皆さんは、ブリティッシュという言葉についてご存知でしょうか?

建築などに詳しいとか、海外に接している方ならご存知の方も多いかもしれません。

今回は、ブリティッシュの意味や、ブリティッシュスタイルの特徴についてご紹介していきます。

ブリティッシュの意味


ブリティッシュとは、英国、すなわちイギリスのことを指します。

イギリス風というような感じの言葉で表現することが多いです。

イギリスの正式名称は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国です。

皆さんも地理でイギリス周辺のことをやったときに、この長い名前に苦しめられたのではないのでしょうか。

イギリス風などという時に、ブリティッシュという言葉を使うようになりました。

あなたはイギリスと聞くとどのような印象を抱きますか?

優雅に紅茶を飲んでいるようなイメージがあるかもしれませんね。

アメリカはコロンブスが発見したと言われていますが、1492年10月12日ゆえに歴史は長くない一面があります。

しかし、イギリスは非常に歴史が長く、イギリス風というと非常に格式が高いようなイメージを持ったりすることもありますね。

資料によると、1066年にノルマンディー公であったウィリアム征服王は制服をしているから歴史が始まっています。

アメリカと比較しても非常に歴史が長いことがわかりますね。

イギリス人

ブリティッシュというとイギリス人という言葉を指すことが多いです。

日本人にとって、イギリス人と言うと遠い国の人のイメージがありますよね。

なんとなく欧米の方のイメージがありますが、イギリスの方は比較的のんびりとしている方も多いと言われています。

イギリス人の男性とお付き合いをすると、パブでお酒を飲んだり、カフェのようにコーヒーや紅茶等を飲んでゆっくりとデートを楽しむ傾向にあると言われています。

そして、お家デートでのんびりというのはイギリス男性の傾向だと言われています。

しかしあくまで傾向ですので、イギリス人が皆が皆そうだというわけでもないのでしょう。

さらに言うとイギリス人の方は、非常に気さくで楽しいイメージがありますが、非常に個人主義であったりと二面性も持ち合わせていると言われています。

社交辞令を言うのは日本人独特だと言われていますが、欧米人の方も社交辞令を使う事はあると言われています。

イギリス英語

英語といってもいろいろな国で話されているので、それぞれの英語には特色があります。

例えばイギリス英語、アメリカ英語、オーストラリア英語などがそれに含まれるでしょう。

しかし、その一方でアクセントはイギリス国内でも違うと聞くと驚きですよね。

またオーストラリアの英語は、その時の先住民の方の言語と混ざり合っているということもありますし、独特のアクセントがあり訛っていると言われることもあるそうです。

またアメリカ英語と違って、英語のスペルが違うこともあります。

イギリス風の

聞く機会が多いのはもしかしたら、イギリス風という言い方をされているからではないでしょうか。

我々日本人にとっては非常に憧れを持って見られるところがあります。

例えばインテリアのコーディネートの方法や建築方法などを見ていても、イギリスやアメリカなどの欧米に憧れて作られている一面もあります。

したがって、ブリティッシュという言葉が出てきたら、そのような建築であったりするということもあるようです。

ブリティッシュが使われる場面

