この記事に目を留めていただいている方は、「勉強しろ」と言っても子供が勉強をするようにならないということはすでに実感済みではないでしょうか?

でも勉強をして欲しいから、勉強することは子供の将来に必ず役に立つから、子供に後悔して欲しくないからこその親心であることも事実です。

子供は勉強をした将来と、勉強をしなかった将来の違いを理解できていません。

ビジョンがあるのとないのとでは子供だけでなく、大人でも希望や夢への道を歩くうえでのモチベーションが変わってきます。

変わってくるどころが、ビジョンがなければ前に進む気持ちも起きませんよね。

そこで!子供が自然に勉強することへと気持ちを向けてくれるために、大人は何をすれば良いのかということをまとめてみました。

「勉強しろ」と子供に言ったことある?

勉強しろ!と子供に言ったことはありますか?「勉強しろ」というときつく聞こえますよね。

自分はそんな言い方はしたことがないという方にもう一つ質問です。

「勉強したらいいのに~」「勉強はもうしたの?」「勉強しないといけないわよ」という表現はしたことはないですか?これらはすべて同じなのです。

優しく言おうが、込める気持ちは同じ、子供たちも同じ想いや感情を受け取っています。

「勉強しろ」と子供に叱る親は多い


ゲームばかりしている子供を見ていると、つい親はイライラしてしまいますよね。

「あなたのためを思ってこ勉強をしなさい」と言っているのに、どうして勉強をしてくれないのだろうか。

ついつい、言葉尻もきつくなってしまうのではないでしょうか?

しかし、ちょっと待ってください。

「勉強しろ」という言葉は効果がないどころか、ますます子供が勉強をしなくなってしまうかもしれないのです。

子供に「勉強しろ」は逆効果かも?

子供に「勉強しろ」は逆効果になる場合が多いのです。

あなたが子供の頃のことを少し思い出してみて下さい。

「勉強をしろ」と言われて勉強をするようになったでしょうか?

私たち大人も同じ道を通ってきているにもかかわらず、忘れてしまっているものなのです。

勉強だけではなく、なんとなく気が進まないこと、億劫なことを人から「~をしろ、~して欲しい」と言われても素直にする気にはならないということは、少し考えるとお分かりいただけるでしょう。

子供に勉強させるにはどうしたら良い?

それでは子供に勉強させるためにはどうしたら良いのでしょうか?

具体的にまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

「勉強しろ」は逆効果な6個の理由

ただなんとなく効果があること、効果がないことと言われても、具体的な理由がわからないことには実行しにくいものですよね。

「勉強しろ」ということを子供に言うことがなぜ効果がないのかということを子供目線、心理面から見てみました。

言われたらやりたくなくなる心理

言われたらやりたくなくなる心理というものを人は持っています。

言われたらやりたくなるというより、人は人から与えられた事を拒否する心理が働く傾向があります。

逆に自発的にする事であれば、少々厄介であろうが、面倒くさくても「やってやろう」と思えるものなのです。

「勉強をしろ」ということが与えられること?と思われるかもしれませんが、これも与えられることなのです。

なぜなら、自発的な気持ちの元、勉強しようと思うのではなく、「あなたは勉強をすべきですよ、勉強をしなさい」と言われることは、勉強をする契機や勉強をしようという気持ちを人から与えられることになるからです。

まさに、課題を人から与えられるようなものです。

たとえば宿題=課題に取り組むために、もうひとつの課題を突きつけられているのです。

勉強や宿題はどちらかというと、大方の人は厄介なものととらえられていますよね。

おもしろいことに、言われるとやりたくなくなる心理に通じるものとして、本人にとって喜ばしいこと、うれしいこと、楽しいことに関しても同じような心理が働いてしまうということがあります。

