女性からこの人、いまいち魅力がないな、と思われてしまうという事は、いくら外見が申し分なくても「モテない」男性と言うレッテルを貼られている事になります。

「そういえば自分自身はそこそこイケメンのはずなのにどうして女性からモテないんだろう?」とお思いの男性、結構いらっしゃるかも分かりませんね。

大丈夫です。

そこに気付いたのならこれからいくらでもモテるようになります!

女性から見た、「この人いまいちだな」、と思われてしまう残念な点、10個を紹介して参ります。

これを把握できたら、あなたはたちどころにモテる男に変身できますよ。

いまいち、残念男の10個の特徴

それでは女性から見た「いまいち残念男」の10個の特徴をみていきましょう。

1.優柔不断


いまいち残念男の1つ目は「優柔不断」です。

あなたの外見がイケててカッコいいのに何故かモテない。

その原因の大きな要因がこの「優柔不断」なのです。

例えば、外食に行った時、あなたはメニューを決めるのにどれくらい時間をかけていますか?スパッとメニューを飽けるや否やこれとこれ、っという感じで注文できていますか?

女性はあなたの判断力を見ていないようでしっかり見ているものです。

特に物事を決めなければならない時の即断性には大きな関心を持ちます。

要するに男として頼り甲斐のない男性、と思われてしまうのです。

彼女と二人でオシャレなカフェに入って、さあ、注文という段階でメニューを見ながら「えーっと」という感じで20秒以上悩んでいたら、あなたは完璧に「優柔不断男」と言うレッテルを貼られるでしょう。

男というもの、自分の好みを重視するのではなく、彼女の好みを聞いてあげる行動が必要です。

こんな時は彼女に一言聞けばいいのです。

「何を食べようか?」でもいいですし、「何が好き?」でもいいです。

こうやってあなたが彼女の事を最優先にしていますよ、という意識を見せることが重要なのですよ。

2.お金にケチ

いまいち残念男の2つ目は「お金にケチ」です。

ケチな男はいけません。

特に女性の前でケチケチぶりを発揮したら、もう二度とその女性とは縁がなくなるでしょう。

例えば女性と二人でデートに行った時にどこかで食事をしたとします。

帰りにレジで精算をしますがその時の勘定はどうしていますか?いくらあなたがケチだったとしても最初の時くらいは全額あなたが支払っていますよね?

なのに最初のデートの時から支払いを割り勘にする。

しかも1円単位まで細かく請求してくる。

これではいくらあなたがイケメンであっても彼女の熱は一気に冷めてしまうでしょう。

男がケチであってはいけない、という事はありません。

質素倹約な生活はある意味、美徳とも取れるでしょう。

ただ、女性の前では別です。

女性は男性に懐の大きいところを期待しているのです。

お金の払い方にしてもそうです。

せせこましく小さい事にこだわりすぎる感じをさせられてしまうと、万事がこの調子の男?というように思われてしまうでしょう。

女性はケチな男は好まない。

これは万国共通の概念だと思っておいた方が良いでしょうね。

3.話が合わない


いまいち残念男の特徴の3つ目は「話が合わない」です。

合わないというか合わせられない、と言うのが正しい解釈とでもいうべきでしょうか。

話しが合わなかったり、相手のいまいち男性が話を合わせられないという事は、いまいち男性君はあまり相手の事を尊重するというか、気遣いの面に対して配慮が欠けている、ともいえるような気がいたします。

