量産…そう聞くと皆さんはどんなイメージを持つでしょうか?

工場などでベルトコンベアーに乗ってリズミカルに作られる大量生産の製品などを思い浮かべた人もいるのではないでしょうか?

量産とは「同じものをたくさん作ること」と定義されます。

「量産型女子」とは、まさにその言葉の意味どおり、「ほかの子と同じ、その辺りにもたくさんいる女の子」という意味があります。

好きな男性のとっておきでいたい女性にしてみれば「ほかの子と同じ」「たくさんいる」と表現されたらとても腹立たしいですよね。

でも実際、どんな女性でもこの量産型女子になっている恐れはあるのです。

ここでは、量産型女子の生態についてまとめました。

あなたの周りにも量産型女子がいっぱい?

「なんだか最近の若い女の子はみんな同じに見えるなぁ」と思ったことはありませんか?

同じような流行りの服、同じような髪形、同じようなメイク、同じような持ち物、同じような話し方や表情、同じような価値観…

とにかくみんな一緒に見えて「個性ないなぁ」と感じてしまいますよね。

そのため、量産型女子のことを「没個性女子」とも呼びます。

あえて自分の個性を殺して、周りと同化することによって自分の居場所を確保しているのです。

量産型女子の定義

量産型女子の定義とは「とにかく周りと同じ服装やメイクをしている個性のない女子」です。

量産型女子はとびぬけた個性を発揮して目立つのが嫌なので無難でいたかったり、周りと同じじゃないと落ち着かないという思いがあります。

また、「ぼっちになりたくない」という意識がとても強いです。

周りに合わせて「私もあなたと同じ感性ですよ」「味方ですよ、仲間ですよ」というアピールのために量産型女子になる女性がとても多いです。

いつから使われるようになった言葉?

「量産型女子」という言葉は、2014年頃から使われるようになった言葉です。

「なんだ、割と最近の言葉なんだな」と思いますよね。

昔から量産型女子はいるにはいるのですが、ここ近年で急激に量産型女子が増えてきました。

量産型女子の増加は「みんなと同じがいい」「周りから浮いきたくない」という現代っ子の気持ちの強い現れでもあるのです。

みんなと違うことをするとハブられる、周囲から浮くといじめられるなどの恐怖心を抱えていてます。

現在のナイーブな女子のそんな悩みからくる生き方を皮肉のように「量産型女子」と呼ぶようになったのです。

年齢は何歳くらい?

量産型女子で一番多い年齢は18歳から22歳くらいで、ずばり「女子大生」に多いです。

中学生、高校生は制服のある学校が多く、校則によって髪形が制限されていたりするのでイヤでも「没個性」したり「量産型っぽい」感じになってしまいますよね。

そんな縛られていた没個性時代を経て、「大学に入ったら思いっきりオシャレをするぞ!」と張り切る女子も多いでしょうが

「憧れの女子大生」だけあって女子高生たちは「これぞ女子大生」的なイメージを持っています。

結局は雑誌などの「愛される女子大生コーデ」「流行の女子大生スタイル」などを参考にして、みんな同じようなファッションになってしまうのです。

メイクや髪形も同様です。

「女子大生といえば」というイメージでいくので、髪の毛は茶髪のゆるふわヘアー、

メイクは愛らしい少女のような薄づきな素肌感のあるファンデーション、ピンク系のチークやグロスなどを使っています。

また、大学に入学したてのころはみんな早く友達を作って学校になじもうとグループを作りたがります。

ファッションなどは話題のとっかかりとしてはベストなのでよく使われます。

グループ内で「あの服ステキだね」「新色のリップ、よかったよ」なんて雑談しているうちに

自分もグループに合わせようと趣味じゃなくても自然と同じような選択をしていくようになることが多いです。

こうしてみんな意図せず自分から、大学生になると同時に量産型女子へと変身していくのです。

どんなところが皆と同じなの?

