気持ち悪いと女性から思われるなんて、男性としては、想像もしたくないですよね。

でも、女性って結構残酷なところがあったりします。

男性のまえではニコニコしていても、心の中では何を考えているか分かりません。

陰では毒づいている女性もいたり…!?
表と裏の顔が全然違うってことも、女性は当たり前にあるので、気をつけたほうがいいかも。

筆者も女性ですが、正直男性を見る目は厳しいほう。

陰で悪口を言うのは好きじゃないので、陰ではあまり言いませんが、さすがに「気持ち悪い」とは、本人には言えません。

なので、言う場合は一応言葉を選ぶかな…
でも、よほど親しい人でもなければ、指摘することもしません。

ほとんどの人は、本人に直接指摘することはないと思うので、男性本人は女性にどう思われているかなんて、気づきようがないかもしれませんね。

「気持ち悪い」は致命的なレッテル

女性から気持ち悪いと思われるなんて、結構致命的ですよね?
そう思われている以上、もう受け入れてもらえないのですから。

女性に自ら「嫌われたい」なんて人はいないと思いますし、男性なら女性にモテたい!彼女が欲しい!って気持ちが、誰にでもあるのではないでしょうか?

女性が男性を気持ち悪いと思うポイントは、女性によっても多少の違いはありますが…女性が男性を気持ち悪いと思う気持ちは、ほとんどの女性の間で共感されていると思ったほうがいいと思います。

人によって好きになるタイプは様々だけど、気持ち悪いと思うタイプは一緒だということです。

「あの人には好かれなかったけど、それはタイプが違かっただけ。

自分がタイプだっていう人も現れるだろう」って思うのは…とても前向きでいいんだけれど、好かれなかった理由が「気持ち悪い」だとしたら、ちょっと危険な考え方。

次のチャンスを待つよりも、自分を見直すのが先決かもしれません!

1. 気持ち悪さにも種類がある

「気持ち悪い」と一言に言っても、その気持ち悪さの種類は様々です。

日本語って難しいもので、「気持ち悪い」の言葉の守備範囲もかなり広いんですよね。

女性が男性に対して「気持ち悪い」という場合も、見た目や性格、性質や癖まで…様々な部分での不快感を「気持ち悪い」の一言に集約してしまいます。

でも要は、何かしらの不快感を感じているということ。

この不快感を感じている気持ちの悪さの類語を調べてみると、“不気味さ・不愉快さ・疎ましさ・気色の悪さ・おどろおどろしさ”などが挙げられています。

ですので、単に身体的な清潔感を心掛けていても、気持ち悪いと思われるポイントは他にもあるということになるんですよね。

そんな気持ち悪さの中でも、女性が男性に対して思う気持ちの悪さは、特に以下の2つの点が挙げられます。

1. 生理的に受け付けられない気持ち悪さ

まずは“生理的に受け付けられない気持ち悪さ”。

「生理的に無理」なんて女性が言っているのを、聞いたことはありませんか?
筆者も女性ですから、もちろんこの感覚ってあります。

これって、イケメンかブサメンかっていう問題ではないんですよね。

イケメンだとしても、生理的に無理なものは無理です。

この感覚って言葉では言い表しようがないのですが…。

生理的に受け付けられないって、一体どういうことなんでしょうか?

調べてみるとこれは、「その男性の子供を生めるかどうか?」という子宮レベルでの感覚だという話があります。

つまり、人の動物的勘のようなものですね。

女性は理性より感覚を優先する生き物でもあります。

だから感覚を無視することは出来ないんですよね。

なので、たとえ超イケメンに告白されたとしても、そんなイケメンと付き合えるチャンスは二度と無いかもって分かっていても…生理的に受け付けられない人を受け入れることは出来ません。

