心を整えておくと、いつも穏やかな気持ちで物事に取り組むことができます。

人間関係もトゲトゲすることなく、うまくいくことができます。

心を整えたいと思っていても、実際にはイライラしたり落ち込んだりすることもあり、どうしたらいいのか悩んでいる人もいます。

今回は心を整える12個の方法を紹介します。

イライラしたり落ち込まないために、自分と向き合ってみてください。

心を整えればいろんなことが上手くいく

心を整えればいろんなことが上手くいきます。

いつも穏やかな気持ちでいると、周りの人が落ち込んでいたり、イライラしたりしていても巻き込まれずに向き合うことができます。

多少待たされても落ち着いて待つことができますし、ゆっくりと物事に取り組むことで些細なミスを防ぐことができます。

心を整えると最終的に人から信頼され、人間関係だけでなくすべてのことが上手くいきます。

現実にはそれをするのがむずかしいのですが、少しでも心を整える方法を知ってもらえたら嬉しいです。

心を病んでいる人が多い現代


心を病んでいる人が多い現代なのが実情です。

日本人はいつも時間に追われていて、仕事でイライラして人間関係でギスギスすることが目立ちます。

少しでも待たされるとカリカリして、お互いうまくいかないとトラブルになることもあります。

大人のいじめもなくなりません。

職場でもターゲットを見つけていじめる人も未だにいます。

人に対する嫉妬心もあり、自分よりもうまくいっている人のことを素直に喜べない気持ちもあります。

人それぞれ色々なことがあり、心を病んでいる人が多い現代です。

子供の頃に夢見た理想論では物事はやっていけないです。

消費税増税、少子高齢化、AI進出により選べる職種が減っていくことが見込まれるなど希望が持てないことが多く、どうしてもそうなるのかもしれません。

まずは自分から立ち上がり、心を病んでいる現状を変えたいと思う気持ちを持ってください。

考えなければいけないことがいっぱい

日々私たちは考えなければいけないことがいっぱいあります。

家族のこと、仕事のこと、友人関係、ご近所や学校関係、それぞれにまつわる人間関係や与えられた責任に対して考えなければいけないことがいっぱいあります。

それ以外にもふってわいたようなトラブルやアクシデントにより、さらに考えなければいけないことが増える可能性もあります。

まだ実際に起きていない問題でも、将来のことを想像しながら悩んだり、どういった選択をするのがいいのか迷ったりすることもあります。

何が正解かは分かりませんが、落ち着いて心を整えることで考えなければいけないことを整理できると思います。

心が整えば気持ちに余裕が生まれる

心が整えば気持ちに余裕が生まれます。

心が整えられると、自分の今の悩み、楽しみ、目標などがスッキリと整理されます。

そして、余計なことを考えなくてもよくなり、気持ちに余裕が生まれてきます。

気持ちに余裕が生まれると、物事がうまくまわっていきます。

些細なことでイライラしなくなり、どんと構えることができるようになります。

穏やかな人柄でいることで、周囲の人との人間関係も和やかになります。

全て自分の自信へと繋がり、新しいことにチャレンジする意欲も育成されていくのではないかと思います。

気持ちの余裕はとても大事です。

心を整えて、日々少しずつ育てていってください。

考え過ぎたり悩むことをやめてみよう

心を整えるために、考え過ぎたり悩むことをやめてみてください。

私たちは1つの悩み事や課題があると、実際に起きている以上に色々悩んだり、将来起きることに対して悲観的に考えて悩んだりしてしまいます。

「案ずるより生むが易し」ということわざのように、私たちが心配するほどむずかしいことはなくて、実際にやってみるとすごくシンプルなことが多いです。

どうしても新しいことにチャレンジしたり、新しい環境に飛び込んだりするときは特に考え過ぎたり悩んだりしてしまいます。

何か自分の打ち込めることを見つけて、考える時間自体を減らすというのもいいのではないかと思います。

世の中は意外と単純

私たちが思っているより、世の中は意外と単純です。

心配なことや悩み事があると、そのことばかり考えて複雑にしてしまいます。

