恋愛偏差値が高い男性と低い男性は、先に分かれば女性としてはうれしいですが、なかなかすぐには分かりません。

恋愛偏差値が高い男性のほうがいいけれど、実は恋愛偏差値が低い男性かもしれない…本人にも聞けないしどうしたらいいのか不安になるものです。

恋愛偏差値が高い男性と低い男性の特徴を15個ずつご紹介します。

今後の恋愛にお役立てください。

恋愛偏差値って?

恋愛偏差値とは、恋愛という課題を数値化したときに自分がどれくらいの位置にいるのかを具体的にしたものです。

偏差値は試験を受けたときに、自分がどれくらいの位置にいるのかを具体的にしたものです。

それを分かりやすく、恋愛でも言い換えた言葉です。

偏差値が高ければ高いほど女心を理解してくれて、スマートな扱いができる男性だと想像されます。

もちろん恋愛経験も豊富で、女性からモテる傾向があります。

恋愛偏差値が低ければ低いほど女心を理解できなくて、空気を読むことが苦手です。

女心を理解していないため、一緒にデートするとイライラさせられることもあります。

恋愛経験はあるかもしれませんが、女性からモテるとは言い難いです。

恋愛偏差値は試験のときに具体的にリアル化できないかもしれませんが、一定の指標として参考になるかと思います。

目の前にいる男性が恋愛偏差値の高い男性なのかそうでないのか、気になるところです。

恋愛偏差値の高さは外見だけでは判断できない

恋愛偏差値の高さは外見だけでは判断できません。

どれだけカッコイイ男性であっても、中身が伴っていないと意味がありません。

外見は自分の理想に近ければ近いほどいいですが、それ以上に女心を理解できる居心地のいい男性かどうかは重要です。

恋愛は見た目のよさだけではなく、一緒にいて楽しいか、居心地がいいかといった要素のほうが大きいです。

お付き合いが長くなればなるほど、外見だけでは判断できなくなります。

恋愛偏差値の奥深さをもう少し追求しましょう。

モテるからといって、恋愛偏差値が高いわけではない?!

モテるからといって、必ずしも恋愛偏差値が高いわけではありません。

モテる男性は、見た目の良さや女性の扱い方が上手でモテているかもしれません。

しかし、本当に女心を理解できて一緒にいて居心地がいいかどうかといった奥深いところまでは分かりません。

辛口な言い方になってしまいますが、パッと見入口はよくても中身も伴っているかどうかは分かりません。

モテて女性の扱いに慣れている分、もしかしたらすごく遊んでいる可能性もあります。

一晩の楽しみのために甘い言葉で口説いているのかもしれません。

モテる分女性からお声がかかるものの、忙しさや疲れといった色々な理由で恋愛そのものにまったく興味を示さない男性もいます。

まずは入口から男性を観察し、じっくりと恋愛偏差値の高い男性かどうかを観察していくのがいいかと思います。

恋愛偏差値が高い男性の15個の理由。あなたはいくつ当てはまってる?

恋愛偏差値が高い男性の15個の理由を紹介します。

あなたはいくつ当てはまっているでしょうか?