では、ブリティッシュが使われる場面とはどのようなものがあるのでしょうか。

ブリティッシュが使われる場面について見ていきましょう。

語学

語学と言うと、先ほども触れたように、イギリス英語とアメリカ英語などに分かれます。

その他にもオーストラリア英語など、その独特の英語を話すという特徴があります。

我々日本人であっても、方言があるなど地域によって話し方が違う一面がありますよね。

それは英語にも当てはまると言われています。

同じアメリカでも、独特に違うこともよくあるようです。

西海岸のほうの英語、南部英語、東海岸英語などいろいろなところがあるようです。

イギリスはそんなに広くないので、あまり差がないのではないかと思われる一面がありますが、意外にもイギリス英語にもなまりがあります。

イギリス英語が気取っているように思う人もいるかもしれませんが、それはただの映画のイメージとも言えるでしょう。

日本人がイメージするようなイギリス英語と言うと、ノッティングヒルの恋人のようなイメージを抱く方が多いです。

しかし裕福であったり上流家庭の子の英語を使っているという特徴があり、本当に一部の人しか話していない一面があると言われています。

さらにイギリスにはスコットランドがありますが、このスコットランドの方の英語は、ロンドン出身の人でも聞き取れないと言われています。

ネイティブをもってしても聞き取れないということなのですね。

我々日本人には、当てはめると、東北弁の強い訛りが聞き取れないというような感じなのでしょう。

もちろんこの英語の他にも、クイーンズイングリッシュと言って、ハリーポッター等でよく使われている英語と言われています。

また、コックニーアクセントは東ロンドンの労働者の方が使う英語と言われています。

建築

ブリティッシュという言葉で1番聞き覚えがあるのは、建築の言葉ではないでしょうか。

人が見ただけで、イギリス風の建物に関するようなものが住宅販売においても人気を集めています。

よくあるケースとしては、レンガ調の家がそれにあたるのではないでしょうか。

格式があるような感じがするのもブリティッシュ建築の特徴の1つです。

飲食店


飲食店にもブリティッシュ風、つまりイギリス風の飲食店も多くあります。

イギリス人の間ではパブが非常に人気ですが、ブリティッシュパブは日本にもあります。

建物からして、英国風であるというところもありますが、お酒を楽しんだり、中にはカラオケがあるようなサービスもあります。

日本にいながらにしてもイギリスの雰囲気を味わことができるような飲食店です。

インテリア

賃貸住宅なので、外装はいじる事はできないこともあるでしょう。

そんな時は内装をインテリアブリティッシュ風にすることによって、イギリスの雰囲気を味わうことができます。

洋風なんだけど少し歴史があるような感じにするのがイギリス風の家具の秘密であると言われています。

また、赤色の差し色に木目調というような暖かな感じがするのもブリティッシュ風の特徴です。

また、黒でシックに固めているというところもありますので、ブリティッシュ風も非常に奥が深いです。

ヘアスタイル

ブリティッシュ風のヘアスタイルと言うと、どのようなものかがあまりイメージがつかない方も多いかもしれませんね。

おしゃれに詳しい方でしたらご存知の方も多いかもしれませんが、そこまでファッションに興味がない方のために説明すると、この場合は横を刈り上げた上に、横に流すようなスタイルのことを指します。

