「指針」とは、自分の「人生の歩む方向を指し示す」という意味があります。

ですから、「人生の指針」という表現が使われることが多々あります。

「人生の指針」は、人生をステージアップさせるキーワードです。

将来に向けた人生を歩むための「拠り所」となるのが「指針」です。

また、人生に限らず、物事を将来に向けて進めていく際の「拠り所」となるのが「指針」です。

自分の人生を真剣に考えている人にとって、「どこを目指して生きていくべきか」という迷いがあるとき、人生の「指針」が「羅針盤」の役目を果たしてくれます。

一方、自分の人生について考えることもなく、惰性に任せる無気力な日々を送っている人にとっては、「指針」を作ることとは無縁の生活になります。

将来に向けた人生を歩み続けるための目指す方向として、「指針」は必ず必要といえます。

長い航海を進む船が目的地に辿り着くためには、「羅針盤」が必要です。

航海を進む船と同様に、将来に向けた人生を歩み続けるためには、人生の羅針盤である「指針」が必要なのです。

「指針」は、他の人から与えられるケースがあります。

また一方、自分自身で将来に向けた人生の「指針」を築いていくケースもあります。

「指針」あなたにはありますか?

「指針」は、自分の将来に向けた人生について真摯に考えている人にとって作り出すことが出来ます。

しかし一方、将来に向けた人生を考えることのない人は、「指針」を作ろうとはしません。

日々、惰性に流される生活を送っている人にとっては、「指針」とは無縁になります。

「指針」は、将来に向けて前向きな生活を心掛けている人にとっては、道標となります。

「指針」を作り出すためには、他の優れた人の人生を参考にする方法と、自ら作り上げていく方法があります。

他の人の生き方を参考にして「指針」を作る際には、自分の生き方にピッタリと当てはまるなら効果が期待できます。

しかし、自分の生き方と合わない部分がある「指針」では、効果が出ません。

自分が目指す人生の方向と「指針」が示す方向とがピッタリと合うと、大きな効果が期待できます。

「指針」とピッタリと合うことで、自分の人生が目指す方向に好転していきます。

「あなたには、「指針」がありますか?」と問われたとき、あなたにとっての「指針」が無いならば、人生が良い方向に展開していくことは難しいです。

ですから、将来に向けた人生をより良くしていくために、「指針」を作ることが必要です。

あなたは、他から「指針」を与えられることを望みますか。

または、自ら「指針」を作りますか。

自分の目指す人生の方向に合う「指針」を自ら作りましょう。

自分の人生にとって、最適な「指針」を作るよう心掛けましょう。

日常生活の中で、「指針」を作ることを抱くことを心掛けることで、将来に向けた人生の目指す方向がハッキリと観えてきます。

人生をより良くするための「指針」

日常生活の中で、誰もが自分の人生をより良くしたいと考えています。

人生をより良くしていくためには、家族や周りの人との人間関係や健康面、経済的な面などが望ましい方向になることで、人生がより良くなっていくと実感できます。

人生をより良くするための「指針」を抱くには、幾つかの方法があります。

1つは、世間に出回っている書物やwebサイトなどに掲載されている、“人生の指針”を参考にする方法があります。

もう1つは、自分自身の人生観を基にしながら、自ら「指針」を作っていく方法です。

自分に合った方法で、人生の“羅針盤”となる「指針」を作ることで、目指す方向が分かり易くなります。

しかし、「指針」がなければ、人生の目指す方向が定まらずに、目標のない生活を送ることになります。

そもそも「指針」とは


「指針」は、航海する船に例えると「羅針盤」と言えます。

「指針」は人生の目指す方向を指し示してくれるものです。

将来に向けた人生をより良くしようと生活している人にとっては、目指す方向を指し示してくれるのが「指針」です。

しかし一方、惰性に流されて目的の無い生活を送っている人にとっては、「指針」を意識することはありません。

そもそも「指針」とは、目標を抱いて日々の生活を送っている人にとって、より良い将来に向けた道筋となるのです。

人生は、人それぞれに“十人十色”ですから、道筋となる「指針」も“十人十色”になっていきます。

また、一日一日の積み重ねが人生となって、将来の生活が築かれていくのです。

人生を築いていく過程で、「指針」があることで、目指す方向が分かり易くなります。

