「いつまでも自由でいたい!」「どこでも自分流を貫きたい」…なんて考えたことはありませんか?

この世界で生き抜くためには、あらゆる契約を交わしたり法律などを守る必要があります。

さらに唯一自由でいられるプライベートであっても、恋愛関係において約束事が多い、束縛が強い等が理由で「どこにも自由がない!」と感じている人もいるのではないでしょうか。

また、もしかしたらあなたの周りにそのように「何にも縛られたくない!」と言い張っている人がいるかもしれません。

そのような人たちは、どうして「縛られるのがイヤ」と感じるのでしょうか。

この記事では、仕事や恋愛だけではなく、この世界におけるすべてのことに対して”縛られたくない”と考えている人の特徴と心理をご紹介します。

どうしてあなた自身やあの人が縛られたくないと感じるようになってしまったのかが分かります。

恋愛も仕事も縛られたくない!

あなたは、束縛されるのは好きですか。

束縛とは、しばしば恋愛関係において恋人と時間や場所を共有していないときに「他の人と連絡をとらないでほしい」とか「どこかに行ったら連絡してほしい」「異性の連絡先はすべて消去してほしい」と恋人の行動や思想を制限するものです。

仕事をするにあたって、就業時間や休憩時間に満足していますか?朝早くから出勤して休憩時間は少し、最悪の場合には家に仕事を持ち帰って行う…なんて生活に耐えることができているでしょうか。

恋愛にも仕事にも束縛されたくない、縛られたくないと考えている人にとって、恋人から行動を制限されることも仕事で自分の人生の時間がなくなってしまうことも耐えることができません。

常に自分の好きなように行動し、好きなように生きていたい人たちなのです。

とはいえ、この世界で生き抜くためにはある程度のルールにのっとって生きていく必要があります。

あなたは、現在の仕事や恋愛において満足していますか。

もっと自由がほしいな、あれもしたいしこれもしたい…でも恋人とのデートの時間は確保しなければいけないし、それに仕事にも行かなきゃいけないからやりたいことは後回し…なんてことになっていないでしょうか。

仕事に関してはたいていは会社側に決められた休日のみに休み、それ以外は会社のために働くことになります。

それによって対価として生きてい行く上で必ず必要となるお金を手にすることはできますが、どうしても自分の好きなように生きることができないものです。

そうすると「働かせてもらっているのだから仕方ない」と考える人と、「このままじゃだめだ!もっと自分の好きなことができる時間を増やしたい」と考える人が出ます。

この後者にあたる人々の中に、仕事だけではなく恋愛にも束縛されたくないと考える人がいるんです。

あなたは、どちらのタイプでしょうか。

縛られるのが嫌いな人の特徴と心理を解説

この世の中には、先ほども少し触れましたが今ある状況が当たり前のものと判断する人たちと、もっと自分の好きなことをするための時間を確保するためにできることがあると考える人がいます。

ここでは、縛られるのが嫌いな人の特徴と心理を解説します。

1.自分の時間を大切にしている


縛られたくないと感じている人の多くは、自分一人の時間を大切にしています。

あなたは、自分ひとりの時間を持っていますか?

例えば、ひとりでゆっくりと買い物をしたり、ウィンドウショッピングをする、音楽をひとりでじっくりと聞く、ゲームをする、好きな芸能人のテレビ番組を見る、日記をつける、趣味に熱中する…などです。