量産型女子が「みんな同じような感じ」ということは何となく言葉でご理解していただけたと思います。

しかし、具体的にはどんなふうにみんなと同じなのか気になりますよね。

ここでは、量産型女子の特徴についてご紹介します!

服装の特徴

量産系女子はとにかく流行っているものが大好きです。

雑誌やテレビを入念にチェックして流行りのファッションを見逃しません。

「今人気の読者モデルの○○ちゃんが着ていたスカート」「春の愛されコーデ」などが大好物で、周囲に乗り遅れてはいけないと情報収集に必死です。

特に量産型女子が好きなファッションは「ふわふわ系」です。

「ふわふわしたフレアスカート」や「ふわっと着られるワンピース」「楽チンに着られるのにオシャレでふわっとしたガウチョ」などが好きです。

どれも流行を意識したもので、量産型女子を見た人は「街中でもよく見かけるファッションだなぁ」と思うはず。

自分に似合う・似合わない、自分が好き・嫌いは二の次で「流行っている」「みんな着ている」という条件が最優先になります。

個性派さんからすると理解に苦しむ優先順位でしょうが、これも「周囲から浮かないため」なのです。

表情まで似てくる

いろんなことを周りに合わせていると、性格や口調、しまいには考え方や表情まで似てきてしまいます。

驚いたとき、笑っているとき、怒っているときなど全部が周りと同じような状態になってしまうのです。

その様子を想像すると結構不気味ですよね…

量産型女子は、周りにあぶれまい、浮かないようにしたいという多いから周囲の友達のことをよく見ています。

そのため、無意識に同じ系統の服にそろえようとしたり、表情やリアクションまで似通ってくることがとても多いです。

ただでさえみんな一緒に見えるのに、表情まで似た感じだと…もうホラーですよね。

量産型女子のグループと合コンしても、みんな同じ人に見えて誰の印象も強く残らない…なんてこともあるでしょう。

量産型女子の20個のパターン

「流行」「みんなやってる」などのワードに弱く、とにかく周りと同じでいたい量産型女子。

周りと同じようにふるまうことで自分の居場所を確保しているのです。

ここでは、そんな量産型女子の20個の行動や思考パターンを見ていきます。

1. 真似をするのが得意

量産型女子は真似っこが大の得意です。

雑誌のモデルやテレビのタレントなど、今が旬だと言われている人気者のファッションやヘアスタイル、メイクなどを上手に真似します。

今流行の芸能人などのメイクや服を真似ることによってトレンドをわかっているような素振りをします。

また、芸能人のSNSなどもマメにチェックしているのでSNSで使われいる写真の撮り方や写真加工のやり方なども上手に真似をします。

この真似上手なようすから、よく言うと観察力が高いとも言えます。

また、芸能人などが持っている高価なアイテムや服は買えないけど、この観察力によってプチプラアイテムで限りなく同じようなアイテムやコーデを真似っこすることもできます。

