あなたの周りにいる、仕事が出来る人はどんな人ですか?いつもテキパキと、要領のいい人でしょうか?

それとも、いつも周りに気配りの出来る人ですか?

または、いつも残業せずに仕事を終わらせて、帰る人でしょうか?
今回は、そんな「仕事が出来る人」にフォーカスを当て、仕事が出来る人の「心がけている習慣」について、25個の特徴をピックアップしていきます。

あなたが、仕事の出来る人を目指すなら、ぜひ読んで頂きたい内容です。

仕事が出来る人は、更に参考に・・・。

また、仕事が出来ないと感じている人は、心がけ一つで仕事が出来る人間に。

さあ、今日からでも始められる25個の習慣を、始めてみてはいかがでしょう。

仕事ができる人、できない人何が違うの?

「仕事の出来る人」と「仕事の出来ない人」の違いって一体何でしょう?まず、「当たり前の事が出来ている」ここがポイントになってきます。

「当たり前の事?」と、思うかもしれませんが「社会人として、きちんとやるべき事が出来ているのか」と言う事です。

例えば、遅刻をしない。

挨拶をする。

服装や髪型に清潔感がある。

ゴミをそこら辺に捨てない。

身の周りの整理整頓ができる。

書類は期限までに提出出来る。

などなど、あげ出したらキリがありません。

しかし、上記の事に一つでも該当してない場合、もう一度社会人として姿勢を見直す必要があります。

更に言えば、仕事の出来る人は私生活もきちんと出来ている方が多いようで、睡眠や食生活、運動などにも気を使っている人がほとんどです。

仕事ができる人の習慣25個

さて、こちらからは具体的に仕事の出来る人が行なっている習慣について詳しく調べていきたいと思います。

仕事の出来る人は、既に意識してなくても、自然とやるべき事が出来ているので、「こんな事は、当たり前」と思うかもしれません。

また逆に「へー!そうすればいいんだ」と、関心するのであればまだまたまこれから十分に仕事が出来る人になれるでしょう。

しかし「こんなの、やってらんない!」なんて、感じたり思うのであれば、あなたはまだまだ仕事が出来る人には、程遠いのかもしれません。

今日からでも始められる内容は、今日からでも始めてみましょう。

やるべきことを明確にする

まずは、何事にも計画が必要です。

しっかりと今の自分のやるべき事にフォーカスを当ててみましょう。

頭の中で、整理ができない場合は紙にリスト形式で書き出し、まずはやる事を思い出し、出来れば順番を付けていくと更に仕事の効率が上がるでしょう。

仕事が出来ない人は、やるべき事が理解出来ていないのに、始めてしまい後々失敗してしまうケースです。

やるべき事が明確に出来れば、やり残した仕事や忘れていた案件などは残りません。

必ず、やるべき事を明確にしておく事から始めましょう。

それは、何を始めるにも大切な作業です。

どの職場にもおおよその年間計画はあると思います。

もし、無ければ自分で作成してもいいかもしれませんね。

早く正確に

仕事が出来る人の特徴として、スピードが試される事があります。

やはり、仕事が遅い人は一つ一つの行動も遅くなりやすいので、なかなか周りと足並みを揃えられなかったり、一人よく残業をしていたり・・・。

なんて事もしているのかもしれません。

しかし、仕事が出来る人はいつでも仕事を前倒しして行なっているので、スピードとしては、早い人が多いのではないでしょうか。