画像で見ていただくと、わかりやすいと思います。

男性の方でブリティッシュヘアを目指したいということであれば、行きつけの美容院などで相談してみましょう。

プロの方ですので、より皆さんにぴったりのブリティッシュヘアスタイルにしてくれることでしょう。

ファッション

ブリティッシュのファッションと言うとどのようなファッションかというのがいまいちイメージがつきにくいところがあるでしょう。

ブリティッシュスタイルとはいわゆる、英国の伝統的な着こなしなどを取り入れたファッションのことを指します。

イギリスのように紳士的な感じなのだけれど、おしゃれに思わせる一面があります。

また、グレンチェックというのもブリティッシュファッションとしては取り入れやすいアイテムの1つなのではないでしょうか。

このファッションの特徴としては品の良さや、知的な感じを与えることができる点にあります。

ブリティッシュスタイルとは

ブリティッシュスタイルというのはどのようなことなのかと言うと、先ほども触れたようなところがありますが、もう少し細かく掘り下げていきましょう。

ファッションの系統を表す

ブリティッシュファッションとは、いわゆるファッションの系統を指します。

どちらかと言うと英国の紳士服のファッションと言っても良いのではないでしょうか。

もちろん男性のみならず、女性の方でもブリティッシュファッションを取り入れることができますよ。

カジュアルからスーツまで

ブリティッシュファッションの凄いところは、カジュアルからスーツまでしっかりと抑えている点です。

もちろんアメリカでもスーツ等はありますがどちらかと言うと、カジュアルなイメージが強い一面がありますね。

しかし、ブリティッシュファッションであれば、カジュアルからスーツまで広くカバーしています。

見ていただくと、すぐにこれは英国ファッションだということがわかる位に定着しています。

男性であればスーツはもちろんですが、ズボンの1部に取り入れるとか、ジャケットの1部に取り入れる形でブリティッシュファッションを取り入れることができます。

さらにツイードパンツというものをアイテムに取り入れ、後はダッフルコートにするなど少々カジュアルな感じにすることも可能です。

女性であっても、ツイードのジャケットを着てみたりすることで、ブリティッシュファッションをおしゃれに取り入れることも可能です。

ブリティッシュスタイル8個の特徴

次に、ブリティッシュスタイルの特徴についていろいろと見ていきましょう。

上品さがあり格式高い

ブリティッシュファッションの1番の強みは、上品さがあることです。

アメリカは大陸が発見されてから今のスタイルになったということもあり、非常に歴史が浅い一面があります。

アメリカ独特の明るさも魅力の1つではありますが、その一方で、歴史が浅いという点から歴史の重みを感じさせないところがネックの1つです。

しかしブリティッシュファッションは、イギリスが長い歴史の間で築いてきたファッションだからこそ、格式を感じさせるところがあります。

たとえカジュアルなファッションであっても、上品さを感じさせる一面があります。

伝統的で洗練されている

ブリティッシュファッションは非常に伝統的で洗練がされているということから、ブリティッシュファッションはそれを身にまとっているだけで非常に洗練されたイメージがあります。

ブリティッシュファッションは欧米風であるにもかかわらず、歴史を感じさせるという一面があります。

したがって、我々日本人が見ても、ブリティッシュファッションと言えばこれというようなイメージが強くある一面があります。

シックで大人っぽい

ブリティッシュファッションは、シックで大人っぽいという特徴があります。

気になる方は、ブリティッシュファッションで検索してもらえると、いろいろな画像がヒットします。

きっとシックでおしゃれなものが多いと感じさせられると思います。

その一方で、中にはタータンチェックのミニスカートなど、若い方でも取り入れやすいおしゃれが非常に多いです。

黒ジャケットを羽織ることで、カジュアルな感じも出てきますが、その一方でシックな感じを与えるという不思議な一面を持っています。

タータンチェックなどを取り入れることによって、よりブリティッシュファッションらしくなります。

また、オリーブグリーンのワンピースも、ブリティッシュファッションのような色合いがあります。

そんなに強くブリティッシュファッションの特徴が出ているわけではないにもかかわらず、やはりキャサリン妃のような王国の人は着ると格式高く上品に感じさせる一面がありますね。

シンプルでも格好いい

また、シンプルである一方でかっこよく見える一面があります。

最近は日本人でも手足が長い人が増えています。

したがって、体型も欧米化していることから、よりイギリスのファッションが映える一面があります。

基本的にイギリスの方を含む欧米の方は足が長い方が多いです。

民族的にそのような傾向があるという一面もあるのですが、基本的に肉食を好むために腸が短く進化しているという特徴があります。

したがってお腹周りの体積があまりないことから、足が長いという形になっているのです。

最近の日本人においても食事が欧米化していることから、年長者は胴長短足の人も多いですが、だんだんと若い方のも手足が長い方が増えてきています。

よって、ブリティッシュファッションを取り入れたい方にとっては似合う可能性が高いです。

重量感のある見た目

基本的にブリティッシュファッションは、重量感がある見た目をしていることが特徴です。

よくありがちなブリティッシュファッションとしては、茶色のスーツとか、グレーのような重みを感じる色などが多いという特徴があります。

したがって、ファッションに重量感があるように見える特徴があります。

全くないわけではありませんが、重量的に軽く見えるような色が取り入れられている事はあまり多くないので、ブリティッシュファッションには重量感がある感じがします。

そして先ほども少し触れたように、イギリスには長い歴史があります。

したがって、この長い歴史の中で生成されているということで、それが重みを感じさせる一面があります。

例えば先ほども引き合いに出したように、アメリカのファッションと言うとそこまで重量感のある感じがしません。

それはまだアメリカの歴史が浅いからということもあります。

しかし、これからわたってアメリカらしさというのはこれから歴史を生成するにあたってできてくることでしょう。

今日本人はどちらかと言うと、日本的なものから離れているところがあります。

最近はどこの家もフローリングが多くなってきました。

新築の建築においては、意識して取り入れないと和室がないこともあります。

このように日本においては少々残念な特徴もありますが、日本独特の良いものもあります。

ブリティッシュファッションも、この長い歴史の間に築かれたものの結果であると言えるでしょう。

したがって、それも重みとなっている一面があります。

グレンチェック柄

皆さんは、グレンチェック型という生地の形状について聞いたことはありませんか?

