末っ子…それは家族の中で一番年下で、家族全員からめいいっぱい愛されて育ってきたという人がいたり、一番最後の子供なので良くも悪くも適当に育てられたという人がいるでしょう。

そんな末っ子の中でも「長男」という立場で生まれてきた男性もいるでしょうが、どんな男性か気になりますよね。

兄弟や妹を持つ男性とはどんな違いがあるのでしょうか?

今回は「末っ子長男」についてまとめました!

末っ子長男の生態を知ろう!

末っ子長男の男性は「末っ子」の性質の上に「長男」の性質が加わるために、なかなか個性的な男性であることが多いです。

長男とは、昔から大切に育てられる風習が日本にはありますが、同時に長男としての責任を強く覚えるようにもなります。

それは良くも悪くも長男の宿命と言えるでしょう。

ときにその長男というプレッシャーがゆえに堅すぎる人もいます。

しかし、末っ子なのでその堅すぎる長男の責任感をうまく緩和しつつ世渡りが上手なのが特徴です。

こんな末っ子長男の生態をここではまとめてみました!

1. 立ち振る舞いで分かりやすい!

末っ子長男は、幼いころからお姉さんたちの立ち回り方を見ると同時に、それに対する周囲の大人の反応を見ています。

「あ、これをやったら怒られるんだ」「こうしたら褒められる」など「周りの反応を考えて行動する」ということを知らず知らずのうちに習得しており、空気を読むことに長けています。

そんな末っ子の特性が身についている末っ子長男の男性は、普段の立ち振る舞いでそのことがよくわかります。

2. 何故か憎めない魅力がある

末っ子長男の男性は、生まれたときから自然と年上の目上の人と接しているので、とても愛され上手です。

絶妙な押しと引きのバランスを保ちながら相手の懐に飛び込む術が身に付いており、「コイツ、なんか憎めないんだよな」という魅力があります。

ケンカの仲裁役として活躍することも多く、誰からも愛される憎まれないキャラだからこそできる役割ともいえるでしょう。

また、たまにとんでもなく厚かましいような要求や、無茶なことをしても最後に「テヘヘッ」と笑えば何とかなることもが多いもの末っ子長男の男性の特徴です。

「何故か憎めない」というのは、末っ子長男の男性の性格や特徴を総合してのものです。

学校でも男子からも女子からも人気があり、社会に出ても、大人としてのマナーを身に付けつつこの末っ子長男気質のいいところを発揮すれば偉い人からも空かれやすい傾向にあります。

3. 恋愛対象にするのは大変かも?

末っ子長男の男性は、お母さんを始めとするお姉さん(達)に囲まれてたこれまで生きてきました。

そのため、良くも悪くも女性を見る目は肥えています。

女性の繊細さや面倒見のいいところなどの良い部分も知っていれば、家ではとてもだらしなかったり感情的なところであったりも知っています。

前者は「自分の母親や姉は●●だった」と恋人へのハードルが上がりますし、後者は後者で「女性は外面よくて、実は●●なんだろ」と冷めた目で女性を見ることがあるのでとてもやりづらいです。

しかし、同時に「欠点も含めて、その女性なんだ」と寛容でもあります。

悪く言うとあきらめたようなところもあります。

人によっては女性は美しさだけではないということもわかっているので周囲がアッと驚くような(お世辞にも見栄えがよくない)女性とお付き合いを開始することも。

末っ子長男の男性に対しては「見た目」は大したハードルではありません。

女性を見る目が肥えた末っ子長男の男性に選ばれるなんて、中身が女性として素晴らしいということでしょう。

また、女性に甘えるのが上手なので「なんだか弟みたい」と思えて女性から恋愛対象からハズされがちなのも末っ子長男の特徴です。

頼りになる逞しい男性が理想の女性には何だか物足りなく感じてしまうこともあるでしょう。

どうしても末っ子長男の男性が好きだという女性は、とにかく甘えん坊で寂しがり屋の末っ子長男の男性なので、愛している旨をしっかりと伝えて、面倒見のよさをアピールし、一人の女性としての魅力を彼にアピールしていけば、末っ子長男の彼もアナタのことが気になり始めるはずです。