また、早く出来ていてもミスが目立つようなら、仕事を雑にこなしているように見えてしまいます。

必ずチェックを怠らず、正確に仕事が出来るように心がけておきましょう。

「早く」「正確に」は社会人、仕事が出来る人には基本中の基本になります。

まずは、スピードと正確さから始めてみましょう。

効率重視

早くて正確に仕事をこなせるようになってきたら、「効率」を考えるようになってきます。

仕事が出来る人は、常に「どうすれば、効率よく仕事が出来るだろう。

」と無意識のうちに考えています。

なので、自然と仕事を早く終えることが出来るのではないでしょうか。

また、どんどん仕事が増えてきても同じです。

更にスピードアップと、正確さは忘れずに効率のいい方法を教え出します。

このように、仕事が出来る人は仕事の出来るスパイラルに自ら入っていける人なのです。

様々な経験を得て、仕事のやり方や効率アップの方法を編み出してきています。

まずは、先輩や上司で効率が良い人の真似をしてみてください。

始めはぎこちなくとも、そのうち、自分のペースになってくるのであれば、あなたは、仕事の出来る人に一歩近づく事が出来ています。

熟考する

計画や案件など、細かなところまで考えられている。

また、人選や配置など周りの人の事まで考えられていたり、一つの計画や案件にしても無駄がない事が多いのです。

つまり仕事の出来る人は、細部にまで渡りキメ細やかな考えが出来る人でもあります。

慣れてくれば、瞬時にパッと考えをまとめたり、アイデアなど閃いたりするので、それなりの経験は必要なのかもしれません。

また、未経験や経験が浅いのであれば先輩に食い入るようにして学び取ろうとして下さい。

そうする事で、あなたの仕事への情熱がいつかは実を結ぶ日が来る事になります。

そんな姿を周りの人も、しっかりと見ている事でしょう。

決定は早めに

決断を早く迫られると、「後に後悔したら、どうしよう。

」などの不安がありますよね。

しかし、仕事が出来る人は決断が早いのです。

もちろん、後先の事も考えて最善を尽くします。

ダメならダメな時に、また考えたらいいのです。

仕事は失敗するから、次に繋がるのです。

失敗せずに仕事や決断は成功しないのです。

まずは、その時の最善を尽くして決断や決定をして下さい。

先のことばかりを気にし過ぎて、仕事が出来なかったり、苦しくなったりしてしまうのは、当たり前なのです。

今ある事、目の前の仕事に集中する事が大切なのです。

先を見据える事はとても大事なのですが、先を考え過ぎて不安になるのは現状の仕事が出来ていないから。

不安になるのであれば、先輩や上司に相談していくのも一つの方法です。

しかし、いつかは自ら早めの決定ができるように訓練していく必要があるのです。

整理整頓

仕事の出来る人の周りは、必ず綺麗にしている人が多いのです。

身なりや靴のお手入れ、また自分のデスク周りなど、あらゆる所の整理整頓やゴミやホコリなどにもよく気がつく人なのです。

その細かな心があるため、仕事にも機転が利いたり、よく物事を把握できていたりするのです。

「たかが掃除」と、思うところもありますが、「されど掃除」。

整理整頓や掃除をできてやっと一人前に仕事が出来るようになるのです。

整理整頓が出来ているということは、頭の中も整理整頓が出来ている、計画や効率を考える時も整理整頓し、仕事の優先順位などを瞬時に把握して、頭の中を整理整頓していけるのです。