自分ではモテている恋愛偏差値の高い男性だと思っていても、実は女性から見ると空気の読めないプライドの高い男性という評価かもしれません。

女性と男性では考え方や感じ方が違います。

リアルに恋愛偏差値が高い男性の理由を知り、さらに男性は自分自身で恋愛偏差値を高めていくために色々な頑張りをするのがベストかと思います。

1.聞き上手


恋愛偏差値の高い男性は聞き上手です。

女性はいつもおしゃべりが大好きで、自分が感じたことや考えたことをとりあえず一通り誰かに聞いて欲しいと考えています。

男性だとそれを全て聞いてくれる人は多くないので、聞き上手でいると女性のハートを満たすことができます。

聞き上手だからといって、聞くフリをしていてもすぐにバレてしまいます。

きちんと女性の話を聞いて、時々自分からも共感するコメントを入れたり、質問返しをしたりすることで、聞いていることをリアルに伝えていくことが大切です。

時々退屈に感じるかもしれませんが、女性のハートを満たすうえで最初から最後まで話を聞くことはとても大事です。

2.引き際が分かる

恋愛偏差値の高い男性は引き際を分かっていてスマートな行動ができます。

自分がいいなと思った女性にアプローチしてみて、脈がないなと思ったらしつこくせずにすっと離れることができます。

それは過去の経験や女心をそれとなく理解することができるからです。

女性も嫌だと感じるまでにほどよい距離感をキープできるので、今度は女性からアプローチされる希望を持つことができます。

LINEや電話のやり取りも同じで、お互い面倒くさいと思う前に「またね」と気持ちよく終わらせることができます。

しつこ過ぎない男性はとてもポイントが高いです。

引き際を上手に見極めることができるように、女性の様子をじっくり観察するようにしましょう。

引くのが逆にプラス効果に!

しつこくせずに引くのが逆にプラス効果になることがあります。

男性からしつこくされると嫌だと思いますが、逆にすっと引かれると拍子抜けしてしまい、こちらからアプローチしたくなるときがあります。

それを上手に使って、女性からアプローチされるのを待つのもいいと思います。

押してダメなら引いてみろという言葉を参考に、時々引いてみるのも手です。

余裕のある男性は引き際もカッコよく、逆に女性からアタックされるようにあっさりと引くのがいいかと思います。

3.いつも笑顔で明るい

恋愛偏差値の高い男性はいつも笑顔で明るく、好印象です。

恋愛偏差値の高い男性は自分をよく見せる方法をきちんとわきまえていて、人前に出るときはいつも笑顔で明るくいることを心がけています。

人から見た自分を意識し、お互い気持ちよく過ごせるように考えています。

決して自意識過剰なわけではなく、もともとの人柄の良さからにじみ出ているものです。

仕事で忙しく疲れ気味のときも、話しかけられると笑顔で明るく対応してくれます。

余裕がないときも、出来る限り飲み会や遊びなどプライベートでのお誘いには応じ、無理のない範囲で笑顔で明るく対応してくれます。

本人の人柄の良さを周囲の人は知り尽くしているので、男性が大変なときはさり気なくフォローしたり、無理のないように一言声を掛けたりしています。

恋愛偏差値の高い男性は女性だけではなく、周囲の人たちとの人間関係もうまくとりまとめることが上手ですごく魅力的です。

4.ニュースなどに詳しく物知り

恋愛偏差値の高い男性はニュースなどに詳しく物知りです。

恋愛偏差値の高い男性はいつも人と話す話題の内容を充実させるため、今起きているニュースに詳しく物知りです。

ジャンルも1つに限っておらず、経済状況、スポーツ、芸能ニュース、事件など一通りのことを知っています。

会話していると楽しいので、いつも本人の周りにはたくさんの人が集まります。

ニュースに詳しく物知りであることを鼻にかけることはしないので、嫌味ぽかったり、上から目線で話したりはしません。

誰にでも分かるようにかみ砕いて話してくれるので、本人と話すことで得る知識もすごく多いです。

恋愛偏差値の高い男性は知識量も多く、ビジネスや学業でも成長する見込みがあります。

そのような男性と一緒にいられたら、女性も影響を受けて成長できそうですね。

ただし物知り自慢はNG!

