CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

肩書きとはどういう意味?役職との違い・使い方・例文を紹介します


皆さんは、肩書きについてはこだわりますか?

今回は、肩書きについていろいろと見ていきましょう。

この記事の目次

「肩書き」について学ぼう

社会人になるに従って、だんだんと肩書きが出てくることで立場に差が出てきます。

人間は皆平等とは言いますが、仕事上で責任を持った上の立場にある人が、その上の方をサポートするというような感じで、役割が分かれてきます。

日本は身分制度はありませんが、肩書きによって役割が変わったり、責任の取り方が変わります。

責任が重いか軽いかに差があり、その分給料が上がったりすることもあります。

課長レベルになると、手当に違いがあるということもあります。

肩書きの意味

肩書きとは社会的な地位のことを意味する一面があります。

会社でも、皆平等というわけではなく、部長がいて、課長がいるというような感じで、役職があります。

役職がなくても勤務実績が長いということであれば、係長という役職があるということもあります。

会社によって色々と肩書きが違う一面はありますが、会社ではそのような肩書きによってどのような役割をするかが決まっていることがあります。

名刺などに氏名の右上に書かれる職名や地位


名刺などに、名前の上に書かれているのが、多くの場合は職名や地位のことを指します。

特に名刺と関わりがないように見える主婦の方も、保険の見直しをしたり何かの修理などを依頼したりしたときなど、名刺をいただく機会があるのでは無いのでしょうか。

したがって、多くの方が名前の上に職名が書かれているのを目にすると思います。

地位や身分を示す職業や役職名など

地位や身分を示す、役職名などがあるのが、肩書きです。

課長や部長はもちろんですが、最高経営責任者(CEO)とか、ディレクター、マネージャーなど、その業種独特の肩書きがあることもあります。

最高経営責任者(CEO)とは、基本的に社長と近い役職名であると言えるでしょう。

ディレクターと言うと、テレビ業界だけのようなイメージがありますが、決してそうではありません。

他の業種でも執行者という意味合いで使われることがあります。

マネージャーに関しては、管理職のことを指し、部下のマネジメントも仕事としていることが多いです。

肩書きと役職の違いとは?

肩書きと役職は非常によく似ているように感じますよね。

その違いとは一体どのようなところがあるのでしょうか。

調べた情報によると、そこまで大きな差はないと言われています。

したがって、ほぼ同等のことを指すと言っても良いでしょう。

では肩書きがあると何が良いのかと言うと、どのような立場の方なのかがすぐにわかる点にあります。

役職の意味

その役職によって、意味が変わってくるところがあります。

例えば、部長と言う肩書きの場合、例えば営業部長であったり、商品管理部の部長であったりと、その部の責任者であるケースが多いです。

その一方で主任等は、給与体制などでそのように呼ばれていることもあり、会社によってその役職の意味が変わってくる一面があります。

したがって、この役職についてはその企業のカラーが出ると言っても良いのではないのでしょうか。

役目と職務

先ほども似たように役職の意味とは、役目や、職務の内容について指すことが多いです。

例えば先ほども触れたように部長と言う肩書きの場合は、その部の責任者と言うような形になります。

役職がつく仕事というのは、たいていはマネージャーとか、責任を取るような役職であるケースが多いです。

さらには、普通の仕事と合わせて部下など人の管理をするような仕事も指します。

よく査定をするような場面もありますが、課長以上の役職の方がそのような業務を任されることもあります。

しかしこれも企業によるので一概には言えません。

管理職

先ほども出たように、肩書きがあると言う事はすなわち、管理職であるケースが多いです。

通常の仕事に従事することがあり、その上で部下のことで色々と指示を出したり査定をするなどで人の管理をする1面があります。

よく中間管理職は、板挟みになってつらいと言うような話を聞いたことありませんか?