要は、仕事が出来る人の身の周りは、きちんと整理整頓が出来ていて、仕事の内容もきちんと整理整頓できているという事なのです。

デスクトップ周り

見た目にもわかる、デスクトップは様々な人の目に触れるので、当然の如く綺麗にされている事でしょう。

また、隣の人のデスクが汚すぎて書類や紙がなだれ込むこともあるかもしれません。

私生活があまりきちんとできていない、人間関係や時間にルーズ、お金や異性にだらしない・・・。

などの事が、出来ていない可能性があります。

しかし整理整頓ができていれば、人間関係や時間にルーズになったり、またお金や異性にだらしがないなどの問題もそもそも起こらないでしょう。

万が一、起こったとしても問題が停滞したりする事も少ないと考えられます。

このように、きちんと整理整頓ができていれば、様々な場面でも整理整頓する癖がきちんと出来て行きますので、問題解決には時間がかからないでしょう。

引き出しの中

引き出しの中は、更に整理整頓されていれば言う事はありません。

デスクトップばかり、いつも綺麗に整理整頓されているだけではいい整理整頓とは言えないのです。

デスクトップは、あなたの顔、また引き出しの中はあなたの心の中を表しているのかもしれません。

デスクトップが汚くて、引き出しの中が綺麗なのも問題ですが、ある程度見えない所だと気を抜く人も多いかもしれません。

しかし、その「見えてない所」が大切なのです。

人の目があるところばかり気を使い、人の見ていないところでは何もしない。

確かに、息抜きは必要ですが、やはり信頼出来る人は、裏でこそ人の為に動ける「陰徳積善」のような人ではないでしょうか。

ついつい私達は、デスクトップばかりに気や目が行きがちですが、引き出しの中こそ重要書類が入っていたり、大切なのもを入れていたりするものです。

その事からも、やはり重要なのは引き出しの中なのかもしれません。

書類

書類も、重要な書類から大切な書類、またすでに必要無い書類まで、放ったらかしてしまうと直ぐに溜まったり、散乱してしまったりしがちです。

どれだけ時間がかかろうが、急いでいようが、その日のうちに書類は整理整頓する事をオススメします。

「また、明日でいいや」が重なってしまうと、ついには「デスクトップは散乱し、引き出しも何が入っているのかよく分からない」なんて事になりかねません。

そうならない為にも重要な書類はきちんと保管場所へ、また必要な書類や大切な書類は、自分のデスクやまたは保管場所へ、また必要の無くなった書類や要らない書類は全てシュレッダーやゴミ箱など、決められた処理方法で、処理をしておきましょう。

書類は、必ずその日のうちに整理整頓をしておくことをオススメします。

PCフォルダ

デスクだけの話に関わらず、必ず整理整頓しておきたい場所がPCフォルダです。

書類と同様に、重要なデータから大切なデータ、また必要無くなったデータなど、要らないデータは、どんどんと「ゴミ箱」へ。

また、ゴミ箱は空にせず、万が一に備えて貯めておくといいかもしれません。

半年くらい経って、本当に必要無いと感じたらゴミ箱を空にしてもいいでしょう。

またPCフォルダも、放ったらかしてしまうとデータが何処にあるのか、何処に保管されたのか分からなくなってしまう場合がありますので、必ず時間のある時にフォルダ分けをして、分かりやすいタイトルをつけておきましょう。

分けのわからないタイトルをつけてしまい、後々膨大なデータから、重要データを見つけるのに苦労するのであれば、時間の無駄です。

日ごろから、PCフォルダも整理整頓してきましょう。

メールは即返信

仕事が出来る人は、メールや連絡もこまめにしています。

それだけ、仕事に真面目なのでしょう。

メールの連絡が遅れてしまい、後々いい案件を逃してしまった!なんて、事にもならないように、ちゃんとメールは確認し、確認したら忘れない間に返信をしてしまいましょう。

「あっ!メールの返信忘れてた!」なんて、言っていれば、チャンスの神様は通り過ぎてばかりになります。

チャンスの神様は前髪しかありません。

もう後に戻ろうと髪の毛を引っ張りたくても引っ張れないのです。

日頃から、チャンスを受け入れる準備と、チャンスを掴むあなたの心が大切です。

日ごろから、チャンスが掴めるように連絡はこまめに、また即答を心がけるようにしておきましょう。

期限を決める

ダラダラと仕事をしないために、まずはキッチリといつまでに仕事を終わらせるのか、期限を決めておきましょう。

そうする事で、仕事の効率を上げる事に繋がり、またスピーディーに仕事を終わらせる事が出来るようになるのです。

まずは、いつまでに何の仕事を終わらせるのか、時間のかかる案件や仕事内容から順に期限を決めておきましょう。

そうする事で、仕事の目処がついたり、仕事に対する不安も少しは無くなる事でしょう。

仕事が出来ない人は、いつまでもダラダラとお喋りしていたり、ダラダラと仕事をしてしまい、挙げ句の果てには残業までしているのです。

残業ばかり多いのでは、一人暮らしなら問題ありませんが、家庭を持つようになれば、なかなかそのようにも行きません。

何事にも、期限は必要です。

ホウレンソウをしっかりする

社会人として当たり前の事ですが、「ホウレンソウ」は必ず行うようにしましょう。

皆さん、ご存知の通り「ホウレンソウ」=「報告」「連絡」「相談」のそれぞれの頭文字を取り、「ホウレンソウ」ですが、どれか一つでも抜けてしまうと仕事が上手く回らなかったり、連絡ミスがあったり、重要な事を知らされていなかったり、などの大変な事にもなりかねません。

