従来では、よく「嫁小姑問題」というものを耳にしたものです。

それは、兄が結婚して自分の兄を別の女性に取られてしまったかのような気持ちになった妹が、兄嫁に嫉妬して兄嫁にいじわるをするというものですね。

しかし、じつは最近はデリケートで気遣いがちな女性も増えているため、小姑側が「兄嫁」との付き合い方に逆に悩むケースが増えているそうです。

小姑が嫁に気を遣うなんて?!と思うかもしれませんが、小姑にとっての兄嫁は「義理の姉」になる立場なので、もとは他人であり血縁関係がなかった相手です。

そのため兄嫁となったからと言っていきなり親しくなるというのはどんな小姑でも最初は戸惑ってしまうようです。

ではどのように兄嫁と付き合っていけば良好な関係が築いていけるのでしょうか?

具体的な距離感や、嫁のタイプによってしなくてはならない対応の仕方などを今回はこちらでまとめていきたいと思います。

これであなたも嫁小姑問題をクリアできるかも!?

兄嫁との関係、みんなどうしてる?

兄嫁といえば、長年自分だけの良いお兄ちゃんだったのに突然他の女の人のものになってしまった…という複雑な感情を抱いてしまう小姑も多いのではないでしょうか?

お兄ちゃんとの関係性にもよりますが、妹にとってのお兄ちゃんとは昔からよく面倒を見てくれて遊んでくれた、大好きで優しい自分だけのお兄ちゃんというイメージが強い人もいると思います。

兄嫁はそんな妹にとって、最初で最後のライバルでもあり、そして自分にとって突然現れた「義理のお姉さん」でもあります。

血の繋がりはなくても、自分にとってはお姉ちゃんになるので、そんな兄嫁との関係に悩む妹も多いのではないでしょうか?

トラブルの起こりやすい兄嫁問題

じつは、嫁姑問題よりもかえってトラブルが起きたときに厄介なのが兄嫁と妹の嫁小姑問題です。

姑に比べて年齢差が少ないことから、本当のお姉さんというよりも「友達」という感覚に近いことから、トラブルも起こりやすい相手でもあります。

一見、歳が近いぶん姑よりも仲良くなりやすいのでは?と思われがちですが、じつはそうではありません。

その原因としては年齢的に感覚も近く、お互いに同性なのでライバル心を抱きやすい対象となってしまうことでしょう。

また、年齢が近いことから将来的に長い付き合いとなるのも嫁と小姑のほうです。

そのため、もしもトラブルを起こしてしまうとそれが何十年も続いてしまうこともあります。

また、嫁との関係が破綻してしまうと、嫁の旦那である実のお兄ちゃんとの関係も破綻しかねないので注意が必要なのです。

お兄ちゃんが妹より自分の嫁を守るのは当然の形でもあるので、そのときに悲しい思いをしなくてすむように、できれば生涯円満な関係を築いていきたいものですよね。

円満な関係を築いていくために

兄嫁とトラブルにならないよう、円満な関係を築くために努力している小姑は多いと思います。

たとえば、姑にとって小姑は実の娘になるのでどうしても可愛いですよね。

親にとって子供はいつまでたっても子供なわけで、とくに実の娘は母親にとってかけがえのない存在です。

あとから嫁いできた嫁と比べて、実の娘をさりげなくひいきしてしまう姑も多く、それを敏感に察する嫁はそのことに嫌悪感を抱きます。

旦那の実家に嫁いだ嫁からすれば、違う家に嫁いでいった小姑をいつまでも可愛がるというのは面白くないのでしょう。

このような場合でも、姑は案外そんな嫁の感情に鈍感で気がつかないものです。

そのため、立場的にも同じ嫁である小姑のほうが敏感にその気持ちを察して、気を遣うというケースも多いのです。

「自分ばかりひいきされていると思われないように、あまり実家には頻繁に行かないようにしよう」と意識している小姑も多く、それは嫁と自分との関係でトラブルが起きないよう気を遣っているからなのでしょうね。

