CoCoSiA(ココシア)

仕事で普段心がけている25個のこと。できない人とはここが違う!

あなたの周りにいる、仕事が出来る人はどんな人ですか?いつもテキパキと、要領のいい人でしょうか?

それとも、いつも周りに気配りの出来る人ですか?

または、いつも残業せずに仕事を終わらせて、帰る人でしょうか?
今回は、そんな「仕事が出来る人」にフォーカスを当て、仕事が出来る人の「心がけている習慣」について、25個の特徴をピックアップしていきます。

あなたが、仕事の出来る人を目指すなら、ぜひ読んで頂きたい内容です。

仕事が出来る人は、更に参考に・・・。

また、仕事が出来ないと感じている人は、心がけ一つで仕事が出来る人間に。

さあ、今日からでも始められる25個の習慣を、始めてみてはいかがでしょう。

仕事ができる人、できない人何が違うの?

「仕事の出来る人」と「仕事の出来ない人」の違いって一体何でしょう?まず、「当たり前の事が出来ている」ここがポイントになってきます。

「当たり前の事?」と、思うかもしれませんが「社会人として、きちんとやるべき事が出来ているのか」と言う事です。

例えば、遅刻をしない。

挨拶をする。

服装や髪型に清潔感がある。

ゴミをそこら辺に捨てない。

身の周りの整理整頓ができる。

書類は期限までに提出出来る。

などなど、あげ出したらキリがありません。

しかし、上記の事に一つでも該当してない場合、もう一度社会人として姿勢を見直す必要があります。

更に言えば、仕事の出来る人は私生活もきちんと出来ている方が多いようで、睡眠や食生活、運動などにも気を使っている人がほとんどです。

仕事ができる人の習慣25個

さて、こちらからは具体的に仕事の出来る人が行なっている習慣について詳しく調べていきたいと思います。

仕事の出来る人は、既に意識してなくても、自然とやるべき事が出来ているので、「こんな事は、当たり前」と思うかもしれません。

また逆に「へー!そうすればいいんだ」と、関心するのであればまだまたまこれから十分に仕事が出来る人になれるでしょう。

しかし「こんなの、やってらんない!」なんて、感じたり思うのであれば、あなたはまだまだ仕事が出来る人には、程遠いのかもしれません。

今日からでも始められる内容は、今日からでも始めてみましょう。

やるべきことを明確にする

まずは、何事にも計画が必要です。

しっかりと今の自分のやるべき事にフォーカスを当ててみましょう。

頭の中で、整理ができない場合は紙にリスト形式で書き出し、まずはやる事を思い出し、出来れば順番を付けていくと更に仕事の効率が上がるでしょう。

仕事が出来ない人は、やるべき事が理解出来ていないのに、始めてしまい後々失敗してしまうケースです。

やるべき事が明確に出来れば、やり残した仕事や忘れていた案件などは残りません。

必ず、やるべき事を明確にしておく事から始めましょう。

それは、何を始めるにも大切な作業です。

どの職場にもおおよその年間計画はあると思います。

もし、無ければ自分で作成してもいいかもしれませんね。

早く正確に

仕事が出来る人の特徴として、スピードが試される事があります。

やはり、仕事が遅い人は一つ一つの行動も遅くなりやすいので、なかなか周りと足並みを揃えられなかったり、一人よく残業をしていたり・・・。

なんて事もしているのかもしれません。

しかし、仕事が出来る人はいつでも仕事を前倒しして行なっているので、スピードとしては、早い人が多いのではないでしょうか。

また、早く出来ていてもミスが目立つようなら、仕事を雑にこなしているように見えてしまいます。

必ずチェックを怠らず、正確に仕事が出来るように心がけておきましょう。

「早く」「正確に」は社会人、仕事が出来る人には基本中の基本になります。

まずは、スピードと正確さから始めてみましょう。

効率重視

早くて正確に仕事をこなせるようになってきたら、「効率」を考えるようになってきます。