「ワンオペ」という言葉を耳にしたことはないでしょうか?

日常会話で使われる例としては、「今日の勤務はワンオペだから大変そうだ」という仕事に関してのものだったり、「旦那が長期出張だからしばらくはワンオペ育児になるの」という母親の育児に関するものだったりしますよね。

今回はこの「ワンオペ」という言葉についての意味について詳しく解説していきます。

また、主婦が気になるワンオペ育児を一人で乗り越えるためのコツなども合わせてご紹介していきたいと思います!

「ワンオペ」とは

ワンオペといえば、近年ではブログやSNSなどで度々使われている言葉です。

しかし、その表現はどれもポジティブな印象のものではなかったりします。

「ワンオペだから疲れる」「また今日もワンオペだと思うと辛い」など、ワンオペと聞くと大変というイメージが強いと思います。

日常で当たり前のように使われている言葉ですが、そもそもこのワンオペとは一体どんな意味があって使われるようになったのでしょう?

また、ワンオペという言葉を使っている用途がいくつかあるのでそちらについても詳しくみていきましょう。

「ワンオペレーション」の略

ワンオペという言葉は、正式にはワンオペレーション、またはワンマンオペレーションの略語です。

ワンは人間の数でいう「ひとり」を表し、オペレーションは「作業」のことを意味しています。

すなわち、もともとは人が一人で仕事を従事していることを表す言葉だったのです。

従業員が一人で仕事をこなしている状況

会社といえば、組織なので複数の人間が一緒に1つの仕事を協力しながら行うというイメージが強いと思いますが、ワンオペというのはこの場合の仕事をすべて一人きりで行うことを意味しています。

もちろんそれぞれに自分が任された仕事をこなすという意味ではなく、職場自体に一人しか出勤していないというケースをワンオペと表現することが多いようです。

職場に誰かしらいれば、わからないことを相談できたり、緊急時にどうしても間に合わない場合など助けてもらったりすることができますから、この場合はワンオペとはいいません。

職場にたった一人しかいなくて、すべての作業をこなすとうのはかなりのプレッシャーがありとても大変なことです。

コンビニや飲食店の深夜でよく見られる

従業員が一人で仕事をこなしているといえば、一番に思い浮かぶのは深夜のコンビニや飲食店などではないでしょうか?

昼間の時間帯には2人か3人くらい従事していても、なぜか深夜になると片方のレジにしか店員さんはいなくて、作業もすべて一人きりで行っていますよね。

まさにこの状況を「ワンオペ」といいます。

深夜の時間帯は、多くの人が寝ている時間でもあるのでコンビニや飲食店に出かける人が少ないですよね。

そのためお客さんがあまり来ないので、従業員は人件費削減のためにも少なく配置するところがあるようです。

しかし、様々なお店で取り入れられているワンオペですが、なかには問題視する声もあります。

たとえば2014年に話題となったすき家では、ワンオペによる影響により、一人の従業員が月に500時間も労働をすることになったり、ワンオペによる過労によって居眠り運転を起こしてしまったことがあるようです。

このように職場で起こるワンオペには、その個人への大きな負担があることを忘れてはいけないのかもしれません。

「ワンオペ」は仕事だけではない

従業員がたった一人で作業をこなすワンオペ勤務の場合、他の従業員がいないためその従業員がまともな休憩がとれないまま勤務をしたり、ワンオペで手薄になっているところを強盗に狙われたりと、何かとワンオペ勤務には問題やデメリットもあったりします。

これにより、ワンオペ勤務がいかに大変であるかが分かるかと思いますが、他にも日常でワンオペが当たり前のように行われている問題があります。

仕事以外で使われているワンオペという言葉で真っ先に思い浮かぶのは最近ニュースなどでも話題となっている「育児」です。

「ワンオペ育児」という言葉を日常で耳にすることはないでしょうか?