ニュースなどに詳しく物知りだとはいえ、物知り自慢はNGです。

恋愛偏差値が高い男性はニュースなどに詳しく物知りです。

それが清々しいくらいにカッコよく見えるのは、自然体で一切自慢したり、鼻にかけたりしないからです。

物知り自慢をすると、一気に台無しになってしまいます。

自分が知っていることをひけらかして、大々的にアピールすることはあまりかっこよくありません。

能ある鷹は爪を隠すという言葉を忘れないでください。

たとえ人から知識が豊富だねと言われても、自分からそれを認めることはしないほうがいいと思います。

ニュースなどに詳しく物知りである一面は、誰かと会話したときにじわりじわりとにじみ出てくるくらいがカッコイイです。

恋愛偏差値が高い男性になるのはハードルが高いですが、それを極めることができるとすごくカッコよくて素敵です。

5.相手の話したことを覚えている

恋愛偏差値の高い男性は相手の話したことを覚えています。

恋愛偏差値の高い男性は相手の話したことをきちんと覚えていて、適当に相づちを打ったり、知らないのに知っているフリをしたりしません。

中身のある会話になっているので、相手の好みや趣味などを会話を通じて理解しています。

相手のことを知りたい、理解したいと思いながら会話しているので、きちんと中身のある会話になっています。

話した後はすごく充実感があります。

話をしてからしばらく経過した後も、この間食べたいと言っていたご飯を食べに行こうか?といった感じでさり気なく誘い出すのが上手です。

お菓子やドリンクの差し入れをする時も、それぞれの人の好みをきちんと理解していて喜ばれるものを提供するのが上手です。

女性目線で見ると、きちんと話を聞いてくれてそれを実現してくれる男性はすごく素敵です。

相手の興味を持つ話を見つけてデートの約束も!

