知り合いと友達の差に関して、いろいろと考えることとして、知り合いと友達の差がありますよね。

この二つの差は、どのようなものがあるのでしょうか?

今回は知り合いと友達について、掘り下げてみていきましょう。

「知り合い」と「友達」の違いって何?

よく人間関係で悩むのは、知り合いなのか友達なのかということです。

よく自分は友達だと思っていたのに、相手は知り合いという程度にしか思っていなかったようで、ショックを受けているような書き込みなどを見ることもあります。

よくあるケースとしては、自分に悪いことが降りかかってきて、友達だと思って助けを求めてみたら、あっさりと拒否をされてしまうなどで、実は自分はただの知り合いにしか認識されていなかったのではないかとわかってしまうことです。

このようなことで、ショックを受けるということもありますよね。

さらには逆のケースで、ただご近所のお知り合いだと思っていたのに、すごく友達のように頼られて重いと感じてしまうということから、相手との意識の差が違っていたということがわかってしまうケースもあります。

このように人間関係の温度差は、人それぞれあるものですが、やはりどちらにしても、このような温度差がはっきりとわかってしまうというのは切ないものです。

そこで知り合いと友達の境界線ははっきりとさせたいものです。

その人の個人的な価値観で呼び分けてしまう

基本的に知り合いか友達かというのは、同じく顔見知りな人であるのは確かだけど、心のつながりの度合いを測るところがありますので、その人の個人的な価値観が非常に出るところです。

外向的な人であれば一回会って話せば、もう友達と思う人もいるでしょう。

そのような人は非常に人とは距離が近く、友達も多い傾向にあるでしょう。

しかし内向的な人には、非常に引かれてしまうタイプの人です。

その一方で、人とのバリケードがすごく高く、友達のように親しく話しているように見えても、ただの知り合いにしか思っていないというところもあります。

このように個人的な価値観が非常に出やすいのが、知り合いと友達の境界線です。

この場合どっち?お試し問題


では皆さんは下記のような場合は、友達だと思いますか?知り合いだと思いますか?

自分だったら、どちらかということを考えながら見ていきましょう。

10年来の幼馴染

10年来の幼馴染と言うと、非常に気心が知れているような気がしますね。

こちらも関係性によりけりですので、難しいところです。

例えば家がお隣同士で、毎日一緒に遊んでいたとなると、やはり友達と答える人の方が多いのではないのでしょうか。

その一方で、家は隣だったけれど、性別も違うし、そんなに接点もなくて一緒に遊んだこともないとなると、どちらかと言うと知り合いだと答える人が多いです。

自分の兄弟が仲良くしている芸能人

こちらも難しいところで、その兄弟が仲良くしている芸能人と自分がどれだけ仲が良いかで変わると思います。

兄弟と、その芸能人は友達ということで確定かもしれません。

年齢が近く自分も一緒に遊んだということであれば、その芸能人の人も友達とカウントできる可能性があります。

しかし兄弟が、その芸能人と一緒に遊んでいるのを、たまたま家で見かけただけとか、一緒に遊ぶ要素がないと、友達というよりかは知り合いという要素が強くなってくると思います。

一度だけ会話をしたことのある同級生

色々な学校がありますが、クラスが非常に多い学校ともなると、一度だけしか会話をしたことがないというような同級生もいることでしょう。

こちらも解釈が分かれるところですね。

ただ先ほども触れたように、中には一度話せばもう友達という認識の人もいます。

そのような人であれば友達なのかもしれませんね。

ネット上だけで会話をしている人


ネット上だけで会話をしていて、顔も知らないというような関係性の人も、このネット社会では決して珍しいことではありません。

確かに顔を合わせるわけではないけど、チャットで話すというような人もいるのではないのでしょうか。

そのような人は、ネット上だけで会話をしている人ですので、こちらも解釈が難しいところです。

ネット上の関係というのは顔も見えないということから、本音も話しやすいところがあります。

このように本音を語り合うということで、気の緩みがあるということもあるでしょう。

だからこそ友達にもなれますし、親友にもなれます。

知り合いの定義とは?