女同士だと仲良し・不仲が分かれやすい

血縁関係のない姉妹関係ですが、なかには兄嫁ととても仲良しだという小姑もいます。

しかし逆に「絶対に仲良くなれない」とお互いに嫌い合っている人もいますよね。

このように、どうしても女同士だと気の合う合わないがあったり、タイプが異なると相手を受け入れられないという感情が生まれます。

それは、学生時代からの友達関係でも同じですが、女性は男性に比べて人に対する好き嫌いがハッキリしていることが原因だと考えられます。

また嫁と小姑問題の場合、共に「旦那さん」と「お兄さん」を慕っていることが共通していることからお互いをライバル視しやすい傾向にあるのです。

それが同性ということもあり、さらに関係が難しくなってしまうのでしょう。

大切なのは兄嫁との関係をどうしたいか

女同士ということもあり、なかなか兄嫁と小姑の関係というのは難しいものですが、大切なのは兄嫁との関係を小姑がどのようにしたいか?です。

兄嫁のほうは基本的に、嫁いできた立場でもあるので小姑や姑など旦那側の親戚全体に気を遣っている状態です。

そのため、どちらかといえば関係の主導権は小姑側にあるため、小姑がもっと兄嫁と仲良くなりたいのか、それともあまり関わりたくないのか、それによって対応が変わってくるでしょう。

兄嫁ともっと仲良くなりたいパターン


兄嫁のことが人間的に好きで、兄嫁ともっと仲良くなりたいと思っている小姑は、まずは少しずつ兄嫁と距離を縮めていくことから始めてみましょう。

兄嫁も嫁いできたばかりは、まだこちらの親族への警戒心が強く、とても気を遣っている状態です。

そんなタイミングで一気に距離を縮めようとしても、兄嫁のほうから逆に敬遠されてしまう可能性が高いので、兄嫁が結婚後の生活に慣れてきたら少しずつ会話の数を増やしていき、最終的には個人のライン交換などができたらベストだと思います。

兄嫁にとって、自分の旦那の実の妹でもあるので最初は戸惑うことが多いと思いますので、小姑のほうから積極的に誘いかけ、「私はずっと姉がほしかったので、兄嫁と仲良くなりたい」と素直に気持ちを伝えてみると良いでしょう。

そんな可愛らしい小姑の言葉に、兄嫁も温かい気持ちになるはずです。

また、妹らしく兄嫁に相談事などをしてみても良いかもしれません。

「自分を頼りにしてくれている」ということが好感へと繋がる場合もあります。

あくまで小姑という立場ではなく、兄嫁にとっての「義理の妹」という立場を利用してみるときっと可愛がってもらえることでしょう。

兄嫁とあまり関わりたくないパターン

小姑のタイプによっては、兄嫁とあまり関わりたくないと思っている人もいることでしょう。

たとえば、もとから友達付き合いもあまり好きではなく、人間関係を築いていくのが億劫な人もなかにはいますよね。

そんな人にとっては、親戚であっても深入りして付き合うこと自体が面倒くさいはずです。

その場合、いくら自分のお兄ちゃんが結婚をしたからといって、その兄嫁と積極的に自分から仲良くしようとは思いません。

さらに、もしも人付き合いが億劫じゃなくても、女同士ですから相性というものがあります。

「もしも同級生にいたら、絶対に友達になっていないタイプ」が兄嫁だった場合、自ら好んで仲良くなろうとはしないでしょう。

女同士だからこそ相性はとても大切で、そこで好き嫌いがハッキリと別れてしまうので、あとからよっぽど兄嫁の好感度が上がらない限りは、一定の距離を保つのがこのタイプでしょう。

兄嫁と良好な関係を築くための13個の付き合い方

いくら自分が小姑だからといって、兄嫁のことを邪険にしたり、知らんぷりはできませんよね。

自分のお兄ちゃんとは戸籍上で切っても切れない縁で結ばれていますし、その嫁となる兄嫁とも同様に婚姻関係が続く限りは親族関係になるのです。

せっかく親族になったのですから、仲が悪いよりも良好な関係を築いたほうが双方ともいろいろな場面で気持ちが楽ではあると思います。

こちらでは、そんな兄嫁と良好な関係を築くために必要な付き合い方についてをまとめていきたいと思います。

兄嫁ともっと仲良くなりたい場合

「兄嫁と本当はもっと仲良くなりたいのにどう接したら良いのか分からない」と悩んでいる小姑はわりと多くいるはずです。

学校で知り合った新しい友人でもなく、職場の先輩でもない兄嫁は、実際に血の繋がりはないのに「姉」になってしまい、「姉」なのに兄と結婚してから知り合った人で元は赤の他人です。

