黄道十二宮の3番目に位置するのが双子座です。

黄道とは太陽が1年をかけて通る道。

その位置に配置される星座が現在では星占いにも登場する乙女座や獅子座など、お馴染みの星座になります。

双子座はその中の3番目に当たる星座という事になるわけですね。

では、双子座生まれの男女に共通する特徴とはどのようなものになってくるのでしょうか?具体例と共に見ていくことに致しましょう。

双子座を解き明かそう!

黄道十二の星座の中でも双子座は結構、人気のある星座のようですね。

特に近年ではコミックやアニメの続編が描かれている車田正巳先生の「聖闘士星矢」に登場してくる「黄金聖闘士・双子座ジェミニのサガ」の人気によるところが大きいかもしれません(聖闘士星矢を知らない人にはさっぱりでしたね、すいません)。

とにかく美形キャラですから。

さてでは実際の双子座について見ていきましょう。

双子座とは一体、どのような特徴を持つ星座なのでしょうか?

1. 双子座はどんな星座?


黄道十二の星座は全てギリシャ神話がモチーフとされています。

双子座の起源も神話の時代に遡ります。

全知全能の神、ゼウスの子として生まれた弟にあたるポルックス。

彼自身は完全なる神なのです。

そしてその兄にあたるカストール。

彼は人間の子でした。

何故、ゼウスの子でありながら方や神で方や人間なのか。

ハッキリ言ってギリシャ神話には矛盾が多いのです。

完璧に答えを追求しだしたら人間の一生が終わってしまうかもしれません。

そもそもどうして天空に煌びやかに輝く星が星座となり、それぞれの星座に名前が命名されどうしてそこにギリシャ神話が利用されているのか?辻褄を合わせようとしたら本当にキリがありません。

なのでここでは簡単な由来程度にとどめておきます。

何でも兄、カストールが先に死んでしまうことになり悲しみにくれた弟・ポルックスがゼウスに頼んで死ねない自分に死を与えて兄のところへ行かせて欲しいと懇願しました。

その兄弟愛に関心したゼウスが二人を双子座にした、というのがそもそもの始まりのようです。

つまり大宇宙に散らばるいくつもの星座も実は全知全能なるゼウスのおかげという事になるようですね。

2. いつからいつまでに生まれたら双子座?