このように知り合いと友達の定義というのは、難しいところがあります。

先ほども触れたように一度話せば、すでに友達な人もいるかもしれませんし、自分の何もかも話すことができなければ、友達ではないと認識している人もいるでしょう。

そもそも知り合いの定義とは、何なのでしょうか?

では、知り合いの定義について考えていきましょう。

互いに顔や名前を知っている程度

知り合いとは、やはり互いに名前や顔を知っている状態を指します。

相手も知っていて、自分も知っているという程度の関係性と言ってもいいでしょう。

そのようなことから知ってはいるけど、心のつながりはあまりないといったところです。

よくあるケースとしては、ママ友関係がそれにあたりますよね。

ママ友ということから、友達関係を築きたいと思っていても、基本的に子供でつながっているので、自分が好きで付き合っている友達とは少々違うところがあります。

ですので、中には価値観が合わないような人もいます。

だけど子供達が仲良くしているからということで仲良くしている事情があります。

ただ中には、本当に純粋な方がいてママ友だからこそ、子育ての悩みを共有したいとか、もっと友達として仲良くしていきたいと考えている人も多くいます。

しかし検索ワードを見ていても、「ママ友 嫉妬」というワードなども出てくるなど、少し不穏な検索ワードなども浮上してきます。

この検索ワードというのは、多くの人が検索しているからこそ、ママ友と入れただけで出てくるのですが、友達と言いつつも本当は知り合い程度のことだからこそ、こんなに感情がもつれるのだなと思わせるところがありますね。

その一方でママ友がいないと悩んでいる人もいます。

このママ友がいないというのも色々とあり、これも関係のことでいろいろと顔を合わせて話すことがあるにも関わらず、心が通じる友達がいないからママ友がいないと捉えているということもあります。

このように友達という言葉には、人の友達に対する期待がどれぐらいあるのかということが多く関係しているところがあるでしょう。

このように、ママ友のように友達と言いながらも、互いに顔や名前を知っている程度の薄い付き合いの人というのもいます。

少し会話をしたことがあるという程度

やはりこのように、友達と知り合いというのは境界線が難しいところがありますが、大方少し会話をしたことがある程度ということであれば、知り合いで間違いないと思います。

一度話したらすでに友達と認識している人は、この認識のズレにショックを受けてしまうこともあるかもしれませんね。

1度話したことがあるから友達だと思って気楽に話しかけると、なんだかよそよそしく距離を取られてしまって、ショックを受けているという話も聞いたことがあります。

ただ多くのケースでは、少し会話をしたことがある程度だと、まだ知り合いだと認識されていることもあります。

だからこそいきなり、友達のような距離感を詰めるのは危険です。

海外だと、また国民性によって話が別なのかもしれませんが、基本的に日本人はそこまでフレンドリーな人は多くありません。

どちらかと言うと、おとなしく他人との境界線を引きたい人の方が多い傾向にあります。

だからこそ自分は友達だと思っていても、焦らずじっくりと距離を詰めていくということが大切になってきます。

そうすることで、相手もこの人は友達という認識をしてくれる可能性が上がります。

知り合いと友達の違いって?11個の境界線

知り合いと友達の境界線の関係性は、やはり多くの人が悩むのではないのでしょうか。

人付き合いがうまく距離の取り方がうまい人もいますが、その一方でどうしても距離感がうまく取れない人もいます。

このような人は、知り合いと友達の境界線をうまく引くことができていないというところもあります。

そのような場合は、具体的にこの場合はこうだという境界線を知ることによって、人間関係の失敗を防ぐ事ができます。

急に距離を詰めすぎても、相手の人が警戒をして離れてしまいますし、せっかく相手が親しくなろうと歩み寄っているにもかかわらず離れていくことによって、せっかく友達になるチャンスを自ら潰してしまう可能性もあります。

