好意を寄せる人だけにではなく、友達、知り合い、会社や学校の人、時には数度しか合わないような人でも好かれたいと思いますよね。

会う人に嫌われたいなんて思うような人は、居ませんよね?
だからといって誰にでも好かれる方法ってあるのでしょうか。

人間好みがあるのですから誰にも嫌われない方法は無いのかもしれません。

ですが、悪い気にさせない。

好意的な印象を与える人間になる方法はあると思いませんか?

️好かれる人の30の特徴を抑えよう!

という事で、今回は人に好かれる、好意的に思われる30の特徴にといて考えていきたいと思います。

皆に好かれる人というのは、努力をしているのです。

素のままでいて好かれれば一番ですが、やはりそのままでは誰しもに好かれるのは難しいと思います。

様々な努力や様々な思いやり、気遣いもしているのです。

そうして相手や周りに嫌な思いを与えないようにしているわけです。

当たり前だと思いがちですがなかなか出来ない事なのです。

だからこその好かれる人の33の特徴を改めて振り返ってみましょう!

1.いつもニコニコ笑顔


どんな時も笑顔で居るだけで、この子は明るく前向きな子なのだというイメージが付きます。

笑顔が無い子にはどうしても話しかけにくいですよね?
笑顔で居るだけで明るく話しやすいという印象を周りに与えます。

会話を交わすことが苦手な人でも笑顔を返すだけで相手に好印象を与える事もありますので、笑顔は最高のコミュニケーションと言っていいでしょう。

どんな時でも笑顔で居る事は、自分自身の気持ちも高め自然と良い方向へと導いてくれるものです。

そうすると自然と周りの気持ちも同じように高め良い方向に引っ張るような人間になるので、気づけば周りに人も呼び込むので笑顔で居る事は好かれる事だけではなく自分自身にとっても良いことなのです。