末っ子長男の25個の性格の特徴

基本的には家族全員から愛されて育った末っ子長男の男性。

彼を中心に家族が回っていたといっても過言ではないでしょう。

初めての男の子で喜び可愛がる両親をはじめ、世話好きのお姉さんたちはとにかく末っ子長男を可愛がります。

周りからとにかく愛されてのびのびと育った末っ子長男の男性はわかりやすいですよね。

先ほどは末っ子長男の生態についてご紹介しましたが、ここでは更に細かく、末っ子長男の男性がどんな性格なのかをご紹介していきたいと思います!

1. 甘え上手

家族の中で一番甘えられるポジションだった末っ子長男の男性は、天然の甘え上手です。

さりげない要求の仕方で相手が気持ちよく引き受けてくれる方法も知ってますし、相手が庇護欲をそそられるような態度の取り方も知っています。

特に女性に甘えることが得意で、お母さんやお姉さんに「ね~」と甘えているように他の女性にもナチュラルに甘えることができます。

母性本能をくすぐるタイプとも言えますが、天然のタラシともいえます。

無意識で甘えることができるのは末っ子長男の大きな特徴なのです。

この甘えっぷりに、母性本能をくすぐられまくった女性が末っ子長男の男性に恋をすることも少なくありません。

長男の気質もあるので、甘えられたいという願望もありますが、やはり基本は末っ子の性質が勝るので、甘えさせるよりも甘える方がとても上手です。

2. 物怖じしない

妙にどっしりしているのが末っ子長男の男性です。

お姉さんたちによる洗礼があるせいか、多少のことでは動じません。

女性のような度胸があるのでとてもどうとうとしています。

新しいことへの挑戦もほかの人が恐れていても末っ子長男の男性はワクワクしながら1人積極的になっていることも。

愛され上手な一面を使って、みんなが恐れる先輩や上司などにも積極的にコミュニケーションをとっていき周りをひやひやさせることもあります。

しかし、結果的には可愛がってもらえることも多いので、末っ子長男の男性自身は「怖いことをした」という自覚はありません。

こういった物怖じしない性格が、彼の良さであり危うさでもあります。

3. 明るくて周囲に好かれる

家族のみんなから可愛がられて人気者の末っ子長男の男性は、愛情をたっぷりそそがれているので性格がとても明るい人が多いです。

その愛され系の明るさは家庭外でも変わりません。

朗らかで常に明るい彼に周囲は彼を大好きになります。

末っ子特有の甘え上手もあるので、明るく「困ったな~」「ちょっと助けてください!」と言われると周りは「仕方ないなぁ」と苦笑いしながらも彼のことをほっておけません。

むしろ、周りの人がこぞって末っ子長男の男性の世話を焼きたがるなんてことも珍しくありません。

こんな性格から、末っ子長男の男性の周りには自然と人が集まって、賑やかで明るい雰囲気に満ちています。

どんなに暗い雰囲気でも、末っ子長男の男性が現れたら周りに笑顔が生まれます。

4. おっとり、大らかである

たくさんの愛情を受けて大切に育てられてきた末っ子長男の男性は、おっとりとしていて大らかな性格の人が多いです。

家族の中では唯一の男の子ですし、末っ子ということもあって家族内で競う相手もおらず、精神的にゆとりのある環境で育っています。

人によっては、オヤツやオモチャがは1つしかないときでも、お姉さんたちから「アンタにあげるよ」なんて譲られたりした人も多いでしょう。

そのため、ハングリーさというか、がっつくようなことがありません。

男兄弟に囲まれていると、取り合いのケンカが起きたりするのですが、お姉さんの場合は母性的です。

肉食系の男性がタイプの女性から見るとちょっとおっとりしすぎで男らしさを感じないかもしれません。

しかしおっとりとしておおらかな雰囲気なので周囲の人からすると、そんな末っ子長男の男性の存在にとても癒されることでしょう。

  

