CoCoSiA(ココシア)

後悔しないための人生やっておきたい...(続き3)

失恋して落ち込むことはもちろんありますが、後悔は無いんです。

よく女性の方が立ち直りが早いと言われていますよね。

それは、自分なりに精一杯向き合った結果なのではないでしょうか。

失ってからでは遅いですよ!

7.好きな人に想いを伝える

先ほども、後悔しないためには“言いたいことを言う”ことが大切だというお話をしました。

好きな人への想いは、言葉にしなければ伝わりません。

相手に届けようとしなければ、届くことはないのです。

それが、片想いの相手であっても、恋人であってもです。

特に恋人同士になると、安心やマンネリから、想いを伝えなくなることって多いですよね。

「わかってくれているはず」とか、「付き合ってるんだから好きに決まってる」なんて思って気持ちを言葉にしないでいると、やっぱり不安になるものです。

特に女性は不安になりやすいと思いますし、言わなくなるのは男性の方が多いですよね?
そんなことから、気持ちのすれ違いは生まれてくるものです。

気付いた時には、修復不可能になっているかもしれませんよ!
後悔しないためにも、好きな人には想いをちゃんと伝えましょう。

8.恋人を大切にする

想いを伝えなくなるのと同じで、付き合いが長くなればなるほど、恋人を大切にしなくなってくる人も多いですよね。

また、自分のモノという感覚になって、邪険に扱い始める人もいます。

恋人関係は、お互いを尊重しなければ成り立ちません。

もちろん、付き合いはじめと時間が経ってからでは、関係性に変化はあるものだと思います。

よく、恋から愛へと変化するとも言われますよね。

最初の盛り上がった気持ちから、互いにそのトーンは下がっていくものです。

でも、そこにお互いを大切にする気持ちがあれば、その信頼関係で成り立って行けるはずです。

大切にされていない感覚というのは、敏感に受け取るものです。

自分にその感覚があるのなら尚更、相手はそれに気づいているはずです。

そうなってからではもう遅い!
失って後悔する前に、恋人を大切にすることを心掛けましょう。

9.相手の気持ちを考える

恋愛は、自分の一存ではどうすることも出来ないものですよね。

そこには相手がいて、相手の気持ちがあるからです。

相手が、言いたいことを言えるタイプの人なら分かりやすいかもしれませんが、実際は、言いたいことを言える人の方が少ないのです。

また、相手を大切にするということは、相手の気持ちを考えて行動することでもあります。

自分の気持ちだけを推し進めても、相手は付いて来てくれません。

気持ちの分かり合えない人として、その恋は終わりを告げるかもしれません。

気付いた時には遅いパターンの方が多いと思います。

後悔する前に、相手の気持ちを考えた行動をしましょう!

10.相手を傷つける行動をしない

相手を傷つける行動は、そのまま恋の終わりへと繋がっていく可能性があると思います。

傷つけられて尚、その関係を続けていける人なんていません。

相手を大切にしていれば、気持ちを考えていれば…傷つけるような行動もしないはず。

傷つけてしまった時にはもう、そのまま相手を失うことになると言ってもいいと思います。

傷つけてしまった瞬間にようやく気付くかもしれませんが、それでは遅いんです。

そんな後悔を生まないためにも、相手の気持ちを大切にしましょうね!

11.相手がして欲しいことをする

相手がして欲しいことをするのにも、相手の気持ちを考えることが必要ですよね!
相手の好きな事、望んでいる事、喜ぶこと、嬉しいこと…相手のことをよく分かっていなければ、相手がして欲しいことをしてあげることは出来ません。

つまり、して欲しいことをしてもらえたら、それだけ自分を分かってくれていると思えるし、自分の気持ちを考えてくれたとも思えます。

それは、大切にされている実感へと繋がっていくんです。

こんなことが出来ていれば、後悔するような事態を招くこともありません!

12.記念日は大切にする

記念日って、やっぱり大切な日なんです。