CoCoSiA(ココシア)

ペットロスを乗り越えるためにやりたい10個のこと


 可愛らしいペットを飼うことは普段の生活に彩を与えるという意味でもとても良いことですよね。

子供の情操教育にもなりますし、大人でも癒しのためにペットを飼うと言う人は多いでしょう。

動物好きの人にとってペットと過ごす時間はかけがえのないものです。

子どものいない夫婦が子どもの代わりにペットを飼うということもあるかもしれません。

こうしてペットと一緒の日々を過ごすうちに、だんだんと家族という意識が芽生えてきます。

ペットを飼って長い人は、家族であるという意識が生まれてなくてはならないものになるでしょう。

まるで自分の子どものように思えてきますし、その絆揉んだんだと深いものになります。

ペットが一緒にいてくれるからこそ頑張れたということもあるのではないでしょうか。

そうして思い出も増えていくのです。

ですが、いつかはそのペットとも別れが訪れます。

そんなときに起こるのがペットロスでしょう。

ペットがかけ甲斐のないものであるからこそ、ペットロスが恐ろしいと考える人もいます。

それでは、このペットロスについて詳しく見てみることにしましょう。

ペットロスとは

 そもそもペットロスというのはどのような状態のことを言うのでしょうか。

ペットロスとは、ペットをなくしたショックから立ち直れない状態にあることを言います。

ペットがなくなってしまって心がショックを受けたまま立ち直ることができない状態にあることです。

心の一部にぽっかりと穴が開いたようになってしまい、その穴を埋めることができないのです。

ペットを家族だと思う傾向にあった人は特にそうでしょう。

自分の親しい家族が死んでしまったの同じですから、それは心の穴をなかなか埋められなくても仕方ありません。

舞して、家族とは異なって、一緒に過ごした時間が短いペットもいるのです。

生まれたときから知っているペットがなくなってしまったときのショックは、まるで子供を亡くした時の食のようだと言う人もいます。

これはここ最近の傾向であるようですね。

昔はそれほどペットロスという言葉はありませんでした。

親しい人間の死を聞いたときにショックを受けるのと同じように、最近ではペットの死にショックを受けて立ち直れない人がたくさんいるのです。

増加傾向にあるペットロス


 ペットロスは近年では増加する傾向にあります。

それは、ペットを飼う人の人数が増えてきたからということもありますし、ペットサービスが豊かになってきたからということもあるでしょう。

ペットに対する意識も変わってきており、ペットをただの動物ではなく、自分の心を癒してくれる大切な家族の一員だとして大事に扱う人が増えてきたのです。

そうした意識の変化がペットロスを引き起こすことになります。

ひどいペットロスでは心身に影響が出てしまうこともありますし、うつ病状態になってしまうこともあります。

増加傾向にあるペットロスはペットへの意識の変化も反映していますが、看過できない問題にもなってきていると言えるかもしれませんね。

ペットロスを乗り越えるためにやりたい10個のこと

 一度ペットロスになってしまうと、まるでうつ状態になってしまう人もいるようですね。

長い動物であれば十数年一緒にいた相手が急にいなくなってしまうのですから、人間の死と同様に喪失感に耐えられなくなってしまうこともあります。

ですが、ペットの死もどこかで乗り越えなければいけません。

ペットロスを味わうのは誰にでも起こることですが、いつかはそれを乗り越えて前を見なければいけないのです。

それでは、ペットロスを乗り越えるためにはいったいどのようなことをすれば良いのでしょうか。

ペットロスの真っただ中にいるときには乗り越えられるとも思わないペットロスを乗り越えるための10個のコツをご紹介します。

1.自分の感情に素直になろう


 ペットロスになっている人は、それを自覚したくないと思う傾向にあります。

ペットの死を看取った後に、悲しんでいる自分を自覚したくないのです。

例えば、長いことペットの介護をしていた人は「これで大変な思いをしなくて良くなる」「あの子も楽になれただろう」というように考えるものです。

ですが、そうした発想の転換をするのはとても大変なものです。

自分の感情に背を向けて明るく振舞っていると、それは空元気ですよね。

沢山のエネルギーを使うはずです。

ペットロスになってしまっているときには、まずは自分の状態を味隠して感情に素直になることにしましょう。

きちんと自分の感情と向き合うだけで、だいぶ気持ちが楽になるのではないでしょうか。

無理をすることはない

 ペットが死んだ直後には無理をして自分の気持ちを隠してしまうことがあります。