日本人は働きすぎという言葉を聞いたことがありませんか。

実際に、外国人から見た日本人は働きすぎで、プライベートの時間はどうしているのかと疑問を持たれる事もしばしばあるようです。

同じ日本人の中でもいつも仕事の話ばかりしている人や、朝から晩まで仕事をしている人に心当たりのある人もいるのではないでしょうか。

もしかしたらその人はワーカホリックなのかも知れません。

️ワーカホリックってなに?

そんな働きすぎている人をワーカホリックと呼ぶ事があります。

普段余り聞き慣れない言葉ですよね。

ワーカホリックという言葉はアメリカの作家であるウェイン・オーツが1972年に出版された「ワーカホリック 働き中毒患者の告白」の作中で使われた事が始まりとされています。

因みに語源はwork(仕事)とalcoholic(アルコール中毒)と掛け合わせた造語です。

最近では日本でも残業等の長時間労働によって過労死する人が存在している事から、社会問題として取り上げ話題となりました。

尚、世界の労働時間を比較してみると、日本よりも労働時間が長い国は結構あります。

しかしながら、その数字には日本でも多いと言われるサービス残業の分が含まれていません。

仕事中毒者のこと


ワーカホリックとは日本語に訳すと「仕事中毒者」という意味になります。

具体的には、私生活を犠牲にするほど、仕事に打ち込んでいる状態の事。

また、家族や自身の健康も犠牲にしている状態を表す言葉です。

ワーカホリックの人は若くして急に倒れ、心筋梗塞等のリスクも高くなるとも言われています。

また、ワーカホリックな人のほとんどは好きで仕事をしている訳ではなく、仕事をしていないと不安・・・という強迫観念に苦しんでいるのです。

特に日本人は以前から働きすぎのイメージが強いので、周りの人間には仕事好きな人と思われてしまうようなケースもしばしばあるようです。

️ワーカホリックの特徴23個

ここからはワーカホリックの特徴についてご紹介します。

気になる人はチェックしてみて下さいね。

もしかしたら自分や身近な人も当てはまるかも知れませんよ。

休みの日も仕事をしている


せっかくの休みも仕事に時間を費やしている人に心当たりはありませんか。

このような人は頭の中では分かっていながら、休みの日だったとしても気持ちの切り替えができないのです。

その為、休日明けの仕事の準備や、少しでも平日の仕事の負担を減らそうと思って休みの日も仕事をしてしまいます。

もし、自分のパートナーがそういう人だったらと考えると色々と心配になりますよね。

そんな人もワーカホリックの特徴の一つです。

休息をとらない

例えば仕事の休憩時間があったとしても、相変わらず仕事をしている人を見た事がありませんか。

上でもご紹介したように、ワーカホリックの人は仕事をしていないと不安に駆られ、休息する事が罪であると思ってしまうのです。

帰宅後も、持ち帰った仕事の続きをするような人もおり、一日中休息も取らずに働いている人も存在しています。

このような生活を続けている為、普段からストレスを感じており、仕事中にちょっとした事でもイライラしてしまう事が多いという特徴もあります。

遊ばない

ワーカホリックの特徴の一つとしてプライベートで遊ばないというものもあります。

仕事に打ち込むあまり、単純に遊ぶ時間が無いという人や、仕事上での人間関係ばかりで遊び相手となる人がいないという人もいるようですが、ワーカホリックの人は遊んでいる間にも周りに差をつけられてしまうのではないかという不安を抱いてしまう傾向があります。