双子座に該当する方の生まれた日は5月21日から6月21日までの間となっています。

その前後にあるのが牡牛座と蟹座ですね。

双子座生まれの月は春の終わりから梅雨にかけての時期。

これから暑くなっていこうか、という頃合いです。

双子座の男性の特徴


では、双子座生まれの人達の特徴を男女別に見てまいりましょう。

まずは男性編です。

1. 外見に気を遣う

双子座生まれの男性の特徴の一つ目は、外見に気を遣うという事です。

双子座生まれの人は男女関わらず明るく目立つ存在で、周囲からの印象も非常にいいものがあります。

よってその期待を裏切らないよう、服装や外見に非常に気を遣っています。

外見に気を遣えるという事は、それだけオシャレ感覚が長けていてファッションセンスにも自信があるとも言えます。

常にテレビや雑誌などで最新の流行をチェックし、自分に最適なものを取り入れて着こなすのはお手の物なのです。

また、外見に気を遣えるということは社交的ともとれます。

大勢の人が集まる場でもあなたの存在は一際、他を圧倒する煌びやかさを放っている事でしょう。

まさに美的感覚が優れている事を証明していますね。

2. 爽やかである

双子座生まれの男性は着こなしやファッションセンスがずば抜けているだけでなく、その外見からは発せられるオーラは実に爽やかです。

これは外見を着飾っているだけでは発揮できるものではありません。

豊かな教養と滲み出る知性が相まって、内面からあふれ出てくる爽やかさなのです。

双子座の人が持つ明るい性格と誰からも好感を持たれる人間性は、全ての表現において負のイメージを全く感じさせない非の打ち所のない完璧なものなのです。

ファッションセンスに疎く野暮ったい恰好しかできない私などから見たら正に垂涎の的となる存在の人な訳ですね。

3. マイペースで自分中心で動きたがる

ここまで非の打ちどころのない素晴らしい特徴が続きましたが、三番目の特徴にきてちょっとトーンダウン致します。

双子座の男性は少々、自己中で他者からの束縛を嫌う性質があるようです。

という事は、一種の「天然さん」なのでしょう。

天真爛漫で朗らかな一面もそれまでの生い立ちにおいて自分の気に入らない事を極力避けてきたからかも分かりません。

よって、誰からも好かれる爽やかさを持った反面、人からの拘束や組織に縛られる事を極端に嫌う性質になってしまったのかも分かりません。

人間、並みはずれた外見を持ってしまうと面倒な集団の中にいる必要がなくなってしまうからでしょう。

放っておいても双子座の人の周りには人が集まってきます。

自分が誰かに従属して奉公する必要性がないからなのかも分かりませんね。

持って生まれた人の幸せなのでしょう。

4. 頭の回転が速い

双子座の男性の特徴の4つめは、頭の回転が速い、という事です。

つまり会社に入っても組織の一員になったとしても双子座の男性はその持ち前の頭の回転の速さで、仕事を的確に行い且つ、スピーディに仕事を処理できるという事になります。

外見は言いわ、仕事は出来るわで、まさに双子座生まれの男性は同性から見ても羨ましい限りの優れた能力を兼ね備えた存在だと言えるでしょう。

頭の回転が速いという事はコミュニケーション能力が非常に長けているという事です。

ボキャブラリー豊富で知識も豊富。

人の話を聞いて的確な意見を返せる。

テレビのバラエティー番組でその役割を考えたなら、名MCというポジションになるでしょう。

頭が切れないとMCという役割は全うできませんからね。

双子座の男性はそういった職業がうってつけという事になるでしょう。

5. 恋愛があまり長続きしない

双子座の男性の特徴の5つ目は「恋愛が長続きしない」という事です。

残念な特徴ですね。

外見はバッチリ、性格もいい。

なのに恋愛が長続きしないとは!神様は何というむごい仕打ちをするんでしょうか?

やはり人間は全てのモノを持ち合わせてはいけないように作られているいのでしょうかね?ここまではほぼ完ぺきな出来栄えだったのですから。

しかし、恋愛が長続きしない要因はどうやらマイペースな性格が災いしているのかもしれません。

自身に人も羨むような長所がいくつも備わっている双子座の男性。

だからいつも周りには若い女性が群がっています。

という事は本人にとったら女性の存在はそんなに重要ではないという事も言えるでしょう。

これはモテた事のない男性からとってみたら一大事です。

世の中に男性と女性しかいないのですから、どの男性も人も羨むような彼女をゲットすることに躍起になっています。

それが駄目だとしても自分好みの異性を彼女にしたい!という欲望は消える事はないでしょう。

それがほとんどの男性に目標のはずです。

しかし、双子座の男性にとったら別にそういう問題は問題にもなっていないようです。

これは羨ましいというべきか、悲劇というべきか。

とにかく双子座の男性にとったら生きていくうえで女性の存在というのはそう重要ではないという事のようですね。

6. 柔軟性がある

双子座の男性の特徴の6つ目は、「柔軟性がある」です。

しかし、先ほど双子座の特徴として自分中心である、とも言いました。

矛盾していますよね。

ところがこれが双子座の真骨頂なのです。

そう、双子の意味の如く、双子座には表裏一体の性格が混在しているのです。

だから、ある時は自己中にもなりますし今回のように柔軟性がある行動や発想を取れる、とも言えるのです。

何だか非常にややこしい感じがしますが、このややこしさ、複雑さが双子座の人を読み解くキーワードとなるわけなのです。

この二面性は双子座の人の最大の特徴であり最大の悩みの種でもあります。

このことについてはまた後程、紹介致しますね。

7. 相手を冷静に観察する

双子座の男性の特徴、7つ目は「相手の事を冷静に観察する」という事です。

この特徴は双子座の得意な領域でもあるでしょう。

頭の回転が速く、探求心旺盛な気性は相手の事を冷静に且つ、的確に観察し分析し相手の性格や人間性を素早く解明することを苦も無く行ってしまうでしょう。