キャビンアテンダントになりたいそこのあなた!「私ってキャビンアテンダントに向いてるのかな?」「本当になれるのかな?」「実際はキャビンアテンダントってどのような仕事をするのかな?」なんて“キャビンアテンダント”という職種に対して、あらゆる疑問を持っているのではないでしょうか?

この記事では、実際にキャビンアテンダントのなった人たちに共通する特徴やキャビンアテンダントの仕事内容をご紹介しています。

夢見るキャビンアテンダントとはいえ、どのような仕事を知っているか知らないかでは就職率も変わってきます。

また、実際にキャビンアテンダントとして働いている人たちの特徴をあなたも取り入れることができれば、あなたもキャビンアテンダントに仲間入りできるかもしれません。

ぜひあなたもキャビンアテンダントになるためにこの記事を確認し、今後の就職活動に役立ててくださいね。キャビンアテンダントになりたい方必見です!

キャビンアテンダントの仕事内容とは


キャビンアテンダントとは、飛行機の中でお客様にとって快適な空の旅になるようにサポートをし、時にはパイロットの補佐的な役割を行うお仕事になります。

特にパイロットとお客様の間に入っているため、常に適切な情報提供およびお客様への安心感の提供が必要となります。

現在では格安航空といって、お客様自身で自分の身の回りをおこなってもらうためにキャビンアテンダントはお客様の安全第一に考える立場のみに代わってきています。

しかし、それでもやはりキャビンアテンダントとは、お客様に飲食物を提供したり、お客様のあらゆる希望や要望に応えるお仕事となっています。

空を飛んでいるからこそ起こりうるトラブルを予測して、キャビンアテンダントの研修および試験では水泳検査や英語検査も含まれています。

キャビンアテンダントになるには

キャビンアテンダントになりたいのであれば、各航空会社の就職試験を合格し、さらにその後の社内研修を終える必要があります。

その航空会社の就職試験に合格するためには、指定された言語やマナー、水泳などの試験をクリアする必要があります。

また、メイクなどの身だしなみもよく見られているため、常に美意識を持っておく必要があります。

それらを個人で勉強するのは難しいですよね。

そのため、キャビンアテンダントを目指している方のほとんどが専門の就活塾やキャビンアテンダントの専門学校に通っています。

とはいえ、専門学校卒業者ではなくて大学卒業者でも各航空会社が提示している条件をクリアすることができれば、就職試験を受けることが可能です。

とはいえ、キャビンアテンダントとは女性が多くいる世界ですから、その中でもまれて生きていく覚悟も必要になるでしょう。

キャビンアテンダントに向いている人にはこんな特徴が!あなたは当てはまる?


キャビンアテンダントは特に大手航空会社に勤務するとなると、その倍率はかなり高いものになってしまいます。

しかし、それでも航空会社に入っていろいろなお客様と出会い、そしていろいろな場所へ旅するお手伝いをしたい!そんな気持ちを持っているならキャビンアテンダントになりたいですよね。

でも「本当に自分がキャビンアテンダントに向いてるのかな?」なんて心配になることもあるでしょう。

そのような方たちのために、ここでは現役キャビンアテンダントに共通する性格や項目をお伝えします。

これらの特徴は、キャビンアテンダントの就職試験では、必ずどこかしらでチェックされているものにもなります。

これから先に生きていく上でもあなたにとってメリットになるものばかりなので、ぜひあなたの生活に取り入れてみましょう。

また、現段階でいくつあてはまるのかもチェックしてみてくださいね♪

1.決断力がある

キャビンアテンダントになったからということもありますが、キャビンアテンダントになる方は決断力があります。

決断力とは、何か物事に対して答えを出すときに優柔不断にならずにしっかり物事の判断や結末を決めることができる力です。

文字通り“悪い考えを断って決める力”となります。

キャビンアテンダントになる前の就職試験および社内研修では、必ず決断力があるかどうかを見極められます。

なぜなら空の旅では不測の事態が他の職業よりも起こる可能性は低いものの、万が一起きてしまった時には決断力とともにお客様の命を確保するための決断をキャビンアテンダント一人ひとりがしていかなければいけないからです。