縛られたくない人は、多趣味であることも多くなんでもかんでも自分ひとりでやってしまう方でもあります。

つまり、周りに誰もいなくてもひとりでなんでもできてしまう力量があるということですね。

しかし、自分の時間を持ったことがない方はこのような方の気持ちを理解することは難しいでしょう。

いつでも一人でいることができない、何をするにも友達や恋人と一緒であるのが当たり前という方は自分の時間を持ち、自分と向き合うことで成長することができますよ。

2.マイペース

自分ひとりでなんでもできてしまう…それは、すべてにおいて自分ひとりでスケジュールを立て、自分の都合で行動することができるからなんですよね。

だれかと一緒に行動するとなるとお互いのスケジュールを合わせたり、相手のスケジュールに合わせなければいけないなんていう事態が発生します。

縛られたくない人は、常に自分の好きなタイミングで好きなところへ行き、好きなことをして、好きな時間に帰宅したいのです。

つまり、自分のペースで進めたいと考えています。

それに自分のペースを保つことが通常モードでもあるため、誰かと一緒に行動するようなことがあっても常に自分のペースを守ります。

そもそも自分のペースを乱すような人と付き合ったり、そのような人に近づかないのです。

マイペースさを持っているからこそ、何かの組織に入ったり、誰かに束縛されることを嫌います。

3.自分の気持ちを優先する

あなたは自分の気持ちを優先していますか?

仕事上どうしても付き合わなければいけなくなる会社の同僚たちとの飲み会に本当は行きたくないと感じつつも、周りに嫌われないために仕方なく参加しているなんてことはありませんか。

あなた自身は月に1回のデートでも満足だというのに、相手が週に何回も会いたいというので仕方なく会っているけど、本当はそのデートの時間を趣味の時間などにあてたい…なんて考えていないでしょうか。

縛られたくない人というのは、常に自分の心の中に沸き起こった感情にしたがっています。

つまり、自分の気持ちを何よりも最優先しているんです。

会社のメンバーが嫌がるから申し訳ないとか、彼女が泣きわめくから仕方なく会うなんてことがないんです。

自分の気持ちを優先しているため、いやなことは絶対に行わないスタイルを持っています。

つまり、毎日好きなことだけをして生きているということでもあるんです。

4.行動力がある

常に好きなことをして生きているというと、どうしてもだらけているとかマイナス面を思い浮かべてしまう方が多いのではないでしょうか。

しかし、縛られたくないという人は、そう感じていない人よりもとても多く行動します。

なぜなら、束縛されたくないし、縛られたくないからです。

この制約の多い世界で生きていくため、さらには自由でいるためには、やるべきことはやっておかなければいけません。

さらに自由を獲得するために今できることを予約したり、その準備をする必要があります。

縛られたくないと考えている人は、常に先を読んで行動することができています。

行動することによって自分の自由を確率している、というわけなんです。

「縛られたくない」と発言するのも、誰かに自分を縛らないようにと遠回しに警告していることもあります。

5.自分を縛る人とは距離を置く


あなたは、あなたを束縛するような人とお付き合いを続けますか?

縛られたくない人は、たとえ相手のことを心から愛していたとしても自分を少しでも縛ってしまうような相手とは付き合うことは難しいでしょう。

つまり、そのような人たちとは距離を置いていくんです。

縛る人といってもなかなか想像できないですよね。

例えば、自分以外の異性とは連絡を取らないようにする、どこにいるのか逐一報告させる、夜は絶対に1時間電話しなければいけない…など自分の個人的な時間が脅かされている場合にはすでに縛られています。

あまり縛ると関係が無くなることも

たとえ好きな人であっても自分の生活を脅かす程度までに縛ってくる人がいたら、あなたはどのように感じますか?