よく、ドラマなどでそのような場面をよく見るのではないのでしょうか。

部長のような上の立場の人から色々と言われ、下の立場の人からの不満を受け止めと言うような形で大変だと言うような話がよく聞かれます。

管理職は、人に指示を出したり、ときには不満を受け止めたりするようなことも行います。

したがって、仕事ができるからと言うことで昇給しても、人のことをマネジメントする能力が苦手だと言うことであれば、そこでスランプを感じると言う話もよく聞かれます。

役職の方がより具体的な内容になる

役職がついている方がいる具体的な内容になるので、名刺をいただいた際にどのような立場の人かが一目瞭然であると言うところもあります。

いろいろな企業がありますので、どのような仕事を任されているのかというのは人それぞれ違いがあります。

しかし、基本的に序列はどこも一緒なので、大体どの立場の人なのかという点では参考になります。

肩書きの使い方


肩書きには、いろいろな使い方があります。

肩書きの使い方についていろいろと見ていきましょう。

ビジネスで使う会社の肩書き

肩書きで1番使う機会が多いのは、ビジネス上で使う会社の肩書きなのではないのでしょうか。

この肩書きには順序があります。

具体的な業務等は違いがあるケースもありますが、大抵の場合はこのような順番で使われますので、間違いがないように覚えておきましょう。

まず新卒、転職等で初めて入社したと言うことになると、一般社員から始まります。

いわゆるペーペーというような言い方をすることもありますよね。

まだまだ一般社員であるとは言えども、上司などの立場の指示の通りに実務を動かしていく存在で、必要な存在です。

基本的に、上の方の指示だけではどうにもならないところがありますので、指示に従いその通りに実務を動かす人は会社にとっても非常に大切な存在です。

一般社員として勤務すると、今度は主任と言う立場になることがあります。

どちらかと言うと、管理職として人に指示をして動いてもらうようにするという感じではなく、一般社員をまとめていくような立場であるケースも多いです。

しかし企業によってカラーは様々で、給与体制の名義で主任としていることがあって、実際にグループの中心かというとそうではないケースもあります。

そして次に来るのが係長です。

ここから、管理職のような状態になってきます。

チームのリーダーという位置づけで、課長の下でまとめる役割を担う必要があります。

主任もグループをまとめる役割と言うところがありますが、さらに肩書きが係長になることで、一般社員からも「本当にこのチームのリーダーである」と認識になるケースが多いです。

