謙虚な人は、誰からも好かれる存在であり、謙虚さは日本人が持つべき美徳ともされていますよね。

控え目でつつましく、それでいて芯の通った凛とした美しさがある。

筆者としても、謙虚な人は憧れる存在です。

それに、控え目のようでいながら成功者が多いのも、謙虚な人だったりしますよね!

特に女性は謙虚さを求められたりもしますし、謙虚な女性は、周囲から可愛がられたりするものです。

筆者も女性ですので、謙虚な人でありたい…と思いながらも、持ち前の我の強さをつい発揮してしまう所があります。

それでも、日本人はもともと謙虚な人が多いと言われているし、海外の人からみれば筆者も十分謙虚かも?しれませんが…。

️謙虚な人の特徴って?

日本人は謙虚な人が多いとは言われますが、同じく日本人の筆者からみて、本当に謙虚な人ってそう多くは無いと思います。

謙虚がいいと分かっていても、常に謙虚さを保つのって難しいですよね?
演じて簡単に出来る物でもありませんし。

また、謙虚の反対は傲慢となるようですが…傲慢じゃなければ謙虚かっていうと、違いますよね?
筆者も含め、日本人は傲慢な人は少ないとは思いますが、かといって謙虚ともならない気がします。

謙虚の意味としては、“自分を偉いものと思わない”や“素直に学ぶ気持ち”とされているので、傲慢じゃなければ謙虚。

という単純な話ではないと思っています。

そういう意味でも、本当に謙虚な人って実は少ないと思うんです。

ぜひその一員になりたいものですが…

今回は、謙虚な人の特徴から、謙虚な人とはどういう人かを解説していきます。

皆さんも一緒に、謙虚さについて考えてみませんか?

1.低姿勢


謙虚な人は、常に“低姿勢”で居られる人です。

相手に対して傲慢な態度をとることがないところも、人に好かれる理由になっているのでしょうね!

ただ、この“低姿勢”って、簡単なようでいて実は難しかったりもしますよね。

低姿勢な態度をとっていても、一歩間違えると相手に不快感を与えてしまうことだってあります。

そもそも低姿勢とは、相手に対してへりくだった態度をとることであり、自分を低く見せることで相手を高く見せようという行為でもあるのですが…
へりくだり具合がわざとらしくなってしまうと、相手をバカにしている態度に映ってしまう場合もあります。

