CoCoSiA(ココシア)

可愛くなるために、やってはいけないNG集24選

どうせなら可愛くなりたい!女の子は誰しもみんな、可愛くありたいですよね。

自分自身のためにも、可愛い理想通りの自分でいたいものです。

今の自分に不満がある、もっと良い自分になりたい。

たとえば体型に不満があって痩せたいとか、よりいっそう可愛い自分に似合うヘアアレンジを覚えたいとか、いろんな「可愛くなりたい」思いがあると思います。

よし、もっと可愛くなるぞ!

もっと可愛くなろうと意気込んでいる女性

可愛い女の子であるために。

世間には「こんな女の子が可愛い」「こうしたら可愛く見える」などの情報が溢れています。

参考にしてもっと可愛い自分になりたいですよね。

見た目はもちろん、内面にも気を使って心も体も可愛くなりましょう。

ちょっと待った!その可愛さ間違ってない?

欲張ってあれもこれも気になって手を出しすぎるのは要注意。

あなたにあった可愛さをバランスよく取り入れないと、似合わなかったりやりすぎたりして逆効果になってしまう可能性があります。

あなたの目指したい『可愛い』をしっかりイメージして、そのイメージに近づくためにはどうしたらいいのかを考え、ひとつひとつクリアして理想に近づいていきましょうね。

可愛くなるためにやってはいけない24個のNG行動!

可愛くなるためにやってはいけない行動を紹介

せっかくの努力も、度を過ぎてしまうとやり過ぎで逆効果になってしまうこともあります。

では、たとえばどんなNG行動に気をつけたらいいでしょうか?

ありがちなNG行動24個をご紹介します。

1.行き過ぎた天然行動

天然の女の子は可愛く見えます。

相手の印象にも残りやすく、守ってあげたい、一緒にいて楽しいと思われやすいです。

せかせかしていたりきっぱりしすぎていたりする人よりも、相手が安心感を持ちやすいのです。

ほんわか、おっとり、天然といったキーワード人は、それだけで好印象をもたれることが多いです。

女の子としての優しさ、柔らかさの魅力につながり、一緒にいる状況がイメージしやすくなります。

「なにやってるんだよ」「しかたないなぁ」と口では言いつつもにやけながら面倒を見てくれるパターンにはまれば、男の人があなたを可愛いと感じ、一緒にいてあげたい、守ってあげたいと思うようになります。

「この子はオレがいないと駄目なんじゃないか」と思い、頼られると嬉しくなりよりなにかしてあげたいと思う。

その繰り返しで結び付きが強くなります。

でももちろん、限度があります。

本当の天然行動ならいざ知らず、わざとやっているようでは相手に気づかれてしまいますし、わざとらしい、あざといと思われて、可愛いどころかうざったい女の子になってしまいます。

普段から天然で演技ではないとしても、あまりに度が過ぎた天然キャラはやはりひかれてしまう原因になるので、もし普段周りから「天然過ぎ」と苦笑いされることが多いようなら、ちょっとしっかり行動するように心がけると良いかもしれません。

この特徴に関するみんなの声

「ちょっとした天然だったら、『可愛い』と思うけど、いきすぎた天然だと一緒にいて疲れちゃうかも。」(22歳男性/販売職)
「最初は俺がいないとこの子はダメだ!と思っていたけど、だんだんと彼女のあざとさに気付いてしまった。可愛いと思われたくてやってる行動は、案外男にバレバレだから気をつけた方がいい。笑」(27歳男性/営業職)

2.空気読まなすぎ発言

いろんな話題をぽんと出せるのはとても魅力的です。

自分の意見を言えるというのも好印象になりやすいポイントでしょう。

ただ発言するときはやっぱり空気を読むのは大事です。

単に自分の言いたいことを言いたいときに発言するだけでは、時には空気が読めてない感じになってしまって白い目で見られてしまうかも。

空気を読まないいわゆるKYな人は、あまり好かれないですよね。

天真爛漫で子供のように思ったことを素直に言葉に出す人はストレートで可愛い反面、これも度が過ぎると嫌われてしまいます。

たとえば、みんながいる前で「あなたのことが好きです!」と言ってみたり、わざとらしく「メガネをかけていて、背が高くて、同い年の人がいいな!」と具体的に好意を持っている相手の特徴をあげたりするというのはNGです。

よほど空気が読めていての行動ならOKですが、そうでなければ相手はひいてしまうだけです。

周りにもひかれてしまうかもしれません。

相手がもうこの話題はおなかいっぱい!と思っていても、平気で話し続けたりもします。

自分の話したいことを話す、ということしか頭にないのです。

素直ではなくて単なる無礼で空気が読めない人になってしまわないように、気をつけましょう。