もしもあなたが乗った飛行機が墜落することになってしまったとき、一番不安に感じているのは乗客です。

そんなとき頼りにしたいキャビンアテンダントまで焦って泣いていたらどう思いますか?安心できませんよね。

いついかなるときでも自分を強く持ち決断力が重要になるお仕事なので、仕事をこなしていく中でもどんどん決断力を強めていくことになります。

2.明るく元気である

あなたはどうしてキャビンアテンダントになりたいのでしょうか?おそらくとてもきらびやかで美しいので、自分もそのようになりたい方が多いかもしれないですね。

それは美貌から感じることもありますが、その人自身から出ているオーラであることも多いです。

オーラとはその人が持っている雰囲気のことです。

つまり、キャビンアテンダントの方たちはとても明るくて底なしの元気を持っている人が多い傾向があります。

キャビンアテンダントは仕事柄多くのお客様、それも日本だけではなく世界各国の方々と出会えるお仕事です。

そのため、明るくないとやっていけないし、多くの人と触れ合っていくうちに明るい自分に変わることができるのです。

そのため、明るくていつもニコニコしていてどんなに疲れるようなスケジュールでもこなしていくことができます。

3.接客が好き

キャビンアテンダントになる女性の多くがもともと接客業が好きであることが多いです。

学生時代にはアルバイトで接客業をしていたり、人によってはモデルやコンパニオンとして多くの人と関わるお仕事をしていた方もいます。

そのため、キャビンアテンダントとなって多くの人と関わることがあって苦痛に感じません。

もしも今のあなたも接客業が好き、人と触れ合ったり関わったりするのが好きというのであれば、キャビンアテンダントに必要な素質を持っているといってもいいでしょう。

4.こつこつ努力できる

こつこつと努力できる性格をしている人もキャビンアテンダントには多いです。

キャビンアテンダントになるためには、様々な外国語が理解できるだけではなくあらゆるマナーなどを勉強する必要もあります。

また、それらのキャリアアップに加え、キャビンアテンダントの中にはさらに自分を高めるためにワインナリーの資格を取ったりと日々努力しています。

そのため、いつでもとても輝いても見えるんですよね。

周りにも努力しているキャビンアテンダントがいるので、努力するのが当たり前の環境であり、成長するにはもってこいともいえます。

自分以外の周りの人は向上心がなくてどこかつまらない…と感じているなら、キャビンアテンダントになることでとても刺激的な毎日を送ることができます。

5.協調性がある

キャビンアテンダントは、チームでフライト(飛行)します。

そのため、そのチームワークによって、お客様の感じ方やその旅行が一気に変わってしまいます。

協調性とは、1日で身につくものではありません。

それまでの人生のなかで、仲間や友達たちと協力してきたか。

自分勝手な考え方を持って行動していなかったかなどによって変わってきます。

そのため、キャビンアテンダントになる方というのは学生時代にはスポーツをしていたことが多い傾向があります。

フライトは毎回メンバーが変わる

フライトはチームで活動すると言いましたが、毎回同じチームではありません。

毎回同じチーム(従業員数が少ない航空会社)の場合もありますが、多くの場合は毎回のフライトでチームメンバーが変わります。

そのため、もちろん苦手に感じる人もいるでしょうし、協調性の欠けている人と一緒になることもあります。

それでもお客様第一でチームワークを発揮しなければいけないのです。

6.切り替えが早く失敗を引きずらない

キャビンアテンダントの友達や知り合いを持っていると感じるかもしれませんが、彼女たちはとても切り替えが早くて失敗を引きずることが少ないです。

失敗をするとその失敗を引きずってしまう人は多いです。

しかし、キャビンアテンアントの方たちは失敗をしたとしてもすぐに反省します。

どうしてこのようなことになってしまったのか、そして二度と同じ失敗をしないためにはどうすればいいのかについてよく考えます。

その反省点を生かすことを自分と約束しているので、すぐに気持ちを切り替えることができます。

彼女たちはいつまでも落ち込んでいても、生産性がないことをわかっているんですよね。

だからこそ、意識的に切り替えています。

あなたはどうでしょうか?いつまでも同じことをずるずる引きずっているようなことはありませんか?

7.体力に自信がある

キャビンアテンダントのお仕事は、他のお仕事に比べるととてもきらびやかで華やかなお仕事ではありますが、その反面とても体力が必要となるお仕事になります。

そのため、現役キャビンアテンダントの方たちは体力がある人が多いです。

というよりかは、体力がないとキャビンアテンダントとしての仕事をこなすことは難しいかもしれません。

国際線では12時間以上のフライトも

キャビンテンダントには、国内線(日本国内を飛び回る)と国際線(海外まで飛び回る)の2通りに分かれます。

国内線であれば、数時間でフライトを終えることもできますが、国際線ともなると片道12時間以上かかることも少なくありません。

常にお客様と関わり合っているわけではありませんが、時間になればお食事やお飲み物を提供することになりますし、何か問題が発生した時に備えて常に緊張感を張りめぐらているので心は休まりません。