恋愛偏差値の高い男性は、相手の興味を持つ話を見つけてデートの約束も上手にします。

気になる女性との会話なら、自然と好きなご飯や気になっているレストランやカフェの話題に持ち掛け、そのままの流れでデートの約束をすることができます。

新たに予定を聞いてデートに誘い出すよりもすごく自然体で、お互いの気持ちを探り合うようなことをしなくていいのでとても楽です。

食事に関わらず、相手の趣味や特技、今探しているものの話題からそれとなくデートの約束をもちかけることも上手です。

相手女性がアウターを探しているといったことを言い出すと、今度一緒に○○へ買い物に行こうか?と声を掛けてくれます。

女性目線で見ると、自分が楽しいと思えることから誘い出してくれるデートはすごく楽しみで、実際に過ごす時間もキラキラと輝いています。

6.周りから見た自分を意識していて清潔感がある

恋愛偏差値の高い男性は、周りから見た自分を意識していて清潔感があります。

恋愛偏差値の高い男性は「モテる自分」を意識しているだけではなく、それよりも幅広い意味で周りから見た自分を意識しています。

そのためになくてはならない清潔感をキープしています。

服はシワやシミがあったり、季節感のない服装を着ていたりといったことがありません。

いつもピシッとした綺麗な服を着ていて、似合うコーデを考えるのが上手です。

髪は寝ぐせがあることはなく、普段からきちんと整えられていて見ていて美しいです。

足元も手入れが行き届いていて、いつも磨いた綺麗な靴を履いています。

オンオフをきちんと分けることができていて、人前に出るときはきちんと全身のチェックができる自己管理の行き届いた男性です。

女性から見ても自己管理のできる男性として、好印象です。

7.言葉遣いが丁寧

恋愛偏差値の高い男性は言葉遣いが丁寧です。

恋愛偏差値の高い男性は人と会話していて相手が嫌な気持ちにならないように、言葉遣いを丁寧にするように心がけています。

自分の感情の起伏に左右されたり、相手によって言葉遣いを変えたりすることがありません。

いつも言葉遣いが丁寧だと、一緒にいても居心地がよくて話しかけやすい男性に見えます。

自然と女性からも話しかけられて、モテる要素となっていきます。

相手が年上でも年下であっても、初対面は言葉遣いが丁寧です。

その後親しくなってくると、崩した言葉になることはあっても丁寧です。

疲れているときやイライラしているときも、それを表に出すことはしません。

言葉遣いが丁寧で、話しかけている側も安心感を持てます。

言葉遣いが丁寧だと、周囲の人から安心感を持たれて信頼されます。

女性目線で見ると、プライベートも一緒に過ごせそうな安心感のある男性に特別な気持ちを持つことは多いです。

8.食事のマナーがちゃんとしている


恋愛偏差値の高い男性は食事のマナーがちゃんとしています。

恋愛偏差値の高い男性は人付き合いが幅広く誘いを受けることも多いため、もともと食事のマナーを身に着けています。

さらに、自分でも周りからの目線を意識しているので食事のマナーを学ぼうという意欲があります。

プロのような食事のマナーを持っているわけではなくても、基本をきちんとしている人との食事はとても楽しく充実したものです。

お箸やスプーン、フォーク、ナイフなどを綺麗に持つことができて、食べ方も綺麗だと見ている側も気持ちがいいです。

食事のマナーがちゃんとしている男性は女性から見ても好印象です。

9.簡単な料理ができる

恋愛偏差値の高い男性は簡単な料理ができます。

普段の料理は女性がするものであっても、時々男性から手料理を振る舞ったり、女性が体調不良のときに2人分の料理を作ったりできる男性は女性から好印象を受けます。

女性が体調がよくないとき、彼氏や夫から「俺の飯は?」と言われたり、「俺は外食してくるから大丈夫だよ」と言われたりすると、すごく自分本位で彼女や妻のことをまったく思いやっていないのがよく分かります。

