どうせなら可愛くなりたい!女の子は誰しもみんな、可愛くありたいですよね。

自分自身のためにも、可愛い理想通りの自分でいたいものです。

今の自分に不満がある、もっと良い自分になりたい。

たとえば体型に不満があって痩せたいとか、よりいっそう可愛い自分に似合うヘアアレンジを覚えたいとか、いろんな「可愛くなりたい」思いがあると思います。

よし、もっと可愛くなるぞ!

可愛い女の子であるために。

世間には「こんな女の子が可愛い」「こうしたら可愛く見える」などの情報が溢れています。

参考にしてもっと可愛い自分になりたいですよね。

見た目はもちろん、内面にも気を使って心も体も可愛くなりましょう。

ちょっと待った!その可愛さ間違ってない?

欲張ってあれもこれも気になって手を出しすぎるのは要注意。

あなたにあった可愛さをバランスよく取り入れないと、似合わなかったりやりすぎたりして逆効果になってしまう可能性があります。

あなたの目指したい『可愛い』をしっかりイメージして、そのイメージに近づくためにはどうしたらいいのかを考え、ひとつひとつクリアして理想に近づいていきましょうね。

可愛くなるためにやってはいけない25個のNG行動!

せっかくの努力も、度を過ぎてしまうとやり過ぎで逆効果になってしまうこともあります。

では、たとえばどんなNG行動に気をつけたらいいでしょうか? ありがちなNG行動25個をご紹介します。

1.行き過ぎた天然行動

天然の女の子は可愛く見えます。

相手の印象にも残りやすく、守ってあげたい、一緒にいて楽しいと思われやすいです。

せかせかしていたりきっぱりしすぎていたりする人よりも、相手が安心感を持ちやすいのです。

ほんわか、おっとり、天然といったキーワード人は、それだけで好印象をもたれることが多いです。

女の子としての優しさ、柔らかさの魅力につながり、一緒にいる状況がイメージしやすくなります。

「なにやってるんだよ」「しかたないなぁ」と口では言いつつもにやけながら面倒を見てくれるパターンにはまれば、男の人があなたを可愛いと感じ、一緒にいてあげたい、守ってあげたいと思うようになります。

「この子はオレがいないと駄目なんじゃないか」と思い、頼られると嬉しくなりよりなにかしてあげたいと思う。

その繰り返しで結び付きが強くなります。

でももちろん、限度があります。

本当の天然行動ならいざ知らず、わざとやっているようでは相手に気づかれてしまいますし、わざとらしい、あざといと思われて、可愛いどころかうざったい女の子になってしまいます。

普段から天然で演技ではないとしても、あまりに度が過ぎた天然キャラはやはりひかれてしまう原因になるので、もし普段周りから「天然過ぎ」と苦笑いされることが多いようなら、ちょっとしっかり行動するように心がけると良いかもしれません。

2.空気読まなすぎ発言

いろんな話題をぽんと出せるのはとても魅力的です。

自分の意見を言えるというのも好印象になりやすいポイントでしょう。

ただ発言するときはやっぱり空気を読むのは大事です。

単に自分の言いたいことを言いたいときに発言するだけでは、時には空気が読めてない感じになってしまって白い目で見られてしまうかも。

空気を読まないいわゆるKYな人は、あまり好かれないですよね。

天真爛漫で子供のように思ったことを素直に言葉に出す人はストレートで可愛い反面、これも度が過ぎると嫌われてしまいます。

たとえば、みんながいる前で「あなたのことが好きです!」と言ってみたり、わざとらしく「メガネをかけていて、背が高くて、同い年の人がいいな!」と具体的に好意を持っている相手の特徴をあげたりするというのはNGです。

よほど空気が読めていての行動ならOKですが、そうでなければ相手はひいてしまうだけです。

周りにもひかれてしまうかもしれません。

相手がもうこの話題はおなかいっぱい!と思っていても、平気で話し続けたりもします。

自分の話したいことを話す、ということしか頭にないのです。

素直ではなくて単なる無礼で空気が読めない人になってしまわないように、気をつけましょう。

3.扱いづらい不思議ちゃん

ちょっと他の子とは違う受け答えをする、いわゆる不思議ちゃんな女の子。

一風変わっているので印象にも残りやすいですし、面白いな、ユニークだなと思われます。

天然と同じ扱いにされることも多いでしょう。

これも、魅力に思われる範囲で留めておくのが吉です。

不思議ちゃんな女性がかわいいと魅力的に思う男性もいますが、いつまでもしつこく不思議発言を繰り返していると、単なる扱いづらい人になってしまいます。

度が過ぎればただの変な人に思われてしまうので気をつけましょう。

たとえば語尾に「にゃん」などをつけて話す人や、ボクっこも不思議ちゃんにカウントされることがあります。

漫画の登場人物のようなキャラクターや独特な言葉遣いが特徴のようです。

周囲がそれを楽しんでいるのなら良いのですが、ひいているようなら注意が必要です。

不思議ちゃんはマイペースで、相手が興味がない様子を見せていても自分の趣味の話などを延々と話し続けてしまうことが多いようです。

自分のことが一番大好きなパターンが多いので、相手が興味を持ってくれれば問題ないのですが、そうでない場合は自己中心的で相手が退屈しているかどうかなど気にかけず、お構いなしで話し続けてしまいます。