ある意味これも才能の1つですよね。

2. 友達と同じじゃないと安心しない


小学生などの幼い女子が「みんなと同じじゃないとイヤだ~」と駄々をこねている姿をよく見かけますよね。

量産型女子も同じで、「周りと一緒じゃなきゃ嫌だ」ということがあります。

これぐらいの年の子は「おそろい」が好きなので仕方ないのかなと思いますよね。

しかし量産型女子は女子大生に多く、もうほぼ大人です。

「おそろい嬉しいね♪」なんて年齢ではありません。

では何故友達と同じじゃないとと思うのかというと、「安心できない」からなのです。

量産型女子は、周りから浮くことを極端にイヤがります。

ファッションをはじめ、ヘアスタイル、メイク、ライフスタイルに至るまで、周りの友達と同じようにしないと安心できません。

周りからちょっと外れることを恐れます。

仲間外れ感を恐れると同時に、周りと違うことは「イケてない」とみなすところがあります。

3. 自分の意見やポリシーがない

周りに合わせて自分の意見をひた隠しにしてきた量産型女子。

そのため自分の意見やポリシーというものがありません。

もともとはちゃんと個性があったのに、長い間量産型女子をやっていると、本当の「自分」を見失ってしまう人が多いです。

また、本当は自分なりの考えがあるのに「もし自分の意見を言って周りと違う感覚だったらどうしよう」「いきがっているとか思われないかな」なんて不安があることも。

嫌われるくらいだったら自分の意見やポリシーは不要とし、とにかく周りからはみ出ることを極端に嫌がるのが量産型女子です。

4. 自分で決断ができない


自分の考えなどがなく、ほしい言葉はすべてネットやSNSで拾ってきている量産型女子。

いざという決断のとき、軸となる自分なりのポリシーがないので最終的な大事な部分を自分で決断をすることができません。

結局、最終的な決断は「友達と同じようなこと」「ネットでこうするいいと書いてあった」「好きな芸能人がこう言ってた」など誰かの意見などで決断することが多いです。

決して自分の考え方や言葉で出すことはありません。

また日常の細かい決断も自分なりの意見がなく、買い物などにいっても「今流行っているから」「友達がこれもってたな」

などを考えて選ぶことが多く、自分としての意見や価値観をもって決断することができません。

5. 雑誌やアプリでいつもオシャレ情報をチェックしている

量産型女子は常に雑誌やアプリなどのオシャレ情報をチェックするのに余念がありません。

周りに後れをとってはいけないので、流行には敏感に食いつきます。

量産型女子の友達は同じく量産型女子なので、流行を追っていればまず仲間と違うようなファッションやメイクになることはありません。

同じような雑誌や同じようなアプリをチェック…量産型女子のグループにはいつも同じような話題しかあがらないのもなんだかうなずけますね。

6. 服飾品はプチプラの物が多い

流行はスゴイ速度で移り変わります。

1ヶ月前に流行ってたものが今ではもうメインとして使えないものに成り下がったりしていることもザラにあります。

流行に敏感でいたい量産型女子としては新しい流行品は、周りに後れを取らないためにもなるべく早くゲットしたいと思うものです。

しかし量産型女子の大半は女子大生で、そんなしょっちゅう買い物をするお金はありません。

アルバイトをしているとしても、服飾品ばかり買っていてはお小遣いがすぐになくなってしまいます。

これらの事情からの結果、量産型女子は「プチプラ」のものを選ぶ傾向があります。