やはりこのように人との距離感は、正しく認識をしていかないと円滑な人間関係を築くことができません。

もちろん友達がいないからといって、生活ができないというわけではありませんが、やはり会社勤めをしたりすることは、基本的に人との繋がりを持つことも必須です。

フリーランスの人もいるかもしれませんが、それでもクライアントの方がいるなど、人が生活するとなると人間関係は切っても切り離せないところがありますよね。

そしていざという時に、相談できる友達がいれば、それは心強いのは言うまでもありません。

だからこそ、どんな立場の人であっても、人間関係を正しく境界線を引き距離を取っていくことは非常に重要なのです。

これなら「友達」認定できる

やはり友達はいたら嬉しいですよね。

「人間関係が面倒くさいから、友達はいらない」と言っている人であっても、やはり心が通じる友達がいれば、それが嬉しいという人も非常に多い事でしょう。

では、これなら友達認定ができるという境目とはどのようなものがあるのでしょうか?

その人の個人情報を本人から直接聞き出せる

まずその人の個人情報を聞きやすいかどうかにかかっています。

個人情報と言うと、多くの人は普通に話していたりしますよね。

年は何歳とか、年は答えないまでも、どこに住んでいるというような感じの情報です。

ただこちらは何とも言えず、職場の人間であれば「住んでいる場所ぐらい」ということもあるでしょう。

個人情報の種類にもよりますが、あまり開示してくれないということになると知り合い認定をされているということもあるでしょう。

片方だけでなくお互いに友達だと思っている

こちらは、片方だけが友達と思っている関係性というのは、やはりそれが明るみに出てしまった時にショックを受けるものですよね。

やはり友達は、互いに友達だと思っていることが重要なのです。

ただ口だけで「友達だ」と言っている人についても要注意です。

口先だけかどうかは、その人の行動を見てみれば分かるでしょう。

例えばですが、自分が困っているときは友達だから助けてと言ってくるのに、こちらが困った時には、手のひらを返したような態度をするのであれば、友達という言葉をうまく使って人を利用するというタイプの人であるケースが多いです。