そのため、体力がとても重要になります。

時間帯や場所を問わず寝られることや食事をとれることも大切

また、キャビンテンダントになるとフライト途中に休憩をとる機会が増えます。

特に国際線などの長距離旅になればなるほど、機内で仮眠をとったり食事をしなければなりません。

つまり、人目を気にせずどんなところでも眠れたり、どんなところでも食事ができる性格、心の強さを持っている必要もあるのです。

そうではないと長距離のフライトを乗り切ることは難しいです。

8.素直である

キャビンアテンダントになる方は、素直さを持っています。

何か失敗をして同僚や上司に注意を受けたとき、その注意に対して反感することなく素直に受け入れることができます。

そのため、どうしてそのような失敗をしてしまったのかと反省し次回に活かすことができます。

素直でいることはとても重要なんですよね。

なぜなら、自分自身が成長するチャンスを得ることができるからです。

キャビンアテンダントになると、あらゆることを吸収しながら成長し、そして毎日出会う新しい出来事に対応しなければいけないのです。

9.コミュニケーション能力が高い

機内の中および機内に乗り込む前には、いろいろな国々の人たちと出会うことになります。

また、その人たちから写真撮影を求められたり、観光地についての質問を受けることもあります。

そのため、コミュニケーションは高いほうがスムーズに会話もでき、お互いに良い気分で過ごすことができるんですよね。

キャビンアテンダントの方たちは、かなりコミュニケーション能力が高いです。

なぜならば、そうでもないとお仕事をすることができませんし、お仕事自体に支障が出てしまうからです。

とはいえ、入社当時はあまり話すのが好きではなかったという人でも、入社後に仕事を重ねる上でコミュニケーション能力が高くなっていった方もいます。

10.人と話すことが好き

コミュニケーション能力が高いということは、人と話すのが好きということでもあります。

人と話したり、相手に話を聞いたりするのがもともと好きなのでお仕事上でお客様からいろいろな会話を持ち込まれてもあまり嫌気を感じることが少ないです。

しかし、会社によってはお客様とのプライベートに踏み込んだ会話を禁止しているところもあるので、そこに対応しつつ会話をしている感じです。

人と話すのが好きな人にとって、いろいろな人と出会えるキャビンアテンダントというお仕事はまるで神職と言ってもいいかもしれません。

11.責任感がある

キャビンアテンダントになると、あらゆる責任を一気に背負います。

チームで機内に乗り込んでいるので、もちろんリーダーになった方に大きな責任がありますが、一緒に仕事をしているメンバー全員にももちろん責任感があります。

どのようなものかというと、お客様の安心感を提供すること、お客様の命を守ること、快適な空の旅を提供すること…などいろいろな責任をひとりひとりのキャビンアテンダントが担うことになります。

12.性格がサバサバしている

あなたも飛行機に乗ったときに感じたかもしれませんが、性格がサバサバしているキャビンアテンダントさんが多く感じたのではありませんか?サバサバというよりかは、どこか冷めているようなところを感じるなどです。

まさにその通りでキャビンアテンダントの方々は、性格がサバサバしていることが多いです。

キャビンアテンダントになったからサバサバした性格に変容した…といったほうがいいかもしれません。

ひとつひとつのことに執着していては、別の仕事に支障が出てしまうからなんですよね。

サバサバしているからこそ、あらゆる物事に対する決断力を持つことができるようになります。

13.言いたいことははっきり言う

あなたは感じたこと思ったことなどをはっきりと伝えることはできますか?自分の気持ちを伝えることができる人は、キャビンアテンダントに向いているといってもいいでしょう。

なぜならば、自分の意見によって自分のいる世界が左右されてしまうからなんです。

また、キャビンアテンダントは女性社会なので、誰かの話に「うんうん」とうなづていると一気にその味方だとみなされ、敵を作ってしまうことも…。

円滑な関係を築くためにも、自分の意見をしっかりいうことが他人にもなめられず、お互いに過ごしやすい環境を作り出すことができるのです。

14.常に冷静

キャビンアテンダントの方たちっていつでもニコニコしているように感じませんか?そのため、とても穏やかで温かい性格の持ち主なんだろうな…なんて考えている人が多いことでしょう。