この関係性と血縁関係とのギャップがより兄嫁との接し方を悩ませてしまっているのでしょうね。

でもご安心ください。

どんな兄嫁でも、小姑の対応次第ではきちんと仲良くなることができます。

まずは小姑の心がけ次第ですので、こちらで詳しく解説していきますね。

自分から心を開く


これは対象者が兄嫁に限らず、仲良くなりたい相手がいる場合の人間関係の鉄則でもありますが、自分から先に相手に心を開くことがとても大切です。

自分が心を開かないことには、相手のほうもいつまでたっても警戒したままです。

まずは自分が先に、兄嫁に心を開いてあげて、少しずつ兄嫁のことも知っていくようにしましょう。

心を開くというのは、ありのままの自分を見せるということではありますが、必ずしも自分のすべてを相手に打ち明けなくてはいけないわけではありません。

相手が気を遣わなくてもいいように、少しだけ砕いた話をして笑わせてみたり、自分の悩み事などを相談してみるのも良いでしょう。

相談事を小姑から兄嫁にされることで、「自分のことを信頼してくれている」と兄嫁は理解するので、そこから仲がより一層深まるはずです。

挨拶やお礼を欠かさない

兄嫁と顔を合わせる機会は、親戚ならば何度でもあるはずです。

まずは、会ったときに感じの良い笑顔の挨拶を心がけましょう。

また、お互いに大人同士でもあるので、なにかを兄嫁にしてもらったら「ありがとう」とお礼をきちんと言ったり、子供関係のお祝いなどを包んでもらったときには内祝いを欠かさないなど、そのあたりの常識をわきまえることも大切です。

兄嫁のタイプによっては、性格が合う合わない以前にそのようなマナーがきちんとなっていない人に嫌悪感を抱く人もいます。

いくら兄と兄嫁だからといって、そのあたりの常識を守らず甘え切ってしまうと嫌われてしまう原因にもなるため気をつけましょう。

人として笑顔の挨拶、そしてお礼などのマナーをまずは欠かさず守り、仲を深めていくのはそれからでも遅くありません。

相談をする

兄嫁にとって小姑は義理の妹でもあります。

兄嫁がもしも、妹がいない長女や次女の場合は、兄嫁にとって初めての「妹」があなたになりますよね。

そんな妹から、深刻な悩み相談を持ちかけられたらとても嬉しいと思いますし、力になりたいと親身になってくれることでしょう。

人は信頼していない相手に自分のプライバシーに関わる深刻な悩み相談をあまりしない傾向にあります。

そのため、兄嫁に限らず、人は誰かに何かを頼られたり、相談をされることで、その相手から自分が信頼されていることを実感します。

誰かに信頼されることで悪い気持ちになる人はあまりいないですよね。

頼られることでその人の力になりたいと思うものですし、その相手に好感さえ感じます。

また同時に、信頼している相手のことを嫌いなはずがないので、悩み相談を兄嫁に小姑がすることで「兄嫁のことを慕っている」と伝えることにも繋がるのです。

もしも仲良くなるきっかけを探しているならば、兄嫁に何かを相談してみることをおすすめします。

同じ趣味を持つ

兄嫁と仲良くなりたいけど、いつも話題がなくて困ってしまう…という小姑は、兄嫁と同じ趣味を持つことで、共通の話題ができるため仲は深まりやすくなります。

兄嫁にさりげなく好きなことや趣味を聞き出し、自分も関心が持てるものから挑戦してみて、その趣味について教えてもらったり、会話の話題にしてみると兄嫁も話やすくなることでしょう。

兄嫁のほうも自分の好きなことならばいくらでも話せてしまうと思いますし、小姑が趣味仲間になるのは大歓迎なはずです。

まずは兄嫁のことをよく知ることから始めてみて、共通の話題で距離を少しずつ縮めていきましょう!

