片思い…大好きな人がいるけれどもその思いは相手に伝わらずに、ひとり一途に相手を思い続けている状態ですね。

恋心は誰の心もときめかせるものですが、片思いには相手に自分の好きな気持ちが伝わっていない分ツラいものがあります。

曲の歌詞でも片思いをテーマにした曲が多くあるように、多くの人が一度は経験することであるといえます。

人は恋に落ちるとその相手のことをよく知りたいと思いうようになります。

そして出来れば相手と恋人同士になって幸せな交際をしたいと願うものです。

片思い状態の時には自分の恋心が相手には伝わっていません。

そのためある意味切なさが募るので心苦しい状態ともいえます。

中にはその気持ちを前向きに捉えて自分の魅力を高めようとする人もいます。

そのような前向きの状態になれれば良いのですが、片思いの苦しさから悲観的になってしまう人もいます。

もちろん積極的に相手をデートに誘ったりして、見事交際に漕ぎつける人もいるでしょう。

しかし性格的にシャイであったり、相手との関係が思いを伝えられない関係であると告白も出来ずに片思いの状態が続き、つらい思いを経験します。

片思いをしている人はどの様な時につらい思いを感じるのでしょうか?今回は片思いをつらいと感じる瞬間7選を紹介します。

現在片思いをしている人には共感できる部分もあると思います。

また、片思いがつらい時の対処法もお伝えしますので、実際につらいと感じている人は参考にされてみて下さいね。

片思い自体は人間の繊細な感情の現われで、美しい感情ともいえると思います。

恋心は人の感性を磨き、感受性をより豊かにしてくれるます。

片思いも気持ちと上手に付き合うことで、人生をより豊かで素敵なものにしてゆきましょう。

片思いってつらい…と思った瞬間7選

誰でも人を好きになったことはあると思います。

クラスの男子が突然気になりだして気が付いたら頭の中から彼のことが離れなくなってしまったり、優しくしてくれる会社の同僚にいつの間にか恋愛感情が芽生えているなんてことも珍しくありません。

その思いが成就すれば、好きな相手と交際することも出来ますが、ひとり相手を思う状態、つまり片思いでいる人も多くいます。

理由は人それぞれですが、片思いで過ごす日々を送る男女は意外と多いのです。

そんな切なくも好きな人がいる幸せが感じられる片思いですが、やはり好きな相手に思いが伝わっていない分つらく感じる瞬間が起きてきます。

この章では片思いってつらい、と思った瞬間を7選紹介してゆきます。

人はどのような瞬間に片思いがつらいと感じるのかを見てゆきます。

そしてつらい時の具体的な対処法も紹介してゆきますので参考にしてみてくださいね。

人により効果的な対処法は変わってきますが、片思いをつらいと感じる時に的確に対処すれば、その気持ちを昇華して告白する勇気を得たり、片思いでも幸せな気分になることが出来ます。

実際片思いの時の方が相手を思う気持ちは強かったという人もいるくらいです。

ですので、片思いの自分を楽しむくらいの気持ちでいる方が前向きで良いのかも知れません。

それでは具体的に片思いをつらいと思った瞬間7選をお伝えしてゆきます。

1.伝えられないとき

何といっても片思いでつらい時はその恋心を好きな相手に伝えられないと実感している時でしょう。

大好きな人が目の前にいるのにその気持ちを伝えられずにいる状態。

片思い自体をつらく感じる瞬間です。

大好きで告白したい気持ちも日々高まるのにそれが出来ないと、つらい気持ちの方も高まってしまいます。

ドキドキするほどに相手が好きなのに思いを伝えられないつらさが自分を打ちのめします。

それでも好きな気持ち自体は幸せな気分も持ち合わせているので、その狭間で気持ちが揺れ動くことになります。

何とか告白出来れば結果が出るので、片思い特有のつらさからは抜け出すことが出来ます。

しかしそれが中々出来ないところがつらさを生む原因になるのです。

気持ちを伝えたいけどフラれたら友達には戻れない

ではなぜ好きな気持ちを相手に伝えられないのでしょうか?一番大きな理由は、好きな気持ちを伝えたいけどフラれたら友達には戻れない!という心配が告白を躊躇させているのです。

