CoCoSiA(ココシア)

「指針」とはどういう意味?人生の指針の11個の作り方


「指針」とは、自分の「人生の歩む方向を指し示す」という意味があります。

ですから、「人生の指針」という表現が使われることが多々あります。

「人生の指針」は、人生をステージアップさせるキーワードです。

将来に向けた人生を歩むための「拠り所」となるのが「指針」です。

また、人生に限らず、物事を将来に向けて進めていく際の「拠り所」となるのが「指針」です。

自分の人生を真剣に考えている人にとって、「どこを目指して生きていくべきか」という迷いがあるとき、人生の「指針」が「羅針盤」の役目を果たしてくれます。

一方、自分の人生について考えることもなく、惰性に任せる無気力な日々を送っている人にとっては、「指針」を作ることとは無縁の生活になります。

将来に向けた人生を歩み続けるための目指す方向として、「指針」は必ず必要といえます。

長い航海を進む船が目的地に辿り着くためには、「羅針盤」が必要です。

航海を進む船と同様に、将来に向けた人生を歩み続けるためには、人生の羅針盤である「指針」が必要なのです。

「指針」は、他の人から与えられるケースがあります。

また一方、自分自身で将来に向けた人生の「指針」を築いていくケースもあります。

「指針」あなたにはありますか?

「指針」は、自分の将来に向けた人生について真摯に考えている人にとって作り出すことが出来ます。

しかし一方、将来に向けた人生を考えることのない人は、「指針」を作ろうとはしません。

日々、惰性に流される生活を送っている人にとっては、「指針」とは無縁になります。

「指針」は、将来に向けて前向きな生活を心掛けている人にとっては、道標となります。

「指針」を作り出すためには、他の優れた人の人生を参考にする方法と、自ら作り上げていく方法があります。

他の人の生き方を参考にして「指針」を作る際には、自分の生き方にピッタリと当てはまるなら効果が期待できます。

しかし、自分の生き方と合わない部分がある「指針」では、効果が出ません。

自分が目指す人生の方向と「指針」が示す方向とがピッタリと合うと、大きな効果が期待できます。

「指針」とピッタリと合うことで、自分の人生が目指す方向に好転していきます。

「あなたには、「指針」がありますか?」と問われたとき、あなたにとっての「指針」が無いならば、人生が良い方向に展開していくことは難しいです。

ですから、将来に向けた人生をより良くしていくために、「指針」を作ることが必要です。

あなたは、他から「指針」を与えられることを望みますか。

または、自ら「指針」を作りますか。

自分の目指す人生の方向に合う「指針」を自ら作りましょう。

自分の人生にとって、最適な「指針」を作るよう心掛けましょう。

日常生活の中で、「指針」を作ることを抱くことを心掛けることで、将来に向けた人生の目指す方向がハッキリと観えてきます。

人生をより良くするための「指針」

日常生活の中で、誰もが自分の人生をより良くしたいと考えています。

人生をより良くしていくためには、家族や周りの人との人間関係や健康面、経済的な面などが望ましい方向になることで、人生がより良くなっていくと実感できます。

人生をより良くするための「指針」を抱くには、幾つかの方法があります。

1つは、世間に出回っている書物やwebサイトなどに掲載されている、“人生の指針”を参考にする方法があります。

もう1つは、自分自身の人生観を基にしながら、自ら「指針」を作っていく方法です。

自分に合った方法で、人生の“羅針盤”となる「指針」を作ることで、目指す方向が分かり易くなります。

しかし、「指針」がなければ、人生の目指す方向が定まらずに、目標のない生活を送ることになります。

そもそも「指針」とは


「指針」は、航海する船に例えると「羅針盤」と言えます。

「指針」は人生の目指す方向を指し示してくれるものです。

将来に向けた人生をより良くしようと生活している人にとっては、目指す方向を指し示してくれるのが「指針」です。

しかし一方、惰性に流されて目的の無い生活を送っている人にとっては、「指針」を意識することはありません。

そもそも「指針」とは、目標を抱いて日々の生活を送っている人にとって、より良い将来に向けた道筋となるのです。

人生は、人それぞれに“十人十色”ですから、道筋となる「指針」も“十人十色”になっていきます。

また、一日一日の積み重ねが人生となって、将来の生活が築かれていくのです。

人生を築いていく過程で、「指針」があることで、目指す方向が分かり易くなります。

もし、「指針」が無ければ、人生の目指す方向が定まらずに、目標の無い惰性に流された生活に陥ってしまいます。

「指針」は、将来に向けた人生をステージアップさせる、“道標”になっていきます。

人生の目標を抱いて日々の生活を送っている人にとっては、「指針」は効果的な“道標”となります。