人は誰かに頼り、頼られて生きています。

もちろん、時として裏切ってしまったり、裏切られてしまう場合も多くあります。

裏切りの具合によりますが、一度裏切られたり、何度も裏切られてしまった人は、人を信用することがなかなか出来なくなってしまう場合も多くあります。

また、人を裏切ってしまった人も、裏切るつもりはなかった場合もありますし、詐欺などのように、初めから人を陥れようとしていた人もいます。

生きているとさまざまな残酷なことがありますが、今回は人を信用出来ない8個の原因と対策や、これをやって徐々に人を信頼できるようになりたいという願望についてお話します。

「人を信用出来ない…」と思っている人は多い

誰でも裏切られた経験があると思います。

裏切りによる心の傷の深さは、人それぞれであり、裏切りの内容によっても違います。

深い心の傷をおってしまった場合は、なかなか立ち直れず、人を信用できなくなります。

また、同じ経験を二度としたくないという気持ちから、周りの人と距離を置いてしまったりする人も多くいます。

日常生活において、よく経験する裏切りは、男女関係や金銭トラブルによる裏切りです。

男女関係のトラブルは、男女関係がある限り、一生涯裏切りと隣り合わせで生きていく可能性もあります。

人により、裏切りの受け捉え方も違うので、些細な問題でも裏切りと受けとる人もいるため、気を付けていても難しい場合が多いです。

金銭トラブルは、最悪警察沙汰になるケースもありますが、基本的にお金に関しては人を信用しない方が無難な世の中です。

いくら親しい友人であれ、親戚であっても金に目がくらむ場合もあります。

他人などはもっての他です。

詐欺が多い時代ですが、金銭トラブルに関しては、ある意味自己責任でもあり、しっかりと管理しておく事が必要です。

さまざまな裏切りにより、人を信用できなくなる人が多いですが、人は一人では生きていけないため、どうしても人とかかわり合いながら生きていくしかないのです。

そのため、人を信用できなくなってしまった人は、なるべく人とのかかわり合いを避けてしまったり、自分の殻にこもってしまい、孤独になりやすい場合も多くなっています。

信用出来ないのが苦しい

人を信用できなくなってしまった人は、孤独感に陥りやすく、人を常に疑いの目で見てしまう傾向があるため、苦しいことが多いです。

周りの人からも、不思議がられたり、距離を置かれやすくもなります。

常に疑いの目が向けられてしまうと、相手からも不審がられたり、信用もされず、扱いずらいと思われやすく、孤立してしまいがちで苦しくなってしまうのです。

しかし、なかなか人を信用できないため、治すことが難しいため、裏切られた経験によってうつ病になってしまう人も中には一緒にいます。

人を信用出来ない8個の原因


では、なぜ特定の人に裏切られたにも関わらず、全ての人を信用できなくなってしまうのでしょうか。

ここからは、人を信用できない8個の原因を詳しくお話していきます。

1、トラウマを抱えている

過去の裏切りの経験に対して、深い心の傷を
おってしまい、その事が常に頭から離れずにトラウマになってしまっている人もいます。

似たような状況や、会話、仕草や行動によって、その過去の裏切りのトラウマが鮮明に目に浮かび、また同じ苦しみを味わう怖さや苦しさに耐えきれず、逃げ出したくなってしまう人も多くいます。