見せ方によっては、自分を低くすることで嫌味っぽくなってしまうということです。

これは、謙虚さをはき違えている人が、取ってしまいがちな行動です。

謙虚な人の低姿勢は、相手に不快感を与えるようなことはありません。

それは、相手を尊重し、敬う気持ちから生まれる自然な態度だからです。

相手を敬う気持ちがあれば、わざわざ自分を低く見せなくとも相手を立てていて、相手には自分が低姿勢でいるように見えるのです。

2.我慢強い

謙虚な人は“我慢強い”人でもあると言えますね。

理不尽なことで怒られても、納得いかないようなことを押し付けられても、常に控え目な姿勢を貫けるということは、我慢強いからとも言えます。

ただ実際は、我慢しているのではなく謙虚だからなんだと思います。

周囲から見れば我慢強いと思われても、謙虚な人本人は、我慢しているわけではないはずです。

素直に学ぶ気持ちがあるから、反論したり逆上したりしないだけ。

ただ素直に、相手の話を聞き入れているだけなんです。

これが我慢なら、謙虚な人とはちょっと違いますよね。

「反論したい気持ちを我慢して押さえつけている」のなら、そこに「素直に他に学ぼう」という気持ちはありません。

ただ我慢強い人なだけです。

ここは謙虚さとの、大きな違いですよね。

もちろん、我慢強くいられるのだって立派なことですが、謙虚な人は純粋に状況を受け入れていて、もっと楽な気持ちでいるはずです。

3.自分をわきまえている


“自分をわきまえている”のも、謙虚な人の特徴として挙げられます。

自分を偉いとも思わないから素直に学べるし、自分をわきまえているから控え目でつつましくいられるんです。

それは決して、自分に自信が無いわけでもなく、自分が弱者だと思っているわけでもありません。

悲観したり、卑下しているのでもなく…ただ自分をわきまえているんです。

この感覚って、謙虚な人ならではの感覚ですよね。

筆者も、頭ではわかっていても、心はそう簡単についてきません。

また、謙虚な人は、人に傲慢な態度をとることもなく、人をひがんだりすることもありません。

そこに、比較や競争の意識はなく、ただ自分がわかっている。

それが謙虚な人なのです。

4.自慢をしない

謙虚な人の特徴には、“自慢をしない”ことも挙げられます。

これも、自分をわきまえているからで、決して我慢しているのではありません。

謙虚な人には、自慢したいという気持ちもなければ、自慢という概念すらないのではないでしょうか。

自分を偉いものとも思わず、自分をわきまえていると、驕ることもありません。

普通なら自慢できるような才能や地位があっても、思い上がることがないんですよね。

だから、自慢ということには考えも及ばないのです。

謙虚な人は、周囲から見れば控えめ過ぎるようにも感じられ、一見我慢しているようにも思われますが…本人は、周囲が思うよりも楽に生きているはずです。

自慢したいという衝動から解放されていて、自分の感情を押さえつける必要もないんです。

ある意味悟りの境地…それが、謙虚な人なんです。

5.鼻につかない

謙虚な人は“鼻につかない”人だったりもしますよね。

他の人が言ったら自慢話のような内容でも、謙虚な人の言葉だと嫌味に感じられることがありません。

また、謙虚な人は存在が「うっとうしい」と思われることもないんですよね。

謙虚な人は、人をイラつかせることもなく、自然とその場に居られる人なんです。

でも、控え目で目立たないからというわけではなく、存在感はちゃんとある。

謙虚な人が作り出す空気感は、本当に不思議なものです。

筆者の以前の職場の部下が、まさに謙虚な子でした。

今この記事を書きながら、ずっとその子のことを思い浮かべています。

謙虚なその子が契約を取ったときは、周囲も一緒になって喜べちゃうんですよね。

話す人によっては自慢話にも聞こえて、鼻につく場合もあるのですが、謙虚な人からは「あなたよりすごいでしょ」「私偉いでしょ」というような気持ちが一切感じられないのです。

そこには素直に「みんなのお蔭で契約にこぎ着けました」という謙虚な気持ちしかありません。

自慢どころか、周囲の人を立てるようなことを言うんですよね。

それが心からの本音だから、簡単にまねできないとも思わされるんです。

謙虚は人は、心の底から謙虚なんです。

6.悪口を言わない

謙虚な人は“悪口を言わない”のも特徴ですよね。

これも、謙虚な人は悪口を我慢して、言わないように押えているのではなく…嫌いな人がいなかったり、悪口をいうような気持ちが沸いてこなかったりするからです。

またまた筆者の元部下の話になりますが…確かにその謙虚な子から、悪口を聞いたことがありませんでした。

同じ社内にかなり癖のある、嫌われ者のスタッフがいましたが、その人に対しても、嫌うことも無ければ悪口を言うこともありません。

その嫌われ者のスタッフは、相手の肩書であからさまに態度を変える人です。

筆者はその人の上司だったので、直接的に嫌な思いをさせられることはありませんでしたが…その謙虚な子は、嫌われ者の人より歳も立場も下。

なので、理不尽なことを言われたり、仕事を押し付けられたりしていたんです。

それでも、決して悪口は言いません。

筆者はある時「〇〇(嫌われ者)さんのことって、嫌じゃないの?」って聞いたことがあるのですが「嫌いじゃないです」って言うんです。

それに、いくら聞いても嫌いな人はいないと言います。

筆者としては、「嫌いな人がいない」という人が理解出来なくて、「でも〇〇(嫌われ者)さんに、理不尽なこと言われたりしてるよね?その時って、どういう気持ちなの?」としつこく聞いたら…「しいていえば…苦手です」と。

