筆者は、中国との間で貿易ビジネスに関わるようになり、その後中国駐在員(上海・青島)を経験し、最後には中国人女性と結婚しています。

徐々に中国との関係が深まっていき、そのたびに中国に対する認識も変化していきました。

中国とは何か?を問い続けてきたとも言えます。

以下その経験を元に分析を加えてみます。

関心をお持ちの方のお役に立てれば幸いです。

世界中に拡散している中国人(華人)たち

先日中国のネットニュースサイトに中国人(華人)の多い国トップ10が掲載されました。

それによると多い順に、インドネシア767万人、タイ706万人、マレーシア639万人、アメリカ346万人、シンガポール279万人、カナダ136万4000人、ペルー130万人、 ベトナム126万人、フィリピン115万人、ミャンマー110万人となっています。

東南アジア各国では、ほとんど現地名を名乗り、溶け込んで暮らしています。

また出身地も福建省、広東省など圧倒的に南方に偏っています。

したがって大陸の大半の中国人は、彼らのことを中国人とは認識していません。

華人と呼ぶのが普通です。

それもほとんど南方出身のため同胞意識もありません。

大陸の中でも意識はまったくまとまりがありません。

北京と上海がいがみ合っているは有名です。

また神戸生まれの台湾人作家・陳舜臣は、北京人、上海人、広東人の差は、日本人と韓国人の差より大きい、と言っていますが、筆者も全く同感です。

さらに辛亥革命を成功させた孫文は「中国人は砂のようにバラバラだ。」と嘆きましたが、この状況は今日でもそう大きく変わっていません。

人口はどれくらいになったの?

