皆さんは厳禁と聞くと、どのようなことを思い浮かべますか?

今回は、厳禁の意味や「禁止」との違いについて解説していきたいと思います。

「厳禁」を見ると、皆ドキッとする

何かの注意書きを見た時に、厳禁と書かれているとドキッとすることはありませんか?

それは守らないといけないと思っているからだと思います。

その厳禁という言葉について掘り下げてみていきましょう。

厳禁とは?


厳禁とは、厳しく禁止をしているという意味です。

読み方は「げんきん」です。

意味は読んでそのまま

意味はそのままで、先ほども触れたように厳しく禁止をするという意味です。

この様子から、絶対にやってはいけないのだなというように感じられる人も多いのではないのでしょうか。

禁止だけでは弱い

厳禁とは書かなくても、正直禁止だけでいいのではないかと思われるところもあるかもしれませんが、禁止では弱い場合があります。

してはいけないということは理解するかもしれませんが、それを破るとどうなるのだろうと思う人も一定数います。

もちろん、そのような人は厳禁と書かれていても実行に移す人なのかもしれませんが、禁止と書かれるよりかは厳禁と書いたほうが、よりわかりやすい所もあるでしょう。

禁止の意味は?

禁止とは、どのような意味があるのかと言うと、やってはいけないというような意味合いを指します。

一般的なルールとしてやってはいけないこと

大体は一般的な傾向として、やってはいけないことを取り上げています。

例えば賃貸住宅の契約を見てみると、夜10時から朝7時頃までの洗濯機の使用を禁止しているということもあります。

洗濯機は振動なども結構あるため、静かな時間帯に使われると音が響いてしまうことがあります。

もちろんどうしても使わなくてはいけない事情があるというのであれば、その限りではありませんが、できれば使わない方が良いとされているのです。

守らなくてもバツは軽い

先ほど触れた洗濯機の利用時間についてですが、守らなかったからといって、特に罰則があるわけではありません。

近所迷惑になるのでやめましょう、という意味合いで契約されているだけであり、特に使ったからといって賠償しなければいけないなどの決まりはありません。

このように守らなくても罰は軽い、もしくは特に命に支障がないというものに関しては禁止という言葉がふさわしいでしょう。

ただ安全に関わるものであったりすると、この禁止では少々弱いところがあります。

そのような場合は厳禁という言葉が使われるのでしょう。

禁止とはどう度合いが違う?

では、厳禁と禁止ではどの程度意味合いが違うのでしょうか。

厳禁という言葉は使われる場合は、どのような場面が多いのかを見ていきましょう。

命の危険がある場合

絶対に守らなくてはいけない理由の一つとして、命の危険があることに関しては厳禁としていることがあります。

例えば、冬の富士山の登山厳禁というのもそれに由来します。

もちろんきちんと登山計画を立て、許可を得た上で登る分には問題ありません。

しかし雪が積もっていたりして、危険で滑落する危険性があるということであれば、厳禁エリアとして設定されているところがあります。

もちろん山だけではなく、日常生活においてもそうですし、川や海など溺れてしまう可能性があるところでも、よく見られます。

このように命の危険がある場合に、注意喚起として厳禁という言葉を使っている傾向があります。

命を守りたいとか普通に生活をしたいと思っている人であれば、そのエリアで禁止事項をするということはないと思います。

特にお子さんがいるということであれば、なるべく近づけないようにしたり、事故を起こさないようにしたりという注意喚起になります。

このような意味で、厳禁という言葉が使われているのです。

人に危害を加える場合

もちろん命にはかかわらなくても、人に危害を加えるということから厳禁としているところもあるでしょう。

動物園などでもよく見かけると思います。

動物を撮影する時に、フラッシュ撮影を禁止しているところもあります。

動物自身のためというのもありますが、動物がパニックを起こしてしまうことで、もしかしたら人間にも何か影響を与える可能性もあるということで禁止していることがあります。