2.自信を持っている

ネガティブな発言しかしない人の傍に居たいと思いますか?
最近では、独り言でいいはずのSNSでもネガティブな発言が嫌われるそうです。

けしてネガティブな発言が悪いとは言いません。

悩みや落ち込むことは、誰にでもあるのは当然です。

ですが、そんなネガティブな発言が増えるのは自分自身や何に対しても自信が無いから増えてしまうのです。

自信があると自然とネガティブな発言も減っていくものです。

自信の無さは、自分自身の印象を悪くするのでよりネガティブな気持ちにもなりがちです。

常に自信を持つ事は大事です。

ですが、自信を持ちすぎて自慢となり嫌な気持ちを与える程の自信にならないように気を付けましょう。

失敗しても自信を持ち前向きに笑顔で居るようにしましょう。

周りもつられて前向きになります。

3.誰とでも仲良くできる


学校や会社でも周りに人が集まっている人は、見ていて「楽しい人なのかな?」「付き合いのいい人なのかな?」など良いイメージを持ちませんか。

誰とでも仲良くできる人は、先ほども話したようにいつでも笑顔で自信をもって周りの人とも接して居ます。

勿論それだけではないのですが、誰にでも同じように話しかける事もあり交友関係も広がっていきます。

色んな人と仲良くできる人は見ていて悪い印象は感じませんよね。

好かれる人に悪い人が居るとはなかなか思う事もありません。

寧ろ、私もあの人と仲良くしたいな、どんな人なんだろうかと興味を持ったりしませんか?
ワイワイと盛り上がっている輪の中に入りたいと思ってしまうと思います。

私は入りたくなってしまいます。

もしなれるならその中心に居れるような人間になりたいなとも思ってしまいます。

4.お高く止まらない

まず「お高く止まる」の意味は「人を見下す」という意味です。

人を見下すような人が人から好かれるでしょうか?
どう間違っても人から好かれるような人間では無いですよね。

どちらかと言うと、どちらかと言うと嫌われてしまう言動です。

人を見下し上から目線の印象を与えられると、人は嫌味っぽく思い嫌悪しか感じません。

しかし、逆に自分自身と同じ目線で同じ話題を話せる相手と言うのはとても好印象です。

同じ感覚、同じタイプ、同じ趣味、など自分と同じと言うのはとても好意的に感じます。

一緒に居て楽しく、話題も盛り上がるので話して居ても楽しく感じますし、一緒に居たいとも思います。

悲しい時や悩んでいる時もそうです。

同じ目線に立って悩んでくれたら嬉しいですし、同じ目線で一緒に悲しんでくれる親身になってくれるような相手にはとても嬉しく思い、感謝します。

そんな友人には自分の本音を打ち明けようとも思いますよね。

結果、信用にも繋がります。

ですから、同じ目線で同じ様に話し同じ様に笑ったり悲しんでくれる人は人に好かれます。

5.自慢しない

人の自慢話を喜んで聞く人はなかなか居ないと思います。

誰かの自慢話ばかりを聞かされて良い気持ちになる事は無いですよね。

嬉しい事があったり自慢したい事があったりすると誰かに聞いて欲しい気持ちになるのは分かります。

こんな事があって嬉しかったと誰かにその気持ちを共有したくなるのも人間ですよね。

ですから自慢するな、とは言いません。

ただ、自分の自慢話ばかりになると、相手にとってはただただつまらない話を聞かされているだけになってしまいますので気をつけましょう。

だからと言ってこの話は自慢になるからしない方がいいだろうか、相手に自慢に聞こえてないだろうかと気にしながらの会話になってしまっては意味がないですよね。

話して居てもお互いに楽しくなくなり、話すのも疲れてきてしまいませんか?
一番良いのは、自分の自慢話だけでは無く相手の自慢話も聞けるようなお互いに気を遣わずに自慢し合えるようなそんな関係が一番だと私は思いますよ。

6.聞き上手

最近は、携帯の普及もあるのか話をしているにも関わらず携帯を弄りながら話している光景をよく見かけます。

返事しているのか相槌なのか分からないような生返事をしながら携帯の画面に視線を落として、会話はいきなり違う話題へと飛んで行く事も少なくありません。

そんな会話をしていて楽しいでしょうか?
きちんと相手の話を理解して聞けているのでしょうか?
きっと、聞けていませんよね。

聞けていても言いたいことを理解してまでは聞けていないと思います。

自分の話をしっかりと聞いてくれるととても嬉しく思いませんか?
ちょっとした世間話でも「ながら」ではなく、相槌を打って返事をして笑ってくれるととても嬉しく会話が楽しく感じます。

そうして聞き上手な人には、どんな話も聞いて欲しいと自然と思えてきて何でも話したいと思うようになります。

悩みや相談事などの大切な話も信頼して話してくれるようになったりするのですよ。

ですから聞き上手な方は、周りの人からも好意的に見られます。

聞き上手になるには、会話中に相槌を入れたり目を見て話を聞たりするなど簡単な所から出来ますので挑戦してみてください!

7.相槌上手

先程聞き上手で話したように会話中の相槌はとても重要です。

何故重要かと言うと、相槌を返してくれるだけでも話を聞いてくれているんだと言う気持ちになります。

とは言え、から返事の適当な相槌では嫌な気持ちを相手に与えるだけで意味がありません。

きちんと相手と向き合い目を見て話を聞いて返す相槌だからこそ意味があり、相手にとって好印象を与えます。

自分の話を聞き流さずに真剣に聞いてくれている気がする、共感してくれている、悩みや相談なら一緒に悩んで考えてくれているような気がする。

そういう気持ちにさせる相槌は会話の中でとても重要なものです。

重要ですが誰しもが出来る事で、相手に好印象を与えるとが出来ますので少しでも気を付けてみてください。

8.ユーモアがある

一緒に居たいと思う人は?という問いかけをすると、答えの中に「楽しい人」という言葉はよく見かけますし頭の中に過りませんか。

一緒にいてどうしていいか分からない人よりも、一緒に居る事が楽しい人の方が良いなとやはり思いますよね。

私も一緒に居て楽しい人の方が良いなと思ってしまいます。

しかし、なかなかユーモアがある人間になるというのは難しいですよね。

人を笑わせる事をしよう、言おう、と思って出来る人はなかなか居ません。

プロの芸人さんでも難しいでしょう。

ユーモア、ちょっとしたしゃれやおかしな話で人を笑わせられる事も大事なのかもしれませんが、笑わせられるかどうかよりも相手を楽しませられるような話をできるような人がユーモアのある人なのではないでしょうか。

