あなたは「穏やかな人」と聞いて、どのような人を想像しますか?有名人や芸能人、または身近にいる周りの人で想像してみて下さい。

普通の人が穏やかな人でしょうか?その、穏やかな人の周りには、人がたくさん集まってきていますか?あなたは、その穏やかな人と一緒に居て心地よい雰囲気に包まれますか?など、「穏やかな人」について、今回は調べてみました。

その穏やかな人の持つ性質や特質、また、あなた自身が「穏やかな人」になりたいと思っているなら、今回の記事は必見です。

そんな「穏やかな人」になるための、9個の方法について詳しく解説していきます。

まずは、「穏やかな人」の真似でもいいので、始めてみてはいかがでしょうか?

穏やかな人ってどんな人?

まず、「穏やかな人」ってどんな人のことを言うのでしょうか?優しい人や親切な人、また雰囲気が落ち着いている人など、人により「穏やかな人」に対する印象や感じ方も少々違う場合もありますよね。

そんな「穏やかな人」ですが、見た目に分かるのは「いつも笑顔」「心に余裕がある」「器が大きい」「包容力がある」などが挙げられます。

まさに、穏やかな人とは怒っていたり、イライラやカリカリしている事もなく、人当たりがソフトで柔らかなイメージですよね。

「人の意見や相談なども、真摯に受け止め考えてくれる。」そんな、穏やかな人が多いのではないでしょうか。

さて、ここからは、カテゴリー別に更に詳しく「穏やかな人」について調べていきたいと思います。

いつも笑顔の人


いつも笑顔が素敵な人に、「穏やかな人」は多いでしょう。

イライラしていたり、八つ当たりをしてしまうような方に「穏やかな人」は、いないのではないでしょうか?また、笑顔じゃない日を見たことがないくらい、毎日笑顔でいるのかもしれません。

「穏やかな人」がいつも笑顔でいてくれたら、こちらもなぜか元気になる気がしませんか?また、「穏やかな人」は気分の浮き沈みはほとんどありません。

なので、いつも安心して話をしてしまうかもしれませんね。

また、笑っていない時でも表情が穏やかだったり、ドヤ顔や怖い顔をする事もほとんど無いのかもしれません。

それくらい、いつも笑顔を大切に生きているのかもしれませんね。

心に余裕がある人

「穏やかな人」の特徴には、心に余裕があります。

心に余裕がある人は、セカセカしていたり、いちいち細かい事も気になりませんから落ち着いて見える事も多いのではないでしょうか。

また、少々のミスでは動じません。

いつも心にも時間にも余裕があるのではないでしょうか。

例えば、社内の出勤時間より30分早めにいつも出勤していたり、約束した時間にも遅れてくる事はほとんどありません。

むしろ、お茶でもしながら待っているくらいなのかもしれませんね。

そんな「穏やかな人」とは、時間と心に余裕のある人なのかもしれません。

器が大きい人


まず「穏やかな人」と聞いて、「器が大きい人」とは、あまりリンクして考えにくいかもしれませんが、実は「穏やかな人」は少々の人のミスでは動じない、許す事が出来る人なため、器が大きい人に見られることもよく考えられます。

また器が大きい特徴としては、相手に求める事が少ないのかもしれません。

少し冷たく聞こえてしまうかもしれませんが、相手に〇〇して欲しい、人は〇〇するべきである!など、相手に求めるモノが多ければ、多いほど相手に理屈っぽくなってしまったり、お説教などしてしまうのかもしれません。

それはそれで、社会人としては非常に大切な事で怒られたり、常識的な事を教えられる内容なのかもしれません。

しかし、それを避けていたりパスしているのではなく、「穏やかな人」は受け止め相手に伝わるやり方で伝えているのではないでしょうか。

怒る事は、部下を従わせるのには簡単なやり方です。

しかし、怒ることをしない事もなかなか忍耐がいる事ではないでしょうか。

包容力がある人

「穏やかな人」には、相手を包み込むような優しさがある人が多いのではないでしょうか。

一緒に居て、癒されたり、心が和んだり、または心が落ち着いたりするのではないでしょうか?しかし、優しいだけではなく相手の事を思いやる言葉をかけてあげられたり、悩みなどを一緒に解決してくれたり、人のためにも動く事も多いのかもしれません。

