知り合いと友達の差に関して、いろいろと考えることとして、知り合いと友達の差がありますよね。

この二つの差は、どのようなものがあるのでしょうか?

今回は知り合いと友達について、掘り下げてみていきましょう。

「知り合い」と「友達」の違いって何?

よく人間関係で悩むのは、知り合いなのか友達なのかということです。

よく自分は友達だと思っていたのに、相手は知り合いという程度にしか思っていなかったようで、ショックを受けているような書き込みなどを見ることもあります。

よくあるケースとしては、自分に悪いことが降りかかってきて、友達だと思って助けを求めてみたら、あっさりと拒否をされてしまうなどで、実は自分はただの知り合いにしか認識されていなかったのではないかとわかってしまうことです。

このようなことで、ショックを受けるということもありますよね。

さらには逆のケースで、ただご近所のお知り合いだと思っていたのに、すごく友達のように頼られて重いと感じてしまうということから、相手との意識の差が違っていたということがわかってしまうケースもあります。

このように人間関係の温度差は、人それぞれあるものですが、やはりどちらにしても、このような温度差がはっきりとわかってしまうというのは切ないものです。

そこで知り合いと友達の境界線ははっきりとさせたいものです。

その人の個人的な価値観で呼び分けてしまう

基本的に知り合いか友達かというのは、同じく顔見知りな人であるのは確かだけど、心のつながりの度合いを測るところがありますので、その人の個人的な価値観が非常に出るところです。

外向的な人であれば一回会って話せば、もう友達と思う人もいるでしょう。

そのような人は非常に人とは距離が近く、友達も多い傾向にあるでしょう。

しかし内向的な人には、非常に引かれてしまうタイプの人です。

その一方で、人とのバリケードがすごく高く、友達のように親しく話しているように見えても、ただの知り合いにしか思っていないというところもあります。

このように個人的な価値観が非常に出やすいのが、知り合いと友達の境界線です。

この場合どっち?お試し問題


では皆さんは下記のような場合は、友達だと思いますか?知り合いだと思いますか?

自分だったら、どちらかということを考えながら見ていきましょう。

10年来の幼馴染

10年来の幼馴染と言うと、非常に気心が知れているような気がしますね。

こちらも関係性によりけりですので、難しいところです。

例えば家がお隣同士で、毎日一緒に遊んでいたとなると、やはり友達と答える人の方が多いのではないのでしょうか。

その一方で、家は隣だったけれど、性別も違うし、そんなに接点もなくて一緒に遊んだこともないとなると、どちらかと言うと知り合いだと答える人が多いです。

自分の兄弟が仲良くしている芸能人

こちらも難しいところで、その兄弟が仲良くしている芸能人と自分がどれだけ仲が良いかで変わると思います。

兄弟と、その芸能人は友達ということで確定かもしれません。

年齢が近く自分も一緒に遊んだということであれば、その芸能人の人も友達とカウントできる可能性があります。

しかし兄弟が、その芸能人と一緒に遊んでいるのを、たまたま家で見かけただけとか、一緒に遊ぶ要素がないと、友達というよりかは知り合いという要素が強くなってくると思います。

一度だけ会話をしたことのある同級生

色々な学校がありますが、クラスが非常に多い学校ともなると、一度だけしか会話をしたことがないというような同級生もいることでしょう。

こちらも解釈が分かれるところですね。

ただ先ほども触れたように、中には一度話せばもう友達という認識の人もいます。

そのような人であれば友達なのかもしれませんね。

ネット上だけで会話をしている人


ネット上だけで会話をしていて、顔も知らないというような関係性の人も、このネット社会では決して珍しいことではありません。

確かに顔を合わせるわけではないけど、チャットで話すというような人もいるのではないのでしょうか。

そのような人は、ネット上だけで会話をしている人ですので、こちらも解釈が難しいところです。

ネット上の関係というのは顔も見えないということから、本音も話しやすいところがあります。

このように本音を語り合うということで、気の緩みがあるということもあるでしょう。

だからこそ友達にもなれますし、親友にもなれます。

知り合いの定義とは?

このように知り合いと友達の定義というのは、難しいところがあります。

先ほども触れたように一度話せば、すでに友達な人もいるかもしれませんし、自分の何もかも話すことができなければ、友達ではないと認識している人もいるでしょう。

そもそも知り合いの定義とは、何なのでしょうか?

では、知り合いの定義について考えていきましょう。

互いに顔や名前を知っている程度

知り合いとは、やはり互いに名前や顔を知っている状態を指します。

相手も知っていて、自分も知っているという程度の関係性と言ってもいいでしょう。

そのようなことから知ってはいるけど、心のつながりはあまりないといったところです。

よくあるケースとしては、ママ友関係がそれにあたりますよね。

ママ友ということから、友達関係を築きたいと思っていても、基本的に子供でつながっているので、自分が好きで付き合っている友達とは少々違うところがあります。

ですので、中には価値観が合わないような人もいます。

だけど子供達が仲良くしているからということで仲良くしている事情があります。

ただ中には、本当に純粋な方がいてママ友だからこそ、子育ての悩みを共有したいとか、もっと友達として仲良くしていきたいと考えている人も多くいます。

しかし検索ワードを見ていても、「ママ友 嫉妬」というワードなども出てくるなど、少し不穏な検索ワードなども浮上してきます。

この検索ワードというのは、多くの人が検索しているからこそ、ママ友と入れただけで出てくるのですが、友達と言いつつも本当は知り合い程度のことだからこそ、こんなに感情がもつれるのだなと思わせるところがありますね。

