CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

探検家になるには?探検家に向いている人の25個の特徴


皆さんは探検家という仕事をご存知でしょうか?

身近でそのようなことを生業としている人を見かけることが少ないことから、どんな仕事か想像がつかない人も多いことでしょう。

そこで今回は、探検家について取り上げていきたいと思います。

この記事の目次

探検家とは

探検家の意味ですが、この「探検」の意味として、危険を承知の上でよく知らない地域に踏み込んでいって、実際にどのようなような場所かを調べるという意味合いがあります。

したがって、探検家とは危険を承知の上で現地に赴く仕事を指します。

最近は飛行機で海外に行くこともできるようになってきたことから、未知の世界なのであるのではないかと疑問に抱くことも多いでしょう。

しかしこの地球上ではまだまだ未知の領域がたくさんあります。

少し前に未接触民族の事について話題になったので、ニュースを見ている方でご存知の方も多いことでしょう。

アマゾンの方では今の文明に触れることなく過ごしている民族がいます。

極端な例ではありますが、石器時代のような生活をずっと続けているような方も地球上にはまだまだいます。

もちろんアマゾンばかりではなく、いろいろな国でそのように今の文明と触れ合わずに生活をしている人もいます。

中にはこちらが接触を試みようとすると攻撃を加えてくる未接触民族もいると言われており、まだまだ解明されていない民族も多くいるのです。

このような未接触民族のいる現場に足を踏み入れて一緒に生活をしてドキュメンタリーを撮影している番組もあります。

このような仕事をしている人は、探検家と言っても良いでしょう。

一方で、テレビ番組として未接触民族のドキュメントを取り上げていることもあり、その役割をディレクターやプロデューサーの方が探検家の役割をしているケースもあります。

探検家になるには


探検家になるにはどうしたらいいかということを考えたことがありますか?

仕事にするとなると非常に難しい感じがするかもしれません。

以前「外こもり」と言う言葉が流行っているように、1年後の3分の1を日本でアルバイトをして、残りを物価の安い国で生活をしているような人もいます。

ただこのような人は探検家かというと少々違うところがあるでしょう。

何か特別なことをしないと探検家になれないのではないかと思ってしまいますが、そうでもありません。

基本的に学歴や資格等は問われないことから、探検家と名乗ればもう探検家になることができます。

ただその一方で、スポンサーがつく探検家と言うとそんなに簡単にはいきません。

なぜならスポンサーは、その人の活躍に賛同して資金を援助してくれる立場の人のことを指すのです。

よくスポーツ選手がユニフォームなどに、企業名の入ったゼッケン等を縫い付けているのをよく見ませんか?

それは、そのスポーツ選手の活躍に期待してスポンサーがついているからです。

資金の援助と引き換えにそのように企業名の入ったゼッケンなどをつけて、PRをするのです。

企業で言うと宣伝広告費にあたるところがあります。

探検家はそこに価値を見出してお金を援助してくれる企業を見つけるのが非常に難しいです。

冒険家との違いって?