5. 女性の扱いがうまい

末っ子長男は、家族に女性が多いので女性の扱い方がとてもうまいです。

生まれまた時からお母さんを始め、お姉さん(数人の場合も)が身近におり、「女性の生態」というものをよく理解しています。

こんなときは女性はこうすると喜ぶ、怒るということを幼いときから体験しており、自然と身に付いています。

また、女性の見た目に惑わされることがないので女性全般に平等な接し方をするので、そこも「扱いがうまい」と言えるでしょう。

女性が退屈していると、女性が好きそうな話題を降ったりして楽しませようと頑張ります。

細やかな気遣いができるので、女性にとっていい理解者になるのが末っ子長男の男性です。

ただ、あまりにも女性の扱いが上手くて慣れていてるため、恋愛で本命の女性からは「遊びなれている」「自分とも遊びかも」と思われてしまうこともしばしば…本命の女性に対しては、ほかの女性を扱いを変えないと本気に取られないこともありますよ。

6. 男らしさがあまりない

女性に囲まれて平和に暮らしてきたせいか、男性としてはおっとりしており、周りの男性とに比べると活発でハングリーな男性らしさがあまりないのが末っ子長男の男性の特徴でもあります。

いわゆる「草食系男子」であることが多く、女性にたいして男らしく接することはあまりありません。

女性と対等に同じ目線で話が出来て「女友達のような男友達」のようなポジションにおさまってしまうことが多い末っ子長男の男性。

恋愛対象の女性に「友達として付き合っていきたい」なんて言われてガックリしてしまうこともあります。

いかにも「男!」というようなワイルドさがあふれる男性が好きではない女性にとっては接しやすくて人気がありますが、男性には奪うような強引さを求めている女性にとってはもの足らないかもしれません。

7. おしゃれである

オシャレに敏感である女性に囲まれて育った末っ子長男の男性は、自身がオシャレであることが多いです。

幼いときから磨かれたオシャレな感性で、周りの男性とはひと味違うオシャレさがあるでしょう。

女性目線の入ったスマートなオシャレが出来るので、オシャレな友達に囲まれてファッション談義に花を咲かせることでしょう。

また、家には常に自分のオシャレの基本となっているお姉さんたちがいるので、オシャレに関する目も肥えています。

「そのスカートってさ、合わせづらくない?」「今日のコーデはなんか違うね…」なんてダメ出しをしてくることも…男性にこんなことを言われてしまうと、女性として自信を失ってしまいますよね。

しかし、味方につけたら心強いオシャレ番長な末っ子長男の男性。

一緒に買い物に行くと、的確な意見をくれると共に素晴らしいコーディネートを提案してくれますよ!

8. アートやスポーツに興味を持つ

お姉さんがいると、幼い頃はお姉さんがやっていることすべてに興味がありますよね。

お絵描きをしているお姉さんたちの横で自分も同じようにお絵描きをしたり、お姉さんたちに混ざって自分も一緒にスポーツをしたりと、同年代に比べると芸術やスポーツに関心があったりします。