たとえば子供に欲しいものがあるとしましょう。

それを周りの大人が与え続けるとどうなるかというと、子供は何も努力もせず与えられることを体と心で覚えてしまいます。

すると、欲しいものややりたいこと、うれしいこと、喜ばしい状況を自分の手で手に入れていこうという心理が薄れ、気力を奪ってしまうのです。

勉強も言われたらしたくなくなり、欲しいものやうれしいものも相手から言われて与えられると、得ようとする気力がなくなるということなのです。

この現象は、大人でも同じなんですね。

本当に子供のためになるのは、子供自身の自発的な行いからなのです。

ましてや「勉強をしろ」と上から押さえつけるように命令口調で言われようものなら、子供は反発こそすれ、何一つ良いことはないでしょう。

人に何かを与えられることと同じ意味を持つということと、その他にも「勉強をしろ」ということにはブーメラン効果という心理も働きます。

大人から「勉強をしろ」と言われたら、「やりたくないな」という気持ちが発生します。

これは先にご説明した人に与えられることになるのですが、そのときに「いやだな」と思った気持ちをより強固に自分自身に言い聞かせ、そのことによって人から指図をされたり、人に誘導されたりするのではないんだぞ、という自分の自主性を自分自身に指し示す心理です。

カリギュラ効果という言葉をご存じでしょうか?

これは逆に、人から禁止されるとやりたくなってしまうということです。

「絶対に見ちゃだめよ」と言われれば見たくなる。

「絶対にやっちゃだめよ」と言われればやりたくなるのは大人も子供も同じです。

このように心理面から効果があることとないことを知ることで、具体的な対処法も見えてきます。

勉強に嫌なイメージを持ってしまう

人から与えられることにつながる「勉強しろ」という言葉ですが、言われた子供は無意識に反発心を持ちます。

その時だけで済まされるのであれば被害は少ないかもしれませんが、言われ続けた子供は、勉強そのものに嫌なイメージを持つようになります。

まるで条件反射のように「勉強しろ」、ひいては「勉強」そのものに悪いイメージを持ち始めてしまうこともあります。

これは恐ろしいことですよね。

一度そういったイメージを持ってしまうと拭い去ることが難しくなります。

なんとなく頭ではわかっていることでも反発したくなるのが子供です。

自由にやりたいことをしていたい

子供だけではなく大人であっても、人は本来自由にやりたいことをしていたいものです。

それが本来の人間に備わった本能です。

自我がまだしっかり確立していない小さな子供や、思春期、青少年たちは大人以上に自由を求め、自由を阻害されることに反発心を持つ傾向があります。

反発心とともに勉強をしてくれる子供がいるとしたら、勉強をすることがもともと好きで、有り余るエネルギーを勉強へとぶつけてくれていると考えられますが、そういうことはきわめて稀だと思ってください。

通常は本心では勉強をしたほうが良い、本当はちょっとは勉強したいと思っていても、行動は真逆へと向かうことでしょう。

子供の話を聞いてあげられていない

本当に子供のためを思って「勉強して欲しい」と思うのであれば、どうしたら子供にとって勉強することの重要性を実感してもらえるのかを考える必要があります。

ただ、大人の感情をぶつけるだけでは子供は嫌気がさしてしまうでしょう。

勉強をして欲しいというこちらの気持ちを伝えるからには、子供の話も聞いてあげなければフィフティーフィフティーとはいえません。

勉強に関して子供の話を聞くのではなく(もちろん勉強に関しての場合もありますが)、子供の日々の生活をよく観察し、子供の気持ちに寄り添うようにすることで子供は大人の言葉に耳を傾けやすくなります。