人の心の強さは、個人差もあり、些細な事でも気にしてしまい、傷ついてしまう人もいます。

また、何度裏切られても気にせずに、受け止めて前を向いて歩き出せる強い心の人もいます。

しかし、一度トラウマになってしまうと、どんなに強い心の持ち主であっても、忘れることができずに、人を信用できなくなってしまう場合も多いようです。

苦しみを乗り越えるにも、やはり人の手助けが必要な場合もあり、誰一人として信用できなくなってしまうと、トラウマを克服することは難しいです。

トラウマを克服するには、人に自分のトラウマを話してみることが第一歩である場合も多くあります。

話すこと自体、嫌で怖い人も多いですが、トラウマを克服するには、自分自身がしっかりと過去の裏切りに、もう一度向き合わなければならないのです。

2、被害妄想が激しい

人を信用できなくなってしまった人は、自分が過去に裏切られた事などはもちろん人にはなかなか話すことができません。

そのため、自分の中だけで物事を整理して、勝手に思い込む傾向がある人が多くいます。

被害妄想が激しく、人を常に疑いの目でみているために、たとえ相手が親切心で行った事に対しても、悪くとらえたり、裏をかいているように考えるケースも多いようです。

人にどう思われようが構わない人も中にはいて、自分がまた同じ苦しさを味わう位ならば、人に嫌われた方がましと考える人もいます。

どんな事であっても、最悪のシナリオを一番に考えてしまう癖があるため、被害妄想はかなり強くなってしまうのです。

よくニュースで、迷惑行為により逮捕される事件が相次いで起きていますが、隣近所に被害妄想が強い人がいることは多く、住民トラブルなどが起きやすいです。

被害妄想が強い人は、自分のテリトリーに対して、人に少しでも侵入されたり、奪われたりすることを極度に嫌がります。

たかが一センチであっても、隣の住民の荷物や植木鉢があるだけで不法侵入だの騒ぎ出してしまうのです。

野性的な本能ではありますが、極度に被害妄想が強すぎてしまうと、誰も手がつけれなくなってしまう事がほとんどで、精神疾患病の恐れも出て来てしまう場合もあります。

それほどまでに被害妄想が強く、人を信用できなくなってしまうと日常生活までもままならなくなってしまう場合もあるのです。

3、後悔癖がある


過去に深い心の傷をおってしまった場合、その出来事を何度も後悔する人がいます。

「あのときこうしていればよかった」「あのときやめればよかった」などと思いやすいです。

誰でも後悔することはありますが、人を信用しない人は、何か失敗があるごとに毎回後悔する癖がついてしまっている場合もあります。

過去の失敗から、常に後悔する癖が身に付き、結果後悔だらけの人生になってしまう人も多くいます。

時として、後悔することも必要になりますが、後悔してからの行動や気持ちの持ちようが大事であり、次に繋がるのです。

しかし、人を信用できない人の場合は、後悔しても何も自分自身は変わらず、ますます人間不信に陥りやすくなり、負の連鎖が続いてしまう場合も多いようです。

後悔しやすい人、後悔しにくい人の違いは、気持ちの持ちようでもあり、過去に深い心の傷をおってしまった人の場合は、なかなか前を向いて歩き出したり、自分に自信を持ちにくくなってしまい、人のせいにしたり、人を責めてしまう性格にもなってしまう場合があります。

中には、自分が悪いとわかっていながらも、その事をなかなか認められなかったり、受け入れられない場合があり、結果、後悔することで解決してしまう人もいます。

その人の性格や、個人差もありますが、一度深く人に傷付けられてしまうと、なかなか立ち直れなかったり、元の自分に戻れなくなってしまう人も多くいるのです。

4、言葉の裏を読んでしまう

人を常に疑いの目で見てしまうため、常に相手の言葉の裏を読んでしまう人も多くいます。

たとえ、相手が親切心で言った言葉であっても、「何か裏がある」と思い込み、相手に借りを作りたくないと勘違いをして、相手に失礼な態度をとってしまったりすることも多くあります。

相手からしても、常に疑いの目で見られてしまっていると、気分も悪く、その人に対して不信感を持ちやすくなります。

親切心で言った言葉なのに、悪く捉えられると、二度と親切心を持ちたくないと思う人も多くなります。

そのために、常に言葉の裏を読んでしまう人は、孤立してしまう場合も多く、周りからは信用されず、変わった人と思われやすくなるのです。

5、神経質

裏切られた経験によって、何事に対しても神経質になってしまう人もいます。

「こうしたらこうなるだろうか」「ああしたらああなるだろうか」などと、たくさんの選択肢を考える人もいます。

しかし、なかなか選ぶことが出来ない人が多くいます。

また、人間関係に対しても、人に裏切られた経験があり、なかなか信用できなくなってしまったため、一つ一つ、相手の行動や発言に対して神経質になってしまう人が多く、事あるごとに、相手の行動や発言の意味を気にしてしまい、一人で落ち込んでしまったり、自分を責めたり、被害妄想を膨らませてしまう人もいます。

