CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

夫婦の営み…仲良し夫婦に学ぶ10個の秘訣!


「いつまでたってもこの人とならラブラブでいられるはず」そう思って始めたはずの結婚生活。

それなのに実際はそれも束の間で、子どもが生まれてからは夫婦の営みさえもだいぶご無沙汰…という夫婦も実際は多いのではないでしょうか?

実は近年では、夫婦の営みが減ってしまうことに悩んでいる夫婦が多いそうなのです。

なんと日本では4割の夫婦が悩んでいるそうですよ!

もしかしたら「あら…それってうちも含まれているかな?」とちょっとドキッとした夫婦もいるかもしれませんね。

もちろんそんな夫婦でも、まだ結婚をする前の初々しいカップルだったあの頃は、一緒にいることが新鮮で楽しくて、当然のように大切な営みの時間を作っていたと思います。

結婚してからもその愛情が減ってしまったわけではないはずです。

あの頃と変わらずパートナーのことはもちろん大好きだという方も多いでしょう。

それなのに、なぜ結婚してその夫婦生活が長くなるにつれ、お互いをあの頃のように求めなくなるのでしょうか?

今回は、いつまでも仲の良い夫婦でいるための秘訣を、仲良し夫婦の例を参考にアドバイスしていきたいと思います。

これを読めば、明日からは甘い夫婦関係が再スタートできるかも!?

夫婦の営みについて考えてみよう

夫婦の営みが、結婚して子供が生まれた今でも週に1度は必ずあるという夫婦は一体どれくらいいるのでしょうか?

「一週間にそれしかしないの?」と思っている方もいるかもしれませんが、近年は共働き家庭も増えていることから、平均的にこのくらい夫婦の営みがあれば良いほうなのかもしれません。

そもそも、夫婦になった男女には一体いつまで夜の営みが必要なのでしょうか?

「子供が欲しい」と考えている夫婦の場合、絶対に夫婦の営みは子作りに必要なものなので、自然と定期的にしなくてはなりませんよね。

しかし、それさえも億劫だと感じて排卵日にしか一緒に寝ないという強者夫婦もいます。

夫婦の営みが少ない理由としては、とくにお互いに愛情が冷め切っているというわけではないのだけど、現代では共働き家庭も増えていて、「疲れているから夜は早く寝たい」という考えの夫婦が多いことが原因のようです。

また現代では何かと便利な娯楽も多くなっているため、ストレス社会である現代では自分の自由な時間があるのなら自分の趣味や好きなことをして過ごしたいという男女も多いのです。

近年では、これらの理由から夫婦の営みが自然と減少傾向にあり、少子化にも繋がっていると言われているのです。

もしも子どもが無事に生まれて、これから先は子どもを増やす予定がない場合、残された夫婦にとって夜の営みが意味するものは夫婦のスキンシップのみとなりますが、夫婦の営みの時間が減っている今では、その必要性さえも考えてしまうことがあるかもしれませんよね。

「だって、夫婦のスキンシップがなくても自分たち夫婦はうまくいっているし、喧嘩もあまりしない。日常に何の不満もないけどな」と思っている方もいるでしょう。

もしかしたら本当に夫婦のどちらもが同じように思っていたら、その家庭はそれでも良いのかもしれません。

しかし、そんな夫婦にとっての難しい問題は、相手のパートナーの本音が見えにくいことなのです。

双方どちらも同じ気持ちなら問題はないのですが、実はパートナーは夫婦の営みがないことに悩んでいる可能性があるとしたら、それは考えていかなくてはなりません。

夫婦なのだから、それなら本音を言ってくれたらいいのにと思うかもしれませんが、それだけ夫婦の営みの問題というのはとてもデリケートな問題であり、パートナーあってこその悩みであるため、本人には言いにくいので本音が見えないものなのです。

実はそのあたりの背景から、夫婦の営みの悩みが原因で浮気に繋がるというケースも稀なことではないのです。

そんなことが起きた場合夫婦の営みがないというのは離婚の正当な理由となることもあるので、そのあたりだけよく注意しておきましょう。

こうして改めて考えてみると、夫婦の営みは無いよりもあったほうが円満な夫婦関係が築けることがわかりますよね。

みんなはどうなの?夫婦の営み


夫婦の営みについて悩んでいる夫婦は実際にどれくらいいるのか?気になっている方もいるかもしれません。

統計によると、日本人の夫婦の営み離れはかなり深刻化しており、約半数に近い4割もの夫婦が現在セックスレスであることが分かっています。

セックスレスとは、定義的には約1ヶ月以上夫婦の夜の営みがないことを表しており、もちろん怪我や病気による理由がない場合に限ります。

夫婦仲が良くても夫婦の営みがないというのは、「本当に冷め切っていないのか?」と気になる部分ではあると思いますが、夫婦仲についてはそれぞれの家庭によって異なることでしょう。

「自分たち夫婦だけだと思っていたけど、よその夫婦もそうなんだ…」と安心している方がいたら要注意です!

夜の営みがないということは、決して「夫婦円満」とは言えません。

夫婦どちらかが浮気をして他の異性にいってしまう可能性も十分あり、危険な状態でもあるのです。

日本では近年、離婚している夫婦もたくさんいるのでそのあたりの原因の1つにこちらのセックスレスも含まれているのを忘れてはいけません。

やはりなるべくなら、夫婦の営みは大切にしたほうが良いのでしょうね。

なかなか人には相談できない悩み

夫婦の営みの話題というものは、「性」にまつまる内容なだけになかなか人には相談できない悩みでもあります。

できれば同じ境遇で子育てをしているママ友やパパ友などに相談したりして、良いアドバイスをもらいたいところですが、かなりデリケートな問題でもあるので相手にどう切り出したら良いのか分からないものですよね。

また、もしかしたら相手がこのような話題を苦手としているかもしれないので、話す相手のことも考えてしまうとつい話せなくなってしまうものです。

他の人に噂話としてこの話題を広められても困りますし、どんなに信頼している相手でも相談をするのは躊躇してしまうことでしょう。

夫婦の営みについて悩んだときは、自分1人で悩む場合がどうしても多くなってしまうので、それだけストレスにもなりやすく、毎日顔を合わせるパートナーの顔を見てそんな気持ちをハッキリと言えないことにもモヤモヤが募ることでしょう。

なかなか人には相談できない悩みこそ、一度抱えてしまったら早く抜け出したいものです。

夫婦がずっと仲良しであるために

「そもそも夫婦の営みとは、本来なぜ行っているのか?」と考えたことはありませんか?
もちろんそれは、古くからの人間の「本能」であり子孫を残すために人間の行動に組み込まれているものなのかもしれません。

ページトップ