なので、皆んなの解決係や駆け込み寺のように「穏やかな人」を頼ってやってくる人も少なくないようです。

また、頼られたり、相談などをされてもイヤな顔など一つもせず、真剣に相手の話を聞いてくれるのではないでしょうか。

今一度、あなたの周りにいる「穏やかな人」をよく観察してみて下さいね。

きっと、いつもどんな時も相手の話を穏やかに包み込むように、話を聞いている事でしょう。

穏やかな人になるための9個の方法

さて、ここからが本題です。

まず、「穏やかな人」になるためには、どのような事に注意したり、心掛けたりすればいいのでしょうか?まずは何から始めたらいいのかわからない。

そんな方もきっと多いはずです。

「穏やかな人」って、生まれ持った性質や体質じゃないの?なんて思いたくなるのもよく分かります。

しかし、訓練次第であなたも少しずつ「穏やかな人」になれるかもしれません。

まずは、身近な「穏やかな人」の真似をしていければ、一番の近道でしょうが、「穏やかな人」のモデルが身近にいない場合は、以下の9個の方法を実践してみてはいかがでしょうか?

1.笑顔を心がける

いつも笑顔でいる。

簡単なようで、意外と難しいこちらの技は、心を落ち着かせて安定している事が第一条件です。

初めから、ハードルが高いと感じているあなたは、普段自分の気持ちの波に揺れ動いてしまってはいませんか?また、「心を落ち着かせる」と、いうことは何においても大切な事なのです。

ミスや失敗を未然に防げたり、心を落ち着かせる事で、冷静な判断が出来る事もあるでしょう。

このように、笑顔でいる事は自分の内面と向き合う事にも繋がります。

また、笑顔が引きつっていたりしては、穏やかな気持ちとは裏腹になりますので、その場合いは無理をしないよう、注意して下さい。

毎日の生活に、笑顔を少しずつ取り入れて、毎日笑顔を心掛けてみましょう。

笑うことで優しい気持ちになる

また、「笑う門には福来る」という言葉のように、笑っていればそのうちにいい事があったり、また、相手に対しても優しい気持ちで居られるかもしれません。

笑う事を心掛ける事で、自然とあなたの周りにも、人が集まってくるようになるのかもしれませんし、また、笑顔が素敵だからと異性から声をかけられる場合もあるかもしれません。

また、人に対して優しい気持ちを持てるようになって来たら、いよいよあなたも「穏やかな人」の仲間に入れる日も近いのかもしれません。

2.完璧主義を捨てる

まず人のミスが気になったり、人の行動にイライラしてしまっていては、「穏やかな人」とは言えません。

確かに、仕事上完璧を求められたり、プロ意識から完璧にしないといけないプレッシャーなどがあるのかもしれません。

しかし、そんな気持ちばかりでいては、人の行動が気になり、本来の自分の仕事が上手く回せなかったり、他の人のちょっとしたミスでも許せなくなってしまってはいませんか?やはり、仕事や社会での働きは到底1人ではなし得ない事が多いのです。

まずは、あなた自身にある完璧主義な自分とは距離を置きましょう。

また、完璧主義ではなくて、全体を見渡して考えるようになれれば、少しは気持ちも楽になるのかもしれません。

ありのままを受け入れる

まずは、ありのままのあなたをあなた自身が受け止め、受け入れるようにしてみましょう。

完璧主義な自分は、本来のあなたなのでしょうか?また、完璧主義の気持ちが多いほどあなた自身を嫌いになってしまっていたり、なかなか自分を好きになれないでいてしまうのではないでしょうか?また、完璧主義なところが人と張り合ってしまう事をしてしまったり、また人を見下してしまったり、またあなた自身も背伸びをして疲れてしまっているのではないでしょうか?ありのままのあなたは、どんな人ですか?おっちょこちょいで、ドジだったりするのでしょうか。

