CoCoSiA(ココシア)

いまいちだなと思う残念な男の10個...(続き2)

人間は好きになった人との波長が合うか合わないかでお付き合いする期間が決まってしまうのではないでしょうか。

4.尊敬できない

いまいち残念男の特徴の4つ目は「尊敬できない」という事です。

男性にとって異性の人から尊敬の眼差しを向けてもらえない、という事はかなりダメージの大きい事態ですね。

尊敬できない人という事は、それだけその人に「魅力がない」と言っているのと同じ事だからです。

何故、あなたに尊敬されるだけのモノがないのか?じっくり考えてみないといけないでしょう。

人間が尊敬されるためにはその人達が置かれている環境や状況によっても変わってきます。

例えばあなたが男女とも行えるスポーツで飛び抜けた技能を有しているのなら、そのスポーツを上手くなりたい、と願っている女性から「スポーツの上手い人」という領域のみで尊敬されるでしょうし、科学者ならばその研究分野においてのみ尊敬されることもあるでしょう。

まあ、一分野のみを限定してその人の事を尊敬してみても、それはその人の全てを受け入れた尊敬にはなっていませんよね。

本当の尊敬はその人のいいところも悪いところも全てひっくるめて理解した上で尊敬できるようになってもらわないといけないのです。

いずれにしても、いまいちだな、と思われる男性は詰めが甘いです。

自分のどういうところが世間の目から見て尊敬に値するのか。

そのあたりを客観的に捉えることが出来る人が、最後に生き残るのではないでしょうか?

5.価値観が違う

いまいち残念男の特徴の5つ目は「価値観の違い」です。

見た目も悪くない。

顔もそこそこイケメン顔。

彼氏にするとしたらまあ、いい方の部類に入りそうなのに…、肝心なところで価値観の違いが出てくるため気の休まるところがないばかりか、会えばしょっちゅう、喧嘩ばかり。

こういった事って経験したことはありませんか?

これでは先の先まで一緒に添い遂げることが出来るかどうか、不安になってしまうでしょうね。

離婚する夫婦の最も多い理由は昔から変わりません。

性格の不一致です。

中には相性の不一致、という考え方もあるでしょうが、でもやはり事あるごとに考え方や物の方向性の違いが出てくるとやってられませんよね。

価値観の違いで最も大きく生きていく上で隔たりを感じてしまう分野は「笑い」と「食べる好み」ではないでしょうか?

いくら喧嘩ばかりしている二人でも共通の笑いのツボがあれば、それだけで一気に仲直りするきっかけにも出来ますし、外に美味しいものを食べに行くときも、好きなものの好みが同じなら、食べている間はお互い、幸せな気持ちにさせてもらえるでしょう。

価値観の違いを一生、我慢するというのはいかなる偉大な先人たちも成し得なかった事だと思いますよ。

6.優しすぎる

いまいち残念男の特徴の6つ目は「優しすぎる」という点です。

優しすぎると何がいけないのか。

それは優柔不断につながっていきます。

また、その人が外見上はイケメンだったとしたら、誰にでも優しくしてしまうのでモテてしまうでしょう。

そうなると、貴女は常に彼の浮気の心配をしなければならない事になってしまいます。

女性は、お互いが好き同志になってカップルになったのなら、他の異性に対しては、どこかでしっかりした一線を引いて欲しいもの。

それを誰に対しても優しくしてしまうのでその行動があらぬ疑いを持たれてしまう、という訳です。

いまいち男性というのは、このあたりの感覚が鈍いのですよね。

本人には、何の悪気もないのでしょうが。

恐らく、精神の完成度がまだ低いからかも分かりませんね。

まあ、普通はそういった痛い思いを繰り返して大人へと脱皮していくのですけれどもね。

7.ネガティブ思考

いまいち残念男の特徴の7つ目は「ネガティブ思考」です。

ネガティブ思考はどうしようもありません。

ネガティブな発想を歓迎する女性って、果たして世の中にいるのでしょうか?

会えば誰かの悪口。

そして言い訳ばかり。

悪いのは自分じゃない。

会社が悪い。

社会が悪い。

世の中が悪い。

全てにおいて責任逃れ。

一つとして前向きな発言はなし。