自分の我が子はとても可愛いものですが、可愛いだけではやっていけないのが育児です。

大人とは違ってまだ何も分からない赤ちゃんから子供を育てるというのはとても大変なことです。

しかしなかにはそんな大変な育児を夫婦で協力するのではなく、ママさんがたった一人で行っているケースもあります。

その場合に「ワンオペ育児」という言葉が使われています。

ママさんの負担が大きいワンオペ育児


ワンオペ育児では、ほとんどの負担は母親であるママさんにあります。

大概が男性は外で仕事をして、女性が家の家事と育児というように分担されている家庭が多いと思います。

最近では育児に積極的に協力をしてくれる男性も増えているご時世ではありますが、まだまだママさんがワンオペをしている家庭もあるようです。

育児といっても、その子供の年齢により内容は様々です。

1歳未満の赤ちゃんの場合、1日に何度も授乳をして、オムツを変えて、泣いたら抱っこして、お風呂に入れてから寝かしつけをして、その間に家の洗濯やご飯の用意などもしなくてはなりません。

また、幼児期になったり兄弟が増えると、その分しなくてはならないことが増えてしまいます。

こうして文章に残すとほんの数行かもしれませんが、相手は赤ちゃんであったり幼い子供相手になってくるので、思っているほどスムーズに行えなかったり、嫌がって泣かれてしまったりすることもあります。

ママさんのストレスを考えると、これを一人きりですべて行うのは本当に大変なことなのです。

ワンオペ育児が生まれる状況

パパさんも、もちろん毎日のお仕事は大変だと思います。

しかし本当なら二人で協力し合って育児ができたら、ママさん達はもっと楽に楽しく毎日を過ごせるかもしれませんよね。

子供というのは夫婦二人で授かったものですから、ママさん一人がその負担を背負うのはとても理不尽だと思っているママさんも多いかもしれません。

どうしてワンオペ育児のような環境が生まれてしまうのか?
それでは、ワンオペ育児の実態についてこちらで詳しくまとめていきます!

旦那さんが激務で毎日帰りが遅い

旦那さんは日頃、日中に会社勤めをしていて家を留守にしているという家庭は非常に多いですよね。

そんななかで、旦那さんの職場によってその仕事がかなり激務で、毎日残業続きということもあるかと思います。

遅い人だと毎晩21時とかに帰宅ということもありますよね。

そんな場合、時間的にも子供たちのほとんどが既に夕食を済ませ、ママがお風呂に入れて寝かしつけまでしているということが多いようです。

仕事のせいでどうしても間に合わなくて、帰ってきたら子供の寝顔しか見ることができないという旦那さんはとても寂しいですよね。

しかし旦那さんが仕事で帰りが遅い分、その間に育児のすべてをたった一人で行っているママさんの疲労を考えると、もしかしたら会社勤めをしている旦那さんよりもすごいストレスがかかっているかもしれません。

そんな場合は、休日だけでもできるだけワンオペ育児にならないようにママさんの手伝いをしてあげてほしいものです。

旦那さんが単身赴任で近くにいない

旦那さんが残業で遅い…という場合もほぼワンオペ育児ですが、朝の少しの時間だったり休日は旦那さんに子供をみてもらうことができますよね。

しかし、物理的にそれさえもまったく出来ずほとんどがワンオペ育児になってしまうケースがあるとしたら、そもそも旦那さんが単身赴任で近くにいないことです。

単身赴任の旦那さんの場合、多くても週末だけの帰宅だったり、それさえもできない場合は月に1度旦那さんが帰れればいいほうという家庭もあります。

そんな場合、物理的に旦那さんが育児を手伝うことが困難になってしまうので、ママさんはほぼ365日がワンオペで過ごすことになります。

小さい子供がいる家庭だったり、兄弟姉妹の多い家庭の場合、ママさんひとりだけの負担を考えるとそれはとても大変なことですよね…。

できれば子供が小さいうちは旦那さんがそばにいてくれたらママさんも心強いと思いますが、引越しをするのも環境が変わったり負担が大きいのでやはりやむ得なく単身赴任を選択する場合もあるでしょう。

旦那さん自身も、子供たちに会えないのが寂しいと思いますし、単身赴任をしている旦那さんの負担もありますので、お互いに頑張るしかないのかもしれません。

旦那さんが育児や家事に無関心

旦那さんの仕事が残業続きで激務だったり、単身赴任で近くにさえいない…というような、旦那さんが育児に協力したくても物理的に不可能であるという場合は、まだワンオペ育児をしているママさんも「仕方がない」と割り切れるかもしれませんが、そうではなくて旦那さんがそもそも育児や家事にまったく協力的ではなく無関心だという家庭もあるでしょう。

