筆者は、中国との間で貿易ビジネスに関わるようになり、その後中国駐在員(上海・青島)を経験し、最後には中国人女性と結婚しています。

徐々に中国との関係が深まっていき、そのたびに中国に対する認識も変化していきました。

中国とは何か?を問い続けてきたとも言えます。

以下その経験を元に分析を加えてみます。

関心をお持ちの方のお役に立てれば幸いです。

世界中に拡散している中国人(華人)たち

先日中国のネットニュースサイトに中国人(華人)の多い国トップ10が掲載されました。

それによると多い順に、インドネシア767万人、タイ706万人、マレーシア639万人、アメリカ346万人、シンガポール279万人、カナダ136万4000人、ペルー130万人、 ベトナム126万人、フィリピン115万人、ミャンマー110万人となっています。

東南アジア各国では、ほとんど現地名を名乗り、溶け込んで暮らしています。

また出身地も福建省、広東省など圧倒的に南方に偏っています。

したがって大陸の大半の中国人は、彼らのことを中国人とは認識していません。

華人と呼ぶのが普通です。

それもほとんど南方出身のため同胞意識もありません。

大陸の中でも意識はまったくまとまりがありません。

北京と上海がいがみ合っているは有名です。

また神戸生まれの台湾人作家・陳舜臣は、北京人、上海人、広東人の差は、日本人と韓国人の差より大きい、と言っていますが、筆者も全く同感です。

さらに辛亥革命を成功させた孫文は「中国人は砂のようにバラバラだ。」と嘆きましたが、この状況は今日でもそう大きく変わっていません。

国民をまとめるもっとも手っ取り早い手段は「反日」です。

定期的に反日行動を起こすのが恒例行事のようになってきました。

現政権としては常に持っておきたいカードです。

人口はどれくらいになったの?