家族でも末っ子の彼は、どんな絵や作品を作っても家族から誉められ、スポーツも同様に「うまいうまい」と誉められます。

幼い頃に興味を持ったり、ほめて才能を伸ばされる環境にあるのです。

9. 自由奔放

末っ子の性質を色濃く持つ末っ子長男の男性はとても自由奔放です。

少年のように自由な様はとても魅力的です。

その自由奔放さは、周囲からは見ていて危なっかしいと思われるところもありますが、愛され上手な面がよく働いて周囲が思わずフォローして助けてくれることがあります。

しかしあまり自由に振る舞いすぎると周りの許容範囲を越えてしまいますし、好きな女性からも「自分勝手」だも思われてしまうことがあります。

10. ひょうきんである

末っ子は家族の人気者なのでひょうきんな性格の人が多いです。

それに加えて男の子となると、さらにそれが増します。

家族の中でも唯一の男の子なので、家族全員で彼のひょうきんな行動を優しく見守っていたのでしょう。

末っ子長男の男性も、自分がムードメーカーであることがよくわかっているので場を明るくしようとひょうきんなことをよくします。

それが家庭外の場でも発揮されて、何処にいっても周囲を笑わしています。

愛されるテクニックの1つとして「ひょうきんさ」が幼いころから身についているので、そのひょうきんさは自然で嫌味や媚びた感じがありません。

11. 女性の変化にすぐ気づく

常に女性に囲まれて育ったせいか、女性の変化にはとても敏感な末っ子長男の男性。

「前髪切った?」「毛先そろえた?」なんて髪型の変化はもちろん、「それ、新しい靴?」「服のジャンル変えたね!」なんて服装のことにもよく気付きます。

そして末っ子長男のスゴいところは、見た目のちょっとした変化だけではなく気持ちの機微にもよく気付きます。

「今日なんかあった?」「嬉しいことあったでしょ」と、普通の男性なら言われなきゃ気付けないようなことにもより早く感じとることができます。

家族に女性がたくさんいる末っ子長男ならではの特徴ですね。

お姉さんたちの機嫌の良し悪しに敏感でなくては、女系家族の中ではやっていけません…顔色の変化に柔軟に対応して立ち回ってきた末っ子長男の男性の生きる術の1つともいえます。

しかし、こんなに敏感に自分のことを気付いてくれるとちょっと勘違いしてしまう女性も中にはいるので注意が必要です。

12. 自分より年下が苦手

家族の中でも一番年下として育った末っ子長男の男性。

これまで末っ子として家族から扱われてきたので、自分より年下の人に接するのが苦手だったりします。

教えるよりも教えられる方、与えるよりも与えられてきた方など生い立ち的に受動的であるシーンが多かったので、いざ自分が能動的に動く立場となると慌ててしまいます。

末っ子長男がこれまで一番年下だったのだから、年下の子をどうやって扱うのかということがよくわかってそうと思ったら大間違いです。

しかし、長男としての性質もありますので年下に対して「オレについてこい!」という気持ちもあります。

ですが予想外の事が起きたり、反抗されたりするとテンパッてしまうのであまり年下を引っ張っていくタイプとは言えないでしょう。

13. かまってちゃんである

世話焼きなお母さんや、お世話好きなお姉さんたちに囲まれて育った末っ子長男の男性はかまってちゃんな傾向があります。

常に誰かが自分に構ってくれていた環境なので、ひとりでいるのが苦手だという寂しがりやなところがあります。

友達に対しても同じような傾向があり、何の予定がない休日に突然友達に連絡して「何してる?」「遊ばない?」と誘ったり、SNSなどで「せっかくの休みなのに、一人ぼっち」「あ~何だか暗い気分(意味深な文章)」など呟いて誰かにかまってもらおうとします。

「どうしたの?これから会おうか?」「明日は空いてるから遊ぼう!」などの反応があると嬉しくなっちゃう末っ子長男の男性です。

かまってちゃんであると同時に寂しがり屋さんなので不意に予定が空いてしまうと強く孤独を感じるタイプです。

 