家にいるのに子供の世話をせずにスマホを見てゴロゴロしていたり、子供のオムツ交換さえも「汚い」と言ってやってくれないという旦那さんもいます。

さらに、「家事は女の仕事だ!」と考えているような亭主関白タイプの男性もいるので、それが合わさっているような旦那さんだとママさんはとても大変です。

育児もワンオペで、家事もすべてこなして疲れているのに、目の前で旦那さんが呑気に過ごしているのを見るとイライラもピークになります。

夫婦喧嘩も起きやすいと思いますし、何より子供もかわいそうですよね。

このような旦那さんの場合、考え方を改めてくれない限りはいつまでたってもママさんはワンオペ育児から抜け出せないのです。

単身赴任や残業続きの旦那さんというケースよりもよっぽどタチが悪いかもしれません…。

実家も遠く側に頼れる人がいない

旦那さんが育児に協力できないのなら、他の人に頼ることができたら少しは楽になりますよね。

そう考えたときに、1番に思い浮かぶのが自分や旦那さんの実家に頼ることです。

ママさんが体調が悪いときであったり、兄弟のいる子供で誰かが風邪を引いたとき、日頃のワンオペ育児に疲れてどうしても自分1人の時間を作りたいときなど、実家に頼ることができたらママさんはとても助かります。

しかし、そんな実家がどちらも遠方で近くにいないので頼ることができない…という場合は誰にも手助けをしてもらわずに、ほぼワンオペで乗り切るしかありません。

近くにいるママ友にはどうしても気を遣ってしまうものだと思うので、実家が近くにあるとうだけで育児に悩むママさんはとても救われるのですが、物理的にそれが不可能の場合は自分で乗り切るしかないのです。

育児の過酷さを知って、自分の母親の偉大さを知るママさんもきっと多いでしょうね。

ワンオペ育児を乗り越える14個のコツ

育児を1人でしていると、1日に何度もしなくてはならないオムツ交換や授乳、着替え、お風呂、そして子供との遊びなど、ママさんは1日のほとんどの時間を育児に奪われます。

自分の時間がないというのはそれだけでかなりストレスになりますし、加えて家事もこなさなくてはならないとなると、休む間もないほど動き回る1日になってしまうため体力も奪われます。

子供というのはまだまだ大人と同じように意思の疎通ができなかったりするので、その分ワンオペ育児というのは本当に大変なことですよね。

では、旦那さんや実家の協力が得られなくて仕方がなくワンオペ育児をしているママさんのために、それを乗り切るためのコツをご紹介していきます。

明日から実践できるものもあるので、ワンオペ育児に疲れてしまっているママさんは是非チャレンジしてみてくださいね!

旦那さんとの話し合い


子供は夫婦2人で授かった宝物です。

それならば、育児の負担のほとんどをママさんが背負うというのはやはり不公平な気がしてしまいますよね。

男性は外で仕事をして、家事は女性がするという固定概念がまだまだ残っている家庭もあるのかもしれませんが、育児に関しては夫婦2人の子供ですから、当然旦那さんにも手伝う権利があります。

旦那さんの仕事が忙しい場合は物理的に出来なくて仕方がないことは分かっていても、どうしてもワンオペ育児というのはママさんの負担がとても大きいです。

その場合は、是非夫婦で一度話し合いをしてみましょう。

息抜きの時間を作る

ワンオペ育児はストレスが溜まりやすいです。

四六時中たったひとりで子供と向き合い、子供相手ですから意思の疎通がとれないことも多いでしょう。

何を言っても言うことを聞いてくれないこともありますし、子供の泣き声でさえママさんのストレスになることもあります。

それでもワンオペ育児を日常的に行わないといけないのなら、まずはママさん1人だけの息抜きの時間を作るのがおすすめです。

たとえば、ワンオペ育児で時間がなかなか作れないという場合でも、子供がお昼寝をしている時間に自分の好きな雑誌を読みながら美味しいコーヒーを飲んだり、子供が起きないようにイヤホンで好きな音楽を聞いたりするだけでもストレス発散になります。