しかし、実際には周りの人たちのサポートや自分の力もあり、実際にやってみるとどうにかなることも多いです。

世の中の多くは「シンプル」「何とかなる」ことがほとんどで、意外と単純にできています。

意外と単純だと思うようにすると、世の中に出回っているマーク記号のように何でも簡単に見えてきます。

そして、何事もなんとかなるように思えてきます。

世の中は意外と単純にできているといつも心に言い聞かせ、何かトラブルが起きたときも落ち着いて対応できる自分を目指してみてください。

心を整える12個の方法

心を整える12個の方法を紹介します。

心を整えると気持ちに余裕が生まれて、全体的にうまくまわっていくようになることはなんとなく掴んでいただけたでしょうか。

そこで、次の項目では具体的に心を整える12個の方法を紹介します。

すべて世の中は意外と単純にできているの言葉通り、むずかしく考えずにそのまま実行するといたって簡単なことがほとんどです。

ぜひ、日常生活の一部に組み込んでいってみてください。

人の目を気にしない

人の目を気にしないようにすると、心を整えることができます。

人の目を気にしていると、自分の言動をセーブしたり、過去の自分の判断は間違っていたのだろうかと悩んだりします。

そして、自分の気持ちよりも周りの意見や人の目を気にしてしまい、自分らしさを出せなくなってしまいます。

人の目を気にしないようにすると、自然と自分らしさを出すようになり、さらに自分の意見もきちんと言えるようになります。

人の目を気にしないことで、確かに離れていく人たちもいるかもしれません。

しかし、最終的にそれでもご縁があった人たちは自分にとって本当に大切な存在だということがよく分かります。

自分は自分、他人は他人

自分は自分、他人は他人だと割り切ってください。

他人の言動ばかり気にしていると、他人のコピーのような人になってしまいます。

いつも上司や先輩の言いなりで自分らしさを出せない人生はつまらないです。

自分は自分、他人は他人だとスッキリ割り切ることで、他人の影響を受けずに自分らしさを出すことができます。

時には社会人として生きていく上で、学校という集団生活を乗り切っていく上で周りに合わせないといけないときもあります。

プライベートな時間だけでも、自分は自分、他人は他人だと割り切ってください。

もちろん仕事や学校の場であっても、ここぞというときは自分の気持ちをスッキリ言ってください。

朝日を浴びる


朝日を浴びると、心を整えることができます。

朝日を浴びることで、体をリラックスさせて睡眠へともっていくための成分であるメラトニンの生成をセーブさせると言われています。

朝日を浴びて一日元気に行動しようと気持ちがリセットされ、新しい気持ちで一日を過ごすことができます。

前日の悩みやストレスからいったん解放されることも期待できます。

朝日を浴びるような時間帯にきちんと起きて、夜は早めに寝ることで疲れをスッキリととっておくことが大切です。

目覚めたら窓を開けて朝日を浴び、思いきり深呼吸することを一日の習慣としてみてください。

バランスの良い食事を心がける

バランスの良い食事を心がけると、心を整えることができます。

バランスの良い食事は私たちの体の健康を整えてくれます。

そして元気に過ごすことで全てがうまくまわるようになり、心を整えることができます。

忙しく時間に追われていたり、疲れていたりすると、どうしても便利な外食やコンビニ弁当に頼りたくなります。

何も料理したくないくらい辛いときもあります。

一日三食のうち一食、それが大変なら余裕のある仕事が休みの日や土日のみだけでもいいので自炊して、バランスの良い食事を心がけてください。

炒めたり、ゆでたりするだけできちんと食事を摂ることができる配達サービスも色々あります。

便利なものにも頼って、日々の食生活を見直してみてください。

良質な睡眠時間を確保する

良質な睡眠時間を確保することで、心を整えることができます。

良質な睡眠時間は私たちの体の健康を整えるうえでとても大切なです。

良質な睡眠を確保することで、体のリズム一律になって活動的になります。

そして、生活習慣病などを予防することが期待できます。

良質な睡眠時間を確保するには、色々なやり方があります。