どのような人にも必ず欠点は存在します。

まずはあなたがあなた自身を受け入れる事で、心も気持ちも解放されるのではないでしょうか。

3.人に親切にする

まずは真似事でもいいので人に親切にしてみましょう。

人に親切にする事で、相手の様子が伺えたり、あなたの知らなかった相手の面に気付ける事もあるのです。

相手が苦手だったり、イヤなタイプであったとしても、まずは親切にしてみて下さい。

もし、それで嫌な対応をされたとしても、あなたも相手と同じような行動をしていれば、あなたも相手と同じ土俵に上がる事になります。

社会に出れば嫌な人とも仕事をしなくてはならない時もたくさんあります。

しかし、そんな人とでも「穏やかな人」は上手くやっていけるのです。

それは、八方美人になれとかそういった話ではなく、人を平等に扱えるようになってこそ、ようやくあなたらしい「穏やかな人」が出来上がっていける事なのです。

まずは、周りの人に親切に接することから始めてみませんか?

心が豊かになる

周りの人に、親切にする事であなたの心は「心が豊かになる」のではないでしょうか。

少し慣れるまで、心が疲れてしまうかもしれませんが、何より人に親切にする事で、あなたの心が豊かになるのであれば、それに越した事はありません。

また、心が豊かになれば物事に関しても落ち着いて取り組むことができたり、全体を通しを見渡して行動することが出来るようになるのかもしれません。

そうなれば、以前のように完璧主義にこだわり過ぎたり、ピンポイントで狭い範囲だけを見る事しか出来ていない頃より、はるかに心に余裕がでてくる事でしょう。

心が豊かになれば、自然と人に親切に出来たり、自然と笑顔が作れるようになるかもしれません。

4.イラッとすることがあったら深呼吸

もし、人の行動などにイライラしたり、不快な思いをした時こそ 深く深呼吸してイライラを鎮めましょう。

イライラやカリカリしても、何も良い事はありません。

下手をすればあなたの評価が下がってしまう可能性もあります。

イライラを感情に任せて、相手にぶつけてしまったところで、相手を萎縮させてしまいあなたを「怖い人」や「すぐに怒る人」などと、いくらあなたが正論を言っていたとしても、相手を追い詰めてしまえば、何の意味もありません。

しかし、相手が間違っていたりちゃんと教えてあげたい事があるのであれば、イラッとしても一度深呼吸をして、心を落ち着かせてから、冷静に相手に伝わる話し方で、賢く伝えましょう。

また、どのように伝えるのかはあなた次第ですが、まずは事が起こった発端を相手から冷静に聞いてみてらそれから、あなたの意見や相手のミスや間違いを優しくアドバイスするように伝えれば、相手も受け入れやすいのかもしれません。

感情のコントロールをする

感情をコントロールできない大人は、感受性が強いのか、子どものような大人なのか・・・。

とにかく、怒り散らす大人の行動は見ていて大人気なかったり、不快に感じる人も多いのではないでしょうか。

また感情をコントロールできないと、肝心なところで緊張しすぎて失敗してしまったり、相手から注意された事で感情的になって泣いてしまったり。

また、感情をコントロールできないと好きな相手にもストレート過ぎて嫌われてしまわないよう、注意したいところです。

また、そのフラれた相手の事が納得出来ず、酷い場合はストーカー化してしまう可能性もあります。

どのような場面でも、やはりきちんと感情のコントロールが出来る事が一番でしょう。

もし、よく感情を抑えられない場面があるなら、感情をコントロール出来るように訓練が必要かもしれません。

5.余裕を持った行動をする

また、いつも出勤時間がギリギリだったり、たまに遅刻してしまったり、友達との遊びの約束ですら、遅刻してしまうのであればかなりあなたは自己中なのかもしれません。

相手は、あなたのためにそこへくるまでに、予定や計画をきちんと立てて、そこへ来ているわけですから、相手の大切な時間も奪ってしまわないよう、気を付けたいものです。

また、何度も会社に遅刻しているのであれば、社会人としての資質も問われます。

また、余裕を持った行動が出来る人にだらしのない人はいません。

また、先程も申しましたように、遅刻をしてしまうという事は相手の大切な時間も奪ってしまう事になりますので、必ず余裕を持った行動で、相手を待たせないようにする事も大切です。