一度告白して相手に自分の恋愛感情を知られてしまい、フラれてしまった後に、今までのような友達関係でいられなくなるという心配や恐怖があるので告白をする勇気が出て来ないのです。

また、自分に自信がないために告白出来ない場合もあります。

どちらにせよ告白してフラれ、元の人間関係に戻れなくなることが一番の懸念材料になっています。

その気持ちは若い世代ほど強い傾向にあります。

ある程度経験を積んだ大人であれば、お互いが相手を思いやり、例えフラれても相手と今までの関係を保つことが出来ることが多いのです。

若いうちはフラれた側も恥ずかしかったり気まずくなったりしますが、ふった側も相手に対して気まずさを抱くことが多いので、そのお互いの感情が告白を難しいものとしているのです。

フラれたら元の友達にはなれない、そんな繊細な思いが告白を躊躇させ、片思いをつらいと感じさせているのです。

2.自分が一番じゃないと感じたとき

片思いの最中に、相手の行動に傷つきつらいと感じる場合もあります。

相手の行動から、自分が相手にとって一番ではないと感じた時がそれにあたります。

好きな人には自分を一番に見てもらいたいと思っている人には、相手が違う素振りを見せるとつらいと感じる時があります。

相手は自分の好きな気持ちを知らないし、交際しているわけではないので当然といえば当然ですが、すでに片思いでも好きになっている場合、自分を見て欲しい、一番興味をもっていてもらいたい、という気持ちが芽生える人もいるのです。