もし、「指針」が無ければ、人生の目指す方向が定まらずに、目標の無い惰性に流された生活に陥ってしまいます。

「指針」は、将来に向けた人生をステージアップさせる、“道標”になっていきます。

人生の目標を抱いて日々の生活を送っている人にとっては、「指針」は効果的な“道標”となります。

「指針」の読み方

「指針」とは、「指し示す」と読み替えることができます。

「指針」は、人生の進む方向を指し示してくれます。

人生に目標を抱いて日々の生活を送っていると、自分にとって最適な「指針」に気付かされることがあります。

自分に最適な「指針」の存在に気付くことで、人生の歩む方向が観えてきます。

人生を歩む中で迷いが生じ、回り道や逆戻りをすることがあります。

しかし、「指針」が指し示す方向に気付くことで回り道の少ない、最適な道筋が目の前に広がってきます。

「指針」の存在に気付くことの出来る人は、人生の目標をシッカリと抱いている人です。

人生に目標を持たずに無気力な日々を繰り返していては、「指針」の存在に気付くことは難しいでしょう。

「指針」は、自分の将来に向けた人生を真摯に考えている人にとって、大切な“道標”となります。

「指針」の意味

「指針」は色々な場面で使われるコトバです。

「指針」には“指し示す”という意味があります。

物事の進む先を示すものが、「指針」です。

また、人生に関わる表現で、「指針」というコトバが多く使われます。

人生を歩んでいく中で色々な考えが湧いてきて、迷いが生じると、目指す目標や方向が分からなくなります。

こうして、人生の“迷路”に入り込むと、簡単には抜け出せなくなるものです。

将来に向けた人生の歩む方向を見失ったとき、“迷路”から抜け出すキッカケを与えてくれるのが「指針」です。

「指針」は、日々経験する物事を通して、自分にとって最適な方向を指し示してくれます。

時計などの計器類についた針


「指針」には、“針”が指し示すという意味があります。

生活の中での色々な場面で、指し示してくれるものが「指針」です。

日常生活で身近に存在する時計などの計器類についた針が指し示すものが「指針」になります。

時計などの計器類の針が指し示す数値を見ることで、我々の生活の中で行動開始するタイミングなどの判断材料の1つとして役立っています。

向かうべき方向を示すもの

「指針」には、“向かう方向を指し示す”という意味があります。

“向かう方向”というコトバは、色々な場面で使われます。

人生の目標を指し示す場面でも、“向かう方向”というコトバが多く使われます。

将来の人生が向かうべき方向を示すものとして、「指針」が使われることが多々あります。

人生は、人それぞれの持つ人生観や価値観により、向かうべき方向は様々です。

自分が目標とする人生の向かうべき方向が幾つかある中で、「指針」は最適な方向を指し示してくれます。

人生を歩む過程で考えが定まらず、向かうべき方向が色々ある中で、自分の目標とベクトルが一致する方向が、「指針」となっていくのです。

「指針」とは、将来の人生を発展させていくために、向かうべき方向を指し示してくれる“人生の羅針盤”です。

物事を進める上で参考になるもの

物事を進めるときには、必ず目標を立てて取り組んでいきます。

目指す目標が定まらないときは、どの方向に進んで良いのか迷うことがあります。

目指す方向が定まらないまま歩み続けると、目標とは全く違った方向に歩み続けることがあります。

目指す目標が定まらない時には、歩む方向を指し示してくれる“道標”が必要となります。

歩む方向に迷いが生じた時に“道標”があることで、物事を進める上で参考になります。

“道標”は、目指す目標に向かって効果的に進めることが出来るような「指針」となっていきます。

「指針」の言い換え

「指針」というコトバは、時と場合によって、色々な使い分けや言い換えがあります。

「指針」には、「指し示す」という言い換えがあります。

指し示す対象には、人生や物事など様々です。

「指針」を言い換えるコトバには、方針や指標、指数などがあります。

目標

目指すモノがハッキリ決まっている時には、「指針」を「目標」と言い換えることがあります。

「指針」には、目指す方向を指し示すという意味があります。

目指す方向の先には、目標があります。

目指す目標が定まっていなければ、自分の将来に向けた人生を発展させていく目標を描かなければなりません。

目標を描くことで、目指す方向を指し示す「指針」を作り出すことが出来ます。