無理して笑わせようとせず、一緒に楽しく笑えるような話が出来ればいいのです。

そうすれば二人の楽しそうな雰囲気に惹かれて周りに人が集まってきて、人の輪が広がって笑いも広がっていくものです。

相手を笑わせる事にだけ必死にならず、自分も楽しむことが大事なんですよ。

9.ノリも備えてる

そもそも「ノリ」とは何なのか皆さんはご存知でしょうか。

それこそ、その場のノリだけで理解した気持ちになっていないでしょうか?
「ノリが悪い、ノリが良い」とよく言いますが、その場の空気が読めているか、相手とのコミュニケーションが取れているかどうかを「ノリ」という言葉で表しています。

例えば、飲み会や遊びに誘った時にその場の全員が行きたいと言っているのに一人だけ曖昧な返事をした、断る人の事をノリが悪い人と言います。

その場に居る全員が行きたい気持ちなのに何故嘘でも合わせられないのか?その場の空気が読めない人という人ですね。

自分の意見を主張する事を悪いとは言いませんが、人付き合いではその場の空気を読み周りに合わせる事も大切です。

自分の主張だけを押し付けていては、周りはけしていい気持にはなりません。

それこそ楽しい空気を壊してしまう事の方が多いのではないでしょうか。

先程話したように一緒に居て楽しい人とは絶対に思わないでしょう。

自ら一緒に居る事を避けているようにも思います。

毎回嫌な事に付き合え、とは言いません。

どうしても嫌な時や合わせられない事には断ってもいいと思いますしノらなくてもいいと思います。

ですが、その場の空気を読むノリも備え周りや相手に合わせる事も大事にしてみてください。

10.見た目に気を遣っている

最近では学生の頃から見た目に気を遣う方が増えてきていますね。

ドラマでも見た目が一番だと言うような内容の物もあるくらい見た目が重視されてきています。

その見た目は、痩せているから太っているからというような体系ではなく、オシャレに気を遣っているかどうかを指しています。

女性だけではなく男性までもが化粧水やファッションに詳しく気を遣う方が増えてきましたね。

ですので、話題の一つにファッションや美容といった話題が多く上がる事も増えました。

その為共感できる方と友達になる事が多いのか、双子ファッションというものが流行っていますよね。

ここで、全く見た目に気を遣わず髪も伸ばしっぱなし、ノーメイク、服も気にかけず何年も同じもので楽な物を着続けるような自分で居ると好かれると思いますか?
きっと好かれる好かれない以前の問題かもしれませんね。

一緒に居ようと思ってくれるでしょうか。

一緒に居てもファッションや美容の話題には付いて行けず、愛想笑いで返すしかなくなりますよね。

第一印象もとても暗く自分に自信が無いのかなという印象を与えてしまいます。

少しでもいいんです。

その時その時の流行りのファッションを気にかけてみるくらいでも選ぶ服が変わります。

髪を整え、ファンデーションを塗ってチークをするだけで表情も明るく見えます。

そうすると人の第一印象も変わってきます。

明るく自分に自信のある印象に変わります。

見た目に気を遣っていくことは自分の自信にもなります!

