CoCoSiA(ココシア)

いまいちだなと思う残念な男の10個の特徴


女性からこの人、いまいち魅力がないな、と思われてしまうという事は、いくら外見が申し分なくても「モテない」男性と言うレッテルを貼られている事になります。

「そういえば自分自身はそこそこイケメンのはずなのにどうして女性からモテないんだろう?」とお思いの男性、結構いらっしゃるかも分かりませんね。

大丈夫です。

そこに気付いたのならこれからいくらでもモテるようになります!

女性から見た、「この人いまいちだな」、と思われてしまう残念な点、10個を紹介して参ります。

これを把握できたら、あなたはたちどころにモテる男に変身できますよ。

いまいち、残念男の10個の特徴

それでは女性から見た「いまいち残念男」の10個の特徴をみていきましょう。

1.優柔不断


いまいち残念男の1つ目は「優柔不断」です。

あなたの外見がイケててカッコいいのに何故かモテない。

その原因の大きな要因がこの「優柔不断」なのです。

例えば、外食に行った時、あなたはメニューを決めるのにどれくらい時間をかけていますか?スパッとメニューを飽けるや否やこれとこれ、っという感じで注文できていますか?

女性はあなたの判断力を見ていないようでしっかり見ているものです。

特に物事を決めなければならない時の即断性には大きな関心を持ちます。

要するに男として頼り甲斐のない男性、と思われてしまうのです。

彼女と二人でオシャレなカフェに入って、さあ、注文という段階でメニューを見ながら「えーっと」という感じで20秒以上悩んでいたら、あなたは完璧に「優柔不断男」と言うレッテルを貼られるでしょう。

男というもの、自分の好みを重視するのではなく、彼女の好みを聞いてあげる行動が必要です。

こんな時は彼女に一言聞けばいいのです。

「何を食べようか?」でもいいですし、「何が好き?」でもいいです。

こうやってあなたが彼女の事を最優先にしていますよ、という意識を見せることが重要なのですよ。

2.お金にケチ

いまいち残念男の2つ目は「お金にケチ」です。

ケチな男はいけません。

特に女性の前でケチケチぶりを発揮したら、もう二度とその女性とは縁がなくなるでしょう。

例えば女性と二人でデートに行った時にどこかで食事をしたとします。

帰りにレジで精算をしますがその時の勘定はどうしていますか?いくらあなたがケチだったとしても最初の時くらいは全額あなたが支払っていますよね?

なのに最初のデートの時から支払いを割り勘にする。

しかも1円単位まで細かく請求してくる。

これではいくらあなたがイケメンであっても彼女の熱は一気に冷めてしまうでしょう。

男がケチであってはいけない、という事はありません。

質素倹約な生活はある意味、美徳とも取れるでしょう。

ただ、女性の前では別です。

女性は男性に懐の大きいところを期待しているのです。

お金の払い方にしてもそうです。

せせこましく小さい事にこだわりすぎる感じをさせられてしまうと、万事がこの調子の男?というように思われてしまうでしょう。

女性はケチな男は好まない。

これは万国共通の概念だと思っておいた方が良いでしょうね。

3.話が合わない


いまいち残念男の特徴の3つ目は「話が合わない」です。

合わないというか合わせられない、と言うのが正しい解釈とでもいうべきでしょうか。

話しが合わなかったり、相手のいまいち男性が話を合わせられないという事は、いまいち男性君はあまり相手の事を尊重するというか、気遣いの面に対して配慮が欠けている、ともいえるような気がいたします。

会話というのは相手とのキャッチボールです。

相手が投げてきてくれたボールがどのような意味合いを持っているボールなのか、それを耳で聞いて瞬時に頭で解明し、相手が望んでいる領域のボールを投げ返す。

これが基本的な会話のパターンだと思います。

ところがいまいち男性君はどういう訳か、相手の気持ちや意思にはまるで無頓着で、自分の気持ちや意思ばかりを伝えたがるのに必死のようですね。

いくら外見がそこそこイケてても会話がまるで歯車が合わないようでは、この先が思いやられてしまいます。

人間は好きになった人との波長が合うか合わないかでお付き合いする期間が決まってしまうのではないでしょうか。

4.尊敬できない