皆さんは厳禁と聞くと、どのようなことを思い浮かべますか?

今回は、厳禁の意味や「禁止」との違いについて解説していきたいと思います。

「厳禁」を見ると、皆ドキッとする

何かの注意書きを見た時に、厳禁と書かれているとドキッとすることはありませんか?

それは守らないといけないと思っているからだと思います。

その厳禁という言葉について掘り下げてみていきましょう。

厳禁とは?


厳禁とは、厳しく禁止をしているという意味です。

読み方は「げんきん」です。

意味は読んでそのまま

意味はそのままで、先ほども触れたように厳しく禁止をするという意味です。

この様子から、絶対にやってはいけないのだなというように感じられる人も多いのではないのでしょうか。

禁止だけでは弱い

厳禁とは書かなくても、正直禁止だけでいいのではないかと思われるところもあるかもしれませんが、禁止では弱い場合があります。

してはいけないということは理解するかもしれませんが、それを破るとどうなるのだろうと思う人も一定数います。

もちろん、そのような人は厳禁と書かれていても実行に移す人なのかもしれませんが、禁止と書かれるよりかは厳禁と書いたほうが、よりわかりやすい所もあるでしょう。

禁止の意味は?

禁止とは、どのような意味があるのかと言うと、やってはいけないというような意味合いを指します。

一般的なルールとしてやってはいけないこと

大体は一般的な傾向として、やってはいけないことを取り上げています。

例えば賃貸住宅の契約を見てみると、夜10時から朝7時頃までの洗濯機の使用を禁止しているということもあります。

洗濯機は振動なども結構あるため、静かな時間帯に使われると音が響いてしまうことがあります。

もちろんどうしても使わなくてはいけない事情があるというのであれば、その限りではありませんが、できれば使わない方が良いとされているのです。

守らなくてもバツは軽い

先ほど触れた洗濯機の利用時間についてですが、守らなかったからといって、特に罰則があるわけではありません。

近所迷惑になるのでやめましょう、という意味合いで契約されているだけであり、特に使ったからといって賠償しなければいけないなどの決まりはありません。

このように守らなくても罰は軽い、もしくは特に命に支障がないというものに関しては禁止という言葉がふさわしいでしょう。

ただ安全に関わるものであったりすると、この禁止では少々弱いところがあります。

そのような場合は厳禁という言葉が使われるのでしょう。

禁止とはどう度合いが違う?

では、厳禁と禁止ではどの程度意味合いが違うのでしょうか。

厳禁という言葉は使われる場合は、どのような場面が多いのかを見ていきましょう。

命の危険がある場合

絶対に守らなくてはいけない理由の一つとして、命の危険があることに関しては厳禁としていることがあります。

例えば、冬の富士山の登山厳禁というのもそれに由来します。

もちろんきちんと登山計画を立て、許可を得た上で登る分には問題ありません。

しかし雪が積もっていたりして、危険で滑落する危険性があるということであれば、厳禁エリアとして設定されているところがあります。

もちろん山だけではなく、日常生活においてもそうですし、川や海など溺れてしまう可能性があるところでも、よく見られます。

このように命の危険がある場合に、注意喚起として厳禁という言葉を使っている傾向があります。

命を守りたいとか普通に生活をしたいと思っている人であれば、そのエリアで禁止事項をするということはないと思います。

特にお子さんがいるということであれば、なるべく近づけないようにしたり、事故を起こさないようにしたりという注意喚起になります。

このような意味で、厳禁という言葉が使われているのです。

人に危害を加える場合

もちろん命にはかかわらなくても、人に危害を加えるということから厳禁としているところもあるでしょう。

動物園などでもよく見かけると思います。

動物を撮影する時に、フラッシュ撮影を禁止しているところもあります。

動物自身のためというのもありますが、動物がパニックを起こしてしまうことで、もしかしたら人間にも何か影響を与える可能性もあるということで禁止していることがあります。