周りの人に相談しても、「考えすぎ」「気にしすぎ」と思うような悩みであることが多いです。

しかし、本人は、とてもそんなに軽く捉えることができないため、相談に乗ってくれた相手ですら、「自分をわかってくれていない」「この人は信用できない」と思ってしまう人もいます。

人間関係をあまり長く続けることも苦手とし、人とのかかわり合いに疲れやすく、一人の時間を好む傾向もあります。

神経質になりすぎるために、周りとはうまく付き合えず、信用できる人は誰もいないという人が多いです。

ゲームや、SNSなどの、本来の自分を忘れられる状況を好む傾向もある人もいます。

6、ネガティブ思考

常に何事に対してもネガティブ思考の人もいます。

自分に自信がなく、周りの人のことも信用できないような人は、何かあるごとに、マイナス思考を考え、ネガティブな方向に向かいます。

「どうせ私なんて」が口癖のようになり、常に下を向いていたりします。

たとえ、褒められたとしても真に受けず、「無理して言ってる」などと心では思っている人が多いのです。

しかし、中には、ネガティブ思考ではありますが、人に褒められると真に受けて、調子にのりやすい人もいます。

このようなタイプは、扱い方に注意が必要になります。

万が一、褒めた人が褒めた内容と違うことを言ったりしてしまうと、裏切られたとすぐに思い込み、根に持たれやすくなる場合があります。

根に持つ深さもその人その人で違いますが、
最悪の場合、手に負えなく場合もあります。

ネガティブ思考の人の中には、自分でも気付かないような精神異常がある人もいます。

情緒が不安定で、気分の上げ下げも激しく、人に対する思い入れもすぐに変動しやすいです。

一度根に持たれてしまうと、修復は難しくなります。

もちろん、ただ単にネガティブ思考なだけの人もいますが、人を信用できないが故に、ネガティブ思考になってしまっているため、裏切られる事に対して、かなりシビアや人が多いです。

7、劣等感が強い

自分が極度に嫌いで、自分にイライラする人の中には、「自分自身=劣等感」と思っている人がいます。

誰でも短所はあるものですが、自分の全てが嫌いで仕方ない人もいます。

劣等感は、過去の出来事や、人とのかかわり合いの中で、自分という一人の人間を知り、「自分は周りの人より劣っている」と
強く感じることにより、感情が生まれる場合が多いです。