そんな気持ちが芽生えると、相手が自分を一番ではないと思われる行動をとるとつらいと感じるのです。

その気持ちは嫉妬心が絡んでいることがほとんどです。

交際中の嫉妬であれば相手にいうことも比較的簡単でしょう。

しかし、片思い中の嫉妬は、実際には交際していないために中々いうことが出来ません。

そこにつらさがあるのです。

好きな相手が友達を優先したり仕事が忙しく会えない

例えば好きな相手を休日にデートに誘ったとします。

しかし相手は他の友達を優先して自分の誘いを断った場合など、心の中で深く傷つくことがあるのです。

お誘いを断った相手にしてみれば、恋人でもない相手のお誘いを断っただけなので、あまり罪悪感も感じていません。

相手が片思いをしている人の気持ちに気が付いていないことが、この場合のつらさを作る原因になっているのです。

原因を作ってはいますが、相手にも罪はないでしょう。

また、好きな人が仕事を優先しても、同じ様なつらさを片思いをしている人が感じることもあります。

自分はこんなにもあなたのことが好きなのに、あなたは仕事をいつも優先する、私はあなたの一番にはなれない、と嫉妬してしまうのです。

このパターンは交際中のカップルでも見受けられることがあります。

多くの男性にとって、仕事と恋愛は別ジャンルの出来事なので、仕事と恋人を同じ物差しで測ることはしません。

そのため仕事は仕事、恋愛は恋愛と別に考えています。

しかし、中には仕事と恋愛を同じ物差しで測ろうとする女性もいるのです。

そんな女性は好きな相手が仕事を優先すると自分が大切にされていないと感じてしまいます。

もちろん、あまりにも仕事を優先して仕事一辺倒の場合は別ですが、時々仕事を優先する場合は仕方がないことといえるでしょう。

特に片思いの人の場合は、相手がその人の恋愛感情に気付いていないので、その人を一番大切に考えてくれることは難しいことといえるでしょう。

3.他の異性と楽しそうに話してる姿を見たとき

大好きな人が他の異性と楽しそうに話している姿を見てしまったとき、人はつらいと感じます。

相手が幸せなのは分かるのですが、その場に自分がいないことが寂しさを募らせます。

そしてそれでも相手が好きな自分の気持ちをつらく感じるのです。

片思いなので相手が他の異性と楽しくすることは何の問題もないのですが、片思いをしている人から見れば一大事に映る場合があります。

特に他の異性が好きな人の体に触れたりしたら嫉妬心が起こるでしょう。

稀に幸せそうで楽しそうな好きな人の姿を見て幸せを感じる人もいますが、自分がいないところで楽しそうにしている好きな人の姿を見た場合、つらさを感じてしまうものです。

その感情自体は悪いものとはいえませんが、本人には片思いがつらいと感じる瞬間です。

自分にはなにも言う権利がない

.他の異性と楽しそうに話してる姿を見たとき、つらいと感じるのは嫉妬心や、相手が他の人を好きになってしまうかも知れないという心配があるからです。

そしてその気持ちは交際中の相手に対しても沸き起こることがあります。

しかしその場合は交際相手にその気持ちを伝えることが出来ます。

中には楽しそうにしていた異性との付き合いを止めるように迫る恋人もいることでしょう。

片思いの人のつらいところは、自分には好きな相手に対してなにも言う権利がないと感じているところです。

実際に相手は自分の恋人でもなく、恋愛感情も自分に対して持ち合わせていないのですから当然です。

当然ですがそこに片思いの人のつらさがあるのです。

4.相手に嫌な思いをさせているかもしれないと不安になるとき

片思いをしている人が真面目な性格の場合、自分の気持ちに対して不安になる場合があります。

自分の恋愛感情が、相手に嫌な思いをさせているかもしれないと不安になるのです。

とても真面目な性格といえますが、本人はつらいでしょう。

また過去にフラれた経験が自信をなくさせて、相手にまた迷惑をかけるのではと不安になる人もいます。

フラれてしまうこと自体はフラれてしまった本人にとって残念なことではありますが、決して悪いことではありません。

そのことで自分を責める必要はないのです。

世の中にはフラれてもめげずに何回も告白にチャレンジして見事カップルになる人もいます。

真面目で過去の失敗した告白を引きずっている人はそんな前向きな人を見習って、片思いの相手と仲良くなれるように接してみましょう。

恋人にすぐになれなくても友達であればハードルも低くなります。

また、恋愛以外の過去の出来事が原因で自分に自信が持てずに、自分の片思いの気持ちに後ろめたさを持つ人もいます。

家庭環境がよくなく、両親に冷たくされて育ったりすると、自分に自信が持てないまま育つことになります。

その自信の無さが片思いをしている自分の気持ちを悪く捉えてしますのです。

しかし、片思いの気持ちは素敵なものです。

人を好きになる気持ちは尊くてワクワクすることが本来の気持ちの表れであるといえます。

片思いの気持ちに罪悪感を感じることなく過ごしましょう。

連絡をしたいけどしたらしたで迷惑かもしれないと恐怖にかられる

自分に自信がない人や、恋愛感情に罪悪感を感じてしまう人は、好きな相手に連絡をしたくてもその行為が迷惑になるかも知れないと恐怖にかられてしまう場合があります。

本来人は誰でも幸せになる権利がりますし、恋愛感情を抱くことも自由です。

過去のトラウマや告白してフラれた経験に捉われたり、一度も告白や恋愛をして経験がなくて自分に告白をする自信がない人も過度に自分を責める必要はありません。

誰でも告白には勇気が要るものです。

勇気を出して行動に移してみましょう。

万が一フラれても、また立ち直ればよいのです。

少しの勇気で大きく自分を変えることが出来るのです。

5.相手に恋の相談をされたとき

好きな相手に恋の相談をされたとき。

これは片思いをしている人にとてもつらいと感じさせる出来事です。

大好きな人から連絡があり、告白をされるのではとドキドキしていると、その人の恋の相談をされてしまった場合、本人のショックは大きいでしょう。

相手にアドバイスをしながらも気持ちはショックを隠し切れません。

そのつらさは経験したことがないと分からないでしょう。

好きな相手は相談をしている人が自分のことを好きだとは考えていないので恋の相談をするのですから、その理解されていないつらさもあります。

このように片思いをしている相手に恋の相談をされてしまった経験のある人は皆つらい経験だったと当時を振り返っているようです。

もちろん時が経ち他の誰かと恋愛が出来ればそのつらさも段々薄れてゆきますが、この好きな相手に恋の相談をされたときのつらさは、片思いをつらいと感じる瞬間の中でも大きなつらさであるといえます。