子供が就寝したあとに、ゆっくりお風呂に浸かるのもいいですよね。

多くの時間をとることができなくても、自分のためだけに使う時間を作ることが何より大切ですよ。

完璧にやろうとしない

子供のことを考えると子供にとって最良の育児をしてあげたい!という完璧主義なママさんもいるかもしれません。

しかし完璧なママ、完璧な妻でいることには限界があり、ママさん自身を追い詰めてしまうこともあります。

「この時間にこれをしなくちゃ」「これをやったらこれをしよう」という固定概念に縛られてしまうと、それをスムーズに遂行させるために頑張らなくてはいけません。

子供は自分の予想とはまったく違う行動をとったりすることもあるので、計画通りにいかないことがほとんどです。

なるべく、肩の力を抜いてちょっとくらいなら手抜きしても大丈夫という気持ちでいましょう。

完璧に育児をすることが良いママというわけではありませんよ。

自分が毎日楽しいと思える育児ができるように心がけてくださいね。

スキマ時間を活用する

ワンオペ育児はとにかく時間との戦いです。

ママさん1人で何もかもをこなさなくてはいけないので、朝子供が起きてから寝るまでの時間なんてあっという間に終わってしまいます。

その間に1日やらなくてはいけないことが山ほどあるため、すべてをキッチリ1つずつやっていたらママさんが休む時間というものが本当になくなってしまいます。

そんなときは、育児も家事もスキマ時間を上手に活用するのがおすすめです。

業者に仕事の依頼をする

ワンオペ育児の過酷さは実際に経験をしているママさんにしか分かりません。

だからといって我慢しすぎるとノイローセや産後鬱などになってしまう危険性もあります。

ワンオペ育児を乗り切るためにも、もしも旦那さんや実家の助けが得られないのなら業者に手伝ってもらうというのも1つの方法です。

業者に依頼をするのでもちろんお金はかかってしまいますが、お金よりもまずはママさんが少しでも楽になることを選択することが大切です。

ベビーシッター

赤ちゃんの身の回りのお世話の手伝いをしてくれるのがベビーシッターさんです。

最近では、自宅で子供を見てくれるファミリーサポートというものも人気がありますよね。

これはきちんとした研修をした一般の人や、保育士の資格を持っている人などがママさんの代わりに赤ちゃんを預かってくれるサービスです。

年齢も赤ちゃんくらいの年齢から小学生未満まで預かってくれるので、ママさんの体調が悪い緊急のときや、仕事でどうしても抜けられないときなどに利用する人が多いようです。

我が子はやっぱり可愛いものですが、ときに少しだけでもいいから自分の子供と離れて好きな時間を過ごしたいな…という気持ちになることもあるでしょう。

そんなときでも大丈夫なので、気軽に利用してみましょう。

家事代行サービス

家事代行サービスを利用するのもワンオペ育児をしているママさんにおすすめです。

家事代行サービスとはその名のとおり、家の家事をしてくれる業者のことをいうのですが、掃除から洗濯、料理、そして買い物まで行ってくれるのでとても助かります。

会社によっては家事代行の中に育児も含まれているものもあるので、家事と共に子供の面倒まで任せられてしまうので、丸一日すべてをお任せすることもできるようです。

ワンオペ育児をしていると、育児も家事もすべて自分1人で行わなくてはいけないので、たまには他の人の力を借りてもいいですよね!
自分を労わることも必要ですよ。

便利な家電を購入する

ワンオペ育児をしていると、とにかく時間がありません。

できれば1つ1つの作業を手短に、楽にこなせたら少しでも楽になりますよね。

たとえば、日常家事で使っている家電をちょっと便利なものに変えるだけでもかなり時短になり、楽になったりするものです。

毎日かけるような掃除機をコードレスのものに変えてみたり、料理で使っているお鍋を圧力鍋にしてみたりするだけで、家事の効率化が進み、今まで時間をかけていたものがあっという間に終わってしまいます。

子供を相手にしている育児がどうしても時短にできない分、便利な家電を購入し家事の効率化を計りましょう!