11.ポジティブ

ネガティブな思考は、自分だけではなく一緒に居る人の気持ちや思考も後ろ向きの物にしてしまいます。

そのためネガティブな発言が多いと周りから人が離れていくことも多いですね。

自分からも後ろ向きの思考に入ってしまうと周りとの接触を避けるようになり、一人の時間を好むようになります。

人から好かれようというような考え以前に人との接触を避けるようになってしまうのです。

周りや一緒に居る友達までも自然とその空気に引きずり込むような強い影響力がネガティブにはあります。

ですが、それを打ち消すくらいの強い影響力をもつのがポジティブです。

前向きな思考や言葉は、考えたり口にしたりするだけで気持ちが上がりやる気にも繋がります。

悩んでいる時に前向きな言葉をかけてもらえるとやっぱり嬉しいものですよね。

その前向きさに引っ張られて悩みや落ち込んでいた気持ちが楽になったりしましたよね。

だからこそ、ポジティブな人と一緒に居たいと思い、好かれるのです。

周りに好かれるためだけではなく、自分の気持ちや考え方を変える為にもポジティブな考え方を意識するように気に掛けるのは大事な事です。

12.優しい

優しい人が嫌いだという人はなかなか居ませんよね。

自分にとって優しくしてくれる人、甘やかしてくれる人は好印象であり嫌う要素がありません。

ですが、優しさというのはその人の事をただ甘やかす事ではありません。

時には相手の事を思い厳しく接し、本音でぶつかり、しっかりと怒れる事、喧嘩が出来る事。

そういう厳しさ辛さもあってこその本当の優しさだという事は、しっかりと頭に入れておきましょう。

そして人に好かれる優しさは、誰か一人の為ではなく誰にも平等な優しさを持っている人が好かれる人です。

気に入っている人や自分が好きな人だけではなく、どんな人に対しても同じ優しさで接しられる人を見ていると本当に心の底から優しい人なんだと感じ、印象がより好印象になります。

だすので、誰か一人にだけ特別にずっと優しくするのではなく、少しでもいいので誰にでも同じ優しさがあるといいと思いますよ。

13.「ありがとう」が言える

気持ちを言葉にして伝える事はとても大事だという事は、誰しもが分かっている事ですよね。

ですが、感謝する気持ちは何よりも言葉にして相手にきちんと伝える事が大切です!
まずどんな事にも感謝する事はとても大事な事です。

小さなことでも日々感謝する事というのは溢れているはずですが、ついつい当たり前だと見逃しがちになってきますよね。

そうすると本当に感謝しなければいけない時にも感謝する気持ちを忘れがちになり、感謝しても言葉にして相手に伝える事を忘れがちになってくるんですよね。

だからこそ日ごろから「ありがとう」と感謝する気持ちをきちんと言葉にすることに気をつけましょう。

それに「ありがとう」という言葉を素直に言われて嫌な気持ちにはなりませんよね。

誰かの為に何かをしたというわけでもないのに、感謝を伝えられると嬉しくなり、やってよかった、役に立てたとも思えます。

きちんと常に感謝を言葉に出来る事は、周りとの関係を良好に保つのにも良い事です。

ぜひ日ごろから「ありがとう」の一言に意識してみてください。

意外と感謝する事が沢山ある事に気づき気持ちが前向きになる事にも繋がりますよ。

14.「ごめんね」が言える

「ありがとう」同様にきちんと言葉にして相手に伝えないといけない言葉の一つに「ごめんね」があります。

悪いと思った時、なかなか素直になれずに意地を張って謝罪出来ないままという事ありませんか?
私もついつい意地を張ってしまい謝罪できずにそのまま会う機会が無く友達関係が終わってしまった友人も居ます。

それでは後から思い出した時にどうしても後悔しか残らず、あの時にきちんと謝罪できていれば…と何度も考えますが後から思っても意味は無いのです。

自分が悪かったなと思ったら、喧嘩をして相手との関係が悪くなったら、謝らなければと思ったら意地を張らずに素直に「ごめんね」の言葉を口に出来る人になりましょう。

人と人の関係を大事にしていくのにとても大事な言葉です。

人に好かれる人間になっても直ぐに関係を断ち切ってしまうようでは意味がありません。

その関係を大事に出来る人になる為にも「ごめんね」と「ありがとう」は素直に伝えられる人になるといいですよ。

15.人の気持ちを考えられる

いつでも自分ではなく、周りに居る人や相手の気持ちを考えられる事は人としてのマナーの一つでもあります。

自分の事しか考えずに動くような人は、我儘や身勝手などの悪い印象を与えてしまいます。

何よりも自分の事しか考えないという事は、周りもあなたの事を考え思って行動しようとはしてくれません。

優しさや思いやりは、自分がする事で相手からも自然と帰ってくる物なのです。

周りに居る人の気持ちを考え、相手の気持ちになって言動する事が大切です。

自分が言われたら嫌な気持になったり悲しい気持ちになったりしないか、されたら嫌な気分になったりしないかという事をきちんと考えて動ける事で相手を少しでも嫌な気持ちにさせません。

