CoCoSiA(ココシア)

自給自足は本当に可能?自給自足生活を本気で始めるための24個の方法


満員電車に揺られて出社。

同じルーティンワークをこなし、家に帰ってきて、夕飯を食べて寝る。

そんな毎日を過ごしていると、変わり映えのない、自由の利かない毎日に嫌気がさしてくるという人も多いのではないでしょうか。

自分の思うように生きたいものの、勇気がでなかったり、仕事に追われる日々で自分のやりたいことを疎かにしてしまったり。

自分の思うままに生きている人達というのは、意外と少ないものです。

誰しもが、社会の歯車に上手く組み込まれて、身動きができなくなっています。

しかし、世の中には早めにリタイアをし、自給自足をしながらのんびり暮らしている人達もたくさんいます。

多くの稼ぎがなくても、自分達が食べる分の食材を育て、思うがままの日々を過ごす。

生活が趣味のように生きている人達もいるのが事実です。

今回のテーマは「自給自足」についてです。

自由きままな、ストレスのない生活を送るためには、何が必要なのか、どんな心構えをしておくべきなのか。

誰しもが一度は憧れる「自給自足」の生活について、詳しくお伝えしていきたいと思います!

この記事の目次

あなたも自給自足に挑戦してみる?

自給自足と聞くと、どんな生活を思い浮かべるでしょうか?自然に囲まれて、思うがままに生きる生活。

みずみずしい野菜、新鮮な肉や魚、その土地でしか採れない食材。

その食材を使った料理を毎日楽しみ、ストレスを感じることもなく、やりたいことをしながら生きる。

自給自足は、自由な時間が広がっていると想像する人も多いのではないでしょうか。

食材はスーパーで買うのが当たり前、1日のほとんどは会社に拘束されるのが当たり前、家のローンのために働き続け、自分の時間はほとんどない。

そんな不自由な生活をしていると、全てをリセットして、自由な空間に行きたいと感じてしまうものです。

自給自足と聞くと、自分にできるのだろうかという不安を抱いてしまうもの。

スーパーで食材を買うのが当たり前の生活になっていると、お金を使って食材を手に入れるという手段が当たり前となります。

結果、自給自足に興味があっても、何もかもを捨てて、新しい生活を送るという決断ができないという人は多いでしょう。

自給自足をYouTubeで配信している人も!

昨今では、ネット社会となっており、どこでもネット配信ができる時代となってきました。

そのため、YouTubeで自給自足の日々を配信している人も出てきています。

配信して得たお金で、日々の食材を育てる資金とする。

畑で野菜を育てたり、家畜を飼ったりして、毎日生活する分の食材には困らないように、生活を整えていく。

そんな生活スタイルを、世の中に配信している人は増えてきており、自給自足に憧れている人にとっては、参考になる情報が増えてきています。

自給自足を本気で始めるための方法24個


自給自足に憧れていても、何から手をつけていいか分からないという人は多いでしょう。

自給自足を始めるためには、今までの生活を一度リセットする必要があります。

家族がいる人、特に子どもがまだ小さい場合は、子どもが不自由なく過ごせるくらいのお金を蓄えておく必要があります。

また家族の理解を得られなければ、自給自足も始めることができません。

自給自足を本気で始めるためには、日々の生活が苦しくならないように備えておく必要があるということです。

自給自足を始めるということは、収入は確実に減ります。

だからこそ、収入と支出のバランスをきちんと考え、無理なく生活が送れようにシミュレーションをしておくこと。

収入は減ったとしても、家賃や食事にかかる費用、交通費、交際費等も同時に減っていくでしょうから、そのバランスをうまく見極める必要があるのです。

では、自給自足を本気で始めるための方法、準備しておくべきことや、心構え等を具体的にお伝えしておきましょう。

この内容をきちんと網羅しておけば、自給自足も必ず成功するはずです。

1.自給自足のレベルを決める

自給自足を始めるには、自給自足のレベルを決めておくことが大切です。

自分がどこまでできるかをきちんと見定めておかないと、失敗をしてしまいます。

自分で育てるもの、やること、お金で買うもの、プロに頼むことをきちんと分類しておくことで、生活スタイルが見えてくるでしょう。

自給自足を始める段階では、未経験なことが山ほどあります。

自給自足というのは自分1人で全てをこなすということではありません。

他人の知恵を拝借し、助けてもらいながら、自給自足のレベルを高めていくのです。

最初から欲張らないこと、自分はできると過信しないことが大切です。

自分にできる自給自足のレベルをきちんと見定め、失敗しないように、イメージトレーニングをしておくことが肝心です。

2.自給自足に向いている環境を選ぶ

自給自足に向いている環境を選ぶことも大切です。