こういった“生理的”に受け付けられない気持ち悪さも、やはり一定の傾向があるんです。

趣味とかタイプとかの違いではなく、動物的な感覚なので、女性のほとんどが同じ部分を受け付けられないのです。

それがどういった点なのかは、この後に挙げる“女性が気持ち悪いと感じる男性のNGな特徴”の中で詳しく取り上げていきたいと思います。

2. 自己陶酔している気持ち悪さ

そして、“自己陶酔している気持ち悪さ”も、女性が男性に対して思う気持ちの悪さです。

生理的な気持ちの悪さが感覚的なら、これはどちらかといえば理性的な部分で感じる気持ちの悪さと言えるのかもしれませんね。

自己陶酔している男性というのは、女性から見て簡単に言うと“勘違い男”なんだと思います。

周りも自分も見えていなくて、完全に自分に酔ってしまっている人に対しては、その感覚が到底理解出来ません。

一体何をどう思ったら、自分にそんなに酔えるのか?と、女性は理解不能なんです。

その感覚の不思議さが、ある意味不気味。

ちょっと怖い人にも感じるんですよね。

極端ですが分かりやすい例を挙げたら、ロリコンの男性でしょうか。

大人になってから、幼い子を性的対象として見る感覚は、理解が出来ないうえに、ちょっと気味が悪いと感じてしまいます。

確かにロリコンでいうと、気持ち悪いというより不気味ですが、自己陶酔している人に対して思う理解不能な感覚も、これに似ていると思います。

自己陶酔の場合は気味が悪いとまでは感じないと思いますが、「うわ~。勘違いしてるよ。あの人イタイ」と、何だか心がザワザワとして不快感。

それが、「気持ち悪い」という感情を生み出すんです。

女性が気持ち悪いと感じる男性のNGな特徴19選

女性は男性に対して、色んな部分で気持ちの悪さを感じるということがお分かりいただけたでしょうか。

「もしかして自分も気持ち悪いと思われてる?」と、無駄に不安を煽ってしまったかもしれませんが…「自分かも」と意識しておくことも大事なことなんじゃないかな?って思います。

自分で気づけば治すことも出来ますし、意識しておけば「気持ち悪い」と思われないよう回避することも出来ますよね?
ここからは、“女性が気持ち悪いと感じる男性のNGな特徴”として、具体的に気持ち悪いと思われるポイントを挙げていきます。

自分を客観的に見ながら、気持ち悪いと思われる特徴と照らし合わせてみてくださいね。

また、女性がどうしてその特徴を気持ち悪いと感じるのか…その理由や心理にも触れていきたいと思うので、女性ならではの感覚も知っていただけたらと思います!