したがって、威厳があるように感じられるケースも多々あります。

しかし一方で、一般社員になってから勤務が長い人に係長という役職を付けられるケースもまた多いです。

昨今は崩れつつありますが、年功序列を守っているところはそのようなこともあります。

そして、次からはもう皆さんになじみが深い管理職になっていき、係長の次は課長になります。

会社内で、いろいろな課が設置されていますが、そこの責任者になると言う形になります。

いわゆる一般社員の方が上司と言うのは、この課長クラスからと言うことになってくるのではないのでしょうか。

そして次に部長かと思いきや、次は次長です。

課長と部長の間にワンクッション置いて、次長と言う形になります。

次の補佐と言うことで、課長よりも下なのではないかと思ってしまいがちですが、そうではなく、部門管理者の次席と言うことで課長よりも上の立場になります。

部長の次のリーダーといった状態で、企業によって様々ですが、もし部長が不在の時は、次長が現場の責任者になるというケースも多いのではないのでしょうか。

そして、管理職の最たる立場と思いがちな、部長がこの次長の次になります。

その部署の取りまとめ役と言うことで、多くのケースでは年配の方がこの部長と言うポジションであるケースが多いです。

そして、部長の次にが本部長と言うことになります。

事業部長と言うこともありますね。

部長の次の人と言うことで、そのような立場なのかと言うと、基本的に本部の部長であるケースが多いです。

そして、その次が常務取締役です。

ここから取締役という肩書きになってきます。

〇〇常務(名字+常務)と言われることがよくありますが、この立場の人であると言うことが多いです。

このクラスから、現場に顔出してくるケースが少なくなってきます。

あまり企業に顔を出さないけど、何か偉い立場の人と言うような認識であることも多いのではないのでしょうか。

そしてその次は専務取締役です。

専務となると、どちらかと言うと専務以上の立場の人への業務が多いです。

社長補佐をするような位置づけであることが多いです。

そして次にトップとなる代表取締役社長です。

ここまでくると、その企業のトップと言っても良いでしょう。

しかし、時々代表取締役と社長を分けているところがあります。

このように会社の役職も色々とあります。

結婚式などで使う親族の肩書き

このように役職があるのは仕事だけではありません。

結婚式等においては、親族の肩書きもあります。

よく家系図などもありますが、そこでその肩書きが使われます。

具体例を挙げると、おじいちゃんおばあちゃんのことを、祖父祖母と言いますね。

そして子供に関しては、長男とか長女など生まれた人と男性か女性かを分けた呼び方があります。

そして、兄や姉の配偶者については、義兄、義姉と言うことがあります。

そして、弟や妹の配偶者は、義弟、義妹と言うことがありますね。

このように、普段何気なく使っている続柄の説明も、肩書きになります。

個人事業主が使う肩書き

個人事業主と言うと、1人社長というイメージがありますよね。

したがって、取締役と言う肩書きを使っても良いのではないかと思う方も多いのではないのでしょうか。

しかし、この肩書きにはルールがあり、個人事業主の方には使うことができません。

では、個人事業主の方は肩書きは何にしたら良いのかと言うと、代表、店長、マネージャーなどから使うことができます。

さらにはこれらを組み合わせて、相手の方にうまく伝わるような言い回しを考えていくということが必要です。

個人事業主の場合は、肩書きと言うよりかはどのような立場の人なのかと言うことを知ってもらうことを重視するようにしましょう。

肩書きを使った例文

肩書きは日常的にあることから、いろいろなことで使われることがありますね。

では肩書きを使った例文について見ていきましょう。

自分にもモテるかっこいい肩書きが欲しい

肩書きは、時に人を「おっ!」と言わせるものがあります。

例えば、ベンチャー企業だとしたら、若くしていきなり社長と言うこともありますよね。

そこで、いきなり名刺「CEO」と書いてあったらどうでしょうか。

男性であれば、女性の注目を一気に集めることができるのではないでしょうか。

さらには、会社員の方であっても、若い人にはなかなか難しいような肩書きがあったとしたら、非常に出世が早くて有能な人であるとアピールできるところがあります。

だからこそ、女性にモテるためにもかっこいい肩書きが欲しいと願っている人も多いのではないでしょうか。

あの人は肩書きだけのいわゆる名ばかり管理職だ

なるべく、このような言われ方をしたくないものですが、やはりマネジメント能力というのは人それぞれであるので、やはりこのように言われてしまう人も一定数います。

例えば課長クラス以上ともなると、自分の仕事にプラスαで、部下の人間関係の管理なども必要です。

部下に対してどのような指示を与え、どのようにでも進めていくかを考えていく立場にもなります。

最近は、女性の社会進出も進んで、子供がいる女性の方も社会進出をする方が多いです。

そこで、最近はその仕事をしながらの子育ての両立が難しく、子供が熱を出すために休むと言うこともよくあると言われています。

そこで、独身の社員の方にしわ寄せが行く話もよく聞かれます。

そのような時に、人事の配分がうまくいかないと悪く言われるのはその管理職の立場であるケースが多いです。

だからこそ、このようなマネジメントがうまくいっていないと、肩書きだけの管理職と言うように言われてしまうこともあります。

肩書きを見ても地位が分かりにくいことがある

肩書きがあると立場が分かりやすいと言う話もしましたが、企業によってカラーが違うので認識していたのとはまるで違うと言うこともあります。

年功序列の制度を採用していて、給与体制のだけの肩書きであるということもあるからです。

したがって、同じ課に課長が何人もいると言うこともあります。

だからこそ、時々肩書きを見るけれど、よくわからないと言うこともあります。

肩書きだけで人を判断するのは良くない

肩書きだけで人を判断するのは、時に失敗を招くことがあります。

先ほども触れたように、給与体制の事だけで役職を振り分けていることもあるからです。

同じ課に、課長が3人いると言うことで実質は取りまとめをしている人は3人のうち1人だけと言うこともあります。

ただ、同じ課長と言うことで、同じだけ仕事をしているのかと思われますが、決してそうではないというケースもあります。

最近は、リストラ等もありますので、もし企業に貢献していないと思われた場合に、あまり仕事していない人を切る傾向にあります。

したがって、肩書きだけで人を判断し、結婚相手を選ぶと言うようなことがあるとすると、失敗してしまうこともあります。

驚くほどの肩書きを持った人が入社してきた

中には、驚くほどの肩書きを持った人が入社してきたことがあるのではないのでしょうか。

よくあるケースとしては、長年勤めていた企業リストラされたけれど、新たに入ってきた方だと、ともすれば課長や部長レベルだった方が入社してきたと言うこともあり得るでしょう。

