CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

それ言っちゃう?友達に言われて地味に傷つく言葉25選


悪気があるのかないのか、露骨に嫌味を言われているのか、嫌悪感を抱かれているからこその発言なのか…。

今回のテーマは、友達に言われて地味に傷つく一言。

地味に傷つく発言の真意から、傷ついた時の対処法をお伝えしていきます!

この記事の目次

友達に言われて地味に傷つく一言25選

傷つく言葉というのは、多くの場合が本人が意識せずに発言しています。

何も考えずに発した言葉のため、相手が傷ついていることは露知らず。

そのため、本人は、今までと変わらず接してきます。

傷つく発言ができる人というのは、考えなしにものをいう人であり、ストレートに言葉をぶつける人なのです。

では、友達に言われて地味に傷つく一言とその真意をご紹介していきましょう。

1.「何を考えているか分からない」

自分の考えを他人に伝えるのは難しいもの。

でも、自分を偽ったこともないし、嘘をついたこともないからこそ、「何を考えているかわからない」という発言は傷つくでしょう。

友達からしてみると、あなたの思考回路が予測できない状態。

あなたの考えが分かりづらい存在であるのでしょう。

悪気のある発言ではなく、純粋にあなたのことが理解できないという意味です。

2.「友情より恋愛をとりそうなタイプ」

一度も彼氏を優先したこともないのに、薄情者のような言い方をされるなんて…と思ってしまうような発言です。

もしかしたらあなたは、恋愛の話や彼氏の話が、多い傾向にあるのかもしれません。

そのため、友達からしてみると友情より恋愛をとりそうなタイプだと感じてしまうのでしょう。

3.「面倒くさいと思ってるでしょ?」

友達に突然こんなことを言われると、「急にどうしたんだろう。」と不安になってしまうものです。

友達関係が長くなると、友達の会話に対して、無反応になってしまったり、適当になってしまいがち。

相手からしてみると、「また私の話を適当に聞いている。」と不満を持ってしまうものです。

親しき仲にも礼儀あり。

リアクションを疎かにしないことは大切です。

4.「誰にでもいい顔をしてるよね」

人に気を使っているだけなのに、八方美人のような言い方をされて、なんだかげんなり…という人も多いでしょう。

周囲から好かれるあなたにヤキモチを焼いているだけです。

あなたのことが大好きだからこその発言であり、自分のことだけを気にしてほしいのです。

5.「そこまで親しくないもんね」

自分のことを友達と思っていないのでは?と感じてしまう発言ですが、実はその逆。

あなたが自分のことを友達だと思っていないのでは?という不安の表れから出た発言です。

本当はもっと仲良くなりたいのに、素直になれない天邪鬼な性格が出ているのです。

6.「話をしていてもつまらない」

つまらないという感情は、話がかみ合わない時、また話に興味がない時に感じてしまうもの。

あなたとの会話に興味が持てないからこそ、純粋に出た言葉です。

とはいえ、あなたの話がつまらないわけではなく、興味の範囲が違うというだけ。

その友達には合わない会話というだけです。

7.「太ってる、かわいくない」

外見的要因を馬鹿にする人というのは、人間力が低い人が多いです。

親しき仲にも礼儀は必要。

なんでも言い合える仲だと思っているのかもしれませんが、外見を批判する人とは長く付き合うべきではありません。

また、あなたに嫉妬しているからこそ、皮肉を言いたくなっている可能性もあります。

8.「心の闇が深すぎ」

闇が深いといわれると、人間的に問題があるといわれているのだろうかと感じてしまう人は多いでしょう。

この手の発言は、サバサバした人に多くあります。

ウジウジと悩みすぎていたり、根暗であったりした友達に対して、「気にしないほうがいい。」という意味合いで伝えた可能性が高いでしょう。

9.「本当に性格悪いよね」

性格が悪いといわれると、本当にそう思われていると感じてしまう人が多いでしょう。

もしかしたら、あなた自身が批判や否定が多くなっているからこその発言かもしれません。

また、考え方がユーモアだったり、ブラックユーモアのセンスがあると、このような発言をされるケースもあります。

10.「ファッションセンスがダサすぎ」

友達から見ると、あなたのファッションは似合っていないと感じているのでしょう。

言われると傷つく言葉ですが、ファッションを見直す良いきっかけでもあります。