しかし、そうではないんです!実はキャビンアテンダントの方たちは常に冷静で、とても冷ややかな目で世界を見ています。

トラブル発生時に冷静に対処する必要がある

なぜならば、起きてしまったトラブルに冷静に対処する必要があるからです。

常に冷静な気持ちでいなければ、何か起きた時にも冷静な自分で対処することはできないと分かっているからなんですよね。

とはいえ、仕事以外のプライベートではそこまで冷静ではなく普通の“人”である方画多いので、オフの時に一緒に買い物などをしたりすると性格の違いに驚くこともあります。

15.精神的に強い

フライトをしていると、不測の事態がいつも起こります。

そんなとき、ちょっとしたことで毎回のように心折れていてはキャビンアテンダントのお仕事はつとまりません。

そのため、彼女たちはみな、強い精神を持っています。

強い精神をもっているので、たとえクレーマーにあたったとしてもその場で泣き崩れるようなことはありません。

自分の属している航空会社のイメージを壊さずにお客様の乱れてしまった気持ちを静めることができるのです。

そのため、精神的に強い人はキャビンアテンダントに向いているといってもいいでしょう。

また、仕事をこなしていくうちにますますその精神力は強くなっていくので、キャビンアテンダントに対するあこがれの気持ちがある方であればお仕事可能です。

16.気遣いができる

キャビンアテンダントは、多くの場合でお客様に快適な空の旅を提供するためにいます。

そのため、どんなに小さなことでも気遣いの意思を示すことが重要になります。

キャビンアテンダントを見ていると「そこまでやる!?」と思うところまで手伝ってくれることはありませんか?それはきめ細かいサービスができているから。

気遣いをすることを目的としているのではなく、お客様が不自由しないことを目的としているので、どんなに小さなことでも目に付くようになるのです。

17.英語が得意

フライトでは日本国内だけではなく国際線として海外に飛ぶこともあります。

また、ここ数年で海外からの日本への観光客も増えているため、英語に対応できるキャビンアテンダントが増えています。

いや、ほとんどの航空会社で英語スキルの資格を指定された条件以上に持っていないと就職試験さえも受けることができないんですよね。

そのため、キャビンアテンダントはみなさん、英語がペラペラ得意です。

外国のお客様が日本の飛行機で嫌な気持ちを感じてしまっては、その飛行機だけではなく日本のイメージまでもが崩れてしまうんですよね。

入社後も定期的に英語試験が実施されることもあります。

18.自己管理ができている

あなたは自己管理できますか?キャビンアテンダントは、勤務時間が不規則なので一般的な会社の朝9時~17時までなんていう規則がありません。

もちろん1日何時間仕事をしなければいけないという規約はありますが、人それぞれによって仕事のスタート時間や終わり時間がまったく異なるのです。

ある人は朝早くからの出勤、ほかの人はお昼からの出勤、はたまた別の人は夕方からの出勤で泊まり勤務なんてこともあります。

それも固定されるわけではなく、日ごとに異なるので自己管理がとても重要になるお仕事でもあるんです。

思いっきり遊んだあとでも翌日に早朝勤務があれば、必ず出向かなければいけません。

それは当たり前のことですが、これって自己管理ができてないととても難しいことでもあるんですよね。

そのため、自分にとってどれくらいの睡眠時間がベストなのか、お酒は何杯までなら翌日のフライトに影響しないかや友達・恋人づきあいまでもしっかり考えて計算しておかなければならないんです。