そんな量産型女子の実態を見抜いているのか、雑誌ではプチプラ特集が組まれることも多く、それに量産型女子はまっさきにそれに食いつきます。

また、高級なブランドなどを積極的に持つと周りから「いいもの持ってるね。

プチプラ好きなうちらとは違うね」と言われることを恐れている節もあります。

このような事態は量産型女子としては絶対に避けたいものです。

7. 周囲から浮くことを恐れて没個性を目指す

量産型女子の特徴で、個性派からは「なんで!?」と驚かれるのは「没個性を目指していること」です。

個性を出すと周りから浮く材料になってしまいますので、極力「没個性」に努めるようにしています。

その結果、本当に没個性してしまい、完全に周りと同じようになってしまうのです。

「あえて周りと違うことをする必要はない」「みんなと同じようにしているうちは、1人ぼっちにはならない…」などの理由で、自分の個性を自分でつぶしているのです。

8. 人の噂話が大好き

量産型女子は流行以外にも人の噂話が大好きです。

グループ外の大学の友達の恋愛事情、就職活動の経過、進路、ときには悪口などあらゆる方面の噂話を仕入れてはグループの友達同士で噂話に花を咲かます。

友達と話題を共有することによって仲間意識を深めてぼっちになるのを全力で回避します。

また、周りを同じでいたい量産型女子ですが、噂話に関してはほかの友達が知らない情報を入手したいと思っています。

面白い情報を持っていると友達間での評価が上がるのです。

9. いじめられたことがある人が多い

量産型女子は過去にいじめられた経験のある人が多いです。

中学くらいの子は、誰かがちょっと違うことをやって目立ったり、周囲からちやほやされると一部の人が

「アイツ、調子乗ってる」「目立ちたがり」なんて悪口を言って出る杭をうつような習性がありますよね…

そんな恐怖と心の傷があるので、「もう2度と浮いたり目立ったりするようなマネはしまい」と心に決めている量産型女子が結構多いのです。

せっかく過去から立ち直って出来た友達なので、自分の個性や意見を潰してまで周りに合わせているのです。

こう思うとなんだか切ないですよね。

10. 彼氏より友達を優先する

年頃の女性は、彼氏ができると友達との約束より彼氏とのデートを優先してしまうことってありますよね。

しかし量産型女子の場合は、彼氏とのデートよりもダントツで友達を優先します。

「なんだ、友達想いじゃないか」と思いますが、量産型女子の場合はちょっと違うのです。

自分が彼氏とのデートでいない間に友達みんなで遊んだりして

「自分がいない間に盛り上がって話題についていけなくなったらどうしよう」「私の悪口とか言われたらやだな」などそういう思いがあるのです。

量産型女子はぼっちを恐れているので、自分だけ話題に取り残されるのが怖いという思いがあります。

そしてグループ内で不在の子の愚痴やイジリをすることは量産型女子内では実は結構よくあることなのです。

そのため、いくら彼氏が大好きでも、友達が遊びに誘って来たらそっちを優先しないと不安で仕方ないのです。

11. SNSを頻繁に更新している


量産型女子の趣味は「SNS」ということが多いです。

とにかくどこにいてもスマホを駆使してSNSをチェックしたしアップしたりしています。

朝は「おはよー」に始まり、「メイク終わった」「これから学校(仕事)」「ランチなう。」「これからバイト」という「だから?」「なんの報告?」というような内容のものを1日何回もアップします。