口では友達と言っていても、心の中ではただの便利屋さんになっているという可能性もなきにしもあらずです。

自分の悩みを相談できる

悩みを相談できる関係性は、友達関係において非常に重要なことです。

基本的に悩みは、あまり人に知られたいものではありません。

だからこそ悩みを言いふらさないような人を選ぶ必要があるのです。

そこで悩み相談ができるのは、それだけ信頼関係があるということなのでしょう。

悩みを相談しても言いふらして、笑いものにすることがないというような安心感があるからこそ、自分の悩みを相談できるところがあります。

その人のために時間やお金を惜しまない

友達だとしたら、その人のために時間やお金を惜しみません。

例えば悩み事相談をしてきた時に、その悩みについて一緒に共感をしたり、考える時間を惜しまないということであれば友達でしょう。

どこかに遊びに行こうという時に、お金使いたくないなと思わないのも友達として認定していると言ってもいいでしょう。

その一方で、お金の貸し借りについては難しいところがありますので、お金を貸したくないから友達ではないというわけではありません。

それは明らかに借金を繰り返しているようなタイプの人であれば、時には友達であれば突き放してあげるというのは愛情の一つです。

自分のことのように喜怒哀楽を感じる

その人の嬉しいことや悲しいことなどを、自分のことのように感じられるというのも友達として認定してもいいでしょう。

どうでもいい人に関しては、そんな話を聞いても「ふーん。あっ、そう。」という程度にしか思わないところがあります。

いい話でも「そう。それは、よかったね…。」というような感じにしか思えないということであれば、知り合いなのかもしれませんね。

時々会って話したくなる

色々な人がいるので一概には言えませんが、外交的なタイプではなければ基本的に会って話をするというのは、非常にエネルギーのいることです。

でもそのようなエネルギーがいることでも、会ってみたいと思うのは友達だからというところもあるのではないのでしょうか。

さらには外交的な人であったとしても、この人と会うと疲れるなという人もいるのではないのでしょうか。

攻撃的な人であったりすると、いくら外交的で人と話すのが楽しいというタイプの人であっても、ぐったりするでしょう。

そのような人であれば、友達ではない可能性が非常に高いです。

内向的な人であっても、時々会って話したくなるようなタイプな人ということであれば友達という認識で間違いないでしょう。

休日に遊ぶ予定が立てられる

色々な人がいるので一概には言えないというのも、またあるのですが、基本的に休日に遊ぶ予定を一緒に立てられるような人は友達です。

休日を過ごすというのは、自分が好きなように過ごせる時間のことです。

基本的に一人で過ごすのが好きな人もいるかもしれませんが、そのような人でも時には友達と過ごしたいという時に、すぐに思い出す人が友達といってもいいでしょう。

さらにはその友達でも、社交辞令で何回も断られているということもなく、遊ぶことができていればお互いに友達だと認識されている可能性も高いです。

これなら「知り合い」認定

その一方で、これなら知り合い程度かなというような関係性もあります。

もちろん友達ではないといっても、落ち込む必要はありません。

友達がそんなに多くない人は、そのようなコンプレックスを抱きがちですが、決してそれは悪いことばかりでもありません。

著者が正しくそのタイプの人間です。

しかし巷に溢れるようなママ友トラブルというものもありませんし、女性同士のトラブルとは無縁です。

だからこそ著者は、知り合い程度の人が増えればいいなと考えています。

人付き合いが苦手だからこそ、知り合いの人を多く作るというような感じで、付き合いたいときは付き合えるけど、普段は一人で過ごすというような感じにしています。

そのような都合のいい関係性があるのかと思われるかもしれませんが、子供がいるのあれば子供会に入るとか、著者は賃貸住まいですので今はないですが持ち家を持ったとしたら自治会に入るなど、そのような会に所属することによって、このような知り合いを増やすという方法ができてきます。

このようにすると、災害の時にも「ただのご近所さん」という感じではなく「何々さん」という感じで覚えてもらえることもあり、支援が受けやすいところがあります。

ちなみにですが、災害を経験したので、このような経験もしましたが、やはり知り合いが多いのも悪いことではないですよ。

もし友達かもと思っている人が、ただの知り合いだったとしても決して落ち込む必要はありません。

知り合いが多ければ多いほど、それは財産になります。

では、知り合いの定義について見ていきましょう。

一緒に食事をしたことが無い

食事は一気にその人との仲を深めるところがありますよね。

デートでその人の食べ方が無理だとしたら性格が合わないというようなことはよく言われています。

このようなことから、食事を共にするかどうかが人間関係の深いところの関わりにつながってくるところがあります。

ただその一方で、仕事とかで食事会などがあったりすることもあることから、食事をしたから即友達というわけではないのも難しいところです。

顔色を伺ったり気を遣う必要があるので疲れる

よほど深い関係でなければ、やはり顔色をうかがったり、気を使ったりする必要があるということもあるでしょう。

学生時代は、そのようなことをしなくてもよかったけれど、社会人になってそのような関係性になってしまったということであれば、友達から知り合いに降格してしまったという可能性もあります。