目指す目標が定まることで、日々の生活に意欲が湧いてきます。

意欲が湧いてくることで、生活の中で充実感を味わう機会が増えてきます。

目標を定めることで、充実した生活を送ることが出来るようになるのです。

目標は、将来に向けた人生をステージアップさせるための“原動力”になっていきます。

基準

物事には使う目的に合わせた色々な尺度があります。

色々な尺度がある中で、基本となる尺度を表すとき、「基準」という表現を使います。

物事の出来具合を判断するときには、基準となる数値との差を観て判断します。

基準の数値に近ければ近い程、物事を達成したと判断できます。

しかし一方、基準の数値から離れていくに伴い、「達成とは程遠い」と判断します。

人生の「基準」を具体化していくと、「指針」になります。

「指針」を目指して人生を歩み続けることで、達成に近づいていくことになります。

方針

「指針」よりも広い範囲を含めて表現したいときには、「方針」と言い換えることがあります。

例えば、“経営方針”という言い方がよく使われます。

経営方針は、会社全体にとっての目指す方向を示しています。

「方針」とは、適用範囲が会社内の色々な部署を包含するため、広い範囲が対象となります。

一方、「指針」は、一定の目標を見定めて、“的を絞った”ときに使われる表現です。

しかし、「方針」とは、対象範囲の“的を絞れない”ときに使われる表現と言えます。

指標

指標には、“物事の見当をつけるための目印”という意味があります。

「指標」とは、目安、目印となるモノを指します。

一方、「指針」は、具体的な方向を示すときに使われます。

「指標」は、目標とする方向を見定めることが難しいときに、方向性の見当をつけるための判断材料となります。

例えば、目標とする数値を決めることが難しいとき、指標値を判断材料にしながら、目標値に近づけていく方法があります。

目標とする数字を、どの程度にすると良いのか、判断材料として指標が使われます。

「指針」は方向を示し、「指標」は方向性の目安を示します。

ですから、「指標」よりも「指針」の方が、より具体的になります。

指数

「指数」とは、基準値と比べたときの違いや増減の程度を表すときに使われます。

「指数」が使われる例では、“物価指数”があります。

物価指数は、平均的な基準値となる商品の価格と比べて高いのか、安いのかを数値で表す際に使われます。

「指数」を使う場面では、予め基準となる値や平均値を設ける必要があります。

「指数」は予め計算された基準値との差異を表すときに使われます。

一方、「指針」は目指す目標に向かって、進むべき方向を示すときに使われます。

心得

「心得」は、社会の中で生活していくために身に付けておくべきマナーや、知っておくべき心構えを指しています。

「心得」は社会生活を営む上で欠かせない、“心掛けるべきこと”を意味します。

特に、職場やプライベートの人間関係をスムーズに保つための心得は大切です。

「心得」は、社会の中で生活していくために、常に心掛けていなければならないルールを指しています。

「心得」を身に付けていなければ、人間関係をスムーズに乗り越えることができません。

また、「心得」を身に付けていないことで、常識知らずとして、周りから距離を置かれることになります。

常識知らずという印象を与えてしまうと、人間関係を保つことが難しくなります。

「心得」は、日常生活の中で常に心掛けるべきこと、知っておくべき物事を指します。

モットー

「モットー」とは、イタリア語の“motto(言葉)”が元になっています。

日本では、「モットー」とは、自分にとって最も大切に考えて、常に心掛けていることを指します。

例えば、“私のモットーは、友人を大切にすること”という言い方で、モットーが使われます。

「モットー」は自分が常日頃から心掛けている“目標”とも言えます。

「モットー」は、自分で決めて、自ら掲げた目指す目標を指しています。

スローガン

「スローガン」には、考えを表現するための主義、主張という意味があります。

自分が常に抱いている大切な考えを他の人に知ってもらいたいとき、「スローガン」として表現します。

また、大切な考えをアピールする際に、「スローガン」として訴えることがあります。

「スローガン」は、表現方法の1つです。

多くの人に、考えを知ってもらいたいとき、「スローガン」という手段を使います。

「スローガン」は、“考え方の指針”を表現するときに使われます。