余裕を持って朝起きるようにする、朝遅刻しないように夜は夜ふかしをしない。

当たり前の事ですが、出来てはいますか?また、時間ばかりの話になってしまいましたが、余裕を持って大切な企画に取り組んだり、余裕を持って営業先へ向かうなど、常に、余裕を持って行動をするようにしましょう。

詰め込みすぎないようにしよう

また、仕事も詰め込み過ぎてしまうと却って仕事の効率が落ちてしまったり、周りに迷惑をかけてしまう事に繋がります。

あらかじめ、予定が分かっている仕事であれば、早いくらいに計画や予定を立てて、大切な締め切りの日に間に合わせたいものです。

また、どうしても仕事が重なってしまい、詰め込み状態になってしまうのであれば、一人で抱え込まず周りの人にお手伝いしてもらったり、周りの人に仕事を振ったりする事も大切です。

全て自分で抱え込み過ぎて、却って周りに迷惑をかけてしまうのであれば、始めから出来る、出来ないを見分けて計画を立ててしまいましょう。

余裕のある行動が、却って周りに迷惑をかけない事にも繋がりますので、何事にも余裕を持って迎えたいものです。

6.競争心を捨てる

まずは、ライバルとの競争心など強い方は完璧主義とつながる所もあります。

それが却ってあなたの首を絞めてしまっている行動になってしまっている場合もあるのです。

まずは競争心を捨てて、誰かと自分を比べる事は辞めましょう。

あなたはあなたで、自分のペースでやっていけばいいのです。

そうする事で、自然と行動にもゆとりや余裕も出てくるのではないでしょうか。

また、競争心を煽ってもいい事は無いのです。

そこから、いいものを創り出す事はなかなか出来ないのです。

まずは、あなたが周りの人と折り合いを付けながら、上手くやって行けるといいのです。

社会では互いに協力しなくては、何も出来ないのです。

あなたもきっと誰かに迷惑をかけて生きて来ている、また他の人はあなたに迷惑をかけて生きて来ているのかもしれません。

そのように、誰かに頼って行かなければならないのです。

心にゆとりが生まれる

また、競争心を捨てる事で、心にゆとりが生まれてくる事でしょう。

心にゆとりが生まれてくれば、自然と周りの人に親切にできる事でしょう。

心に余裕やゆとりがなければ、いつまでもイライラやカリカリしていたり、また酷い場合は八つ当たりなんかもしてしまいそうですね。

またゆとりが生まれれば、あなた自身も慌てる事もなく、落ち着いて物事に対して考える事もできるでしょう。

とにかく、競争心やライバル心、また人を見下してしまっている方など、きっと、心にゆとりや余裕が足りて無いのかもしれません。

もっと、おおらかに生きていく事ができるなら、あなたの心や気持ちも穏やかで楽になる事でしょう。

7.客観的に見れるようにする

また、物事を客観的に捉える事はとても大切な事なのです。

仮に自分自身の事であっても常に客観的に捉える事ができるよう、心掛けましょう。

なぜ、客観的に見れるようにするのが大切なのかと申しますと、全体を通して物事を考える事ができたり、また客観的に捉える事で偏りのある考えを無くす目的があるのです。

自分だけの意見で押し通してしまうと、間違っていた場合、非常に危険な判断に陥る可能性があることも心配です。

常に、自分が正しいと思って来た方には、少し苦痛に感じてしまうかもしれません。

しかし、自分自身を客観的に見つめ直すことは、逆にとてもいい事なのです。

これを機に客観的に見つめ直す練習をしてみましょう。

柔軟な考え方を持つ

また、客観的に物事を見れるようになれれば、柔軟な考え方ができるようになり、素直に他の意見を聞い入れられる事にも繋がります。

やはり「穏やかな人」は、ほとんどが柔軟な考えを持つ人なのです。