特にこれは女性は体験しやすいことなのではないのでしょうか。

女性は生きていると、それぞれにライフステージが違ってきてしまうことが多いです。

結婚しているかしていないか、子供がいるかいないかというような感じで、属性が大きく変わってしまうと、やはり気を使うことも出てきます。

このようなことから、疲れてしまうということであれば、知り合いである可能性が高いです。

丁寧語で話さないと違和感を感じる

基本的に丁寧語で話さないと、違和感を感じるようなことであれば、知り合いである可能性が高いです。

違和感を感じることは、なんだかその距離感がしっくりと来ていないということです。

敬語を使わずに話し仲良くしようと思っていても、心が拒否をしているということであれば、やはり知り合い程度なのだというような感じがするのでしょう。

お金や物を貸したくない

お金や物は非常に重要なものです。

そのような物を貸したくないと思っているということであれば、基本的に知り合いなのでしょう。

ただお金に関しては、金額に関することもありますので、それができないから友達ではないと思うのは早計です。

仮にお金を借りるお願いをして断られた場合であっても、それを自分を知り合いだと思っていたからだと思うのは早計なのです。

もちろん、ただバス代を貸してというような感じで1000円以下のお金ということであれば話が別かもしれません。

しかし100万円貸してと言われたら、多くの場合は断られるでしょう。

やはりそれは金額が大きいということもありますし、大きなお金を人から借りることに慣れてしまうことに危機感を抱いて、あえて突き放しているのかもしれません。

先ほども触れたように、お金を借りるというのは習慣化してしまうと、金銭感覚が狂ってしまうところがあります。

急にお金を借りられなくなったら、今度はその人の生活が行き詰ってしまいます。

もしかしたら、キャッシングなどにも手を出す可能性もあるでしょう。

そのようなことからあえて突き放しているという可能性もありますので、お金を貸したくないと言われたから友達ではないと思うのは早計であるということも覚えておきましょう。

社交辞令を言ってしまう

「また遊びましょう」と遊ぶ日もないのに社交辞令をつい言ってしまうというのも知り合いです。

こちらは非常に人間関係でトラブルになりやすいところです。

「遊びましょう」と言われたからこそ声をかけたのに、返事を濁されてしまうと非常にショックを受けてしまうものですね。

こちらも社交辞令で言っているのか、本音で言っているのかというのが見分けが難しく、中には多くの人は間違ってしまうということもあります。

「遊びましょう」と言って具体的な日時が出てこないという場合は、基本的に社交辞令であるケースが多いです。

例えば「今は忙しいけど、半年後に遊びましょう。」というような感じで言われたら脈があります。

ただ「今は忙しいけど、今度遊びましょうね。」というような感じで、具体的な日時の指定がなければ、社交辞令である可能性は大変高いです。

ただ遊びたいなと思っているのであれば、少し声をかけてみるのも良いでしょう。

そして何か用事を理由に断られたとしたら、社交辞令の可能性が高いですが、もしそれを実現させたいとしたら、「もしよかったら都合が良くなったらお声をかけてくださいね」という感じで言ってみましょう。

もし相手側も、本当に遊びたければ用事が落ち着いたら声をかけてくれるはずです。

しかしそれもないとなると、社交辞令と言えるでしょう。

以前今中学生の子供が、小学校高学年の時に威圧的な女の子に異様に遊びに誘われる時に、この社交辞令の断り方を教えたことがあります。

「今は都合が悪いんだけど、また遊べるようになったら、こっちから言うねと言ってそのまま放置しなさい」と教えました。

このように社交辞令で本当は嫌だという時は、そのまま放置されるケースが多いです。

だからこそ社交辞令の見分け方は、このようにしておくと良いでしょう。

遊ぶ約束をすることはない

ただ会うだけで、遊びの約束をすることがないということであれば、知り合い程度であることも多いでしょう。

学生時代の友達においても、それは起きやすいことです。

例えば夏休み一緒に遊ぼうという話にならないということであれば、ただ学校で会うような知り合い程度であるという感じと言えるでしょう。

よく高校卒業したら、それっきり連絡をぱったり取らなくなったということもありますね。

それも、結果的に知り合いだったと言うことなのでしょう。

まとめ

知り合いと友達を紹介しては、とても難しいところがありますよね。

こちらは友達だと思っていたのにと、ショックな体験もありますし、逆に知り合い程度に捉えていたのに、友達のようにべったりしてくると困惑してくるということもあるでしょう。

ただおおよそ上記のような関係で、友達と知り合いの境界線が分かってくるところがあります。

ただもし自分が友達だと思っていたのに相手は知り合い程度にしか思っていなかったとショックを受けている方もいるかもしれませんが、決してそれは悪いことではありません。

知り合いが多いというのも、いざという時に非常に助かる場面があります。

確かにその方が、ただの知り合い程度にしか皆さんを認識していなかったかもしれませんが、他の人はみなさんを友達認識するかもしれません。

だからこそ、その人が仮に知り合いだったとしか思っていなかったとしても、がっかりせず、皆さんのその持ち前の明るさで人間関係を築いていきましょう。