そのような事からも、ホウレンソウは当たり前の行動なのです。

仕事が出来る人は、「ホウレンソウ」は当たり前に出来ているのです。

そのため、上司や部下、または同僚に至るまでコミュニケーション能力、仕事を上手く回せる重要なポイントにもなってきます。

では、具体的にどのような事をしていけばいいのか、見ていきましょう。

報告

報告は、上司に仕事の過程や課題、結果などを報告するだけです。

「え?当たり前じゃないか。」

なんて、思いがちですが、忙し過ぎてなかなか報告したいのに繋がらなかったり、またミスがあり後輩に知られるのが気まずいため、報告をためらうなど、社会に出て働いていれば、時には報告をしなくてはいけないが、出来ない場合やしたくなかったりする場合もあるのです。

しかし、その報告がなかったために、仕事に関わる人が損害を受けたり、クレームなどに繋がってしまっては、却って会社に迷惑がかかるだけなのです。

しっかりと状況判断し、適切な報告を心がけるといいかもしれません。

連絡

連絡は、報告とよく似ていますが違います。

報告とは、主に上司に向けて(一方的にこちらが働きかけること)仕事での過程や課題、結果を伝える事を言いますが、連絡とは様々な打ち合わせや飲み会、伝達して欲しい事など(双方でするやり取りなど)を上司や部下や同僚など、関係なく取り合う事などを言います。

連絡を取り損ねてしまうと、「自分だけ知らなかった」「伝える事を忘れてしまったために、皆んなに迷惑をかけてしまった」などが挙げられます。

連絡は、仕事で関わる人全てに何らかのカタチで伝える事が必要になってきます。

連絡や報告を怠らないよう、人とのコミュニケーションツールの一つにもなりますので、きちんと伝える事をして行きましょう。

相談

「特に仕事での相談が無ければしなくていいんじゃないの?」なんて、思いがちになりますが、それでは周りと上手く仕事はやっていけません。

まず無理に相談する必要はありませんが、確認するための相談は必要かもしれません。

つまり、どういう事かと申しますと「〇〇の案件って、結果がこうなりそうなんだけど、△△でいいよね?」など、同じチームで仕事に関わってくれている人に、一言でも相談があれば仲間意識を共有してくれていると感じますが、それが無けれれば「同じチームなのに、独断でやってるよ」何て事になり、あなたに関わったり助けたりされなくなるかもしれません。

社会人として働いていく以上、コミュニケーションはとてもとても大切なやり取りです。

仕事が出来る人は、コミュニケーション能力もかなり高いと言えるでしょう。

できることから取り組む

まずは、あなたに与えらている仕事から始めてみてはいかがでしょう。

あなた自身の仕事が終わらないのに、他の仕事も出来るわけがありません。

しっかりとあなたが今、しなくてはならない仕事とあなたが出来る仕事をしていくように心がけて行きましょう。

そうしていく事で、様々な仕事も任されて行くようになるのです。

まずは、コツコツと、地道に出来る事から取り組むようにして行く事で、仕事の要領や効率なども考えられるようになってくるのです。

仕事が出来る人は、いきなりビッグプロジェクトを任され、遂行出来る人なのではありません。

自分の足元にある、小さな仕事からコツコツとこなして行き、ついには大きな仕事に辿り着くのです。

後回しにしない

後回しにしてしまう人は、仕事が出来ない人に多い行動です。

確かに、今やっている大きな仕事の横槍に最優先しなくても良さそうな仕事内容であれば、後回しにしても問題は無さそうですが、大抵仕事を後回しにしてしまう人は、後に「後回しにした仕事を忘れていた!」なんて事になってしまう場合があります。