会話というのは相手とのキャッチボールです。

相手が投げてきてくれたボールがどのような意味合いを持っているボールなのか、それを耳で聞いて瞬時に頭で解明し、相手が望んでいる領域のボールを投げ返す。

これが基本的な会話のパターンだと思います。

ところがいまいち男性君はどういう訳か、相手の気持ちや意思にはまるで無頓着で、自分の気持ちや意思ばかりを伝えたがるのに必死のようですね。

いくら外見がそこそこイケてても会話がまるで歯車が合わないようでは、この先が思いやられてしまいます。

人間は好きになった人との波長が合うか合わないかでお付き合いする期間が決まってしまうのではないでしょうか。

4.尊敬できない

いまいち残念男の特徴の4つ目は「尊敬できない」という事です。

男性にとって異性の人から尊敬の眼差しを向けてもらえない、という事はかなりダメージの大きい事態ですね。

尊敬できない人という事は、それだけその人に「魅力がない」と言っているのと同じ事だからです。

何故、あなたに尊敬されるだけのモノがないのか?じっくり考えてみないといけないでしょう。

人間が尊敬されるためにはその人達が置かれている環境や状況によっても変わってきます。

例えばあなたが男女とも行えるスポーツで飛び抜けた技能を有しているのなら、そのスポーツを上手くなりたい、と願っている女性から「スポーツの上手い人」という領域のみで尊敬されるでしょうし、科学者ならばその研究分野においてのみ尊敬されることもあるでしょう。

まあ、一分野のみを限定してその人の事を尊敬してみても、それはその人の全てを受け入れた尊敬にはなっていませんよね。

本当の尊敬はその人のいいところも悪いところも全てひっくるめて理解した上で尊敬できるようになってもらわないといけないのです。

いずれにしても、いまいちだな、と思われる男性は詰めが甘いです。

自分のどういうところが世間の目から見て尊敬に値するのか。

そのあたりを客観的に捉えることが出来る人が、最後に生き残るのではないでしょうか?

5.価値観が違う

いまいち残念男の特徴の5つ目は「価値観の違い」です。

見た目も悪くない。

顔もそこそこイケメン顔。

彼氏にするとしたらまあ、いい方の部類に入りそうなのに…、肝心なところで価値観の違いが出てくるため気の休まるところがないばかりか、会えばしょっちゅう、喧嘩ばかり。

こういった事って経験したことはありませんか?

これでは先の先まで一緒に添い遂げることが出来るかどうか、不安になってしまうでしょうね。

離婚する夫婦の最も多い理由は昔から変わりません。

性格の不一致です。

中には相性の不一致、という考え方もあるでしょうが、でもやはり事あるごとに考え方や物の方向性の違いが出てくるとやってられませんよね。

価値観の違いで最も大きく生きていく上で隔たりを感じてしまう分野は「笑い」と「食べる好み」ではないでしょうか?

いくら喧嘩ばかりしている二人でも共通の笑いのツボがあれば、それだけで一気に仲直りするきっかけにも出来ますし、外に美味しいものを食べに行くときも、好きなものの好みが同じなら、食べている間はお互い、幸せな気持ちにさせてもらえるでしょう。

価値観の違いを一生、我慢するというのはいかなる偉大な先人たちも成し得なかった事だと思いますよ。

6.優しすぎる

いまいち残念男の特徴の6つ目は「優しすぎる」という点です。

優しすぎると何がいけないのか。

それは優柔不断につながっていきます。

また、その人が外見上はイケメンだったとしたら、誰にでも優しくしてしまうのでモテてしまうでしょう。

そうなると、貴女は常に彼の浮気の心配をしなければならない事になってしまいます。

女性は、お互いが好き同志になってカップルになったのなら、他の異性に対しては、どこかでしっかりした一線を引いて欲しいもの。

それを誰に対しても優しくしてしまうのでその行動があらぬ疑いを持たれてしまう、という訳です。

いまいち男性というのは、このあたりの感覚が鈍いのですよね。

本人には、何の悪気もないのでしょうが。

恐らく、精神の完成度がまだ低いからかも分かりませんね。

まあ、普通はそういった痛い思いを繰り返して大人へと脱皮していくのですけれどもね。

7.ネガティブ思考

いまいち残念男の特徴の7つ目は「ネガティブ思考」です。

ネガティブ思考はどうしようもありません。

ネガティブな発想を歓迎する女性って、果たして世の中にいるのでしょうか?

会えば誰かの悪口。

そして言い訳ばかり。

悪いのは自分じゃない。

会社が悪い。

社会が悪い。

世の中が悪い。

全てにおいて責任逃れ。

一つとして前向きな発言はなし。

こんな調子でずっと一生、一緒にいる事にあなたは耐えられますか?