また、相手を否定せず間違いは間違いで、きちんと教えてあげられる。

それこそが、相手のために思いやれる事にもなるのではないでしょうか。

柔軟な考えが出来ずして、周りを冷静に見て考える事は難しいのです。

偏った考えこそ、孤立してしまう原因だったり、相手に不快感を与えてしまったりしてしまうものなのです。

まずは、自分が普段周りの人にしている行動は、相手からどのように思われるのか、自分自身がそのような態度をされたらどのように感じるのか。

など、客観的に見つめ直して柔軟な考えが出来るよう、心掛けましょう。

8.感謝の心を忘れない

「穏やかな人」は、感謝の心を忘れないのも特徴です。

「穏やかな人」は、自分の身に起こりうる事を、いい事も悪い事も全てをひっくるめて感謝しているのかもしれません。

いい事に感謝をするのは、当たり前ですが、悪いことに感謝とはどういう事?と、疑問に感じていますか?それもそのはず、「穏やかな人」は悪い事が起きた時こそ、人の有り難みを感じて感謝が出来る人なのです。

誰しも生きていれば、いい事も悪い事も起こるものなのです。

しかし、それを「運が悪かった!」「最悪だ!」など、思いたくなる気持ちは分かりますが、その悪い事が起きてしまった時に、助けてくれた人の顔は忘れないでしょう。

「穏やかな人」は、そういった修羅場をいくつも踏んできて、人の有り難みが分かる人になっていったのかもしれません。

「ありがとう」は心の余裕

「ありがとう」と言われてイヤな思いをする人は少ないですよね。

また、小さな事にも「ありがとう」と言える人は、そんな小さな事にも気付ける優しい人なのかもしれません。

心に余裕のない人は、なかなか感謝する事も「ありがとう」を言える事も少ないのかもしれません。

そんな人は周りからは冷たく感じられる人だったり、有り難みを感じないワガママな人のように映るのかもしれません。

小さな事にも「ありがとう」と言える、心の余裕は大切です。

ありがとうという事が恥ずかしいのであれば、まずは、あなたの身近な人に「ありがとう」を言ってみましょう。

初めは照れ臭いかもしれませんが、徐々に慣れてくれば周りの人にも「ありがとう」と言いやすくなるのかもしれません。

9.イライラを減らすホルモン「セロトニン」を増やす

「セロトニン」って、言葉を聞いた事はありませんか?これは実は、「幸せホルモン」という神経伝達物質の一つで、安心感や幸福感にしてくれるもので、これらが欠けてしまうとうつ病を発症してしまったり、不安からの不眠症になったりしてしまうのです。

もちろん、不安感やイライラなどを抑制する効果もあります。

また、セロトニンの分泌は男性に比べて、女性の方が遥かに分泌しにくいようで、こういった事からも、女性が愚痴をこぼしやすくなるのも分かる部分があります。

しかし、現代はストレス社会も多いため、セロトニンの分泌や量産が追いつかず男性もうつ病や不眠症を発症してしまっているケースもよくあります。

さて、セロトニンですが、「トリプトファン」と呼ばれるアミノ酸が主原料となっているようです。

サプリメントも販売しているので、手軽に摂取する事も可能です。

また、飲酒をしているとセロトニンが分泌されにくくなりますので、出来るだけお酒は控えると効果的になります。

運動をする

また、セロトニンを分泌させるのに、必要な運動をすると、更に効果が上がります。

何かに集中したり、体を使って運動する事により、呼吸など一定の脈拍を打つ事を行うリズムにより、セロトニン神経を活性化することが分かってきています。

また、体を動かしたり、運動する事でセロトニン神経を活性化させることができていたのですが、最近ではオフィスワークや、会社内での仕事ばかりの為、運動不足を招いてしまい、結果セロトニン不足の事態に陥る可能性があるのです。