愛を誓い合った相手であっても、あなたの自由を奪っていいわけではありません。

それに縛ってくる人ほど自分が縛られるのが嫌だという人もいます。

どうして自分だけがこんなにも窮屈な思いをして生きていかねばならないのかと苛立ちを感じることもあります。

その結果として、あまりにも縛っているとその相手との関係がなくなることもあるんです。

なぜなら窮屈な環境から抜け出そうとする心理が働くからです。

これは自由になりたいと常々思っている人だけではなく、すべての人にあてはまることでもあります。

6.人との距離感を大切にする

自由になりたいと考えている人は、人との距離感を大切にしています。

なぜならば、人にはその人のやりたいことがあり、やるべきことがあり、そしてパーソナルスペース(自分だけの心のエリア)を持っているからなんです。

自分自身が自分ひとりの時間を大切にしているだけあって、「人にはなにかしら自分だけのスペースが必要なのだ」ということを理解しています。

それがわかっているからこそ、初対面だけではなく過去に出会った人に対しても距離感を大切にしています。

適度に距離感を保つことによって、常に仕事にも恋愛にも縛られないような世界観を作り出しています。

7.自分の気持ちに素直

さきほどお伝えしたように、縛られたくない人は自分の気持ちを優先します。

自分の気持ちを優先するということは、その人自身が感じたことに素直に行動することができるということでもあります。

あなたは、あなたの気持ちに対して素直でいることができていますか?本当はやりたくないことなのにやっていませんか。

縛られたくない人というのは、自分がやりたくないと思うことにも、やりたいと思うことにも素直に心の判断に従います。

そして行動力もあるのですぐにでも行動に移すことができるんですよね。

そのため、何か月も同じ問題で悩み続けることもないですし、気づけば次のステージにあがりどんどん成長し続けているという特徴を持っています。

つまり、縛られたくないと考えている人ほど自由を放棄し、自分の考えに従わずにグチばっかり言っている人よりも成長し続けているということなんです。

なんでも言い訳できないような環境を作ることが大事なんですね!

8.周りの評価を気にしない

縛られたくない人は、周りの人たちが自分のことを悪くとらえていても決して気にすることはありません。

なぜならば、周りの評価を気にしないからなんです。

周りの評価を気にしないということは、自分のことをよく評価してくれる人たちのことも大して気にすることがないのです。

逆に環境や人間関係に縛られてしまう人というのは、周りの人たちの評価を気にしてしまいます。

そのため、周りの人の気持ちを汲み取りすぎてしまい、自分の行動を制限することになってしまうんです。

周りの人がどう思っているのかを過敏に反応してしまうため、何も挑戦できないような状態にもなってしまうんです。

あなたにはそのような経験はありませんか?

縛られたくない人というのは、周りの目を気にしていないがために自分がいつでも人生の中心人物として、あらゆる物事に挑戦することができるんですね。

9.自分に厳しくない

あなたは自分自身に対して厳しくしていますか。

それとも優しくしているでしょうか。

つまり、自分に甘いかどうかを判断してみてください。

縛られたくないと考えている人というのは、自分に厳しいということはありません。

自分にも周りの人物にも甘い傾向があります。

つまり、自分がやりたいと思ったことには制限することなく挑戦してみますし、やりたくないと少しでも感じているものには一切手を引くのです。

自分に対して素直にいるからこそ、自分に対して厳しくすることが自分にとってあまり良い効果をもたらさないことがわかっています。

常に「あれをしなければ!」「ああ、これもしなければいけない」なんて自分を攻めるような形で何かを進めたり、努力して結果を残すことができたとしても、それを達成した人はなんらかの心労を感じてしまいます。

なかには、自分で自分を厳しくしてしまったがために自分の好きなこともできない、食事すらとることを許可できない、しまいには人間関係そのものをすべて断ち切らなければならないとして何もすることができなくなることもあります。

つまり、自分に厳しくしすぎてしまうと倫理的に考えることはできるものの、それだからこそ人間らしい生活を送れなくなってしまうんです。

その点、自分の心の声を素直に受け入れることのできる縛られたくない人だからこそ、縛られない生活を実現できるんです。

10.人に合わせるのが苦手

あなたは、誰かと一緒に行動するのが好きですか?また、誰かに気持ちや行動を合わせることを苦痛に感じないでしょうか。

縛られたくない人は、幼いころからしばしば人に合わせるのが苦手です。

それは大人になってからも変わることなく、人に合わせることが苦手だと感じているケースが多いです。

そのため、必要以上の人間関係を持つことを避ける傾向があります。

だからこそ必然的に周りからの評価を気にしないような状況をうみだすことができます。

さらに人に合わせるのが苦手だからこそ、周りの人の評価を気にしないような自分の生活スタイルを確率し、多くの人にかかわらなくても生きていける人生スタイルを生み出しているともいえるんです。