そして残念な事に(だからいまいちの男として見られるのですが)、自分がそういったネガティブ発想の持ち主だと全く認識していないところです。

それどころか、自分こそが世の中で最も偉大で偉い人間だと誇っているところがある、という事です。

これではいまいちどころか、永遠にいまさん、いまよんの人間で終わってしまう事でしょう。

ネガティブ思考の人間が組織で頭角を現すことなど、ほぼありません。

必ずや頭を叩かれてしまいます。

出る杭は叩かれるのが世の中の掟ですが、本当に腰の据わった本物の人材は一度や二度叩かれても何度でも頭角を表すものです。

気持ちがポジティブ思考だから少々の失敗でもへこたれないんですよね。

気持ちがネガティブ思考で覆われている人、早く自身の考え方を客観的に見つめ直して「いまいち人間」からの脱出を図ってくださいね。

8.自己中心的な考え

いまいち残念男の特徴の8つ目は「自己中心的な考え」です。

この「自己中」。

今の時代において様々な問題を引き起こす要因の一つともなっている事でも伺えるように女性から見たら、いまいちどころか大きな災いすら招きかねない、大きなハンデとなるのです。

例えば、人から大きく嫌われる「上から目線」。

及び、強い者には弱いくせに、立場の弱い人が相手だととたんに勝ち誇ったかのように態度が豹変してしまうような人。

いずれも原因の元は「自己中心的な発想」から起こっていると、私は考えています。

まあ、自己中心的な考えになってしまうのは、幼少からの育てられ方や環境面が大きくモノを言ってしまうんですよね。

要するに親の背中を見て来た結果です。

だから、いい大人の年齢になってからではもうどうしようもない人格だという事です。

自己中心的な考え、何が厄介かといいますと、次にもご紹介しますが暴力的になってしまう可能性があるからです。

自分の気に入らない事が起こったら、論理的に辻褄を合わせて解決できる手段を身に着けているにならいいのですが、子供の頃から欲しいものは何でも親から買い与えられてばかりいると、自力で解決する機会を失ってしまうわけです。

気に入らない事、欲しいモノがある時は癇癪を起してでも親に訴えれば叶った。

その反動で、大人になってから自分の欲求を抑えつけられてしまうとついつい手が出てしまう。

この流れが怖いのです。

ネガティブ思考で自己中心的な考えの持ち主だったら、本当に付き合うのは大変でしょう。

いまいちどころの騒ぎではなくなるでしょうね。

9.気が短い

いまいち残念男の特徴の9つ目は「気が短い」という事です。

「気が短い=暴力」と言う図式が嫌が応でもよぎってしまいます。

気が短くても手や足が出ないのなら、いまいち男のレベルでまだ我慢できるでしょう。

しかし、すぐに手が出てしまう人はいまいち以前の問題となってしまうでしょう。

ただ、責任感と人生の目標を持って生きて言っている人なら、誰だって多少、気が短くなる時もあるはずです。

人間には「喜怒哀楽」があります。

だから気が短いというのも一生懸命生きている証であるとも言えます。

反対にどんな事でも気が長く、決して起こらない人。

言い換えると誰にでも優しい人となるでしょうか。

これはこれでちょっと厄介なのですよね。

どちらかに偏り過ぎてしまうという事は、その人の成熟度がまだまだ未熟だという事になるのでしょうか?

10.束縛が激しい

いまいち残念男の特徴の10個目は「束縛が激しい」です。

激しい束縛で思い出すのはドラマで有名になった「冬彦さん現象」でしょうか。

あまりの盲目的で執着し過ぎる愛情のために相手に恐怖さえ味わせてしまう行動。

でも、本人は真剣なのでしょう。

自分が行っている行動のどこが間違っているのか、理解できていないのでしょう。

だから永遠に好きになった相手を束縛してしまうのでしょうか?