日々仕事帰りや朝などに運動する習慣をつけたり、お風呂に入るときは湯舟につかるようにしたり、一日三食しっかり食べたり、といった工夫をしてみてください。

少しずつ良質な睡眠時間を確保できるようになると思います。

生活リズムやルーティンを決めて動く

生活リズムやルーティンを決めて動くと、心を整えることができます。

休日にだらだらと寝ていたり、何もしないでやることが溜まったりすると心が乱れてしまいます。

そして、さらにやる気がなくなる悪循環に陥ってしまいます。

生活リズムやルーティンを決めて動くと、一日の同線がスッキリしてやるべきことをきちんとこなすことができます。

もちろん思った通りにいかないときもあるので、臨機応変な対応は必要となります。

ざっくりでもいいので、何時に起きて何時に寝る、夕食やお風呂の時間など自宅にいる時間のルーティンから決めてみてください。

ネガティブ思考の時間は無駄だと割り切る

ネガティブ思考の時間は無駄だと割り切ってください。

ネガティブ思考でいると、全てのことがネガティブに見えてしまいます。

そして、実際に起こることもネガティブになりがちです。

そんな時間は無駄でしかないので、割り切ってネガティブ思考にならないように心がけてください。

ネガティブ思考にならないように、プライベートな時間も趣味や友達とのお付き合いでやるべきことを増やし、考える時間を作らないようにするといいと思います。

ネガティブ思考になりそうになったら、家族や友人、恋人などに心のうちを聞いて貰ってスッキリさせる方法もあります。

ネガティブ思考になりそうになったら切り替えて、できるだけプラス思考でいられるように頑張ってください。

前に進む方法を考える時間に変えよう

ネガティブ思考の時間を前に進む方法を考える時間に変えてください。

ネガティブ思考でずっといると、結局どういった判断をしてどう行動すればいいのか何も見えてきません。

それならいっそのこと、前に進む方法を考える時間にすればおのずとスッキリします。

何かトラブルが起きたときは人目を気にして落ち込まず、トラブルを解決させるための方法を考えてください。

そして、必要に応じて誰かに相談してください。

辛いときは好きなことでストレス発散して、できるだけ早く心の傷を癒すようにしてください。

前に進む方法を考えることはいたってシンプルなことです。

ノートに書き出したりすると分かりやすいと思います。

トラブルが起きた時も同じです。

責任を押し付け合ったり、犯人捜しをしたりする時間があるくらいなら、プラス思考でどうすればうまくいくのかを考えたほうがずっといいです。

部屋や身の周りを整えよう

部屋や身の周りを整えることで、心を整えることができます。

部屋が乱れているとどこに何があるのか分からなくなり、イライラしてしまいます。

また、同じものを買ってしまって余計な在庫を増やしてしまいます。

必要なものと不必要なもの、さらにどちらか決められないものにスッキリと分けてしまい、断捨離をする機会を作ってください。

半年に一回くらいのペースにしておくと習慣化します。

不必要なものはフリマアプリで出品したり、リサイクルショップに持って行ったりするといいと思います。

高価買取になることはなくても、小さな積み重ねは大きなものになります。

どこに何があるのか分かるようにラベリングし、物の固定位置を決めておくと生活同線もスマートになります。

自分の原点を整えることで、自然と心も整えることができると思います。

空いている時間に少しずつ整理整頓してみてください。

面倒くさいから休みの日は寝ていたいという気持ちは捨て去りましょう。

少しでも活発に動くことで体の健康や良質な睡眠といったことへの効果も期待できます。

部屋の乱れは心の乱れ

部屋の乱れは心の乱れとは、ストレートな表現だと言えます。

部屋が乱れていると、自宅に帰ってもなかなか落ち着きません。

一日のストレスや疲れが増幅してしまい、さらに何もやる気が起きなくなります。

面倒かもしれませんが、少しずつ部屋を整えてください。

一度整った部屋のベースができると、こまめに片づけるようになります。

理想のインテリア雑誌などを目標にするとモチベーションが上がると思います。