それに誰かに合わせるのが苦手だとわかっているのに誰かと一緒に生きていくほど苦痛なものはありません。

相手にそのことを伝えて気づかいしてもらうのもなにか求めているものと異なるもの…。

それに無理して人に合わせたところで必ずしもなにかメリットを受けることができたり、幸せになれる保証もないんですよね。

不幸になる可能性だって秘めているわけです。

そのため、無理して人に合わせても大丈夫な状況を作り出すこともありません。

11.決断力がある

縛られる人というのは、決断力も持っています。

あなたは、何かを決定しなければならない時にどのようにその事項を決めていますか。

自分で考えて、自分の力だけで決断することができるでしょうか。

縛られたくないと考えている人は、常に決断力を持って物事に接しています。

そのため、どんなに誰かに助言をもらいたくなったり、誰かにその決断をゆだねてしまいたくなるような手段にであったとしても、自分でその物事を決定する力を持っているんです。

縛られたくないと考えている人であっても、周りの人はどのような考えを持っているのかを判断するために周りの人に意見を聞くこともあります。

しかし、そこで周りの人たちが「こうしたほうがいい」とか「そうするのはおかしいし、大変だと思うよ」なんて助言したとしてもそれ自体を受け入れることはありません。

一般的にそのような考えがあることを知り、最終的に自分の希望をかなえられるものを決断するんです。

12.趣味などに夢中になっている

あなたは趣味を持っていますか。

縛られたくない人というのは、趣味などに夢中になっています。

趣味とは、それについてもっと知りたい気持ちになったり、そのことを深く掘り下げたいと思うことのできるものです。

そのようなものがあるからこそ、人生においていやなことがあっても「楽しいことが待っているのだから」と前に進むことができるんです。

つまり、趣味とはその物事をおこなっている人の心の成長を促すだけではなく、その人自身の人生において進む原動力を持たせてくれること力も持っているんですね。

縛られたくない人だって時にはナーバスになることもあるもの。

そんなときに趣味に夢中になることで、いあば簡単に現実の世界から離れることによって自分の気持ちをおさえることができるんです。

13.自分も人を縛りたくない

縛られたくないと常に考えている人は、自分がそうされて嫌だと感じるのだからという理由で周りの人も縛りたくないと考えています。

お互いに自由を確立したうえで、その自由の中でお付き合いをしていきたいと考えているんです。

お互いの性格・生活、さらには生活環境にまで踏み込むことなく互いを尊重しあうことのできる関係を築くことを念頭に置いているということになります。

そのため、縛られたくな人がお付き合いする相手に選ぶ異性もまた自由な時間を大切にしていることが多いものです。

お付き合いしている2人がそのような状態だと、お互いに愛し合いすぎているようなカップルのように週に数回会うとか同棲生活をする…なんていうことはありません。

お互いの生活を確立しているからこそ恋人関係が成り立つということを理解しあっているからなんですね。

それに縛られたくない人というのは、異性だけではなく同性の友達や育ててくれた親やずっと一緒に暮らしてきた兄弟に対しても束縛することがありません。

自由を奪われること、自分の時間をとられることがどんなに苦痛なのかを理解していなければ、このように他人のことを考え他人の自由を尊重することができないですよね。

この点をみると縛られたくない人は、一見すると自己中心的な生活のように感じられますが、そうではない人に比べてもやはり相手のことを一番に考えることのできる方なのです。

14.リーダーシップがある

縛られたくない人は、自ら縛られなくても良い環境を作り出していきます。

そのため、誰かが仕切っている組織に入り込むよりかは、自分自身で道を切り開いていくほうがあっているんです。

そのためか、幼いころから自分のことをしっかり理解し、前に進む方法を試行錯誤しています。

その結果として、縛られたくない人は自分自身が縛られたくないがゆえにリーダーシップという能力を持ち合わせているんです。

それに自分でなにもかもやるとなると、すべての計画ややりたいことを実現するためにある程度の計画性が必要になってきますね。

縛られたくない人は、親を含めた周りの人たちに束縛されないために自分で自分のことは最低限でもそれ以上でも1人でこなすことができるようになっています。

できないことがあると周りの人たちから干渉されてしまうことも分かっているからなんです。

だからこそ持つべくしてリーダーシップを持っているといっても過言ではないでしょう。

15.周りに流されない

これまでにもお伝えしましたが縛られたくない人というのは、周りに流されるのがとても嫌いです。

なぜならば、周りに流されるということは、周りの人々の意見をすべて受け入れているということでもあるからなんですよね。

そうするとその意見や計画を立てた人の都合に合わせることになり、自分の都合―いわゆる自由を奪われてしまうことになります。

周りに流されることほど違和感を感じ、生きることに対して窮屈感を覚えることはないんです。

そのため、縛られたくない人は多くの人が周りの人たちの意見に流されるようなことがあっても、自分ひとりだけ孤立するようなことがあっても周りに流されることはありません。