遠回りでも、子供が今何を感じているのか、生活態度の変化や体調の変化に少し目を向けてみましょう。

何度も命令されることで嫌気がさす

勉強をすることを促すために、子供が勉強をしようという気持ちを削ぐようなことはどういうことなのだろうかということを考えてみましょう。

その最たるものが、「命令されること」です。

先にもお話ししましたが、人は勉強に限らず人から何かを与えられ続けるとやる気がなくなるものなのです。

与えられるというと、何かありがたいことのように思いますが、欲しいものを与えられるのとは違い、命令というのも〇〇をしろという強制を与えられるもののひとつなのです。

欲しいものであったとしても、いつもいつも与えられ続けると、自分で獲得していこうという意欲を削がれるために反発はしないかもしれませんが、意欲は無くなっていきます。

たとえば大金持ちの子供がなんでも欲しいものを与えられ続けたとしたら、その子供は自分でお金を稼いで大金持ちになりたいとは思いもしないはずです。

勉強に限らず、自分がやりたいことをできる環境に身を置いているとわかれば、勉強でもやりたいと思えばできるんだという自信がつくでしょう。

勉強する意味や理由が添えられていない

「勉強をしろ」というからには、勉強することがとても良いこと、将来のために役立つことだということをなんとなくでも良いので、実感してもらわなければいけません。

はっきりと「そうなんだ」とまでは思わなくても、最初はほんの少しでもいいのです。

そもそも、大人が勉強する意味や理由を子供に伝えられなければ、子供も実感できません。

世間体や自分のコンプレックスからの押しつけだけでは子供は反発してしまいます。

やれと言われることに意味が感じられなければ、なかなかやる気にはならないですよね。

大人が会社で上司から〇〇をやれ!と言われたらするのは、そうすることで会社員としての責務を果たせる、業績を上げてお給料に反映してもらえる、という意味を感じられるからでもあります。

大人が見れば子供は勉強をするのが仕事だと思えても、子供にとってはなぜ勉強をしなければいけないのかと思ってしまうものです。

子供に勉強させる効果的な4つのこと


命令や強制が子供の勉強への意欲を削ぐのだとすれば、その逆に子供の気持ちを勉強に向わせるために効果的なことを見てみましょう。

褒めてあげる

褒められて嫌な気持ちになる子供はいないでしょう。

表面的には照れくさそうにするかもしれませんが、心を込めて褒めてあげましょう。

勉強の最中に褒める

褒めるタイミングとしては、勉強の最中に褒めるのが効果的でしょう。

褒められてうれしい気持ちがいつも勉強の最中に起こるということを実感できるからです。

勉強をした後に美味しいおやつを食べているときに褒めたとしましょう。

もちろんそれでも効果はありますが、褒められてうれしいという気持ちと美味しいおやつを食べているという事が紐づけされやすくなります。

勉強に関して褒めるためには、勉強をしているときがいいでしょう。

テストの結果を褒める

勉強につきもののテストの結果が良ければ、ぜひ褒めてあげましょう。

満点をとった時だけ褒めるのではなく、少しでも前回より点数が良ければ褒めてあげてください。

今度は70点を取りたいという目標を達成できたとか、成績アップを狙っていた科目の成績が伸びたなど、少しでも前進していたなら褒めてあげましょう。

人からの言葉で褒める

大人でも、本人から直接褒められることと同様に、〇〇が褒めていたよと言われるととてもうれしいものですよね。

子供も同じです。

自分がいないところで自分のことを良く思ってくれているという会話がなされたということで、喜びが倍になるものです。

「学校の先生や塾の先生が褒めていたよ」と言えば、学校や塾へ行くモチベーションもアップするというものです。

もちろん、褒められていないにもかかわらず、嘘を言うことはできません。

面談の時などに「なかなか頑張っているようですね」とか「テストの点数が上がってきましたね」などの前向きな言葉を先生から言われたなら、それを「褒めていたよ」と強調してあげれば良いのです。

ゲーム感覚で勉強させる

子供はゲームが大好きです。

勉強もゲームにしてしまえばこちらのものです。

勉強に関しては人が自分より良い成績をとろうが、勉強ができようが、まったく気にしない子供でも、ゲームや遊びでは勝ち負けにこだわったり夢中になることがあります。

勉強の達成感への道や努力の道をゲームととらえる工夫をしてみたいものです。

ゲーム感覚とは少し違いますが、先取感覚を味わえるようにしてあげるのも効果があります。

学校で同級生が知らないことをちょっと知っていると思えるとうれしいものです。

お兄ちゃんやお姉ちゃんは当たり前に知っていることを弟や妹が教えてもらって、学校でできると周囲から一目置かれたりします。

すると、自信になって、その教科が好きになったりするものです。

「ここまでできたらおやつにしようか」

ゲームをしている過程のように、小さな目標で区切りをつけてみましょう。

子供が自分でできるのなら最初から苦労はしません。

周囲の大人が頑張りましょう。

目の前の人参を目標に走る馬といえば良いのでしょうか。

まずはおやつです。

「ここまでできたらおやつにしようか」などと目標を区切ります。

いきなり成績を目標にするより、日々の努力を区切るのです。

「どっちが早く解けるか競争しよう!」

誰かと競争をすることも過度にならなければ励みになります。

でも兄弟姉妹と比べる状況を作るようなことはしないようにしましょう。

兄弟姉妹なら、年長のほうができるのは当たり前です。

周囲の大人が競争してみてはいかがでしょうか?