ファッションセンスが悪いというのは、自分ではなかなか気づくことができません。

あなたに似合うファッションに近づけるチャンスでもあるので、前向きに捉えましょう。

11.「人の気持ちが理解できていない」

あなたの発言に、人のを傷つける発言があったのかもしれません。

他人の気持ちを理解することはとても難しいもの。

しかし、他人の気持ちに寄り添うということは大切なことです。

言われて傷つく一言ではありますが、あなたも誰かを傷つけている可能性があることを認識しましょう。

12.「男の子前だけぶりっ子するタイプだよね」

気づかないうちに異性の前で、声が高くなる女性や甘えてしまう女性はいます。

友達からしてみると、男性の前での露骨なぶりっ子が鼻につくのです。

特定の彼氏がいるのであれば、その行動は嫌悪感に変わる可能性もあるので、控えるべきです。

13.「誰にでもいい人に見られたいんでしょ」

いい人に見られたいという願望は誰にでもあるでしょう。

しかし、その気持ちが、不自然な行動や言動につながっていたのかもしれません。

言っていることとやっていることが違ったり、考えがコロコロ変わる瞬間がなかったか、一度振り返ってみましょう。

14.「努力が足りていないんじゃない?」

意識高い系の人が言いがちなセリフです。

こちらとしては努力しているのにも関わらず、何も知らないのに努力していないと決めつけてくる友達。

傷つくとともに苛立ちも覚えますよね。

しかし、深く考えずの発言なので、まったく気にする必要なし。

むしろ、何が足りていないのかヒアリングしてみてもよいかもしれません。

15.「人間力が低すぎ」

あなたの行動や言動が友達の逆鱗に触れるようなことがあったのかもしれません。

人としてのマナーが疑われるような行動や言動をしていなかったか振り返ってみましょう。

何のことかわからないのであれば、友達にきちんと何が足りていないのか確認をする必要があります。

あなたの悪い点、直すべき点を指摘してくれるでしょう。

16.「〇〇ちゃんが、嫌いって言ってたよ」

万人に好かれることは難しいもの。

とはいえ、嫌悪感を抱かれていることを、わざわざ伝える必要はありません。

友達は良かれと思って、あなたに共有しているのかもしれませんが、余計なおせっかい。

とはいえ、嫌われている事実は変えられないので、仕方ないと捉えるしかありません。

17.「欲求不満なの?」

異性とのコミュニケーションの取り方や、発言を聞いて、そう感じる瞬間があり、何も考えず発言をしたのかもしれません。

しかし本人にとって見たら、性にだらしないといわれているようで、心外ですよね。

深く考えていないからこその発言なので、気にするべきではありません。

18.「これといった特徴がないよね」

あなたのことを「平凡な人」だと思っている気持ちの表れです。

とはいえ、友達は奇抜で唯一無二の存在なのでしょうか?特徴がないといわれて傷つく人も多いかもしれませんが、決して悪いことではありません。

特徴は作れるものですし、ないのであれば何かに順応できるということです。

19.「あれ?いたの?」

存在感がないといいたいのか、それとも存在を無視したいのか…どちらにしても失礼な発言ですが、純粋にあなたの存在に気付かなかったのでしょう。

何かに夢中になっていて、ついつい見えなかった可能性もありますし、はたまたあなたの存在を重要視していないのかもしれません。

ただし、この手の発言をする人は、誰にでも言っている可能性が高いです。

20.「自慢話多いよね」

人は、自分をよく見せたいと思うもの。

自然と自慢話が増えていたのかもしれません。

友達からすると、「いつも自慢話ばかり。」という気持ちから、ついつい出てしまった発言でもあるでしょう。

自分の話ばかりしていたり、自分の自慢話が増えていたりしていなかったか、見直してみましょう。

21.「他人に媚ばかり売ってるよね」

媚を売っているのではなく、気遣いなのに、友達からはそうみられているのだとがっかりする人も多いでしょう。

その人自身が、媚を売ることができないタイプだからこそ、羨ましいと感じるところもあっての発言です。

但し、媚を売りすぎていると感じる点があるのであれば、あなたも行動を見直す必要があります。

22.「他の人の意見に流されやすい」

自分の意見が特になく、「私もそう思う。」と他人の意見に賛同しがちなところはありませんか?人に合わせることは大切ですが、自分の考えがないということではありません。

いつでも人の意見に合わせてばかり。

友達から見ると「自分の考えがない人」と思われているからこその発言です。