忙しい日が続くほど、たまには遊びたい気持ちになりますし、遊ぶ時間を作ろうと思いますよね。

しかしながら、ワーカホリックの人は仕事中心の生活が当たり前になってしまっているせいか、そんな心の余裕が無いのです。

趣味がない

仕事が趣味と言う人っていますよね。

自分から言うのはちょっと信じられないですが、周りの人間からそう思われているという人もいるのではないでしょうか。

そんな人もワーカホリックである可能性があります。

人によってそれぞれ事情があるようですが、家に帰ってもやる事が無いから会社で仕事をしていたほうが良いと思っている人が存在しているのも事実。

その結果、いつの間にか仕事が趣味になっているという事があるようです。

中には自分は仕事好きでやり手アピールが目的で言っているだけという人も存在します。

仕事以外に生きがいがない

ワーカホリックの人の中には仕事以外に生きがいがないと思っている人が存在します。

こんな事を言われたらちょっと寂しい気持ちになってしまいますよね。

しかしながら、ワーカホリックの人は仕事をしなければならないという強迫観念に苦しめられ、同時に仕事で周りの人間から評価されたいという気持ちも強いのです。

その為、他の事が目に入らなくなってしまい、仕事以外に生きがい無いと思ってしまう傾向があります。

家族をないがしろにする

家庭と仕事どっちが大事?とはよく聞きますよね。

仕事なんだから仕方ないでしょ!と同じくらい有名な言葉です。

まるで究極の選択のようでもありますが、あまりに仕事に打ち込み過ぎて、家族の事をないがしろにしてしまうのもワーカホリックの特徴です。

自分の夫や妻がそうであるという人はさぞかし大変かと思います。

しかしながら、家の中で自分の居場所が無いと感じてしまっているワーカホリックの人も存在しているというのも事実です。

中には家に帰らず、ホテル暮らしをして家族とは殆ど顔を合わせないという人も居るようです。

問題が深刻となると、やがて離婚に繋がるケースもあります。

睡眠時間が少ない

仕事中、いつも目が充血していて眠たそうな人って見た事がありませんか。

眠気を感じていながら睡眠時間を削ってでも仕事をしている人はワーカホリックである可能性があります。

仕事をしていないと不安になり、寝ている時間がもったいないとさえ感じてしまうのです。

例えば、会社で終わらせるべき仕事が片付かず、自宅に持ち帰って夜遅くまで仕事をしていたり、朝早く起きて昨日の仕事の続きをするといった人たちです。

その為、疲労が回復せず、不眠症にもなり、相当なストレスをいつも抱えています。

健康に気を遣わない

普段から仕事ばかりで自分の食事や栄養バランス、睡眠もろくに取らない人はワーカホリックである可能性があります。

デスクワークでは目や肩への疲労も相当なはず。

しかしながら健康に気を遣うほど気持ちに余裕が無い為、気にしているつもりでも健康管理が疎かになってしまいがちです。

また、精神的な病の他にも、様々な病気を引き起こすリスクが高い人でもあります。

仕事しながら食事する

会社の昼休みに自分のデスクで仕事をしながら食事をしている人を見かけた事はありませんか。

このような人もワーカホリックの特徴の一つです。

常に仕事に追われ、仕事をしていないと不安である為、食事中でも仕事の手を止める事はできません。

また、食事も簡単に済ませる人が多く、食事にかかる時間も少ない人が多いと言われています。

エナジードリンクやコーヒーを常飲している

会社などでデスクの上には常にコーヒーやエナジードリンクが置いてある人を見かけた事はありませんか。

ワーカホリックの人はカフェイン依存症である事が多いと言われています。

ワーカホリックの人は少しでも頭が冴え、眠気も抑えたいという衝動に駆られている為、自然とエナジードリンクやコーヒーに目がいってしまうのです。

定時で帰らない

職種や仕事の状況によっては残業は仕方ないというのもよくありますよね。

最近ではノー残業デーを設ける会社も見られますが、実際は現在でもサービス残業も多いのも事実です。

しかしながら、どう見ても今やらなくても良い仕事を定時を過ぎてまでやっている人はワーカホリックである可能性があります。

中には自分が上司である為に、部下よりも早く帰る訳にはいかないという人や、逆に上司や先輩が残っているのに帰りずらいというおかしな探り合いも存在しているようです。

出勤時間が早い

会社でいつも誰よりも早く出勤している人っていますよね。

ラッシュ時間を避ける為や、仕事の前に一服したいからという理由の人もいるのではないかと思います。

しかしながら、出勤時間より早く出社してすでに仕事を始めている人はワーカホリックである可能性があります。

仕事熱心なのは非常に良い事なのですが、このような人は仕事に対するプレッシャーを強く感じており、少しでも早く仕事を始めないと不安に感じてしまうのです。

どう見ても仕事の量が多い

会社で他の人と比べてどう見ても仕事の量が多いという人もワーカホリックである可能性があります。

自分の仕事を終えてから取りに行く分には良いのですが、中には自分の仕事も残っていながら他人から頼まれた仕事を断れずに抱えきれなくなってしまうケースもあります。

ある意味、信頼されているとも言えますが、お人好しなせいか足下を見られているかも知れません。

メールなど連絡が気になって仕方ない

メールなどの連絡が気になって仕方ない人もワーカホリックである可能性があります。

現在はプッシュ通知機能があり、仕事中でも手軽に知らせてくれる便利機能ではあるのですが、メールが届くとすぐにスマホやパソコンに着信音と同時に表示されるので、着信音がなる度に内容は全て仕事と結びつけてしまい、かえって神経も過敏になってしまいがちです。

