CoCoSiA(ココシア)

キャビンアテンダントになるには?向いている人の25個の特徴


キャビンアテンダントになりたいそこのあなた!「私ってキャビンアテンダントに向いてるのかな?」「本当になれるのかな?」「実際はキャビンアテンダントってどのような仕事をするのかな?」なんて“キャビンアテンダント”という職種に対して、あらゆる疑問を持っているのではないでしょうか?

この記事では、実際にキャビンアテンダントのなった人たちに共通する特徴やキャビンアテンダントの仕事内容をご紹介しています。

夢見るキャビンアテンダントとはいえ、どのような仕事を知っているか知らないかでは就職率も変わってきます。

また、実際にキャビンアテンダントとして働いている人たちの特徴をあなたも取り入れることができれば、あなたもキャビンアテンダントに仲間入りできるかもしれません。

ぜひあなたもキャビンアテンダントになるためにこの記事を確認し、今後の就職活動に役立ててくださいね。キャビンアテンダントになりたい方必見です!

この記事の目次

キャビンアテンダントの仕事内容とは


キャビンアテンダントとは、飛行機の中でお客様にとって快適な空の旅になるようにサポートをし、時にはパイロットの補佐的な役割を行うお仕事になります。

特にパイロットとお客様の間に入っているため、常に適切な情報提供およびお客様への安心感の提供が必要となります。

現在では格安航空といって、お客様自身で自分の身の回りをおこなってもらうためにキャビンアテンダントはお客様の安全第一に考える立場のみに代わってきています。

しかし、それでもやはりキャビンアテンダントとは、お客様に飲食物を提供したり、お客様のあらゆる希望や要望に応えるお仕事となっています。

空を飛んでいるからこそ起こりうるトラブルを予測して、キャビンアテンダントの研修および試験では水泳検査や英語検査も含まれています。

キャビンアテンダントになるには

キャビンアテンダントになりたいのであれば、各航空会社の就職試験を合格し、さらにその後の社内研修を終える必要があります。

その航空会社の就職試験に合格するためには、指定された言語やマナー、水泳などの試験をクリアする必要があります。

また、メイクなどの身だしなみもよく見られているため、常に美意識を持っておく必要があります。

それらを個人で勉強するのは難しいですよね。

そのため、キャビンアテンダントを目指している方のほとんどが専門の就活塾やキャビンアテンダントの専門学校に通っています。

とはいえ、専門学校卒業者ではなくて大学卒業者でも各航空会社が提示している条件をクリアすることができれば、就職試験を受けることが可能です。

とはいえ、キャビンアテンダントとは女性が多くいる世界ですから、その中でもまれて生きていく覚悟も必要になるでしょう。

キャビンアテンダントに向いている人にはこんな特徴が!あなたは当てはまる?


キャビンアテンダントは特に大手航空会社に勤務するとなると、その倍率はかなり高いものになってしまいます。

しかし、それでも航空会社に入っていろいろなお客様と出会い、そしていろいろな場所へ旅するお手伝いをしたい!そんな気持ちを持っているならキャビンアテンダントになりたいですよね。

でも「本当に自分がキャビンアテンダントに向いてるのかな?」なんて心配になることもあるでしょう。

そのような方たちのために、ここでは現役キャビンアテンダントに共通する性格や項目をお伝えします。

これらの特徴は、キャビンアテンダントの就職試験では、必ずどこかしらでチェックされているものにもなります。

これから先に生きていく上でもあなたにとってメリットになるものばかりなので、ぜひあなたの生活に取り入れてみましょう。

また、現段階でいくつあてはまるのかもチェックしてみてくださいね♪

1.決断力がある

キャビンアテンダントになったからということもありますが、キャビンアテンダントになる方は決断力があります。

決断力とは、何か物事に対して答えを出すときに優柔不断にならずにしっかり物事の判断や結末を決めることができる力です。

文字通り“悪い考えを断って決める力”となります。

キャビンアテンダントになる前の就職試験および社内研修では、必ず決断力があるかどうかを見極められます。

なぜなら空の旅では不測の事態が他の職業よりも起こる可能性は低いものの、万が一起きてしまった時には決断力とともにお客様の命を確保するための決断をキャビンアテンダント一人ひとりがしていかなければいけないからです。

もしもあなたが乗った飛行機が墜落することになってしまったとき、一番不安に感じているのは乗客です。

そんなとき頼りにしたいキャビンアテンダントまで焦って泣いていたらどう思いますか?安心できませんよね。

いついかなるときでも自分を強く持ち決断力が重要になるお仕事なので、仕事をこなしていく中でもどんどん決断力を強めていくことになります。

2.明るく元気である

あなたはどうしてキャビンアテンダントになりたいのでしょうか?おそらくとてもきらびやかで美しいので、自分もそのようになりたい方が多いかもしれないですね。

それは美貌から感じることもありますが、その人自身から出ているオーラであることも多いです。

オーラとはその人が持っている雰囲気のことです。

つまり、キャビンアテンダントの方たちはとても明るくて底なしの元気を持っている人が多い傾向があります。

キャビンアテンダントは仕事柄多くのお客様、それも日本だけではなく世界各国の方々と出会えるお仕事です。

そのため、明るくないとやっていけないし、多くの人と触れ合っていくうちに明るい自分に変わることができるのです。

そのため、明るくていつもニコニコしていてどんなに疲れるようなスケジュールでもこなしていくことができます。

3.接客が好き

キャビンアテンダントになる女性の多くがもともと接客業が好きであることが多いです。

学生時代にはアルバイトで接客業をしていたり、人によってはモデルやコンパニオンとして多くの人と関わるお仕事をしていた方もいます。

そのため、キャビンアテンダントとなって多くの人と関わることがあって苦痛に感じません。

もしも今のあなたも接客業が好き、人と触れ合ったり関わったりするのが好きというのであれば、キャビンアテンダントに必要な素質を持っているといってもいいでしょう。