自分の事を考えて動いてくれたのだと思うと嬉しいですよね?また、自分も相手の気持ちを考えて動こうという気持ちになりますよね。

そうして繋がっていく優しさが交友関係として広がって行くのではないのでしょうか。

16.意見を言える

皆で話していても二人で話していても、相槌は大事ですが何に対しても「うんうん」とただ頷いて返されるだけでは話していても楽しくありません。

一方的に話しているだけでは、会話ではなく話を聞いてもらっているだけで楽しいと思う気持ちにはなりません。

話を聞いてもらうにしても、ただ聞いて頷いて終わりではなく何か意見や返事が欲しいと感じるものです。

誰かの意見にばかり乗るのではなく、確りと自分の意見を持った人と話す方が楽しいと感じますし、意見が違う事で一緒に居て為になる事もあり、一緒に居たいと思う事もあります。

自分の意見を無理矢理押し付ける事はしてはいけませんが、自分の意見を伝えられる事はとっても大事です!
周りに合わせる事が大事でも、本当に嫌な時やダメだと思ったにはそれを伝えられる人の方が好かれます。

ただ、自分の意見を言いすぎると我儘で自分中心な人という印象を与えるので先ほど言ったように相手の気持ちを考え、空気を読み意見を伝えられるようになると一番ですね!

17.言葉選びができる

言葉は、選び方と相手の受け取り方一つで伝わる意味合いが大きく変わってきます。

相手を思って発した言葉のつもりだったのにも関わらず、言葉選びを間違えたおかげで相手の事を傷つけてしまう事も少なくありません。

同じようにちょっとした言葉の選び方の違いの一つで、相手の事を喜ばせる事も出来ます。

そういう言葉選びは、相手の立場に立って考えれば自然と上手く言葉を選べると思いますので、言葉を伝える時にも相手の気持ちになって考える事は大事にしてください。

そして、言葉選びは目上の人に対して、相手を見て、自分との立場を考えてきちんと言葉を選んで話せているかどうかも言葉選びの重要な事の一つです。

社会に出て、自分の立場を考えて言葉選びを出来る人は目上の人や周りからも好かれます。

友人に好かれる人になるのではなく、社会人として上司や営業先の方などにも好かれるような人を目指しましょう!

18.人懐こい

誰とでも分け隔てなく打ち解けやすい人は、やはり近寄りやすく話しかけやすいですよね。

相手から来てくれるのを待っているのではなく、自分から目上の人を慕っていったり友達に話しかけていったりすることで相手も受け入れやすく、嬉しく思い目上の人からは可愛がられやすいです。

目上の方に可愛がってもらう事で、色んなところに連れて行って頂いたり教えていただいたりすることで知識も交友関係も広がり自然と周りからも可愛がられる存在になる事でしょう。