探検家と似た仕事として冒険家もあります。

この探検家と冒険家の違いが、いまいちよくわからないところがあるのではないのでしょうか。

ともすれば、職業の紹介において探検家と冒険家が一緒にされていたり、探検家で検索しているのに冒険家の仕事の内容が出てくることもあります。

確かに意味を調べても非常によく似ていることから、混同してしまっても無理のない話です。

探検家は先ほども触れたように危険を冒してでも、未知の領域に入って調べることを指します。

それに対して、冒険は危険を覚悟した上で行うことを指します。

確かにこの2つが少し違うように感じられるところもありますが、未知の領域というのは危険である可能性もあります。

したがって似たような意味で捉えられるところもあり、探検家でありつつも冒険家と言う人もいます。

探検家に向いている人の特徴25個!こんな人が探検家向き


探検家と言うととても魅力的ですよね。

サラリーマンやOLなどをして、安定的に過ごす人生もまた良いのかもしれません。

やはり、親となった立場としても子供には安定してほしいと願うものですよね。

ただその一方で、せっかく生まれたのだから単調な生活は面白くない、例え不安定でも探検をしていきたいと言う人もいるでしょう。

人間にはいろいろな人間がいます。

内向的なタイプの方は家にこもり、それを守ることを喜びを見出しているところがあります。

ただそのような人ばかりだと、過ごしている場所が危険に冒されたときに冒険することができません。

そこで外交的なタイプの人は、そのように新しい境地を見つけていくことに喜びを見出していく人が多いです。

ただ外交的な人は新しいところに行くことに対しリスクを負っています。

もしかしたらその新しい境地を見つけに行った先で命の危険にさらされるかもしれません。

したがって、どちらのタイプも人間として必要なのです。

外交的なタイプの方であれば、探検家のような仕事は非常に魅力的に映るでしょう。

したがって人生は1度きりということで好きに生きていきたい方にとっては、探検家の仕事は視野に入る人生なのではないのでしょうか。

1.体力に自信がある

まず探検家であれば体力が必要になります。

例えば非常に暑いとか非常に寒いという過酷なところに行くこともあります。

もちろんそれなりに対処していくということも求められますが、やはり急な気候変動によって、急に体調が悪くなると言う話をよく聞きます。

日本にずっと住んでいても暑くて熱中症になることもありますよね。

確かに熱中症はどのような人でもなる可能性がありますが、やはり体力があるかないかということも関係してくる一面があります。

したがって、探検家を目指すにはまずは体力をつけるということが大切です。

2.目標を達成するための努力を続けられる

探検家というと自由気ままなイメージがありますよね。

だからこそ根気や努力がなくても何とかなると思う一面があります。

しかし、目標を達成するための努力を続けるということが探検家として求められるところがあります。

基本的に粘り強さも求められる部分がありますので、努力が苦にならない方が探検家向きであるといっても良いでしょう。

3.好奇心旺盛

いろいろなことを知りたいと言うことが探検の原動力となります。

探検家は時に命の危険も脅かされるところがあります。

だからこそ、このようなリスクがあっても知りたいことがあるとかやってみたいことがあると言うような原動力が必要です。

したがって、あまり物事を知るよりは家でゆっくりとしていたいと思うタイプの方には向いていない一面があります。

4.探求心がある

例えば「もっと知りたい」と思うような事があったら、そこを突き詰めていく探究心がある人の方が探検家向きです。

やはり探検家はいろいろなことを知っていくことが必要ですので、掘り下げて考えていくということも大切ですし、強い目的を持つことも非常に重要です。

学歴などは必要ではありませんが、現地の事について学んだり、たくさんの本を読んだりと言うような知識を深める努力が必要です。

5.一つの事を突き詰められる

探検家は時に命の危険もありますが、すぐに投げ出すような人だとあまり探検家向きではない一面があります。

1つのことをこれだと思ったら突き詰められる力のある人の方が探検家向きと言っても良いでしょう。

例えば探検に行ったとしても、そこでとんぼ返りをしてしまっては深くその場所を知ることができません。

だからこそ、粘り強く調べることができる力も必要となってきます。

6.挑戦するときにも失敗を恐れない

探検家は挑戦の連続です。

いろいろな挑戦をするために探検家になると言っても良いのではないのでしょうか。

したがって、挑戦するときに失敗を恐れないタイプの人の方が探検家向きです。

ともすれば、エジソンのような思考を持っている人の方が成功するでしょう。

このエジソンは、失敗についてネガティブに捉えていないと言う特徴がありました。

「失敗したのではなく、うまくいかない方法を見つけた」と言う名言が有名ですよね。

このうまくいかない方法を排除していくことによって、成功に導いていくことができるというのがエジソンの持論です。

探検家にも、そのようなポジティブな思考が求められるところがあります。

7.責任感がある

基本的に探検家の人であっても責任感は必要です。

なんとなく自由人なイメージがありますが、決してそうではありません。

探検家とは少し違うかもしれませんが、アルピニストの野口健さんはテレビによく出ているので非常に有名でしょう。