IMFの推計による中国の人口(2017年)は、13億9085万人です。

一人っ子政策(1979~2015)が始まったばかりの1980年は9億8705万人でしたから、政策の期間中でも結構増え続けていたのがわかります。

中国という国の特徴

先述のように中国の地域差は大きく、バラバラですが、儒教の影響の強い地域としてはまとまっています。

その特徴は、社会の公益より家や一族などパーソナルな倫理を最優先させることと、形式主義にあります。

社会秩序は形式だけであり、それを壊さない範囲内にルールはありません。

儒教的徳目を身内と上司に対しては守るけれども、社会正義はどこにもない、秩序は力で維持するという独特な社会ができあがりました。

歴史が長い

よく中国4000年の歴史などと言われますが、実際に今につながる中国ができたのは紀元前220年、秦の始皇帝による統一からです。

次の漢王朝で儒教が国教の地位につきました。

これ以降、中国の思想界は停滞します。

例外は唐王朝でした。

唐朝では三蔵法師の活躍もあり、インド発祥の仏教が盛んとなります。

またササン朝の滅亡に伴いペルシャ文化も大量に流入します。

さらに玄宗皇帝時代には、日本人留学生阿倍仲麻呂が試験に合格し、政府の高官に上っています。

仲麻呂は大詩人の李白や王維とも交流がありました。

また時代は少し下りますが、日本留学僧・空海は中国密教の正式な後継者となります。

国際性は群を抜き、その懐の深さも比類ありません。

中国全史を通じての全盛時代ではないかと思います。

しかし唐朝以降、文化の衰えは決定的になります。

その原因は隋朝から始まった科挙の試験です。

すべての優秀な青年が、この儒教価値そのものの試験を目指すようになりました。

これが中国人から仏教など高度な思索を奪っていきます。

その結果、中国では庶民のために仏教に新しい解説を加えた、法然、親鸞、日蓮などのような人は出ませんでした。

インテリのエネルギーはすべて自らの立身出世に使われるようになります。

そして中国の文明は完全に停滞してしまいます。

そのせいでしょうか、それからは北方少数民族、金、元、清などの支配を受ける時間が多くなります。

大きな大陸

中国大陸は地域により風土は全く異なっています。

北方では主食はいまでも饅頭で、米はサブです。

上海を含む長江デルタ地帯は米が主体です。

福建省や広東省は山が海岸までせまり耕地に恵まれていません。

このことが食いはぐれて海外へ出る人が多い原因となっています。

習慣も各地で大きく違います。

中国人はよく「中国の習慣では、」などと言います。

しかしこれは自分の出身地でしかも自分の一族の周囲にしか通用しない習慣であることが多いのです。

それを聞いて簡単に中国がわかったと思ってはいけません。

中国が抱える問題

中国はたくさんの深刻な問題を抱えていますが、中国人にとってはそうでもないようです。

中国社会は常に戦いの連続です。

問題の多い状況には慣れ切っていて、いちいち悲観的になることはありません。

むしろ金儲けのチャンスとして積極的に捉えているフシすらあります。

一人っ子政策のその後

一人っ子政策は2016年1月から、二人っ子政策に変わりました。

つまり国家が夫婦の子ども数に口を出すのをやめたわけではありません。

国家衛生計画生育委員会という役所を守る必要もあるからです。

同委員会は一人っ子政策のため膨大な人員を抱えていました。

彼らは長い間暗躍を続け、二人目を生もうとした夫婦に対し、徹底的にからみつきました。

あまりのひどさに中央から暴力禁止、侮辱行為禁止などの通達が出たほどです、田舎ではとくに陰湿ないじめが続きました。

こうした連中から解放され、社会はほっとしています。

政策変更後一年経ちましたが、実際に二人目を生む人は各地方政府の予測を下回っているようです。

格差社会

中国はもともと皇帝や高級官吏が富を独占する社会でした。

毛沢東によってみな貧乏という平等社会が現れたのは、歴史上の奇観でした。

1979年に開始された改革開放によって、貧富の差は急拡大し、中国はいつもの状態に返っていきます。

みな商売をして儲けようという意欲にあふれています。

隙あらば独立を考えている人、必要とあれば人を出し抜くことも厭わない人、は数えきれません。

ひどい格差は中国史では常態です。

現代だけが特別深刻な状況というわけではありません。

中国人の特徴あるある25選

地域差は大きくても、中国人の行動パターンは似ています。

それが文明の作用というものなのでしょう。

以下その特徴を見ていきましょう。

1. 声が大きい

中国人の声が大きいのは、有利を確保するためです。

中国では自己主張と交渉が延々と繰り返されます。

そこでは合理的な思考より勢いを重視します。

声はその勢いを支えます。

大声で話せば、少なくとも自信のない相手と見られ、不利となるようなことはありません。

その結果、小さなことでも大声でアピールすることが習慣化しています。

何もケンカを仕掛けているわけではありません。

2. キレやすいように見えてしまう

中国人は決してキレやすくはありません。

交渉はみな計算ずくでやっています。

自らを失ってしまうようなことは決してなく、交渉上のパフォーマンスであることがほとんどです。

中国人がキレたと見えたら、それは彼らのペースにはまったことを意味しています。

気を付けましょう。

3. 色彩感覚が派手

中国に限らず大陸で生きていくためには、何事も目立たなければならないようです。

人間も建物も自己主張が強く、周囲に溶け込むのを拒否しているように見えます。

そんな大陸に住む中国人の好む色は、黄金色や赤です。

この2色は冠婚葬祭にもよく使われます。

故人をしのぶときには、黄色の「焼紙」という紙を燃やします。

また結婚式における縁起カラーは赤です。

薬のパブロンゴールドが中国人に受けたのは、ゴールドと赤というパッケージだったせいかも知れません。

4. 世界は全て自分中心に回っている

中国人の認識する世界では第三者はほとんど存在しません、自分と一族(第一者)、交渉相手(第二者)しかなく、第三者は気になりません。

自分とその一族だけが宇宙にぽっかり浮かんでいるようなイメージです。

そして何もかも自分との関係で解釈します。

一歩引いた公正な視線というようなものはありません。

5. 自分が得をすればいい、という人が多い

中国人の究極の目標は、交渉を繰り返しながら、自分たちの一族を高い位置へ押し上げることです。

自分たちが繁栄すればよい。

そのためには手段を選びません。

6. 大げさである

中国人は何事もオーバーアクションです。

これも自らを大きくみせる手段の一つです。

立派な事務所や、高級車、ブランド品で身辺を飾りたがる心性と変わりありません。

7. お金が大好き