IMFの推計による中国の人口(2017年)は、13億9085万人です。

一人っ子政策(1979~2015)が始まったばかりの1980年は9億8705万人でしたから、政策の期間中でも結構増え続けていたのがわかります。

中国という国の特徴

先述のように中国の地域差は大きく、バラバラですが、儒教の影響の強い地域としてはまとまっています。

その特徴は、社会の公益より家や一族などパーソナルな倫理を最優先させることと、形式主義にあります。

社会秩序は形式だけであり、それを壊さない範囲内にルールはありません。

儒教的徳目を身内と上司に対しては守るけれども、社会正義はどこにもない、秩序は力で維持するという独特な社会ができあがりました。

歴史が長い

よく中国4000年の歴史などと言われますが、実際に今につながる中国ができたのは紀元前220年、秦の始皇帝による統一からです。

次の漢王朝で儒教が国教の地位につきました。

これ以降、中国の思想界は停滞します。

例外は唐王朝でした。

唐朝では三蔵法師の活躍もあり、インド発祥の仏教が盛んとなります。

またササン朝の滅亡に伴いペルシャ文化も大量に流入します。

さらに玄宗皇帝時代には、日本人留学生阿倍仲麻呂が試験に合格し、政府の高官に上っています。

仲麻呂は大詩人の李白や王維とも交流がありました。

また時代は少し下りますが、日本留学僧・空海は中国密教の正式な後継者となります。

国際性は群を抜き、その懐の深さも比類ありません。

中国全史を通じての全盛時代ではないかと思います。

しかし唐朝以降、文化の衰えは決定的になります。

その原因は隋朝から始まった科挙の試験です。

すべての優秀な青年が、この儒教価値そのものの試験を目指すようになりました。

これが中国人から仏教など高度な思索を奪っていきます。

その結果、中国では庶民のために仏教に新しい解説を加えた、法然、親鸞、日蓮などのような人は出ませんでした。

インテリのエネルギーはすべて自らの立身出世に使われるようになります。

そして中国の文明は完全に停滞してしまいます。

そのせいでしょうか、それからは北方少数民族、金、元、清などの支配を受ける時間が多くなります。

大きな大陸

中国大陸は地域により風土は全く異なっています。

北方では主食はいまでも饅頭で、米はサブです。

上海を含む長江デルタ地帯は米が主体です。

福建省や広東省は山が海岸までせまり耕地に恵まれていません。

このことが食いはぐれて海外へ出る人が多い原因となっています。

習慣も各地で大きく違います。

中国人はよく「中国の習慣では、」などと言います。

しかしこれは自分の出身地でしかも自分の一族の周囲にしか通用しない習慣であることが多いのです。

それを聞いて簡単に中国がわかったと思ってはいけません。

マスメディアの情報操作

中国のマスコミは党の宣伝機関です。

習近平主席がマスコミ首脳との懇談会で、その本分を守るよう強調しています。

ただし地方紙や地方テレビ局の記者たちは、まじめに働いています。

市民の困惑している問題を取材し、解決に導こうとする意志は十分に持っています。

しかし取材した内容を掲載、放映するかどうかは、各社に陣取る党書記というお目付け役が決めます。

何もかも検閲しているわけではありませんが、まずいことになったとき、編集長や記者の首を飛ばす権限を持っています。

また全国記事や海外記事はほとんど国営新華社通信からの配信に依っています。

たまに論説委員による独自の主張を展開することもありますが、みな当たり障りのない話ばかりです。

中国が抱える問題

中国はたくさんの深刻な問題を抱えていますが、中国人にとってはそうでもないようです。

中国社会は常に戦いの連続です。

問題の多い状況には慣れ切っていて、いちいち悲観的になることはありません。

むしろ金儲けのチャンスとして積極的に捉えているフシすらあります。

一人っ子政策のその後

一人っ子政策は2016年1月から、二人っ子政策に変わりました。

つまり国家が夫婦の子ども数に口を出すのをやめたわけではありません。

国家衛生計画生育委員会という役所を守る必要もあるからです。

同委員会は一人っ子政策のため膨大な人員を抱えていました。

彼らは長い間暗躍を続け、二人目を生もうとした夫婦に対し、徹底的にからみつきました。

あまりのひどさに中央から暴力禁止、侮辱行為禁止などの通達が出たほどです、田舎ではとくに陰湿ないじめが続きました。

こうした連中から解放され、社会はほっとしています。

政策変更後一年経ちましたが、実際に二人目を生む人は各地方政府の予測を下回っているようです。

格差社会

中国はもともと皇帝や高級官吏が富を独占する社会でした。

毛沢東によってみな貧乏という平等社会が現れたのは、歴史上の奇観でした。

1979年に開始された改革開放によって、貧富の差は急拡大し、中国はいつもの状態に返っていきます。

みな商売をして儲けようという意欲にあふれています。

隙あらば独立を考えている人、必要とあれば人を出し抜くことも厭わない人、は数えきれません。

ひどい格差は中国史では常態です。

現代だけが特別深刻な状況というわけではありません。

医と食の問題

中国には、食品薬品監督管理局というセクションが国家、省、市(日本の県に相当)それぞれのレベルにあります。

各市では食品・医薬品110番を設置し、市民からの通報を受け付けています。

訴えは多くフル回転しています。

また現在は薬価問題にメスを入れているところです。

総合病院では訳の分からない中間業者や不要人員がのさばり、薬が高すぎるからです。

いま最も忙しい役所のひとつでしょう。

しかし問題を認識し、解決に導こうとしていることは評価すべきです。

日本の中国崩壊論者たちは、これを軽視しがちです。

中国人の特徴あるある25選