ひとりごとなのか話しかけているのか判別しづらいのも特徴のひとつ。

そしてまた、普通に考えればわかるような冗談に対しても「へーそうなんだ!」と受け止めて流してしまうことがあります。

相手がツッコミが欲しくて言っていて、ツッコミがないと相手の立つ瀬が無くなってしまうようなときでもスルーしてしまう傾向にあるようです。

純粋なのは良いのですが、そのせいで話の腰がおられてしまったり話の盛り上がりが一気に損なわれたりすることがあります。

不思議ちゃんは「不思議ちゃんだね」と言われると褒め言葉に感じて喜ぶ人も多いのだそうです。

ちょっと冷静になってみて、なんだか周りから変な目で見られているなと思ったら、それはあなたの不思議ちゃん度が高すぎて距離を置かれているせいかもしれません。

4.豪快すぎる笑い方

よく笑う人は魅力的です。

笑いを噛み殺す人よりも、思い切り楽しそうに笑ってくれる人の方が良いですよね。

ただ、思い切り笑うときでも節度はわきまえましょう。

あんまり豪快にガハハと笑っていると、おばさんみたいに思われてしまうことが多いです。

大口をあけて、時にはつばを飛ばすような笑い方は避けましょう。

テーブルや隣の人をばんばん叩きながら笑ったり、手を叩いたりというオーバーアクションな笑い方もやり過ぎ注意です。

色気がないと思われることもありますし、ひかれてしまう可能性も高いです。

不必要に大きな声を出したりバカ笑いをしたりというのも好まれないようですよ。

5.距離が近すぎる

パーソナルスペースと言われる、人との距離感。

自分が思う相手との距離感よりも相手がこちら側に入ってくると、人はどきっとするもの。

それが好意を抱いている相手だったり、一瞬のことだったりするとドキドキするものですが、好きではない相手だったり、べったりとパーソナルスペースの中に入り込んできたりする人には嫌悪感を覚える人がほとんどでしょう。

スキンシップとして近づくのは一案ですが、度が過ぎないように気をつけてくださいね。

実際の身体の距離だけでなく、心の距離感にも要注意。

話しかけてほしくないと思っている相手にいつまでもぺらぺら喋ったり、まだあまり仲良く慣れていないのに呼び捨てで呼んだりプライベートなことを聞いたり、というのもよくありません。

自分が相手に嫌われるはずがない、という自信や自惚れのせいで距離が近くなりがちなようで、相手からやんわり指摘されても聞き入れられないようです。

自分の行動を他人がどう見ているか、ということ自体に興味がないケースが多いようですよ。

あなたは当てはまる部分がありますか?
馴れ馴れしいだけでなく、鈍くて気が利かないなんてレッテルを貼られてしまうこともあります。

6.しつこすぎる

当たり前のことではありますが、しつこい人も嫌われてしまいます。

ときには押しを強くして何度も当たって砕けることが必要な局面もありますが、基本的にはあまりしつこくせず、一歩ひいた大和撫子が可愛いと思われやすいですよ。

相手のためにやっているつもりでも、相手にとっては大きなお世話であることもあります。

この場合あなたの『やってあげたこと』はただの押しつけになります。

しつこくまとわりついた上に、「せっかくやってあげたのに!」「あなたのためにやったのに!」なんて逆ギレをしてしまうことがないようにしてください。

7.小悪魔ぶってお礼を言わない

駆け引きを念頭におくあまり、わざとお礼を言わずにちょっと小悪魔で高飛車な女を演じるというのも曲者です。

可愛いというよりも、礼儀のなっていない人と思われる可能性の方が高いでしょう。

何事も礼儀というのは基本です。

ご飯の代金を払ってもらったというときはもちろん、「帰りの電車大丈夫?」と気を遣ってもらった時や、上着を取ってくれた時などもきちんと「ありがとう」と言いましょうね。

8.誰にでもタメ口

誰にでも人懐こく親しげに話す女の子は可愛いですが、これもケース・バイ・ケース。

敬語を嫌う人もいれば、タメ口を嫌う人もいます。

少なくとも初対面のときや年上の人が相手のときなど、相手との距離感がつかめない内は敬語で話すのが無難です。

誰かと話しているのを聞いていて「この人丁寧だな」と思うということもありますので、常に言葉遣いには気を配りましょう。

9.ぶりっ子すぎる

比較的、男性はぶりっ子が好きで女性は嫌いなようです。