14. わがままである

これまで自分の思う通りになってきた末っ子長男の男性はなかなかのわがままであることが多いです。

末っ子であるがゆえに家族全員に要望を押し通せる環境な上に、唯一の男の子ということでより大切にされてきたので、家族にとって「お殿様」状態だったのです。

特に日常生活の要であるお母さんには一番可愛がられてきたので、怖いものなくわがままを通してきたという末っ子長男の男性も多いです。

母親にとって異性の子供、しかも末っ子はもう可愛くて可愛くて仕方ないのです。

お姉さんたちも基本は末っ子長男の味方なので、多少のわがままは容認してきているのです。

時に弟に対して反感があったとしても、絶対的権力者であるお母さんが末っ子長男の男性の味方をしている以上、お姉さんたちも我慢を強いられることもあります。

末っ子長男の男性は、これが日常なのでお姉さんたちに我慢させていることすら気付きません。

そのお殿様性質を家族の他の人にも悪意なく発揮してしまうので「なかなかわがままだな」と思われることがあります。

社会に出るとこのわがままさは上の人の目につくこともあるので注意しましょう。

15. 人にやってもらうが自分が手伝わない

お母さんやお姉さんに何でもやってきてもらってた末っ子長男の男性は、「人にやってもらう」のは当然ですが「人にやってあげる」ことがないです。

人にやってもらうのが当然と思っているのもありますが、末っ子長男の男性は母性本能をくすぐる部分があるので周囲が「やってあげたい」と思う要素が大きいです。

ですが、その部分を良しと思わない人も当然います。

社会人になって仕事がたまるとすぐにSOSを出して周囲に手伝ってもらうのに、他の人がてんやわんやしてるときは我関せずの涼しい顔でスルー(というか、気付かない)ということがあります。

決して悪意があるわけではなく、気が付かなかったり、素で「なんで手伝わないといけないの?」と思っていることが多いです。

16. 面倒くさがりである

何でもお母さんやお姉さんなど人にやってもらってきた年下長男の男性は、とにかく面倒くさがりやです。

甘え上手でもあるので、面倒くさいことは上手に甘えて周りにやってもらってきたという策士な一面もあります。

このことから、恋愛的には世話好きの女性と相性がいいです。

好きな男性に尽くすのが好きな女性には最適な末っ子長男の男性です。

しかし、あまり甘やかすと「女性」というよりも「お姉さん」扱いになるので、程よく突き放して時にはお姉さんではなく1人の女性であることをわからせる必要があるかもしれません。