わざと負けろとはいいません。

小学生といえども現役の学生のほうが早いこともあります。

むきにならずに小さな競争をしてみるのも良いでしょう。

「次のテスト満点取れたらご褒美ね!」

そうして勉強への意欲がUPしたら、「次のテストで満点を取れたらご褒美ね」
と言って、高額ではないけれど欲しがっていたものを買ってあげるなどすると、子供はますます頑張ってくれますよ。

ご褒美を与えるのは良くないのでは?と思われるかもしれませんが、過度にならない程度のご褒美を与えられる子供のほうが成績が伸びると言われています。

満点ではなくても、テストの点数が何点以上上がったらご褒美をあげるというのも良いと思います。

家族と焼肉に行くとか、ケーキを買ってあげる、前々から欲しがっていたおもちゃを買ってあげるなどです。

勉強の習慣をつける

勉強でもなんでも、人は習慣に縛られるものです。

縛られるというと、なんだか窮屈で良くないもののように思われるかもしれませんが、歯みがきも洗顔も、おはようという挨拶もすべては習慣になってしまうとなんのことはなく当たり前にやってしまいますよね。

しないと気持ち悪くなることもあるでしょう。

勉強も同じように習慣にしてしまうのです。

そのためには1日、2日で達成できるものではないということをわかった上で、しばらく大人が子供を見守る辛抱強さも必要です。

たとえば毎日駅まで、10年同じ道を使っていたとします。

もうその道は意識しなくても、どこにどんなお店があって、どれくらい歩くと曲がり角がやってくるということも体が覚えているものです。

意識的に駅まで行く道を変えてみようとしたとします。

次の日には思わずもともと通っていた道を行こうとしてしまうものです。

習慣とはそういうものですね。

勉強時間を決めてメリハリをつける

子供の勉強は長くやればやるほど良いというものではありません。

勉強時間を決めてメリハリをつけましょう。

長く勉強することだけを褒めると、子供は机の前に座る時間が長ければ良いのだ、という間違った習慣が身についてしまうこともあります。

生活に勉強のルーティンを組み込む

習慣にするためには生活の中に勉強のルーティンを組み込ませるのです。

朝起きたら着替えをして朝食を食べるように、学校から帰ったらまず宿題とか、食後1時間後に予習復習など、時間が空いた時に勉強をするのではなく、食事や睡眠と同じようにルーティン化してしまいましょう。

塾に通う(子供に合った塾選びは必須)

また、家だけでなく子供に合った塾選びはとても大切です。

勉強の内容を教えてくれるだけでなく、勉強の仕方も教えてもらえます。

これまでにお話してきたことも、塾に行くことにより自然にできるようになります。

たとえば周囲の子供たちと競争をできる環境、つまりゲーム感覚で勉強ができます。

そして勉強時間を決めてメリハリをつけることは塾に通えば、否が応でもできてしまいます。

塾講師がタレントになったり、コマーシャルに出たりとなにかと話題になる現代ですが、自分に合った良い塾、自分に合った良い講師に出会えることも子供にとって大きな問題です。

精神論を言うつもりはないですが、「求めよさらば与えられん」です。

親が真剣に子供の個性と将来のビジョンを大切にしたいという気持ちがあればこそです。

一緒に取り組む姿勢を見せる

子供は勉強をしろと言われても、なにをどうやって良いのか、どういう風に勉強を進めて良いのかわからないのです。

そんなとき一緒に取り組む姿勢を親や周りの大人が見せてくれれば安心できます。

上から「勉強しろ」と言われるのではなく、お父さんやお母さんも「僕が、私が勉強をすることに一緒に取り組んでくれている」と思うと、反発ではなく協力したいいという気持ちになるのです。