育児グッズを活用する

便利な家電を購入してみるのもおすすめですが、育児のほうで何か便利なものはないか?と探してみるのも良いでしょう。

ワンオペ育児だからといって、ずっとママさんが子供を相手しているのはとても疲れてしまうと思います。

そんなとき活用できるのが、便利な育児グッズです。

たとえば、なかなかお昼寝が上手じゃない赤ちゃんの寝床をいつもはベビーベッドだったけど、動くタイプのバウンサーにしてみただけで、ゆらゆらと動いて赤ちゃんはあっという間に寝てしまうこともあります。

音の鳴るおもちゃの中にも種類もたくさんあるので、おもちゃならば自分の子供が長く遊んでくれるようなお気に入りのものを見つけるのも1つの方法です。

今はたくさんの育児グッズがあるので、いろいろと探してみましょう!「こんなに育児が楽になるなんて!」という目から鱗の商品が見つかるかもしれませんよ。

時短テクを身につける

ワンオペ育児はとにかく時間との勝負です。

育児をしながら家の家事をするというのは、本当に大変なことで、家事をしている最中に子供が大声で泣いていたりするのも日常茶飯事ですよね。

できれば子供が泣いている時間を少なくしたいし、いろいろなことをもっと手短にできたらな…と悩むママさんも多いことでしょう。

ワンオペ育児をしているママさんは、家事も育児もすべてを完璧にこなす必要はありません。

たとえば料理にしても、もともと切られているカット野菜を購入してそれを鍋にいれて煮るだけの料理にしたり、子供の離乳食は作り置きを冷凍ストックしたのを温めるだけにすれば、それだけで十分時短になります。

手抜きはダメだと自分に厳しくしないで、自分なりの時短テクを身につけることがワンオペ育児を乗り切るための1つの方法だと思います。

身近に頼れる人を探す

旦那も仕事で頼れない、実家も遠方で頼れない…そんな環境のため仕方がなくワンオペ育児になってしまっているママさんもいることでしょう。

しかし、身内が頼れないからといって1人で頑張りすぎるのはよくありません。

たとえば地域のファミリーサポートやベビーシッター、保育園の一時保育など頼れるものをどんどん頼っていきましょう。

気心の知れたママ友がいるならば、「あとでお礼するからお願いできるかな?」と声をかけてたまにはお願いしてみるのもありでしょう。

身近に頼れる人がいれば、それが身内じゃなくてもどんどん頼ってみましょう。

1人きりで無理をしすぎず、まずは情報集めと人とのコミュニケーションを大切にしていきましょう。

子どもの協力を得る

ワンオペ育児を乗り切っているママさんの中には、下の子のお世話を上のお兄ちゃんお姉ちゃんの手伝ってもらっているという強者もいます。

さらに、5歳くらいになれば幼稚園や保育園で教わるので洗濯物を畳んだりもできるそうです。

もう少し大きくなれば、食器を洗ったりトイレ掃除もできるようになるので、子どもはただママさんがいつまでもお世話するのではなく、家事や育児を協力してくれるパートナーにしてしまうのも賢い方法でしょう。

子どもは教えたことをあっという間に吸収してしまうので、ワンオペ育児の良い協力者となるよう今から頑張って教育してみましょう!

自分へのご褒美を作る

「ワンオペ育児なんてやってらんないよ」とたまには弱音を吐きたくなることもあるでしょう。

育児や家事をするのはママさんの仕事だと、旦那も両親もそして社会も、まだまだそのように考えているところが多く、こんなに大変な思いをして頑張っているのに、ママさんの頑張りを誰も褒めてくれないなんてこともあります。

そんなときは、日頃ワンオペ育児を頑張っている自分に、自分でご褒美を作りましょう!

たとえば、普段はちょっと金額的にもったいなくて食べられない高級スイーツを自分の分だけ買ってきて夜に美味しい紅茶と一緒に食べてみたり、旦那さんがいる日にたった数時間だけでもマッサージに行ってみたり、美容室に行って髪の毛にトリートメントを入れてもらうだけでも全然心持ちが違ってきます。

ワンオペ育児を誰よりも頑張っているのを知っているのはママさん自身です。

だからこそ、自分の頑張りに見合った対価を自分であげるのです。

たまにのご褒美があるからこそ、明日からもまた頑張ろうと思えるのかもしれません。

働き方を見直す

なかには正社員として会社勤めをしながら、そのまま退社後に子どもの保育園のお迎えに
行き、それから夕飯を作って子どものお世話をする…というママさんもいることでしょう。

ママさんも旦那さんと同じように毎日フルタイムで仕事をしているのに、旦那さんの帰りが遅いというだけで、そのあとの家事育児のすべても行わないといけないのは本当に大変なことです。

生活の家計状況によっては、ママさんがフルタイムで働かなくてはいけないという場合もあると思います。

しかし、もしも少しでも見直すことができるのなら、ワンオペの負担を減らすためにも働き方を見直してみてはいかがでしょうか?