否定することもできないし心から応援もできない

好きな相手の恋の相談ですから否定も出来ませんが心からの応援も出来ません。

そのジレンマがつらい気持ちを増長させます。

相手が「相談して良かった」と言おうものならそのつらさはさらに大きくなるでしょう。

もちろん片思いをしているので相手の幸せを願う気持ちがあります。

しかし自分ではなく他の異性に恋をしている相手に対して不満も生まれますし、自分が惨めな気持ちになってしまいます。

この二つの対局の気持ちが沸き起こるので、この好きな相手に恋の相談をされたときはつらいのです。

6.好きな人が遠くに行ってしまうとき

片思いをしている相手が仕事の出張や留学、引っ越しなどで遠くへ行ってしまうとき、片思いがつらいと感じる瞬間のひとつです。

突然の好きな相手との別れはたとえ交際していなくてもつらいものです。

また、今まで片思いで好きな気持ちを伝えていないので、告白のチャンスがさらに遠のいてしまうことも不安をあおります。

自分にも今の生活や仕事がありますから一緒に付いて行くことも出来ません。

ますます片思いの気持ちが強まるでしょう。

ドラマや映画でもこのような片思いの人との別れのシーンはよく出てきますね。

ドラマや映画の中では切なくて感動的なシーンに見えても、現実に経験するとなるとやはりつらい経験になると思います。

またフラれてしまうこともつらいのですが、この場合は半ば強制的に好きな人と会えなくなるのですからまた別のつらさがあります。

ついてもいけないし遠方でほかの誰かに恋をしてしまうかもしれないという不安に襲われる

好きな相手が遠くへ行ってしまうと、自分は合い手について行くことが出来ませんから、相手と出会う機会がなくなってしまいます。

今まで片思いながらも好きな相手のことを見ることや話すことが出来ていたわけですが、それも出来なくなってしまいます。

また遠方で他の誰かと恋に落ちる可能性も十分にありますので、その不安も襲ってきます。

今ではLINEなどのSNSを使用すれば連絡を取ることは可能です。

しかし好きな人とは片思いでも近くにいたいと思うものです。

それが出来なくなることにこの遠方に好きな人が行ってしまうことのつらさがあります。

7.永遠に叶わないとき

片思いをつらいと感じる瞬間で、恐らく一番つらいと感じる瞬間が永遠にその片思いの恋が叶わないと悟った瞬間でしょう。

告白をしていない状態で感じるつらさには、もしかしたら告白をすればカップルになれるかも知れないという可能性が残されていますが、自分にはその恋が永遠に叶わないものなのだと知ったときが一番つらく感じる瞬間です。