親の期待に沿うのではなくです。

具体的には、「このドリルを1日1ページずつやってみよう」と言って、答え合わせは親がする、というルーティンを作り実行してみるというなどもあります。

さあ、勉強をしよう!と言っても、何をそんな風にどうやってすればよいのかは子供にとってとても難しいことですから、勉強の計画は親が立ててあげましょう。

一緒に頑張れるものを見つける

そのためには、ただ漠然とした目標だけでなく、もう少し具体的に一緒に頑張れるものを見つけると良いですね。

勉強の成績への目標ではなく、勉強をすることで見えてくるビジョンがあると良いですね。

好きなことを勉強に紐づけされるようになると強みを発揮できます。

時間を忘れるほど夢中になる体験をすると、頑張ることが喜びに紐づけされることにもなります。

将来海外で仕事をしたいなという目標が見つかれば、英語を勉強しようと思うとおもうのですが、そんなに簡単なものではないかもしれません。

ユーチューバーになりたいのだから、理科や算数は勉強する気がしないと言うかもしれません。

そんなときは、ユーチューバーになるためには、見てくれる人や聞いてくれる人が「おもしろい!」と思ってくれるものを発信し続けなくてはいけないんだよ、という話から、あなたは何が得意なの、何が好きなの?というものの話し合いから始めてみましょう。

身近に学習意欲をそそる環境をつくってあげる

たとえば家に本がたくさんある家の子供のほうが大学進学率が高いそうです。

本を読めば勉強をするようになるわけでも、本を読めば頭が良くなるといっているわけではありません。

その本は、子供が読む本でなくても良いようです。

本がたくさんある家は親や兄弟が本を読んでいる、本を読む環境が家の中に出来上がっているということです。

それは子供が勉強をしやすい環境にもなります。

将来の夢や進路を話し合い応援する

将来何になりたいとか、どういう方向性のものが好きだとか、子供と話し合いをして応援してあげましょう。

もし子供が少々突拍子もないことを言ったとしても、頭ごなしに否定しないようにしましょう。

今は突拍子もないものであっても、成長するにしたがってその突拍子もなさと現実が融合する可能性もあります。

たとえばアインシュタインのような科学者になるという夢を話したとしましょう。

アインシュタインのようにはならないかもしれないけれど、科学の勉強を続けて地道な研究員になるかもしれません。

未来の自分のために、自分の幸せのために今頑張ろうということを押しつけではなく伝えていきましょう。

子供は大人より将来や未来ではなく現在を生きているものです。

それが子供らしさですが、あなたも大人になって一人の人間として収入を得て生きていく存在だということを意識させてあげるのも親の役目です。

子供から学校や勉強の話を聞く

一緒に頑張ってくれる人がいるというのは励みになるものです。

そのためにはまず子供の話をよく聞くことも大切です。

まずは、学校での出来事やどういう勉強をしているのかということを聞いてみましょう。

注意しなければいけないのは、決して助言をするつもりで聞くのではなく、あくまでも聞くことが目的だということです。

もちろん助言を求められればアドバイスをしてあげることも必要ですが、意見や否定ではなくただ聞いてあげるということをしてあげましょう。

子供は親が自分を支えてくれているという安心感を持つと、自分のしたいことをのびのびとやっていいんだという自由さと勇気が持てるものです。

そのためには子供が今日一日どんなことがあったのかという関心を常に持つようにしましょう。

学校の話をしているときの子供の表情や声、話したがらないことがあるのか、昨日と今日の差を敏感に感じ取ってあげたいものです。

自分の経験談を話してあげる

ああしろ、こうしろはいわば架空の話です。

そうではなくて、自分の経験談を話してあげましょう。

何かに少し興味を持った時に深い情報、正しい情報を話してもらえることは子供にとって大きな財産になります。

勉強のことだけではなく、社会や人間を知っている大人の言葉は、理解できないことがあるかもしれませんが、経験したことというのは心に響きます。

こういう勉強法を取り入れなさいというのではなく、どういう風に自分は勉強をして、何が成功だったか、何が失敗だと思うか、勉強の仕方を教えるのではなく勉強をしたときの体験を話してあげましょう。

「勉強しろ」とただ叱らずに工夫してみよう!

勉強しろと叱らずに、他にも方法はたくさんあるということがわかっていただけたでしょうか?

やらない子供は何を言ってもやりませんし、やる子供は何も言わなくてもやるものです。

子供が勉強をしなくて困っているという方がいれば、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。