1. とても不潔

女性が気持ち悪いと感じる男性の特徴としてまず挙げられるのは“とても不潔”だということ。

不潔だというのは、生理的に感じるというよりも単純に、「汚い」と感じる気持ちの悪さですよね。

日本人は特に、綺麗好きな国民性があります。

なので、不潔なのはどうしたって嫌われる傾向にあります。

女性が男性を不潔だと感じるのは…例えば身だしなみ。

服に汗染みや汚れがついていて、「洗濯してるのかな?」と思うほど、いつも同じ服を着ていたり、ヨレヨレの服を着ていたりすると、不潔に感じてしまいます。

例え洗濯をしていても、染みのついた服を着ていれば「臭そう・汚い」など不潔な印象を与えてしまうんですよね。

また、顔がニキビだらけだったりしても、「清潔にしていないから」という印象を与えてしまいます。

筆者もニキビ肌で悩んでいるので、これを言うのは心苦しい…。

たとえ一生懸命洗顔していても、できやすい人は出来ちゃいますからね。

でも、そういった人は不摂生が原因だったりもするので、ニキビだらけっていうのは、印象が悪くなるのは確かです。

2. 髪の毛がボサボサ

また、“髪の毛がボサボサ”というのも、女性が気持ち悪いと感じる男性の特徴です。

先ほど特徴として挙げた“不潔”を感じさせるひとつに、“髪の毛”の身だしなみもあるんですよね。

髪の毛がボサボサになっているというのは、やっぱり見た目の印象が悪く、不潔感から気持ち悪さを感じさせます。

人を見るとき、まず一番に顔に目がいきますよね?顔を縁取る髪は、顔の印象を大きく左右します。

その髪がスッキリ整えられていないと印象は最悪。

“身だしなみに気を遣わない人”だと感じ、トータル的に「不潔そう=気持ち悪い」となってしまうのです。

髪でいうとボサボサ以外にも、「頭洗ってないのかな?」と思われるようなギトギト感や、肩にフケが大量に落ちてるというのも、気持ち悪いと言われる要因になります。

そんな頭をしょっちゅうポリポリ掻いていたりするのも…女性は心の中で悲鳴を上げていたりしますよ。

3. 体臭がひどい

これも“不潔”の延長ですが…“体臭がひどい”というのも、女性が気持ち悪いと感じる男性の特徴になります。

臭いっていうのは、特に不快感を感じさせる要素なんですよね。

これは見た目の要素ではなく感覚的な部分だったりもして、“生理的に無理”という部類に入る気持ちの悪さです。

誰もが感じるほど体臭がひどければ、女性全般から気持ち悪いと思われている可能性もありますし、そこまでひどい体臭じゃなくても「この人の体臭なんか無理」っていう場合もあります。