自分が困った時にも助けてもらえることも少なくなく、人懐っこいことは何にしても得な事も多いです。

19.好奇心がある

好奇心旺盛という事は色んな事に興味があり、自ら色んな事に挑戦し、色んな知識を身に着けていくという事です。

そういう人と一緒に居ると自分も色んな事に挑戦したり興味の無かったことに興味を持ったりしてきませんか?
そうしていると一緒に居る事がどんどん楽しくなりますよね。

この人と一緒に居たいな、この人と一緒に居るから楽しいなと思い人から好かれます。

それに好奇心がある事で、色んな人と様々な話をしたいなと思い話しかける事で自ら交友関係を広げる事にもなります。

誰にでも分け隔てなく話しかける姿は、とても好印象でもあります。

20.少しの我慢ができる

今まで話したように、自分ばかりを主張すると我儘や自分中心という印象を与えるので嫌われがちです。

だからこそ自分の事ばかりを考えて主張するのではなく、相手を思いやり、空気を読み我慢する事も大事なのです。

ですが、やはりこれも我慢のし過ぎはよくありません。

我慢をしすぎれば友達と一緒に居る事が疲れてきたり嫌になってきたりしてしまいます。

そうやって我慢しかしなければならないのでは交友関係を広げようという気にもなりません。

だから、少しの我慢でいいのです。

お互いにお互いが相手を思いやり少しの我慢をすることで楽しく過ごせるのです。

21.相談に乗る

何か悩みを抱えた時に話を聞いてくれたり相談に乗ってくれたりするとやっぱり嬉しいですよね。

その答えが為になったかどうかよりも相談に乗ってくれたその気持ちが嬉しいですよね。

悩みがどんなに小さな事でも親身になって話を聞いてくれるだけでもその悩みは少し軽くなるものです。

悩んでいることに気付いて声を掛けてくれれば、自分の事を見てくれている人が居るのだということが分かりとても心強くなるものですよね。

なかなか自分の悩みを解決する事も難しいので、誰かの相談に乗るという事は更に難しく声を掛ける事が出来ない人も多いと思います。

ですが、自分が悩んでいる時の事を考えてみてください。

声をかけてくれただけで、話を聞いてくれただけで嬉しいものですよね。

だから誰かが悩んでいたら、話を聞くだけでもいいので真剣に聞いてください。

それだけで救われます。

22.アドバイスができる

悩みだけでなく仕事や学校の事、恋愛についてなど色んな事にアドバイスを出来る人はとても頼りがいのある人です。

話を聞くだけでも勿論その人にとって嬉しいことですが、困ったなと思ったり悩んだりしている時に何かアドバイスを出来るともっといいと思いますよね。

アドバイスは経験や知識からできるのは勿論ですが、何よりも相手の気持ちになる事です。

もし自分が同じ悩みを抱えたらどう思うか、どう感じるかを考えます。

そうしてするアドバイスが一番なのではないでしょうか。

知識だけでするアドバイスよりも何よりも相手を思って考えてするアドバイスが一番その人のためになると思いますよ。

23.努力ができる

どんな事に対しても真面目に努力する姿勢は見ていてとても尊敬でき、一緒に頑張ろうと思えます。

身近な人が何かに直向きに頑張っている姿を見ていると自然と影響を受けて自分も頑張らなければと思うものですよね。

同じ事を頑張っていてもライバルが居るとより頑張ろうと思えるものです。

それに、努力をしている人はとても魅力的に見えます。

人を惹きつける力もあるもので、あの人みたいになりたいなという気持ちにもさせるものです。

24.謙虚さがある

謙虚な人が好かれるとは頭で分かっていても謙虚な人とはどんな人なのか皆さんご存知でしょうか?
意外と改めてどんな人か考えてみました。

相手の意見や周りの人の意見を素直に聞き受け入れられる人、そしてその意見を取り入れて何にでも努力をしている人。

悪口や人を傷つけるような言葉を人前で言わない人はとても謙虚で優しい人だという印象がありますよね。

相手や周りをしっかり見て考え、気配りが出来る人もそうです。

謙虚な人とは自己主張ばかりではなく、周りの気持ちを考えて相手を思った行動が出来る人の事です。

今まで話てきました、一つ一つを気を付けて居れば自然と謙虚な人という印象を与えられるような人間になれていると思いますよ。

25.気遣いができる

相手や周りの気持ちを考えて動く、発言するというのは今までの話から関係を築いていく上でとても大切だという事は分かっていると思います。

気遣いが出来る人というのも、相手の立場に立って思いやりのある細かな気配りが出来る人の事です。

ですが、気遣いで大事なのは何よりも自分から動き行動する事が大事になってきます。

誰かに言われてした行動では気遣いではなく優しさです。

自ら気付き黙って行動が出来る人が相手への気遣いが出来ていると思わせてくれます。

26.悪口や文句は控えめ

人の悪口をペラペラと喋る人は、けしていい気分にさせないためやはり嫌われがちです。

自分の悪口でいなくても、知っている人の悪口でなくても聞きたい話題ではありませんよね。

聞いていても楽しくなければ、いい気分にもなりません。

それに何に対しても悪口をいう人は、違う場所で自分も悪口を言われているんじゃ…と不安になりませんか?
そうすると気遣いとかではなく相手の気を損ねないように嫌われないように気をつけないと、必死に相手に合わせたりいう事を聞いたりしてきて一緒に居ることさえも苦痛になってきます。

