CoCoSiA(ココシア)

肩書きとはどういう意味?役職との違い・使い方・例文を紹介します


皆さんは、肩書きについてはこだわりますか?

今回は、肩書きについていろいろと見ていきましょう。

「肩書き」について学ぼう

社会人になるに従って、だんだんと肩書きが出てくることで立場に差が出てきます。

人間は皆平等とは言いますが、仕事上で責任を持った上の立場にある人が、その上の方をサポートするというような感じで、役割が分かれてきます。

日本は身分制度はありませんが、肩書きによって役割が変わったり、責任の取り方が変わります。

責任が重いか軽いかに差があり、その分給料が上がったりすることもあります。

課長レベルになると、手当に違いがあるということもあります。

肩書きの意味

肩書きとは社会的な地位のことを意味する一面があります。

会社でも、皆平等というわけではなく、部長がいて、課長がいるというような感じで、役職があります。

役職がなくても勤務実績が長いということであれば、係長という役職があるということもあります。

会社によって色々と肩書きが違う一面はありますが、会社ではそのような肩書きによってどのような役割をするかが決まっていることがあります。

名刺などに氏名の右上に書かれる職名や地位


名刺などに、名前の上に書かれているのが、多くの場合は職名や地位のことを指します。

特に名刺と関わりがないように見える主婦の方も、保険の見直しをしたり何かの修理などを依頼したりしたときなど、名刺をいただく機会があるのでは無いのでしょうか。

したがって、多くの方が名前の上に職名が書かれているのを目にすると思います。

地位や身分を示す職業や役職名など

地位や身分を示す、役職名などがあるのが、肩書きです。

課長や部長はもちろんですが、最高経営責任者(CEO)とか、ディレクター、マネージャーなど、その業種独特の肩書きがあることもあります。

最高経営責任者(CEO)とは、基本的に社長と近い役職名であると言えるでしょう。

ディレクターと言うと、テレビ業界だけのようなイメージがありますが、決してそうではありません。

他の業種でも執行者という意味合いで使われることがあります。

マネージャーに関しては、管理職のことを指し、部下のマネジメントも仕事としていることが多いです。

肩書きと役職の違いとは?

肩書きと役職は非常によく似ているように感じますよね。

その違いとは一体どのようなところがあるのでしょうか。

調べた情報によると、そこまで大きな差はないと言われています。

したがって、ほぼ同等のことを指すと言っても良いでしょう。

では肩書きがあると何が良いのかと言うと、どのような立場の方なのかがすぐにわかる点にあります。

役職の意味

その役職によって、意味が変わってくるところがあります。

例えば、部長と言う肩書きの場合、例えば営業部長であったり、商品管理部の部長であったりと、その部の責任者であるケースが多いです。

その一方で主任等は、給与体制などでそのように呼ばれていることもあり、会社によってその役職の意味が変わってくる一面があります。

したがって、この役職についてはその企業のカラーが出ると言っても良いのではないのでしょうか。

役目と職務

先ほども似たように役職の意味とは、役目や、職務の内容について指すことが多いです。

例えば先ほども触れたように部長と言う肩書きの場合は、その部の責任者と言うような形になります。

役職がつく仕事というのは、たいていはマネージャーとか、責任を取るような役職であるケースが多いです。

さらには、普通の仕事と合わせて部下など人の管理をするような仕事も指します。

よく査定をするような場面もありますが、課長以上の役職の方がそのような業務を任されることもあります。

しかしこれも企業によるので一概には言えません。

管理職

先ほども出たように、肩書きがあると言う事はすなわち、管理職であるケースが多いです。

通常の仕事に従事することがあり、その上で部下のことで色々と指示を出したり査定をするなどで人の管理をする1面があります。

よく中間管理職は、板挟みになってつらいと言うような話を聞いたことありませんか?

よく、ドラマなどでそのような場面をよく見るのではないのでしょうか。

部長のような上の立場の人から色々と言われ、下の立場の人からの不満を受け止めと言うような形で大変だと言うような話がよく聞かれます。

管理職は、人に指示を出したり、ときには不満を受け止めたりするようなことも行います。