そこでようやく、謙虚な人の頭の中が少しわかった気がしたんです。

筆者だったら、“苦手な人=嫌い”になっていくのですが、謙虚な人には“嫌い”という概念がないんですよね。

だから、悪口も生まれてこないんです。

7.人の痛みを知っている

そして“人の痛みを知っている”のも謙虚な人なんです。

人の気持ちに寄り添えるところもあるんですよね。

謙虚な人は控え目ゆえに、人から仕事を押し付けられたり、反論をしてこないがゆえに、人からあたられたりすることも多いと思います。

それで人を嫌いになったりすることは無いものの、苦しんでいる立場の人の痛みは知っているんです。

筆者の元部下の謙虚な子も、筆者の立場をよく理解してくれて、だまって仕事を手伝ってくれるような子でした。

そこに、上司の仕事を手伝っているというアピールもありません。

ただ大変そうだから手伝う。

苦しそうだから寄り添う。

そんな、純粋な気持ちなんですよね。

そうやって結果的に、謙虚な人は可愛がられるんです。

8.気遣い上手

謙虚な人は“気遣い上手”でもあります。

人の痛みを知っているという特徴のところでもお話したように、相手の立場や状況をよく見ているところがあって、自然と気遣いができるんです。

謙虚な人にとっては、気配りをしようと意識しているわけでもなく、自然で当たり前の行動なんですよね。

やはり、自分を偉いものとも思わず、自分をわきまえているから出来ること。

いつも謙虚な姿勢でいるので、「自分が出来る事はやろう」という気持ちになるのだと思います。

人は経験を積めば積むほど、年齢が上がれば上がるほど、驕りの気持ちが出てくるものです。

その驕りの気持ちは、「それは私がやることではない」「この人に気を使う必要は無い」と、立場や状況で選んだりする行動に繋がります。

謙虚な人は、「自分がやることかどうか」ではなく、「自分ができることかどうか」で行動しているのです。

9.見えないところで頑張る

“見えないところで頑張る”のも謙虚な人なんですよね。

本人的には、頑張っているところを見せないようにしているつもりはないと思いますが…
控え目ゆえ、アピールすることがないので、周囲から見て“見えないところで頑張っている”ように思われるんですよね。