束縛し過ぎる男性というのは、気持ちに余裕というか、自信が欠けているのかもしれません。

自分の欲しいものを、もしかしたら誰かに盗られてしまうのではないか?だったら常に監視してでも自分の目の届くところに置いておこう、という歪んだ発想が心を支配しているのかもしれませんね。

人間はペットではありません。

自由と尊重の気持ちを兼ね備えて生きていかなければなりません。

いまいち男性から脱出したいのなら、今の自分を改めて見直していく事から始めたいものです。

いまいち男とのデートの印象

それでは次に、いまいち男とデートをするとどういうように思われてしまうのか、その印象を見ていく事に致しましょう。

男と女で重視することが違うことに気づいていない

いまいち男というのは、自身の事を「いまいちな男」などとはこれっぽっちも思っていません。

逆に世間的にはモテている方の部類に入る男だと思っています。

よって、自分の行う事はどれもこれも女性が喜ぶはずだ、と大いなる勘違いを行っているのです。

実際は女性の側はいまいち男のサービスぶりにそれほどの有難味を感じているわけではないのですよね。

それではいまいちな男とのデートがどのような印象を持たれてしまっているのか、見ていきましょう。

男は目的重視

いまいちと思われている男にとって、デートは勿論、楽しみの一つなのですが、どうも男性特有の考え方によって女性との思い違いが大きく出ているようです。

それは「男は目的重視」だという事です。

例えば今度の日曜日のデート。

いまいち男君は張り切ってデートを企画します。

行き先は一人で決めて悦に入っています。

今、流行りのデートスポットです。

ここなら彼女も大いに満足してくれるだろう、と、大喜びです。

ところが、彼の計画は行き先を決めるところまで。

到着してからの工程がありません。

季節は真夏。

場所は遊園地。

ギラギラの太陽の下、何時間も歩き続け…。

果たして日焼けや歩き続ける事に対して彼女に配慮があったかどうか。

ただ、彼は人気の遊園地に連れて言ってあげた、という意識で大満足しています。

目的重視になる男というのは、大抵、こういうパターンに落ち着くのではないでしょうか?確かに人気スポットである遊園地は、行くだけの値打ちはあるでしょう。

ただ、優先しなければならない存在は誰だったかです。

自分の目的を果たしたから、それで満足、と真剣に思っていたならば彼女に対する尊敬の念がなさすぎるというものではないでしょうか?

女は内容重視

一方の女性はどうでしょうか?いまいち君が立ててくれたデートプランに満足しているでしょうか?

残念ながらそうならないのです。

女性はいくら有名なデートスポットであっても、TPOがうまくかみ合っていないと、全く評価してくれません。

いまいち君はとんだ徒労に終わってしまうのです。

女性がデートで求めるものは、どこに行った、何を見た、ではなくデート中、楽しかったかどうか、ここなのです。

誤解のないように付け加えておきますと、女性を楽しませるために物理的な楽しみを期待しているのではない、という事です。

どういう事かと言いますと、デート中に楽しい会話が弾んだか、自分の思いのたけを彼は一生懸命、聞いてくれたか、二人の思いが共有し合っていたか。

この部分を大切にしたがっているのです。

女性は決していまいち君に無理な要求は出しません。

どうせデートに行くのなら二人で無理をせず楽しいひと時を過ごせたらそれでいい、くらいなのですよね。

デートの行き先を目的として重視する男性。

一方で中身を重視したい女性。

この交わらない平行線はいったいいつまで続くのでしょうか?