体臭って、自分では気づかない場合も多いと思うので、特に注意が必要な部分ですよね。

筆者も臭いには結構敏感で、自分の体臭もすごく気になるくらいです。

ひどい体臭だと、「なんか無理」と感じる前に、「うっ」っと臭覚が反応してしまうので、我慢のしようもありません。

今、スメルハラスメントなんていう言葉も広まってきていますよね?それくらい、臭いっていうのは嫌がらせにも通ずるものです。

筆者の以前の会社の男性上司が、体臭がキツイ人でした。

決して嫌いではなかったし、楽しい人ではあったのですが、“生理的な気持ち悪さ”は要所要所で感じていました。

臭いに関しては体臭も口臭もひどくて…お客様から「あの人口臭がきつくて…」と、対面して話を聞いていたお客さんがたまらず席を立ち、筆者に訴えてきたこともありました。

筆者も、たまに車に乗せてもらったりしたのですが、車に蔓延している体臭に、毎回気持ちが悪くなって酔ってしまったり。

仲も良かったので、時々本人の為を思って指摘はさせていただきましたけど…臭いの気持ちの悪さはもう、「我慢しよう」とか「仕方ないよね」とか思う暇もありません。

気持ちが悪い以外の言葉が見つからないものです。

4. 食欲を自制せず非常に太っている

女性が気持ち悪いと感じる男性の特徴には、“食欲を自制せず非常に太っている”ということも。

今はぽっちゃり男子好きっていう女性もいるものの…その場合のモテるぽっちゃりさんはたぶん、清潔感があることが前提になっていると思います。

先ほどからお話している“不潔”というポイントでいうと、女性が不潔感を抱くひとつに“食事の食べ方”があるんです。

食事の食べ方が汚い場合も、「気持ち悪い」と思ってしまうんですよね。

例えば、クチャクチャと音を立てて食べること。

また、ボロボロ落として食べることも、女性が「気持ち悪い」と感じる部分なんです。

ですので、女性が太っている人を気持ち悪いと感じる場合は、その食べ方が、食べる“欲”にまみれていて汚らしく見えることが理由として挙げられると思います。

つまり、言い方は悪いですが、動物がエサを食べるような食べ方をしていると…気持ち悪いと思われてしまうということです。

先ほどお話した、筆者の以前の会社の上司も同じ。

食べ方が汚く、外食をしていても、お皿にあまったタレなんかを舐めるようにして食べる人でした。

やっぱり太っていたし、さらに不健康。

痛風になったりもしていて、いろんな意味で気持ち悪さを感じる人でした。

こういった不健康さも、体臭の原因だったりするんだと思います。

そういった食べ方を「汚っ!やだ~!」と言っても気にしない人だったので…まぁ、気持ち悪いと言われても自業自得ですけどね。

5. オタクな男

“オタクな男”というのも、女性が気持ち悪いと感じる男性の特徴です。

何か一つのことに熱中できるっていうのは悪いことではないんだけど…。

その熱中している趣味によっては、女性はドン引きしちゃうんですよね。

そういったものに熱中している男性は、やっぱり気持ち悪いって感じちゃうんです。

男性の性欲って部分は女性も理解してるけど、でも「アニメでしょ?少女でしょ?」って思っちゃいます。

そこに興奮してるのかと思うと、最初にもお話したように、ロリコン気質も見え隠れしていますよね?…結局変態ですよね?って。

それに、そういう人って自分の趣味だけに熱中するあまり、他の部分に気を遣っていなかったりするイメージがあります。

例えば、身だしなみですよね。

そういう所が、総じて気持ち悪いと感じさせるんです。

●●オタクっていう分野に詳しくない筆者としては、“オタク”って聞くだけで、もうこの気持ち悪いイメージを想像しちゃいます。

趣味は自由ではあるんだけど…周りが見えなくなるほど熱中するのは、ちょっと行き過ぎですよね。

6. 無表情で暗い男

女性が気持ち悪いと感じるのは、“無表情で暗い男”にも。

無表情な人って、何を考えているのか表情からは読み取れません。

相手が考えていることを何となくでも想像出来ないのって、不安になりますよね?