簡単な料理ができる男性は細やかな思いやりができて、自分のことも自分できちんとできる男性としてモテます。

簡単な料理プラス、買い物、配膳、片付けといったことまでトータルでできると完璧です。

男の料理教室も低コストでたくさんあります。

まずは始めてみることが大事です。

10.なんでも話せる友達がいる

恋愛偏差値の高い男性はなんでも話せる友達がいます。

女性受けがいいだけではなく、同性からも信頼される男性のほうが好印象です。

それだけ性別や自分の好みで態度を分けていないということですし、表裏がない男性だということです。

なんでも話せる友達は大勢いなくてもいいです。

一人でも数人でも心許せる話せる友達がいるといいと思います。

恋愛偏差値の高い男性を目指すにあたり、出会いを探すと同時に改めて人との付き合い方を見直してみてください。

合理的なお付き合いだけではなく、人と人との信頼関係に重きをおくお付き合いが大事です。

11.前の恋愛をいい思い出にできる

恋愛偏差値の高い男性は前の恋愛をいい思い出にできます。

前の恋愛を引きずり、いつまでも元カノの悪口や前の恋愛の愚痴をオープンに話す男性は女性から見るとみっともないです。

前の恋愛をいい思い出にできて、元カノのことは多くは語らない男性のほうがカッコイイです。

前の恋愛をバネに、もっと素敵な恋愛ができるカッコイイ男性を目指してください。

前の恋愛を長く引きずらず、新しいことに果敢にチャレンジしたり、男友達との時間を大事にしたりしてください。

自然と新しい恋愛に出会えます。

過去のことを引きずらない潔い姿勢は、同性から見ても女性から見てもカッコイイです。

恋愛に依存しすぎないのがポイント

恋愛に依存しすぎないことで、前の恋愛をいい思い出にすることができます。

彼女中心の生活、自分がオフの日は全ての時間を彼女との時間に捧げ、連絡があるとすぐにLINEや電話でやり取りするような仲は見ていても羨ましいです。

ただ、そのように恋愛に依存しすぎてしまうと、失恋したときの喪失感が凄まじいです。

プライベートの時間に何をしたらいいのか分からなくなり、いつまでも前の恋愛を引きずってしまいます。

恋愛をしてもしていなくても、自分の趣味、習い事、仕事のための勉強など打ち込めるものをたくさん持っていてください。

エネルギーの発散できるものをたくさん持っておくことで、恋愛がスタートしても依存しすぎることがなくなります。

何かに夢中になれる男性の背中は女性から見てもカッコイイです。

恋愛に依存しすぎない男性を目指してください。

12.大勢の場では盛り上げ役になる

恋愛偏差値の高い男性は大勢の場では盛り上げ役になります。

職場の飲み会、合コン、同窓会など大勢の場では打ち解けるまでの大なり小なりの緊張感があります。

緊張感を解きほぐすようにその場を盛り上げ、場の雰囲気を和やかにしてくれる盛り上げ役の男性は女性から見ても頼もしい存在です。

大勢の場でも盛り上げ役になれる男性は全体をまとめることが上手です。

仕事場でも責任ある立場を任させることが多いです。

たくさんの人がいても堂々と振る舞える姿はたくさんの人の目に留まります。

世代や性別を問わず、信頼されることが多いです。

大勢の場ではあえて盛り上げ役を引き受けて、堂々と振る舞える自分を作っていってください。

カッコイイ姿は女性も見ています。

13.こまめな連絡をする

恋愛偏差値の高い男性はこまめな連絡をします。

こまめな連絡をしてくれる男性は女性から見ても安心感があり、「相手がどこで何をやっているのか分からない」といった不安な気持ちに包まれることがありません。

相手の些細な変化にもきちんと気付き、きちんとフォローを入れてくれます。

まずは女性の話をきちんと聞くことからスタートして、プライベートでもやり取りするようになった女性とはこまめに連絡をするようにしてみてください。

LINEやメールのやり取りが女性の一方通行にならないよう、きちんと相手の話を受け入れた内容で返してあげるといった内容も大事です。

面倒くさいと思わず、恋愛偏差値の高い男性を目指してこまめな連絡をしてみてください。

14.素直にお礼を言う

恋愛偏差値の高い男性は素直にお礼を言うのが上手です。

男性は基本の挨拶をスルーしてしまう人が多く、素直にお礼を言えない人もいます。

素直にお礼の言える男性は誠実できちんと相手と向き合っていることが伝わり、とても好印象です。

女性は夫や彼氏のために手料理を振る舞ったり、相手のことを思いやったりしているのに何も言ってくれないことに不満を持っている人が多いです。

どんなに些細なことであっても、誰かに何かをしてもらったときは素直にお礼を言うようにしてください。

プラスアルファ、LINEやメールでもお礼を言えると今後に繋がります。

恋愛偏差値の高い男性を目指して頑張ってください。

15.さりげないボディタッチ

恋愛偏差値の高い男性はさりげないボディタッチが上手です。

女性は少々ワガママなところがあり、口では自分のほうがリードしていても、恋愛のメインは男性リードして欲しいと願っています。

さりげないボディタッチも同じです。

人によって考え方は違うかもしれませんが、ガツガツしている女性だと思われたくないから自分から行動はしたくないと考えています。

女性といい雰囲気になったとき、さり気なく手を触ったり、お互いもたれ合ったりするくらいの絶妙な距離感が理想的です。

ブレーキが効かなくなって男性が強引に迫ってしまうと嫌がられることもあるので、さり気ないボディタッチにとどめておいてください。

人混みなどで手を引くと相手はどきどき。でもタイミングや距離感に気をつけて!

さり気ないボディタッチ、相手はドキドキしています。

でもタイミングや距離感には気を付けてください。

さり気ないボディタッチを通り越して恋人同士のような距離感になってしまうと、女性から遊び慣れている男性だと誤解されてしまいます。

届きそうで届かないくらいの、友達以上恋人未満の絶妙な距離感をキープしてください。

そして、女性から意識してもらえるように仕向けていってください。

恋愛偏差値が低い男性の15個の理由。こんな理由がありました!