フレックス勤務や時短勤務

働き方を見直すといっても、いきなり扶養内パートに転職をするという決断はなかなか難しかもしれませんよね。

まずは自分の今勤めている職場で、自分の好きな時間に出勤退社ができるフレックス勤務という方法があるかどうかを確認してみましょう。

就業時間と退社時間を選ぶことができれば、子どもの用事でちょっと出社時間を遅らせたいというときなどに、遅刻や欠勤にならずに済みます。

さらに、フルタイムではなくて少しだけ短い時間働くようにしても良いというママさんならば時短勤務にするのもおすすめです。

時短勤務になると、フルタイムのときよりは減額になりますがボーナス制度をそのまま引き継ぐことができたりします。

退社時間を1時間でも早くするだけで、保育園のお迎えが楽になる分家事をする時間にもゆとりが持てるのでこちらの方法もおすすめです。

無理をしない範囲で、自分に合った働き方を見つけてくださいね。

ママ友から情報を得る

ママ友は自分と同じく育児を頑張っている戦友でもあります。

そんなママ友は、共に同じ悩みを抱えそれを乗り越えている人もいるので、あらゆる情報を知っています。

たとえば、ママさん自身が今悩んでいる家事の時短テクのあらゆる方法を実践しているママ友もいるはずなので、そんなママ友から家事の時短テクを教えてもらうだけでもとても助かりますよね。

ワンオペ育児が楽になりそうな情報を教えてもらいながら、お互いに励まし合ったりもできるので、行き詰まってしまったときにはぜひゆっくり話してみてください。

ネットスーパーを使う

ワンオペ育児をしているママさんにぜひおすすめなのが、ネットスーパーを利用することです。

普段、毎日の食材の買い物に出かけるだけでもとても大変だと思いますし、それがもしも子連れだとすると大変さも2倍ですよね。

ネットスーパーを利用すれば、スーパーに行くための手間や時間も短縮できますし、子連れで出かけるというストレスもなくなります。

また、現代では様々なお店がネットスーパーを展開しているので、ポイント制度も店舗同様に充実していたり、商品のレパートリーも豊富だったりします。

また、ネットスーパーを利用するのなら、魚や肉類などを冷凍食材に是非注目してみてください。

ワンオペ育児をしていると買い物にも時間を使いたくないものですが、料理の時間も短縮できたほうが良いですよね。

ネットスーパーに売っている冷凍商品の肉類や魚では、すでに味付けがしてあるものや、付け合わせ野菜なども一緒になっている商品もあったりします。

普段の味付けが面倒な豚肉の生姜焼きや、鯖の味噌煮などが温めるだけで作れてしまったりします。

便利でかつ、美味しいと評判のものもあるので、いろいろなネットスーパーを試してみてくださいね。

ワンオペ育児で大切なのは頑張りすぎないこと

ワンオペ育児をしているママさんたちは、まだ言うことのきかない子どものお世話をすべて1人で行い、さらには家の家事もすべてこなさなくてはいけないので、本当に大変だと思います。

大変なことをこなしている分、どうしても「わたしが一生懸命頑張らないと!」なんて気負いすぎてしまうママさんも多いのではないでしょうか?

しかし、そもそも子育てすべてを完璧にこなしながら、誰もが羨む理想の妻のような完璧な家事をこなすなんて、本当に誰にでもできることなのでしょうか?

ワンオペ育児を完璧にこなしたところで、ママさん自身も幸せになれるのなら良いのですが、もしもそうではなくてただ疲れてしまうだけ…というのなら、思い切って頑張るのをやめてみましょう。

子どもに愛情を注ぐのを第一にして、あとのことは時短テクニックや、他の人の力を借りたりしてもう少しゆったりと生活してみても良いと思います。

また、子どもができたとしてもママさんの人生はママさんのものでもあるので、たまには自分へのご褒美なども忘れずにしてくださいね。

ワンオペ育児で大切なのはママさんが頑張りすぎないことです。

頑張りすぎないことで、ママさんも子どももストレスのない楽しい生活が送れるといいですよね。

そんなママさんたちをこれからも応援しています。