16.妥協しない

妥協することもないのが縛られたくない人の特徴です。

あなたは、何か達成したい出来事があったときにその目標を達成するために決めた方法が使えないとわかったらどうしますか。

たいていの人は「このやり方がだめなんだから他の方法で目標を達成しよう」とやり方を変えていきます。

しかし、縛られたくない人は決めたことを守りたいために妥協しません。

つまり、計画の初めに決めた方法をなにがなんでもやり抜くのです。

そのためには、通常よりもコストがかかることもありますし、周りの人たちから後ろ指をさされることもあります。

それでも自分が一度決めたことを守り抜くことこそ自由を守ることであると確信しているため、ちょっとやそっとのことで決めたことをやぶることはしません。

このように一度決めたことを守り抜いているために、縛られたくない人は少しずつ成功体験を積み重ねることになります。

そして自信に結びついているんですね!

17.憧れの人がいる

あなたには憧れの人はいますか。

憧れの人がいるとその人に近づくために頑張れますよね。

自分が絶対にできないだろうと感じているやり方をその憧れている人が実行していれば、「自分にもできるかもしれない」と前向きな気持ちになれますよね。

縛られたくない人は、周りの人にその存在を伝えることはほぼありませんが、心の奥底には憧れている人がいます。

それも憧れている対象となっているのは、昔から偉人としてたたえられているような人物であることが多いのです。

それにその憧れている人たちも人生を生き抜く中で、決して自由を手放さず周りの人たちに流されることがないような人たちでした。

その生き方をしていても決して悪いことではないとその偉人たちを見て感じているからこそ、縛られたくない人はいつでも堂々としていることもあります。

18.飽きやすい

縛られたくない人の中には、飽きっぽい性格をしているために縛られることを避けていることもあります。

社員としてある企業に入社したものの、はじめはその仕事内容に惹かれていたかもしれません。

たいていの人たちは、入社後の社会生活において仕事内容で飽きることがあったとしても、そのまま仕事を続けますね。

しかし、縛られたくない人というのはどうしても仕事を続けることに対して我慢できなくなってしまうんです。

飽きてしまうと「やりたくない」という気持ちが勝ってしまい、ひどい場合にはバックれてしまうことも。

飽きやすい性格をしているとわかっているのに、そのように継続することを契約するのも嫌なんです。

あなたも一度でも「会社に縛られたくない!」なんて感じたことがあるのではありませんか。

19.興味を持ったことには積極的

縛られたくない人は、飽きやすい性格をしていますがその反面として、興味を持ったことに対してはとても積極的な姿勢をします。

つまり、熱しやすく冷めやすい、それも好奇心旺盛な性格が加わっているケースが多いのです。

少しでも気になることがあれば、調べ上げたり、実際に体験したり、集めたりします。

それでいて好奇心旺盛な性格をしているので、多趣味であることが多いんですよね。

気になったものに対してすぐに動くことができるので、縛られたくない人にはやはり行動力があるとも言えるでしょう。

20.誰に対しても平等に接する

あなたは、好きな人には優しく接するけれども嫌いな人にはいやな態度で接してしまうなんて言うことはありませんか?自分の性格や生活に満足していないと、そのように周りの人に対して自然と攻撃することになってしまいます。

