CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

陶芸家になるには?陶芸家に向いている人の25個の特徴


皆さんは、陶芸家について、どのようなイメージを持っていますか?

また、中には陶芸家になりたい方もいることでしょう。

この記事では、陶芸家になるために必要なことや、適性のある人などについてまとめました。

陶芸家になるために必要なこと

陶芸家は、普通にサラリーマンになるよりかは、少々安定性に欠ける一面は否定できません。

ただ、多くの方は漠然と陶芸家になってお金を稼ぐことを考えている人は、そこまで多くなく、陶芸が好きだからこそ陶芸の仕事をする人が多いです。

そのようなことから、陶芸家になるために必要な事は、サラリーマンの方に比べると少々求められる要素が違う一面があります。

では陶芸家に必要なこととは、どのようなことがあるのでしょうか?

陶芸家の仕事について

陶芸家の仕事とは、主に土とろくろを使うことによって、食器や都合等の焼き物を作る仕事を指します。

ろくろで形を作ってから、窯で焼き上げて作品を作るのを見たことがある人も多いことでしょう。

趣味で陶芸をしている人もいますので、テレビなどで陶芸にたしなんでいる人を見る機会もあるのではないのでしょうか。

だからこそ、多くの人は陶芸については1度や2度位は目にされたことがあることも多いのではないのでしょうか。

しかしその一方で、仕事としてやっていくためには、好きなことで身を立てることにより厳しいことも覚悟しなければなりません。

陶芸家のやりがい

陶芸家のやりがいと言うと、陶芸自体が好きな人にとっては、作ること自体を楽しみにしている人も多いことでしょう。

その一方で、仕事としてやっている以上、必ずそこにはエンドユーザーの方がいます。

エンドユーザーとは、実際にその作品を使ったり、飾ったりする人のことです。

自分が作った作品を喜んでいる人がいるのは、陶芸家にとっては非常に大きなやりがいなのではないのでしょうか。

もちろん、自分が良い作品を作り出すことが出来たことが、やりがいになるところはあります。

しかし、自分の作品を喜ぶ人がいるというのが、陶芸家としてのやりがいとして、非常に大きなものがあるのではないのでしょうか。

陶芸が盛んな地域は?

陶芸が盛んなところが色々あります。

主な有名な所としては、有田焼等は聞いたことがある人も多いことでしょう。

有田焼は、佐賀県の伊万里市が主に産地となっています。

学生時代に社会の授業などでやったこともあるので、ご存知の方も多いことでしょう。

赤や青など、華やかな感じがする作品が非常に多いです。

そして山口にも、萩焼というものがあります。

萩焼と言うのは、山口県の萩氏が主な生産地となっています。

萩焼は、土色っぽいようなところはありますが、その一方で赤み帯びたもの、青み帯びたものなど様々な特徴があり、シンプルでかつ渋いデザインが多いです。

大人になると、このような味のあるデザインの方を好むこともあるのではないのでしょうか。

このように、色々と有名でかつ魅力的なデザインの陶芸は色々とあります。

陶芸家に向いている人の特徴を集めました!


では、陶芸家に向いている人とはどのような人なのでしょうか?

もちろん、向いているかどうか以前に、好きかどうかというのが非常に重要です。

どんなに向いていると思っていても、その作業に向き合うのが苦痛と言う状態になれば、仕事としては続かないのが当然です。

だからこそ、陶芸に関心があるということも大切な一面があります。

ただその一方で、仕事だから好きなら何とかなると言うわけでもありません。

どんなに好きでも、うまくいかないこともあるでしょう。

そのためにも、陶芸家に向いている人とはどのような人たちなのかを考えていくことも大切です。

それでは、陶芸家に向いている人の特徴を集めてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

1.デザインをするのが好き

基本的に陶芸家の方は、デザインをするのが好きな人の方が向いています。

作るのは好きだけどデザインをするのがいまいち得意ではない場合だと、弟子入りしている間は何とかなるかもしれません。

しかし、これから独立していくと言う時に、つまずく可能性が非常に高いです。

そのためにも、デザインをするのが好きなのは、陶芸家にとってはある程度適性の問題となってくるところがあります。

最近は、食器などは100円ショップでも、簡単に手に入る世の中になってきました。

そのため、陶芸家の方が手作りで作って商売するには、他には無いデザインなども求められます。

一般のデザインのものだと、100円ショップの食器でも十分と言うことになってしまいます。

ページトップ