そんな不安感が、「あの人何考えてるか分からなくて薄気味悪い」と感じさせて、気持ち悪がられるんです。

笑顔でいる人は楽しいんだな、泣いていたら悲しいんだな、辛そうな表情なら苦しいんだなって…相手の心の中を読み取ろうとするのが普通です。

それが全くの無表情だったら、想像しようにも出来ません。

普通なら、考えていることや気持ちと表情は、ある程度一致しているものだし、それが一致していて安心感や信頼感を抱くんです。

無表情なら、心の中も空っぽ?無感情?なのでしょうか?
理解出来ない心の内と、漂う暗い闇に…突然暴れ出すんじゃないか?と恐怖感すら抱いてしまいます。

無表情で暗い感じの男性だと、気持ち悪さを通り越して怖い。

そんな風にも思ってしまいます。

7. いつも同じ服を着ている男

不潔という一例でも取り上げましたが、“いつも同じ服を着ている男”にも、女性は気持ち悪さを感じてしまいます。

いつも同じ服を着ているってことは、特徴として挙げた“体臭”にも関わってくると思うんですよね。

たとえ毎回洗って同じ服を着ていたんだとしても、体臭は蓄積されていきますし…イメージ的には不潔を感じさせちゃいます。

それに、身なりに気を遣えないということは…オタク?なんてことも想像してしまうんですよね。

仕事だと、スーツは毎回洗わないで何回か着るってことも多いとは思うんですけど、それも限度があります。

「中のシャツは変えているし、肌に直接触れないから」といって小まめにクリーニングしてないなんて人は要注意!
これ、女性でもあるんです。

スーツが1着しかないからと、1ヶ月以上もそのまま着続けていた子の風下に立った時に漂ってきた悪臭…。

結構ひどかったですよ?それにシワシワのヨレヨレって…男性でも女性でも、不潔感は何より厳禁なんです。

8. しゃべり方が変・笑い方が変

“しゃべり方が変・笑い方が変”というのも、女性が気持ち悪いと感じる男性の特徴なんです。

身体を揺すりながら話したりと、何だか落ち着かない様子だったり。

滑舌がやたらと悪かったりする喋り方。

しゃべり方って、生まれながらの癖だったりするとは思うのですが…しゃべり方がスムーズじゃないと、なんだか挙動不審に感じてしまうものです。

例えば犯罪者が、その罪を隠そうと取り繕うときに、焦るあまりに言葉が詰まったりしますよね?しゃべり方が変だと、そんなことを連想させてしまいます。

また、深刻な話をしているのに笑みを浮かべていたり、目を合せずに下を向いてニヤニヤしていたり。

そんな笑い方も、気味の悪さを感じさせます。

笑顔は確かに大事なんですけど、それが状況と合っていなかったりすれば、違和感しか感じないんですよね。

9. 早口でしゃべる男

また、“早口でしゃべる男”も、女性が気持ち悪いと感じる男性の特徴です。

これも、ほとんど上記と同じ理由。

挙動不審に感じてしまうのが、気持ち悪いと感じる一番の理由だと思います。

なんだか会話が噛み合っていなかったり、会話のキャッチボールをしようというよりは、自分の言いたいことを早口でダーッとまくしたてるようにしゃべったり。

こういうしゃべり方って、オタク男性に多い印象がありますよね。

もちろん全てのオタク男性がそうではないと思いますが、早口で噛み合わないっていうのは、オタクを連想させてしまいます。

10. 女性と一度も付き合ったことのない男

女性が気持ち悪いと感じる男性の特徴は、“女性と一度も付き合ったことのない男”だったりも。

これは相手あってのことだから、どうしようもない気もしますけどね…。

ただ、ある程度の年齢になっても恋愛経験ゼロってなると、「何か問題があるんじゃないか?」とか、「性癖が変わってるんじゃないか?」とかを想像させてしまうんですよね。

リアルな世界じゃなく、妄想ばかりしている変態。

くらいの感覚で女性からは見られちゃうんですよね。

正直。

11. マンガ喫茶に寝泊まりしている男

“マンガ喫茶に寝泊まりしている男”も、女性が気持ち悪いと感じる男性の特徴です。

つまりは…オタクを感じさせる男性ってことですよね。

オタクはどうしても、女性には受け入れられないってことなんです。

残念ながら。

しかもマンガ喫茶に寝泊まりしていたりすると、不潔そうにも思えちゃうし、根暗そうな感じもしちゃいます。

マンガ喫茶に寝泊まりってことは、仕事もろくにしてないの?住む家も無いってこと?とも思って、あまり良いイメージはありません。

今はオタクじゃなくともマンガ喫茶を利用したりもするみたいだし、女性の利用者も多いと聞きますが…利用しない筆者としては、あまり近づきたくない場所というイメージなんですよね。