会話が盛り上がらない、つまらない

いまいち男君とのデートは得てして、始まってから終わるまで、終始会話が盛り上がらない、という致命的な欠陥が起こってしまう事もあるようです。

女性にとったらデートでどのような場所へ行ったか、よりもどれだけ会話が盛り上がったか、の方がはるかに重要なのに、です。

では、いまいち男君とのデートで会話が全く盛り上がらない、あるいはつまらない内容になってしまう原因を考えてみましょう。

男が自分の自慢話をしてしまう

いまいち男君とのデートで会話が盛り上がらない、つまらない原因の一つが「自分の自慢話」です。

自慢話はネガティブ思考の人に特に多い傾向でもあります。

自尊心というか見栄というか、とにかくプライドの高さ故なのかいまいち男君は自分の自慢話ばかりをしたがります。

これでは女性のハートを射抜くことも出来ませんし、せっかくの外見も台無しにしてしまう結果になるでしょう。

自慢話好きというのは、会話を盛り上げるべき話題が少な過ぎる事を表していますね。

しかし、当の本人はそのような事を気にしている風には見えません。

自慢話をすることによって自身の心のバランスを保っているのかも知れません。

とにかく自慢話好きの男性は、相手の気持ちを汲み取ることが出来ないようです。

あなたがいくら退屈そうな表情をしても彼の方が一向に気付かずに自慢話を続けていくとしたら…。

これは本当に根っからの「いまいち男」として認識されるでしょうし、今後のお付き合いに重大な影響を与えてしまう事にもなるでしょう。

男が自分のことばかり話してしまう

いまいち男君とのデートで会話が盛り上がらない、つまらないと思わせてしまう原因の2つ目が「自分の事ばかりの話してしまう」です。

普通、男性と女性との会話というのは、話役が女性、聞き役が男の側と太古の昔から相場が決まっています。

このペースがずっと維持されてきたからこそ、男と女のバランスが保たれてもいるのです。

なのに、男の側がずっと自分の事ばかり話していたら、そして彼女の方に全く話す機会も与えてくれないとしたら。

これでは二人の関係は早かれ遅かれ「決別」の方向に向いていくしかないかも分かりませんね、

いまいち男君の会話の中身が、彼女にとって新鮮で常に面白い話しばかりだったら事態は別でしょう。

彼女も興味津々で彼の話しに耳を傾けてくれるかも分かりません。

しかし、実際にそのような現実離れした会話をずっとできる男が果たして世の中に存在するでしょうか?大抵は1~2回目までのデートで自分についての話はネタが尽きるはずです。

その時点で今度は彼女の方に話の主導権を渡すのならばまだ今後に期待が持てる彼なのかも分かりません。

とにかく、「自慢話」と「自分の事ばかり」の会話は相手を退屈させつまらない気持ちにさせる典型的なパターン。

もし同じ話を何度も繰り返すようになったら、いくら外見がイケメンな彼であってもちょっと引いてしまうのは致し方ない事でしょうね。

デートに計画性がない

いまいち男君のデート実行能力は女性から見ると、甚だつまらない、というのが実情のようですね。

では、女性にとったらどのようなところがデートをつまらなくしている原因になるのでしょうか?