そのせいもあってメールなどの連絡に対して相当なストレスを感じている人が多いと言われています。

スマホを手放さない

特に現代人は常に新しいツールに敏感です。

ワーカホリックの人は仕事の効率を上げる為に、役に立つツールやアプリ等を積極的に取り入れる傾向があります。

一見、仕事に真面目な姿勢に思えますが、度が過ぎると情報に縛られてしまい、片時もスマホを手放させなくなってしまいます。

家族や恋人との食事中でも会話に集中できず、スマホが気になる人はワーカホリックの可能性があります。

負けず嫌い

ワーカホリックの人は他人と自分を比べたり、仕事の出来栄えを非常に気にしている事が多いと言われています。

その為、他人よりも多い仕事量でストレスが溜まっていても、これくらい平気だと思ってしまうので周りの人間に弱音を吐くような事はありません。

ワーカホリックの人は仕事に対して劣等感を持っている人が多く、負けず嫌いな性格に繋がっていると言われています。

真面目すぎる

仕事に対して几帳面であり、真面目なのは非常に良い事なのですが、ワーカホリックの人は少し度が過ぎてしまう傾向があります。

上司や同僚に言われた事も、そのまま受け入れてしまったり、NOと言えない性格な人が多いと言われています。

融通も効かない為、結果的に仕事に追われてしまいがちになってしまいます。

プライドが高い

ワーカホリックの人は自分に厳しく、他人には甘えるような事はまずありません。

このくらいの仕事は出来て当たり前と思っており、最後まで自分でやり遂げる姿勢を心掛けています。

また、他人の仕事は引き受けても、自分の仕事を他人は任せるような事もありません。

プライドが高く、自分が終えた仕事を他人にとやかく言われる事に敏感でもある為、仕事の成果も必要以上に気に掛ける性格です。

どんな成功も満足しきれない

ワーカホリックの人は自分の仕事の成果に満足ができない事が多いと言われています。

完璧主義とも言えますが、仕事を終える度に成果が気になり、結果として仕事を延々と続けてしまうのです。

ああでもない、こうでもないとそんな事を繰り返している内に、定時をとっくに過ぎているなんて事もざらです。

過度な上昇志向

仕事に対して前向きで上昇志向がある事は非常に良い事なのですが、ワーカホリックの人は過度な上昇志向を持っている事が多いと言われています。

これには周りの人間や雰囲気に感化され易いという性格が関係しており、周りがそうだから自分ももっと頑張らないと駄目なんだ・・・と思い込んでしまうのです。

その為、会社や職種によってその影響は大きいようです。

また、中には自己啓発のセミナー中毒になるような人も存在します。

ワンマンプレイが目立つ

職場で忙しそうにしている人に手を差し伸べようとしけれど、断られてしまったという経験はありませんか。

組織である会社において、チームワークは重要な事ですよね。

ワーカホリックの人はその高い責任感が災いして、自分がどれだけ忙しくても他人に仕事を任せるような事を避ける傾向があります。

また、他人に仕事の振り分けや指示を出す事も苦手です。

その為、仕事の効率が上がる事は頭でわかっていても、他人が終えた仕事のクオリティーが気になり、周囲とのコミュニケーションが疎かになってしまう事があります。

明日の仕事を今日やる

ワーカホリックの人は常に先の仕事を心配しています。

明日できないかも知れないからと思ったり、今日やれるのなら明日の分の仕事もやろうと思ってしまうのです。