地域差は大きくても、中国人の行動パターンは似ています。

それが文明の作用というものなのでしょう。

以下その特徴を見ていきましょう。

1. 声が大きい

中国人の声が大きいのは、有利を確保するためです。

中国では自己主張と交渉が延々と繰り返されます。

そこでは合理的な思考より勢いを重視します。

声はその勢いを支えます。

大声で話せば、少なくとも自信のない相手と見られ、不利となるようなことはありません。

その結果、小さなことでも大声でアピールすることが習慣化しています。

何もケンカを仕掛けているわけではありません。

2. キレやすい

中国人は決してキレやすくはありません。

交渉はみな計算ずくでやっています。

自らを失ってしまうようなことは決してなく、交渉上のパフォーマンスであることがほとんどです。

中国人がキレたと見えたら、それは彼らのペースにはまったことを意味しています。

気を付けましょう。

3. 色彩感覚が派手

中国に限らず大陸で生きていくためには、何事も目立たなければならないようです。

人間も建物も自己主張が強く、周囲に溶け込むのを拒否しているように見えます。

そんな大陸に住む中国人の好む色は、黄金色や赤です。

この2色は冠婚葬祭にもよく使われます。

故人をしのぶときには、黄色の「焼紙」という紙を燃やします。

また結婚式における縁起カラーは赤です。

薬のパブロンゴールドが中国人に受けたのは、ゴールドと赤というパッケージだったせいかも知れません。

4. 世界は全て自分中心に回っている

中国人の認識する世界では第三者はほとんど存在しません、自分と一族(第一者)、交渉相手(第二者)しかなく、第三者は気になりません。

自分とその一族だけが宇宙にぽっかり浮かんでいるようなイメージです。

そして何もかも自分との関係で解釈します。

一歩引いた公正な視線というようなものはありません。

5. 自分が得をすれば他人は関係ない

中国人の究極の目標は、交渉を繰り返しながら、自分たちの一族を高い位置へ押し上げることです。

自分たちだけが繁栄すればよい。

そのためには手段を選びません。

他人は踏み台に過ぎないか、もしくはいないも同然です。

6. 大げさである

中国人は何事もオーバーアクションです。

これも自らを大きくみせる手段の一つです。

立派な事務所や、高級車、ブランド品で身辺を飾りたがる心性と変わりありません。

7. お金が大好き

中国では、地位とお金は一致しています。

地位は利用して金を生むためのものです。

中国人の某氏は、出世して工場長に就任したとき、この地位にいる間にできるだけ稼ぐつもりだ、と意欲を隠そうとしませんでした。

これは仕入れ先から出来る限りワイロを取るぞ、という宣言に他なりません。

8. 血縁や親戚を非常に大切にする

中国人は血縁や親戚以外に信じるものを持っていません。

神や仏はありません。

寺社の数は数えるほどしかありません。

中国文明は多くの人間を養ってきたシステムとはいえ、形式主義と現実主義に覆われ、本当に信じられるものはないのです。

頼るものがあるとすれば風水くらいでしょうか。

中国人にとって血縁は最大のよりどころです。

9. マナー意識が低い

中国人の素養は低いとよく言われますが、これは第三者が不在であることが影響しています。

中国人の世間とは顔の見える範囲だけです。

それ以外の視線は一切気になりません。

人様にご迷惑をおかけしました、不快な思いをさせて申し訳ありません、などという発想は皆無です。

中国でいう礼儀とは、マナーや作法のことではありません。

10. 自信過剰

中国人は日常会話で「圧力大(プレッシャーがキツイ)」を連発しています。

筆者は当初、大きな声で言いたい放題の中国人にストレスなどあるわけない、と思っていましたが実はそうでもないことがわかってきました。

あまりにも延々と交渉という戦いが続くため、くたびれてしまうときがあるのです。

自信過剰に見える中国人ですが、悩みのないわけではなさそうです。

11. 人に譲らない

厳密にいうと、譲る場合とそうでない場合があります。

譲った方が有利になると判断すれば、譲ります。

その場合はプレゼントを贈る、役人に対してならワイロを贈るのと同じ意味です。

交渉(ゴマすり)の潤滑油として用います。

もちろん強い相手に見返りを期待してのことです。

一回限りの交渉相手なら、自分から譲ることはあり得ません。

12. 大きな目標や夢、野望を持っている

中国人の野望ははっきりしています。

自分とその一族が、人より上に行くことです。

出世してワイロを取り放題に取り、家が財物で満ちることです。

胡錦涛政権の政治局常務委員・公安部長であった周永康は、汚職で無期懲役の判決を受けました。

その隠し財産は日本円で1兆9000億円に上ったということです。

彼は捕まったことさえ除けば、中国人の理想を体現した人です。

13. あまり清潔を重視しない

中国文明の衛生思想は深く長く息付いています。

それは食べ物には火を通すこと、生水を飲まないことの2つです。

そのためヨーロッパほどひどい感染症が蔓延しなかったのではないか、と思われます。

しかしそこで思想は、まったく停滞してしまいました。

トイレの衛生をまったく意に介さなかったのは、そのためでしょう。

14. 結構平気で嘘をつく

中国人に正直は美徳である、という考えはありません。

正論であるかどうかは、数ある交渉手段のひとつに過ぎません。

その場その場の交渉を有利に進めていくことを、何よりも優先します。

長く付き合う相手でなければ、騙しても可という考えは広く共有されたもののようです。

15. 口コミの伝達力がすごい

中国人は、他人の言うことは信用しません。

その代わり一族と友人間で伝達される情報は信用します。

中国最大のSNS、微信(We Chat)は、今やユーザー数9億人と言われています。