いろいろな山に登っている登山家のような活動もしています。

山と言う危険なところに果敢に挑んでくるというところから、ある意味では探検家と言っても良いかもしれません。

しかしこの方の活動は、ただ単純に山を登るだけではありません。

エベレストのゴミ問題の解決などにも尽力していますし、資源自然保護の活躍にも力を入れています。

このように、探検家の人であっても責任感を持って歩んでいくことによって、プロとして成功していく一面があるのです。

8.コミュニケーション能力がある

また現地の人とスムーズにコミュニケーションをとっていく必要もあります。

したがって、ある程度その国の習慣等についても知っておく必要もありますし、その上でうまくコミュニケーションを図る努力も必要です。

高い語学力があればそれが良いに越した事はありませんが、そうではなくても気合でなんとかすると言うような人も探検家向きでしょう。

探検家ではありませんが、出川哲郎さんがそのようなタイプの人です。

彼は決して英語はうまくありません。

しかし臆することなく片言の英語で話しかけていき、工夫をすることで現地の人とコミュニケーションとっている場面をよく見ます。

どうにかして伝えたいと言う気持ちを強く持っていれば、言語が伝わらなくても、気合でなんとかすることができるのです。

探検家という職業であることを考えるとそれではいけないところもあるでしょうけれど、それくらいの気合は求められます。

9.英語力に自信がある

確かに英語ができなくても何とかなることもありますが、やはり英語力に自信があってできた方が良いのは言うまでもありません。

なぜ英語なのかと言うと、多くの国で話されているというのはありますし、第二言語が英語である国もあります。

したがって、英語ができることによって多くの人とコミュニケーションをスムーズに取ることができます。

探検すると様々な国籍の人と出会う可能性がある

探検をするのは基本的に日本の外に出る形になります。

したがって、いろいろな国籍の人に出会う可能性があります。

いざと言う時は片言の現地の言葉とボディーランゲージで何とかなるかもしれません。

しかし最低限英語ができた方がすんなりといく場面は多いでしょう。

10.精神が強い

また精神力が強いことも冒険家として求められるところがあります。

あえて危険なところに身を置くと言うことで、心が弱いと少しのことで折れてしまうこともあるでしょう。

したがって精神力というのはある程度求められます。

11.基本を守れる

また日本は基本的に治安の良い所に入りますので、何気なく生活をしていても安全に暮らすことができます。

しかし、海外だとそうはいきません。

中には先進国のような国であっても、治安のあまり良くない国もあります。

そこで求められるのは基本を守るということです。

例えば海外で日本のようにただカバンに財布を入れるのは非常に危険です。

基本的に首に下げて服に隠すと言うような感じで肌身離さずに持つことが正しいやり方です。

このように安全に旅をするために守るべきことを守りましょう。

12.計画性がある

また探検家というとただ自由に危険を冒してでも現地に飛び込んでいくと言うイメージがありますが、その一方で計画性が大切になってきます。

それは何故かと言うと、時に治安の悪いようなところに行くこともありますので、もし何かあったときにどのように対処すべきかということを考える必要もあります。

貧しい国の中には5000円を忍ばせておいた方が、いざ命の危険があったときに、これで命拾いすることもあると言われています。

そうなると、事前に5000円を準備しておくことも必要となってきます。

このように、色々と綿密に計画を立てて準備していくことも求められます。

13.周りに縛られたくない

周りに縛られたくないと思っている人は探検家向きと言えるでしょう。

安定志向の方はサラリーマンやOLになった方が、安定した生活を送れるので何も探検家になる必要はありません。

しかし、このような生き方がどうしても窮屈だと言う人もいるでしょう。

もしそのように感じられるのであれば、冒険家のような感じで思い切って外に出るような仕事の方が向いているのかもしれません。

14.探検に関する知識が多い

冒険家になる人は、当然探検に関する知識も多いことでしょう。

興味を持って調べると言うことから必然的にそのような知識が増えてきます。

最近はインターネットでも調べることができますし、書籍でもそのようなものがあるでしょう。

15.自分の意見や考えをしっかり持っている

探検家はそんなにメジャーな生き方ではありません。

皆さんの周りでもそのような仕事をしている人についてあまり聞いたことがないのではないのでしょうか。

確かに探検家のように見える仕事をしていても、少し違う仕事もあります。

したがって、決してメジャーな生き方ではありませんので自分の考えをしっかりと持って行うことが大切です。

なぜ探検家になるのかということもしっかりと考えて、それに関してぶれないことも必要なのです。

周りの人に流されることがない

探検家になる人は、基本的に周りに流されるようなタイプでは無い事は確かでしょう。

そうでなければ、早々に探検家の仕事は諦めるところがあるのではないでしょうか。

決して安定的ではありませんし、時には命の危険も伴います。

そのような覚悟を持って行うと言う事は、やはり自分の意見をしっかりと持ち、周りにちょっと言われた位で流されるような考えは持っていないといったところが多いのではないでしょうか。