周りの人間としっかり計画を立てられていれば良いのですが、一人で取り掛かってしまったり、自分と同じようなワーカホリックの人と一緒に仕事をしていると結果としてキリが無くなります。

仕事の量が減る事にもならないので、労働時間が長くなってしまいます。

職場の人としか付き合わない

休日に遊びに誘おうとして連絡したけれど、また仕事で断られたという話をよく聞きますよね。

ワーカホリックの人は休日も仕事をしている事も多いので、休日に友人からの誘いも仕事を優先してしまいがちです。

その為、自然と職場の人ばかりとの人付き合いが多くなり、職場以外の人との付き合いが疎遠になり易いです。

こうした事が続くことによって周囲の友人からもどうせ今日も仕事しているんだろうと思われ、お互い連絡も取らなくなってしまうケースもあるようです。

いつも仕事だからと言って誘いを断る

ワーカホリックの人の常套手段とも言える断り方です。

当然、誰でも仕事をしていれば仕事でどうしても行けないと断る事があるかと思いますが、その分どこかで埋め合わせを考えたくもなりますよね。

しかしながら、ワーカホリックの人にとって仕事は最優先なので、友人や家族からの誘いも軽く見てしまいがちです。

また、日々仕事に追われている為、連絡しても数日経ってからの返事だったり、そもそも返事すら無いというケースもあります。

会社での評判は良い

ワーカホリックの人は面子を大事にしており、上司や同僚からの評価を非常に気にしています。

実際に仕事量は他の人よりも多かったり、最後までやり遂げるだけの責任感もあるので仕事の能力は高く、会社での評判が良い人が多いと言われています。

しかしながら、ワーカホリックの人は常に先の事が気になっているので、安堵する事はあまりありません。

周りからの期待を裏切りたくないのでプレッシャーを常に感じています。

そうした事からワーカホリックの人は不安を取り除く為にまた仕事に打ち込むのです。

ワーカホリックになるとどうなる?

ワーカホリックになると一体どんな症状が起きるのでしょうか。

ワーカホリックは自分の感情に対して鈍感になり、自分がつらい状況でもそれに気づきにくくなると言われています。

その為、あまり自覚症状が無く、疲労を感じていてもつい仕事を頑張ってしまうのです。

ここからは具体的にワーカホリックでよく見られる症状についてご紹介します。

自律神経失調症

自律神経失調症は主にストレスが原因とされています。

まさにワーカホリックな人の為にあるような症状です。

ワーカホリックの人は周りの人間から信頼されている事が多いですが、本人にとってそれが負担になっている事もあります。

そうした日頃のストレスがやがて自律神経失調症に繋がる事になると言われています。

食欲不振、吐き気

食事や睡眠が不十分になりがちなワーカホリックの人に見られる症状です。

生活リズムの乱れや、精神的なストレスによる胃痛や吐き気もよく見られる症状です。

また、運動不足の場合、エネルギーの供給が正常に行われず、食欲が湧かない事に繋がります。

頭痛、めまい

ワーカホリックの人には過度なストレスと不眠等から頭痛やめまいの症状も見られると言われています。

また、デスクワークが多い職場では、長時間パソコンと向き合っている事で目の疲れによる頭痛やめまいを引き起こす事も考えられます。

情緒不安定

日頃から会社でストレスとプレッシャーを感じているせいか、ワーカホリックの中には情緒不安定になる人も存在します。

起伏が激しくなり、ちょっとした事でイライラしたり、自分よりも先に帰宅する人間に怒りを感じたり、そうかと思えば先の事を少し考えてただけで急に不安で泣き出したりするような事もあります。

