CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

恋愛偏差値が高い男性の15個の特徴・低い男性の15個の特徴


恋愛偏差値が高い男性と低い男性は、先に分かれば女性としてはうれしいですが、なかなかすぐには分かりません。

恋愛偏差値が高い男性のほうがいいけれど、実は恋愛偏差値が低い男性かもしれない…本人にも聞けないしどうしたらいいのか不安になるものです。

恋愛偏差値が高い男性と低い男性の特徴を15個ずつご紹介します。

今後の恋愛にお役立てください。

恋愛偏差値って?

恋愛偏差値とは、恋愛という課題を数値化したときに自分がどれくらいの位置にいるのかを具体的にしたものです。

偏差値は試験を受けたときに、自分がどれくらいの位置にいるのかを具体的にしたものです。

それを分かりやすく、恋愛でも言い換えた言葉です。

偏差値が高ければ高いほど女心を理解してくれて、スマートな扱いができる男性だと想像されます。

もちろん恋愛経験も豊富で、女性からモテる傾向があります。

恋愛偏差値が低ければ低いほど女心を理解できなくて、空気を読むことが苦手です。

女心を理解していないため、一緒にデートするとイライラさせられることもあります。

恋愛経験はあるかもしれませんが、女性からモテるとは言い難いです。

恋愛偏差値は試験のときに具体的にリアル化できないかもしれませんが、一定の指標として参考になるかと思います。

目の前にいる男性が恋愛偏差値の高い男性なのかそうでないのか、気になるところです。

恋愛偏差値の高さは外見だけでは判断できない

恋愛偏差値の高さは外見だけでは判断できません。

どれだけカッコイイ男性であっても、中身が伴っていないと意味がありません。

外見は自分の理想に近ければ近いほどいいですが、それ以上に女心を理解できる居心地のいい男性かどうかは重要です。

恋愛は見た目のよさだけではなく、一緒にいて楽しいか、居心地がいいかといった要素のほうが大きいです。

お付き合いが長くなればなるほど、外見だけでは判断できなくなります。

恋愛偏差値の奥深さをもう少し追求しましょう。

モテるからといって、恋愛偏差値が高いわけではない?!

モテるからといって、必ずしも恋愛偏差値が高いわけではありません。

モテる男性は、見た目の良さや女性の扱い方が上手でモテているかもしれません。

しかし、本当に女心を理解できて一緒にいて居心地がいいかどうかといった奥深いところまでは分かりません。

辛口な言い方になってしまいますが、パッと見入口はよくても中身も伴っているかどうかは分かりません。

モテて女性の扱いに慣れている分、もしかしたらすごく遊んでいる可能性もあります。

一晩の楽しみのために甘い言葉で口説いているのかもしれません。

モテる分女性からお声がかかるものの、忙しさや疲れといった色々な理由で恋愛そのものにまったく興味を示さない男性もいます。

まずは入口から男性を観察し、じっくりと恋愛偏差値の高い男性かどうかを観察していくのがいいかと思います。

恋愛偏差値が高い男性の15個の理由。あなたはいくつ当てはまってる?

恋愛偏差値が高い男性の15個の理由を紹介します。

あなたはいくつ当てはまっているでしょうか?

自分ではモテている恋愛偏差値の高い男性だと思っていても、実は女性から見ると空気の読めないプライドの高い男性という評価かもしれません。

女性と男性では考え方や感じ方が違います。

リアルに恋愛偏差値が高い男性の理由を知り、さらに男性は自分自身で恋愛偏差値を高めていくために色々な頑張りをするのがベストかと思います。

1.聞き上手


恋愛偏差値の高い男性は聞き上手です。

女性はいつもおしゃべりが大好きで、自分が感じたことや考えたことをとりあえず一通り誰かに聞いて欲しいと考えています。

男性だとそれを全て聞いてくれる人は多くないので、聞き上手でいると女性のハートを満たすことができます。

聞き上手だからといって、聞くフリをしていてもすぐにバレてしまいます。

きちんと女性の話を聞いて、時々自分からも共感するコメントを入れたり、質問返しをしたりすることで、聞いていることをリアルに伝えていくことが大切です。

時々退屈に感じるかもしれませんが、女性のハートを満たすうえで最初から最後まで話を聞くことはとても大事です。

2.引き際が分かる

恋愛偏差値の高い男性は引き際を分かっていてスマートな行動ができます。

自分がいいなと思った女性にアプローチしてみて、脈がないなと思ったらしつこくせずにすっと離れることができます。

それは過去の経験や女心をそれとなく理解することができるからです。

女性も嫌だと感じるまでにほどよい距離感をキープできるので、今度は女性からアプローチされる希望を持つことができます。

ページトップ