17. 負けず嫌いである

末っ子長男の男性は、家族のみんなから愛されて育った「家族で一番」の存在です。

たまにお姉さんにパシりにされることはあっても、結局は自分が大切に思わていることを知っているので「やっぱり自分は一番だ」ということを自覚しています。

こんな家族に囲まれて「自分が一番」な生活しているので、誰かに負けるのが大嫌いです。

スポーツや勉強、仕事はもちろん周りからの注目度に至っても負けず嫌いです。

ライバルがいると燃えるという一面もありますが、基本は「自分より上が許せない」という嫉妬の面が大きいです。

もし、末っ子長男の男性に恋をした場合は「他の誰よりもあなたが一番好きです」ということが常にわかるように接しするようにするといいですよ。

18. 依存心が強い

女性ばかりの家庭で育ったせいか、女性的な性質が大きい末っ子長男の男性。

女性特有の面と末っ子であるという面が大きく働いて依存心が強いというところがあります。

困ったことがあるとすぐに誰かに頼り、最終的には自分ですべきことを全部他人にやってもらうということもよくあります。

また、付き合った女性などにも依存する傾向があります。

自分だけをしっかりと愛して世話を焼いてくれないと落ち着きません。

付き合った女性も同じようなタイプだと共依存になるおそれもあります。

19. 自分のことが好き

幼い頃から家族に可愛がられて育った末っ子長男の男性は、自分のことが大好きです。

周りから愛されているので自己肯定力も高く、とても前向きで自分を大切にできます。

自分のことが大好きといっても自分の見た目を強く愛するようなナルシストではなく、あくまで自分をはぐくんだ環境、そこで育った自分が大好きということです。

このような考え方は、充分に周囲から愛されて育った末っ子長男の男性ならではでしょう。

しかし、その自己肯定力の高さはある種の人からは眩しすぎて妬みの対象になってしまうこともあります。

自分が大好きなのはとてもいいことなのですが、あまり「自分が、自分が」だと呆れられてしまいかねません。

20. 人の真似をするのが得意

いつも周りの様子をよく見ている末っ子長男の男性。

お手本となる両親やお姉さんたちに囲まれて、いつもその真似っこをしていたので人の真似をするのが得意です。

その真似はいいものから悪いものまで多岐に渡り、幼い頃は「こんなのいつ覚えたの!?」と周りから驚かれることがあったはず。

末っ子特有の観察力でどんな真似でも器用にこなします。

人気の芸能人の恰好なども、末っ子長男の男性の手にかかればすぐに真似することができます。

もともとオシャレな末っ子長男の男性なので、そのパワーも合わさってハイレベルな真似になります。

21. 物事を軽く見がち

末っ子長男の男性は、物事を軽く見がちな傾向があります。

よく言えば「なんとかなるさ」と明るい楽天的です。

これまでは、まずいことがあっても、末っ子なのでお姉さんなどの家族が最終的に助けてくれたり、甘え上手なので周りの誰かが手を貸してくれて乗り越えてきたので「大変なことがあっても何とかなるもんだな」と思っています。

もし、自分自身で大きな決断をしなければいけないとき、この物事を軽く見がちな性質が影響して人生で初めての大失敗をすることもあるので、末っ子長男の男性は気を付けたいところです。

22. 細かいことをくよくよ気にしない

とにかく細かいことを気にしない末っ子長男の男性。

悪く言えば物事を深く考えないというところがあります。

女性的な一面の表れでもあり、女性よりも男性の方が細かい失敗に対してもクヨクヨすることがあります。

女性に囲まれて育った末っ子長男の男性は、お姉さんたちの影響を受けているので細かいことを気にしない傾向があります。

周りには対しても細かいことを気にしないので、その性格に救われるという人もいるでしょう。

23. 女性の言いなりになりやすい

良くも悪くも、女性に囲まれていた生活環境なので女性に対する理解はあるのですが、そのぶん女性の言いなりになりやすいのが末っ子長男の男性です。

普段可愛がってもらったり、色々面倒をお姉さんに見てもらっていた反面、お姉さんには頭が上がらないというような男性が多いです。

「お姉さんを怒らせてはいけない」「お母さんの機嫌を損ねると厄介」などと、末っ子なりのセンサーがあるのでうまい感じに女性の言いなりになることでトラブルを回避してきた末っ子長男なりの世渡りといったところでしょうか。

そのため、染み付いた習慣によって女性には逆らえず言いなりになりやすいです。

よく言えば優しいとも言えますが、人によっては女性の尻に敷かれて頼りないと思われることもあるでしょう。

しかし、裏を返せば女性の意見を尊重しているところもあり、女性へのリスペクトを感じることもできます。

女性に優しすぎるが故の「言いなり状態」なので、末っ子長男の男性の愛すべき1面ともいえるでしょう。

24. ポジティブである

「なんとかなるさ!」とポジティブシンキングな末っ子長男の男性。

これまで苦難が押し寄せてきても、末っ子の男の子が可愛い両親やお姉さん面倒見のいいお姉さんたちに助けられて育っているので苦労をせずに物事を乗り越えてきた人が多いです。

そのため「なんとかなる」というかなんとかなってきたことが多いです。

根拠のないポジティブであることが多いですが、その明るい思考に周囲も引っ張られて明るいムードになることがあります。

結果はどうあれ、ムードメーカーになる末っ子長男の男性です。

25. 計画性がない

これまで何か困ったことがあってもお姉さんたちにお任せだった末っ子長男の男性は計画性がない人が多いです。

これまで無計画で何度も痛い目に合いかけても、周りの助力によってなんとかなってきたというパターンが多いもがこの末っ子長男の男性です。

他力本願なところがあるので、自分で積極的に計画をたててそのとおりに進めていくというのは苦手分野です。

小学生の頃は、夏休みの宿題が終わらなくて最終日が近くなった時期にお姉さんたちや周りの友達に泣きついて助けてもらったなんて経験があるという人も少なくないでしょう。

無計画で突っ走ってきても、甘え上手に愛されキャラなのでいざとなったらなんとかなってきてしまっているのです。

また、末っ子長男の男性は計画を立てるもが苦手で、どちらかといえば女性に引っ張ってほしいタイプなので、女性にとってはちょっと頼りないなと感じてしまうこともあるでしょう。