家事を教えてもらう

兄嫁にとって家事とは、日常生活で欠かせないものです。

手際の良い料理だったり、落ちにくい洗濯の方法だったり、家事が得意な兄嫁から教わるのはとても良いことだと思います。

「家事が上手だね」と褒められると主婦ならば誰でも嬉しいですし、それが自分の旦那の妹や母親など親族からの言葉ならば、その相手に喜んでその家事の技を伝授してくれるはずです。

家事を教えてもらうことで、同時に「小姑から頼られている」ことになるので、兄嫁はそんな小姑を可愛らしく思うでしょう。

忙しいときに頼んだら迷惑をかけてしまうので、「今度、●●の料理の作り方を教えてください」と言うだけで、兄嫁と遊ぶ約束も取り付けることができるので一石二鳥です。

ぜひ試してみてくださいね。

LINEなどSNSで繋がる

最近はどの年代の奥さんもLINEやインスタなどのSNSアカウントを持っていますよね。

LINEならば個人で連絡をとるためのツールとして必要不可欠なものですので、兄嫁のLINEを教えてもらうことで、兄嫁と小姑が個々に連絡を取り合えるようになります。

はじめはお兄ちゃんを通じての伝言でも構いませんが、兄嫁と仲を深めるためにはLINE交換くらいは最低限しておいたほうが良いでしょう。

LINEで悩み相談や、遊ぶ約束などもしやすくなるので、思い切って聞いてみましょう。

また、もしもインスタなどをまめに更新している兄嫁ならば、インスタ同士でもフォローし合うことで、兄嫁の投稿にいいね!をつけることができたり、コメントで交流を持つこともできます。

インスタなどのSNSでは、投稿をした際に自分のいいね!の数やコメント数を気にする人も多いので、積極的にしてあげることで兄嫁から喜ばれるかもしれません。

しかし、逆にSNSは個人のプライバシーでもあるので、「旦那の親戚には教えたくないし、あまり見られたくない」という考えの兄嫁もいるので、もしもあまり乗り気ではなさそうな場合は潔くあきらめましょう。

家へ遊びに行く

個人的に距離を縮めて仲良くなるためには、なによりもプライベート空間でもある自宅へ遊びに行くのがてっとり早いかもしれません。

外でランチをしたり、外出というのももちろん良いと思いますが、家の中というのは1番その人がリラックスできる場所でもあるので、兄嫁にとって気兼ねしなくて済む場所でもあります。

両親のいる実家に親族みんなで集まるというのはよくある光景だと思いますが、その場合は兄嫁にとっての舅や姑など気を遣う相手がたくさんいるので、やはりどんなに気さくな兄嫁でもリラックスすることはできません。

兄嫁ともっと友人関係のように仲良くなりたいと思っているのなら、兄嫁の家に自分1人で遊びに行くのが良いでしょう。

差し入れがあるとなおベター

LINEなどで連絡をして、兄嫁の家に遊びに行く約束をすることができたら、ぜひ遊びに行く際は差し入れを忘れないようにしましょう。

他人の家にお邪魔するときは、手ぶらで行くのは大人としてのマナーに欠けています。

いくら親族とはいえ、簡単なお菓子でも飲み物でもなんでも大丈夫なので何かしらの差し入れを用意すると喜ばれるでしょう。

もしも兄嫁の好物や好きな飲み物を知っている場合は、それらを差し入れにすることで「自分の好きなものを覚えていてくれた」と喜んでもらえるので、事前にリサーチしておくこともおすすめですよ。

お祝い事にギフトを贈る

結婚をすると様々なお祝いごとがありますよね。

お祝い事をきちんと行うと、年に何度も贈り物をする機会があります。

親戚付き合いの場合、それがお金を包むものであったり、なにか商品をギフトとして送ったり、形は様々ですが、そのいずれのお祝い事もきちんと「おめでとう」と祝福してあげることが、良いお付き合いの始まりだったりもします。

自分が独身だったりすると、子供のイベンド事に関心がないものですが、それらをよく調べておき、このお祝いのときにはお金をこれくらい包むなどの常識もわきまえておくと良いでしょう。