16.トラブルにも落ち着いて対応できる

どんなに気をつけて、綿密に準備をしたとしてもトラブルに見舞われることもあります。

特に治安の悪い国であれば、その分トラブルに巻き込まれる可能性は上がります。

そのような時にも落ち着いて対処ができる人の方が探検家向きです。

例えば「動くな!」と言われたときにパニックになって動いてしまうと、ときには命の危険が伴うことがあります。

したがって、探検家になるのであれば落ち着いてトラブルにも対処できるような強靭な精神力が求められます。

命の危険が伴うことも

日本だと少し考えにくいところがあるでしょうけれど、海外にはまだまだちょっとしたことで命を落としてしまうような危険があります。

地雷が埋まっているような国もありますし、銃社会で銃を持っている人がたくさんいるところもあるでしょう。

アメリカというと先進国のイメージが強いですが、銃社会で有名です。(州によって例外もあります。)

したがってあまり治安が良くない地域も多いです。

命を守るために銃を持つ事を許可されていますが、悪用する人も残念ながらいます。

アメリカを例に挙げましたが、銃所有を認めていなくても治安が良くない国はたくさんあります。

このように命の危険があると言うことからトラブルにも落ち着いて対処し、正しい行動を取るということが結果的に命を守ることにつながるのです。

17.集中力がある

時に命の危険を犯してでも冒険する必要があると言うことを考えると、集中力も必要です。

注意力が散漫だと、何か財布やパスポートなど重要なものをとられてしまうこともあるかもしれません。

集中力と注意力を持ってして探検をしていくことが求められることから、集中力のある人は探検家として求められているところがあります。

18.準備を怠らない

探検家は準備を怠らないことも非常に重要です。

先ほども触れたように、5000円あれば仮につかまってしまっても命の安全が保障されると言うことであれば、あらかじめお金を持っておいた方が良いです。

そして、その5000円ももちろん日本円ではなく現地のお金に替えておく必要があります。

このように、探検をするにはいろいろな準備が必要です。

お金だけではなく、日本だとちょっと何かなかったらコンビニに行けばすぐに手に入りますが、探検家となるとそうはいきません。

未知の場所に行くことがありますので、そのような便利施設はなかなかないと思っておいた方がいいでしょう。

変わってしっかりと準備をするということも求められます。

19.未来を予想して行動できる

探検家であれば、なんとなく行動するのは非常に危険です。

ある程度の未来を予想して行動するという力が求められます。

こうすれば必ずうまくいくと言うようなやり方ではなく、仮にこのようなトラブルに見舞われてしまった場合はどのようにしたら良いのかと言うように、良くないことも予想しながら行動することによって、命を守ることができる可能性があります。

どんな場所に行くかにもよって、この予想というのは色々と立てておき、いざと言う時に備えるということが非常に重要になってきます。

20.表現力に自信がある

探検家の仕事は、探検するだけではありません。

探検家の重要な仕事として、その探検をして知りえたことに関して、書物を出版したり講演で話したりということが求められるでしょう。

したがって、表現力に自信がある人の方が向いています。

説明する力を例に挙げると説明の仕方が上手い人と下手な人がいます。
探検家として向いているのは、圧倒的に説明が上手い人です。
したがって探検家になるにはそこそこに表現力を磨く必要があります。
中には表現力がちょっと得意ではないと言う人もいますよね。
ただこれも後天的に身に付けることができますので、コツコツと本を読んだり説明の仕方のコツを抑える方法で取り組んでいきましょう

自分の体験談を人に魅力的に伝えることも大切

もちろんわかりやすい説明と言うのは探検家にとっては必須です。

見たことも確認したこともないことにもわかりやすいように説明するっていうのは、やはり高い説明力が求められるところがあります。

その一方で、さらにわかりやすいとプラスアルファで魅力的に説明するということが求められます。

書物を出版する場合であれば、「この人の本面白そう」とか、「読んでみたい」と思わせる必要があります。

そのような意味では魅力的なタイトルがつけられないといけないでしょう。

そして、実際に本を読み始めても面白くなければ途中で読むのをやめてしまう人もいるのではないでしょうか。

したがって、魅力ある説明をすることができる能力は探検家としては必須であると言っても良いでしょう。

非常に有名な方になれば、スピーチを求められることもあるかもしれません。

その時にも、表現力豊かに魅力ある話ができるのは探検家にとって必要なところがあります。

21.人のつながりを大切にする

探検家と言うとなんとなく孤独な作業だと思うところがありませんか?