また最近は住宅地に熊が出没することがありますが、熊への餌やりも禁止しています。

こちらも厳禁と言ってもいいでしょう。

それはなぜかと言うと、熊は餌があるということを確信すると、ずっとそこに出没するからです。

そうするといつかは人を襲うかもしれませんし、もしかしたら人を食べてしまう可能性もあります。

そして人間の味を覚えた熊は、人を餌だと認識をして襲ってくるかもしれません。

だからこそ餌やりは厳禁と言われていたり、あえて熊に近づくことを厳禁したりということは、熊が出没しやすい地域ではよくあることです。

大切なものを失う恐れがある

もちろん命や怪我というだけではなくて、大切なものを失う恐れがあるからこそというところもあります。

命が無事で体が大丈夫ならと思うところがありますが、財産などがなくなってしまうのもまた辛いものです。

局地的な災害があって家や財産などを失ってしまったというような方もいます。

このような場合は確かに命も無事で、体も怪我がなく良かったと思う一面がある一方で、これからどうしようかという絶望に苛まれるというところがあります。

もちろん最終的には、また資産形成をしたりするということに落ち着くところはありますが、やはりそのような全財産を失うようなことはできればない方がいいです。

だからこそ、危険なことはしないようにという注意を呼びかけるという意味で、厳禁という言葉が使われているところがあります。

「厳禁」が使われる場面の例


では具体的に、厳禁と言われたり使われる場面には、どのようなものがあるのでしょうか。

厳禁という言葉が使われる例について見ていきましょう。

このキノコを食べるのは厳禁です

キノコには食べれるものもあれば毒キノコもあり、最悪の場合死に至るような恐ろしいキノコもあります。

しかも毒キノコの恐ろしいところは、見た目が禍々しいということはなく、普通に食べれるのではないかと思われるキノコも多いです。

毒キノコについて調べてみると、なんとなくなめこに似ているようなものであったり、白くてともすれば普通に調理をして食べられるのではないかと思うようなキノコもたくさんあります。

このキノコを食べるのは厳禁ですと言われたら、命に関わると思っても間違いないでしょう。

命の危険性は免れても、障害が残ってしまう可能性もあります。

いろいろなキノコがありますが、肝機能に影響が出たり、中には脳に影響が出るようなタイプの毒キノコもあります。

このキノコを食べるのは厳禁ですと言われたら、食べないのはもちろんのことですが、キノコ狩りに行くときも、キノコのプロの確認が必要です。

そうでないと素人では見分けが難しい毒キノコもあるからです。

このエリアでは遊泳厳禁

このエリアでは遊泳厳禁と言われたら、基本的に泳ぐと事故に遭いやすいエリアであるといってもいいでしょう。

足が届かないようなところなのかもしれませんし、波が強いところなのかもしれません。

この場合は高い確率で、命に関係がするということから、厳禁にしているところがあります。

そうではなくても事故に遭いやすいエリアということであれば、一命を取り留めてもその後が大変だという可能性も否定できません。

だからこそ、このエリアでは遊泳厳禁と言われたら絶対に泳がないようにしましょう。

さらにはお子さんであれば、そのエリアには行かないように注意喚起をするべきです。

このように厳禁エリアであるにも関わらず、分かっていながらもそこでジャンプしたり泳いだりというようなことで事故に遭ってしまったという例はよくあります。

遊泳厳禁と言われたら絶対に遊泳しないようにしましょう。

「溺れたりする心配がないから、浮き輪があれば大丈夫でしょう?」と思うかもしれませんが、それでも高波などがあると大変危険です。

浮き輪があるからとか、絶対に泳ぎに自信があるからと安心せずに、遊泳禁止エリアと言われたらそこには入らないようにしましょう。

折曲厳禁(配送の箱に記載されている)