兄嫁自身のお祝い事

兄嫁と仲良くなりたいのなら、まずは兄嫁に関することへのお祝いをきちんとしてあげるのが良いでしょう。

たとえば兄嫁の誕生日などにちょっとした贈り物をするのも喜ばれると思います。

子供たち宛てではなく、直接兄嫁に贈る事でさらに仲が深まるでしょう。

その際も、センスや好みの別れてしまう洋服などは避けて、無難な女性らしい小物やグッズなどが喜ばれると思います。

お子さんのお祝い事

兄夫婦の子供の誕生日や、初節句、クリスマス、入園祝い、入学祝いなど、兄嫁にとっての宝物でもある子供たちのお祝い事にプレゼントを欠かさず贈るのも、小姑が兄嫁と仲良くなるためにはとても大切なことです。

子供が生まれてからのイベントは本当に目まぐるしいほどたくさんのものがあります。

子供が複数いる場合は、お祝いを贈るだけでも年間でかなりの金額を包む場合もあるかと思います。

しかし、どのお祝い事もそれぞれの子供たちにとってはとても大切なものなので、そこは忘れずにきちんとお祝いしてあげましょう。

そうすることで、「うちの子供たちのこともきちんと大切にしてくれている」と兄嫁も小姑に好印象を抱くと思います。

兄嫁家族全体のお祝い事

兄嫁やその子供たちのお祝いに限らず、もちろんお兄さんを含めた兄嫁家族全体のお祝い事をきちんと贈ることも大切です。

たとえば、小姑として欠かさずお祝いしたいのは出産祝いです。

子供が生まれたときには親族なのできちんとお金を包み、赤ちゃん用のアルバムなどちょっとしたギフトも添えてあげると気が利いてよいかもしれません。

お金を包まない場合は、義理の姉妹でもあるため、その金額相当のものでなにかこれから子育てに必要なものを商品で贈るものありだと思います。

意外と自分たちで準備がまわらないものとして、赤ちゃんの風邪予防に使われる室内用の加湿器や、ベビーカーなども喜ばれます。

こちらは兄嫁家族に事前にリクエストを聞いておいても良いと思いますし、お金で包むか商品を贈るか、どちらかを選択しきちんとお祝いしてあげましょう。

兄嫁とあまり関わりたくない場合

兄嫁と仲良くしたいと思っている小姑もいれば、兄嫁とはあまり深く関わりたくないと思っている小姑もいるはずです。

兄嫁と小姑の関係というのは、お互いが好んで親戚関係になったわけではないので、相手のタイプによってはお互い相性の良い悪いはありますよね。

しかし、それでも兄嫁夫婦が離婚でもしない限りは一生その縁は続いていきます。

どんなに兄嫁と関わりたくない、苦手だと思っていても、絶対に会わなくてはいけないタイミングはあるので、なるべくならトラブルなく過ごしていきたいものですよね。

続いては、兄嫁とあまり関わりたくない小姑ができる対応策について、詳しくご紹介していきたいと思います。

適度な距離を保つ

兄嫁とあまり仲良くするつもりがない、あまり関わりたくないという小姑は、できる限り兄嫁と適度な距離を保てるように頑張りましょう。

適度な距離というのは、近過ぎず、離れ過ぎずの微妙な距離ということです。

たとえば、苦手だからといってそれを態度に出してしまったり、露骨に避けてしまうと兄嫁の方も不快感を抱き、嫁小姑問題に発展してしまう可能性があります。

そこで間に挟まれてしまうあなたのお兄さんとも気まずい関係になってしまうので、できれば兄嫁とのトラブルは避けたいところ。

だからといって不自然なほどに頑張って仲良くしようとすると、それが裏目に出てしまい失敗してしまうこともあります。

兄嫁を苦手と思う感情があるのなら、それに素直に従い近づかないことも大切です。

そのため、近過ぎず、失礼にならない程度に距離を置きながら付き合っていくのがベストでしょう。

嫌味や悪口を受け流す

兄嫁とトラブルが起きると、強気な兄嫁は小姑にわかるように嫌味を言ってきたりすることもあります。

それを素直に受け取ってしまうと自分が傷つくだけなので、上手に聞き流すことも大切です。

また、小姑の兄である自分の旦那を味方につけようと、小姑の悪口を言う兄嫁もいますが、その場合はもしかするとお兄さんから小姑が誤解されて嫌われてしまうこともありますが、お兄さんはあなたと何十年も兄妹をやってきているので、きっとあなたのことを十分に理解していると思います。