必ず、今出来る仕事は、今するようにして下さい。

後回しにしたために、仕事を忘れてしまっていては、あなた自身のミスはもちろんの事、周りの人にも迷惑をかけてしまう事にも繋がります。

後回しは、極力避けるようにする事が仕事が出来る人に繋がっていくのです。

全体像を掴む

会社全体の細かい部分を掴む事は大切ですが、会社の全体像を掴んでいないと、細かい仕事が出来ないのです。

仕事での大まかな流れを掴むようにしていれば、どの様に動けばいいのかが瞬時に分かりますので、全体像はとても大切です。

また、会社内でも同じ事が言えるのですが、大まかな担当や配属、部署など、出来ればどのような人がいて、どのような流れになっているのかなどを見据えて仕事をすると、大まかな流れなどもわかりますので、仕事をスムーズにこなせることができるのです。

全体のバランスやある程度の事柄を把握している事で、そこから細かな仕事に取り掛かることも可能になります。

しっかりと、全体を把握して仕事に取り掛かるようにしてみましょう。

何が求められているか考える

まず大きな要やポイントをきちんと理解しておきましょう。

求められているものとは何なのか、また求められた事に対してどの様にアプローチをすれば相手に答えられるのか、などをしっかり考えておく事が大切なのです。

求められている事がわからない場合、資料や手元にあるデータから似た様なケースを探し出し、手順を追いながらやっていく事も一つですが、一番の方法は、先輩や上司に相談する事です。

分からないからと独自の判断や堪に頼ったりせず、恥ずかしい思いをしても、経験者などからアドバイスを頂く事でより具体的に求められている内容を理解出来たり、また頼られた上司や先輩も協力してくれる事でしょう。

この様に、困った時は「ホウレンソウ」のように相談する事で、上手くコミュニケーションが取れるケースもあるのです。

優先すべきは何か考える

全く的外れな事をいつまで考えていても、時間の無駄です。

的を絞り、まずは何に優先するのかをしっかりと考えるようにして下さい。

そこから、その問題にアプローチしていくために、何が必要なのかを考えていく。

その手順が大切なポイントなのです。

うやむやに手当たり次第に行動をしていくのではなく、まずは優先順位を決めて把握する計画が、却って時間を効率よく使う事につながりますので、案件などを頂頂き場合、まずは相手が求めるものを把握し、優先順位を決めて行動していく。

ただ簡単に言ってはいますが、いざ仕事となるとかなり大変でもちろんイレギュラーな事も出てくるのです。

その為にも、計画や優先順位を決めておく事は大切なのかもしれません。

ほどよく息抜き

いつも、キツキツで休憩も上手く取れない状況であれば、ほどよく息抜きも必要です。

例えば、休憩時間によく喋る先輩と一緒になり、なかなか落ち着いて休憩が取れない場合もありますよね。

そんな時は、空き時間を見つけてほどよく息抜きしてみて下さい。

しかし、時間給などで働く間、お給料が発生している場合はなかなか息抜きも出来ないかもしれませんが、その場合、思考を停止するだけでも、少し疲れは減らせるのです。

息抜きだから、コーヒーやタバコなどばかりに頼る事なく、一度静止して頭の中を真っ白にし、何も考えない。

それだけでも、息抜きに近い状態になる事でしょう。

それに、タバコやコーヒーばかりも体には良くないですので、何の害もない方法を選んでみてはいかがでしょうか?