そのため、どちらかと言うと1人が苦ではなく単独行動が多いイメージがあります。

しかし、探検家こそ人のつながりを大切にするという一面があります。

基本的に日本は何でも整っていますので、お金さえあればそこそこに生活ができます。

だからこそそこまで人との交流がなくても最低限に暮らしていくことが可能です。

ただ未知の国と言うとそのような便利な事はなく、基本的に人と人とが助け合いながら暮らしているところが多いです。

アフリカのような国について少し調べたことがありますが、日本の常識では考えられない助け合いもかなりあるようです。

具体例を挙げると集落でみんなで暮らしていて、とある家の子供の学費が足りないとなった時、日本だと「親がお金を貯めていないから悪い、自業自得だ」と切り捨てられるところがあります。

しかしアフリカの国であれば集落のみんなで寄付を募って、その子の学費を確保してあげるのです。

このように、みんなで助け合いながら暮らしていくと言うようなところがあります。

長閑な所ほどにこのように人と人との助け合いが強いところがあります。

それは日本でも見られる現象で、雪ぶかく冬になると生活がしにくいような不便な場所だと、その集落の結びつきは非常に強いものがあります。

探検家はそのように不便なところに自ら足を運び飛び込んでいく仕事です。

したがって、人間関係を円滑に保つことができる人こそが向いているところがあります。

22.異文化を受け入れられる

世界は広いので、日本の常識だと考えられないような文化もあります。

具体例を挙げると、基本的に日本人は昆虫を食べるなんて考えられないところがありますよね。

ただ、日本人が牛肉などを食べるのと同じように昆虫を食べるような国もあります。

このように日本人だと「えっ!?」と思ってしまうようなことも受け入れることができるというのも探検家として求められている資質の一面です。

23.全く違う環境に対応できる

気候もそうですし、その国の文化などによって、環境は様々あります。

例えば南の国に行くと、基本的に日中は家の中で涼んでいると言うことが多いようです。

なぜ南の国の人が熱中症になりにくいのかと言うと、暑い国での対処方法がうまいからです。

基本的に南の国の人はゆっくりと動いてマイペースと言うようなイメージがありますよね。

なぜならどんどんと暑い中動き回ることによって熱中症になるリスクがあるからです。

基本的に日中は家の中でゆっくりとして、夜から徐々に買い物に行くとことを習慣としていると言う国もあります。

このように、日本とは全く違う時間の過ごし方をしていると言う国もあります。

そこにうまく適応することができることこそが探検家として求められる資質です。

24.自己管理ができる

日本の保険制度で医療費が3割と言うことで、病院代が高いと言うようなイメージはありません。

しかし海外に行くと中には医療費がすごいと言うような国もあります。

だからこそ、あらかじめ保険も準備されているというところもあるぐらいに、医療費は非常に海外にとってはウェイトを占める可能性もあります。

さらには医療技術がそこまで発展していないような国に探検家として入っていくこともあるでしょう。

そのため、体調管理等を含め、いろいろなことを自己管理することが求められます。

したがって、自己管理がしっかりとできる事は冒険家として非常に重要な資質です。

25.忍耐力がある

また忍耐力も冒険家として求められるところがあります。

中には、なかなか他の民族を受け入れられるまで時間がかかると言うようなところもあるでしょう。

そのような時も粘り強く交渉したりするということも求められます。

自由気ままな探検家を目指そう!

確かに責任感なども求められますし、本当に自由気ままと言うわけにはいきません。

時には命の危険があることもあります。

しかし、せっかく生まれてきて一度きりの人生なのだからいろいろなことを知りたいとか、いろいろなことを見たいと言うことであればぜひ冒険家はお勧めです。

いろいろとリスクのある仕事ですので、絶対にオススメと言うわけではありませんが、ぬるま湯につかる生活よりかは、刺激を求めると言うタイプの人には非常に魅力ある仕事なのではないでしょうか。

ページトップ