよね。

見たことも会ったこともない神様の存在ですが、それを身近なもののようにさせてくれる方法が御朱印集めという1つの行動なのかもしれません。

御朱印を集めたい人は、自分の力で神様の身近なものとし、それに感謝を忘れず生きていくことが大切なのかもしれません。