それでも、見ている人は見ているモノです。

上司の立場にもなると、スタッフ一人ひとりが本当によく見えるものです。

上司に人懐っこく慕ってくる人ほど、陰で上手にさぼります。

要領よく仕事をするので、自分のアピールに繋がる仕事をやって目立つけど、細かい仕事はやりません。

一方で謙虚な人は、目立つことこそありませんが、自分の出来る事はどんなことでもコツコツこなしていきます。

見えないところでも手を抜かない。

それが、謙虚な人です。

10.副部長や副リーダーに向いている

謙虚な人は“副部長や副リーダーに向いている”という特徴も言われています。

人の痛みがわかり、気遣いができる謙虚な人は、部長やリーダーとスタッフの間の、潤滑油のような存在になれるんですよね。

どちらの気持ちも理解できるので、二番手が適任と思われているのでしょうね。

でも筆者は個人的に、謙虚な人こそ一番手が向いていると思います。

一番手こそ謙虚で落ち着いた人で、二番手がぐいぐい引っ張っていくタイプのほうが、チームは上手く行ったりするんです。

確かに、トップがあまり控えめ過ぎると、他部署や他店舗との対立に弱い部分もありますが…謙虚な人は、態度は控え目でも、自分の考えや野心をちゃんともっているものです。

我が強い人がトップだと、一見統率力を発揮してくれそうにも思いますが、スタッフが方向性に疑問を持った時、組織は一気に崩れます。

二番手が統率力を発揮し、ここぞという時にトップが方向性を指し示す。

その為には、常に全体を見ている謙虚な人こそ向いていると…筆者は思います。

どちらにしても、トップと二番手のバランスが重要で、謙虚な人は、どの立場に立っても力を発揮できるということです。

11.聞き上手である

“聞き上手”なのも、謙虚な人の特徴となっています。

人の気持ちや痛みがわかる人だし、控え目な人なので、人の話は聞き役に回ることが多いんですよね。

自分のアピールや、自慢話をしてくることがなく、人の話の最中に自分の考えを挟んできたりもしません。

ただ黙って人の話に耳を傾ける。

それが、謙虚な人なのです。

それでも、自分の考えがないわけでもなければ、ただ聞いているだけでもありません。

「どう思う?」と聞かれれば、ちゃんと意見を述べられるんです。

でも、聞かれるまでは口を挟まないのが、謙虚な人。

自分から意見を主張するようなことはしないんです。

12.周りをよく見ている

これまでもお話してきたように、謙虚な人は“周りをよく見ている”人なんです。

周りが見えているから、気遣いができるし、人の痛みも知っているんです。

また、周りを良く見ているから、自分をわきまえることが出来るとも言えますよね。

謙虚な人は、周りを見ているからと言って、自分と周囲の人を比較したりはしていません。

もちろん、他人と他人を比較することもありません。

自分がいて、自分の周りに人がいて、その人それぞれがどういう人で、何をやっていて…と、ただ自分の置かれた環境や状況を把握しているんですよね。

世の中の道理を心得ている。

とも言えるのではないでしょうか。

13.自分が何をすべきか分かっている

この様に、自分と周囲が見えていて、自分をわきまえている謙虚な人は、“自分が何をすべきかが分かっている”んですよね。

周囲の人がやっていること、やらなければならないことがある中で、自分が出来ることと出来ない事が分かっていて…自分が何をすべきかを考えることが出来るんですよね。

そして、自分が出来る事で、すべきことを、そのまま行動に移せるのが謙虚な人です。

先ほどもお話したように、謙虚な人は「自分がやることか、人がやることなのか」ではなく、「自分ができることかどうか」で動きます。

周囲の状況がある中で、自分が出来る事をやるのが謙虚な人。

自分をわきまえているから、自分が何をすべきかも分かるんです。

14.「ありがとう」を忘れない

謙虚な人は“「ありがとう」を忘れない”人でもあります。

謙虚な人が謙虚なのも、根底には人に対する感謝の気持ちがあるからなのでしょうね。

素直に学べる気持ちがあるのも、偉ぶったりしないのも、感謝の気持ちがあるからです。

気遣い上手なのも、人の痛みが分かるのも…全部、人に対して感謝があるからですよね。

ですので、謙虚な人の「ありがとう」からは、素直で純粋な気持ちが伝わってきます。

人に対する感謝の気持ち、「ありがとう」という言葉。

これって大事だと、よく言われますよね。

でも実は、筆者はこの“感謝の法則”的な話があまり好きではありません。

この法則を知って使っている人からは、どうしても下心を感じるし、ありがとうの気持ちは伝わってこないからです。

でも謙虚な人からは、純粋なありがとうを受け取ることが出来ます。

控え目で言葉数も少ないけど、自分の気持ちを発信するのがちょっと下手だけど…でもそんな謙虚な人が言ってくれる言葉だからこそ、心からの感謝の気持ちが伝わってくるものです。

15.素直に自分の非を認める

謙虚な人はもちろん、“素直に自分の非を認める”ことが出来る人ですよね。

自分を偉いとも思わず、素直に人に学べる謙虚な人にとって、当たり前のことです。

何度も登場している筆者の元部下の子も、非は非で素直に認められる人でした。

筆者は立場上、よく怒ったり注意したりしていましたが、彼女が面白くなさそうな顔をしたり、反論したりしてきたことは一度もありません。

一度言えばちゃんと改善し、難しいことは陰でちゃんと努力が出来る人でした。

あまりに反論が無いので萎縮しているだけかと思い、ある時「私怒ってばかりでこわいよね。ごめんね。」って言ったことがあるんです。

そしたら「こわい時もあるけど、チーフは理不尽なことで怒ったりしないので、納得しかありません」って言われたんです。

良かった…と思うと同時に、本当に素直なんだな~って思ったものです。

それに、怒りに任せて注意をしていても、ちゃんと内容を聞いてくれているんですよね。

「怒ってるからそっとしておこう」ということではなく、きちんと言われている内容を把握し、自分の非は非で認めることが出来る。

謙虚な人は、そういう人なんです。

16.「誰かのために」という意思

謙虚な人には“「誰かのために」という意思”もあります。

自分が自分が…と、自分しか見えていない人と違って、自分も周りもちゃんと見ている謙虚な人は、誰かのために動ける人でもあるんですよね。

かといって、自分を犠牲にして誰かのために…と思っているのではありません。

自分も誰かも、同じように大切だと思っているのです。

誰かのために何かが出来る人は、よく自分を犠牲にしているようにも思われますが、本当に謙虚な人は、誰かのために行動していても、自分を犠牲にはしていません。

周りから見た状況的に、犠牲になっているように見えても、本人は犠牲を払ってやっているつもりはないはずです。

どこまでも謙虚。

それが謙虚な人というものです。

️おとなしく控えめ、謙虚な人

ここまで、謙虚な人の特徴を16個、余すところなく解説してきました。

謙虚な人への理解は深まったでしょうか?