心臓発作

心臓発作は主に血圧の変動によって起こる症状です。

血圧は睡眠不足、ストレス、疲労、ビタミン不足、過度な緊張など様々な理由で変動します。

たばこやアルコールの過剰摂取も原因になると言われています。

ワーカホリックの人にはどれも当てはまる要因があり、過労死の主な原因の一つでもあるので十分注意が必要です。

特に若い世代に多く見られるのが鬱の症状です。

会社でパワハラや対人関係でのトラブルによって精神的にダメージを負ってしまう人が存在します。

ワーカホリックの人はナイーブで真面目な性格であるほどなり易く、鬱にもなり易いと言われています。

最近では誰にも相談できず、自らの命を絶ってしまう人も少なからず存在します。

️ワーカホリックを治すために

ワーカホリックは仕事中毒と呼ばれるだけあって、一つの依存症と言えます。

厄介な事に殆どの人が自覚症状が無く、また周囲の人間からも気付かれない事も多いのです。

もし、自分でワーカホリックの症状に気が付いたらどうしたら良いのでしょうか。

また、どうしたら治せるのでしょうか。

ここからはワーカホリックを治すために役立つ方法をご紹介しますので、気になる方はチェックしてみて下さいね。

仕事以外に価値あるものを見つける

仕事が第一という考え方を変える為には、まず仕事意外に価値があるものを見つけるという事が必要です。

それまで仕事の事ばかり考えていた人に急にそう言われても難しいかも知れませんが、日頃から意識していればそれほど難しい事ではありません。

周りの友人に話を聞いてみたり、家族が居る人は協力を得るのも良いと思います。

仕事以外の事で少しでも気になるものは積極的に手を出してみましょう。

もしかしたら自分にとって価値のあるものが見つかるかも知れません。

休みの日は仕事をしない

仕事のオンとオフの切り替えができないワーカホリックの人にとって重要な事です。

一日の仕事にはなるべく区切りをつけ、どうしてもやらなければならない事でない限りは極力休むようにして、仕事をするのは控えましょう。

病気のリスクも高くなる事にも繋がります。

仕事をしていないと不安な気持ちは残りますが、周りの人間はもしかしたらそんなあなたをもっと不安に思っているかも知れませんよ。

視野を広げ新しい場所に飛び込む

普段興味が湧かないような場所に敢えて飛び込んでみるというのも一つの方法です。

少し視野を広げてみてはいかがでしょうか。

仕事にも結び付かないような事で構いません。

例えば、デスクワークの日々を送っているのであればスポーツをしてみるのも良いかも知れません。

身も心もリフレッシュできて一石二鳥です。

他にも人が集まるバーや、英会話教室等も色々な人達と話ができる機会がありますし、意外な共通点がある仲間と人と出会えるかも知れません。

仕事以外の人との付き合いも生まれ、自分にとって良い刺激にもなる事でしょう。

家族との時間も大切な仕事

そういえば最近家族と会話としていないな・・・と感じた事はありませんか。

また、仕事を理由に家族から避けているような事はありませんか。

心当たりのある人はたまには家族とのコミュニケーションを取る時間も大事にしましょう。

家族を養う為と思って仕事を頑張っているという人もいるかと思いますが、知らず知らずの内にワーカホリックになり、体が悲鳴を上げているかも知れません。

実際、若くして過労死するケースもあり、2014年には日本でも過労死防止法も制定されました。

お金の為に、自分が倒れてしまったら元も子もありませんよね。

ワーカホリックの人にとって家族との時間も大切な仕事なのです。

休息しないと結果的に仕事ができない体になる

ワーカホリックの人は仕事に依存している為、休息する事を避ける傾向があります。

休息している間にも、他人と差がついてしまうと思ったり、自分にできる仕事かどうか不安といった気持ちになってしまうのです。