この中の友人たちによる情報発信は概ね信用しています。

したがってガセネタも含め、瞬く間に伝達していくことになります。

16. 自立心が強く、親に頼らない

これは自己主張が激しいためにそう見えるだけです。

親が重要人物ならいつまでもその人脈に頼り続けます。

逆に子どもが商売で成功すれば、親は子に頼ります。

また夫婦共働きですから、妻の方が成功しているケースもあります。

ある中小企業では、妻が社長、夫は運転手でした。

誰かが成功すればいいという考え方です。

中国人とは、精神的に自立した個人の集まりではありません。

すぐれた芸術家や表現者が出てこないのはそのためでしょう。

17. 面子を重視する

面子をつぶされると、以後の交渉において大きく力をそがれてしまいます。

それを本能的に避けようとする行為です。

人によって各々のレッドラインは異なっていますから、注意が必要です。

18. 人の目を気にしない

中国人にとって第三者はいないも同然ですから、何をしてもかまいません。

第三者の方でも他人の好意にまったくと言っていいほど関心を向けません。

万一何かクレームがついたとすれば、そこで交渉して解決をはかればいいのです。

もし相手が権力者であればプレゼントまたはワイロの出番です。

19. 小さなことでクヨクヨしたり後悔しない

中国人は楽観的です。

事業の失敗は風水のせいにして、ただちに立ち直ることができます。

筆者は実際に、経済犯罪で逮捕歴のある人と出会ったこともあります。

そういう人たちもシャバへ戻って堂々と商売を行っています。

卑屈感のようなものは全然ありません。

また商売相手にも偏見は見られません。

お互い儲かるかどうかしか興味はありません。

まったくたくましい限りです。

20. 相手の気持ちを察することができない

交渉相手の気持ちをくめば、舌鋒が衰えて交渉に不利となりかねません。

そこはあまり斟酌しないようにしているのでしょう。

中国のある鉄道駅待合室で、派手な夫婦喧嘩の始まったことを思い出します。

女が追いかけ、男は方々逃げ回っていました。

しかし後で聞いてみると、このときは、女の方から仕事を回してほしいと男に対し、営業をかけていたというのです。

日本ではあり得ない光景です。

このような迫力を持って臨まなければ、中国ではやっていけないようです。

とても相手のことを考えている場合ではないのでしょう。

21. 自分のプライバシーを大切にする

中国人のプライバシー感覚はどうなっているのでしょうか。

大切にしているようでも、わがままだからそう見えるだけというのが本当のところでしょう。

中年以上の人にはプライバシー空間という考えはあまりありません。

一昔前の公衆トイレには間仕切りさえありませんでした。

第三者は石ころですから恥ずかしくも何ともないのです。

他人に無関心でいることで、プライバシーを守っているのかもしれません。

80后、90后と呼ばれる1980年代以降生まれの世代からは、感覚も変化しているでしょう。

豊かになるにしたがい、結婚も遅くなるなど他の西欧先進国同様の傾向がみられています。

西欧とのシンクロの度合いは若い世代ほど強いはずです。

22. 親を非常に尊敬している

父親を中心とした一家の秩序は儒教の根本です。

何しろ他にルールはありませんから、これだけはしっかり守ります。

また父親を中心とした家族の行事も欠かしません。

それと老人は社会全体で大切に扱います。

すでに生存競争を戦う相手ではなくなっているからでしょう。

市内バスの座席譲りでは日本の上をいっています。

23. ゴミを平気でその辺に捨てる

この点は社会正義を欠き、第三者の目を気にしないという中国人の面目躍如ともいえます。

筆者が中国で暮らしていたとき、市政府からゴミ分別用の小型ポリバケツが各戸に配布されました。

筆者の妻は「中国人がこんなもの守るものか!」と言い放ち、分別には使わず、日用品の保管など別の用途で使っていたものです。

どこにいても守るべきルールはあるはずだ、などという発想はどこにもありません。

24. 負けず嫌いである

中国人は負けず嫌いというより、人に弱みを見せないことを重視しています。

これは唯一の絆ともいえる一族の中においても当てはまります。

生まれついての本能のようなもので、不利な状態に追い込まれることを何よりも嫌います。

とにかく自らを大きく立派に見せ、与しやすい相手と見られないように工夫しているのです。

25. 何でも人のせいにする

自分の責任を認め、いさぎよく謝罪することはありません。

筆者は貿易の仕事で、中国人の担当者を何度も問い詰めたことがあります。

発注した商品の納期遅れや不良品に関するクレームです。

すると彼らは、必ず仕入先など外部へ責任転嫁します。

その言い訳は、理にかなっていないこともしばしばあります。

どうしても中国人は一方的に追い込まれることが我慢ならないようです。

筋は通っていなくても、最後には妥協して解決を図ろうとしてきます。

面子さえクリアすれば後の思考は柔軟です。

この点は安心のできるところです。

26. 情に厚く友達思い

中国人には、友人はたくさんいても、親友はごくわずかです。

中国で商売をしていたとき、業界の重鎮ともいえる中国人に聞いてみたことがあります。

「あなたはとても顔の広い人だが、本当に信頼できる友人は何人いますか?」それに対する答えは「3人」というものでした。

この3人とは一族同様強いの絆で結ばれているのでしょう。

しかしそれ以外の人たちは利用し、利用される関係です。

中国では第三者の好意に甘えることが絶対にできません。

人脈を誇っていても実は信頼できる人も少なく、大変に厳しい社会といえます。

一族という防波堤がなければ、とても暮らしていくことはできないでしょう。