例えば大好きな人がいて片思い状態が続いていて、告白を考えていたら恋人がいることが分かった場合、その片思いはツラいものになるでしょう。

片思いはたとえつらい時があっても自分にも付き合える可能性が残されていれば希望が持てます。

実際多くの片思いの人はその希望があるからこそ片思いでいることが出来るのだと思います。

しかし相手との恋が永遠に実らなと分かってしまったら、その片思いの気持ちも終わることでしょう。

告白してフラれたり相手が結婚した

永遠に叶わないこととして片思いが終わるケースには、大きく分けて二つのケースが挙げられます。

一つ目は告白をしたけれどもフラれてしまった場合。

この場合は勇気を出して告白はしたけれどもフラれてしまったケースのことです。

多くの片思いの人が恐れることがこのフラれてしまうことです。

この恐れがあるために告白が出来ずに片思いでずっといる人も少なくないのです。

また、もうひとつの永遠に叶わない片思いには好きな相手が結婚してしまうケースもあります。

相手は結婚をしてしまうので自分に振り向く可能性は限りなく低くなってしまうのです。

どちらもつらい出来事に違いはありませんが、そこでショックを引きずり長い間独りで過ごし、新しい恋をしないでいることはおすすめしません。

残念ながら人は何かをしていても、何もしなくても年を取ってゆくからです。

もちろん高齢になっても恋は出来るでしょう。

それはそれで素敵なことですが、出来れば若いうちから幸せな恋愛をしたいものです。

永遠に叶わない恋を迎えた場合、もちろん悲しみに浸る時間も必要でしょう。

しかし、いつまでも悲しみに浸らずに前向きに次の恋に向かうことをおすすめします。

そして自分の人生の行き先を決めるのは自分自身です。

どうせなら素敵な恋をする人生を選びましょう。

最初は片思いでもよいと思います。

次の片思いは成就させる意気込みで素敵な恋をしましょう。

つらいときの対処法

ここまで、片思いをつらいと思う瞬間を7つのケースに分けて説明してきました。

どのケースもつらいことに違いはありません。

また、正に今そのようなつらい時に面している人もいるかも知れません。

確かにそれはつらい出来事であることでしょう。

ですが、そのつらさにいつまでも浸る必要はないのです。

明けない夜明けがないように、片思いのつらさにも終わりが来ます。

ただし、人間には恋が出来る時間に限りがあります。

出来るだけ早いうちに片思いのつらさから抜け出す必要があります。

この章では片思いのつらさから抜け出す対処法をお伝えしてゆきます。

まずは片思い中に感じるつらさを軽減させる対処法を具体的にお伝えしてゆきます。

その後の章では片思いの相手との恋を成就するための具体的な方法もお伝えしますのでお楽しみに。

ご自身に合った方法を見つけて実践してみてください。

良い結果になるよう願っています。

それでは具体的な対処法をお伝えしてゆきます。

他の人に目を向けてみよう

片思いをすると他の人のことが目に入らなくなりがちです。

落ち着いて周りを見れば、片思いの相手以外にも素敵な異性はいるものです。

そうすることで焦りを軽くすることが出来ます。

趣味を見つける

片思いをすると、その気持ちが一日の大半を占める場合がありますが、その気持ちがつらい場合は、何か他のことに注意を向ける必要が出てきます。

例えば自分の趣味を作り、そのことに集中する時間を設けるのです。

そうすることで少し片思いの気持ちから離れることが出来るので、落ち着いて恋愛感情に向き合えるようになります。

自分を磨く

片思いの間に自分を磨いておくことも良いことです。

片思いで恋人がいない分、自分の時間は多くあると思います。

その時間を利用して自分に投資をするのです。

資格取得をするのもよいですし、旅行などで見聞を広めることもよいでしょう。

自分の魅力が増せばいざ告白の時にも成功する確率が高まります。

相手の連絡先を消す

あえて相手の連絡先を消す方法もあります。

これは相手への未練を絶ちたい時に有効です。

まだ告白したい気持ちがある人にはおすすめしませんが、片思いの気持ちを諦めて新しい考えや生活スタイルを取り入れたい人にはおすすめです。

片思いの恋を成就させるには

前の章では片思いをつらいと感じる時にどのように対処すればその気持ちを軽減出来るか、その対処法についてお話ししました。

実際につらい気持ちを軽減させれば前向きな気持ちも生まれてくるので、新しい発想や行動力も生まれてくるようになるでしょう。