また最近は住宅地に熊が出没することがありますが、熊への餌やりも禁止しています。

こちらも厳禁と言ってもいいでしょう。

それはなぜかと言うと、熊は餌があるということを確信すると、ずっとそこに出没するからです。

そうするといつかは人を襲うかもしれませんし、もしかしたら人を食べてしまう可能性もあります。

そして人間の味を覚えた熊は、人を餌だと認識をして襲ってくるかもしれません。

だからこそ餌やりは厳禁と言われていたり、あえて熊に近づくことを厳禁したりということは、熊が出没しやすい地域ではよくあることです。

大切なものを失う恐れがある

もちろん命や怪我というだけではなくて、大切なものを失う恐れがあるからこそというところもあります。

命が無事で体が大丈夫ならと思うところがありますが、財産などがなくなってしまうのもまた辛いものです。

局地的な災害があって家や財産などを失ってしまったというような方もいます。

このような場合は確かに命も無事で、体も怪我がなく良かったと思う一面がある一方で、これからどうしようかという絶望に苛まれるというところがあります。

もちろん最終的には、また資産形成をしたりするということに落ち着くところはありますが、やはりそのような全財産を失うようなことはできればない方がいいです。

だからこそ、危険なことはしないようにという注意を呼びかけるという意味で、厳禁という言葉が使われているところがあります。

「厳禁」が使われる場面の例


では具体的に、厳禁と言われたり使われる場面には、どのようなものがあるのでしょうか。

厳禁という言葉が使われる例について見ていきましょう。

このキノコを食べるのは厳禁です

キノコには食べれるものもあれば毒キノコもあり、最悪の場合死に至るような恐ろしいキノコもあります。

しかも毒キノコの恐ろしいところは、見た目が禍々しいということはなく、普通に食べれるのではないかと思われるキノコも多いです。

毒キノコについて調べてみると、なんとなくなめこに似ているようなものであったり、白くてともすれば普通に調理をして食べられるのではないかと思うようなキノコもたくさんあります。

このキノコを食べるのは厳禁ですと言われたら、命に関わると思っても間違いないでしょう。

命の危険性は免れても、障害が残ってしまう可能性もあります。

いろいろなキノコがありますが、肝機能に影響が出たり、中には脳に影響が出るようなタイプの毒キノコもあります。

このキノコを食べるのは厳禁ですと言われたら、食べないのはもちろんのことですが、キノコ狩りに行くときも、キノコのプロの確認が必要です。

そうでないと素人では見分けが難しい毒キノコもあるからです。

このエリアでは遊泳厳禁

このエリアでは遊泳厳禁と言われたら、基本的に泳ぐと事故に遭いやすいエリアであるといってもいいでしょう。

足が届かないようなところなのかもしれませんし、波が強いところなのかもしれません。

この場合は高い確率で、命に関係がするということから、厳禁にしているところがあります。

そうではなくても事故に遭いやすいエリアということであれば、一命を取り留めてもその後が大変だという可能性も否定できません。

だからこそ、このエリアでは遊泳厳禁と言われたら絶対に泳がないようにしましょう。

さらにはお子さんであれば、そのエリアには行かないように注意喚起をするべきです。

このように厳禁エリアであるにも関わらず、分かっていながらもそこでジャンプしたり泳いだりというようなことで事故に遭ってしまったという例はよくあります。

遊泳厳禁と言われたら絶対に遊泳しないようにしましょう。

「溺れたりする心配がないから、浮き輪があれば大丈夫でしょう?」と思うかもしれませんが、それでも高波などがあると大変危険です。

浮き輪があるからとか、絶対に泳ぎに自信があるからと安心せずに、遊泳禁止エリアと言われたらそこには入らないようにしましょう。

折曲厳禁(配送の箱に記載されている)

こちらは命に関わるというわけではありませんが、折り曲げることによって商品に傷がついてしまう可能性もあることから、そのようにしていることもあります。

最近は色々なものをネットで買うことができるため、大変便利になってきました。

扱う商品はいろいろなものがあり、中には折り曲げると困るような商品もあります。

このような場合は、折り曲がらないようにきちんと包装するということも挙げられますが、さらにこのように配送の箱にもきちんと記載して、扱いに気をつけてもらうという必要性もあるのです。