19.計画性がある

計画性があるのも彼女たちの特徴の一つです。

キャビンアテンダントというお仕事は、どんなシーンであっても時間が厳守です。

1分1秒でも遅れてしまえば、そのフライト時間がずれこみ、そのあとに続いている飛行機のフライト時間にまで影響するので計画性がとても重要になります。

キャビンアテンダントになると、仕事でそんなにも時間に厳しく動いているので、どうしてもプライベートでも計画性を発揮しがち。

いや、計画的に動かないと気がすまなくなっているんですよね。

20.集中力がある

集中力があるため、仕事には一生懸命取り組みます。

キャビンアテンダントのお仕事は、人対人のお仕事であるため、集中力を切らさないために常に緊張感を持つようにしています。

緊張感=集中力であり、その集中力があるからこそお客様への対応のスピードアップ、そしてあらゆるトラブルが発生した時に集中して解消することができるようになるんです。

また、その集中力はプライベートでも生かされており、メイク時間の短縮、掃除時間や新しい資格取得への努力へ役立っています。

21.断れる勇気がある

あなたは、いやな頼みごとをされたときに断ることはできますか?キャビンアテンダントのお仕事をするにあたって、断れる勇気を持っていたほうがいいです。

それに現役キャビンアテンダントの方々はみなさんが断れる勇気をもっています。

逆にその勇気を持っていない人は、上司やクレーム客に精神的につぶされてしまうこともあるので今からでも断る勇気を身に着けていきましょう。

お客様に対して断らなければならない場面もある

フライトを楽しみにしていたお客様にとって、飛行機の中ではあらゆるサービスが受けられると勘違いしていることもあります。

例えば、座席を好感してほしいとかもともと頼んでいた食事の味付けを変えてほしい…など無理難題を提言してくることもあります。

それらすべてに対応することはできませんし、その場合にはキャビンアテンダントがしっかりお断りしなければいけません。

どうしても受け入れてしまいたい気持ちがあるかもしれませんが、一人の意見を受け入れてしまったら他の人全員のお客様にも同じサービスをていきょうしなければいけなくなってしまうんです。

つまり、他の搭乗員や同じ航空会社に勤めている人たちにも被害を与えることになります。

そのため、ダメなものはダメとはっきり断ることができるのがキャビンアテンダントになります。

22.要領がいい

キャビンアテンダントになると一度にいくつかの仕事をこなさなければいけないシーンが出てきます。

そんなときにてんやわんや慌ててしまい、すべてが中途半端で終わってしまっては意味がありません。

しかし、キャビンアテンダントの人たちはとても要領がいいので、それらすべてをキレイにこなすことができるんです。

物事の優先順位を決め、効率的に行動できる

物事の優先順位を決めることができるので、その順番通りに動けます。

優先順位さえ明らかにしてしまえば、効率的に行動できるんですよね。

だって、すぐに終わらせなくてもいいことに時間をかけて、すぐに終わらせなければいけないことに時間をかけることができなかったら失敗してしまいますよね。

あなたは効率的に物事を判断し動くことができていますか?その際には必ず、損得勘定も必要となってくるので少しずつ心を鍛えていきましょう。

23.広い視野を持っている

広い視野を持っているのもキャビンアテンダントの特徴になります。

キャビンアテンダントは、ひとつのことだけを見ていてはいけません。

登場しているすべてのお客様を見て、どこか不審な動きをしているもの、体調が悪そうにしている人などを察知しなければいけません。

そうすることで大きなトラブルに発生する前に問題を食い止めることができるんですよね。

また、広い視野でお客様を見ているのできめ細かいサービスや気遣いを提供することも可能になります。

あなたは広い視野を持っていますか?どこかひとつのことに執着して、ほかの物事が見えて居なくなっているなんてことはありませんか?キャビンアテンダントになりたいのであれば、広い視野を持つことを心がけてみましょう。

24.人の役に立ちたいと思っている

キャビンアテンダントはお客様のことを考えながら搭乗員としてお仕事することになります。

そのため、常に人の役に立ちたいという気持ちを持っている人が多いのが特徴になります。

あなたは、誰かの人に役に立つことでうれしいと感じたことはありますか?キャビンアテンダントの方の多くは、お客様に喜んでもらえること、笑顔になってもらえることを通して心の成長を感じています。

また、さらにもっとおおくのお客様の役に立てるようにと日々精進しながらフライトをしているのです。

とても慈善の心にあふれている女性が多いということなのでしょう。

25.向上心がある

さきほどもちらほら出現しましたが、キャビンアテンダント方たちは向上心を持っています。

それも並外れた向上心であることが多く、「まだやるの!?」と一般的な人は驚いてしまうでしょう。

お客様への対応の仕方はもちろんのこと、お客様と交流するための敬語や外国語についてだけではなく、プライベートでも向上心がすごいです。

資格勉強は常にしているし、オシャレやメイクなどのファッションにも気を抜くことはありません。

それに人付き合いに関しても、同じように向上心を持っている人との交流を求めるのであらゆるセミナーや勉強会にも参加しています。

ちょっと思い出してみてください。

キャビンアテンダントはとてもみっちみちのスケジュール…それも不規則な時間のもので動いています。

それは、向上心があるからこそ、「もっと上の自分になりたい」と思う気持ちがあるからこそなのです。

キャビンアテンダントになるためにすぐ行動しよう

今回は、キャビンアテンダントとはどのようなお仕事なのか、そしてそのお仕事についている人にはどのような特徴があるのかについてお伝えしてきました!いかがでしたか?キャビンアテンダントになるためには、まずその情報を集めることから始めましょう。

あなたが国内線または国際線どちらを希望しているのかによって、どのようにこれから動けばいいのかが変わってくるからです。

ぜひ、今すぐに行動し、そしてさきほどあげてきたキャビンアテンダントの特徴をあなたの中にも取り入れることによって、あなたの夢を叶えていきましょう。