これはいわゆるチェック柄です。

こちらはイギリスの伝統的な柄の1つで、千鳥格子型と、ヘアラインの格子柄を組み合わせた柄となっています。

ヘアラインというのは、いわゆる髪の毛のように非常に細い線のことを指します。

いろいろな生地があるので一概には言えませんが、どちらかと言うとグレーの色が多い一面があります。

その一方で、少し赤みを見たものもありますよ。

アーガイル柄

アーガイル型という生地についても聞いたことがあるのではないでしょうか。

日本語のイメージから掴むと、ソロバン形というような感じです。

まるでソロバンのような形をしていますが、ひし形に模様が重なっているという状態のものです。

もしイメージが浮かばないということであれば、ぜひアーガイル柄について調べてみましょう。

きっとこのような模様を1度や2度は見たことがあると言う人の方がほとんどでしょう。

色合いにおいては、赤であったり、グレーと黒という組み合わせだったりとカラーのバリエーションが豊かです。

中には、背景が茶色に対し、白、赤、黒の色とりどりのひし形があると言うこともあり、カラーバリエーション豊かでおしゃれとしても非常に取りやすい一面があります。

40代くらいの方でしたら子供時代に着たことがある人も多いでしょう。

現代においても日常生活にさりげなく取り込まれていて、見て初めて「これがアーガイル柄か」と気が付くでしょう。

ツイード素材

ツイード素材というのは、その名の通り生地の素材のことを指します。

イギリスのスコットランドで売られている織物であり、画像で見るとブリティッシュファッションには欠かせないものになっています。

イギリスはそもそも寒い国ですので、ウールなどの暖かいく感じられるような素材から作られていることが多いです。

厚手の生地となっているので、暖かく、イギリスの寒い空気にもぴったりとマッチしています。

そして、模様には、ハウンド・トゥース・チェックとヘリンボーンがあることから、バリエーションが豊かですし、高級感を感じられるところがあります。

ゴワゴワした素材ではありますが、使い続けることによって柔らかくなり、だんだんと馴染むようになってきます。

重量感があるのも、このようなツイード素材があるからこそなのでしょう。

ツイード素材と言われてどのようなものかがわからないということであれば、画像を見ていただくとおおまかなイメージがつかめるのではないのでしょうか。

スーツやスカートなどでも使われることが多い素材です。

ブリティッシュスタイルのスーツの特徴

ブリティッシュファッションのスタイルには、スーツもあります。

ではブリティッシュファッションのスーツの特徴について見ていきましょう。

厚めのショルダーライン

まずブリティッシュファッションのスーツの特徴として、ショルダーラインがあります。

肩に厚みの肩パッドを使っている形になっており、立体的な胸回りなどを作るようなシルエットに仕立てていることが特徴です。

先ほども触れたようにツイートなどの特徴もありますので、そのようなところがブリティッシュスタイルのスーツの特徴となっています。

基本的に、ブリティッシュスタイルのスーツには、襟がしっかりとしたシャツを組み合わせる形になります。

上品な感じがしておしゃれですが、ネクタイピンなどでさらに華やかさを出すなど、上品なおしゃれを楽しむことができます。

固くて重みのある生地

ブリティッシュファッションのスーツの基本として、ファッションにも同じことが言えますが、固さがあったり重みがある生地を用いていることが多いです。

それは何故かと言うと、やはりイギリスの風土に関係する一面もあるでしょう。

イギリスにもいろいろな気候があるので一概には言えませんが、スコットランドにおいては夏でも14度~19度程度で比較的涼しいことが特徴です。

イングランドに関しては、東側が乾燥しがちであり、西側が温暖な気候であるというように、イギリスの国1つとってもいろいろな気候があります。

しかし、イングランドでも、1月や2月が上平均の最高気温が約6度、最低の気温が約1度位とやはり寒い一面があります。

したがって、硬くて重みのある生地を着て暖かくして過ごしているという意味があるのでしょう。

それゆえに、ブリティッシュファッションは基本的に重みのある生地や固い生地であることが多いのです。

イギリス1つとっても気候が違う一面がありますが、特に北アイルランドは日本の四季と同じような気候であると言われています。

例外として、夏は20前後ということで涼しいのは日本とはまた違うところですが、それ以外は日本の色と同じです。

したがって、日本でもブリティッシュファッションが愛されているのがそのように似たような気候だからというのもあるのでしょう。

ウエストラインの絞り

またブリティッシュファッションの特徴として、ウエストラインを細めにしているという特徴があります。