そうすることによって、より安全に商品が届くというメリットがあります。

火気厳禁

例えば火気を近づけることで、爆発するかもしれないとか、発火するかもしれないというものに対しては、火気厳禁という言葉を入れたりします。

例えばガソリンが充満している部屋で、タバコを吸うと非常に危険です。

タバコを吸うときは、たいていはマッチやライターなどを使う人が多いと思います。

そのような時に火気厳禁というのがないと、引火してしまう可能性もあります。

このように火気厳禁と書かれていれば、火の扱いに気を付けることができます。

追い越し厳禁

車を運転している人だと、時に急いで運転しているという人もいるでしょう。

そのような時に、遅い車がいたら追い越しをしたいと思ってしまうものです。

しかし追い越しをすることで、危険なところがありますので、そのような時に追い越し厳禁という表示がされていたり注意喚起があったりします。

よくあるケースで言えば、カーブになっているところは、追い越し厳禁になっていることも多いです。

それは、追い越しをした途端に対向車が見えてくることもあり、対向車との正面衝突の危険性があるからです。

厳禁と書かれても逆らう人とは?

ただこのように厳禁と書かれて、厳しく禁止されているにもかかわらず、中にはそれに逆らう人もいます。

最近はSNSやYouTubeの影響から、そのような人たちもよく見られるようになりました。

このようにSNSでYouTubeなどで拡散することができるからこそ、そのような人が増えたのかというような錯覚を覚えますが、必ずしもそうではありません。

昔から、このような人も一定数いました。

それは大人ばかりではなく、子供でも同じです。

入ってはいけないというところに入りたがる子供はいませんでしたか?

同級生でも、そのような子は一定数いたはずです。

ですので禁止されるとやりたくなるというようなタイプの人は、今も昔も同じぐらいの割合でいるのではないのでしょうか?

厳禁と書かれていても、逆らう人の特徴をご紹介します。

目立ちたがり

厳禁と書かれても逆らう人は、目立ちたがり屋の傾向があります。

禁止されていることをあえてやるということに関して、かっこいいと思っていたり、すごいと思われたいという気持ちがあったりします。

YouTubeなどを見ていても、立ち入り厳禁エリアに入って探索をしているという動画もたくさんあります。

もちろん目立ちたがりという目的以外にも、YouTubeの場合は広告収入が得られるというところもあるでしょう。

立ち入りが厳禁されている場所に自分では行く勇気はないけれど、気になるという人もいます。

このような人たちから、あえて立ち入り厳禁エリアに入っていくというところを見たいという需要があります。

このような需要に応える形で、立ち入り厳禁エリアに入っていくというようなこともあります。

ただ生活のためにそのようなことをしているというよりかは、目立ちたがり屋という要素も非常に強い一面があるでしょう。

自暴自棄になっている

特に目立ちたいというわけではなくても、そのような厳禁されていることをあえてやるという人はいます。

そのような人は、自暴自棄になっていることがあります。

命に関わるような厳禁事項についてしようとしている人は、最悪命を落としても構わない、むしろ命を落としたいと思っている場合もあります。

例えば先ほども触れた遊泳禁止エリアに、あえて入っていくということは命に支障があっても構わないという気持ちがあるからこそと言えるかもしれません。

立ち入り禁止エリアに入っていたり、神隠しに遭いやすいというエリアに入っていくことであれば、そんなに積極的になくなりたいと思っているわけではないけれど、どうなっても構わないという気持ちからそのようになっている可能性もあります。

厳禁と書かれたことをするとどうなる?