謙虚な人は、おとなしくて控え目ではあるのですが、決して自分を犠牲にしているわけではなく、自己卑下しているのでもありません。

謙虚と似ている言葉で、謙遜なんてのもありますが、謙虚な人は謙遜しているのとも違います。

謙遜する人を、謙虚な人と捉える人もいますが、筆者はまったく別物だと思っています。

️あなたの周りにもいますよね?思い浮かべてみて!

謙虚さを理解すると、本物の謙虚な人って多くはないですよね?
あなたの周りの人を思い浮かべてみてください。

ここまでもお話してきたように、筆者がこれまで出会ってきた人の中で、本当に謙虚な人は、元部下だった女性ひとりだけです。

謙虚な人を心底理解すると、なろうとしてもなれないことがよく分かりますよね。

謙遜はすることが出来ても、控え目な態度をとることは出来ても、大抵それは我慢になってしまいます。

だから、我慢でもなく、驕ることも無い謙虚な人は、出来た人だと言われるんです。

️謙虚過ぎると欠点になる!?

ただ、謙虚すぎるとそれが欠点になる場合もあるんですよね。

これも、“周囲から見て”の話だとは思いますが…。

おとなしくて控え目なだけに、競争社会では後れをとりやすく、我が強い人たちの中に置かれると、目立たない存在になってしまいがちです。

筆者は、それでもコツコツ頑張る謙虚な人が好きですが、仕事では不利になりやすいのも事実です。

本人にはしっかり意思や意見があっても、それが周りに伝わりにくいんですよね。

消極的すぎる

まず謙虚な人の欠点といえるのが、“消極的すぎる”こと。

謙虚な人の中でも、タイプによって違うとは思いますが、人より消極的に見られるのは間違いありません。

また、何でも“すぎる”のは欠点になってしまうんですよね。

謙虚さが災いして消極的“すぎる”ほうに転んでしまうと、先ほどもお話したように、競争社会では出遅れてしまいます。

それでもコツコツ歩を進めるのが謙虚な人ではありますが、周囲から見ればちょっと不器用にも映りますね。

筆者の元部下の子も、ちょっと消極的すぎるところがあったので、違う店舗や本社の人たちからは、なかなか評価されませんでした。

代わりに筆者が売り込みをしてましたけど、理解されないことがほとんどでした。

本人は気にしていなくても、傍にいる人たちから見ると「もどかしい!」
謙虚な人にはそんな一面もあるんですよね。

【もどかしい気持ちについては、こちらの記事もチェック!】

褒め言葉に過剰に謙遜する

また、“褒め言葉に過剰に謙遜する”のも、謙虚な人の欠点と言われています。

謙虚な人は自分を高く見積もらないので、褒められても謙遜してしまうんですよね。

でも本当は、謙遜しているのじゃなく、本気で違うと思っているのが謙虚な人。

過剰に謙遜している人は、ほとんどが根っからの謙虚な人ではありません。

謙遜する人なだけです。

本当に謙虚な人は、過剰に謙遜することはなく、褒め言葉を有りがたく受け取るものです。

それでも「自分にはもったいない言葉」だと、遠慮するだけなのです。

ある意味…過剰に謙遜する人と同じだと思われてしまうのが、謙虚な人の欠点ともいえそうですよね。

自分の意見を全く言わない

控えめ過ぎて“自分の意見を全く言わない”のも、謙虚な人の欠点と言えますよね。

本当は自分の意思も意見もしっかり持っているのに言わない。

これだと、自信が無い人とも見られてしまうんですよね。

謙虚な人は、自信が無いわけでは無のですが、やっぱり勘違いされやすいんです。

筆者の謙虚な元部下も、聞いてみると将来の夢や野望をしっかり語れる人でした。

むしろ他の人より野心家だったりするんです。

心の奥底で静かに闘志を燃やしているのだけど、それが表面に出てこない。