もちろん、人に裏切られたことによっても生まれますし、人にけなされたり、幼少期にいじめにあってしまった過去を持っている人に多い傾向があります。

「なぜ自分はこんなにダメな人間なんだ」「なぜ自分には出来ないんだ」などと自問自答したり、周りの人とすぐに比べてしまったりする人が多いです。

自分に対して、自信が持てることは何一つないと思ってしまっていたり、性格だけでなく、外見的にも自分を毛嫌いしてしまう人もいます。

劣等感は、周りの人によってなくなることは少なく、まずは自分自身が、自分の好きなところを一つでいいので見つけることが必要になります。

時間はかかりますが、自分の事を今一度しっかりと見つめて、向き合うことが大切です。

「自分の全てを受け入れられなくて当たり前」ということに気付ければ、少しずつ劣等感は薄れていく場合もあります。

8、自分に自信を持てない

自分に自信が持てない人は世の中たくさんいます。

むしろ、自信を持っている人を見つける方が難しいです。

しかし、みんな自分の自信がある部分を信じて毎日生活しています。

自信がないことであっても、挑戦して、成功したときに自信に変わるものです。

みんな、一生懸命諦めずに挑戦して、挫折して、でもまた挑戦して自信を得ています。

しかし、中には自信がないから挑戦しない人も多くいます。

挑戦しなければ自信を持つことはそもそも出来ません。

恋愛でも、「成功する自信がないけど、可愛くなって告白する」「好かれる自信はないけどダイエットして可愛くなる」などと、努力して挑戦します。

たとえ、失敗してしまっても、努力した自分自身に自信が持てるようになる人もいます。

仕事に対しても、「プレゼンを任されたけど自信がない」「契約結べる自信がない」と誰もが始めは思うものです。

しかし、しっかり下調べをして、まとめて、分かりやすく説明する練習をします。

夜中まで会社に残り、一生懸命努力します。

たとえ、大失敗してしまっても、見る人からすれば、一生懸命努力したことが伝わり、熱意を感じてくれる人もいます。

自分に自信がなくても当たり前です。

まずは自信が持てるように努力することが大切であるのです。

自分を信用できないような人は、周りの人を信用できるはずがないのです。

まずは自分を信じることから始めましょう。

時として、自分を信じるための過程において、周りの人を信じれるようになる可能性もあるのです。

人が信用出来ない人の心理や特徴

人が信用できない人の心理や特徴はどのようなのでしょうか。

見た目からでもわかる場合もありますし、意外な心理の場合もあります。

人により個人差もありますが、似ている特徴もあるので、ここからは人が信用出来ない人の心理や特徴を説明します。

自虐的

人に裏切られた過去により、心に深い傷をおってしまった人の場合、自虐的な場合も多くあります。

「どうせ私なんて」とよく口にしたり、自分の事が嫌いで、自信がない人が多いです。

過去の傷があまりにも深く心に刻まれてしまっている人は、精神的にもダメージが強く残ってしまっている場合もあるために、自虐的になってしまっているのです。

芸能人などにも、不倫騒動が最近では多いですが、自ら自分で自虐ネタにして話したりする人もいます。

本人的には、人に触れられるより、自らネタにした方が気持ち的に楽だったりします。

このように、人に傷つけられ、人を信用できなくなってしまった人は、人に自虐的に発言することで、その傷を隠して、楽になっている場合もあるのです。

気持ちの切り替えが苦手

人に裏切られて、傷つけられてしまった場合は、人は二通りのタイプに別れます。

すぐに立ち直り、前を向ける人と、引きずってしまい、なかなか立ち直れず苦しむ人です。

前者の場合は、気持ちの切り替えが上手で、気持ちの逃げかたも知っていて、自分のモチベーションをすぐに安定させることが出来ます。

そのため、向上心も高く、トラウマにもなりずらいです。

しかし、後者の場合は立ち直ることがなかなか出来ず、自分を見失ってしまいます。

自分の気持ちや、性格までも見失い、別人のようになってしまう人もいます。

気持ちを切り替えす事が苦手で、傷つけられたショックから、トラウマになり、常に怯えてしまい、前を向く事が難しいのです。

そのため、向上心もなく、自分のモチベーションは下がりっぱなしで、何をしててもハキがなく、暗い印象に見えてしまう場合もあります。

人に優しくされても、裏を読んでしまってますます人間不信に陥りやすく、過去の裏切りからなかなか抜け出せないのです。

本当の自分を知られたくない

過去の裏切りに対して、周りには絶対に知られたくない場合があります。

自分自身を深くけなされたり、バカにされたり、否定されたりした場合、恥ずかしさと辛さは計り知れなくて、二度と同じような気持ちになりたくないと思っているために、周りの人には隠し通している人が多くいます。

人は、過去の出来事や、過去のスキルからその人の性格や人間性を想像して、その人のイメージを作り出します。

そのため、過去に人には言えないような経験を不本意ながらしてしまったような人に対して、過去の出来事のままの印象を持ってしまう事がよくあります。

前をようやく向いて、新たに気持ちを切り替えて再出発したにも関わらず、本当の自分を知られて、また嫌な思いをすることが何よりも恐れている事なのです。

今まで以上に明るく振る舞ったり、柄でもなく愛想を振り撒いたりしてしまう人もいます。

うまく本当の自分を隠せる人はいいですが、なかなかうまくはいかずに、躓きやすく、空回りしてしまい、逆に風変わりな人と思われてしまう場合もあるので注意が必要になります。

精神的に疲弊している

誰でも傷つき、心が心底疲れてしまうことはあります。

何をして気持ちを紛らわしても、なかなか頭から離れず、常に情緒不安定になってしまう人も多くいます。

精神的に疲れきってしまい、寝込んでしまう人も多くいます。

体の疲れは、休めば治りますが、精神的な疲れの場合は、気持ちの持ちようでもあり、人によっては来る日も来る日も癒されず、精神を病んでしまう人もいます。

誰かに打ち明ければ治る人もいれば、ただひたすら耐えて忘れるまでなおらない人もいます。

例えば、恋愛の場合、失恋により精神的に疲れてしまうと、恋愛自体から逃げ出したくなってしまいます。

しかし、ふとした瞬間に恋に落ちていたり、また恋愛したくなったりします。

友達と恋話をしていると、辛い過去でも話せたりして、また恋愛する原動力が生まれたり、同じような経験をした人に出会うと、自分は一人じゃないと思えて、一瞬で気持ちが晴れて、精神的な疲れがなくなることもあります。