男性なのに?と思うかもしれませんが、やはり、ウエストラインは少々細めた方がスタイル良く見える特徴があります。

特に女性でしたらそれは顕著なのではないのでしょうか。

基本的に女性はウエストが締まっていて、ヒップライン等が豊かな方がより女性らしい体型に見えるところがあります。

したがって、やはりウエストラインが出ているよりは締まっていた方が、よりかっこよく見えるという特徴があります。

綺麗に見えるボディライン

ブリティッシュファッションのスーツは、ボディラインを非常にきれいに見えるという特徴があります。

シャープにするようになっていますし、肩パットなどをしっかりと入れて、上半身ががっちりと見えるようにできています。

したがって、腰回りはシャープな感じに見えても、胴回りがしっかりとあるように見えることから、より男性が恰幅があるように見える一面があります。

そして、生地にも重みがありますので、非常に厳格な感じを与える一面があります。

基本的にイギリス人は、勤勉で真面目な傾向にあります。

したがってスーツでも非常に硬くかっちりとしているような印象与える一面があるのです。

対照的にイタリアのスーツと言うと南イタリアの人は非常に大らかな気質ですし、開放的な性格をしています。

イタリアンスタイルのスーツは、ウェストシェイプの位置は低めであり、なおかつ肩パッドなどを用いる事がない、もしくは用いても非常に軽いものを使うことによって、楽に着ることができるという特徴があります。

このようなところに、その国の気質が見えてくる一面がありますね。

また、イギリスと比較されやすいアメリカもまた、スーツには特徴があります。

ちなみにアメリカは、イギリスやイタリアなどと違って、既製品を着るということが普通になっています。

したがって、ウェストシェイプをさせないとか直線的な形であるという特徴があります。

先程も触れているように、アメリカは歴史が浅いというのもありますし、人種のるつぼと言われるくらいに様々な人種の方がいます。

したがって、どんな体型にも対応できるような数値になっているというところがあるのです。

このように他の国と比較すると、ブリティッシュスタイルは非常に真面目で勤勉なイタリア人が作り出したのは納得がいくようなものとなっている特徴がありますね。

スラントポケットの使用

スラントポケットとは何かと言うと、ポケットが斜めになっているものをいいます。

これには理由があり、基本的に乗馬の時に冷えた手を温めるために入れるように作られたポケットだと言われています。

イギリスにも乗馬の文化がありますので、このスラントポケットは非常に便利だったのでしょう。

このスライドポケットは、ロンドンのサヴィル・ロウで仕立てるビスポークスーツで、使われることが多かったという特徴があります。

したがって、高級な仕立て店で取り入れられたポケットということで人気を博しています。

ゆえに、既製品にも取り入れられるようにもなりました。

ポケットがあると便利ですよね。

ついつい色々と使ってしまうこともあるのではないのでしょうか。

ついつい携帯や鍵を入れてしまっている人もいるかもしれませんが、できれば着崩れの原因にもなりますので、どうしても小物を入れるときは、内ポケットを使うようにしましょう。

ただ何でもかんでも入れてもいいというわけではなく用途に合わせて、必要なものを入れていく形にすることが大切です。

男性は女性と違ってあまりカバンを持たない傾向にあります。

もちろんビジネス鞄などを持っているでしょうけれど、女性のように持っているようなタイプの人はそこまで多くないでしょう。

したがって内ポケットには、必要最低限なものを入れるということで対処しましょう。

ブリティッシュスタイルにチャレンジしてみては?

スーツについても、いつも既製品を使っているという方もいるのではないでしょうか。

確かに若い頃はそれでも様になっていますが、だんだんと年齢を重ねるとやはりそこそこに恰幅なども必要となってきます。

オーダーメイドなどを受け付けている形がほとんどですので、少々値が張るという一面は否定できません。

しかし、ビジネスの面ではもちろんのことですが、プライベートにおいても子供の卒業式や入学式など、フォーマルな格好で行くこともあります。

したがって、英国スタイルの上品なスーツを準備するということも非常にオススメである一面があります。

イギリスにおいては、基本的にきちんとしているというような状態だけれど、角に着飾ることなくシンプルにまとめる一面があります。

このシンプルさの中に、ブリティッシュファッションのおしゃれがあります。

英国スタイルで、おしゃれなスーツを使って作ってみたり、女性でしたらブリティッシュスタイルを取り入れたおしゃれを楽しんでみませんか?

ブリティッシュファッションでワンランク上のおしゃれを楽しむことができるでしょう。