そうすれば片思いの状況を変えてみようという新たな気持ちも芽生えてくると思います。

この章では片思いの気を成就させるためにはどのようなことをすればよいかをお伝えしてゆきます。

片思いのままでは大好きな相手と恋人同士にはなれません。

勇気を出して具体的な行動をとることで初めて相手と交際出来る可能性が生まれます。

もちろん必ず恋愛が成就するとは言えませんが、行動をしなくては状況は変わりません。

中には好きな相手から告白されるという幸運な人もいるかも知れませんが、自分から行動することで幸運をつかむことも出来るのです。

素敵な恋愛を送るための最初のきっかけを、これからお伝えする方法でつかみましょう。

それでは具体的な方法をお伝えしてゆきます。

相手の好みになる努力をしよう

好きな相手のことをよく知り、相手の好みになる努力をしてゆきましょう。

相手にも趣味や好みの料理、ファッションなど色々な特徴があると思います。

その特徴に合わせて相手を知り、相手の好みの異性になる努力をしましょう。

相手が興味を持てる自分になることが出来れば、相手の方から距離を縮めてきてくれることも考えられます。

しかし、相手の好みになるとは、自分自身の良さや考えを捨てることではありません。

相手の好きなものを取り入れつつ自分自身の元々ある良さや自分らしさも捨てないようにしましょう。

そうすることで新しい魅力を持つ自分を作ることが出来るのです。

相手の話をたくさん聞く

大好きな相手の話をたくさん聞くことも大切です。

片思いの相手と話が出来るチャンスが来ると、つい場を持たせようとしたり、自分のことをアピールしようとしたりで相手の話を聞くことを疎かにしてしまいがちです。

その様なことにならないように相手の話をたくさん聞くように心がけましょう。

人は誰でも自分のことに興味を持ってもらえると嬉しいものです。

その嬉しさを好きな人に感じてもらうのです。

あなたが好きな相手の話をたくさん聞くことが出来れば、相手もあなたに好感を持ってくれるでしょう。

もちろん人の性格は色々ですから話好きな人もいればあまり話が得意でない人もいます。

相手のペースをうまくつかんで話を引き出すようにしましょう。

自分をしっかりアピールする

相手の話をよく聞くことも大切ですが、自分のことをしっかりアピールすることも大切です。

自分がどのような人間であるのかを伝えるのです。

それはそのまま相手の自分に対する判断材料になります。

ここでうまく自分をアピール出来ればまずは良い友達として、さらには恋愛対象の候補として見てもらえるかも知れません。

ポイントはアピールが自慢にならないこと。

自慢話は本人しか気持ちが良くならないことが多いため注意が必要です。

あくまでも自然に自分の趣味や考えをアピールしましょう。

楽しい会話を心掛けてアピールすれば良いのです。

好きな気持ちをしっかり伝える

告白の成功には情熱も必要です。

あなたの相手を好きだという強い気持ちが相手の心を動かすのです。

好きな気持ちを伝えるタイミングは大切ですが、しっかりとその気持ちを伝えることで相手もあなたの気持ちを理解することが出来るようになります。

告白のタイミングをしっかり見計らう

片思いの状態から相手に告白をする際に、そのタイミングを見計らうことが大切です。

しっかりとお互いがお互いを理解して来たと実感出来て、相手も自分に好意を持ち始めてきたと思える頃がタイミングとしてベストでしょう。

焦り過ぎは禁物です。

長い間
いると、つい相手と仲良くなれた喜びから告白を急いでしまいがちですが、相手がまだ自分のことを恋愛対象として見てくれていない場合も考えられます。

しっかりと相手から発せられるサインを見逃さないようにしましょう。

あなたを見る目がウットリとしていたり、表情が熱っぽく感じられたり、SNSのスタンプがハートマークを使ったものになってきたりしたら相手もあなたに好意を持ち始めたと見てよいでしょう。

焦らずにサインを確認してから告白をするように心がけ、せっかくのチャンスをしっかりとモノにするようにしましょう。

最後に

いかがだったでしょうか?片思いをつらいと思う気持ちは片思いを経験したことがある人は誰でも感じたことがある感情だと思います。

片思い自体は恋心が引き起こすことなので自然な気持ちから起こることです。

その気持ち自体は悪いことではありません。

しかしあまり長く片思いでいるとつらい思いも沢山することになるでしょう。

恋は成就させたいもの。

勇気を出して片思いの恋を成就させてみませんか?あなたの恋の成就をお祈りします。