もう少し、自分の考えを持ち、発言できるようになりましょう。

23.「一緒にいるとイライラする」

あなたがドジだったり、おっちょこちょいの面があり、ついイラっとしてしまったのかもしれません。

また、あなた自身が友達に頼りっきりなところもあったりしませんか?依存しがちなあなたに対して、負担を感じてしまっている証拠でもあります。

きちんと自立をしましょう。

24.「友達少ないもんね」

当たり前ですが友達が多いから、人間関係が良好というわけではありません。

しかし、このような発言をする人は少なからず、友達の多さを自慢したがるタイプ。

さらに、あなたよりも人間的なコミュニケーションスキルは高いと考えているタイプです。

広く浅くの付き合いしかできないタイプなので、発言をまともに気にするのが損です。

25.「仕方なく仲良くしてあげてるのに」

仕方なく仲良くしているという発言は、あなたを見下しているとともに、あなたを独占したいという気持ちの現れでもあります。

「あなたと一番仲良いのは私。」「私がいないと何もできない。」そんな感覚を抱いているからこそ、あなたが少しでも他の人と仲良くしていたり、強気な態度に出ると、イラっとしてしまう。

あなたのマウントをとるための発言です。

ウジウジと悩まない!傷ついたときの気持ちの対処法

傷つく発言を平気でできる人というのは、間違いなく「無神経」な人です。

自分の発言が人を傷つけるとわかっていながら、発言してしまうタイプ。

また、自分の発言が人を傷つけると知らずに発言しているケースと様々なタイプがいます。

しかし、どのタイプも自分が悪いとは思っていないため、質が悪いのです。

では、友達に言われた発言で傷ついた時の対処法を具体的にお伝えしていきましょう。

1.考え方の違いと割り切る

友達とのコミュニケーションがうまくいかなくなるのは、どこかで考え方の違いが生まれているからです。

考え方の違いはコミュニケーションで補うものなのですが、傷つく発言ができる人というのは、「自分のことを理解してほしい。」という気持ちが強い傾向にあります。

そのため、理解してほしいとは思わず、考え方がこの人とは違うと割り切ることが重要です。

2.気持ちが落ち着くまで距離を置く

傷つく発言を言われた直後は、友達に対して不信感が募っている状態です。

そういう時に無理に付き合うと、関係性はどんどん悪化してしまうもの。

気持ちが落ち着くまでは、一定の距離を保つことが大切です。

ほとぼりが冷めたころに、またきちんと付き合える日がきます。

無理をしてまで仲良くしようとは思わなくてもいいのです。

3.傷ついたことを伝える

友達の無責任な発言に対してモヤモヤとした気持ちが残っている状態であれば、「傷ついた。」ということをきちんと伝えるべきです。

本当に仲が良い友達であれば、あなたの傷ついた気持ちに気づいてくれます。

今後、仲の良い関係を続けていきたいのであれば尚更、あなたの考えを理解してもらう必要があります。

4.縁を切る

友達の発言にずっとモヤモヤしていたり、定期的に傷つく一言を言われる場合は、思い切って関係性を切ることをおすすめします。

あなたのことを大切にできない人と、無理して一緒にいることほど無駄なことはありません。

それよりも、あなたのことを大切にしてくれる人に時間を費やすことが、人生においては大切なことです。

5.自分にも反省すべき点がなかったか考える

友達がきつい一言をあなたに伝えたということは、何かしら自分にも悪い点があったケースもあります。

失礼な発言をしていたり、あなた自身も友達を傷つけるような発言をしていないか、過去の行動や言動を思い出しましょう。

そして、反省すべき点がみつかったら、同じようなことを二度と繰り返さなように気を付けることが大切です。

他人は他人!傷ついた気持ちを引きずらないようにしよう。

お互いの考えを100%理解できる相手などいません。

しかし、付き合いが長くなっても、相手に対する思い遣りというのは必要不可欠。

相手のことが理解できなかったり、許せないと感じたとしても、傷つける発言をする行為は許されるものではありません。

だからこそ、万が一、友達から傷つく一言を言われた場合は、「気にしない」ことが大切。

気にしすぎて、関係性がうまくいかなくなってしまうようなことは避けるべきです。

万が一、モヤモヤが残るようであれば、相手にきちんと「傷ついた。」ということを伝えること。

そして、今後も仲良くしたいのであれば、二人で改善点を探り、後に引きずらないようにしましょう。

ページトップ