悪口を言えばきっと何処かで自分の悪口も言われています。

だからこそ当たり前の話ですが、人の悪口を言わないように気をつけましょう。

27.反省ができる

自分の言動を振り返った時、他人から注意された時に素直に意見を聞き入れ反省が出来る人は、同じ誤ちを繰り返すことが減っていきます。

次の時にはきちんと反省を受け止めて同じ事をしないように気をつけられます。

自分自身がより良い人間として成長する為にも人の意見を取り入れたり振り返ったりして反省することはとても大切です。

そして反省出来ると言うことは、「ごめんね」も素直に謝罪も出来る人になります。

28.誠実

誠実な人と言う言葉は良く聞きますが、誠実な人とはどんな人の事をいうのでしょうか?
嘘を付かない人。

嘘をつくような人の言葉は常に信用出来なくなってきますよね。

当たり前ですが、嘘ばかりついている信頼できない人からは人は離れていきます。

誰に対しても何に対しても公平。

自分が好意ある人だけ、自分にとって利益かあるような人にだけ態度が変わるような人も信頼できません。

真面目で人の気持ちになって考えられる人。

どんな事にも真面目に取り組んでいる姿勢はとても好印象ですよね。

そして人を思いやれる人であれば、嘘をついたり区別や差別をとった行動を取りません。

つまり誠実な人とは、信頼のできる人なのではないでしょうか。

どんな事も信頼があってこそ成り立つ関係です。

仕事を任せるのも相談したくなるのも、一緒に行動するのも信頼があるからこそ出来ることなのです。

信頼を失うような言動に気をつけるには、先ずは相手や周りを思いやって考える事が大切です。

29.引き際をわきまえている

直ぐに諦めることなく頑張る事、継続する事はとても大事な事ですが、ムキになりすぎて周りが見えずに自分だけの満足のために頑張ったり継続し続けたりしていないでしょうか。

だからとはいえ簡単に諦めてしまう人を引き際がいい人とは言いません。

粘り強さがあり、継続する事が出来る人が自分の力量と状況判断をしっかりとしてここまだと引き際を決められる人の事をいいます。

他にも喧嘩をしたり意見の違いで揉めたりした時にも、ムキになりすぎず自分から折れるという事もそうですし。

自分の考えが伝わらずに意見が通らずムキになる事もありますよね。

そういう時に自分から折れる事が出来るかどうかも引き際があるがどうかではないでしょうか。

自分で自分の引き際、辞め時を冷静に判断できる事で一度冷静になり違う考えへとつながる事もありますので見極められるように自分を知る事と周りの状況を見る事を忘れないようにしましょう。

30.距離感を掴むのが上手

人懐っこいと好かれるという話はしましたが、土足で人の部屋に入るような人は懐くという事とは違います。

誰にしも触れてほしくない話題、言われたくない事はあります。

相談に乗るにしても根掘り葉掘り聞きだすような事をしては、相談もしたくなくなります。

人との距離感は遠すぎてもいけませんが、むやみやたらに近すぎてもいけません。

では、どうやってその距離を知ればいいのか、ですよね。

それはここまで何度も話したように、相手の立場に立って考えてみる事です。

そして、その人の表情や態度を見て嫌がっているかどうかも冷静に判断してください。

自分がどこまでの距離感なら許せるかを考えてみてください。

自分が嫌だと思う事は相手も嫌ですし、自分が大丈夫だとしても相手が嫌がったら嫌がらない距離感を保ちましょう。

️誰からも好かれる人の秘訣は?

30個の好かれる人の特徴を書いてきましたが、30個挙げてみると好かれる人の秘訣が少しずつ分かってきましたね。

相手の立場に立ち、気持ちを考えて行動が出来たり発言したりする事が大事だという事です。

気持ちを言葉にして伝える事も、気遣いをする事も、自分中心にならないように心がける事も全て相手を思ってすることだったり気をつける事だったりしますよね。

自分だけではなく、相手の事を思う事で周りからの印象は良くなり人から好かれる人間になれます。

️少しの努力で好かれる人になる!

好かれる人になる事はそんなに難しいことではありません。

ほんの少し気をつけて努力するだけでも大きく変わる事が出来ます。

あまりにも気をつけすぎると人付き合いが辛くなったりしんどくなったりしてしまいます。

ほんの少しだけでいいんです。

少しの努力が自分自身を変え、周りからの印象も変え好かれる人間へとしてくれます。