恋愛偏差値が低い男性の15個の理由があります。

男性と女性では考え方が違っていて、男性が思うカッコイイは女性から見るとカッコ悪いと感じることが時々あります。

そういったすれ違いが積み重なり、気が付くと恋愛偏差値の低い男性となってしまっています。

自分に当てはまるものがあるかどうか見直し、恋愛偏差値の高い男性を目指してください。

1.自分のことばかり話している

恋愛偏差値の低い男性は自分のことばかり話しています。

好きな女性に自分のことを知って欲しいことで頭がいっぱいになり、ついつい自分のことばかり話しています。

聞いている側は退屈で、自分の話を聞いて貰えないことに不満を持ってしまいます。

自分のことばかり話さずに、少し間を置いて相手が話すのを待ってみてください。

少しの沈黙に不安を感じずに、ワンクッション置くことが大事です。

2.しつこくアタックしている

恋愛偏差値の低い男性はしつこくアタックしています。

女性の気持ちを汲み取ることが苦手なので、脈がないことに気付かずにしつこくアタックしてしまいます。

もしくは、脈がなくてもアタックすればいつかうまくいくと思っています。

しつこい男性は嫌われます。

一度男性からアタックして相手女性から反応がないときは、一歩下がって待ってみてください。

今いい雰囲気の女性と恋愛関係にならなくても、自分には新しい出会いがあるから大丈夫と思えるくらいの心の余裕を持ってください。

3.嫌なことがあったら顔に出る

恋愛偏差値の低い男性は嫌なことがあったら顔に出ます。

嫌なことが顔に出てしまうと、それを見てしまった相手も同じように嫌な気持ちになります。

そうなると、プライベートで一緒に過ごしたいと思う女性は少なくなります。

いつも心に少し余裕を持ち、嫌なことがあっても動じないような強い心を持つようにしてください。

そのためには、場慣れしていくことが大事です。

責任ある立場や面倒な仕事を自ら引き受けたり、たくさんのことにチャレンジしたりしてください。

そして、自分に自信を持たせることで心に余裕が生まれます。

多少のことでは動じないカッコイイ男性を目指してください。

4.流行に疎い

恋愛偏差値の低い男性は流行に疎いです。

流行に疎いと、服のコーデが浮いていたり、話をしていてもうまく噛み合わなかったり、うまくいかないことが出てきます。

トレンドに敏感な女性にとっては少し退屈で、つまらなくも感じてしまいます。

マイペースなのがいいと思って、自分がいいと思ったものにしか関心を示さないのは少々リスクがあります。

雑誌やテレビを通じて、流行に触れるようにしてください。

定期的に自分の持っているものの入れ替えをして、買い物をすることで今の流行を押さえることが大事です。

流行に反応しつつ自分らしさも持てるようなカッコイイ男性を目指してください。

5.相手の話に興味を持っていない

恋愛偏差値の低い男性は相手の話に興味を持っていないです。

自分が好きだと思っている女性と彼氏彼女になりたいという気持ちが先走ってしまい、自分の話が中心になって相手の話に興味を持つ心の余裕が持てなくなっています。

女性は自分の話に興味を持ってくれない男性には退屈さを感じてしまい、自分を受け入れてくれる男性を探そうとします。

彼氏彼女になるには、まずお互いのことを知ることが大事だということを忘れないようにしてください。

相手の話も聞いて、相手のことも知っていってください。

6.清潔感がない

恋愛偏差値の低い男性は清潔感がありません。

理想とする女性と彼氏彼女になることや、理想の女性に出会えることばかりがメインとなってしまい、そのために自分の外見を見直すことを忘れがちになってしまっています。

出会いの場では、まず清潔感をキープすることが大事です。

シワシワでよれよれのシャツ、いつアイロンをあてたか分からないハンカチ、季節感のないコーデなどは清潔感がなくて女性から敬遠されます。

日々、家を出る前に自分に乱れがないか鏡で見直すようにしてください。

そして、毎日こまめにメンテナンスをすることでカッコイイ男性を目指してください。

7.口調が荒っぽく威圧感がある

恋愛偏差値の低い男性は口調が荒っぽく威圧感があります。

口調が荒っぽく威圧感があると、女性は怖いと感じてしまいます。

当たらず触らずのお付き合いにしておき、プライベートでまでお付き合いしようとは思わないです。

男性と女性とでは男性の方がパワーがあるので、より怖く感じてしまいます。

荒っぽい=かっこいいではない

男性が思う荒っぽさは女性が思うかっこいいではありません。

乱暴な言い方をしたり、少し上から目線の物言いをしたりする荒っぽさはただの乱暴な男性です。

女性から見るとカッコ悪いだけで、何もいいとは思いません。

女性が思うかっこいいは、スマートにレディーファストができて紳士的で、誰に対しても穏やかに対応できるような男性です。

女心を受け入れて理解することで、少しずつかっこいい男性に近くなってください。