また、あえて失恋ソングなどを聞いて、泣けるだけ泣いて、落ち込むだけ落ち込めば自然と気持ちが落ち着き、気持ちの整理が出来るようになる人もいます。

立ち直りかたは人それぞれですが、精神的に疲れてしまうと、外見からも伝わる場合も多くあるので、周りから心配されたりすることも多く、ますます事情を聞かれたりして、思い出してしまい、なかなか心の疲れが治らない場合もあります。

最低限の生活が出来るようには立ち直っておいた方が、精神的にも楽になります。

相手の立場で物事を考えられない

心が弱く、狭い人は、自分の事を考えることでいっぱいいっぱいのため、周りの人のことを思ったり、考えることが出来ない人が多くいます。

そのため、無意識のうちに相手のことを傷付けていたり、相手のことをけなしていることも多くあります。

相手からすると、「なんて失礼な人なんだろう」「自分さえ良ければいい」「自己中心的」と思われやすく、あまり深く関わりたくない人になる場合もあります。

しかし、自分では気付かず、「周りは自分をわかってくれない」「気が合わない」などと都合よく解釈してしまい、孤立してしまう場合も多くあります。

人から指摘されても、真摯に受け止めることは出来ず、指摘してくれた相手に対しても、同じように「なんて失礼な人なんだろう」「何もわかっていないのに偉そうに」などと捉えてしまう場合もあります。

相手の立場に立って物事を考えることが出来ないため、周りからは支持されず、孤立しがちで、敵が周りに多くなってしまう人もいます。

自分さえよければよかったり、自分の価値観でしか物事を考えることが出来ないため、相手を批判しがちだったり、自分では思い付かないような考え方が周りから生まれると、頭からけなしやすく、より批判的になってしまいます。

人とのかかわり合いは、苦手ですが、友達や親しい同僚などは欲しいと思っている人もいて、積極的に人とのかかわり合いを持とうとしますが、なかなか相手との距離は縮められず、恋人や友人は少ない場合もあります。

相手の立場に立って物事を考えることは、自分の気持ちを押さえる場合もあり、出来ない人も多いですが、自分の気持ちや考えから一瞬でも離れて、相手の気持ちになれば難しいことではないのですが、精神的に弱い人や、他人を信用できなくなってしまった人の場合は、相手を思いやることですら、難しく、親切にしたら、自分がまた裏切られるなどと考えてしまう人もいて、恐怖心から相手の立場に立って物事を考えることができなくなってしまっている人もいます。

ある意味、自己防衛でもあるのです。

人から嫌われる事が怖い

人とのかかわり合いは苦手で、いつまた裏切られるかわからないため、なかなか人との距離を縮められない人もいます。

しかし、人から嫌われることに恐怖心を抱き、常に嫌われないように細心の注意を払っている人もいます。

好かれなくてもいいから、嫌われたくはないという人は、世の中たくさんいますが、極度に人から嫌われることを恐れている人がいます。

過去のトラウマにより、理由は様々ですが、人に嫌われることにより、嫌みを言われたり、悪口を言われて孤立することが怖い場合や、また過去と同じように苦しい思いをすることになるかもしれないと言う恐怖心の人もいます。

裏切られることは、嫌いになられたからではありませんが、このようなタイプの人は、嫌われなければ裏切られたり、傷付けられたりしないと勘違いをしてしまっている場合も多くあるのです。

誰でも人には好かれたいものですが、誰にも嫌われたくないと強く思っている人は少ないです。

繊細

心が弱く、すぐに傷ついてしまう人や、些細なことですら気にしてしまうような繊細な人の場合は、一般的に、傷ついた経験も多く、人に裏切られたと感じる経験も多くなります。