友達も同じようなことをアップしているのでネット上での仲間はずれを回避するためにも自分も同じようなアップを同じようなペースでしないといけないのです。

友達のSNSにも敏感で、友達のSNSがアップされるとすぐにコメントしたりスタンプを押しに行ったりします。

これも周りから浮かないための彼女らの技なのです。

うっかりスタンプを押しに行くのを忘れて後日「そういえば、昨日スタンプしてくれなかったけど、なんかあった?」なんて聞かれるともうドキドキです。

12. 物事を深く論理的に考えることができない

量産型女子は自分の考えやポリシーがないということを先ほどお話ししました。

そのため、物事を深く論理的に考えることができないということにもなります。

ファッションも考え方もすべて周りに合わせたもので、わからなくなったときはネットや雑誌に答えを求めます。

結局自分で深く考えることがないので論理的な思考ができないのです。

また、あんまり深く物事を考えると周囲から浮いてしまうこともあるので、あえて軽く感がることもあります。

13. マニュアルがあるような仕事が得意

よく言えば周りをよく見てそのとおりに動ける量産型女子。

そのため仕事ではマニュアルがあるようなものが得意です。

テレアポのバイトや工場の商品詰めなど、マニュアルどおりにやっていれば会社のためになるものが向いています。

しかし、突然起きるイレギュラーやトラブルにはめっぽう弱くテンパってしまいます。

トラブルなどが起きたときに、マニュアルに載っていなくても機転を利かせるなど

自分なりの考えや意見をもって仕事をしていたら回避できるようなトラブルを起こしてしまうのも量産型女子の特徴です。

14. 自分の力で何かを作り出すことができない

「周りがやっているから」と真似っこするのが得意な量産型女子ですが、自分から何かを作り出すのは大の苦手です。

もし何かを作ろうとしても「何か」を意識したものが多く、結局は個性のないものが出来上がります。

「私が考えたメイク法」「私らしいコーデ」など自分流を生み出すと友達に引かれると思っているところもあるので、

自分の力で何かを作り出すという行為を無意識にストップさせているという場合もあります。

15. 化粧の練習に時間を費やす

量産型女子はメイクの練習を熱心にします。

ファッション同様、メイクも流行の移り変わりが激しく、常に流行に乗っていたい量産型女子にしてみれば最新のメイク方法に対応しないといけません。

せっかく前のメイク方法を極めたと思ったら次の流行がやってきた…なんてことはままあります。

そのためメイクの練習に時間を費やしています。

また、人気の芸能人やモデルのファッションやメイクをマネするのも好きなので、その人のメイクにできるだけ近づけるように練習しまくります。

こう見ると、量産型女子ってかなりマメで努力家ですよね…

16. 自撮りが大好き

量産型女子は自撮りが大好きです。

毎日メイクが終わったあとに自撮りをして「今日もがんばるぞぉ」なんてSNSにアップしていることもザラです。

自撮りのときのポーズはもちろん流行りのポーズ。

毎日同じような自撮りをしているので、SNSを見た人は「あれ、さっきもこの写真見たような…?」というほどです。

そして量産型女子の友達は量産型女子なので、みんな同じように自撮りをしまくっています。

そしてポーズもおんなじ感じです。

ポーズ研究はもっぱら芸能人のインスタグラムで、いつも研究に余念がありません。

17. 常にグループ行動をする

量産型女子はグループ行動が大好きです。

決まったグループに所属することによって自分の居場所を確保して安心するのです。

量産型女子は「ぼっち」なのをものスゴく嫌がります。

自分に居場所がないことを恐れるからということと、ぼっちは目立つからです。

しかしグループに所属したからといって安心するわけではありません。

このグループ内でも「自分がいないあいだに悪口言われてたら嫌だ」「周りの話題についていけなくなったら困る」などとても気にします。

一見「ホントに仲のいいグループだね」と思われますが、水面下では色んな思惑が渦巻いて内心穏やかではないことがあります。

仲のいい友達と過ごしているはずなのなんだか寂しい関係のようにも思いますよね。

18. 自分に自信が持てない

量産型女子は自分に自信が持てない人が多いです。

自分に自信がないからこそ周りと同じような格好をして同じようなメイクをして同じような口調や表情をして周りにまぎれようとします。

周りに合わせてばかりで何ももたない等身大の自分を誰かに暴かれることが怖くてならないのです。

周囲と同じ格好や同じような考え方をしていれば、特段自分がおかしいわけではないと自信が持てるのです。

もし自分がおかしかったとしても、周りの友達も同じようなものなので「(変だと言われても)自分だけじゃない」という安心をします。

結局は「みんなと同じ」であることがよくも悪くも自信になっているのが量産型女子の思考の特徴なのです。

量産型女子でいるあいだは、常に周囲を気にしているので、本当に自分自身に自信が持てることはないでしょう。

19. 常にスマホを握りしめている

量産型女子の標準装備は流行りの服、周りと同じようなメイクのほかにスマホがあります。

常にスマホを握りしめており、「一体何をしているの?」という頻度でスマホをチェックします。

その実態はSNSチェック。

常に誰かとつながっていないと不安で仕方ないのです、自分の投稿したSNSにコメントはついていないか、ラインが来てたらすぐに返さなきゃ…などやることがいっぱいなのです。