厳禁言われると、大抵の人はやめておこうと思うかもしれませんが、中には逆に禁止されているからこそ行ってみたいと思ってしまう人もいるでしょう。

これは人により性格が違うので、そう思ってしまうのは避けられません。

人間には男性か女性かという違いと同じぐらいに、内向的か外向的かという違いがあります。

それはなぜかと言うと、巣を守るという意味で、内向的な人が非常に大切になってくるからです。

皆が皆、外交的であちこちと飛び回るような人ばかりだと、もし出ていた先で何かがあった場合、全滅してしまいます。

だからこそ、このように巣を守る人は一定数必要なのです。

しかしずっと巣を守り続ける人ばかりだとどうでしょうか?

今度はそこの巣の付近で何かがあったら全滅してしまいます。

だからこそ、巣を守るタイプの人と、どんどんと巣から出ていって、自分のエリアを広げていく人と、どちらも必要な人のなのです。

ただ今現在において、このように巣がどうのこうのという問題は、なくなってきました。

しかし、外交的でどんどんとエリアを広げていくのは素晴らしい一方で、厳禁と書かれていることを、あえてやるというタイプの人であれば、命の危険であったり何か困ったことになってしまったりする可能性があります。

では厳禁と書かれていることをすると、どうなるのかということを見ていきましょう。

そうすることによって、ついつい禁止されたことはやりたいと思ってしまう人であっても、思い止まる可能性が高いのではないのでしょうか。

刑事罰を受けることも

厳禁事項が何かにもよりますが、刑事罰があることもあります。

例えば自動車に関することであれば、違反をすれば違反金を払うか出頭するかというようなところがあります。

だからこそ刑事罰というのは、意外と身近なところにあるのです。

もちろんこのようなことばかりではなく、罰金とかでは間に合わなくて刑事罰を受けるということになってくるケースもあります。

刑事罰を受けると色々と不便なことが起こってきます。

我々一般人が普通に生活をしていて当たり前だと思っていることができなくなる可能性があるということは頭に入れておきましょう。

意外と重い罰が待っている

刑事罰と言うと、殺人などで逮捕されたら、それは重い罰に持っているだろうと思われるけれど、厳禁と書かれていることを少し破ってしまったから、そんなに重い罰はないだろうと思っていたら、それは間違いです。

たとえ命に関わらないようなことであっても、意外と刑事罰を受けるというのは重いことです。

例えば会社員として勤めていたとしたら、刑事罰を受けたことが原因で解雇される可能性もあります。

そうなると生活の基盤を失ってしまう可能性が非常に高いです。

では転職をしたら良いのではと思われるところもありますが、気をつけるべき点は刑事罰を受けることで就けなくなる職業があるということです。

地方公務員や警察官などはもちろんですが、司法書士、保育士など多岐に渡ります。

さらには履歴書で書くときに、刑事罰を受けたことがあるかどうかについて記載するケースもあります。

そこで嘘を書くと、採用後に経歴の虚偽が理由で解雇されてしまう可能性もあります。

出来れば正直に書いた方が良いですが、それを書いたことが理由で採用を見送られてしまう可能性もあります。

転職へのハードルも非常に高いのです。

もちろん刑事罰を受けることで支障が出るのは、仕事関係だけではありません。

プライベートにおいても、ご近所さんとの軋轢などもある可能性があります。

賃貸物件だとしたら引っ越せは済むのではと思うでしょう。

しかし最近はインターネットの発達しておりますので、何かの拍子に新しいご近所さんが刑事罰を受けたことを知ってしまう可能性があります。

そうすると前科者がいるということで、警戒されてしまうこともあり、新たな軋轢が生まれてしまう可能性もあります。

日本は特にこのような犯罪には、非常に厳しい風潮があります。

よくニュースなどを見ていると、逮捕された人は実名報道がされていますよね。

特に何も意識してみないと、ただ逮捕されている人が実名を出されているだけだと思われるところがありますが、やはりこのように前科がある人が、この先同じ会社で働くとか、近所に住むとかになった時は警戒してしまうのではないのでしょうか。