こちらは命に関わるというわけではありませんが、折り曲げることによって商品に傷がついてしまう可能性もあることから、そのようにしていることもあります。

最近は色々なものをネットで買うことができるため、大変便利になってきました。

扱う商品はいろいろなものがあり、中には折り曲げると困るような商品もあります。

このような場合は、折り曲がらないようにきちんと包装するということも挙げられますが、さらにこのように配送の箱にもきちんと記載して、扱いに気をつけてもらうという必要性もあるのです。

そうすることによって、より安全に商品が届くというメリットがあります。

火気厳禁

例えば火気を近づけることで、爆発するかもしれないとか、発火するかもしれないというものに対しては、火気厳禁という言葉を入れたりします。

例えばガソリンが充満している部屋で、タバコを吸うと非常に危険です。

タバコを吸うときは、たいていはマッチやライターなどを使う人が多いと思います。

そのような時に火気厳禁というのがないと、引火してしまう可能性もあります。

このように火気厳禁と書かれていれば、火の扱いに気を付けることができます。

追い越し厳禁

車を運転している人だと、時に急いで運転しているという人もいるでしょう。

そのような時に、遅い車がいたら追い越しをしたいと思ってしまうものです。

しかし追い越しをすることで、危険なところがありますので、そのような時に追い越し厳禁という表示がされていたり注意喚起があったりします。

よくあるケースで言えば、カーブになっているところは、追い越し厳禁になっていることも多いです。

それは、追い越しをした途端に対向車が見えてくることもあり、対向車との正面衝突の危険性があるからです。

厳禁と書かれても逆らう人とは?

ただこのように厳禁と書かれて、厳しく禁止されているにもかかわらず、中にはそれに逆らう人もいます。

最近はSNSやYouTubeの影響から、そのような人たちもよく見られるようになりました。

このようにSNSでYouTubeなどで拡散することができるからこそ、そのような人が増えたのかというような錯覚を覚えますが、必ずしもそうではありません。

昔から、このような人も一定数いました。

それは大人ばかりではなく、子供でも同じです。

入ってはいけないというところに入りたがる子供はいませんでしたか?

同級生でも、そのような子は一定数いたはずです。

ですので禁止されるとやりたくなるというようなタイプの人は、今も昔も同じぐらいの割合でいるのではないのでしょうか?

厳禁と書かれていても、逆らう人の特徴をご紹介します。

目立ちたがり

厳禁と書かれても逆らう人は、目立ちたがり屋の傾向があります。

禁止されていることをあえてやるということに関して、かっこいいと思っていたり、すごいと思われたいという気持ちがあったりします。

YouTubeなどを見ていても、立ち入り厳禁エリアに入って探索をしているという動画もたくさんあります。

もちろん目立ちたがりという目的以外にも、YouTubeの場合は広告収入が得られるというところもあるでしょう。

立ち入りが厳禁されている場所に自分では行く勇気はないけれど、気になるという人もいます。

このような人たちから、あえて立ち入り厳禁エリアに入っていくというところを見たいという需要があります。

このような需要に応える形で、立ち入り厳禁エリアに入っていくというようなこともあります。

ただ生活のためにそのようなことをしているというよりかは、目立ちたがり屋という要素も非常に強い一面があるでしょう。

自暴自棄になっている

特に目立ちたいというわけではなくても、そのような厳禁されていることをあえてやるという人はいます。

そのような人は、自暴自棄になっていることがあります。

命に関わるような厳禁事項についてしようとしている人は、最悪命を落としても構わない、むしろ命を落としたいと思っている場合もあります。

例えば先ほども触れた遊泳禁止エリアに、あえて入っていくということは命に支障があっても構わないという気持ちがあるからこそと言えるかもしれません。

立ち入り禁止エリアに入っていたり、神隠しに遭いやすいというエリアに入っていくことであれば、そんなに積極的になくなりたいと思っているわけではないけれど、どうなっても構わないという気持ちからそのようになっている可能性もあります。