周りの量産型女子も同じようにしているので、多少億劫でも自分も同じようにやらないと周りから取り残されてしまうのです。

「昨日ツイッターでつぶやいてた○○って…」みたいな話題が出た時に「なになにその話!」となるのが怖いのです。

とにかく自分だけ知らないという状況は避けないといけません。

また、芸能情報や最新のファッション情報もスマホでゲットします。

いい情報があったら友達にラインで共有するのはもはや常識でしょう。

そして、評判のランチやカフェに行ったときは必ず食べる前にスマホで写真を撮るのも量産型女子のお決まりの行動です。

おいしそうなものを目の前に納得がいくまで写真を撮り続け、やっと撮り終わったと思ったらお次をそそくさとSNSにアップ…

本当に1から10までスマホを使う生活をしています。

これがあったかいご飯ならとっくに冷めてしまってしますよん…

スマホを使いこなしているのではなく、スマホに振り回される生活を送っている量産型女子はとても多いです。

20. 人の顔色をすぐ伺う

量産型女子は周りからあぶれるのを嫌がるので周囲のご機嫌や顔色をすぐにうかがいます。

「なんか急に無口になったけど、私何かズレたこといったかな?」「この子を怒らせるとハブられる…」など、ちょっと空気が変わるといつもビクビクしています。

量産型女子は過去にいじめられていた経験者が多いのもこの傾向の特徴でもあるのでしょう。

人の顔色をうかがうことによって、なおさら自分らしい意見は封印することになります。

量産型女子を卒業するためには?

いつまでも量産型女子でいては、本当になりたい自分になれません。

そんな量産型女子を卒業するためにもどんなことをすればよいのか…疑問ですよね。

ここでは、量産型女子を卒業するためにはどんなことをすればいいのかを、いくつか例をご紹介します!

資格取得のための勉強を始めてみる

オシャレや流行りを追って、常にSNSのアップやチェック…

それって自分のためになる何か大きな実りはあったでしょうか?

その他大勢の女子の埋もれて、ただただ周りに乗り遅れないように必死だったことで「自分だけの強み」「武器となる才能」などを磨くことはしなかったでしょう。

量産型女子卒業の第一歩として、なにか資格取得のための勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

「周りには勉強を一生懸命している子なんていないよ」「雑誌やSNSをチェックする時間が短くなっちゃう」など思うかもしれませんが、それこそが卒業のポイントでもあります。

何かを一生懸命にやりとげて資格をゲットすることで自分に自信がつきますし、今後の自分の強みにもなりますよ。

2. コンテストや大会を目指して努力をする

周りから浮くのがイヤだという量産型女子。

飛び出た才能や、何か特別なことをやってみたいという願望は、量産型女子としてはあってはならないものとされています。

何か「特別」なものは周囲から浮いたりグループからハブられる材料になり得てしまうからです。

しかし、このままではいけないと感じている量産型女子は、この没個性の殻をやぶるためにもコンテストや何かの大会を目指して努力をしかみてはどうでしょうか?

これまでは極力周りと違うことや目立つことを控えてきたことでしょうが、このまま周りと同じことを続けていても、達成感もなく寂しい人生になってしまいます。

コンテストや大会は優勝に近づけば近づくほど目立つことが多くなりますが、

何かのトップを目指して努力をするということは、結果はどうあれその後の自分の財産になります。

目立って周りから浮くことを恐れず、自分なりの努力を貫いて脱量産型女子と優勝を目指しましょう!

3. スマホやSNSを使う時間を自分で制限する

量産型女子はスマホやSNSが大好きです。

ランチにいてもカフェでお茶しても、何か新しいものを購入してもすぐにSNSにアップしたがり、流行りのことやオシャレ情報を常にスマホでチェックしています。

スマホやSNSを使うことによってどんどん量産型女子ループから抜け出せなくなっているのです。

それを打破するためにも、スマホやSNSを使う時間を自分で制限してみるのも量産型女子卒業の一歩にもなります。

正直、目の色を変えてSNSにアップしまくったりスマホで情報チェックも疲れてしまっている人も多いのではないでしょうか?

そんな人はぜひ使用時間の制限をしてみましょう。

しばらくすると「私はなんであんなにSNSに躍らせれてスマホに縛られていたんだろう」と毒気が抜けたようになり、非量産型女子として生まれ変わることができますよ。