その一方でママ友がいないと悩んでいる人もいます。

このママ友がいないというのも色々とあり、これも関係のことでいろいろと顔を合わせて話すことがあるにも関わらず、心が通じる友達がいないからママ友がいないと捉えているということもあります。

このように友達という言葉には、人の友達に対する期待がどれぐらいあるのかということが多く関係しているところがあるでしょう。

このように、ママ友のように友達と言いながらも、互いに顔や名前を知っている程度の薄い付き合いの人というのもいます。

少し会話をしたことがあるという程度

やはりこのように、友達と知り合いというのは境界線が難しいところがありますが、大方少し会話をしたことがある程度ということであれば、知り合いで間違いないと思います。

一度話したらすでに友達と認識している人は、この認識のズレにショックを受けてしまうこともあるかもしれませんね。

1度話したことがあるから友達だと思って気楽に話しかけると、なんだかよそよそしく距離を取られてしまって、ショックを受けているという話も聞いたことがあります。

ただ多くのケースでは、少し会話をしたことがある程度だと、まだ知り合いだと認識されていることもあります。

だからこそいきなり、友達のような距離感を詰めるのは危険です。

海外だと、また国民性によって話が別なのかもしれませんが、基本的に日本人はそこまでフレンドリーな人は多くありません。

どちらかと言うと、おとなしく他人との境界線を引きたい人の方が多い傾向にあります。

だからこそ自分は友達だと思っていても、焦らずじっくりと距離を詰めていくということが大切になってきます。

そうすることで、相手もこの人は友達という認識をしてくれる可能性が上がります。

知り合いと友達の違いって?11個の境界線

知り合いと友達の境界線の関係性は、やはり多くの人が悩むのではないのでしょうか。

人付き合いがうまく距離の取り方がうまい人もいますが、その一方でどうしても距離感がうまく取れない人もいます。

このような人は、知り合いと友達の境界線をうまく引くことができていないというところもあります。

そのような場合は、具体的にこの場合はこうだという境界線を知ることによって、人間関係の失敗を防ぐ事ができます。

急に距離を詰めすぎても、相手の人が警戒をして離れてしまいますし、せっかく相手が親しくなろうと歩み寄っているにもかかわらず離れていくことによって、せっかく友達になるチャンスを自ら潰してしまう可能性もあります。

やはりこのように人との距離感は、正しく認識をしていかないと円滑な人間関係を築くことができません。

もちろん友達がいないからといって、生活ができないというわけではありませんが、やはり会社勤めをしたりすることは、基本的に人との繋がりを持つことも必須です。

フリーランスの人もいるかもしれませんが、それでもクライアントの方がいるなど、人が生活するとなると人間関係は切っても切り離せないところがありますよね。

そしていざという時に、相談できる友達がいれば、それは心強いのは言うまでもありません。

だからこそ、どんな立場の人であっても、人間関係を正しく境界線を引き距離を取っていくことは非常に重要なのです。

これなら「友達」認定できる

やはり友達はいたら嬉しいですよね。

「人間関係が面倒くさいから、友達はいらない」と言っている人であっても、やはり心が通じる友達がいれば、それが嬉しいという人も非常に多い事でしょう。

では、これなら友達認定ができるという境目とはどのようなものがあるのでしょうか?

その人の個人情報を本人から直接聞き出せる

まずその人の個人情報を聞きやすいかどうかにかかっています。

個人情報と言うと、多くの人は普通に話していたりしますよね。

年は何歳とか、年は答えないまでも、どこに住んでいるというような感じの情報です。

ただこちらは何とも言えず、職場の人間であれば「住んでいる場所ぐらい」ということもあるでしょう。

個人情報の種類にもよりますが、あまり開示してくれないということになると知り合い認定をされているということもあるでしょう。

片方だけでなくお互いに友達だと思っている

こちらは、片方だけが友達と思っている関係性というのは、やはりそれが明るみに出てしまった時にショックを受けるものですよね。

やはり友達は、互いに友達だと思っていることが重要なのです。

ただ口だけで「友達だ」と言っている人についても要注意です。

口先だけかどうかは、その人の行動を見てみれば分かるでしょう。

例えばですが、自分が困っているときは友達だから助けてと言ってくるのに、こちらが困った時には、手のひらを返したような態度をするのであれば、友達という言葉をうまく使って人を利用するというタイプの人であるケースが多いです。

口では友達と言っていても、心の中ではただの便利屋さんになっているという可能性もなきにしもあらずです。

自分の悩みを相談できる

悩みを相談できる関係性は、友達関係において非常に重要なことです。

基本的に悩みは、あまり人に知られたいものではありません。

だからこそ悩みを言いふらさないような人を選ぶ必要があるのです。

そこで悩み相談ができるのは、それだけ信頼関係があるということなのでしょう。

悩みを相談しても言いふらして、笑いものにすることがないというような安心感があるからこそ、自分の悩みを相談できるところがあります。

その人のために時間やお金を惜しまない

友達だとしたら、その人のために時間やお金を惜しみません。

例えば悩み事相談をしてきた時に、その悩みについて一緒に共感をしたり、考える時間を惜しまないということであれば友達でしょう。

どこかに遊びに行こうという時に、お金使いたくないなと思わないのも友達として認定していると言ってもいいでしょう。

その一方で、お金の貸し借りについては難しいところがありますので、お金を貸したくないから友達ではないというわけではありません。

それは明らかに借金を繰り返しているようなタイプの人であれば、時には友達であれば突き放してあげるというのは愛情の一つです。