女はプランによって服装や髪形を考える

いまいち男君のデートには計画性がありません。

ほとんど行き当たりばったり、行き先や目的の選定でほとんど満足してしまい、後は気の向くまま、風の吹くまま、といった感じになるようです。

女性の側にとっても一から十まで、全て100%計画通り、時間通りに実行してもらいたいと思っているわけでもありません。

しかし、午前中はどこへ行って、午後にはどこそこに向かう予定、というくらいの大まかな計画でもいいから事前に聞かせておいてもらいたいものなのです。

それは女性にとっての楽しみの一つである服装の選択や髪型の変更などが絡んでくるからです。

もし行き先が車で遠出して見晴らしのいい公園やちょっとした山になるならば、歩きやすい服装になります。

反対に街中や高級ホテルで待ち合わせてオシャレなカフェでランチ、という予定ならそれに見合うファッションにしておきたいもの。

そういった事もデートに行く前の女性の楽しみなのです。

ところがいまいち男君はそういった配慮は全く無頓着。

その計画性のなさはあきれ返るばかりか、あなたの気苦労に対しても気付くという事がありません。

終始、自分だけのペースでデートは終了していくでしょう。

これでは何のための楽しみにしていたデートなのか分かりませんよね。

一刻も早く自分の事を「いまいちな男」である、ということに気付いて欲しい彼女の願いが聞こえてきそうな気がします。

いまいち男を魅力のある男にするための5個の方法

それでは、いまいちな男をあなたの力によって魅力ある男にする事を考えてみましょう。

考え方さえ改造してしまえば、きっとあなたの彼氏は大変身できるはずです。

では、どのような事をおこなえばいいのか、みていく事に致しましょう。

1.まず自分が「手放したくない女」になること

いまいち男を魅力ある男にするための方法の1つ目は「自分が手放したくない女になる」事です。

何だかんだ言っても、男は女の人に甘えます。

口では強がっていても一度でも彼女というものが出来てしまった男は、女性抜きでは生きられないのが本性です。

自分の身の回りの世話や料理などをされてしまってはもうどうしようもありません。

ほとんどその女性にイチコロになってしまいます。

この男の習性を巧みに利用しましょう。

相手の男が自分に対して何を望んでいるのか。

祖の辺りを鋭く探るのです。

そして、徹底的にその部分を攻めましょう。

外見的にそこそこイケてる男性は、案外、自分の事は何も出来ないものです。

そんないまいち男には、女性の手の入った愛情表現にコロッとやられてしまいます。

手放したくない女として男に認識されれば、もうこっちのものです。

あとはあなたの思い通りの展開に持っていけるでしょう。

2.いまいち男のモチベーションを上げること

いまいち男を魅力のある男にする方法の2つ目は「モチベーションアップ」です。

男はいまいちであれモテモテであれ、モチベーションはあるからこそ、何事も実力通りの真価を発揮できるのです。

このモチベーションをあなたの言動や行いによってたきつけアップさせてあげれば、見違えるような動きを行ってくれるものなのです。

モチベーションアップの方法はそう難しくはありません。

褒めてあげる事です。

子供が母親から褒めてもらったら、俄然、ヤル気を出すようにあなたの一言でいまいち男を奮い立たせるのです。

男は元来、単純で馬鹿な生き物。

あなたの褒め言葉で簡単に駄馬が駿馬に生まれ変わりますよ。

3.清潔感や上品さを彼の代わりに気にすること

いまいち男を魅力のある男にする方法の3つ目は「清潔感と上品さ」です。

これは多くの男性に共通する事かも分かりませんが、男は基本的にファッションや服装に対して鈍感です。

相手には綺麗で可愛い格好を期待する癖に、自分の身の回りはといえば、野暮ったくて「オタ」っぽい格好を平気で彼女の前でもやっている人が結構います。

だからあなたが指南してあげましょう。

別に本人は悪気があってやっているわけではないので、あなたからの忠告や指示には素直に従いますよ。

なんならば買い物もついていってあげて彼が似合いそうな服やファッションを教えてあげましょう。

学習できたいまいち男君は、もう二度とあなたの前で清潔感と上品さであたなをガッカリさせることはないでしょう。

4.いまいち男の話に耳を傾ける聞き上手になること

いまいち男を魅力のある男にする方法の4つ目は「聞き上手」です。

しかし、この聞き上手、女性にとったら最も骨の折れる作業となることでしょう。

女性というのは口から生まれてきたの?と思われるくらいおしゃべり好きな生き物。

自慢話や自分の話ししかできないいまいち男の会話ほど、苦痛なものはないからです。

よって会話の最初から最後まで、聞きっ放しという事は避けてルールを作りましょう。

「あなたの話を10分聞いたら今度は私の話を10分聞いて」みたいな感じです。

このルールを繰り返していたらやがてあなたがお話ししている時間の方が長くなることでしょう。

でも、それでいいのです。

男と女の会話は圧倒的に男が聞き役に回る。

その普遍の法則に気付いてもらうためにも必要だからなんですよ。

5.いまいち男を甘やかさない

いまいち男を魅力のある男にする方法の5つ目は「甘やかさない」です。

男はいまいちであってもそうでなくても気本的に「甘えた」です。

特に小さな頃から母親に身の回りの世話を焼いてもらっていた男性ほどその傾向は強いでしょう。

かと言ってあなたに母親の代わりをやってもらおう、という魂胆があるようではこの先健全な男女関係が維持できません。

よって極度な甘やかしはご法度にしなければなりません。

でないと、いつまでたっても自立出来ない男となってあなた困らせる事になるでしょう。

あなたの手綱さばき次第でいまいち男を魅力のある男に変えられる、という目標を持ってやってみましょうね。

顔がいまいちでも関係ない!女性が惚れるポイントは?