さらに言うと、中小企業に東大卒の方が入社してくると、このように言われることがあるのではないのでしょうか。

正確に言うと東大卒と言うのは肩書きになるのかどうかは微妙ですが、その一方で、この人は優秀に違いないと言うような期待を持って見られることがあります。

仕事と勉強に関する能力には違いがあると言われていますし、勉強が得意だったけれど仕事が得意ではない人もよくいらっしゃいます。

しかし、東大卒になるくらいの能力があるということで、勉強に対する忍耐力がある人と認識されるケースが多いです。

したがって、仕事のできるに違いないと誤解を受けていることもよくあるケースだと言われています。

例えばパートに応募すると、「あなただったらもっといいところがあるんじゃないんですか?」と不採用になる話も聞かれることがあります。

このように肩書きと言うのは、時に驚くような方が決まった人が入ってきたと言うことで身構えてしまうケースもあります。

誇れる肩書きはありませんが意欲は人一倍あります

特に、若い方だとこのようなアピールが効果があります。

若い人だと、何か業績を上げるには年数が短すぎます。

例えば20代前半と言うことであれば、その意欲を買って転職先や就職先で採用することもあるのではないのでしょうか。

さらには、20代位まではそれが許される一面があります。

しかし30代を過ぎてくると、なかなかそうはいきません。

30代に差し掛かると、何かしらプロジェクトを達成していたりと言うような形あるもので何かを達成しているという業績が必要になってきます。

会社に長く勤めていたとしたら、少なくとも主任ぐらいの立場になるケースが多いです。

したがって、30代以上になるのに一般社員どまりだとしたら採用が難しいところもあるでしょう。

例えば、パートの主婦の方であれば、ブランク等が長いと言うことから、肩書きがないと言う事はよくあります。

しかし、出世コースには乗らないことで、肩書きがなくても意欲だけで認めてもらえるケースもあります。

婚活をしていると男性の肩書きが気になってしまう

婚活するとなると、男性については仕事について気になることがあります。

最近は女性の社会進出をしていますし、共働きが主流となっています。

しかしまだ時間の時代の転換期とも言えるような状態ですので、まだまだ男性は主に仕事をすると言う価値観もあります。

したがって、男性が育休を取ると言うとなかなか理解されにくいような一面も同時にあります。

そこで婚活をするときに、男性の肩書きを気にするような人は多いです。

例えば、年相応に出世をしているかどうか気になる、という思いのではないのでしょうか。

例えば男性が30代前半だった場合、少なくとも主任クラスになっていて欲しいと思うこともあるのではないのでしょうか。

男性で一般社員の方となると、20代前半であったり社会人の駆け出しであると言うケースが多いです。

少なくとも主任クラスとなると、その企業に勤めて長いと言うことが証明できる一面があります。

しかし、30代前半でまだ一般社員だと、どのような状態なのかが気になるという人も多いのではないのでしょうか。

しかし最近の情勢で、会社が潰れてしまって転職をしたケースもあるのではないのでしょうか。

したがってその人の能力がどうのこうのと言うわけではなく、仕方がなくそのような事情になってしまったケースもあります。

だからこそ、肩書きだけで決めるのは少々ナンセンスであるというところがあります。

しかし、そのような事情がない場合は、転職が多い可能性もありますし、婚活では避けたいタイプの男性だと思われてしまうこともあります。

肩書きの類語

肩書きには、いろいろな類義語があります。

肩書きの類語について解説していきます。

職名

肩書きには職名がついているということもありますね。

例えばプランナーと言うような仕事だと、プランナーが職種といっても良いのではないのでしょうか。

例えばウェディングプランナーと言うような話を聞くと、結婚式の計画を立てる人であるという職種が明確になるところがあります。

役職や肩書きでもよく使われますが、職種を表す時にも、使われると言うことがあることから、肩書きと類語と言っても良いのではないのでしょうか。

役名

また、肩書きの類語として役名のことを指すこともあります。

役職名などともよく似ていますが、とある企業の一覧を見ると、総括管理部長と言うような形で、肩書きと役名を使い分ける意味合いであることもあります。

役職名

役職名は、日常生活でよく使われます。

例えば部長だったり、係長だったりとという役職名はよく聞くのではないのでしょうか。

上の立場の人ですので、一般社員の方がよく偉い人の愚痴を言うとなるとたいていは、課長や部長の事だったりするケースが多いです。

オフィスが舞台のドラマではよく役職名がつくことがありますので、ドラマなどでもよく耳にすることがあり、多くの立場の人にとってもなじみがあるのではないのでしょうか。

敬称

敬称もまた、よく使われることもあります。

よく、なになに社長とかなになに課長と言う言葉で使えますよね。

これも敬称の1部となっているところがあります。

しかし、何か文章を送るときなどの封筒の宛先は、なになに社長や課長の後に、殿をつけることが多いです。

