CoCoSiA(ココシア)

「うろたえる」とはどういう意味?ピンチでもうろたえない人の25個の特徴


オロオロとうろたえてしまい、結果的に思ってもみない方向へ進んでしまうことはありませんか。

何が起こってもうろたえない人は、そうそういませんが、出来ることならあまりうろたえず、平静を保ち日常を過ごしたいものです。

ここでは、うろたえない人の25個の特徴をお伝えします。

色んな大事な場面でうろたえてしまうと、せっかくのチャンスを失ったり、人に不審がられたりと残念な結果を生みかねません。

例えば、異性への告白・または、告白された時。

仕事で上司に注意された時、うろたえてパニックになり、さらにミスを生んでしまうなどがあります。

きっとこのサイトを見ている人は、そんな自分を何とかしたいと思っているのではないでしょうか。

でもこれからお伝えする、うろたえない人の特徴を見習えば、あなたもうろたえない人になれるかもしれませんよ。

この記事の目次

「うろたえる」とは

「うろたえる」とはどのようなことを意味するのでしょうか。

辞書には、予想外の事態にどうしてよいかわからず、まごまごする。うろうろと歩く。うろつく。とあります。

または、オロオロするともいいますし、漢字では狼狽(うろた)える。

または、狼狽(ろうばい)ともいいます。

人は何の理由もなく、狼狽えることはありません。

何か原因があるので狼狽えるのです。

例えば、嘘をバレそうになった時、何かに失敗してしまった時、たくさんの物事がいっぺんに自分の所に集まってきた時などでうろたえてしまうことが多いでしょう。

また、人によってうろたえ方は様々です。

オーバーアクションでうろたえる人。

見た目はそうでもないのに、頭の中は真っ白になってうろたえている人。

うろたえる理由も、そのスタイルも人それぞれなのです。

ピンチでもうろたえない人の特徴25選!あなたはいくつあてはまる?


ここからは、ピンチでもうろたえない人の特徴25個を紹介します。

ピンチの時にまったくうろたえない人はいません。

うろたえない人を外見から見ると、機械的で少し冷たいようにも見えることもあるでしょう。

しかし、うろたえない彼らのことをじっくり見ていくと、ある一つの能力が見えてきました。

その代表的な能力が「コミュニケーション能力」です。

最近でいう「コミュ力」です。

他にも自立心があるところなどがあります。

ピンチでうろたえない人は、人としての魅力がたくさんあり、見習いたい事がいっぱいでした。

うろたえてしまって、いつも後で悲しい思いをしている方は大勢いると思います。

どうしてあの時、オロオロしちゃったんだろう。

あんなふうに言われたけど、うろたえてしまって言い返せなかった!悔しい!と。

毎回いろんな思いを抱えてしまっていると思います。

ぜひ25個の特徴を読んでみて、自分と照らし合わせてみてください。

1.感情を表に出さない

当然ながら、うろたえていない人は、その感情を顔に出しません。

顔に出さないどころか、真逆の感情を出せる人さえいます。

そのような人はどうして顔に出さずにいられるのでしょうか。

それは日ごろの「訓練」から出来ているからです。

訓練と言っても意識的にしているのではなく、例えば職場でうろたえてはいけない様な職種であれば、日常もうろたえていることはないでしょう。

代表的なのは、人の命を預かる看護師や、警察官などがそうです。

うろたえてしまっては誰かを助けるどころか人の命を落としてしまうからです。

この人たちは、別に「うろたえない訓練」をしてきたわけではありません。

厳しい業務の中で、自然と身についていったのです。

なので、ちょっとやそっとのことでは動じないのです。

厳しい職種じゃないと、うろたえない人になれないのかと言えば、そうではありあません。

その人の生き方や信念によって、いくらでも変わっていきます。

2.ピンチをすでに想定している

子供の頃、何かしでかしたとき、母親に「ほらみなさい!」と言われたことはありませんか?