人それぞれの気持ちの持ちようですが、精神的に弱い人は、人一倍、自分がどう周りから思われているかなどを気にしすぎてしまう傾向にあります。

人を信用出来ない時の対策

では、人を信用できなくなってしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか。

人それぞれ、対処法は違いますし、効果も違いますが、いくつか紹介していきます。

信用出来ない理由を書き出す

几帳面な人ならば、相手を信用できないと思った場合、その理由を書き出してみることがおすすめです。

一つ一つ文字にして見ると、頭も整理されて、気持ち的に落ち着く場合が多くあります。

また、文字にして見ると、気付かなかったことや、信用できなくても問題ないと思える場合もあります。

100%信用しようとしない

いくら親しい人間でも、ふとした瞬間に驚くような行動や発言をしてしまうことがあります。

そのため、頭から人を100%信用しないようにして付き合うことも大切です。

信用できない部分は、流してうまく付き合っていくことも出来ますし、大切なお願い事や、約束はその人には託さないようにすると、いざ何か問題が起きても事前に対処出来ますし、自分への被害も少なくて済みます。

信用出来ない気持ちを捨てる

信用できない人からすると、ヒトを信じたいのに信じれない自分自身が苦しくて耐えられない人もいます。

しかし、人を信じてまた裏切られたらという思いも強いため、頭を悩ませてしまっている人もいます。

もし、また信じて裏切られたら、その時考えて、まずは信じられないことの苦しみを取り除き、乗り越えるために、一旦信用できない気持ちを捨ててみることがおすすめです。

何でも信じて受け入れるのではなく、嘘か本当かを考えないようにしてみることです。

自分の事を信じてあげる

一番信用できる人間は、誰でも自分自身です。

我を忘れるほど精神破壊してしまっている人の場合は別ですが、まずは自分の事を信じてあげることが一番安心ですし、簡単なことでもあります。

自分自身が、一番自分を理解してわかっている人でもあるのです。

【自分を信じる方法は、こちらの記事もチェック!】

期待せず接する

人に期待はせずに、楽な気持ちで接してみることもおすすめです。

すぐに人を信用してしまう人もいますが、まずは一旦落ち着いて、どんなにいい話であっても、どんなに夢がある話であっても、期待せずに受け流すことが大切です。

人をすぐに信用してしまえば、簡単に騙されてしまう場合も多くなります。

まずは距離を縮め過ぎないように、過度な期待を持つ気持ちは捨てて人とかかわり合いましょう。

読書を沢山する

読書をすることもおすすめです。

読書は、自分の世界が広がると共に、たくさん学ぶこともできます。

登場人物の気持ちになり、物事を考えたりする勉強にもなります。

また、自分だけの世界が作れるため、気持ちが落ち着き、心が休まる場合も多くあります。

少しずつ人と関わる

少しずつ人との距離を縮めたり、少しずつ相手の気持ちに寄り添うように付き合うことがおすすめです。

すぐに仲良くなることは素晴らしいことですが、メンタル面が弱い人などは、一気に親しくなると、相手を疑いやすくなったりすることもあるため、ゆっくり少しずつ人と関わるようにしましょう。

疑いながら人と接しない

説明した通り、人は常に疑われていると相手と距離を置きたくなります。

信用できない場合でも、疑うのではなく、自分自身が騙されないように注意してせっするようにしましょう。

信用できない相手であっても、相手にしないで、その人の美味しい話に乗らなければ騙されることも、裏切られる心配もなくなります。

環境を変える

思いきって環境を変えて、心機一転してみることも大切です。

模様替えをしたりするだけでも、気持ちが晴れたり、リフレッシュできる場合もあります。

人の優しさに感謝する

大切なことは、人の優しさにはどんな相手であっても感謝して、相手に気持ちを伝えることです。

自分に優しさを届けてくれた場合は素直に受け入れて、感謝の気持ちを持つことが人としても大切なことです。

誰かを信用しようと思う心が大事

全員を信用する必要はありません。

自分が大切に思っている人や、守りたい人、そばにいたい人がいる場合は、まずは自分の気持ちを信じて、その人を信用しようと思う心が大事です。

人を信用することが難しくても、誰かを信用しなければ克服できません。

結果は考えずに、まずは誰かをまた信じてみる心を取り戻してみましょう。