最近運動不足で、イライラや寝不足、また不安感などに襲われる事が多いのであれば、セロトニン不足だと思われます。

まずは、しっかりした食生活の元、運動不足を解消し、適度な運動によりセロトニン神経が活性化を図りましょう。

また、適度な運動で身体を疲れさせる事により、質のいい睡眠を取ることも可能ですので、運動する事はオススメです。

太陽の光を浴びる

また、セロトニンを分泌させるのに必要なのが太陽の光を浴びる事です。

朝起きて、カーテンを開けた光で目を覚ますのが、一番効果的だと言われています。

太陽光には、交感神経の活性化、また睡眠の質を上げてくれたり、セロトニンが分泌されやすくなります。

また、運動するのにコップ一杯のお水を飲んでから、朝のうちに運動するのが一番効果的だと言えるでしょう。

また、その理由としては、朝目が覚めるまでに時間がかかったり、また二度寝を防ぐ事や、朝起きてからの運動は腸内にも健康的だからです。

また、太陽の光もそれ程キツくないので、清々しい気持ちで運動する事が出来るでしょう。

また、朝の光を浴びる事で、脳が体が朝を知らせていると分泌物を流しますので、朝の運動は非常にオススメです。

大豆製品を食べる

大豆製品には、セロトニンに変わるトリプトファンが多く含まれています。

また、納豆、豆腐や豆製品、またお味噌などにも含まれている事が分かっています。

朝食を洋食から、和食に変えて、ごはん、豆腐入りの味噌汁、納豆、ひじきなんかにも含まれているマグネシウムからもトリプトファンが合成されやすいようですので、オススメです。

よく噛んで食べる事で、こちらも一定のリズムを刻む行動になりますので、セロトニン神経を活性化させる事に繋がります。

そうする事で、更に体にもセロトニンにも良い効果が得られるのではないのでしょうか。

カツオを食べる

また、マグロやカツオにもこちらのトリプトファンが多く含まれています。

また、マグロやカツオにナイアシンという成分が含まれており、マグネシウムと同様にトリプトファンと合成される食品です。

また、トリプトファンは、体内で生成される事はありませんので、毎日の食事から摂取するようにしましょう。

また、乳製品などにもトリプトファンが多く含まれる事が分かっています。

それらを意識しながら、出来るだけ多くの食品を摂取出来るように、心掛けるといいですね。

最後に

いかがでしたか?あなたは、「穏やかな人」になれそうでしょうか。

また、穏やかな人の真似からでも始めてみる事は大切です。

一番ダメなのは、特に何もしない事。

まずは、あなたが始められそうな事から積極的に始めてみましょう。

また、運動不足や食生活の見直し、また太陽光を浴びる事は、心を落ち着かせたり、安定させたりするのにも大変重要な行動です。

気が向いた時、気になった時にだけやってみるのではなく、毎日少しずつでも構わないので、行動してみる事が大切なのです。

それをやるのとやらないのでは、大きな差がでてきますので、継続していく事は、大変なのです。

いつも、穏やかでいたいと願う心には、いつも不安や寝不足、または心が風邪気味でうつ病の一歩手前なのかもしれません。

無理をする事なく、毎日コツコツセロトニンを増やしていきましょう。

穏やかになると周囲に安心感を与える

また、「穏やかな人」になる事で、周りの人達に安心感や癒しを与えるため、あなたを頼りにしてくる人も増えるのではないでしょうか。

また、「穏やかな人」は心も身体も健康な人が多いのです。

常に、あらゆる物事に対して客観的に物事を見れるだけではなく、落ち着いた冷静な判断が出来るのも特徴です。

まずは、あなたが周りの人達や仕事仲間と上手くやっていきたいなどと考えているのであれば、社内全体を見渡せるくらいの大きなスケールが必要です。

まずは、小さな事から一つずつコツコツと「穏やかな人」になれる練習から始めていきましょう。

途中で投げ出したり、挫折する事なく、無理せず進めていく事が大切です。

初めはぎこちなくとも、それが普通に行動できるまでやり込めば、直ぐにでもあなたは「穏やかな人」の仲間入りを果たす事が出来るはずです。

まずは、後ろ向きな気持ちは捨てて、前向きにいきましょう。