ポジション

ポジションと言う言葉もよく聞くのではないのでしょうか。

会社のポジションという話になると、たいていは役職のことを指すことが多いです。

このように、ただ役職を英語にしただけと言うような感じの言葉もよく聞かれるのは、それだけなじみがある一面もあるのではないのでしょうか。

会社のポジションはどのようなところだったかと言うことになると、たいていは役職を答える形になります。

例えば30台位の方であったら、主任であるケースが多いでしょう。

そして、30代後半になってこの辺で課長になってくる人もいます。

ここら辺で、出世をするか否かと言う事の分かれ道になってくる一面があります。

身内に、とある公共のオフィスで勤めていた人がいましたが、やはり、ここで出世するコースかそうでは無いコースかというの分かれ道があったと言われています。

その身内は、病気などによって休職なども多く、働きやすい部署に異動になっていました。

しかし情報によると、そのようにすることにより出世コースから外れると言う事は言われていました。

ポジションを得ると言うのは必ずと言うわけではなく、大抵の場合は出世コースに乗っている人がそのポジションにつくことができるケースが多いです。

ポスト

一般企業の務めにおいては、ポストと言う言葉をよく聞くのではないのでしょうか。

これもポジションとは同意語と言っても良いですし、肩書きに非常に近いところがあるでしょう。

ポストの事について話すと、やはり企業については役職名を答えることが多いです。

例えば課長とか部長と言うような感じで、その役職名を答えるようになります。

爵号

爵号と言う言葉について、近年ニュースでも聞いたことがあるのではないのでしょうか。

最近ヘンリー王子が王国離脱すると言うなことで一時期非常に話題になりましたね。

そこで、サセックス号の爵号を使うことを禁止しているという情報を聞いたことがある人も多いでしょう。

ニュースなどでイギリス王国の話題で爵号とか爵位については聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。

さらに詳しく調べてみると、イギリス王国の爵号は色々とあります。

このように王国のような国では、まだこのような爵号はあるケースが多いです。

爵位

現在の日本ではすっかりなじみのないものになってきましたが、いわゆる身分を指す言葉として爵位が用いられていた一面があります。

一番日本で身近な年と言えば、江戸時代が終わってから、華族制度と言うものがありましたが、その時に爵位がありました。

公・侯・子・男・伯などがありました。

それは日本だけではなく、中国など他の国でもありました。

さらには、今は沖縄県として親しまれているのですが、かつては琉球王国と言うまた日本とは違う国でした。

ここでも身分の序列としての爵位があったと言われています。

しかし、このような爵位が撤廃されましたので、今の日本においては爵位と言うものはありません。

院号

院号と言うと少々耳慣れない方も多いのではないのでしょうか。

院号とは、いわゆる戒名などで使われることがあります。

その中で院がついているものについて院号と言うことがあります。

院号と言うのはどのような人に漬けられるのかと言うと、社会的に非常に貢献した人であったり、天皇などの王族、将軍のような人たちに付けられることが多かったです。

しかし実際は、どれくらいお寺に貢献しているかということも大きいようで、お布施を多くすると院号がもらえると言う話もあります。

その一方で、お寺や神社によっては、関係性にもよりますし地域の風習なども違うでしょう。

特に、このような院号に関しては地域差が大きくてます。

したがって他県に住んでいたけれど、大人になってから違うところに住んでいると言うことであれば、現地の方に確認を取ると確実です。

したがって、必ずたくさんのお金を積んだから院号がもらえると言うわけではありません。

また、代々そのお寺との付き合いが長いと言うことで、金額が大きい小さい関係なく、同等に院号をつけることを認めてもらえるケースもあると言われています。

本来はそのような意味ではなかったのですが、最近はこのような金銭的な負担に比例するようなことが言われてきてしまう状態になってきてしまっていると言われています。

「肩書き」の正しい意味と使い方を覚えておこう

肩書きと一口に言っても、いろいろな形があります。

1番よく使われるのが、会社の役割としての肩書きであるケースが多いのではないのでしょうか。

課長とか部長というような役職については色々と耳にすることが多いです。

その一方で肩書きがそのような役職だけではなく、結婚式などにおいては、父母と並んで、長男長女と言うような感じの方が決まります。

そして日本にはなじみがないような爵位などもありますし、亡くなった後に付けられる戒名の中の院号と言うものもあります。

このように肩書きは色々とありますが、間違いがないように使っていきましょう。

また一方で、企業によって肩書きの付け方は様々ですので、早とちりをしないことも大切です。

もし、その他に課長が複数にいると言うことであれば、ただの給与体制の肩書きであるケースもあります。

ページトップ