集中する

まずは、仕事にしっかりと集中できる環境を作る事をオススメします。

その為には、しっかりと休憩を取る必要があります。

また、無駄な集中を避ける為に、あらかじめ計画や優先順位は必ず整理しておきましょう。

無駄なところに、無駄なエネルギーを使う必要はありません。

その為に下準備は必要なのです。

仕事が出来る人は、短期集中して仕事を終えるので、無駄がありません。

なので、余裕があるように見えたり仕事が早いなどのイメージがあるのかもしれません。

仕事が出来る人は、仕事が早い事もありますが、大抵の方が短期集中して仕事をこなしている方なのかもしれません。

睡眠をきちんととる

睡眠をきちんと取れていなければ、当然の事、集中する事は出来ません。

イライラや集中散漫、またはちょっとした事が気になったり、どうでもいい事をしてしまったりなど、いい事は少ないのです。

そのため、仕事が出来る人はプライベートでもセーブしている人が多いので、睡眠や食事、または運動にまで気を遣っている人が多いでしょう。

また、飲み過ぎたり食べ過ぎたりしてしまうと、翌日の睡眠や仕事にも影響がでてきますので、ハメを外したり、飲み会などの参加は出来るだけ週末がいいのかもしれません。

仕事が出来る人は、このようにしっかりと計画を立てて、自分の身体もコントロールしているのです。

栄養のある食事

仕事が出来る人は、なかなか風邪などをひいてしまい、休む事もありません。

それは、偏った食事や栄養バランスが悪い食事など摂取する事がないためです。

健康管理も仕事の内だとわかっているので、暴飲暴食や無理な食事制限、偏食などには、気を遣っているのです。

そのため風邪などをひかない、健康な身体にコントロールをしているのです。

若いうちなら、ある程度無理をしても回復が早かったり、元気で居られるものですが、年齢と共になかなかそう言ったわけにはいきません。

出来るだけ早くから健康管理などには気をつけ、気遣っていく事は後々自分に返ってきます。

仕事と自分の身体の為にも、睡眠、食事、運動には気を遣いましょう。

コミュニケーションをとる

仕事をする上で、コミュニケーションをとる事は非常に大変な行為です。

コミュニケーション能力が高ければ、どんな環境やどんな職場でも働いていける、言わば生きる力が強いのです。

また、コミュニケーションが取れている職場であれば、仕事も円滑にスムーズに流れて停滞する事はありません。

仲良く和気藹々としている職場も素敵ですが、休憩には冗談を言ったり、仕事に戻ればキチッと仕事を熟せる事が理想ですよね。

人は誰しも一人では生きてはいけません。

必ず誰かに頼る時もあるのです。

その日の為にも職場や周りの人たちとのコミュニケーションはしっかりとっておくといいでしょう。

無駄を排除する

仕事が出来る人は、無駄を嫌います。

そのため、しなくていいことは無駄とみなし即排除するのです。

上記にもあげてきましたが、仕事を熟せるようになるまでに、無駄な事はたくさん経験してきたのかもしれません。

しかし、仕事が出来るようになった今では、無駄な事はエネルギーばかりでなく、時間すら無駄にしてきていた事に気付きます。

いかに無駄を排除するか、仕事の出来る人はそこにもこだわる事で、仕事を効率よく進める事が出来るのを知っているのです。

できない仕事は引き受けない

仕事が出来る人は、イエスマンではありません。

必ず自分の限界や許容範囲を理解していますので、出来る事はするのですが出来ない時の断る勇気もしっかり持っているのです。

出来ない仕事を引き受けてしまい、返って周りに迷惑をかけてしまうのなら、初めから引き受けない方がいい事を知っているのです。

日頃から勉強をする

仕事が出来る人は、たくさん色んな知恵を知っています。

日頃から勉強することを苦と思わないのも特徴です。

また、自分の興味がある事や仕事などに対しても貪欲ですので、本や書籍をたくさん読んだりもしています。

このように日頃から、アンテナを立てておく事で仕事に関わる情報をキャッチ出来たり勉強する努力を怠らないのです。

人の意見を取り入れる

偏った意見になってしまわないように、きちんと人の意見を取り入れます。

全くの独断で行動する事はまずありません。

必ず周りの人やチームの仲間などに意見を求めます。

人の意見に左右される事はありませんが、意見を収集し、最終的にいい方法を考えて答えを出していきます。

人の意見を聞く事で、考え方や仕事の幅も広がるケースもありますので、意見は聞き入れるといいですね。

それから、意見を聞く事でコミュニケーションも取る事が出来ますので、ぜひオススメです。