それほどに前科者として実名が出るということは、非常に支障が出るのです。

一生後悔するトラウマを背負う可能性

もちろんわざと、何か厳禁事項を破ろうと思って人の命を奪おうと思ったり傷を負わせようと思うわけではなくても、ついうっかりでそうしてしまうこともあります。

例えば先ほども触れたように、追い越し車線が禁止だったにも関わらず、急いでてというような感じで追い越しをして、そこで人身事故にあったということであれば一生後悔を抱えることになります。

この時にちょっとの判断ミスで起こってしまったということで、後悔してしまう事があります。

著者は免許を持っていますが、だからこそ我々は車の運転をするときは安全に気をつけるのです。

色々と交通ルールを守って、人がいないかどうかなどの確認もきちんとして運転をしています。

そうではないと一生後悔するトラウマを背負う可能性があるということを分かっているからです。

ただやはり長く車を運転していると、時に気のゆるみというのはあります。

多分こうだろうから大丈夫というような感じで、よく免許更新センターで「だろう運転」と言われるような運転がありますよね。

こうだろうと思うから大丈夫だと思うというような感じです。

このようにだろう運転は、大変危険というのは免許を持っている人であれば、何回か聞いたことがあるのではないのでしょうか。

このように「だろう運転」が良くないというのも一生後悔することを背負う可能性があるということを示唆しているからです。

特に人の身体に傷を負わせた場合

特に人の体に傷を負わせた場合の後悔は、すさまじいものがあります。

もちろん、日常生活変わらず生活が送ることができるまでに、回復することもあるでしょう。

しかしそうではなく後遺症が残った場合、その後悔は計り知れないものがあります。

確かに保険などはありますので。

そのような事故を起こしてしまった場合は保険を出るところがあります。

しかし、場合によっては回復しないこともあります。

このような時に、どんなにお金があってもその人を元の状態にして差し上げることはできません。

このように取り返しのつかないことというのは色々とあります。

だからこそ。

もし車の運転上で厳禁事項があるということであれば、それは必ず守るようにしましょう。

自分の命だけではなく人の命までということになると、悔やんでも悔やみきれません。

また運転に少しでも不安があるということであれば、早めの免許返納するなり車の運転をやめるなりということを考える必要があります。

特に年齢を重ねているから方であれば、早期に免許返納した方が良いでしょう。

もちろん地方在住であったり、運転免許センターで動きに問題なしと診断されたということであれば、特に問題がないでしょう。

けれど、やはり少しでも運転に不安があるということであれば、なるべく免許を返納しましょう。

長年の運転の自信から、自分は大丈夫と思いがちなところがありますが、この過信が一生の後悔に繋がるところがあります。

最近も80歳以上超えた人が、車の運転で操作を誤って歩行者の命を落とした人身事故がありましたね。

高齢者の方本人の後悔もそうですが、早めに免許を返納するように言わなかったということで家族も後悔してしまう可能性もあります。

このように高齢者の方の事故が大変多いですので、高齢者の方が車の運転をせずにすむ方法も色々と完備されていくでしょうし、高齢者の方の車の運転の厳禁化が進む可能性もあります。

まとめ

厳禁と言うと、厳しく禁止されているのであれば、やめておいた方がいいと思えるところがあるでしょう。

ただ中には禁止されるとやりたくなる、厳禁と言われるともっとやりたくなるというような人もいるかもしれません。

しかしそのようなことは、大抵は命に関わることであったり、体のことに関することであったりというような重要なことで禁止されていることが多いです。

だからこそ、ついついやりたいと思う気持ちがうずくということであれば、そのようなことをしっかりと確認した上で、なぜ厳禁されているのかを考え実行しないようにするべきです。

もし何かがあっても自分の命がどうにかなるだけと思われるところもあるでしょう。

けれど、それは違います。

どこかで滑落をしたとか、転落をしたということであれば、救助人が出動する形になります。

危険な所であればあるほどに、その人も危険にさらされる形になるのです。

もしかしたら、救助しようと思ったがばかりに、救助する方が命を落としてしまうこともあるかもしれません。

このように自分一人が危険な目にあうだけと思うのは間違いです。

厳禁事項は、必ず守るようにしましょう。