12. 人の目を見て話せない男

先ほどもしゃべり方が変という特徴の所で触れた“人の目を見て話せない男”も、女性が気持ち悪いと感じる男性の特徴なんですよね。

普通の人は、話す時に相手の目を見て話します。

その目からも、いろんな情報を受け取るんです。

“目は口ほどにものを言う”って言いますからね。

それなのに目を逸らしたり、全く目を合せずに話したりしていると、「何か都合悪いことでもあるのかな?」「何考えてるのかな?」と、相手は不安にもなるものです。

これも結局、相手には挙動不審に映って、気味が悪いと思われてしまうんです。

そもそも、相手を見ずに話をするのって、相手に対して失礼な話し方なんですよね。

筆者だったら気持ち悪いというよりイラッとします。

「ねぇ、今誰としゃべってるの?」って、聞きたくもなりますね。

気持ち悪いと感じるか、イラッとするか…人それぞれだとは思います。

でもどちらにしても、人の目を見て話さない男性の印象は最悪です。

13. 運動神経ゼロの男

“運動神経ゼロの男”なんていうのも、女性が気持ち悪いと感じる男性の特徴として挙げられています。

筆者はこれだけで気持ち悪いとは感じませんが、男性としてはマイナス要素でしかないでしょうね。

運動をしている男性、出来る男性っていうのは、それだけで爽やかさを感じるものです。

運動神経ゼロで気持ち悪いと思われてしまうのは、爽やかさとは反対に、不健康さや弱々しさを感じてしまうからだと思います。

運動神経ゼロだと、太っている可能性もありますよね。

さらに不健康そう。

根暗そう。

オタクっぽい…と、女性はどんどん連想していってしまいます。

連想じゃなくても、実際にいつくかの特徴が重なることで、気持ち悪いと思われている可能性もありますよね。

運動神経バツグンとまではいかなくても、ゼロはちょっといただけない。

それが正直な女性側の意見です。

14. 泣き虫の男

男としてどうかって観点でいうと、“泣き虫の男”なんていうのも、女性が気持ち悪いと感じる男性の特徴になりますよね。

そもそも女性は、本能的な部分でも、自分の身を守る為や子孫繁栄のために、より強い男性を好む傾向があるんです。

運動神経ゼロの男もそうですが、泣き虫な男っていうのも、男としては認められないんですよね。

大人になれば泣き虫な男性も少なくなっているとは思いますが…それが、大人になっても泣き虫ってなると、やっぱり女性は引いちゃいます。

きっと男性なら「男の子なんだから泣いちゃダメ」って子供のころから言われてきたのではないでしょうか?それと同じ。

大人になれば女性たちから、「男のくせにまた泣いてるよ」って冷めた目で見られてしまうんです。

もちろん、絶対に無いちゃダメってことではありません。

でも男性の涙は、ここぞという時に流れるからこそ素敵なんです!泣き虫はもっての外ですよ。

15. よほどの用事がない限り部屋に引きこもっている男

“よほどの用事がない限り部屋に引きこもっている男”も、女性が気持ち悪いと感じる男性の特徴なんですよね。

引きこもり男性だとやっぱり…根暗・オタク・不健康・情緒不安定・社会不適合と、何かと悪いイメージばかりが付きまといます。

実際引きこもっているのだから、身体的にも精神的にも不安定な人であるのは間違いないですよね。

人や社会との関わりを自ら遮断してしまったら、どんどん自分の殻に閉じこもってしまうし、自分だけの世界に入り込んでしまいます。

社会との折り合いがつかなくなった人が外に出た時に、どんな行動をするんだろう…?と、何かと不気味さを感じさせるのが、引きこもり男性なんです。

本人は全くそんなつもりはなくても、周囲はそう感じちゃうものです。

16. すぐ感情的になって怒る男

“すぐ感情的になって怒る男”なんかも、女性が気持ち悪いと感じる男性の特徴です。

男性…特に大人になれば、ある程度自分の感情コントロールが出来るのが普通です。

それが感情のままに、それを押えられずに怒る男性は、ちょっと怖いとさえ感じてしまうんですよね。

男性なんだから、せめて冷静に、理論的に怒ってくれって感じなんです。

感情的に怒る人というのは、何をしでかすか分からない気味の悪さがあります。

…やっぱり犯罪行為とかを連想しちゃうんですよね。

特に男女間のトラブルの場合、理性を失った男性の、身勝手で行き過ぎた行為や犯行が多いですよね?
もちろん女性だって理性を失えば何をするか分かりませんが…圧倒的に、もともとの力が強いのは男性です。

そんな男性が理性を失えば、女性にとっては脅威です。

感情的になってすぐ怒るような人には、言い知れぬ気持ち悪さを感じてしまうものなんです。

17. 細過ぎるまたはムキムキ過ぎる

“細すぎるまたはムキムキ過ぎる”なんていう特徴を、気持ち悪いと感じる女性も。

これは好みにもよるのかな~?とは思うのですが、何でも“過ぎる”のって受け入れられないんですよね。

一部のマニアは熱狂的ファンになってくれても、世間一般的には好まれません。

細すぎるのも不健康そう。

骨ばっててガリガリで気持ち悪い!って思われちゃうし、ムキムキにもほどがある!って思われちゃうんですよね。

一部のマニアに好かれればそれでいいって思えるならいいかもしれないけど、その他大勢には「気持ち悪い」って思われている可能性があることだけは、頭に入れておいた方がいいかもしれませんね。

特にムキムキの男性は、自己陶酔している傾向がありますよね?こういうのが、自己陶酔している男性の気持ち悪さなんです。

18. 根に持って恨み続けるタイプの男

“根に持って恨み続けるタイプの男”も、女性が気持ち悪いと感じる男性の特徴です。

根に持って恨み続けるのですから…無条件に気持ちが悪いし気味が悪いです。

先ほどの、すぐ感情的になって怒るという特徴の所でもお話したように、理性を失った男性が何をするか分からない怖さが、根に持つタイプの男性にも感じるんですよね。

こういう人がストーカーに発展して、恨み続けた末に何をするか…想像しただけでも怖いです。

根に持つタイプの男性は、そういった恐怖心を与える存在。

今はまだ何もしてないけど、なんか怖い…それが、気持ちの悪さを生んでいるんです。

19. マザコン男・シスコン男・ロリコン男

女性が気持ち悪いと感じる男性の特徴として最後に挙げるのは、“マザコン・シスコン・ロリコン男”。

ロリコン男については、これまでも要所要所で登場させてきましたが、マザコンやシスコンも同様に、気持ち悪いと思われてしまうんですよね。

歪んだ愛情の形や異常な性癖は、女性には理解出来ません。

やっぱりどこか普通じゃないと感じて、気持ち悪いと思ってしまうんです。

もしそういった男性と付き合うとでもなれば、その歪んだ愛情表現が自分に向いてくるかもしれないとも思いますしね。

出来れば近づきたくない、距離を置いていたい…気持ち悪い男性になってしまうんです。