CoCoSiA(ココシア)

デート服おすすめ6パターン。男ウケ...(続き3)

やっぱり、女性は女性ならではの上品さをもっていて欲しいっていうのが、男性の願いなんですよね。

上品な女性って、清潔感をもった女性でもあると思います。

服装、行動、話し方。

全てに品があり女性らしい。

それは、男性には無いものです。

男性が女性に求めるのは、自分には持っていない女性ならではの上品さなんです。

デートをする時、女性と付き合う時…男性は女性に、自分には無いものを求めるし、そこに女性らしさを感じて惹かれるんです。

筆者の彼も、上品さに女性らしさを感じると言っていました。

行動や言動がガサツな女性は、仕事では気を遣わず付き合える存在かもしれないけど、女性としては認めていないと(笑)男性って、結構女性を見る目が厳しいんですよね。

6. 謙虚さ

謙虚さを持った女性であって欲しいというのも、男性の理想なんです。

日本では昔から、女性は男性より3歩下がって歩くのが好ましいとされる考え方がありますよね。

今は男女平等の時代で、並んで一緒に歩んでいくのも悪くはないし、中には女性のほうが男性の先を行き、ぐいぐい引っ張っていく姿も見られますが…
やっぱり男性の中には、控え目に男性の後ろを歩いてくれた方が嬉しい気持ちもあるでしょう。

そのほうが、男としての威厳も示せるというものです。

女性が男性の後ろを歩く姿は謙虚で従順なイメージもありますし、そんな女性に対しては、いざという時には自分が前に立ちふさがって女性を守ってやるんだ!なんて気持ちも沸いてくるもの。

男心をくすぐる女性というのは、男であることを意識させてくれる女性でもあるのだと思います。

デート服というのは、自分の為のものだけじゃありません。

男性側の気分をも左右する、重要な意味もあるんです。

日本女性らしく、そして日本男子らしく…それが、理想のデート像でもあるのでしょう。

2. 男性がデート相手の女性に求めるファッションおすすめ6選

男性の理想の女性像は、『優しさ・明るさ・健気さ・純真さ・上品さ・謙虚さ』であることがわかりましたよね!
これはほぼすべての男性の理想と捉えても間違いはないでしょう。

好みの違いはあっても、ベースにこの6つの特徴があることは、男性にとって外せない条件。

個性を出したいのなら、この6つをベースに整えたうえでイメージを壊さないようにしてあげることが、男性に対しての優しさでもあるのではないでしょうか。

さて、ではこの6つの理想の女性像を壊さないようなデート服とはどんな服装なのか?
男性がデート相手の女性に求めるファッションの、具体的なイメージを固めていきましょう♪

1. 白や淡いピンクなど女性らしい色

男性がデート相手の女性に求めるファッションとしてまずおすすめできるのが、白や淡いピンクなど女性らしい色味の服装です。

白は、明るさや純真さを表わす色。

淡いピンクは女性ならではの色で、優しさの象徴ともなる色ですよね。

白や淡いピンクの服装はとても女性に似合う色だし、それが女性であることを意識させることにも繋がります。

また、明るい色の服は、顔色を明るく見せてくれる効果もあるんですよね!
逢った瞬間にパッと明るい気持ちや、ふんわりと優しい気持ちにさせてくれる服装は、男性の理想のデート服。

筆者は白は着るけど、どうしてもコーディネートは無難なモノトーン系になりがちです。

白黒などのモノトーン系はクールになってしまうし、グレーなどのくすんだ色味も、男性には好まれません。

デート服を選ぶなら、色はくすまない透明感のある色味を選びましょう!

2. ズボンよりもスカート

デート服にはズボンよりもスカート!これも、男性がデート相手の女性に求める理想のファッションです。

スカートこそ、女性の特権であり、女性らしさの象徴ですよね。

風を浴びてひらひらと揺れるスカートに、柔らかさを感じて女性の優しさや、純真さを感じさせられるのでしょう。

それにスカートだと、行動も制限されますよね。

スカートがめくれないように気をつけたりもするし、大股で歩くなんてことも出来ません。

ズボンを穿いている時のように、大胆な歩き方も行動も出来ないので、スカートをはいている時の立ち居振る舞いにも、女性らしさを感じさせられるのでしょう。

これって、女性側としても同じことが言えますよね!ズボンは確かに楽だけど、そのぶん女性らしさは損なわれます。

スカートを履いていれば、上品な行動をせざるを得ないですからね。