8.食事のマナーが悪い

恋愛偏差値の低い男性は食事のマナーが悪いです。

食事のマナーが悪いと、箸の持ち方が汚かったり、音を立てながら食べたり、肘をついていたり、目も当てられない状態になってしまいます。

女性から見るとカッコ悪くて、一緒にデートしたいとは思えないです。

一日三食、食事のマナーが悪いと一緒に生活するとそれは相手にとって大きなストレスとなる可能性があります。

マナー講座を受講するほどではなくても、一度食事の摂り方を振り返ってみてください。

基本ができているか見直し、プラス食事のマナーも知っておくと安心です。

9.相手任せにすることが多い

恋愛偏差値の低い男性は相手任せにすることが多いです。

「なんでもいいよ」「任せるよ」という言葉は優しさのようでいて、全てを相手に丸投げしている言葉です。

言われた相手は全てを自分でしないといけなくなり、すごく負担を感じてしまいます。

彼氏や夫から相手任せにされることが多いと、女性はストレスを感じます。

相手の好みも聞きつつ、自分から色々と手配してリードできる男性を目指してください。

自分だけが頑張らなくてもいいので、女性の手を借りつつも自分からリードするようにしてください。

10.なんでも話せる友達がいない

恋愛偏差値の低い男性はなんでも話せる友達がいないです。

いつも合理的だったり、心を開いていなかったり、打算的だったり、何らかの理由でなんでも話せる友達がいないと女性からも分かってしまいます。

信頼できる同性の男友達がいないと、女性は不安を感じてしまいます。

いちから友達を作るとなるとハードルが高くなりますが、普段からお付き合いのある同僚や習い事で出会う人とプライベートでも遊ぶようにしてみてください。

相手を知ろうとすることで、自然と友達ができてきます。

11.前の恋愛を引きずっている

恋愛偏差値の低い男性は前の恋愛を引きずっています。

いつまでも前の恋愛を忘れることができず、元カノの悪口を言ったり、過去の武勇伝を語ったりしています。

女性から見るとただカッコ悪いだけで、何もいいとは思わないです。

それよりも前の恋愛を過去のことと受け入れ、それをバネに色々と頑張れる男性のほうが見ていて清々しくてかっこいいです。

元カノとよくない別れ方をしたり、長年の恋愛からの別れだとどうしても引きずってしまいます。

新しい風を吹かせるためにも、一歩を踏み出してください。

12.大勢の場で一人でいる

恋愛偏差値の低い男性は大勢の場で一人でいることが多いです。

普段から対人関係が苦手なので、大勢の場になると委縮してしまいどうしても一人になってしまいます。

誰しも大勢の場だと緊張するものですが、堂々と誰かに話しかけたり、輪の仲にも入っていけたりするほうがかっこいいです。

度胸のある男性の背中は女性の目に留まります。

初対面の人でも自ら積極的に話しかけ、大勢の場でも色々な人と触れ合うようにしてください。

13.自分から連絡をしない

恋愛偏差値の低い男性は自分から連絡をしないです。

連絡は女性からするものという偏った考えを持っていて、デートの後のやり取り、毎日寝る前のやり取りはすべて女性からするものと思っています。

女性からすると、連絡はいつも自分からで、受け身である男性に不満を持ちます。

対等な関係の方が恋愛は楽しいです。

男性からも連絡をして、積極的に女性のことを知ろうとしてください。

14.変なプライドがある

恋愛偏差値の低い男性は変なプライドがあります。

変なプライドがあるため、気になっている女性がいても自ら声を掛けることができません。

そして、気が付いたら出会いを逃してしまっていることが多いです。

自分の好みのタイプの女性がいたら、男性からアプローチするようにしてください。

変なプライドは捨て去り、自ら動くことで恋愛は始まります。

15.相手の表情を見ておらず、距離感が測れていない

恋愛偏差値の低い男性は相手の表情を見ておらず、距離感が測れていないです。

距離感が測れていないので、女性が嫌だと思っていることをしたり、まったく意図していることと逆のことをしたりします。

そして、いい雰囲気にならずにそのままになってしまうことが多いです。

まずは相手の表情を見るようにして、相手の気持ちを知ろうとしてください。

分からないときは相手の気持ちを聞き、適度な距離感をキープするようにしてください。

女性が思う雰囲気で察することは男性にはむずかしいですが、その都度聞いてあげることで少しずつできることは増えていきます。

恋愛偏差値を上げたいならすぐに行動あるのみ

恋愛偏差値を上げたいならすぐに行動あるのみです。

どうせ自分は何をやってもモテないから、恋愛偏差値を上げることはできないと最初から決め付けてしまうととてももったいないです。

自分は変わりたい!と思って、恋愛偏差値の高い男性に求められるスキルをできることから始めてみてください。

少しずつ成功が重なることで、自然と自分に自信が持てるようになります。