そんな場合でも、慌てずに「また言ってるな」と思うくらいでスルーしてあげましょう。

いざとなれば、小姑にとっての最大の味方であるあなたのお母さんんがいます。

兄嫁にとって1番気を遣う相手でもあるので、うまくあなたのお母さんを味方につけることも小姑にはできてしまうのです。

もしも険悪な関係になっても、それくらいの気持ちでゆとりを持って対応していきましょう。

旦那や兄に仲介してもらう

兄嫁と直接話をしたり、会ったりするのも億劫だという小姑は、自分のお兄さんや旦那に仲介してもらうのもありでしょう。

大切な用事の場合は、直接言ったほうが良い場合もありますが、たとえばなにかの連絡事項とかならば、兄嫁に直接連絡するのではなくお兄さん経由で兄嫁に伝えてもらっても全然良いと思います。

兄嫁に届け物などがある場合でも、自分の旦那に代わりに届けてもらうこともできますし、家事や育児に忙しいという理由をつけたり、なんとか逃れる方法はいくらでもあります。

最低限のマナーを守って関係を続けていけば、それほど大きなトラブルに発展することはないので、距離を保ちながらの付き合いを心がけることがベストかもしれません。

家族行事だけ参加する

兄嫁と小姑といえば、親戚関係で結ばれており、切っても切れない縁が一生続いていきます。

そのため必要以上に会って仲良くしたり、まるで友達のように一緒に遊んだりすると、いつか何かのトラブルがあったときにその関係は親戚関係も継続したくないほど、こじれてしまうこともあります。

そんな大きなトラブルに発展させないためにも、最低限の家族行事だけ参加をすれば良いと思います。

家族行事というと、もちろん他の親族の結婚式やお葬式などの冠婚葬祭の行事は必ず参加しないといけないですが、兄妹みんなでお祝いをするような行事の場合も、波風を立てないようにするためには参加をしたほうが良いでしょう。

たとえば、父親の還暦祝いの食事など、きょうだいが集まる機会に小姑だけが参加をしないのはモラルに欠けてしまうので、分かりやすい避け方は控えるようにしましょう。

断る言い訳を考えておく

小姑の方はあまり兄嫁と深い付き合いをしたくない…と思っていても、もしも兄嫁の方がとてもフレンドリーな性格をしていて、小姑ともっと仲良くなりたい!と積極的に誘ってきた場合はとても困ってしまいますよね。

そんなときは、ぜひ上手に断る癖をつけましょう。

兄嫁からの誘いを不自然にならないように上手に断るためには、うまい言い訳をきちんと考えておいた方が良いと思います。

「今日はもう予定を入れてしまった」「体調が悪いからしばらくは会わない方がいいかも」等、理由を聞けば仕方がないと諦めのつくような自然なものが良いでしょう。

兄嫁といくらあまり関わりたくないと言っても、相手にその気持ちを知られてしまうと一生続いていく親族関係が気まずいものとなってしまいます。

そうなることで、兄妹の関係までよくないものになる可能性もあるので注意が必要です。

悟られないよう上手に断るスキルを身につけると良いかもしれません。

兄嫁ストレスから解放されよう!

昔は嫁が小姑からいじめられたりするケースの方が多く、嫁の方がなにかと小姑に気を遣う場面が多かったと思います。

しかし、近年では立場も逆転し、兄嫁の方に小姑が気を遣うケースが増えているようですね。

心優しい性格の小姑は、兄嫁への接し方に悩みそれがストレスになることも多々あるみたいです。

兄がたまたま結婚した相手というだけなので、必ずしも女同士ですが気が合うとは限らないのが難しいところです。

女同士だからこそ、大きく相性が別れてしまうということもあるかもしれませんね。

しかし、どんなに性格の良い兄嫁でも深く付き合いすぎると、一生続いていく親族関係のなかでときどきは上手くいかないことも出て来てしまうはずです。

親族関係を円満に続けていくためには、つかず離れすの上手な距離感を保つことが大切なのかもしれません。

無理のないストレスフリーの生活を目指して、上手に兄嫁と付き合っていってくださいね!