その生活が羨ましいと感じるからです。

しかし、縛られたくない人というのは誰に対しても平等に接します。

相手がどんなに優しい人であっても、性格の悪い人であってもです。

その理由としては、自分自身に満足しているということもありますし、なにしろ縛られたくないがために周りの人にあまり興味を持っていないということがあげられます。

21.好奇心旺盛

先ほどもお伝えしましたが、縛られたくない人は目の前に登場するあらゆることに対して好奇心を示します。

つまり、好奇心旺盛な性格をしているんです。

縛られたくない…というよりかは、すでに縛られたない生活をしていると仕事・人間関係などの問題にとらわれることもありません。

その結果、好奇心が自然と心の奥底から湧き出てくるようになるんです。

もしも、今あなたが昔に比べると目の前に登場したものに対してワクワクした気持ちが減っているのであれば、現在の生活においてなんらかで縛られている―見えない制約ーといえます。

22.1人の時間がないと息苦しく感じる

縛られたくない人は、たとえ恋人と旅行しているときだって昔から一緒に過ごしている家族と一緒にいたとしても1人の時間がないと息苦しく感じます。

なぜならば、誰かと同じ空間をともにするということは、1人の時間がなく周りの人に自分の時間を合わせているともいえるからなんです。

つまり、誰かにために何かをしなければいけないと心のどこかで義務的に感じてしまうような心の優しさも持っているということなんですよね。

そのため、縛られたくない人は若いうちに実家から独立したり、彼女と同棲しても必ずそれぞれの部屋を用意しています。

23.こだわりが強い

縛られたくない人は、何に対してもこだわりが強いです。

あれをするときにはこうするべきだ…なんて、周りの人から見ると「そんなに小さなことでこだわるなんて…」と非難の間座なしを向けられてもちっとも何とも思いません。

彼らにとってそれらはそうしないと気が済まないものであり、ここ数年でこだわり始めたものではないからなんです。

幼いころから積み重ねてきたこだわりであり、そのこだわりこそがその縛られたくないと考えている人の気持ちを表すことになります。

こだわりを強く持つことはとても大切ですが、ガンコな性格でもあるために周りの人とは対立しがちです。

24.嫌なことは嫌とはっきり言う

あなたは、いやだと思うことに対してはっきりと嫌と伝えることはできますか。

いやなことは嫌と伝えることによって、自分の意見や存在を周りの人たちに知らしめることができますよね。

縛られたくない人は、嫌なことは嫌とはっきりと伝えることができます。

それは、これまでに何度もお伝えしていますが、やはり自分の自由を確保するためなんです。

それに周りの人に合わせてまでわざわざいやな思いをする必要もないと感じています。

25.すぐに気持ちを切り替えられる

縛られたくない人は、何をするにしても気持ちをすぐに切り替えることができます。

なぜならば、すぐに気持ちを切り替えることでやるべきことをこなすことができるからです。

さらに気持ちを切り替えずにグダグダ過ごしていても、自分の本当にやりたいことに着手できないまま時間を過ごすことになります。

縛られたくない人というと、どうもグダグダしていたり、面倒くさがりな性格をしているように感じるものです。

しかし、縛られたくない人ほど自分の自由を守り、さらに自分の人生を楽しむためにすぐに気持ちを切り替え行動をおこしています。

縛られたくない人の特徴や心理を把握してうまくつきあっていこう

今回は、恋愛でも仕事でも縛られたくないと考えている人の特徴やその心理についてご紹介してきました。

あなたやあなたの周りに人たちが「縛られたくない」と考えてしまうその深層心理に気づくことができたのではないでしょうか。

あなた自身が縛られたくないと考えを持っているのであれば、これまでにご紹介した性格的特徴を持っていることを自覚し生かしていきましょう。

本当にあなたの求めるような縛られない世界をあなた自身が切り開くことができます。

また、あなたの周りに縛られたくないと発言している人がいる場合には、「こんなことを考えているんだな」と相手を理解してください。

相手が何を考えて「自由になりたい」とか「縛られたくない」と感じているのかわからないために、この記事を読むまでは漠然とした不安を抱えていたのではないでしょうか。

相手の心理を知り、そしてあなたから相手に手を差し伸べ。

うまくつきあっていってください。

あなたはまだ縛られたくないという気持ちを理解できないかもしれませんが、のちのち自由を学び、あなた自身もこれまでにないような素敵な人生を歩めることでしょう。