さて今までいまいち男の特徴やこんなところを改善したら魅力ある男に変身できる、といった事について書いて参りました。

と、いう事は、いまいち男は世間的にみると「いい男」のように見える存在、」という事になるのでしょう(そうでない男から見たら悔しいですがね)。

そこで最後になりますが顔的にはいまいちな男であっても女性は実はこういった事をされると嬉しいし、逆にあなたの事を惚れ直すかもしれませんよ、というポイントを7つ、ご紹介しておきますね。

1.優しくされたとき

女性から見たらさりげない「優しさ」というのは男性を好きになる必須条項です。

さりげなく自然な優しさを見せられたら、顔なんて関係ない!ともいえるのですよ。

2.さりげないことを褒められたとき

女性も褒められる事をとことん、喜びます。

けなされるよりもはるかにいいに決まっていますが、何でもかんでも褒めればいい、というものでもありませんね。

彼女がこれを褒められたら自身がびっくりするくらいのインパクトがあるような事柄。

「何でこの人、私の心の中を見抜くかのように褒めてくれるの?」こう思わせたら、言う事なしですよ。

3.真面目で信頼できると感じたとき

真面目で信頼感のおける男性は、世の女子にとって付き合う上での最低条件です。

反対に不真面目でギャンブル好き、お金に汚い男と付き合おうと思うでしょうか?

真面目さからくる信頼感。

「遊び人」や「チョイ悪男」がモテる場合もありますが、一般論的には圧倒的に真面目な人に分がありますからね。

4.仕事やスポーツで活躍しているのを見たとき

仕事やスポーツなどで一心不乱に頑張っていたり、活躍したりしている場面をチラッとでも見たら…。

きっと彼女のハートはあなたに釘付けになることでしょう。

何かに一生懸命に取り組む姿。

そのひたむきさに女性は弱いのです。

5.私服がおしゃれだと知ったとき

あなたの私服が外見に似合わず、案外おしゃれだった。

女性はギャップに弱い生き物です。

意外性の組み合わせにドキッとさせられるのです。

服装をオシャレにするのに時間は必要ありませんよね。

直ちに断捨離を決行して自身の身の回りの大掃除を始めましょう!

6.話が合って会話が盛り上がったとき

会話があって話が大いに盛り上がることは、見ず知らずの男女が一気に意気投合できる有力な作戦です。

彼女の好きそうな趣味や特技を研究してみて、自分でも挑戦してみるくらいの努力をやってもいいと思いますよ。

同じ趣味や好きな事が同じだと、彼女もあなたに対して安心感を持ち、二人の距離は一気に縮む事になるでしょう。

7.困っていることに気づいて助けてくれたとき

あなたの洞察力が試される事になります。

彼女が何かの原因で困っているとして、その何かをあなたが的確に知り抜いて、お節介にならない程度にさりげなく力を貸してあげる。

こんな紳士的な対応をされて彼女の心が黙っているはずがありません。

あなたは大きな可能性ある一歩を踏み出したのですよ。

まとめ

如何だったでしょうか?いまいちだなと思う男について特徴と改善点、それとは別に顔がいまいちでもこういった事をされると女性は惚れ直す、といった点について紹介して参りました。

まあ、しかしやはり顔がそこそこイケてる男は有利ですし、得ですね。

黙っていても女性が近寄ってきますから。

だから顔がいまいちの男から見たら不公平極まりない存在だと言えるでしょう。

でも、女性を落とせる最後の手段は「度胸」なのです。

それとたゆまない努力です。

自分の欠点を別の方法でカバーして逆に素敵に見せてしまうくらいの意気ごみです。

顔はイケててもいまいちだと思われている男性はこの世にたくさんいます。

今からでも遅くはありません。

顔がいまいちイケてない男性の皆さん、臆せず行動しましょう!動いた者だけが美味しい蜜を味わえるのですからね。