しかしながら、長い目で見た場合、それは本当に効率の良い働き方と言えるのでしょうか。

もしかしたら会社の雰囲気に流されているという事はないでしょうか。

実際のところ、まだ日本では長時間の残業や拘束時間のある会社が存在しており、過労死を未然に防ぐ事は難しい問題となっています。

これから自分や家族を守る為には、働いている自分自身が考え方を変える必要があります。

休息する事は決してサボる事ではありません。

これから効率良く仕事をする為に必要な時間という考え方に転換する事が大切です。

また、分かっていても中々今の生活を変えられないという人は一人で悩まず誰かに相談してみてはいかがでしょうか。

それも難しいという場合は、カウンセラーや専門家にいっその事相談するのも良いかと思います。

自分の身を滅ぼし、結果的に仕事ができない体になってしまってはもう遅いのです。

まとめ

これまでワーカホリックについてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

少しでも今回の記事が参考になれば幸いです。

尚、ワーカホリックには国や人によって様々な捉え方をされており、共通して「悪い事」にはなっていないというのが現状です。

そもそも、日本人が働きすぎというイメージはどこからきているのでしょうか。

少し歴史を振り返ってみましょう。

かつて日本では高度成長期時代がありました。

戦後、貧しい暮らし味わった経験から、今後は国の復興と発展の為に働く事が求められていた時代です。

主に男性のみが働き、家の中の事は女性が責任を持つというスタイルが当たり前という風潮がありました。

その為、仮に男性が家庭を顧みず、仕事をしていても仕方がない事とされていたのです。

しかしながら、バブル時代から徐々に過労死する人が増え、社会問題として取り上げられるようになりました。

現在では時代も変わり、以前と比べて女性も男性と同じように社会に出て働く事も普通になりましたが、依然として過労死する人は存在しており、特に若年層での過労死が増加している傾向があります。

その対策として日本政府が2007年にワークライフバランスを取り入れるようになり、企業によって定時退社や有給休暇の取得を働きかける運動も行われるようになりました。

こうした歴史的背景から、まだ多くの日本人は己の身を削ってでも働く事が社会に認められるという名残のような考え方があるのではないでしょうか。

今でもこの記事を読んで「仕事に打ち込んでいる事は良いのではないか」や、「ギャンブルや薬物に依存するより全然マシ」と思う人もいるかも知れませんが、それは大きな間違いです。

人間は機械ではありません。

同じ事を長時間続けていると人間の脳は働かなくなり、かえって仕事の効率が悪くなります。

また、ワーカホリックの人には常に身の危険が付きまとっており、最悪な場合過労死する事さえあります。

自分の身だけでなく、ワーカホリックが原因で夫婦間が不和になり、離婚してしまうケースもあります。

家族を養う為にはただ仕事を頑張っていれば良いという事ではありません。

もし、自分にワーカホリックの疑いを感じる人は、少し自分の事を振り返ってみましょう。

現在の仕事の目的とは一体何でしょうか。

ただ目の前のにある仕事をがむしゃらにやっているという事はありませんか。

妻や夫と最近会話をしたのはいつか覚えていますか。

家族と離れて暮らしている人の場合、最近電話やメールをしたのはいつ頃だったか覚えていますか。

今抱えているその仕事、本当に自分だけで終えられると思っていますか。

友人からの連絡があってもそのままになってしまっていませんか。

家族や友人、会社の上司や同僚もみんなそんなあなたを見ています。

ワーカホリックになって大切なものを見失わないよう、仕事のオンとオフを上手に切り替えていきましょう!