特に仕事上では不利になってしまうんですよね。

なめられやすい

謙虚な人は、おとなしくて控え目なだけに、“なめられやすい”のも欠点になってしまいます。

素直すぎて、理不尽なことを言われても、仕事を押し付けられても、純粋に受け入れちゃったりするんですよね。

そんなところが、なめられやすかったりするんです。

本当は、謙虚な人だと気づかずになめてかかってしまう人たちの方が、浅はかなんですけどね…
謙虚な人は美しい人だけど、なめられてしまうのはやっぱり本人にも問題がありますよね。

存在感がない

“存在感が無い”のも謙虚な人の欠点になってしまいますね。

筆者には、謙虚な人はキラリと光る原石のように見えましたけど、浅はかな人たちの目には留まりません。

謙虚な人本人は、存在感があるかないかなど全く気にしていないと思われるのですが…周囲から見ると勿体ない!と思えてならないのが、謙虚な人だったりするんですよね。

️ときには労いの言葉をかけてあげて!

謙虚さが欠点となることもある謙虚な人ですが、謙虚な人の姿勢から学べるものは多いです。

筆者も、謙虚な人の言葉や姿勢に、気付かされることは多々ありました。

そんな謙虚な人には、感謝の気持ちと共に、ときには労いの言葉をかけてあげてください。

謙虚な人は、控え目なだけにスポットを浴びることが少ないのですから。

「あなたがいて本当に助かったよ」

謙虚な人に助けられたこと、さりげなく支えてくれていることに気付けていますか?
謙虚な人は見返りを求めていませんが、気付けるかどうかで、あなたの謙虚さレベルも試されています。

謙虚な人がしてくれたことに気付けたなら、「あなたがいて本当に助かった」と、声をかけてあげましょう。

「あれあなたがやったの?すごいね!」

謙虚な人は、自分の功績を自慢することも、ひけらかすこともありません。

それだけに、あなたが人をちゃんと見ているか、周囲がどれだけ見えているかも試されています。

謙虚な人がやったことに気付けていますか?
謙虚な人は、自分が出来る事をやるのは当たり前だと思っています。

そんな人になら、「すごいね!」と素直に功績をたたえることが出来ますよね!

「あなたの言葉に支えられたよ」

謙虚な人は、人の話をきちんと聞き、言葉数が少ないながらも、心を込めた一言をくれたりしますよね。

静かに寄り添ってくれる謙虚な人には、感謝の気持ちをもって「あなたの言葉に支えられたよ」と伝えてあげましょう。

謙虚な人にとっては当たり前のことなので、びっくりされちゃうかもしれませんが、きっとあなたの感謝の気持ちは素直に受け取ってくれるはずです。

「能ある鷹は爪を隠すってあなたのことだよね」

“能ある鷹は爪を隠す”とは、まさに謙虚な人のことと言えますよね。

本人は自分がそうだとは思っていない…とは思いますが、あなたが謙虚な人の才能に気付けたのなら、ぜひ伝えてあげましょう!

筆者も謙虚な元部下には、よく言葉で伝えていました。

控えめ過ぎるところがあると、いつまでも学ぶ立場から抜け出せなかったりもすると思うんです。

生涯学びは必要ですが…謙虚さを欠点に見られないようにするためには、自分の良さを自覚してもらうことも大切ですよね!

️謙虚な人は隠れ努力家!よく観察してみよう

謙虚な人は目立たない。

控え目だけど、その人間性の素晴らしさは誰もが認めるものです。

簡単に真似は出来ないけど、謙虚な人のことを理解し、尊重することは出来ますよね?
そんな謙虚な気持ちに触れると、少しは謙虚さも身に付いてくるかもしれません。

謙虚な人は、自分も他人も同等に尊重しています。

お互いに尊重しあえる謙虚な人と、良い関係を築きたいものですよね!